5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【詐欺師】 コバシャール 【スピリチュアルTV】 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/02(土) 12:41:24.19 ID:9RHTVD6f0
http://kobashar.com
http://ameblo.jp/kobashar/
https://www.youtube.com/user/kobashar

2 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/02(土) 12:47:47.61 ID:wcJl66MH0
フゴッペ洞窟,手宮洞窟,有翼人,アリュート族
アリューシャン列島,有翼人,有角人,有尾人,鶴亀
フゴッペ洞窟,手宮洞窟,有翼人,アリュート族,アレウト人の島々
フゴッペ洞窟,手宮洞窟,アリューシャン列島,ベーリング海,有翼人,有角人

フゴッペ洞窟(フゴッペどうくつ)とは、北方領土。
北海道余市町栄町にある続縄文時代の遺跡。

「フゴッペ洞窟」ではなく「フゴッペ遺跡」と呼ばれる場合には、昭和2年に鉄道工事中に発見された
古代文字様の壁画と石偶をあらわす場合があるので、混同しないよう注意が必要である。
アリュート民族と戦後補償.
「フゴッペ洞窟」の裏側の壁面であり、2つの遺跡にまったく関連性がないとは考えにくい。

現在、戦前のフゴッペの壁画は現存しない。違星北斗同様、金田一京助も戦前のフゴッペ壁画が
ニセモノであると断定し、昭和天皇に尋ねられた際に、
そのためか、適切な保存処置も行われずしにしてしまったのである。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


3 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/02(土) 12:49:00.99 ID:wcJl66MH0
詐欺師 宗教家木村則昭 先生、五井、岩木山

今回、ブログにエササニの『クリスマス・ストーリー』
を掲載したのは、バシャールが今年の秋(米大統領選挙前)
に周波数が今迄とは全く変わってしまうことを予言して
いるからです。

一体どんなことが起きるのだろうと、いろいろ調べて
いる中で、エササニ星が現在のような覚醒した星に
なったきっかけを話している箇所がみつかりました。

この中で、バシャールの故郷エササニ星も地球と似た
歴史を辿り、私達と同じように食事をし、睡眠を
必要としていたが、ある日を境に睡眠を必要とし

バシャールの星は、ある時から3日間の眠りの中で、
一人一人が大いなる魂と合体して光であることを
確認し、覚醒状態となることでエササニ星全体に
天国が訪れたとのことです。

バシャールが全く変わると言っているのは
今迄のような少しずつの覚醒の進み方、変化では
あり得ないと思います。
それまでは、徐々に覚醒していき、ある飽和点に
達した時から大変化が始まる。
それが、今年の秋なのだと思います。

また、『今年の秋に何が起きるんですか?』と
いう質問に対してバシャールは
『あなた達のクリスマスプレゼントを今から
開けることはできません』と言って

4 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/02(土) 12:50:58.79 ID:wcJl66MH0
チャネリングは、本来なら多次元的な存在が
一時的に意識の中に入り込んで、用意していた台本読むという悪魔の所業に等しいものでした。

最近に至っては、チャネリングはより自動化されており、予め用意された台本や声のトーン、ジェスチャーやアクセントが使用されています。

それらは個人のチャネラーの意識の中にインプラントされていたものです。そしてそれが文字通り「放送」されて、悟りを探し求める人々の間で、後になって出版・配布されるのです。

通常は、スピリチュアリズムや頻度は、低いものの真実・叡知・宇宙論的な教化を人類にもたらす意図がありました。

チャネリング情報はその壮大なスケールが認められ、宇宙哲学の天才として読者に畏敬の念と、ほとんどインスタントに近い信仰を生み出しました。

エイブラハム、セス、バシャール、アシュターのような作品とその他の無数のチャネリング情報はすべて人類のために準備されたテキストだったのです。

これらの作品は、多次元的な存在によって書かれ、人類に消費されるために配布されました。その意図は、

人間を幻想の中で満足させ続けることを確実にするためです─それは、見せかけのスピリチュアル、見せかけの宇宙的真実だったのです。

5 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/02(土) 13:54:04.45 ID:wcJl66MH0
チャネリングは、本来なら多次元的な存在が
一時的に意識の中に入り込んで、用意していた台本読むという悪魔の所業に等しいものでした。


最近に至っては、チャネリングはより自動化されており、予め用意された台本や声のトーン、ジェスチャーやアクセントが使用されています。

それらは個人のチャネラーの意識の中にインプラントされていたものです。そしてそれが文字通り「放送」されて、悟りを探し求める人々の間で、後になって出版・配布されるのです。

