5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【オカルト】怖い話・不思議な話総合スレ【統合】 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/01(月) 22:56:35.02 ID:9uS9jC6f0
死ぬほど洒落にならない怖い話
ほんのり怖い話
鉄道にまつわる怖い話、不思議な話
山にまつわる怖い話、不思議な話
その他もろもろの乱立している怖い話系スレは
どれも過疎が激しく荒れ放題なのでひとまとめにしてみた
オカルト的で怖い、不思議系の話なら幽霊でもUFOでもUMAでも尻でも何でもござれ、楽しくワイワイ話を楽しもう!

基本ルール
・絶対転載禁止(自ら投稿したものも転載不可)
 他スレ経由の転載やオープン経由の転載でも同様。転載は徹底的に叩こう!
・オカルト的に怖い話、不思議な話ならなんでも不問。創作どんとこい!
・文章の長短や矛盾ダメ出し、批判や添削行為などの荒らし行為の禁止、荒らしに反応するのも荒らし
・どんなダメ内容でも批判せずスルーする温かい心をモットー(持とう)
・雑談は良いけど投稿を妨げるような言動は禁止ね

ようは楽しく雑談しつつ怪談を楽しめればおk

2 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/01(月) 23:20:10.00 ID:1lWnf3XZ0
さぁ誰か投下してくれよ
おいてくなよ…寂しいじゃないか

3 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/02(火) 01:07:37.57 ID:D6hQrGNAO
1乙

4 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/02(火) 01:21:41.05 ID:vUfxj+RL0
サイコロと辞書で作る怖い話

http://fanblogs.jp/sazikowa/ 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:842eac59f97f47c0d6fb1bed016df49c)


5 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/02(火) 03:17:05.56 ID:AuPPOZsX0
盛り上がってきたら呼んで

6 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/02(火) 10:07:35.21 ID:xebTMuq10
他のパートスレが埋まりそうになったらこっちに誘導する形でいいと思う
スレ主は責任持って怖い話を仕込んでおくように!

7 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/02(火) 19:52:49.16 ID:Md/CnT/o0
話していいの?

8 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/02(火) 20:50:31.48 ID:xcFpcwOo0
>>7
お待ちしておりました
ささ、どうぞ

9 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/02(火) 21:26:32.06 ID:2mlZPB+10
さんま御殿に幽霊映ってた?

この部屋気を付けて。
の後の窓に

10 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/02(火) 22:02:44.00 ID:he9zZnxZ0
>>9
kwsk

11 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/02(火) 22:05:51.59 ID:he9zZnxZ0
>>7
>>1だけど自分はあまり物書きが得意じゃないからありがたい
むしろお願いしまっす

12 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/02(火) 22:13:32.66 ID:Md/CnT/o0
>>8
ありがとう
文才のぶの字もありませんがお付き合い下さい

あれは私が小学校低学年の頃に
親戚の集まりで沖縄のひいおばあちゃんの家に行ったときの話です

親戚皆が揃って大人はお酒を飲み
自分達子供はお菓子を食べて遊んでいました

夜になって皆が寝てから不思議な夢を見ました

まず気がつくと皆が死んだはずのひいおじいちゃんを
必死に探していました

私も探さなきゃと思い、車の下やタンスの中を探しましたが
当然いませんでした

仕方なく家に戻る途中で少し違和感を感じましたが気にせず
そのまま夢は終わりました

朝起きると夢の内容をハッキリ覚えていたので
あの違和感の正体はすぐに分かりました
私のひいおじいちゃんの遺影が無くなっていたのです

今思い返せば戦争で骨が見つかってないひいおじいちゃんの
遺骨を探して欲しいのかなぁと思います

長文失礼しましたm( __ __ )m

13 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/02(火) 22:14:30.23 ID:Md/CnT/o0
>>11
お待たせしました
あまり上手く行かないもんですねw
質問あったら受け付けます!

14 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/02(火) 23:02:02.80 ID:he9zZnxZ0
遺骨、ぜひ探してあげて欲しいな
気になってる国とか地域とかあるんじゃないかな?
多分そういう所に遺骨、多分見つかると思う
夢に見るくらいだからきっと見つかればいい

15 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/02(火) 23:06:25.36 ID:2mlZPB+10
>>10
Twitterで
さんま御殿 幽霊 で突っついてみて

16 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/03(水) 01:01:15.87 ID:HZt801Uy0
>>14
ありがとうございます!
やっぱり寂しいでしょうね…

17 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/03(水) 01:24:08.97 ID:uyCpAagD0
では、リアルに見てしまった話を。
皆さんの中で、リアルに幽霊的なモノを見た人は居ますか?
私は一度だけマジで見てしまいました。
幽霊的なモノの顔を。

結婚して間もない頃、寝室で寝ていたのですが、もう良くある話の通り夜中に目が覚めて金縛り。
ただならぬ異様な雰囲気で何かが近づいて来るのだけは感じ恐怖の中何も出来ないでいました。
横を向いて寝ていた為、布団の横の壁を見つめる事しかできない。
すると、頭側の壁を女性がすり抜けて部屋に入って来ました。
そして私の布団の横を歩いてくる。
とうとう私の目の前を女性が横切り、足の方の壁をすり抜けて出ていってしまった。
それと同時に金縛りが解け、布団を跳ねあげて飛び起きた。
あわてて隣で寝ていた妻を起こし事の顛末を伝えた。
今までの文章をみれば皆さんもお分かりだと思いますが、
金縛りで視線も変えれず横の壁しか見えないのに、なぜ頭側、足側の壁をすり抜けたのが分かったのか?
視線からして膝したぐらいしか見えないのに、なぜ髪の長いワンピースの女性だと言えるのか?と矛盾を指摘され、夢でもみたんじゃない?と笑われてしまいました。

続きます。

18 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/03(水) 01:28:15.74 ID:uyCpAagD0
見たという実感はあるのですが、確かに妻の言う通りなので、やはり夢だったのかも?と自らを納得させて、
しばらく平凡な日常を過ごします。
が、しかし半年程経ったある日の夜中、またあの異様な感覚で目が覚めました。
幸いな事に今度は金縛り等なく体は動かせました。
体の自由がきいた為か、少し余裕があったのでしょう。
以前怖い夢を見ただけだと妻に一笑にふされた事もありムキになっていた事も影響したのか、
今度こそは必ず見届けてやる!とソレが通るであろう方向を布団の中から見ていました。
不思議な事に、何故か締め忘れた寝室の入口の前をソレが通る事がわかったのです。
すると、とうとうソレが寝室の入口の前の廊下を通り過ぎるのを見てしまいました。
当然恐怖感は半端なく必死で息をひそめながら、ソレが通りすぎるのを見てしまいました。
肩下までの髪のワンピースの女性。
前に見たのとおなじヤツです。
ソレは扉の前を通りすぎる時に、ちらっと此方に顔を向け、私は顔を見てしまいました。
いや、正確に言うと顔は見えませんでした。
説明するのが難しいのですが、ソレには顔が「無」というのでしょうか?
顔が無かったのです。
のっぺらぼうというのでもないし、真っ黒と言う訳でもありません。
いちばんしっくりくる感覚としては、
遥か昔の知り合いの顔が思い出せない時に、顔は有るはずなのに顔の像がむすばないモヤモヤした感覚?に近いです。
顔が見えない、像をむすばないのです。
ソレは此方に一瞥をくれた後、直ぐに前に向き直り廊下を進み入口から見えなくなりました。
ソレが進む先にはトイレとその先には風呂場だけなので行き止まりです。
直ぐに追いかけるにはあまりにも怖く、
10か15秒ほど待ってから、部屋中の電気を着けてソレが通りすぎた方にいってみましたが、もうソレは居ませんでした。

区切ります。

19 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/03(水) 01:30:49.64 ID:uyCpAagD0
長くてすみません。

今度こそ寝ぼけた訳ではありません。
不思議な事に、ソレが消えて異様な存在感が消えると共に、先程までの恐怖感も消えていました。
妻を起こし今の出来事をつたえましたが、実は妻も少し前にソレを見ていたと告白してきました。
妻が見たのはベランダからキッチンにソレが入ってきたのを見たと。
しかし妻は、以前の私と同じく金縛りであり、
しかも寝室からキッチンは見えないので、私の怖い夢の話を聞いた事を潜在的に記憶していた為、夢に見たのだと思い、私には話してなかったと。
私の体験を夢として笑ったてまえ話せなかったのでしょう。
しかし今回私が見た顔の話を聞き、自分(妻)が見たのは同じモノだと確信した様です。

この話は、当時会社の同僚に話した所、けっこう皆は怖がってくれたので、
私も面白がり何人かに話しました。
ただ、同僚の言葉に自分も驚く事になります。
「夫婦で見てるんやろ?しかも二回も遭遇してて、めっちや怖いやん!なんでそんな部屋に住んでられるのか理解でけんわ!」
不思議な事に、遭遇した時はとてつもない恐怖を感じてたのですが、
ソレが通りすぎ気配が無くなると、不思議と恐怖感はキレイになくなってしまい、特に引っ越そうとかそういう思考にはたどり着きませんでした。
それは妻も同じようで、何故住み続けられるのか不思議がられた事を妻に伝えた所、
妻も私と同じく引っ越しとか考えなかったと不思議がっていました。

以上です。

20 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/03(水) 02:04:00.91 ID:xw8whmGp0
別件だけど思い出したので書いてみる

硫黄島は霊感ない人でも見るって言うよね
自分の知り合いに元海上自衛隊の人がいるんだけど
女の人なのに立派な逆三角形な体格
その人は硫黄島に勤務したことがあるらしい

海上自衛官の女性が硫黄島勤務するのは非常に珍しくて夜寝てると外からドンチャン騒ぎしてる声が聞こえる
「ああ、飲んで騒いでるなあ」と思って、勢いで襲われないように部屋の鍵を閉めて寝たらしいんだけど
ふと目を覚ますと、いつの間にか枕元に青年が立っていて肩を揺らしたそうな
「もし、女性が寄営してると聞きまして、こちらに来て自分らと飲みませんか」のように声をかけたらしい
部屋のドアは開いていて外は篝火を照らすように明るく、沢山の人が集まってるように見えたらしい
普段なら男勝りの彼女は豪気に飲みに参加するのだが、寝入りばなだったこともあって気が乗らず丁重に断ったそうだ

青年は少しの間そこでしげしげと彼女を眺めた後で何もせずに立ち去ったようで、安心して眠れるなあと思ってふと思い出した
「あれ?鍵をかけたはずなのに?」
はっと起きて確かめてみるとやっぱり部屋の鍵はしまってる
ドアを開けなければ外の光が入るような部屋でもない
夢かもしれないけど、そんなリアリティのある夢は初めてだったと

もし、彼らの飲みに参加していたら自分はどうなっていたんだろう…と思う反面、彼らの魂の為にも無碍に断らず参加していればよかった
しかし、幽霊のくせにナンパなんて(笑)と、思ったらしい

21 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/03(水) 02:13:01.83 ID:HZt801Uy0
>>20
なんとなく和みますねw

22 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/03(水) 02:14:01.14 ID:nU4x4rQd0
>>17
現実感に害がないからね
見えるという理由では引っ越しする理由にはなかなかならないよね
自分も前のアパートに越してから何を見るわけでもないけどよく金縛りにあった
怖かったけど実害はないから気にせず転勤するまでの7年間住んでたわ

そういう個人的な意味でも真実味のある話

23 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/03(水) 08:24:13.59 ID:8h2qSDnp0
何でもいいから怖い話を集めてみない?Part6
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1413974645/

こっちもよろしく頼むよ
同じような理由でたてられたのに過疎ってるよ
せっかく6までいってる洒落怖姉妹スレなのに

24 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/03(水) 08:35:59.80 ID:xw8whmGp0
>>23
こちらのスレの絶対転載禁止ってワードが強いよね
安心して書ける

25 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/03(水) 09:34:12.18 ID:Ny08nyaZ0
洒落怖の新しいスレはこっちでいいのかな?

姉の体験談なんだけど投下

地元の神社は近いこともあって高校卒業まで正月や祭事があれば巫女のバイトをしてたんだけど
その神社は結構な曰く付きで、昭和時代に3代に渡り神主が境内で自殺してるんだ
それもあってか、町内だけでなく近隣の自殺者が境内で首を括ることが多くなってた
昔、ワイドショーにも取り上げられたことがあるらしい

で、昔は祭事の際は禊ということで巫女は社務所に寝泊まりする習慣があったんだけど
そこで姉は自殺者を発見して、その前に怖い体験をしたらしい
ここからは姉の体験した断片的に聞いた話を自分なりに解釈して書いてく

秋祭りの禊で社務所に5人ほどの巫女バイトとともに寝泊まり始めて3日目の夜
食事も終わり、風呂にも入り、さて寝ようかと皆でワイワイと布団を敷き始めた時
外に誰かが訪ねてくるジャリジャリという音が聞こえる
小さな治安のいい町だし、変態ということは考えられない
こんな夜更けに誰かお参りに来たと社務所からそっと覗いた
そうしたら首を凄くもたげた黒い影が二つ
拝殿に向かってゆっくりと歩いていく
それを見てゾーっと背筋が凍ったみたいになった

その二つの影はどう考えても人間には見えない
彼らは歩いてるのではなくて揺らめくようにつーと進んでるだけ
境内には外灯がひとつ、拝殿の前にあるだけで
そのまま、影は拝殿に消えてった

慌てて他の巫女たちにそのことを伝えると
「見に行こう」という話になった
足音は他の巫女にも聞こえてたので、みんなは「姉の見間違いで単なる参拝者、もしかしたら賽銭泥棒かもしれない」と思ったらしかった

26 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/03(水) 09:34:56.05 ID:Ny08nyaZ0
みんなで社務所を出ると、あたりを見回す
誰もいない
変だなあと思って、それでも本殿に回ってるのかもしれないと思い皆で回ってみても誰もいない
結局、「野良犬か猫が歩いてたんだろう」という結論になって社務所に戻ったらしい

で、先頭を歩いてた子が社務所の扉を開けようとした子が立ち尽くしたまま扉を開けようとしない
あれ?と思っていると「ギャー」と叫んで社務所の中に勢い良く駆け込んだ
意味もわからないまま、姉も含め他の子もパニックを起こしたまま社務所に飛び込んだ
何があったのかと聞いても入り口を指差したまま泣きじゃくるばかりでマトを得ない
皆で玄関に行くが何もいない
どうしたの?何があったの?と聞いていると
やっと「外、外に人!」とだけ

外?誰もいなかったじゃないともう一度確認しに行くと玄関の前に立った子が固まる
「あそこ、人が首吊ってるよ…」
外灯の横の木に縄をかけて首を吊ってる人がいた

社務所に先頭で戻って叫んだ子は扉を開けるとき扉のガラス越しに反射した反対側の風景に首を吊った人を見つけたんだ

不思議なのは、足音と黒い影、そして自殺者が首を括った時間

そして全員で見回りした時は誰もいなかったのに本殿から戻るまでのほんの少しの時間にどうやって首を吊ったのか
ダッシュで境内に入り迷いもなくすぐさま木に縄をかけて括っても間に合わない

もしかしたら足音は自殺者のもので姉が外を覗いた時には首をくくる準備をしていたのではないか
みんなが外に出てきたので一時的に隠れてて皆が本殿に回ったタイミングで括ったのが真相かもしれない
けど、境内は開けているので人がいればすぐ気づいたとも

そしてジャリジャリという歩く足音と姉が見た影がなければ朝まで誰も気づかなかっただろうこと

姉はあの足音は人間らしい二足歩行で重みがあって動物なんかでは無かったという

27 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/03(水) 14:02:18.36 ID:UV0L8WIJ0
サイコロと辞書で作る怖い話

http://fanblogs.jp/sazikowa/ 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:842eac59f97f47c0d6fb1bed016df49c)


28 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/03(水) 16:41:39.76 ID:UV0L8WIJ0
ほげらpower

http://livedoor.blogcms.jp/blog/hogeraouji/report/

29 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/03(水) 17:22:59.91 ID:e2eqxZFv0
流れ読まずに投下
うちの嫁が体験した話。

嫁が長女を妊娠していた時なんだけど、エコーの結果逆子だってのがわかっていた
逆子を治す体操とかしてたんだけど、もう予定日まで3週間くらいになって、医者ももうこの時期には大きくなっちゃってるから戻らないって言ってた
諦めて帝王切開しかないかってなって、普通分娩を望んでいた嫁はたいそう落ち込んでた

手術の日程を決めましょうかって頃に、嫁の夢に祖母がでてきたらしい
「ばあちゃんがついてるから安心しな」
それだけ言って、笑顔で去っていったらしい
その翌日の昼過ぎ、祖母が亡くなったと義母から連絡が入った

