5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後味の悪い話 その168 [無断転載禁止]©2ch.net

57 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/12/25(日) 10:24:51.06 ID:Wu2Ax3190
漫画「アゴなしゲンとオレ物語」から、ドドイツのクリスマス・テロの話
ドドイツは天涯孤独のテロリスト
その不幸な身の上故に世間の幸福を憎み、毎年クリスマスになるとテロを実行していた
ある年のクリスマス直前、居酒屋で己の不幸を嘆いて泣きながら飲んだくれていたドドイツは、隣に座っていたピスタチオ五十郎という名の説教強盗と知り合う

説教強盗とは、強盗するついでに被害者に対して説教をするというとてつもなくグズな犯罪者である
もちろんピスタチオ五十郎はソープに行くと必ずソープ嬢に説教をするようなグズである

五十郎はドドイツに説教をし、「お前は大規模な無差別テロを計画するから失敗するのだ。今年は小規模なテロを少数の標的に対してやってみろ」と助言する
ドドイツは五十郎の助言に感銘を受け、その通りに実行する
アパートの屋根裏に忍び込み、各部屋を一つ一つ巡って、その部屋に暮らす住人に合わせた小さなテロを次々と実行していった
それらはことごとく大成功していく
ドドイツはある幸せそうな一家に狙いを定め、一家が囲っていた鍋に目掛けて、天井裏から強力な下剤を糸を伝って垂らそうとする(たぶん江戸川乱歩の小説のパロ)

ピチョーン……!

垂れたのは下剤ではなく一家の父親の涙だった
父親は泣きながら家族に言う
これがこの家でする最後の食事だと。これが終われば自分達一家は夜逃げするのだと。自分が不甲斐ないばかりに家族に苦労させてすまないと
一家は泣きながら抱き合う

ドドイツは「こいつらは見逃してやるか……」とテロを中止してその場を後にする
しかし次に向かった先でも他人の不幸を目の当たりにしてしまう
こんなはずは無い!とドドイツはアパート中の各部屋を天井裏から覗いて回るのだが、なんとそのアパートの住人達は全員、一見幸せそうに見えて実は裏では何かしらの不幸を抱えていたのだ

ドドイツは錯乱し、他人の幸福を探し求めて夜の街を駆け回る

449 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)