通常は、スピリチュアリズムや頻度は、低いものの真実・叡知・宇宙論的な教化を人類にもたらす意図がありました。

チャネリング情報はその壮大なスケールが認められ、宇宙哲学の天才として読者に畏敬の念と、ほとんどインスタントに近い信仰を生み出しました。

セス、アシュター、バシャール、エイブラハム、アリス・ベイリーのような作品とその他の無数のチャネリング情報はすべて人類のために準備されたテキストだったのです。

これらの作品は、多次元的な存在によって書かれ、人類に消費されるために配布されました。その意図は、

人間を幻想の中で満足させ続けることを確実にするためです─それは、見せかけのスピリチュアル、見せかけの宇宙的真実だったのです。

6 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/02(土) 13:55:29.76 ID:wcJl66MH0
チャネリングは、本来なら多次元的な存在が
一時的に意識の中に入り込んで、用意していた台本読むという悪魔の所業に等しいものでした。


最近に至っては、チャネリングはより自動化されており、予め用意された台本や声のトーン、ジェスチャーやアクセントが使用されています。

それらは個人のチャネラーの意識の中にインプラントされていたものです。そしてそれが文字通り「放送」されて、悟りを探し求める人々の間で、後になって出版・配布されるのです。

通常は、スピリチュアリズムや頻度は、低いものの真実・叡知・宇宙論的な教化を人類にもたらす意図がありました。

チャネリング情報はその壮大なスケールが認められ、宇宙哲学の天才として読者に畏敬の念と、ほとんどインスタントに近い信仰を生み出しました。

セス、アシュター、バシャール、エイブラハム、アリス・ベイリーのような作品とその他の無数のチャネリング情報はすべて人類のために準備されたテキストだったのです。

これらの作品は、多次元的な存在によって書かれ、人類に消費されるために配布されました。その意図は、

人間を幻想の中で満足させ続けることを確実にするためです─それは、見せかけのスピリチュアル、見せかけの宇宙的真実だったのです。

7 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/02(土) 13:55:47.50 ID:wcJl66MH0
チャネリングは、本来なら多次元的な存在が
一時的に意識の中に入り込んで、用意していた台本読むという悪魔の所業に等しいものでした。


最近に至っては、チャネリングはより自動化されており、予め用意された台本や声のトーン、ジェスチャーやアクセントが使用されています。

それらは個人のチャネラーの意識の中にインプラントされていたものです。そしてそれが文字通り「放送」されて、悟りを探し求める人々の間で、後になって出版・配布されるのです。

通常は、スピリチュアリズムや頻度は、低いものの真実・叡知・宇宙論的な教化を人類にもたらす意図がありました。

チャネリング情報はその壮大なスケールが認められ、宇宙哲学の天才として読者に畏敬の念と、ほとんどインスタントに近い信仰を生み出しました。

セス、アシュター、バシャール、エイブラハム、アリス・ベイリーのような作品とその他の無数のチャネリング情報はすべて人類のために準備されたテキストだったのです。

これらの作品は、多次元的な存在によって書かれ、人類に消費されるために配布されました。その意図は、

人間を幻想の中で満足させ続けることを確実にするためです─それは、見せかけのスピリチュアル、見せかけの宇宙的真実だったのです。

8 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/02(土) 14:30:52.48 ID:wcJl66MH0
一時的に意識の中に入り込んで、用意していた台本読むという悪魔の所業に等しいものでした。


最近に至っては、チャネリングはより自動化されており、予め用意された台本や声のトーン、ジェスチャーやアクセントが使用されています。

それらは個人のチャネラーの意識の中にインプラントされていたものです。そしてそれが文字通り「放送」されて、悟りを探し求める人々の間で、後になって出版・配布されるのです。

通常は、スピリチュアリズムや頻度は、低いものの真実・叡知・宇宙論的な教化を人類にもたらす意図がありました。

チャネリング情報はその壮大なスケールが認められ、宇宙哲学の天才として読者に畏敬の念と、ほとんどインスタントに近い信仰を生み出しました。

セス、アシュター、バシャール、エイブラハム、アリス・ベイリーのような作品とその他の無数のチャネリング情報はすべて人類のために準備されたテキストだったのです。

これらの作品は、多次元的な存在によって書かれ、人類に消費されるために配布されました。その意図は、

人間を幻想の中で満足させ続けることを確実にするためです─それは、見せかけのスピリチュアル、見せかけの宇宙的真実だったのです。

9 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/02(土) 14:33:20.86 ID:wcJl66MH0
一時的に意識の中に入り込んで、用意していた台本読むという悪魔の所業に等しいものでした。