遠方だったから臨月の嫁は葬儀などに出られなかったから、俺だけ出た
そして葬儀が終わって俺が車で帰路についている最中に嫁から電話がきた
「エコー検査したら逆子がなおってた!」
医者も首をひねって、奇跡みたいだって言ってた

俺も嫁も、きっと祖母が最後に助けてくれたんだって信じてる

30 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/03(水) 18:16:12.49 ID:DFb6zfah0
祖母が自らの命を燃やして空間歪曲魔法を使ったんだろうな

31 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/03(水) 19:21:09.24 ID:Pw2Gf3Uo0
>>25
昭和時代はホラーが結構盛んだったよねー
首吊りトリックみたいで楽しかったよ

>>29
良え話やなあ

32 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/03(水) 20:33:38.97 ID:fx8blGvM0
文にするの苦手なんで分かりにくかったらごめん


去年のゴールデンウイーク、
車で母と妹と旅行に行ったんだよね

私は眠かったので寝ていて、
目的地付近で起きたんだけど
母と妹に「さっき起きた?」って言われた

その時は起きたばかりだったけど、
途中で起きた覚えがなくてどうしたのか聞いたら

起きたと思ったら、窓の外を指して
「何かいる!」って叫んだらしい

そんな事した覚えないし、
霊感あるらしい母が言うには
嫌な雰囲気があった所で起こったらしいから
眠気吹っ飛んだの覚えてる

何か居たらしいとか、
自分がそんな事やったっていうから
不気味で怖かった


因みに、さっき聞いてもやってたって言われた
一体何だったんだろうね

33 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/03(水) 22:47:01.43 ID:xw8whmGp0
車内泊しててBピラーが人が横に座ってるように見えたことならある

34 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/04(木) 02:01:26.48 ID:9llYf3rL0
節分で思い出した話。

「鬼は外、福は内」って言いながら豆をまくのが普通だけど、たまに「鬼は内、福は外」って逆に言っちゃうことない?
うちの地域では間違えた時は、間違えた時より大きい声で言えば訂正されるっていうローカルルールがあった。
小学生の時、節分ってことで昼間に友達数人で近所の稲荷神社に豆をまきに行くことにした。
その稲荷神社は山の中にあり、獣道を100メートル程登った先にある。
普段は誰も行かないような場所で年に一回節分の日だけ行くような場所だった。

稲荷神社について早速豆まきをするとA子が逆の「鬼は内ー!!」と言ってしまった。
みんなで
「大きな声で言い直せば大丈夫だよ!」
と言うと、A子はふて腐れた顔をし、「迷信だよ。バカじゃん。」
と言って訂正をせずに行ってしまった。
稲荷神社の鳥居に向かってA子が歩いて行くとつんのめるような仕草をした。
「誰!痛いんだけど!!」
とA子は怒りながら振り向くが周りには誰もいない。
そしてしきりに
「今絶対にぶたれた」
と喚きだした。
勝手に転びそうになって怒り出すA子に呆気に取られていると、A子が
「痛い痛い痛い!誰かぶってる!!痛い痛い痛い!」
と騒ぎ出した。

その姿は嘘をついているようには見えず、私達はA子が怖くなり逃げ帰った。
A子は帰ってから頭が痛くなり、怖くなったのか私に電話をしてきた。
そして昼間の光景で呪われたと思ったので
「大きな声でもう一回言い直した方がいいよ」
と伝えた。

夜になって親との豆まきの際、A子は稲荷神社で謝罪しながら昼間より大きな声で正しい「鬼は外!」といったら頭痛が治ったと言っていた。A子の親も同じことを言っていたので嘘ではないと思う。

あの時訂正をしないままだったらA子はどうなっていたのかとほんのり……。

35 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/04(木) 02:05:30.31 ID:oJvyEchk0
>>34
内容も全然覚えてないけど、しまじろうだったか何かで、反抗心的な感じでわざと逆に言うホラー回みたいなのがあった気がするな

36 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/04(木) 02:09:17.18 ID:OBiXXjSt0
みんな、物語が破綻してないか気をつけて投稿しろよ

37 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/04(木) 03:46:50.57 ID:XBztb+850
去年の8月のこと
自分の部屋のクーラーが壊れて
広間の畳の部屋で寝起きしてた
その部屋は亡くなった祖父母の遺影ある

下旬頃だったかな
寝ててふっと目だけ起きた
視線は祖父母の遺影
目が合った瞬間
祖父が私にニコニコと笑ってきた!
びっくりした 

この翌夜中に祖母も笑いかけた!
ええええええええ(゚Д゚;)

母に言ったら笑い返せばいいじゃんて
言われたかかなりびっくりしてそんな余裕ないよ(´・ω・`)

38 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/04(木) 05:36:09.83 ID:XjcmXPhB0
鬼は内、福は外は日本昔話にあったな。鬼がこぞってやってきて大宴会。その例として千両箱置いていく。
ある大名家は伝承で先祖が鬼なので福は内、鬼もうち。鬼に助けられたとかいう逸話持ってある家でも鬼は内。
鬼ではなく疫病神が奮起して福の神倒して、自分が福の神になる節分のお話もあった。
まあどっちでもええんやろ。

39 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/04(木) 08:58:14.32 ID:ZHVq5TMh0
>>36
ええんやで

40 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/04(木) 09:24:18.04 ID:x/ujBFbG0
大して怖くもなければオチもありませんが、今朝のこと。
ゆうべ一通り豆撒きを終えてそのまま就寝。二世帯住宅でウチと親の所は玄関が別。
今朝こちらは普通に出掛ける人はお出掛け。豆は勿論(?)玄関に転がってる。
母から連絡が来て、まだ誰も玄関を使っていないのに、玄関に撒いた豆だけ踏みしだかれたようになっているとのこと。

鬼が逃げたのならいいけど、まさか入ってきてないよね?

41 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/04(木) 14:40:28.86 ID:B9bpsoLg0
ポケベルが流行った頃?ぐらい昔の話。
当然携帯電話なんてものは無かった時代。
当時通っていたキャンパスのある公衆電話の話。
1回生の時に、寮に入っていた同じゼミの友人からこんな話を聞いた。
同じ寮生で霊感のある知り合いが、11号館の屋上から人が飛び降りるのが見えると言う。
当然生きた人間では無く霊だと言う。
時は流れ、4回生になりその友人とも選択課程の中で別々になる。
新しいゼミ仲間と雑談しているときに、新たに仲良くなった別の友人が先輩に聞いたとかで、11号館の1階にある公衆電話にまつわる話をしてきた。
なんでも昔に例の公衆電話から彼氏に電話をした女生徒が彼氏にひどい振られ方をしたとかで、突発的に11号館の屋上まで登り投身自殺をしたんだとか。
それ以来、その公衆電話から恋人に電話しても繋がらないんだとか。
あぁ、1回生の時に聞いた飛び降り霊はこの話だったのか?と思った。
そういえば、昔これと繋がりそうなこんな話を聞いたよ!とその場のゼミ仲間に話し、
怪談話で盛り上がっていたところ、
また別のゼミ仲間が不機嫌な顔のままやってきた。
「なんでそんなに不機嫌なん?」誰ともなく聞いた。
いくら彼女に電話しても話し中で電話が繋がらない。浮気でもしてんのか?と超不機嫌。
それまで怪談話で盛り上がっていた俺たちは茶化すように言った。
「11号館の公衆やろ?」
「なんで知ってんの?」
「いや、オカルト的に有名らしいでw」
と言うやりとりの中で、公衆電話にまつわる話を皆で教えてやった。
「ホンマけ?でも今日急にバイト入ったからデート断らなきゃならない。もう一回電話してくるわ」
「教務課の電話からかけろよー!」
しばらくして彼女に電話しに言った彼が帰って来るなり、
「やっぱ只の都市伝説やな!もっかい同じトコから電話したら繋がったわw」
なんでも、教務課の公衆はあいてなかったから再度11号館から電話したら繋がったんだと。
そして彼はそのままバイトに行ってしまった。
さて、電話が繋がってしまったらどうなるんだろうか?
やっぱり只の都市伝説でオカルトな事は無かったんだろうか?なんて話をしながら、その日はお開きとなった。
で、やっぱり問題なのは電話が繋がるとどうなるのか?
それから2週間程経った頃だと思う。ゼミメンバーから召集がかかった。
同じゼミの女子が自宅で心筋梗塞で倒れそのまま亡くなってしまったらしい。
急遽お通夜に行くことになった。
その女子は、11号館から電話した彼とつき合っていたと、通夜の時に聞いて驚愕した。
まだ22歳やそこらで心筋梗塞って・・・
例の電話は繋がりが悪いとかでクレームが出ていたので、程なくして撤去された。

42 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/04(木) 17:00:08.68 ID:faKVn/UT0
>・「怖い話まとめブログ」への転載は運営が悪質なため禁止します

名指しで転載禁止ってテンプレにあっても無視されて転載されまくりなのに、転載禁止謳っても無理だろ。
つかそもそも2ch自体転載禁止になってもされまくりじゃん
で、転載されたらどう対応するつもりなの?運営に通報する?頑張ってくれよ

43 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/04(木) 18:11:53.01 ID:fNx9GI480
一年くらい前にゲームセンターに行ってユーフォーキャッチャーの景品に欲しい景品があったんだけどどうせ取れないと思って家に帰ったんだ
そして家についたら玄関の前にその景品があった
偶然だとしてもすごい

44 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/04(木) 19:25:46.83 ID:PWK2XfRI0
>>41
そういえば筑波大の旧校舎どうなったん?
一時期ガチで幽霊が出るって地元で噂になってたけど
かくゆう俺も走り屋の集会を見学した帰りの朝方屋上に発光体が揺れてるのを一緒に行った友達と見たことはある
行ったり来たりしてたから警備員とか光の反射ではなかったね

45 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/04(木) 23:00:59.41 ID:ZHVq5TMh0
>>40
ワロタ
鬼とは人のことって言うし泥棒じゃないといいね

46 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/04(木) 23:19:14.43 ID:dNtRbnvC0
>>41
後味悪いんですがどうしたらいいですか

47 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 00:11:20.54 ID:dvwqfZWx0
>>44
すまん。
関西なんで筑波わかんないわ。
>>46
卒業制作の追い込みの時期で、僅か二ヶ月待たずしての急逝でホント残念だった。
その冬は珍しく雪が積もったぐらいだから、かなり寒かった。
だから、心筋梗塞もただの偶然かもしれない。
あと、お通夜の時には既に別れていたと彼は言っていた。

実は俺も当時付き合っていた女性に電話した時繋がらなかった。
今は俺の嫁さんになり無事に仲良く暮らしてる。
繋がらなくて良かった!と思いながらも、あまり思い出したくも無いな。

もしかしたら、破局が待っていたから電話が繋がってしまったのか?
なんて考えたら、出来すぎな話しになってしまうな。

48 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 00:25:45.60 ID:tmgM2WlT0
>>47
>>46だけど
繋がらなかった彼女が今嫁てとこは
救いがあったから良かった

49 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 07:00:59.11 ID:fK81M5fv0
>>42
この>>1は新参なんだろうなと思うよ
ただの乱立につながるだけで、分散させると余計過疎るだけだし無駄な抵抗なのに

50 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 09:11:10.05 ID:oNIcBYKf0
>>43
どゆことさ
捨てられてたん?

51 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 10:05:23.77 ID:Oxd2WGSi0
洒落怖荒れてるんでこっちに投稿するわ

俺は廃墟や心霊スポットに巡るのが好きで彼女はあまり好きではないんだけど、
マヤカンからの夜景が綺麗すぎるという話をしたら見たがったんで
マヤカンで夜更かしという計画を去年の夏に決行したんだ
マヤカンは心霊スポットでもあるということは彼女には隠してたw

夕方のうちに山道に入って暗くなる前にマヤカンに到着した
時間は19時くらいだったと思う
とりあえずまだ日があるので中を見学して暮れてから屋上に用意していたシートを敷いてしばしイチャイチャして少し仮眠
心霊スポットともあってビビってたのか変な夢を見た

マヤカンの地下を歩いてると鉄の扉の部屋から中年くらいの女の人の手がぬうと出てきた
指先に真っ赤なマニュキュアを塗ってる
怖くなった俺は扉を強引にぐいぐい閉めたんだ
いつの間にかシーンは鉄の扉は和室の引き戸になってて、戸の先の部屋は襖になってた
差し込まれる手を引き戸で押さえつけてる図

そうするとその手がおいでおいでをしてる
それを見て、恐怖した、この状況どっかで前に一度体験したことがある
自分のトラウマを再現してるように感じたんだ

で、ハッと目覚めると23時くらい
ちょうどいい時間、眼下を眺めると夜景はとても綺麗だった

少し肌寒くなってきたのでダウンを着て隣を見ると
彼女はまだ寝てた
タバコを一服してから起こしてやると彼女夜景を喜んでたね

52 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 10:06:02.63 ID:Oxd2WGSi0
でも、一時間もすると飽きちゃって少し肌寒いし帰ろうかって話になる
でも暗闇の中道なき道を戻る勇気がない、迷ったらいくら小さな摩耶山でも遭難しかねない
どうしようかと悩んでると地元の若者だろうか学生の4人組が肝試しに来たんで合流して夜のうちに無事下山した

学生の雰囲気になんとなく感づいてた彼女に心霊スポットと言うことを明かし、しこたま怒られた後に彼女に夢の話をしたんだ

そうしたら、彼女は少し青ざめながらそれは私の経験だって言うんだ
彼女の亡くなった祖母は彼女が小さい頃にボケたみたいで自分自身を彼女と同じ年くらいの子供だと思い込んでたみたいで
両親と祖父母の家に行くと、祖母から遊ぼうとよくせがまれた
そんな祖母が気味悪くて嫌がった彼女はある時隠れんぼしてる時に祖母がいつも必ず隠れる襖を抑えつけて出られないようにしてしまったみたいだ
奥から祖母の開けてと懇願して泣く声が聞こえても大人が来るまでずーと押さえつけてた
という

ボケてしまったとはいえ祖母をイジメるという行為、
それがトラウマになってるとの事だった

俺は彼女からその話を初めて聞いたが、まさにそっくりの場面に驚くとともに疑問も湧く
でもその手は老婆でもなければ子供と思い込んでる人がマニュキュアなんて塗らないよなあと思うと偶然だったのかもしれない

ちなみに後でいくら思い返しても自分の実体験にそんな経験はないんだよね

53 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 10:14:30.45 ID:N1cdmf4J0
>>40
鬼入ってきてないか確認できた?

54 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 11:26:11.08 ID:OLEC2Kz60
マヤカンて心霊スポットではないよね
行ったけどなんもなかったしただただ綺麗な廃墟だった

55 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 12:00:49.40 ID:X6m6wRyq0
昼間行くと廃墟でもジモッピーが夜行けばどこでも心霊スポットよ

56 :>>40@転載は禁止:2016/02/05(金) 12:10:12.48 ID:6AeyM4Tz0
>>53
恥ずかしながら親の家は汚部屋寸前の混沌とした状態。何かされていても誰も気付けないも思います…

57 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 13:05:32.20 ID:95mt6WuU0
最近、頭頂部付近の髪の毛を後方斜め上に向けて
「くいくいっ」と軽く引っ張られる感覚がある
最初は友達のイタズラかと思ったけど、隣で顔見て話してるのに気付かないわけがない
それに、その時は壁を背にしてたから他の人のイタズラでも無いだろうし

物に引っ掛かったのかとも考えたが、周りに何も無いところでも引っ張られるんだよね

気のせいだと思いたいなぁ…

58 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 13:11:14.50 ID:uIldtOyi0
ハゲの前兆だな
もうすぐその感覚を味わいたくても味わえなくなるぞ

59 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 14:58:06.55 ID:XGfo6vAT0
怖い話ってこっちでいいのかな?