最近に至っては、チャネリングはより自動化されており、予め用意された台本や声のトーン、ジェスチャーやアクセントが使用されています。

それらは個人のチャネラーの意識の中にインプラントされていたものです。そしてそれが文字通り「放送」されて、悟りを探し求める人々の間で、後になって出版・配布されるのです。

通常は、スピリチュアリズムや頻度は、低いものの真実・叡知・宇宙論的な教化を人類にもたらす意図がありました。

チャネリング情報はその壮大なスケールが認められ、宇宙哲学の天才として読者に畏敬の念と、ほとんどインスタントに近い信仰を生み出しました。

セス、アシュター、バシャール、エイブラハム、アリス・ベイリーのような作品とその他の無数のチャネリング情報はすべて人類のために準備されたテキストだったのです。

これらの作品は、多次元的な存在によって書かれ、人類に消費されるために配布されました。その意図は、

人間を幻想の中で満足させ続けることを確実にするためです─それは、見せかけのスピリチュアル、見せかけの宇宙的真実だったのです。

10 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/02(土) 14:35:50.16 ID:wcJl66MH0
一時的に意識の中に入り込んで、用意していた台本読むという悪魔の所業に等しいものでした。


最近に至っては、チャネリングはより自動化されており、予め用意された台本や声のトーン、ジェスチャーやアクセントが使用されています。

それらは個人のチャネラーの意識の中にインプラントされていたものです。そしてそれが文字通り「放送」されて、悟りを探し求める人々の間で、後になって出版・配布されるのです。

通常は、スピリチュアリズムや頻度は、低いものの真実・叡知・宇宙論的な教化を人類にもたらす意図がありました。

チャネリング情報はその壮大なスケールが認められ、宇宙哲学の天才として読者に畏敬の念と、ほとんどインスタントに近い信仰を生み出しました。

セス、アシュター、バシャール、エイブラハム、アリス・ベイリーのような作品とその他の無数のチャネリング情報はすべて人類のために準備されたテキストだったのです。

これらの作品は、多次元的な存在によって書かれ、人類に消費されるために配布されました。その意図は、

人間を幻想の中で満足させ続けることを確実にするためです─それは、見せかけのスピリチュアル、見せかけの宇宙的真実だったのです。

11 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/02(土) 15:16:26.83 ID:muB+h0bE0
なんだ詐欺師か

12 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/02(土) 15:42:05.32 ID:MdIMuwAY0
スピTVって今はこんなクソしかいないのかよw

13 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/02(土) 16:35:40.92 ID:mTG1g7Lf0
チャネリングは、最近に至っては、より自動化されており、予め用意された台本や声のトーン、ジェスチャーやアクセントが使用されています。

チャネリングは、本来なら多次元的な存在が
一時的に意識の中に入り込んで、用意していた台本読むという悪魔の所業に等しいものでした。

それが文字通り「放送」されて、悟りを探し求める人々の間で、後になって出版・配布されるのです。

通常は、スピリチュアリズムや頻度は、低いものの真実・叡知・宇宙論的な教化を人類にもたらす意図がありました。

チャネリング情報はその壮大なスケールが認められ、宇宙哲学の天才として読者に畏敬の念と、ほとんどインスタントに近い信仰を生み出しました。

セス、アシュター、バシャール、エイブラハム、アリス・ベイリーのような作品とその他の無数のチャネリング情報は、すべて人類のために準備されたテキストだったのです。

これらの作品は、チャネラーによって書かれ、人類に消費されるために配布されました。その意図は、

人間を幻想の中で満足させ続けることを確実にするためです─それは、見せかけのスピリチュアル、見せかけの宇宙的真実だったのです。

14 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/03(日) 03:51:43.91 ID:F+4MieTr0
1996年以降の意識拡張が有った為に、初版本1987年の主張が、ハズレたと考えてよろしいのですか?

もしくは、
当時、ダリルアンカのチャネリングの精度が整っておらずハズレたのでしょうか?

それでも、当時は明確な意図があり、当時の人たちにそのように伝えたと考えてますが、質問に対して、泡リアリティ、波動のギャップ等で説明するのはやめて下さい。

私はあなたが、1987年に日本人が共有する共通の集合的な精神世界に対して、それらの信念体系と一線を画すために、このようなことを主張をし続けて、

2011年頃から本格的に、スピリチャリズムを霊性復興運動の一画として、オカルト領域に土足で、持ち込んだとしか思えません。3D密度の位相概念で説明するのもやめて下さい。

この際このような諸案は、別に構いません。未来から来ていないのに、レンズ越しでオブザーブして、

このような発言を続けるのはやめて頂きたい。あなた方のフォーカスとアジェンダは、別とこにあるのではありませんか?

『バシャール』(Voice出版 1987年12月初版発行)

・30年以内にファーストコンタクトをする。
・30〜40年後には宗教というものが完全に消え去る。
・20〜30年すると、その後は何千年も平和に過ごせるようになる。
・20〜30年で通貨が別の交換媒体に置き換わる。
・10年程度で人類が宇宙文明の存在を知ることになる。
・10年程度で人類がテレパシーを使うようになる。

15 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/03(日) 08:37:47.26 ID:TFuqyhXv0
 ● 小泉教祖化計画 梶岡あん子
   本日葬儀より計画実施するそうです。
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org928121.jpg

小 泉 → 藤 木 → 梶 岡
   遺言   実行

16 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/03(日) 10:10:09.25 ID:F+4MieTr0
ネブラ君はついに、旅行や遊園地等で説明する始末ですか?
話す内容がないなら、書かなくて結構ですよ。

ワクワクこの言語は、日本のあらゆる事案、事象に混在していますが。
このことは散々、うんざりするほど説明してますから、
ここでは省かせていただきます。

バシャール君は君は、未来から来たの設定なのに
話す内容がなくなると、内容を変えて書くのは控えなさい。

これらのスピリチュアルな思想が社会的な広義の領域にまで、集団的価値観、
方向性、試作を見いだすのは、間違いだと断言しましょう。
バシャールは、日本人のある特有のDNA的な嗜好を利用しています。
それゆえに、日本のある種の領域からも反感をくらうわけです。

これはバシャールのアジェンダに関係します。
ワクワクもまたすべての人間に合致するわけではありません。
そのような説明もまたバシャールは何度も話、存在します。

世界各国の政府の政策を見渡して下さい。そこにコヒーレンス、博愛心、
正しい知識に基づく行動は存在せず見つけることは不可能です。

解放された個人を、ウイングメーカー神話では「サヴァリン・インテグラル」と呼んでいます。
サヴァリン・インテグラルは、すべての人間の真のアイデンティティです。
サヴァリン・インテグラルは、人間の表現がひとつに凝縮されたファーストソースの蒸留物です。
この周波数とだけ同調すればよいと理解すべきでしょう。
これが、過去10年間に渡ってウイングメーカー神話によって
定義されてきたグランドポータルの定義なのです。

17 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/04(月) 07:18:06.33 ID:n2aSBPiv0
コバが勘違いしているのは、スピノンポリが大半である と勘違いしているトコ
正直コバ程度が多くて、ソレ以上の上級者も多い
毎日、底辺のオバサンを相手に小銭稼ぐから若い癖にピーマン程度の言葉しか
投げられない。このままでは中年になってテラのような口だけになる。
方向性を変えるならまだ若い、この期に考え直すべきだ。

18 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/04(月) 11:44:02.35 ID:MVvyCIIS0
髪の毛フサフサ出し、本家よりましでしょ

19 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/04(月) 11:50:30.26 ID:MVvyCIIS0
植毛...後頭部〜側頭部の抜けにくい髪を移植する手術。
*競合クリニックが多い為か、クリニックの宣伝を毎日2ちゃんで自演操作している人もいるので注意。 
★荒らしはスルー
本スレは自演の歴史が非常に強かった傾向です。相手にしたり騙されないようにしてください。
2ちゃんは常に自演が多い事を注意してください。
最後は自己責任で!

大事なのは何より結果です。
写真と共に報告されたレポートならともかく、
噂程度の情報や手術結果以外のクリニック批判は同業他社の書き込みであることが濃厚です。
その辺を踏まえたうえでこのスレとは冷静に付き合いましょう。

前スレ
◆自毛植毛スレ67株目◆ [無断転載禁止]

20 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/04(月) 11:52:56.86 ID:MVvyCIIS0
植毛...後頭部〜側頭部の抜けにくい髪を移植する手術。
*競合クリニックが多い為か、クリニックの宣伝を毎日2ちゃんで自演操作している人もいるので注意。 
★荒らしはスルー
本スレは自演の歴史が非常に強かった傾向です。相手にしたり騙されないようにしてください。
2ちゃんは常に自演が多い事を注意してください。
最後は自己責任で!