60 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 15:15:05.70 ID:z1YQ5YgO0
全然、怖くないなw

61 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 15:18:59.78 ID:aKgle8VG0
スレタイ見ても理解できない馬鹿なのか、わざとらしい誘い受けなのか

62 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 17:25:40.63 ID:X6m6wRyq0
かまへんで、なんでもって書いてあるし

63 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 19:34:03.15 ID:CFW06XRv0
既に転載されてるんだがw

64 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 19:36:02.88 ID:Ap1OQ6Pa0
屁の人の話も転載されるかな。

65 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 19:39:42.10 ID:ClWimRoX0
>>54
マヤカンてまだあんの?
なんか建て替えるとか言って壊すって話だったような…
あるなら行きたい
憧れの廃墟やわ

66 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 19:48:34.02 ID:uROm6UmUO
そりゃ実はコッチがアフィが立てたスレだからな

67 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 19:52:29.03 ID:Ap1OQ6Pa0
どうでもいいやん。
ホモと屁の話だけ書いとけばええんやで。
後適当な雑談。
怪談書きたい奴もかけばええ。

68 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 20:30:57.82 ID:aObua4nC0
早く書けよカスども

69 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 21:08:45.81 ID:l7QWkiD10
ちょっとお邪魔します。
仕事から帰って酒飲んでたらふと思い立ったんで書き込みますね。
こんな話リアルではなかなかできないんで、おっさんのガス抜きだと思って適当に見てもらったら幸いです。
あんまり怖くないけど、簡便してください。

事の発端は10年前くらいかな。まだ大学生の時、男女10人以上で河原(特に心霊スポットとかでもなく、
他にも同じような集団がいる場所)でバーベキューした後、部屋に帰ってきてから起こったんだ。
今日は楽しかったなーって思いながら、寝床について少しした頃。(時間はたぶん深夜2時ちょっと前くらいだったと思う)
当時は一人暮らしでボロアパートに住んでて、ユニットバスがついてたんだけど、そこから『カツッ!コツッ!コロコロ・・・』
って音が聞こえてきたんだ。よくある折りたたみの扉だから、湿度差とかの関係?でピキッって鳴る事はよくあったけど、あきらかに違う音。
浴室内で音が反響してるのが分かったから内側からの現象である事は間違いない。
で、なんだなんだと思って電気つけて浴室に入ったら、小石が落ちてた。川原とかにある、黒っぽい砂利の大きめのやつ。チロルチョコの半分
くらいの大きさだったと思う。
俺は超常現象は信じてる派でもないし、かと言って必死に否定する派でもないんだけど、大学は理系だったから、その現象がどうして起きた
のかいろいろ考えてみたんだ。
まず、当たり前だけど部屋にはその時俺しかいない。聞いた音の質・音量と小石の落ちてた場所から、小石は浴室の内側からガラス部分に当たり、
跳ね返ってから床を少し転がったと考えられるが、どう考えても小石にそんな運動をさせる動力源はない。で、川原でパリナイした後。
これらの条件を踏まえた上でぞっとしたんだが、とりあえず石は話のネタになるかなととっといて、机においてから、まあ何をするでもなく
その日はちょっと怖いから電気とTVつけたまま寝た。(続きます)

70 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 21:09:26.45 ID:l7QWkiD10
(続き)その後、別に幽霊とかは見てないけど、同じ現象が3回起きて、大学卒業して就職したんだが、ここからがまた不思議なトコで、
別のアパートに引っ越しても同じ現象が起きた。(2回引っ越し。そのどちらでも1回ずつ。位置的には学生時代とは隣県。内一軒で
ちょっぴり怪奇現象っぽいものに遭遇)
その後は一回実家に戻り、ユニットバスではないのでこの現象は起きてないんだけど、2回同じような小石が部屋に落ちてた。
ただ、これは家族も住んでるし、いつのまにか落ちてたやつなので、普通に服にくっついてたとかかもしれないからなんとも言えない。
そんなこんなで、謎の小石コレクションが7個あったワケなんだ。(ちなみに今はもう捨てた)
そしてこれは最近の話で、実家から600kmくらい離れた場所でアパート借りて今住んでるんだけど、また謎の小石を部屋で発見。
ただ今度は以前と違って、浴室でリアルタイムに見つけたものじゃなくて、気づいたら部屋に落ちてた。石はこれも以前と違って、黒ではなく
白くてぼこぼこして所々に結晶が見える軽石みたいなもの。都会だから近くにそんなのないはずだし、今度はチロルチョコ1個分くらいのサイズで、
体についてて落ちたなら、フローリングだからすぐ気づいたハズなのでちょっと不思議。
って事でお守りの傍に新しい謎の小石コレクションとして鎮座させております。

長々と読みづらい文章で申し訳ないですが、こんな感じです。
なかなか人には話せない話なので書いて若干スッキリしました。
同じような謎の小石話があったらぜひ聞きたいです。

71 :人権殺人殺し隊@転載は禁止:2016/02/05(金) 21:10:55.49 ID:SPyjIKG/0
反日とは 北朝鮮と社会党の根底の
癒着反日組織である。

清原つながりはここにある。

72 :人権殺人殺し隊@転載は禁止:2016/02/05(金) 21:12:00.61 ID:SPyjIKG/0
だから社会党なんだ。

日教組、全教、解放同盟

なにが根底にあるか。 これが答えだ。

73 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 21:38:07.29 ID:vfS7Rp9/0
あまり怖くない不思議な体験
横浜桜木町近くの某雑貨店での体験
そこの店は元飲食店の居抜きで一部改装して開店した雑貨屋なんだけど前の店は場末なバー
入口入って前室があり
カウンターがある造り。
手伝いでオープン前に
遅くまで二人で作業してた時のこと。相方が玄関を背に、俺は玄関を向いて
パソコン見ながら打ち合わせしてたとき
透明な黒い陰が入口方向に消えるのを目撃!っと同時に相方も後ろ(玄関)を振り向いた。
彼も何か?に、気づいたみたいだった。
俺「今、黒い陰みたいのが玄関に向かって行って消えたよ」
相方「なんか気配した」
俺「わかった?って言うか感じたんだ?」
相方「うん」
二人で同時だったんでちょっと驚いた。
俺「ここの店前に何かあったのかなぁ?」
相方「さぁ?知らない。何も聞いてないよ」
俺は見える友達二人に直ぐにメール連絡してみた。
程無くしてAさんからメール返信ある。「何も悪いものは感じないなぁー、ちょっと時間かかるけど待ってて」っと。
しばらくたってから再度Aさんからメール
「昔、その建物がある場所は道路だったみたいだよ
沢山の人が仕事場へ向かったり、帰ったりしてるのが見える」とのこと。っと言うことは、いまだに仕事場に通ってる霊?がいるっていうこと?もう一人の見える友達Bさんからもメールがあった
「通り道になってるみたいだよ、影響は無いねー逆にお客さん連れて来てくれるようにちゃんと掃除したらいいよ」って内容。
二人共に通り道や道
って同じ内容で更に驚いた。どのくらい昔にこの場所が道だったかのは不明だけど、いまだに通ってる霊が居るのってある意味怖い。亡くなっても仕事場に
通い続けてる霊と何かを
被らせて空しくもあり
ちょっと怖く思った。

74 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/05(金) 22:06:46.32 ID:X6m6wRyq0
>>63
kwsk

75 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 00:29:13.51 ID:Dahh7dVK0
>>51
廃墟、心霊スポット
行った数なら廃墟マニア界でも一二を争うんじゃないかと思うほど数をこなしてるけど
マヤカンの一階(半地下?)は確かにゾッとしたね
懐かしい

霊的に怖い思いをしたのは岐阜と徳島の某廃病院と静岡の廃ホテルだけだね
他には仲間内から聞いたことがある程度で実際に体験したことはない

76 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 00:31:37.53 ID:O3fdBpyu0
自分の体質の話。

オカルトは大好きなんだけど霊感は全くない。
生まれてこのかた幽霊なんて見たことないし、金縛りとか、肩が妙に重くなったりとか、
オカルトめいた体験をしたこともない。

でも、自分の車に乗って運転してるとたまに、かすかに救急車のサイレンが聞こえることがある。
すごく小さな音なんだけど、耳の奥というか頭の中で響いてるような感じで、
周りがうるさくてもちゃんと聞こえる。

で、そのサイレンが聞こえたときにそのまま何も気にせず運転してると必ず、

交通違反で切符を切られたり、
交差点で車にぶつかりそうになったり、
曲がり角で急に人が飛び出してきて
危うく轢きそうになったりする。

だからサイレンが聞こえたときは一旦車を止めて一呼吸置くようにしたら、
気付いたらゴールド免許になってた。


それと、今まで車にはねられたことが2回ある。

1回目は、はね飛ばされた先が耕したばっかりの畑で、ほぼ無傷。
2回目は、転倒した場所が舗装されてないやわらかい砂地で、軽い擦り傷のみ。


最近はもう、俺はもしかして霊感がないのではなく、逆に何かすげぇのが憑いてて、
余計なものが視えたり憑いたりしないように
コントロールしてくれてんじゃないかと思うようになった。

77 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 01:39:35.00 ID:Dahh7dVK0
そいや昔バイクで安房峠を走ってたらずーと背後にパトライトが追っかけてきてて緊急車両ならトンネル通るだろうし、自分はそこそこ安全運転だから捕まることもないだろうと過ごしてたんだけど
「いやまてよ、それよりも遥か前から追跡されてたのかも」と思って暫く待ってもパトライトが照らす赤い光だけで全然自分のもとに近づく気配がない
仕方ないからそのまま峠を抜けたんだよな
安房峠の入り組んだ中、近くの緊急車両なんてすぐ近くに居ないと分からないはずなのに
あれは不思議な体験だったね

78 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 02:39:03.88 ID:Uljcrbiq0
>>73
返信がメールで来たって事はAとBはその店を直接見に来て判断したわけじゃないって事?
直接見なくても頭の中で想像しただけで見えるってこと?

79 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 04:45:56.55 ID:PmHfe4XT0
いけだともこ太ったねチンパンジーゴリラブス死ねよw刺されて死ねw安定の富山チンパンジーゴリラデブババア死ねよw

80 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 06:31:12.08 ID:/RIwMIkR0
>>78そう
それぞれの方は俺と直接の知り合いだから見える(見えやすい?)って前に言われたことがある。
全然知らない他人だと難しいらしい。

携帯使って徐霊みたいなこともしてもらったことがある。

効果体験したから信じる意外無い。

81 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 06:32:53.85 ID:tSt5yfVH0
見てる人いるかわからんけど投下
初投稿だから文章おかしかったりしたらごめん

実際に自分が体験した話です。
16歳の時、原チャリに乗れるようになったこともあり、学校にマトモに行ってなかったこともあり、夜な夜な友達と心霊スポットに行くのが流行っていた。

廃墟となった学校や、廃病院などネットで調べて色々行ったけど特になんにもなかった。
その中でも複数回行っている心霊スポットがある。
大阪にある旧生駒山トンネルだ
住んでた場所から遠すぎず近すぎずでかなり雰囲気もあるので、ちょこちょこ肝だめしに通っていた。
グーグルマップとかで見ればわかると思うけど、旧生駒山トンネルの入り口は塞がれており、せいぜいちょっと中が見えるだけでそんなに怖くない。

だけどトンネルの入り口を正面にして左の方の狭い道を進んでいくと、背よりも高いフェンス?
超金持ちの家の鉄扉みたいなのが出てくるんよね
高さは2mくらいかな

82 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 06:34:01.85 ID:tSt5yfVH0
これを登って超えると、30段前後の石段があって、左手は石の壁、右手は階段に沿って斜面になっていて竹がびっしり&よく見る緑色のフェンスで覆われている。
右手の竹がすごい長さで、左の方へしなってて、上を見ると竹で覆われてて月も見えない
門の手前から見ると自然のトンネルみたいになってる

ここの石段を上がりきるとまず正面に井戸、その先はまた山の斜面
左手を見ると廃墟になった家が三軒か4件くらいポツポツと点在してる。
廃墟にあった新聞みると、確か1940年とかそんくらいの新聞だった気がする。
その廃墟群を抜けると大きなコンクリートでできた防空壕みたいなのがあった。
ぎゅうぎゅうに入れば200人くらいは入れそうなサイズかな。

ここまで来たら引き返すってコースにしてたけど、最初の方はなにもなかったのにちょっとずつ異変が起きた
仲間内で起こったちょっとだけ怖い話があったので紹介

83 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 06:35:18.49 ID:tSt5yfVH0
A君の話
トンネル帰りに親から電話がかかってきた
親「いつ帰ってくるんだ?」
A「もう帰るよ!」
親「なんだって?風の音でよく聞こえないぞ!」(バイクに乗ったまま通話してたため)
A「今帰ってる所!」
親「とにかく早く帰ってこい!」

家に帰ると親が「お前どこに行ってたんだ!?」
A「なんで?」
親「風の音の後ろでずっとお経が聞こえていたぞ」

B君は帰り道にでっかい木の枝が落ちてきて事故った笑

あとはいつも心霊スポットにいくメンバーの中の女の子ががたがた震えて呂律がおかしくなったのですぐに帰ったりとか…

まぁこんな事があったけど、それでも自分は幽霊を信じていなかった。

クラクションを鳴らすと幽霊が出ると聞くと、クラクションを鳴らすタイプだったけどなにも起こった事がなかったから

まぁここからが自分が体験した話の本題です
徐々に誰も行かなくなり、すっかり心霊スポット巡りも忘れてしまった頃
確か19ぐらいの時に姉貴に心霊スポットに行こうと誘われた。
メンバーは25歳の男女7人くらいと俺。
みんな旧生駒山トンネルに行ったことないと言うので、俺が道案内をして車で向かった。

84 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 06:38:19.87 ID:tSt5yfVH0
現地に着いたのが確か深夜3時くらい。
トンネルを見たけどみんな全然平気そうだったので、いつも行っていた廃墟群へ案内した。
流石に人数が多いのでグループに別れたんだけど、ジャンケンで負けた奴が1人で感覚を開けて殿を務めることになった。
まぁこれが俺になるんだけどね。

確か3人、4人、俺と言う順番で進んで行くことになった。

3人が進んで行き、5分開けて4人が進んで行き…
5分経ったので俺もフェンスを乗り越えた。
当時はスマホが無いので携帯のライトのみ。
竹トンネルのおかげで3mくらい先しか見えない。
幽霊は信じていなかったが流石にちょっと怖かった。


時間的にも怖かったので足早に石段を登っていると、中腹辺りまで登った所で右の視界の先(見えてるけどピントが合わない所)で20mくらい先に白っぽい感じで人が立ってるのが見えた。

俺はどうせビニールか見間違いかと思って
パッとそっちを見てピントを合わせると、フェンスの向こうの竹林の中に、これまたベタだが真っ白のワンピースで髪の毛が膝くらい
顔は下を向いて見えないけどとりあえずそんな感じの人がいた。

なんだこんな時間なのに変な人…
と思って前を向いた瞬間に気づいた。
こんな時間に人がいるわけ無い。
しかもちょっと光って見えたし、遂に見てもうたんか幽霊を!!!
と頭の中がパニックになった。
この間一秒くらい

85 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 06:39:19.60 ID:tSt5yfVH0
二度見する形でもう一度右を照らすと、さっきまで立ってた女性が、テケテケみたいなポーズ
蜘蛛みたいな体勢でこっちに近づいて来てた。

その瞬間全身の毛穴が開き、髪の毛はスーパーサイヤ人になったかの如くゾワゾワっと逆立って体が強張った。
その女性があと10mくらいの所でやっと体が動いたので猛ダッシュで前の奴らに合流してみんなで下山した。

これが唯一幽霊を見た?話

でももう昔の事だから見間違いなような気がして、幽霊をやっぱり信じれない

でもあそこに行く勇気はもうない。
以上

86 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 09:15:38.32 ID:Dahh7dVK0
旧生駒懐かしいなあ
坑内に電気設備があるから奥に入れんらしいね

87 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 11:25:20.98 ID:10CnugUT0
一昨日出張で札幌まで行ったんだけど
この時期は雪祭りの関係でいつもより自衛隊の移動が激しいんだわ
で、途中のフェリーで自衛官が喫煙所で同僚と話してた内容がちょっとオカルトチックだった

どこぞの島(名前を言ってたけど失念)で訓練してる最中に一人の隊員が行方不明になって翌日公園のベンチの横に倒れた状態で見つかったらしいんだけど
その隊員はすでに死んでて、なぜか首から下が黒ずんでて軽く腐敗してたらしい
死因は外傷もなく不明
ただ、訓練中に山中で迷子になったらしく島の北東にある禁忌と言われる場所に立ち入ったんじゃないかと思われたらしい
なんでも、それより数年前にも同じように禁忌の領域に入って精神に異常を来たした隊員がいたらしい

改めて書いてみるとあっさりした内容になっちまったけど
その自衛官の話は身振りとか抑揚とかもあって噺家レベルに上手かったし、なんとも不気味で怖かった

88 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 14:01:42.79 ID:ifAKYJ2d0
オカ板は不慣れで申し訳ない
内容はそんなに怖くない気もするが、場合によっては適切なスレで相談したい話なんだが

実家に母が若い頃買った?という赤ちゃんの人形がある
セルロイド製?でネジを巻くとハイハイするものらしいんだが、どんなにネジ巻いても全く動かなかったそうだ
ところが母が高校入試に受かって家中大騒ぎしている最中突然動き出した!と…
怖くなったんだけど捨てるのも怖いで今も実家にある
こいつが動いたのはその時一回だけ、というか触るのも怖いので誰もネジ巻いてないせいでもあるが

その後母は教師になって(元々は保育士になりたかったらしいんだがなぜか方向転換)父と結婚→私と妹を産むも離婚→筋腫で子宮摘出→肺がんその他で寝たり起きたり←今ココ
今は妹が人形と同じ部屋で寝起きしてるんだがこれまた保育士志望も適正無しで断念→発達障害グレー診断もあって先行き不透明←今ココ
他にも同居祖母がパーキンソン病患ったりしてるしで今実家はかなり病み状態、何もないのは祖父くらい
私自身メンタル病みかけて実家出たらずいぶん回復したし痩せてニキビもなくなったんで、実家には何かある気がしてたんだけど、
唐突に人形のことを思い出して心配になってカキコしてみた
あんまり詳しく聞いてないし因果関係はっきりしないんだけど何かあるんだろか
専門家に見てもらうべき?