大事なのは何より結果です。
写真と共に報告されたレポートならともかく、
噂程度の情報や手術結果以外のクリニック批判は同業他社の書き込みであることが濃厚です。
その辺を踏まえたうえでこのスレとは冷静に付き合いましょう。

前スレ
◆自毛植毛スレ67株目◆ [無断転載禁止]

21 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/04(月) 11:56:39.73 ID:MVvyCIIS0
植毛...後頭部〜側頭部の抜けにくい髪を移植する手術。
*競合クリニックが多い為か、クリニックの宣伝を毎日2ちゃんで自演操作している人もいるので注意。 
★荒らしはスルー
本スレは自演の歴史が非常に強かった傾向です。相手にしたり騙されないようにしてください。
2ちゃんは常に自演が多い事を注意してください。
最後は自己責任で!

大事なのは何より結果です。
写真と共に報告されたレポートならともかく、
噂程度の情報や手術結果以外のクリニック批判は同業他社の書き込みであることが濃厚です。
その辺を踏まえたうえでこのスレとは冷静に付き合いましょう。

前スレ
◆自毛植毛スレ67株目◆ [無断転載禁止]

22 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/10(日) 03:18:07.66 ID:/OpzP7230
使徒パウロが問題にしているのは歴史上のイエスではなくて、神の右に上げられた
キリストが問題になっているということを、先ず指摘しなければなりません。
しかし同時に注目すべきことは、彼はダマスコ途上の幻 (使 9:1-9)
で福音を知らされたのでもないということです。
この一見矛盾する事実は、次のように説明されなければなりません。

パウロは回心後、ダマスコにおいて、すでに当時この地方に広まっていた
"使徒の言い伝え" を学びました(使 9:19-25)。
そしてその後エルサレムで(使 9:26-30)、アンティオキアで(使 11:25-26)、


さらに使徒の言い伝えを受けたものと思われます。
この福音の伝承の背後に天上のキリストが立っておら
つまり、それは一人の人間の私的な解釈ではなくて、イエス・キリストの啓示による福音伝承であるということです。
換言すれば、この福音をさらに宣教すること自体にも、天上のキリストが共におられるという理

パウロは回心後、ダマスコにおいて、すでに当時この地方に広まっていた
"使徒の言い伝え" を学びました(使 9:19-25)。
そしてその後エルサレムで(使 9:26-30)、アンティオキアで(使 11:25-26)、
さらに使徒の言い伝えを受けたものと思われます。
この福音の伝承の背後に天上のキリストが立っておられるという意味で、
パウロはこれを "啓示による" と説明しました。
つまり、それは一人の人間の私的な解釈ではなくて、イエス・キリストの
啓示による福音伝承であるということです。
換言すれば、この福音をさらに宣教すること自体にも、天上のキリストが共におられるという理解なのです(Iコリ 11:23, 15:3 参照)。

聖書神学者 O.クルマン はこれを説明して、"使徒たちすべての共通の証言だけが、
キリスト教の伝承を形成することが出来、その中に主御自身が働き給う" と書いています。
それ故にパウロは、ケファ (使徒ペトロ) から "使徒の言い伝え" を受けるために、
"エルサレムに上り、十五日間彼のもとに滞在した"(ガラ v.18) のだと考えられます。
この、彼が受け、さらに彼が告げ知らせた福音(ガラ 1:8,11-12) によって、パウロは明確に宣言しました。
信仰に基づいて切に望んでいるのです。」(ガラ 5:5)

23 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/10(日) 03:18:47.00 ID:/OpzP7230
使徒パウロが問題にしているのは歴史上のイエスではなくて、神の右に上げられた
キリストが問題になっているということを、先ず指摘しなければなりません。
しかし同時に注目すべきことは、彼はダマスコ途上の幻 (使 9:1-9)
で福音を知らされたのでもないということです。
この一見矛盾する事実は、次のように説明されなければなりません。

パウロは回心後、ダマスコにおいて、すでに当時この地方に広まっていた
"使徒の言い伝え" を学びました(使 9:19-25)。
そしてその後エルサレムで(使 9:26-30)、アンティオキアで(使 11:25-26)、


さらに使徒の言い伝えを受けたものと思われます。
この福音の伝承の背後に天上のキリストが立っておら
つまり、それは一人の人間の私的な解釈ではなくて、イエス・キリストの啓示による福音伝承であるということです。
換言すれば、この福音をさらに宣教すること自体にも、天上のキリストが共におられるという理

パウロは回心後、ダマスコにおいて、すでに当時この地方に広まっていた
"使徒の言い伝え" を学びました(使 9:19-25)。
そしてその後エルサレムで(使 9:26-30)、アンティオキアで(使 11:25-26)、
さらに使徒の言い伝えを受けたものと思われます。
この福音の伝承の背後に天上のキリストが立っておられるという意味で、
パウロはこれを "啓示による" と説明しました。
つまり、それは一人の人間の私的な解釈ではなくて、イエス・キリストの
啓示による福音伝承であるということです。
換言すれば、この福音をさらに宣教すること自体にも、天上のキリストが共におられるという理解なのです(Iコリ 11:23, 15:3 参照)。

聖書神学者 O.クルマン はこれを説明して、"使徒たちすべての共通の証言だけが、
キリスト教の伝承を形成することが出来、その中に主御自身が働き給う" と書いています。
それ故にパウロは、ケファ (使徒ペトロ) から "使徒の言い伝え" を受けるために、
"エルサレムに上り、十五日間彼のもとに滞在した"(ガラ v.18) のだと考えられます。
この、彼が受け、さらに彼が告げ知らせた福音(ガラ 1:8,11-12) によって、パウロは明確に宣言しました。
信仰に基づいて切に望んでいるのです。」(ガラ 5:5)

24 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/10(日) 03:21:31.41 ID:/OpzP7230
使徒パウロが問題にしているのは歴史上のイエスではなくて、神の右に上げられた
キリストが問題になっているということを、先ず指摘しなければなりません。
しかし同時に注目すべきことは、彼はダマスコ途上の幻 (使 9:1-9)
で福音を知らされたのでもないということです。
この一見矛盾する事実は、次のように説明されなければなりません。

パウロは回心後、ダマスコにおいて、すでに当時この地方に広まっていた
"使徒の言い伝え" を学びました(使 9:19-25)。
そしてその後エルサレムで(使 9:26-30)、アンティオキアで(使 11:25-26)、


さらに使徒の言い伝えを受けたものと思われます。
この福音の伝承の背後に天上のキリストが立っておら
つまり、それは一人の人間の私的な解釈ではなくて、イエス・キリストの啓示による福音伝承であるということです。
換言すれば、この福音をさらに宣教すること自体にも、天上のキリストが共におられるという理

パウロは回心後、ダマスコにおいて、すでに当時この地方に広まっていた
"使徒の言い伝え" を学びました(使 9:19-25)。
そしてその後エルサレムで(使 9:26-30)、アンティオキアで(使 11:25-26)、
さらに使徒の言い伝えを受けたものと思われます。
この福音の伝承の背後に天上のキリストが立っておられるという意味で、
パウロはこれを "啓示による" と説明しました。
つまり、それは一人の人間の私的な解釈ではなくて、イエス・キリストの
啓示による福音伝承であるということです。
換言すれば、この福音をさらに宣教すること自体にも、天上のキリストが共におられるという理解なのです(Iコリ 11:23, 15:3 参照)。

聖書神学者 O.クルマン はこれを説明して、"使徒たちすべての共通の証言だけが、
キリスト教の伝承を形成することが出来、その中に主御自身が働き給う" と書いています。
それ故にパウロは、ケファ (使徒ペトロ) から "使徒の言い伝え" を受けるために、
"エルサレムに上り、十五日間彼のもとに滞在した"(ガラ v.18) のだと考えられます。
この、彼が受け、さらに彼が告げ知らせた福音(ガラ 1:8,11-12) によって、パウロは明確に宣言しました。
信仰に基づいて切に望んでいるのです。」(ガラ 5:5)

25 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/10(日) 03:24:13.30 ID:/OpzP7230
使徒パウロが問題にしているのは歴史上のイエスではなくて、神の右に上げられた
キリストが問題になっているということを、先ず指摘しなければなりません。
しかし同時に注目すべきことは、彼はダマスコ途上の幻 (使 9:1-9)
で福音を知らされたのでもないということです。
この一見矛盾する事実は、次のように説明されなければなりません。