89 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 14:14:18.35 ID:ifAKYJ2d0
>>88だけど追記
そういえば祖母は自営やりながら、共働きの両親(当時)に代わって私と妹を育ててたんだけど、喉にポリープできて店閉めなきゃいけなくなったんだった
そもそも私とか妹が産まれるあたりから崩壊始まってるんだよな…私も妹もいじめられたりして人間関係おかしかったし…
あれか?女で育児とか保育に関わるとまずいのか?
私は今結婚して実家離れてるけどもちろん子供持つこと考えてるし
不安になってきた

90 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 14:25:10.16 ID:VXSnN9M50
本当に悪い霊ってのはヤクザと同じで本人には何も起こさず親類から攻撃していって最期は本人を取り込むらしい
祖父が影響受けてないなら祖父になんらかの問題があるんでないかな

91 :88@転載は禁止:2016/02/06(土) 14:50:38.75 ID:ifAKYJ2d0
祖父はあらゆる意味で問題ない人だと思うけど…お地蔵さんみたいに穏やかで怨みを買うような人ではないと思う
人並みに大病もしてる。今はすごく元気だけど

92 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 16:35:34.41 ID:L3eD6dRE0
>>88
つい最近解決した人形のスレあったな

家に生きてるお人形がいるんですが
ttp://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1448892909/

参考になれば
過去スレなのでログはご自分で探してください
スレチすみません

93 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 17:56:02.97 ID:40ELWDHQ0
>>92
自称『わかるひと』や自称『呪禁師』が跋扈しててワロスw
結局言い争いになった挙句なし崩し的に解決、って壮大な釣りにしか見えん罠
少なくとも参考にはならんだろ

つーかヌシってカタカナで書くのがオカ板では標準なのか?

94 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 18:06:37.12 ID:PVjmgUP20
そう書いたほうがかっこよくね? 的なノリやで。

95 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 18:43:20.68 ID:nCpcaNCg0
>>81
おもしろかった
説明もわかりやすかったよ

96 :88@転載は禁止:2016/02/06(土) 18:56:52.78 ID:ifAKYJ2d0
>>92
まとめがあったので読んでみた、ありがとう
少なくともうちの人形のこともやっぱり専門家に聞いた方が良さそうだというのは分かった、ちょっと母に入手した経緯とか詳しく聞いてみるよ

あと途中神のなりすましの下りにひやっとした、うちの旦那が稲荷信仰だからw
他のオカルトは全く信じないんだけど、稲荷詣でした後二桁万円の臨時収入があったもんでこれだけは信じてるんだw

97 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 19:09:51.83 ID:nCpcaNCg0
>>93
ヌシ、主って書いちゃうとキリスト者っぽくなっちゃうからじゃない?

98 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 19:12:04.06 ID:nCpcaNCg0
旧生駒トンネル、産業遺産としてたまに内部見学ツアーやってて入れるよ
奥までは行けないけど
中は蛍光灯あって歩ける程度には明るい
何も無かったな

99 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 22:04:13.77 ID:/pO3obQ/0
ここか?
確認したいが家系の呪い関連は、ここで発言していいのか?

100 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 22:22:04.62 ID:40ELWDHQ0
>>99
100レスもないんだから、1から読んで自己判断すれば?

101 :88@転載は禁止:2016/02/06(土) 23:04:28.14 ID:REksOopz0
母にいろいろ聞いてきたんだけど、
かの人形は母が小さいときに親戚に新品でもらったらしい
当時はちゃんと動いてたってさw経年劣化で動かなくなったのが何かの拍子に歯車が噛み合って突然動き出したとも考えられるからなんとも言えなくなったよ
供養を薦めてみたけど、母もそこまでオカルト的に考えてるわけでもなかったようなので、今のところ何もしなさそうだ…
気休めしたかったら考えてみれば?とだけ言っといたよ
煮え切らないオチで申し訳ない、助言くれた方々ありがとう

102 :88@転載は禁止:2016/02/06(土) 23:08:44.52 ID:REksOopz0
あれlD変わってる
証明できないけど88本人です、お騒がせしました

103 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/06(土) 23:35:28.28 ID:Uz+LVYQP0
小さい頃住んでた家の階段の話なんだけど、壁からたくさん手が生えるんだよね。
白っぽい半透明のすらっとした女の人の手って感じの。
怖い感じじゃなくて、階段から落ちそうになった時、フワっていっぱい生えてきて自分を支えてくれるんだ。
だから味をしめてよく一人で、階段でジャンプして、その手に支えてもらって着地するっていう遊びをしてた。
なんとなく、見つかっちゃいけないと思って家族の前ではやらなかった。

でもある日、家族がその場にいる時に不注意で足を滑らせてしまった時は手は生えてきてくれなくて、見事に転げ落ちてしまったんだ。
めちゃくちゃ痛かったしもう助けてくれないんだと思って、それ以来ジャンプの遊びもしなくなって、割とすぐ引っ越しもしたから、あれが何だったのかわからない。

小さい頃の記憶だから夢なのかも知れないけど、その家は他にも色々とヘンな事があったから、何となくそういう家だったのかなって思ってる。

大人になってから、その家の台所に夜になるといつもいた女の人の話を家族にしたら、そんな人いない、やめて怖い、とドン引きされたし。
朝起きると窓から光る白い玉?がたくさん入ってくるのとかも、よくよく考えたらおかしいしな。

104 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/07(日) 13:18:21.38 ID:XX9QAHpa0
楽しそうじゃん

105 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/07(日) 13:35:46.22 ID:qbKNfx700
怖い話というよりは不思議な話

小学生の頃よく一緒に遊んでた友達が実在の人物ではなかったかもしれない
何度か家にも遊びに行ったし、自分の家にも遊びに来たことがある
彼の母親から作ったちょっと変わったお菓子を頂いたこともある
なのに自分以外誰も覚えてない

家族にお菓子を頂いたことを話してもそのお菓子のこと自体は覚えてるけど
あのお菓子は親戚に頂いたものだと思う
とすごく曖昧
もともと親戚は遠くてお菓子なんて菓子折りみたいのしか貰ったことないのに

彼が住んでた家の場所には自分の記憶とは程遠い建物が建ってて
見るからに「ここに十数年建ってますが何か?」みたいな木造の家

彼の家の内部まではっきり記憶に残ってるしトイレの場所まで知ってる
そこの曲がり角を曲がって林を抜けた三軒屋の左。
そんな記憶だけど、道の記憶に間違いはない
なのになぜ無くなったのか

当時他にも遊び友達がいたが今は疎遠なので確認しようもないけどいつの間に居なくなってしまったんだろう

彼の妹が体が弱くて外には遊びに出れなかったけど自分によく懐いて一緒に人形なんかでままごとした記憶がある

なんて話を友達にしたら、
「私も小さい頃神社の境内で一人の時しか会えない自称『王子』って子と遊んでた思い出がある!
喧嘩して神社に行かなくなっちゃったけど」
そんな経験みんなしてるもんなのかな?

106 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/07(日) 17:07:39.11 ID:9jxLhIs30
>>105が、彼がいる世界から
彼がいない世界に来たんじゃないか?

107 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/07(日) 17:21:05.43 ID:uQY8cLidO
子供の頃、親に殴られたり腕へし折られたりって虐待されると大体見る夢があった。
木彫りの天使が2体おかれた教会で祭壇には多きな十字架とマリア像が飾られていて
マリア像はピンクの服に青いラインの入った白いベールで両手を開いて優しく微笑んでる。
私はマリア像を「お母さん」と呼びたかったけど、おこがましいので秘密の呼び名として夢の中の「お母さん」と心の中で呼んでいた。
実母にどんなに嫌がらせされても暴力を振るわれても夢の中の「お母さん」と会えば癒される…


夢の中の「お母さん」が実在するなら会いたい大人になったら「お母さん」を探そうと思っていた。
しかしその夢は実母に無理やり学会に入れられた事で断たれた。

ただ学会に入れられた後も夢の中の「お母さん」は私を責めもせず優しく微笑んでくれていた。


中学生のある日、実母が溺愛してる兄に悪戯された。実母に相談したら嘘つき扱いされ、兄は実母公認で風呂を覗いたり毎日いやらしい事をしてきた。

もう死のう…荒川の橋の上から身投げしよう…と家を出て、川に向かってたら
白いベールを被った尼さんが声をかけてきた。

「こんにちは」
その尼さんを見て驚いた。
服は違うけど、白くて青いラインの入ったベール
包み込むような優しい微笑み、夢の中の「お母さん」だ!
絶句して立ち尽くす私とすれ違い遠ざかっていく「お母さん」。
「お母さん」は夢の中の自分に頼りすぎてはいけない、あなたはもう大人なのだから…と言ってる気がした

私は自殺を思い止まり、家に帰った。そして、実母と兄と戦った。

その後、「お母さん」の夢を見てないけど、今も「お母さん」は虐待されてる子供の夢に現れ、子供たちの心を癒してる。
そして子供が自分の力で戦えるようになったら、さりげなく子供の前に現れてそれを知らせている

…そんな気がしてならない。

108 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/07(日) 17:40:34.25 ID:0zHYhz9u0
大怪我した時にショック死しないように分泌される脳内麻酔 と同じだな。

109 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/07(日) 18:50:22.77 ID:iHvTXbfJ0
怖い話します

http://scoby.blog.fc2.com/

遊びに来ておくれ

110 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/07(日) 21:08:50.65 ID:gHGmsgOa0
オリジナル護符作った
悪霊にかざせば退散するかも
sssp://o.8ch.net/7cgd.png

111 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/07(日) 22:19:56.16 ID:jXwB22xS0
戦争モノの舞台劇をやったときのこと。

小隊が「ばんざーい!」と叫んで玉砕する佳境のシーン。
兵士一人一人にライトが当てられ、万歳の掛け声と同時にライトが消される演出で、最後は真っ暗の状態で万歳三唱がなされる。

最後にライトが消されるのは小隊長役。
彼が万歳を叫んで消照されたとき、それは起こった。

112 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/07(日) 22:24:25.00 ID:jXwB22xS0
続き…

舞台にいたのは6人。
しかし、万歳三唱は何十人もの声だった。

もちろん、そんな演出はしていない。
6人の万歳三唱だったはずた。

劇が終わった後、小隊長役の人が言った。

「あのとき、舞台の上には俺たち以外の大勢がいた。
いきなり現れたんだ」

113 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/07(日) 22:30:46.46 ID:jXwB22xS0
書き込もうとしたらバグった。
おかしいな。続き…

真っ暗な壇上から響いてきたのは、何十人という声の万歳三唱。

舞台にいたのは6人で、6人の万歳三唱のはずだった。

劇が終わった後、小隊長役の人が言った。
「あのとき俺たち以外の大勢が、いきなり現れたんだ。
俺たちは、誰一人も万歳三唱してない。出来なかった」

114 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/07(日) 23:22:13.30 ID:nj52JTWu0
呼んじゃったね

115 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/07(日) 23:27:29.44 ID:DcxiIuOU0
劇場とかホールは霊が集まりやすいらしいね
人が大勢来るから連れてきちゃう上に、閉ざされた空間だから出て行きにくいらしい

116 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 00:14:37.67 ID:t3WwbdmJ0
なんか不思議と悲しい話だね

117 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 02:24:18.20 ID:J4mRWH1t0
ところで>>63が書いてた転載サイトってどこだ?

118 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 11:46:51.66 ID:qy1LPsRl0
常に嫌なことが起きると思えば些細な事でも嫌なことが起きると思うようになる

119 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 13:21:17.13 ID:Eg6iGJoy0
すみません。オカルト系で検索したら、こちらが一番お話ししやすいと思って投稿します。
実話且つ、現在進行系のオカルト体験なのですが、お力添え願えますか?

120 :人権殺人殺し隊@転載は禁止:2016/02/08(月) 13:21:58.38 ID:3di8OlvW0
血の繋がりなんてないのに


池田ネームで大きい顔するために
反日に加担した朝鮮人は皆殺しにされる。

121 :人権殺人殺し隊@転載は禁止:2016/02/08(月) 13:23:29.68 ID:3di8OlvW0
偽物たちは

本物にキモいといってます。


さすが 金だけで信心などない
証拠

122 :投稿119@転載は禁止:2016/02/08(月) 13:37:09.96 ID:Eg6iGJoy0
最近夢で口裂け女三姉妹の婆さん版の様なモノに以前住んでいたマンションの
ベランダに這い上がって来られて包丁や鎌で殺されかけるというものを視ました。
それだけならまだ、たまたま怖い夢を視たですむのですが、この書き込みをする
少し前に小休憩で寝ていたら、夢で都バスに乗っているというモノをみたのです。
日常の移動手段の一つとして利用しているので、たいしたことが無いと思い、一度意識が浮上した後も気にしなかったのですが、
何となく、もう一度眠ったら同じ夢を見る気がして、やはり何となくなのですが、その時に次の停車駅の名前を確認しようと思ったのです。

一旦ここで切ります。

123 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 13:37:25.84 ID:IRjN+HaO0
怖い話なのか不思議なのかはわからないが
とうとう神様に見せしめにされた人の話。


今から30年ほど前、北東京市というところに一組の家族がやってきた
大きな家にお金持ちの大家族が引っ越してきた。
お金持ちにありがちなあまり他人のことを考えない人たち。
タバコ投げる掃除しないetc,それだけならただの人だったのに。


当然よく思わない人もいたが、なぜか不思議なことに
そのよく思わない人が怪我をしたり病気をしたり亡くなっていったのだ。

124 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 13:42:23.94 ID:IRjN+HaO0
そこにたまたま一組の家族がいた。普通の家庭だったが、
あるとき家族の一人の体に異変が見つかる、医者に見たら原因は
病原体とすぐわかったが、傷も無く感染経路が不明でありえないと言っていた。
なおそのお医者様は大変人気のある病院長だったが大病を患い
病院も閉鎖されてしまった。

原因不明と聞いてその家族のA男は神社へと足を運び、神に病気平癒を願った。

125 :投稿119@転載は禁止:2016/02/08(月) 13:48:25.20 ID:Eg6iGJoy0
おまたせしました。投下します。

もう一度眠ると、やはり先ほどと同じ夢で、けれど夢の続きの様でバスから見える
景色はどんどん変わっていきました。
夢の中なのですが、
(そういえば、停車駅の確認するんだった・・・)
と思い出し、電子掲示板を視た瞬間に
(あ、これこのままだと死ぬ・・・)
と、直感して無理やり意識覚醒させました。
こんな感じなのですが、オカルトの噂等で、そういったモノをお聞きした方いますか?
ちなみに、掲示板に表示されていたのは↓
【ギルっ】
直感では、この後に『っ』が『ティ』に変換されて、『ティ』になったら死んでたと思います。

126 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 13:48:55.13 ID:IRjN+HaO0
神に祈って数日、家族の容態は快方に向かいA男は神に感謝した。

ある日良くなった家族が近所の婦人と楽しく談笑しているのを見た。
そのとき異変に気づいた、あのお金持ちのところの、I女としておこう、
I女がじっとその様子を見ているのだ。

A男はなぜだかわからないが大きな不安に駆られた。
そして次の夜救急車の音が聞こえた。
楽しく談笑していた近所の婦人が運ばれていったのだ。
間もなく婦人は他界した。

127 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 13:51:27.29 ID:Y4UOoSFe0
魔放屁

128 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 13:56:12.70 ID:IRjN+HaO0
A男はI女の家族を良く思わない近所のT氏が大病をわずらい
やっとのことで日々歩いているのを見ていたので、
意味も無く怒りに駆られた。アイツがやったのだ。

まさか。
ここで証拠も何にも無いのにA男は何と愚かな人間なのだろう。
しかしあまりにもタイミングが恣意的すぎた。I女は高圧的に周囲を力で
取りまとめてることも知っていたので
自分を捨て置いて二人の談笑などというものを許すわけが無い
などと、勝手な推測を立てたのだった。