パウロは回心後、ダマスコにおいて、すでに当時この地方に広まっていた
"使徒の言い伝え" を学びました(使 9:19-25)。
そしてその後エルサレムで(使 9:26-30)、アンティオキアで(使 11:25-26)、


さらに使徒の言い伝えを受けたものと思われます。
この福音の伝承の背後に天上のキリストが立っておら
つまり、それは一人の人間の私的な解釈ではなくて、イエス・キリストの啓示による福音伝承であるということです。
換言すれば、この福音をさらに宣教すること自体にも、天上のキリストが共におられるという理

パウロは回心後、ダマスコにおいて、すでに当時この地方に広まっていた
"使徒の言い伝え" を学びました(使 9:19-25)。
そしてその後エルサレムで(使 9:26-30)、アンティオキアで(使 11:25-26)、
さらに使徒の言い伝えを受けたものと思われます。
この福音の伝承の背後に天上のキリストが立っておられるという意味で、
パウロはこれを "啓示による" と説明しました。
つまり、それは一人の人間の私的な解釈ではなくて、イエス・キリストの
啓示による福音伝承であるということです。
換言すれば、この福音をさらに宣教すること自体にも、天上のキリストが共におられるという理解なのです(Iコリ 11:23, 15:3 参照)。

聖書神学者 O.クルマン はこれを説明して、"使徒たちすべての共通の証言だけが、
キリスト教の伝承を形成することが出来、その中に主御自身が働き給う" と書いています。
それ故にパウロは、ケファ (使徒ペトロ) から "使徒の言い伝え" を受けるために、
"エルサレムに上り、十五日間彼のもとに滞在した"(ガラ v.18) のだと考えられます。
この、彼が受け、さらに彼が告げ知らせた福音(ガラ 1:8,11-12) によって、パウロは明確に宣言しました。
信仰に基づいて切に望んでいるのです。」(ガラ 5:5)

26 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/10(日) 03:25:19.41 ID:/OpzP7230
使徒パウロが問題にしているのは歴史上のイエスではなくて、神の右に上げられた
キリストが問題になっているということを、先ず指摘しなければなりません。
しかし同時に注目すべきことは、彼はダマスコ途上の幻 (使 9:1-9)
で福音を知らされたのでもないということです。
この一見矛盾する事実は、次のように説明されなければなりません。

パウロは回心後、ダマスコにおいて、すでに当時この地方に広まっていた
"使徒の言い伝え" を学びました(使 9:19-25)。
そしてその後エルサレムで(使 9:26-30)、アンティオキアで(使 11:25-26)、


さらに使徒の言い伝えを受けたものと思われます。
この福音の伝承の背後に天上のキリストが立っておら
つまり、それは一人の人間の私的な解釈ではなくて、イエス・キリストの啓示による福音伝承であるということです。
換言すれば、この福音をさらに宣教すること自体にも、天上のキリストが共におられるという理

パウロは回心後、ダマスコにおいて、すでに当時この地方に広まっていた
"使徒の言い伝え" を学びました(使 9:19-25)。
そしてその後エルサレムで(使 9:26-30)、アンティオキアで(使 11:25-26)、
さらに使徒の言い伝えを受けたものと思われます。
この福音の伝承の背後に天上のキリストが立っておられるという意味で、
パウロはこれを "啓示による" と説明しました。
つまり、それは一人の人間の私的な解釈ではなくて、イエス・キリストの
啓示による福音伝承であるということです。
換言すれば、この福音をさらに宣教すること自体にも、天上のキリストが共におられるという理解なのです(Iコリ 11:23, 15:3 参照)。

聖書神学者 O.クルマン はこれを説明して、"使徒たちすべての共通の証言だけが、
キリスト教の伝承を形成することが出来、その中に主御自身が働き給う" と書いています。
それ故にパウロは、ケファ (使徒ペトロ) から "使徒の言い伝え" を受けるために、
"エルサレムに上り、十五日間彼のもとに滞在した"(ガラ v.18) のだと考えられます。
この、彼が受け、さらに彼が告げ知らせた福音(ガラ 1:8,11-12) によって、パウロは明確に宣言しました。
信仰に基づいて切に望んでいるのです。」(ガラ 5:5)

27 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/10(日) 03:26:49.01 ID:/OpzP7230
使徒パウロが問題にしているのは歴史上のイエスではなくて、神の右に上げられた
キリストが問題になっているということを、先ず指摘しなければなりません。
しかし同時に注目すべきことは、彼はダマスコ途上の幻 (使 9:1-9)
で福音を知らされたのでもないということです。
この一見矛盾する事実は、次のように説明されなければなりません。