ただこのときのA男は少し普通とは違っていた。証拠の無い思い込みにせよ
家族を傷つけられた極大級の怒りのエネルギーをI女にぶつけることに
成功してしまうのである。

129 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 14:03:22.85 ID:IRjN+HaO0
ごほっごほっ
世界が暗転し、獣のような頭を見た瞬間A男は咳き込み
床に崩れ落ちた。
風邪かと思い薬を飲むも効果が薄い。
医者に行けば肺炎を疑われ、気管支炎で抑えるために
抗生物質を飲まされた。
快方に向かった頃A男は後悔した。
たいした理由も無いのに人を疑ったからだと。
A男は懺悔のために神社に通った。

130 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 14:03:26.74 ID:Y4UOoSFe0
ぷうすか

131 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 14:10:18.92 ID:IRjN+HaO0
元気になっていったA男は遠めに不機嫌そうな表情をしたI女を見た。
おかしい……。
A男はその頃は神社だけでなく占いなど色々なオカルトを漁っていた
自分のことをよく指摘する、命中率の高い占いが
A男の考えを肯定する文をよく乗せていた。

A男は単純で愚かな男である。
ここでも自分の考えていることはやっぱり正しいんだ!!
などと思い、やはりI女は怪しいと怒りのエネルギーをぶつけた。

ごほっごほっ
とたん咳き込み前回の二の舞を演じる。
しかし今度は思い込みパワーでI女に疑いありと
勢い任せにA男は神社に駆け込み、神職の方に相談した。

132 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 14:18:01.88 ID:IRjN+HaO0
「犬神ですね」
A男が説明のために色々もってきたメモなんかを脇に置き
神職のK氏は答えた。

A男は思い込みエネルギーで突っ走ってきたので
自分の言葉をしゃべりたくて仕方が無いのだが
K氏はそんなことお構いなしに一言
「お引越しされてはどうです?」
あれこれとA男はI女の悪口を言いたくてたまらないのだが
K氏はそういうことは言わずに、ただ神に祈る重要性を
A男に説いた。

「ありがとうございました」
A男はK氏に礼を言ったあと即
神に家族の無事を祈った。

133 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 14:25:55.27 ID:IRjN+HaO0
あれやこれやと日々が過ぎた。
A男はK氏に説かれたように日々神社にせっせと通い
神に祈る日々が続いていた。

そんなとき再びI女を見た、今度はI女が昔隣近所の老夫婦の土地を欲しがって
あれやこれやと擦り寄り、老夫婦が亡くなった後まんまと
手に入れた土地の上で笑い声を上げているのだった。

人を殺して手に入れた土地の上で女が笑っている。
繰り返そうA男は思い込みの激しい男である。これも思い込みであろう。
いや違う。もう証拠は挙がっている。犬神だ。
本人の意図を受けて式が飛ぶという伝承をA男は信じきっていたのである。

A男は思い込みが激しい。K氏や賽銭箱の前にせっせと通い
怒りまかせに不平不満をぶつけるもなしのつぶて。

そうした日々がさらに続いた。

134 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 14:29:21.12 ID:IRjN+HaO0
「あなたの人生を変えてあげましょう」
あるときK氏からA男は一枚の紙切れを渡された。
いっこうに変わらないA男の怒りを見抜いたのか、このままではダメだと
判断されたのか、それは紹介状だった。



続きは後ほど……

135 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 14:37:17.59 ID:Ga1o+Jc10
>>125
かなり違うけど雰囲気は猿夢に似てるな

136 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 14:46:22.28 ID:p9ujba4d0
流れを切るようですいません、初めて書き込みます。
先日、両親と酒を酌み交わした時に聞いた、警察での不思議な話です。

自分の家は父が現役の警察官、母も元警察事務で、出会いも警察学校という筋金入りの警察一家。
母は既に警察事務を退職して、小さな会社で事務作業員として働いていますが、未だに元同僚との飲み会は父と一緒に行きます。
いつも、警察24時を見るたびに二人は、画面を指さして、「おお、○○でぇ」と言っています。

その不思議な話は、母がまだ警察事務として働いていた、2000年代前半のことです。
ある日、朝から剣道に勤しんでいた中堅警官のAさんが、心筋梗塞?か何かで突然倒れて、急ぎ病院に搬送されました。
医師からはもう半日も持たないと言われて、同僚たちは急いでAさんの家族(奥さんと一人息子)へと連絡したようです。
連絡はすぐについたものの、郊外にあるAさんの家から病院までは公共交通機関がなく、家には車もありません。

137 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 14:47:21.18 ID:p9ujba4d0
そこで、当時勤務していた自分の母がAさんの家を知っていたので、母ともう一人の同僚でAさんの家へと向かい、そこで二人を拾って病院に直行しました。
一刻を争う事態にも関わらず、病院に続く道は渋滞。このままでは、病院まで1時間はかかってしまいます。
万事休すかと思われたその時、脇道から、赤色灯を光らせるパトカーが現れたのです。それは、無線でその情報を受け取った、Aさんの同僚達でした。
パトカーに先導してもらい、すいすいと渋滞をすり抜ける母とAさんの家族を乗せた車。Aさんの奥さんは、涙ながらに感謝していたと言います。
職権汎用には間違いありませんが、それでも、結果としてAさんの家族は20分ほどで病院に辿り着きました。

結局、Aさんは亡くなってしまいましたが、家族はその最期を看取ることができたそうです。
同僚の最期に家族を付き添わせるため、パトカーで家族を先導した。ここまでは警察内部の感動する話です。

138 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 14:49:59.29 ID:p9ujba4d0
不思議な話は、Aさんが亡くなる前にありました。

Aさんは亡くなる数年前、いつも、腕の立つBさんという後輩と練習をしていたそうです。
ところが、Bさんは勤務中に突然苦しみだし、亡くなってしまいました。病院に運ばれる前には既に亡くなっていたようです。
Aさんは後輩の死に悲しんでいたようですが、それでも練習を積み重ねて、県内でも相当な腕前を持つようになりました。

そんなAさんがある日、父にこう話したようです。
「Bが最近夢の中に出てくる、とても人懐っこい笑顔で、あの頃のように話しかけてくる。それでな」
そしてAさんは、どこか懐かしむように、こう付け足したといいます。

「『Aさん、久しぶりに、一緒に剣道やりましょう』って言ってくるんだ」

それは、Aさんが亡くなる数日前とのことでした。
以上です、失礼します。

139 :投稿125@転載は禁止:2016/02/08(月) 14:51:57.49 ID:Eg6iGJoy0
≫135さん
あ、やっぱりですか?
夢系列は、私過去に結構色々と実績残してるので、これヤバイと思ったんです。

実績↓

・予知夢→当たった

・夢に親類が出てきた→起きたらお亡くなりのお知らせ

・死んだ身内に夢で叩き起こされた→母が体調崩していて救急搬送の手配に

こんな感じですね。
あと、夢の中では布団から意識覚醒してるのに腕も足も上がらず体が動かない。
でも、意識は覚醒しているから身近な光景、朝起きてきて母がテレビをそばで見ている
光景とか、朝の支度で動いているのとかは分かるのに、体が動かない。
とかもあるんですけれど、これ、幽体離脱手前でしょうかね?(´・ω・`)

140 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 15:07:11.62 ID:XPChiAjg0
俺が高校生の時に間接的にだけど体験したお話しを一つ。

夏のある日の夜、俺は部活の友達、後輩5人とつるんで花火をしていたんだ。(全員男)
花火もなくなってやることもなく、どうしようかって話あっていたら、
一人が近くの心霊スポットに行こうって言いだしたんだ。

その心霊スポットってのが地元では結構有名な森の中にある公園でさ、怖い話をするときには
必ずと言っていいほどその名前がでで来るような場所。

公園にある展望台からの飛び降りが後を絶たないとか、動物の霊がたくさんいるだとか
そんな噂がいっぱいあった。

後輩の中にはびびって「やめましょうよー」とかいうやつもいたけど周りに「怖いのか?ww」
とか冷やかされて結局みんなで行くことになった。

俺は以前にほかの友達とその公園に行ったことがあったが、その時は出ると噂の公衆トイレから変な声が聞こえただけで、
特に怖いことは何もなっかった。

141 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 15:17:25.24 ID:XPChiAjg0
俺を含む6人、自転車に乗って例の公園に向かった。

山の中ということもあって坂道がつらかったのをよく覚えてる。

それで公園に到着。
自動販売機の光以外は街灯の一つもなくてすごく暗い場所だった。

公園についてからは6人で写真や動画を撮りまくって、心霊写真を撮ろうと頑張った。
心霊スポットなのにお互いを脅かしあったりして楽しかったなぁ

そうしているうちに噂の飛び降りが絶えない展望台を発見。
展望台には殺人現場なんかで見るKEEPOUTって書かれた黄色いテープがたくさん張られてて
登れないようになっていた。
そこだけちょっと雰囲気が違っているように感じた。

142 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 15:27:05.85 ID:XPChiAjg0
しばらく探索をしたが結局何も起こらず帰ろうと、帰りの坂道を自転車で下ったんだ。

坂道を降りきってみんな異変に気付いた。
6人中6人の自転車のタイヤがパンクしてた。
それも前輪後輪どっちもだ。

画鋲でもばらまかれてたんじゃないかって話になったけど、行きのとき同じ道を通ったけど
その時はパンクなんてしてなかった。

みんなでちくしょうちくしょう言いながら自転車押して各自帰宅したんだけど、
全員の自転車がパンクしたっていう話のネタが収穫できたってことでみんなテンションが高いまま帰って行った。

そのあとはみんなで撮った写真や動画をラインで見せ合ったんだけど、変わったものは何も映ってなかった。

そんな怖くなっかたなってラインで話してその日はみんな寝た。

事件が起こったのは次の日だった。

143 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 15:39:06.83 ID:XPChiAjg0
次の日は普通に学校があったので普通に登校した。
そしたら昨日心霊スポットに行った友達の一人が体調不良で休んでいた。

残った俺たちはというと学校で昨日の出来事を自慢げに言いふらして、
休んだ奴に関しては「憑りつかれたんじゃね??ww」といった感じでネタにしてた。

そして普通に帰宅すると休んだ奴(以下Aとする)から大量に着信が来てた。
Aは慌てた様子で現状を教えてくれた。

結果から言うとマジで憑りつかれたらしく、ベッドに入ってからというもの、
頭の中で犬の鳴き声がずっと響いているということだった。

正直なところ半信半疑だった。
Aは高校生らしく人並みに嘘もつくやつだったので厨二的なもんだと思った。

それでもどうしても来てほしいとのことだったので、都合のついた友達(昨日いた後輩の一人、以下B)
を連れてAの家に行ったんだ。

144 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 15:49:17.74 ID:XPChiAjg0
Aの家に着くとAの母親が出迎えてくれた。
俺たちがAのお見舞いに来てくれたと思っていたらしい。

Aの部屋に入るとAは青ざめた顔で「やべーよ、やべーよ・・・」と言っていた。
Bは「A先輩、ひどい有様っすねww」とか言ってたけどAは本当にやばそうな感じだった。

詳しく話を聞くと頭の中で犬の鳴き声が何重にも重なって聞こえ続けるらしい。
塩まいたり、酒飲んだりいろいろやってみたが効果はなかったそうだ。

これは本当に憑りつかれてるなと思って近所の神社に相談しに行くことになった。
Aの母には「具合悪いのに出かけるのかい?」って小言言われたけど気にせず神社に行った。

この神社は小さい神社で、毎年初詣だけお世話になっているようなところだ。

145 :人権殺人殺し隊@転載は禁止:2016/02/08(月) 15:50:39.60 ID:3di8OlvW0
自分の身を守るためだ。

自分で言っても仕方ないが
こいつらがいなければ東大行って
弁護士か医師になってる。

146 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 15:57:23.76 ID:XPChiAjg0
神社について「すみませーん」って叫んだらどこからか神主さんが出てきた。
若い神主さんで「はいはいー。どうされましたかー?」って感じだった。
第一印象から頼りないなあ・・と思ったのを覚えてる。

なんだか憑りつかれたとか本当に言うのは少し恥ずかしかったけど、今まであったことを正直に話した。

ネットの体験談みたいに「なにやってんだー!!」って怒られるとおもったが、
「そうだったんですねー、そういう所に面白半分で行くもんじゃないですよー」
と、ゆるーいかんじで言われた。

それで「とにかくお祓いしてみますかー」と言われて狭い本堂に連れてかれた。

こいつ絶対話を信じてくれてないと思った。

147 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 16:08:42.68 ID:XPChiAjg0
そしてお祓いが始まった。

俺と後輩は後ろのほうで座布団に座ってお祓いを見てた。

神主がお経を唱えて、時々木の棒でAの肩を叩いたりしてた。
Bが小声で「THA・OHARAIって感じっすね!」とか言ってた。

お祓いは程なくして終わった。
Aにどうだったか聞いてみると
「だいぶ良くなったが、まだ鳴き声が聞こえる」と言っていた。

神主「どうやら犬の霊が5匹ほど憑りついていたようです。
そのうち3匹が私に移ってきたようです・・・
鳴き声がすごい聞こえますね。」

要約するとAに憑りついていた5匹の犬のうち3匹が神主に憑りついたらしい。

うまく言葉が出なかったが、見た目通りの神主だと思った。

148 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 16:09:43.90 ID:0NakvZYR0
正直、文章がダラダラ長すぎ
>>146なんて

神社についた。頼り無さそうな若い神主さんが出てきて話を聞いてもらい
お祓いすることになったのだが、絶対話を信じてくれてないと思った。

で2行で事足りる。

149 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 16:19:05.97 ID:XPChiAjg0
Aの容体は少し良くなったが完全には祓えず、神主まで憑りつかれる結果となってしまった。

神主の力では祓いきれないとのことだった。
そのあとは神主の提案でペット霊園で供養してもらおうということになった。

神主の車でペット霊園に向かった。
犬に憑りつかれている人の運転は不安だったが、事故はなかった。

車の中では神主が修業はしたが、神主としての才能にあまり恵まれていないことや、
お祓いや供養の費用は心配しなくてもいいことなど話してもらった。

ペット霊園につくとニコニコした感じのいいおばあさんが出てきて、
「あらあら、連れてきちゃったのねー」と言ってきた。

この瞬間、もう大丈夫なんだなと他人事ながら安心できたのを覚えてる

150 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 16:21:04.97 ID:ZagEpLWJ0
夢ネタはスレチと心得てるが、不思議な体験だったから勝手に投下する。
夢の中で、あ?これ夢だわ!って気付く人ってけっこう居るんでしょうか?
私は殆ど夢だとは気付かない人なんですが、気付いてしまう時はヤバい時みたいなんです。
で、この前経験したのが、こんな感じ。

学校で何かヤバイのに追いかけられてる。
あまりの恐怖で必死で逃げる。
目が覚める。
自宅ベッドだが、部屋の隅に黒いのが立ってる。
こっちに、近寄ってくる。
あわてて部屋を飛び出すが、見知らぬ町の中に駆け出してた?アレおかしい!?夢だと気付く。
追い詰められる。
必死で目を覚ます。
知らない土地でやはり追い詰められて逃げてる!夢だと気付く。
必死で目を覚ます。
自分の部屋で安堵する。
部屋の隅にいた黒いのが少し近づいてる!これは夢だわ!
必死で目を覚ます。
今度こそは自分の部屋!
抜け出せない夢が恐くて寝たく無いが、耐え難い睡魔に襲われ寝てしまう。
やはり怖い夢の中!夢に気付いて必死で起きる。
自分の部屋で黒いのが更に近寄って来てる。
枕投げつけ必死の抵抗するが、またもや泥の様な睡魔に飲み込まれ怖い夢の中に。
この頃には初めから夢と気がついてる。
やっぱ何かが来るので目を覚ます。
泥の様な睡魔の中自分の部屋の中。
黒いのが直ぐそこに!目覚まし投げつけるが意識が遠退く!夢の中に引きずり込まれる!
寝てる自分がどうなってるのか気が気でなく必死で目を覚ます!
目の前に何かが迫っている!
TVから出てきた貞子を連想させる超不気味な黒いものが覗きこもうとしてる!
あまりの恐怖に意識が遠退く!いや夢に引きずり込まれる。
すると朝日射し込む自分の部屋。
夢か現実か解らない。
穏やかな雰囲気とあまりにも疲れてる事で安心して寝てしまう。
そしてオカンに起こされてめっちゃ叱られる。枕を棚に投げつけてフィギュアやなんやら散乱。
目覚ましも机に投げつけ壊してた。
覚めても覚めても夢の中と言うのが、めっちゃ怖かったけど、
ちょいちょいリアルに目を覚ましてても、また夢に引きずり込まれれていた様で、枕と目覚ましは確かに投げつけいたみたい。
いや、全て夢だったのかも?
とも思うんだけど・・・壊れたフィギュアと目覚まし時計は有る。
実際はもっと何度も何度も目を覚ますがまだ夢の中!みたいなのをループしてた。
続きを見てしまうのが恐くて、寝るのが憂うつです。

151 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 16:30:49.94 ID:XPChiAjg0
>>148
すまんな。
覚えてること、俺がどう思ったのか詳しく聴いてほしいんだ。




そのあとは解決するまですぐだった。
敷地内にある祠みたいなところに連れていかれて
「ここにいれば大丈夫だから出て行ってくださいって心から願ってごらん」
とおばあさんが言うとAと神主は祠に向かって手を合わせて目をつぶっていた。

1分くらいすると2人は目を開けてスッキリした顔をしていた。
うまくいったようだった。
それからおばあさんにお礼を言って神主の車で家まで送ってもらった。

その後Aは元気に生活している。

おわり

俺はずっと横から見てただけだったがすごい体験をしたなーと思ってる。
怖い話でもなく、オチも微妙ですまない。

152 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 17:03:45.06 ID:bJ6MI/hW0
オチも何もないが書く

おれはよく金縛りに遭う、時によっては一晩に2回遭うこともある
が、霊感は全くなく、単に睡眠が悪いため引き起こされる現象だと認識している

で、本題だが、嫁と付き合っている時2人で車で広島に行ったんだ
あまりいい旅館ではなく、ちょっと天井にもシミがあったりしてパッとしない宿だった

ま、そんなことは気にせず、風呂入って飯食って、やる事やって就寝したわけだ

するといつものように金縛りがやってきたんだわ
何回も金縛りに遭ってる人には、わかると思うのだが、あ〜来るなぁというのがあって一気にピキーンってなるんだけど、さすがに旅館という事もあり、いつもと違う緊張感があって、放置せずにいられなかった

いつもはほっとけゃ解けるんだけど、なかなか解けないんでおかしいなとは思ってたんだけど、何かに引っ張れるような感覚があって、目を開けるとそこには布団に寝てるおれがいたんだよ

どうやらおれは天井近くに引っ張り上げられて持っていかれようとしている様子だった

ちょっとヤバいなと思って、お経を唱えたら解けてそのまま眠りに戻ったんだけど、翌朝、嫁に聞いたら嫁も金縛りに初めて会ったらしくて怖かったらしい

で、一応部屋の中調べたらさ、やっぱり押入れにお札が正面から見えないように貼ってあったよ

みんなも外泊する時は、額縁の裏とかよクローゼットとかを調べろよ

153 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 20:36:59.06 ID:IRjN+HaO0
134の続き
「K氏さんの言う通りね。そこは離れた方がいいわ」


紹介されたのは占い師さんのMさんだった。
A男は危険なところに家族を放置したままとにかく言われたとおりに
できるだけ自宅にいない時間を作るように努めた。
しかし離れるだけで特に目的も持たずA男は時間をもてあました。
だらだらと過ぎ行く日々。

しかしあるとき、ぶらぶらとオカルト関係のサイトを見てると
神社の写真が目に留まった。そういえばMさんに遠くの神社に参拝するよう
言われていたことを思い出した。
ぶらぶらするのもいいかげん飽きてきたA男は言われたとおり
旅行に出かけた。
都会を遠く離れたローカル線を乗り継いで夜遅く年代のある田舎町に
やってきたA男は予約しておいた旅館で床についた。


しかし眠れなかった。放置している家族のことが気になったのだ。
I女は気軽に殺人を行う、人を襲う。
そのときには最初に気づいたときからまた別の近所の人が亡くなっていた。
そのことがどうしても頭から離れず気が楽になることはなかった。
それでも長時間の移動でたまった疲れからしばらくして
ようやっと意識を手放すことができた。

154 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 20:47:11.50 ID:SNqVNWXV0
おばけは出てこないが怖い体験は何度もしたことがある。
小学一年生の時に小平の団地に住んでいた。
団地のすぐ下の公園で遊んでいたら、
向かいの道路にセダンタイプの車からメガネのお兄さんが手招きをしてきた。
近よると、百円あげる、と手を伸ばしてきた。
私はいらないとだけ言って立ち去ろうとすると今度は、
千円あげるよ、と声をかけてきた。
怖くなり家までダッシュして帰った。

今思うとあれ宮崎勤だったかも。

155 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 20:55:22.15 ID:SNqVNWXV0
もう一つある。
同じ団地の同じ公園の話。
その公園は高いのと低いので段違いになってる鉄棒と、
グルグル回る地球儀型のジャングルジムしかない小さな公園だった。
すぐ後ろには11階建ての団地があった。
とある日近所の子供とその鉄棒で遊んでた。
低い段は私で、高い段は友達。
疲れたので鉄棒から離れ、高い段で遊んでいた友達の正面に立ち、目が合った瞬間
さっき私がいた場所にお婆さんが落ちてきた。
お婆さんは低い鉄棒にぶつかりバウンドして動かなくなった。
たぶん道連れにしたくて狙って飛び降りたのかな。

156 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 20:55:58.94 ID:IRjN+HaO0
携帯のアラームが鳴った。朝4時。どう考えても睡眠不足だ。
しかし行かねばならないという義務感がA男を急かした。
急ぎ身支度をすませ旅館を後にする。

古い年代物の神社を目指すにつれ周囲の景色が変わっていた。
太古からある巨木がA男を迎えた。
とたんA男は奇妙な感覚に包まれた。
まるで自分はおのぼりさんのようだと。都会から田舎に着たのにである。


それは正しかった、このときのA男は知るよしもなかったが
太古から存在する高い神々がこのときA男を招いたのだった。

ぼーっとしてると早朝にもかかわらず熱心な参拝者があちこち目にとまった。
置いてかれないようにA男も全てのやしろの前でさい銭を投げ拝む。
その行為を続けるうちにA男はさらに奇妙な感覚にとらわれるのだった。
旅行前に感じた不安は消え代わりに安らぎを得た

自分は大丈夫だ。と

157 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 21:08:37.45 ID:IRjN+HaO0
しかしその安心もつかの間、ハッとすぐにA男は思い直した。

自分は真実を知り対処法をK氏やMさんに伺って大丈夫なのは当たり前。
本当に問題なのは何も知らず命を脅かされる危険の前に置き去りにされた
家族なのだと。

我に返りさっそくMさんに効果のあるといわれたお守りなどを社務所で
頂くと日が天頂に昇るより早く帰路を急いだ。

帰りの電車の中、強行軍のせいかA男はうとうとした。
みんなは無事だろうか。
太古のやしろで感じた安心感は覚えていたが、家族のことは
どうしても気になった。早く戻らなければ……


ギギギギギ、A男は急激な痛みに目を覚ました。
顔にへばりつくような痛みの感覚にとっさにI女のことを思い出すと
お守りを握り締める。
・・・・・・・・・・・・・・・
しばらくして痛みは去っていった。

神社を頼ったのが知られたからか……
お守りがあったから命拾いはできたがまだ安心できる状態ではないと
A男は思い直した。

158 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 21:18:18.25 ID:IRjN+HaO0
旅から戻ったA男は自分が見たこと感じたことをできるだけ詳しく
Mさんに話した。
「やっと目覚めたのね」

A男が自宅から離れるように伝えた後、MさんはA男がどういう行動をするのか
占いで観察していたらしい。あまりにもだらだらと過ごしているのを知り、
「見込み違いだったかも」とも思ったそうだ。
Mさんは昔使ったと話したA男の怒りのエネルギーに触れ忠告をした。
「命が本当に脅かされそうになったら使いなさい。
それ以外は罪になるわ」

A男はこのときおそれの感覚をMさんにいだいた。いや、その後ろに感じる
高い存在に対してか。
K氏がわざわざ紹介しただけあってMさんもその道に深い方であった。

159 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 21:52:32.64 ID:Y4UOoSFe0
ズル剥けの〜 はあ、赤チンコ

160 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 22:00:18.55 ID:IRjN+HaO0
「まわりで何があっても大げさにとらえないこと」
A男はあるとき不思議なことをMさんに告げられた。

続きは翌日。

161 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 22:01:06.40 ID:SNqVNWXV0
154です。割り込みでしたね、すみません。
ただ宮崎勤だったかもって記憶が最近特に濃くなった気がして書き込んでしまいました。怖いです。
なぜ宮崎勤だって思ったのかと言うと
単純に顔が似てるなぁっていうのと、年月は確実に覚えています。

1988年の7月ぐらいだってことです。
私は半袖なのに、その兄ちゃんは長袖の襟付きシャツを着ていて変だなと思ったことを覚えています。
調べてみたら宮崎勤は小平に通勤してたことがある、と書いてありました。
土地勘があったのではないでしょうか。

最初の犯行は、1988年8月22日で私と同じ年の子でした。
約一ヶ月前、もしあの百円をもらっていたら、、と思うと怖くもなり、切なくもなります。
心がざわつきます。

162 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/08(月) 22:10:37.83 ID:SNqVNWXV0
あ、すみません、最初の被害者は4歳でしたね。
私は当時7歳でした。

163 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 00:25:03.40 ID:9JzNTHRV0
>>160
ちょいと楽しみにしとく
続き頼むわ

164 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 02:41:23.46 ID:7YdP4STx0
だらだら書き込む奴は番号打って続きです、って書け
何処までがどの文章か訳が分からん

165 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 05:53:41.65 ID:eNQhHpu40
>>151
そんなダラダラ書いてるとは思わなかったよ
面白かった

166 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 08:21:29.73 ID:QPRJKGkl0
溜め込んでいっきに投稿しないし長すぎる

167 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 09:10:11.47 ID:NTfaLrx30
160の続き
大げさにとらえないとはどういうことだろう?
A男はとにかく何かあったらMさんに報告するようにしていた。
黒い影を見たこと、突然のしかかられる感覚、痛み、etc
それらのことを経験していくうちにいつの間にか慣れてしまっていたと
思っていた。

ある日の朝。
ごほっ、ごほっ。
いつもの通勤いつもの風景、いつものヤツ。イヌコロめ。
ごほっごほっ。
????????
そのときA男は総毛立ち、音が聞こえた先を凝視した。
自分ではない、ただの通りすがりの人物がA男がかつて受けた状態と
同じ症状を発症していた。

ごほっごほっ。ごほっごほっ。
老若男女。
ごほっごほっごほっ。ごっほごっほ。
サラリーマン、主婦、学生。工事現場のおじさんたちも。
ごほっ。ごほっごほっ。ごほっごほっ。

A男は仕事帰りにすぐにMさんのもとに駆け込んだ。

168 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 09:12:08.15 ID:dxsj+4FP0
恨んで体壊してを何度か書くなら、その度毎の伏線がないと単なる繰り返しで、焦点がボケそう。

169 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 09:23:30.92 ID:9JzNTHRV0
>>164
>>166
>>168
キニスンナ

170 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 09:26:37.87 ID:9JzNTHRV0
>>167
最近すっかり他スレではこういう物語系が無かったから嬉しいねえ

171 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 09:27:28.99 ID:NTfaLrx30
「あなたは神社に何度も通ってるから受けても平気」
あれは絶対I女だ、犬だとA男は話したが、
Mさんはそれらには一切触れずただA男は大丈夫とだけ繰り返すだけ。

「ハイ、今日の交通情報は……ごほっごほっ」
「みなさん寒さに気をつけて…ぶふっ!!このように風邪を引かないように…」
「絶対こうだと思ったのに法律ではそうなんですねー、ごほっごほっ」
「ええぇ、これは喝ですか?じゃあ次…ごほっごほっ、申し訳ない次……」
つけてるTVの音にまで反応してる様子を感じ取りながら
A男は青くなった。
しかし、とにかくMさんから教えられたよう気にしないようにつとめた。

それからさらに日が流れた。
近所のI女は自分の子供たちの家族も招いて奪った土地の上で笑い声を
上げる日が多かった。
そんな中A男の家族がまたしても病気にかかった。
T氏と同じく足が動かなくなったのだ。

また狙いを変えたのか。

A男はこのときそう思った。
そして相手が卑劣にも不特定多数を襲ったこと
またしてもA男の家族を襲ったことに極大級の怒りを爆発させた。

172 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 09:37:52.81 ID:NTfaLrx30
暗闇で稲妻が走った。

A男の家族が足の痛みを強く訴えるのは決まって夜中が多かった。
連日その状況が続いたので、その日のA男は布団をはいで壁を背にし
怒りをなんとか抑えながらその瞬間を待ちわびていたのだ。
そう相手がおそらくA男の家族を定期的に襲ってくるそのタイミングを。

耳の中で何かが響き、闇の中なのに視界が明滅する。
思い浮かぶ襲われようとする家族から光が流れ、姿のわからぬ相手に収束する。

………しばらくして静寂が訪れた。


追い払えただろうか?
A男はそうあって欲しいと願いながらも強い疲労感に襲われ
眠りについた。

173 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 09:46:40.20 ID:NTfaLrx30
次の日。
今まで自由に動けなかった足が急に治ったとA男の家族が
笑顔で話していた。
A男はそれを聞いても不安が残ったが自分が成果を上げたことに
少しほくそえんだ。
と、隣が騒がしいのに気がついた。バタン、バタン。
車のドアが勢い任せに締まる音だ。


後日、I女の子供の家族がよろよろと外を歩いていた。
A男はI女も見えたのでじっと様子をうかがった。
ひどく狼狽した様子で顔には焦りがうかがえた。
おかしい……。
A男はそれを見て奇妙な違和感を覚えた。

A男がそれまでに得た知識、体験、K氏、Mさんから頂いた情報たちが
エラーを発していたのだ。

174 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 09:55:17.31 ID:NTfaLrx30
憑依を本人が認識するのは通常難しい。
一般人ならその筋の専門家から多重に調べて本人に安心できる場で告知でも
できれば、本人がそうなんだとわかるレベルではないのか。
I女のうろたえぶりは尋常ではなかった。
まるで自分のせいだといわんばかり、そうA男には見えた。

それにA男が受けた攻撃は何だったか、いつ受けたのか、
不特定多数へは何、いつ。
いやいや自分の理解が甘いかもしれない。
自分は知識も中途半端。K氏やMさんを頼ってやっと正しい情報が聞ける。

逡巡する中、なぜ夜ばかりに症状が悪化したのかに注意がいった。
夜の闇の中、悪霊悪鬼は徘徊する。死霊と式も同じなのか、
でも朝の陽光の中でも平気で活動していた。なぜ夜中。
A男があさっていたオカルトサイトの一つの情報がこのとき光った。
通常夜中に行われるのが一般です。

そう、呪いだ。

175 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 10:16:59.35 ID:jjSxOydN0
>>138
お迎えだね
こういう話を聞くと、あの世ってあるんだなと思ってしまう

176 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 10:20:10.99 ID:jjSxOydN0
>>154
こういうのとか次の飛び降り婆とかの話が1番怖い
誰でもいいから犠牲にしてやるって奴に狙われたりしたらと思うとゾッとする

177 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 10:39:26.06 ID:NTfaLrx30
「その通り。I女さんはそういう人です」
Mさんはいつもの通りそれだけ答えた。
A男は黙っていたが同時に反発も覚えていた。
A男が危険や危惧していることの情報をよっぽど積極的に聞かない限り
K氏にしろMさんにしろ口にすることはなかった。

ただA男は反発も覚えると同時にこう理解もしていた。
あの太古のやしろで感じた、高い神々の道を感じる人たちは
別の次元からこの件を見ているのだと。

A男はそういった意味でK氏にもMさんにも敬うような感覚を抱いていたので
感覚的に尋ねてはいけないと感じたことはめったに尋ねないようにした。


家に戻るとI女の家族たちがA男を見て眉をひそめた、
あたりではガンガンと何かを無意味に打ち鳴らす音がした。
それはA男に対する敵対行動だった。
イヌからささやかれたか、A男の神社通いで推測をつけたか。
なんということだろう、
I女とイヌに襲われて家族を失った家の人間までがそれに従っていた。
体を壊したI女の家族もそれがまさかI女が放ったものだとは知らない。


ああ、地獄とはわざわざ空想の世界に求める必要がないものなのだな、

このとき心底A男はそう思った。

178 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 10:51:47.00 ID:NTfaLrx30
A男に対する近所の反応が変わったころ
世間ではウィルス風邪がはやったと伝えていた、皆がマスクをつけ、
特に受験生や仕事に出かける人小さい子供を抱える人は
気をつけているようだった。