パウロは回心後、ダマスコにおいて、すでに当時この地方に広まっていた
"使徒の言い伝え" を学びました(使 9:19-25)。
そしてその後エルサレムで(使 9:26-30)、アンティオキアで(使 11:25-26)、


さらに使徒の言い伝えを受けたものと思われます。
この福音の伝承の背後に天上のキリストが立っておら
つまり、それは一人の人間の私的な解釈ではなくて、イエス・キリストの啓示による福音伝承であるということです。
換言すれば、この福音をさらに宣教すること自体にも、天上のキリストが共におられるという理

パウロは回心後、ダマスコにおいて、すでに当時この地方に広まっていた
"使徒の言い伝え" を学びました(使 9:19-25)。
そしてその後エルサレムで(使 9:26-30)、アンティオキアで(使 11:25-26)、
さらに使徒の言い伝えを受けたものと思われます。
この福音の伝承の背後に天上のキリストが立っておられるという意味で、
パウロはこれを "啓示による" と説明しました。
つまり、それは一人の人間の私的な解釈ではなくて、イエス・キリストの
啓示による福音伝承であるということです。
換言すれば、この福音をさらに宣教すること自体にも、天上のキリストが共におられるという理解なのです(Iコリ 11:23, 15:3 参照)。

聖書神学者 O.クルマン はこれを説明して、"使徒たちすべての共通の証言だけが、
キリスト教の伝承を形成することが出来、その中に主御自身が働き給う" と書いています。
それ故にパウロは、ケファ (使徒ペトロ) から "使徒の言い伝え" を受けるために、
"エルサレムに上り、十五日間彼のもとに滞在した"(ガラ v.18) のだと考えられます。
この、彼が受け、さらに彼が告げ知らせた福音(ガラ 1:8,11-12) によって、パウロは明確に宣言しました。
信仰に基づいて切に望んでいるのです。」(ガラ 5:5)

28 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/10(日) 05:26:39.74 ID:/OpzP7230
使徒パウロが問題にしているのは歴史上のイエスではなくて、神の右に上げられた
キリストが問題になっているということを、先ず指摘しなければなりません。
しかし同時に注目すべきことは、彼はダマスコ途上の幻 (使 9:1-9)
で福音を知らされたのでもないということです。
この一見矛盾する事実は、次のように説明されなければなりません。

パウロは回心後、ダマスコにおいて、すでに当時この地方に広まっていた
"使徒の言い伝え" を学びました(使 9:19-25)。
そしてその後エルサレムで(使 9:26-30)、アンティオキアで(使 11:25-26)、


さらに使徒の言い伝えを受けたものと思われます。
この福音の伝承の背後に天上のキリストが立っておら
つまり、それは一人の人間の私的な解釈ではなくて、イエス・キリストの啓示による福音伝承であるということです。
換言すれば、この福音をさらに宣教すること自体にも、天上のキリストが共におられるという理

パウロは回心後、ダマスコにおいて、すでに当時この地方に広まっていた
"使徒の言い伝え" を学びました(使 9:19-25)。
そしてその後エルサレムで(使 9:26-30)、アンティオキアで(使 11:25-26)、
さらに使徒の言い伝えを受けたものと思われます。
この福音の伝承の背後に天上のキリストが立っておられるという意味で、
パウロはこれを "啓示による" と説明しました。
つまり、それは一人の人間の私的な解釈ではなくて、イエス・キリストの
啓示による福音伝承であるということです。
換言すれば、この福音をさらに宣教すること自体にも、天上のキリストが共におられるという理解なのです(Iコリ 11:23, 15:3 参照)。

聖書神学者 O.クルマン はこれを説明して、"使徒たちすべての共通の証言だけが、
キリスト教の伝承を形成することが出来、その中に主御自身が働き給う" と書いています。
それ故にパウロは、ケファ (使徒ペトロ) から "使徒の言い伝え" を受けるために、
"エルサレムに上り、十五日間彼のもとに滞在した"(ガラ v.18) のだと考えられます。
この、彼が受け、さらに彼が告げ知らせた福音(ガラ 1:8,11-12) によって、パウロは明確に宣言しました。
信仰に基づいて切に望んでいるのです。」(ガラ 5:5)

29 :本当にあった怖い名無し@無断転載は禁止:2016/07/11(月) 04:09:54.52 ID:+Xlub0Pb0
ガキの動画だなw

33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)