A男の知るところでも検査の結果英数字の羅列された大昔のウィルスが
見つかったと伝わっていた。
A男は気にしないように通勤を急ぎつつもこれでいいのだろうかと天を仰いだ。


続きは後ほど。

179 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 11:20:06.45 ID:jjSxOydN0
先にも書いてる人がいますが
次から冒頭に1/10、2/10とナンバーを入れてください

180 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 11:34:41.03 ID:dxsj+4FP0
福岡とか大阪であった家族親類縁者で殺し合いをさせる事件と根底で繋がってそう。

181 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 11:37:30.30 ID:dxsj+4FP0
しかも、それは、神の加護を受けられない呪われた民の所業か。

182 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 11:47:51.45 ID:ZZTpW92V0
十年以上前に経験した誰にも言ってない体験書くわ

小学校2年生の引っ越して来てちょっとした頃の帰り道。いつもは校門を背に真っ直ぐ信号3つ行ってから左に曲がり信号3つ行った交差点を右に曲がったら家という道順で帰ってた。

慣れてきたこともあったし違う道から帰ろうと友達のK君と一緒に学校を背に最初に左側に信号3つ行ってから交差点を右に曲がり真っ直ぐ信号3つくらいという帰り方で帰った。

183 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 11:50:48.07 ID:DKsNW7AX0
w 神 の 加 護 w

184 :182@転載は禁止:2016/02/09(火) 11:52:35.73 ID:ZZTpW92V0
ぴったり家に着かなくても家付近には行けるはずの道のはずだったのに一向に見覚えのある景色にならない。でも引っ越してまだ日も浅いしそんなもんかなーと思って歩いてたら正面からクラスの友達が来て「お前ら何してんの?」と話しかけられ「家に帰ってるのー」と答えた。

その友達は変な顔しながらすれ違った直後くらいに自分の小学校の斜め後ろについた。どう考えてもそこに着くことはないし学校の時計を見ると1時間くらい歩いてた事になる。あれはなんだったんだろうか。ちなみに歩き続けてる間K君は何も話してなかった気もしないでもない

185 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 11:54:16.58 ID:honZzvDp0
・文章の長短や矛盾ダメ出し、批判や添削行為などの荒らし行為の禁止、荒らしに反応するのも荒らし
・どんなダメ内容でも批判せずスルーする温かい心を持とう

て書いてあるし触れずにNG入れとけば?
おれは視界に入れたくないんでそうしてる

186 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 12:57:24.74 ID:OQMtBLMe0
これは小さい頃に体験した話なんだがな
自室で1人でいるととっても不安になる時期があったんだ
なんとなく空気が冷たくて、ぞくぞくってしてくるんだよ
元々寂しがりな気質だったのに、友達に憧れて1人部屋を用意して貰ったんだ
今はもうなんてことないけど、本当に怖かったんだよ
いつから平気になったのかな
よく分からんけど不思議だよな

187 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 13:31:46.74 ID:Iu3Eps+I0
154ですがもう一つだけ書かせて下さい。
おばけは出てきませんが。

私が社会人成り立てで家賃3万のボロアパートに住んでいました。
手取り14万ぐらいで家賃3万でも大変きつかったです。
なんとかやりくりしていましたが、20歳そこそこの女なので何とか3万より安い物件はないものかと、探してました。
そんなおりに実家がセレブな友達が2年間イギリスに留学するので、家が痛まないようにしたい一戸建てがある。
タダで住まないか?
と言ってくれて私には渡りに船な話、二つ返事でお願いしました。

188 :事故物件2@転載は禁止:2016/02/09(火) 13:35:06.90 ID:Iu3Eps+I0
ただ友達が、ここは事故物件だ、と言いました。
友達の父の愛人にあてがった家だが、三ヶ月前に家の梁にロープで首を吊った。

私はおばけよりタダで広い一戸建てに住める方が嬉しくて、全く気にしないよ、と言って住み始めました。

189 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 13:38:01.14 ID:dxsj+4FP0
呪われた民は、相手を陥れ搾取を生業とする。
所謂、法則だ。

190 :事故物件3@転載は禁止:2016/02/09(火) 13:38:38.23 ID:Iu3Eps+I0
最初の一週間はビクビクして過ごしましたが、全く何もなく拍子抜けしました。
むしろ好転していきました。
喪女だった私は浮いた3万で美容院に行き、スッピンがデフォだったのに化粧したり、とにかく絶好調でした。
男性にももてました。

191 :事故物件4@転載は禁止:2016/02/09(火) 13:42:44.58 ID:Iu3Eps+I0
そんなこんなで約束の2年が立ち、友達が帰ってきました。
インターフォンが鳴り、私が出ると
いきなり友達は尻餅をついて口をパクパクし始めました。
私が2年間一度も見なかった幽霊でも見たのかと、問いかけると

違う!154ちゃん、死んだ愛人にそっくりになってるの!

と言いました。さすがに怖くなりしばらくしてその家から引っ越しました。
そうしたらまた私は喪女に戻りました。

192 :事故物件5@転載は禁止:2016/02/09(火) 14:46:07.29 ID:Iu3Eps+I0
今から思うと不思議なことはありました。
その一戸建ては立派な古民家で日本風ですが、中には愛人が使っていたであろう家具家電が残っていてすべて洋風でした。
洋服や日用品などはすべて処分されていました。
残された洋風家具は素晴らしい!の一言でした。
白くて、ガラステーブルは猫足で、たぶん全部同じブランドで統一されていたのだと思います。
その中でひときわ気に入った家具がありました。ドレッサーです。
白を基調として引き出しの取っ手は金で、鏡は大きな楕円形。ここも額縁のように金でふちどりされていました。
私は良くここに座るようになりました。
座って鏡を見つめるうちに「髪がボサボサだな、、美容院行こう。」
となり、また次の月にはふっと「口紅の色はもう少し赤いのがいいな。」
という感じでどんどん愛人に近づいていきました。

193 :事故物件6@転載は禁止:2016/02/09(火) 14:52:59.80 ID:Iu3Eps+I0
家を出る決定的なきっかけもあります。
私の姿を見て口をパクパクさせてた友人は、あの後すぐに
「あまりにも似ているから、写真を見せる!」と言いながら私を車に乗せました。
実家に着くと彼女のお父様は在宅してるようでした。
彼女は「父にあなたの姿を見せるのはちょっとアレなんで、車で待ってて。」
と言い家に入って行きました。

次で最後です。

194 :事故物件7@転載は禁止:2016/02/09(火) 15:02:35.60 ID:Iu3Eps+I0
しかしだいぶ経っても彼女が持ってこなくて、だんだんと私は不安になりました。
車を抜け出し玄関ドアの前に立つと、彼女と父親は口論しているようでした。
彼女は「写真持ってるでしょ!貸してよ!」というようなことを言い、父親は「昔の話を蒸し返すな!」という感じでした。
私はしばらく突っ立ていました。いきなりドアが開いて、父親が出てきたました。
数秒沈黙した後に「写真を持ってくる、、」とカッスカスな声で言うと二階へ上がっていきました。
私は彼女の家のリビングに通され、写真を見せてもらいました。
衝撃でした。似ているのはもちろんなんですが、愛人が着ている服が
私が半年前にヤフオクで買ったワンピースと色違いだったんです。

195 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 15:09:30.66 ID:2EQ4vBbS0
>>194
で、首はくくってないんだよね?

196 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 15:16:29.13 ID:Iu3Eps+I0
>>195
もう少し長く住んでいたらくくっていたかもしれません。

197 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 17:57:52.56 ID:d0O+RLZK0
ジョッピーちゃん

198 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 18:44:57.45 ID:NTfaLrx30
では続きの
3-1

その年は暑い夏となった。K氏やMさんに出会ってからもう2年が過ぎていた。
A男は靴紐を締めると家の戸を開ける。
カンカンカンッ!!
わんわんわんっ!!
「わうわうっ」「きゃー、きゃははははっ!!!」
ボン、ボン、ボロローンンン!!
とたんに威嚇音がなる。現実の犬の鳴き声もする。
次のはどれも人の声だ。真似が下手だな。
ギターの人はいつも同じメロディーを奏でていた。
数ヶ月ずっと同じだが他に弾けるレパートリィはいくつあるのだろう?
そう思うのは失礼だろうが。

A男はこうした日常に慣れっこになっていた。
そして他にも慣れたことがあった。
旅行に行くほどではないがけっこう有名な神社にあるやしろの一つまで通う。
誰でも調べればすぐにわかるお決まりの作法で拝礼する。
これまた誰でも調べればすぐにわかる祝詞を印刷した紙をかばんから取り出す。

「I女さんは最悪の土地に引っ越してきたのね。かわいそうに
もともと悪い人だったけれど、悪い土地に来て真っ黒に染まってしまった。」
そして憑依されてしまった。悪行を重ねるのも土地のせい。
土地が浄化されればいなくなる?……

少し前にMさんからこの話を聞かされた帰り、
K氏に祝詞を上げるよう言われていたが
ずっとなおざりにしてたのを思い出したA男は
思い切って神社通いの祝詞上げをすることにしたのであった。

199 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 18:53:59.92 ID:NTfaLrx30
3−2

祝詞を上げる。
熱心に上げる。
何回も上げる。熱い。
外の気温は30℃越え。屋外でこの作業を続けるのはA男には酷だった。
ふらふらになりながら、ふと横を歩いてる神職の方が目に留まる。
高齢の方に見えたがしっかりした足取りだった。

ぷーん。
急に耳に接近してくる不快音。とっさに体をよじる、バチンッ。
虫除けスプレーで防ぎきれるものでもない。
さすがに煙は無礼だしなあ、などとダンスを踊りながらA男が考えていると

(もっとマジメにやりなさい)

頭の中に言葉が響いた。
とたんにA男の体は直立。
思わず先ほどの神職の方がいたところを見る。


すでに先に行かれたあとだった。

200 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 19:09:20.61 ID:NTfaLrx30
3−3

「体力がないからよ、だらしがない」
Mさんは夏バテしたように覇気のないA男をあきれるように見た。

終わりがない。少なくともA男はそう感じていた。
祝詞を最初に上げたときは、家のある土地では確かに何か落ち着かない
雰囲気が漂っていた。
ただしそのときだけだった。

あとは何度やろうともいっこうにキレイになってる気がしない。
みんなのためだと思って、自分のところだけでなく周辺の悪い土地も
思い浮かべ、祝詞を上げるも変化なし。

この行為に意味はあるのか。
結果の出ない苦痛だけ伴う体力仕事に、A男は以前感じた畏敬の念も忘れかけた。
翌週、A男はいつもの通り祝詞を上げるためやしろに向かった。
ただ、その日はよりいっそう暑い日であった。
体力の限界に達していたA男は一回だけ上げただけでがくっと下を向いて
ひざをついた。

・・・・・・・・・
何かがA男の顔を覗き込んでいた。人の顔に見えた。
いやA男は下を見ている。瞳に映るのはコンクリートの床だけのはずだ。
そのときA男の脳裏に、まさしくイメージの中に衣姿の女官らしき
人の姿が映っていた。あきれた様子でのぞきこんでるようだった。

201 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 19:23:51.02 ID:NTfaLrx30
3−4

「あてにならないけど、本当に神様に心配されたんじゃない?」
目には見えないものを見ることのできる人たちが世の中にはいる。
事実A男も今までいろいろなものを見てきたが、判断がつかないので
いつものようにMさんに相談した。

A男が根負けせずに祝詞上げを続けているのを知ってか
その日のMさんの言葉にはいくぶんか気づかいが感じられた。
しかし、A男はその人が誰なのとか、どういう理由で現れてくださったのとか
Mさんの心配そっちのけでそんなことばかり考えていた。

「ムリしないでたまにはゆっくり休みなさいね」
そんなMさんの言葉を頭で理解。心は夏のアスファルトを溶かすくらいに
踊っていた。
毎週、残暑の続く中神社通いの祝詞上げ。しかし結局体力がないので途中で中断。
イメージだけに見えるどなたかに心配されるという日々が続いた。

202 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 20:26:30.33 ID:NTfaLrx30
3−5
季節は秋になった。暑さで体力を奪われることがなくなり、
A男が連続で上げられる回数も日増しに増えていった。

ただ、Mさんに会えば相変わらず体調の心配をされていたので
時が来れば休まなくてはいけないと、内心思いつつも
神様?の姿を見たということがモチベーションとなって
A男は突っ走っていたのだった。

目に見えないものが見えたなら、この土地にはいったい何が見えるのだろう?


「ひたすら真っ黒、真っ黒。」
そんなに悪い土地なら何があるのかもちろんA男は尋ねたことがあった。
しかしMさんから返ってくるのは色を示す単語。
「他は悪い霊体が見える。簡潔に言えば惑わせの森。
意志の弱い人なんかいいように扱われてしまうでしょう」

黒いのかぁ、まあ怖いものは見たくないけど。
以前に見たイヌの頭部のイメージが浮かんだがA男は集中するため
考えないように祝詞を上げ続けた。

あるのは普通地面だよな。硬い岩盤。 その下に黒いものがあるんだよな。ひたすら真っ黒黒……。
そうは言っても気になっていた。 知らずA男は祝詞の言葉を口ずさみつつ実際には見えないものをイメージしていた

じゃぽぽぽ……
しばらくして突然A男の世界が水色と青色と白い大小の○に囲まれた。
イメージに割り込んできたのは水の泡ぶくだった………

203 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 20:39:34.34 ID:ccxniHUA0
https://www.instagram.com/p/nDsjvXP01e/?taken-by=shiggy_jr
www
刺されて死ねチンパンジーブス

204 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 20:43:16.80 ID:NTfaLrx30
3−6
話と違う。水があるなんて知らなかった。地下水脈か?
間欠泉が沸いた、という言葉を思い浮かべたがいやいやそれはふさわしくない。

あたり一面は明るい水中、そのイメージ場の中をA男は降りていった。
シルエットだけの深海魚が途中で一匹だけ見えて
巨大生物に対する生理的な恐怖感を思い出すもこわごわさらに深く降りていく。
底にはさらさらの星の砂があった、不思議と暖かい感じがした。
祝詞を上げつつ、そこに力が集中するように念じた……


現実に戻り、早速Mさんに相談する。
「それは偽者ね。ただの願望、空想。そこに水なんかないわ。
あるのは岩と土だけ」
これで自分もスーパーマン?くらいには思っていたA男は本当にがっかりした。
そう言えば昔夢を見たときに、様々な生物が行きかう海中の中が見えたのを
K氏に話したら、土地の一帯は大昔は海だったとうかがったことを思い出し、
伝えた。
「K氏さんの言ったことは本当だと思う。だけどあなたのはただの思い込みです」
痛みのないヤカンが頭の上に落ちた気分になった。

「でも、その最後の場所は浄化すれば、全体に対していい影響がある場所よ」
続けられた思いがけない言葉にA男の心に久方ぶりに灯がともった。
やはり意味はあったのか……

205 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 21:01:44.34 ID:NTfaLrx30
3−7
季節は秋。
涼しくなってきた中、毎週のように繰り返される祝詞。影響があるのは
全体と聞いたので自分の力など砂の一粒に過ぎないだろうとも思いながら、
祝詞を上げつつA男は地面の底の底の星の砂にきらきら光る粒子を充填させる
イメージを続けていた。

行動の意味をも疑い、やる気のつきかけていたころとは違い、
消耗はあったがA男は確かな手ごたえを感じた充実した日を過ごしていた。

「あなたの後ろに遠くの神社が見える」
しばらくたった後。唐突にA男はMさんにそう言われた。
「大きな神社。行けば土地が本当に浄化されるかも」
A男は心が躍った。自分の苦労が報われたのだ。

数日後、電車を何本も乗り継ぎA男は目的の神社に着いた。
前の太古のやしろとは違い。節目の年とかで立て替えられた
新しい木の匂いのする広大な境内を進んだ。
拝礼する。偶然指した雲間からの光もこのときは神からの慈悲のように感じた。

「良かったわね。これで土地に次の流れが来るわ」
旅から戻ってきたA男はMさんから詳しい話を聞き、キツネに化かされた
ような気分になった。
土地が浄化されてきれいになるわけではなく、100年後とかに土地に
住み着く人が悪い人からいい人に切り替わり、その結果として
土地が治まるといったことなんだそうだ。

危険が残ったままではないか。
「まあ、あなたもがんばったし今度は自分でやらなくても
神様に頼んでみてもいいかもね」
納得できないA男にMさんは浄化の継続をすすめた。

206 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 21:05:15.63 ID:8Hwr03mp0
ナンバーが意味をなしてなくね?

207 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 21:15:18.53 ID:NTfaLrx30
3−8
ジャララーン。さい銭を入れる。
きゅっきゅっきゅっ。マジックで木製の板にお願い事を書く。
これでよし。これだけ。

A男はあの大変な日々とはうってかわってあっさりとした神社参拝に
心の置き所を迷わせていた。

そんなある日の出勤日、季節は冬になっていた。
職場のA男によくしてくれたCさんが大病を患い、病院に担ぎ込まれたと知らされた。
病気治療のことは自信がなかったがA男はとにかくやしろの前で
祝詞を上げてみることにした。

数日後の休日。拝礼、理由を述べ、祝詞を上げ始める。
Cさんの体が快方に向かうようイメージする。
するとCさんの体から霧状のものが噴出すのが見えた。
うまくいったのだ。
そう思ったA男がすぐにやしろに向かって礼をし振り向こうとするが
体の動きがぎこちない、足がもたつく。
A男はCさんの病気を肩代わりしてしまったのだった。

208 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 21:28:32.31 ID:NTfaLrx30
3−9
「あなたのしたことはCさんが学ぶ機会を奪っただけです!!」
あのあと体が動かなく前にMさん紹介の大きな神社に駆け込んで
祈願をしてもらいことなきを得たA男は、
後日Mさんの元を訪れこっぴどくしかりつけられた。

詳しい話を聞くとCさんはもともと他人の病気を引き込んでしまう
体質で、病気をきっかけとして自分で神社を訪れるようにならなくては
いけなかったらしい。
今回のA男の行為はそれを引き伸ばしただけとのことだった。

「ついでに言いますけどね。職場の他の人があっちが痛い、
こっちが痛いと言ってるのだって、それぞれ全然違う理由だし
あなたの職場自体あまりいいところじゃない。幽霊も普通にいるし」
A男は家のことがあって以来、職場でも他の人の体調を心配してたのだが
Mさんに一喝されたことで胸のつかえが取れた感じがした。


冬の夕暮れは早い。街灯が次々と点灯していく中A男はとぼとぼと歩いていた。
言われたとおり浄化は続けてる。間違いはないとは思うが遠い未来の
解決では……。A男は自分の失敗と思い込みを反省しつつも
未だ存在する家族に迫る危険を根本的に解決する術はないものか
思いをめぐらせながら家へと帰っていった。

209 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 21:30:02.75 ID:NTfaLrx30
続きはまた今度で

210 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 21:39:13.17 ID:lLJ/BSpQ0
ルールなので批判はしませんが
個別でスレ立てを検討されてもいいのでは

211 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 21:40:35.12 ID:W2nKD5fw0
これはかなりの長編だねw

>>176
同意
生きてる人間の悪意怖いよね

212 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 21:48:42.70 ID:jjSxOydN0
長編って最後まで読んでから創作だとわかると怒りが湧くよね
この場合は明らかに創作だと思うけど最後まで投下されてから読むよ
完結頑張れ〜

213 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 21:52:28.38 ID:jjSxOydN0
番号が意味を為してないね
お願いを受け入れてくれたのは嬉しいけども
どう訂正すれば伝わるのかわからない…

214 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 22:50:06.96 ID:2u79wxr60
最後まで書き溜めて何分の何回って書いてくれると理想的かな、例えば10レス消費するなら1/10、2/10とか、名前欄に書くのもあり

215 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 23:22:17.23 ID:ZQM3PjVO0
去年の夏の日、休みだったし特にする事も無かったし、エアコンを付けて薄手のタオルケットをかけてアイマスクを付けて昼寝していた。

すると腹の上にドスンと猫が乗ってきた。

うぇっ!っと変な声が出たが、可愛い猫の事だ、アイマスクを付けたまま「コラ、何すんじゃい!」腹の上の猫をどけようと両手で掴んだ瞬間

「違うよ」

低く響く、男のかすれた声でそう囁かれた。
手の感触は油でべと付いた男の髪の毛のそれだった。

216 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/09(火) 23:45:10.81 ID:9JzNTHRV0
いやいや読んでるよ
こういうの好き

217 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 00:01:58.73 ID:i58lS77e0
どこの住宅街にも必ず一件は寺があると思う
誰が手入れしてるのかも分からない向拝所?拝殿?とかいう施設だけがぽつんと佇む物静かな寺
そこには大抵仏か何かしまわれていると思うが、ここに所謂呪いの鏡のようなものが安置されているって噂が昔流行ってた、らしい
今は寺も潰され、納具の行方も定かではないから真相は闇の中
けれどもある話によれば、その鏡は人の魂を吸い取る魔鏡だったとか
この先は都市伝説に興味のある人だけ目を通して貰えるとありがたい

鏡の力に関しては尾ひれがついていることもあり実態は不明
ただ肝試しにその寺に訪れたことのある学生がいたらしく、その関係者から伝聞という形で概要だけは伝わっている
「芸能関係者」のような素性の知れない人間が発信者なので、内容の信憑性については保証されない
肝試しを企画したのはその関係者と友人関係にあった女性の男友達
参加者はその男性と女性、加えて他に男女が一人ずつの計四人
女性は元々オカルトの類が苦手だったが、友達の思いつきにメンバーが便乗してしまった為、しぶしぶ着いて行くことに
拝殿には実際に鏡が納められていたらしい
これに興味本位で触れてしまった友達、すなはち企画者の男性が、次の日から全く登校しなくなってしまう
女性によれば、男性が鏡に触れた瞬間、目映いばかりの光が溢れ、それと共に彼の悲鳴が響いたという
しかし直後に目にした相手の様子は、至って普通だった
だがその時を境に、男性は姿を消した
一時はただの欠席かと思われた
しかし家族の下にも帰っていないということから、立派な失踪案件として、警察が動き出す事態にまで発展した
時を同じくして、奇妙な事件が発生する
例の本殿から鏡が消失した
当初、犯人は姿をくらました彼ではないか、と女性は踏んでいた
目的は分からない、しかし状況から察するにそれ意外考えられないのも事実だった
無論この事件にも警察は駆り出されていた
窃盗事件として捜査していた様子

218 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 00:40:10.59 ID:va+PDiZG0
>>213
『何章何項みたいなナンバリングじゃなく、何分の幾つまで到達しているのかを書けと言ってる』
とでも言うしかないんでは?w

つか、10−〇とかまで続くんじゃなかろうな?

219 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 00:45:31.12 ID:ItF5cpQQ0
それはもう長期シリーズ化して師匠シリーズやらすくうものシリーズみたいになるまで続けるんじゃないかな。

220 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 00:58:50.55 ID:i58lS77e0
尚事件についてはそれを示す有用な資料がない為、その詳細や顛末については不明とされている
ただ窃盗の方はともかくとして、失踪の件については、それに該当すると思われるものがあるそうだ
すなはち男性は発見されることはなかった
事件のことがあってから、巷では呪いの鏡が解き放たれたなどと噂が立つようになっていた
この頃から、女性の様子が変わり始めた
正確には彼女を含む、肝試しに参加したメンバーに変化が現れていた
男性の一件が正式に事件として扱われてから、彼女たちもまた休みがちになっていった
そしてある日、彼女を除くメンバーの面々が、理由もよく分からないままに、教室に姿を見せるでもなく転校した
女性については顔も青ざめ、まるで重病患者のような様相を呈していた
話によれば、女性の下に、あの鏡が出現したらしい
そこには、あの日姿を消した男性の顔が写っていたそうだ
まるで助けを請うような悲壮な表情をしていたという
女性は思わず悲鳴を上げた
それを聞き付けた家族が駆け付けた時にはもう、鏡は消えていた
しかし彼女は言う
まるであの鏡に、今もどこからか監視されているような気がすると
それが、最後の会話となった
その後女性もまた、姿を消した
表向きは転校ということだが、少々妙なことに、まるで彼女の存在した形跡が消えていたという
解体工事があった訳でもないのに、家は跡形も残っていなかった
失踪した男性や彼女の前に転校した面々の家は、まだあったというのにだった
連絡の一切が途絶え、家族もろとも、まるで始めからいなかったかのように、その後消息を得ることはなかった
これが話の全容である

鏡は今も見つかっていない
噂が本当だとして、いまその鏡がどうなっているのかは誰も知らない
ただ、今でも噂話だけは一人歩きしている
もしも、鏡を見つけてしまったとしたら
どんな結末を迎えるかは、誰にも知りようがない

221 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 01:03:17.90 ID:pXm+cCPP0
連続長編ものとかシリーズものとかのスレがあったはずなんだけど
もうなくなっちゃったのかな

222 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 01:22:35.77 ID:QOMLlcgl0
そのための総合スレだし
良いんじゃない?

223 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 01:35:35.48 ID:fYKa5n1p0
>>212
創作でも、事実をある程度織り交ぜた創作ならガッカリしないな
ノンフィクション部分が主人公の人物像と登場人物で話の中で起きた出来事は全部作り話だと
肩透かし食らった気分になるけどw
丸ごと創作なら嘘か本当かわからないまま終わってほしいというのが自分の意見

224 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 01:58:21.30 ID:Cb+EfI8F0
長編書くならコテハンつけた方が続き乗っ取り防止とコテハン抽出で続けて読みやすくなるから便利だよ

225 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 02:22:00.91 ID:aCP2sJap0
かつての書き手が戻ってきたかのように賑わってるね
3年くらいこういうスレを待ってた

226 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 03:28:11.98 ID:PLIjMFCq0
長文はコテハン必須にしろ
長いだけの荒らしと変わらん駄文は邪魔
3−10とかふざけんな

227 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 04:24:33.47 ID:FVw5bQND0
先日、サークルの仲間と近所の心霊スポットに行こうと言う話になり
霊が出ると噂のトンネルにレンタカーで行った所
トンネルの中央に差し掛かった辺りで赤いワンピースを着た女が
宙に浮いているのが見えてしまい車はそのままトンネルを抜け出たものの
目が合ったと言って焦りだした仲間の一人が興奮の末に気絶してしまい
その後病院で帰らぬ人となりました…以上。

228 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 08:46:42.95 ID:EpK2Xo8k0
>>214
>>226
これ、次スレからテンプレに入れたほうがいいかもな
コテハンつけないなら番号
いつ終わるのかわからない投下に割り込むのに遠慮して書けない人もきっといるし

229 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 08:47:45.23 ID:EpK2Xo8k0
>>215
スッキリした文章なのに気持ち悪くて好き

230 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 10:51:56.97 ID:0Y+ZFafV0
長文のヤツは、良いが、単発の書き込みは、何か唐突すぎて、カキコしてる人の人物像が見えず、
どこかからのコピペに思えるが。
何とか、このスレを盛り上げようとする業者がいそう。

231 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 11:07:45.89 ID:va+PDiZG0
読点多過ぎワロス

232 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 11:30:36.64 ID:BYuqEnsI0
>>230
出たな戦場カメラマン!

233 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 12:24:40.71 ID:GCpwuEyA0
戦場カメラマンワロタw
長文擁護自演くさい

234 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 12:38:54.60 ID:IlAKXQXA0
別に怖かったわけじゃないけど、一つ・・・

235 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 12:40:53.09 ID:+/RcCDUa0
ヤマザキ、の、ダブル、ソフト。

236 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 12:44:02.96 ID:IlAKXQXA0
飲食店で働いてて、その日の営業も終わりごろ。
8人くらいのおばちゃん連中の卓の食器を下げようと、お盆を持ってその席に向かった。

で、ひと声掛けて、おばちゃん達が食器を集め出した時、誰かが俺の制服の襟を引っ張った。

237 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 12:50:07.28 ID:IlAKXQXA0
誰だろうと振り返るが誰もいなかった。
周りの席は空席。
突然の事で驚いたが、取り敢えず何事もなかった風を装ってパントリーに戻った。

あれは何だったのだろうか・・・・

238 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 13:47:54.47 ID:aue85kLR0
しらねーよ

239 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 14:02:42.26 ID:eTzEZG5k0
では、続きを

4−1/1
自宅の土地の浄化はその後も続いた。お砂をあやしいところに定期的に撒き清める。
水を使うときには入れられるときには塩を入れた。
祝詞を上げるだけではなくこういう方法もあるのか。
A男はしばらく祝詞祝詞祝詞で突っ走ってたので、そういった作業を行うたびに
新鮮な気持ちになった。

「わんわんわんっ」
「きゃぁあああーー、がうううっ」
バウウぅ……、ブぅぅ……
今日は隣の連れてきた犬の調子が悪いのか、必死に人間が代役をしようとしていた。
ばんばんばんっ、布団たたきの音もがんばってるが腕の疲れ感じ取れた。
よくやるもんだ。同情にも似た気持ちでA男が浄化した場所を離れようとすると、
がぶっ、
首に違和感を感じた。

また霊体のイヌかな?どうせI女もそこにいるだろ。
気になって戻って即、祝詞を上げると首の痛みは治まった。
なんだやっぱ神様には勝てないのか、心配して損した。

このときA男は痛みが気になっていたので、いつもより疲労感があることには
注意を払わずにそのまま床についた……。

240 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 14:05:44.02 ID:eTzEZG5k0
3だったな。1→3

4−2/3
A男は目が覚めた。しかしあたり一面は闇の中、トンネルのようだった。かろうじて壁と天井と床が視認できる。

コレは夢だな。意識はボーっとしているが体は軽い気がした。
夢なら楽しまなくては。A男は夢の中のトンネルを進んだ。
走ってる間隔は感じられないがトンネルの映像だけがそのように動いていく。

がぶっ、
?手の先に痛覚が走る。痛い。
映像だけA男の手に切り替わり、アニメだか漫画だかのキャラクターががぶりがぶり噛み付いていた。
このちっちゃくて首輪つけてるのはそう……最近流行の戦時中の艦隊のぼぅぼぅちゃんとか……
やったことのないゲームの情報を思い出そうと
夢の中でA男が考え込んでると、
ダッ、ダッ、ダッ………
今度はトンネルの中を黒い布切れが駆けていった

映像が切り替わった。
そうこれはかの有名なコウモリ男さんだ。コウモリさん助けてーの方ではないのであしからず。
とにかく、そのコウモリ男さんがA男の夢の中のトンネルを駆けていく映像になった。
路地を曲がると、カメラだけ取り残され後ろをついてくる悪人役の警備員たちを映した。

コウモリ男さんはドラム缶がいくつかあるところにやってきた。
そして突然キョロキョロしだした。いやいやムリだろ。誰も騙されんよ。
A男のそんなツッコミが影響したのかコウモリ男さんは意外な行動をとった。

”忍法 土遁の術!!"

241 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 14:07:09.27 ID:eTzEZG5k0
4−3/3
………何から突っ込んでいいのかわからない。

コウモリ男さんは自身の確か防弾効果もあったはずのマントをまるで本物の動物のように
逆さにして自身を包んだ。ただし地面の上のまま。
その表面はてかてかにてかり、まるでコールタールでできたギーガーの創造物のようだ。
それにA男は妙な気持ち悪さを感じた。コールタールではないが何か黒い……
そうこうするうちに警備員たちが到着するも
きょろきょろして案の定発見できず。不審物は目の前だ。

どどど……、夢のラストは土煙を上げつつようやく本当の土遁ぽいもので終った。


夜が明けた。
気持ちが悪い。


A男は目が覚めてから祝詞も上げ、神社にも参拝した。痛みはもう気にならない。
いつも通りのことをしたが、あの夢の
特にあのてかてかコールタールを思い出すと特に気持ち悪くなってしまうのだ。
あまり考えないようにしてMさんのところに急いだ。


「前に話した黒いものそのもの。土地の悪いものをモロに見ちゃったのね。忘れなさい。」
今でも思い出すたびに体に瘴気が伝わる感覚がある。
がぶがぶしてきたちっちゃい子の方も忘れずに聞いたら、
そっちはA男の方が強いので問題ないとのこと。

浄化は急激であるほどその反動を強く受けるのだそうだ。
「少しづつやればいいのよ」
Mさんの言葉に土地の浄化の難しさを実感したA男だった。

242 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 14:40:12.94 ID:va+PDiZG0
だから『4−』なんて章番号はいらんと言うのに
>214他の言ってる意味が理解できていないのか?
『1/5』とか『3/10』、『10/10(終)』みたいに『現レス/全レス』で書けよ
あと、イチイチ時間や日付で切るんなら、コテはいらんがトリくらいは付けろ

243 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 14:41:21.68 ID:iEHRT3yM0
Shiggy Jr/ふぇのたす/惑星ごっこ/ルルルルズ/SAPPY/など kuma
で検索

http://twitter.com/DFP_2015/status/673113232815448064


一番後ろの顔だけ出してるスーパーデブ野郎

http://twitter.com/DFP_2015/status/659741533881503744

そのときより肥えまくってくそ肥ってるホクホク顔のキッモイ中年キモヲタアイドル追っかけしてるくま野郎
スーパーデブwww
また肥ってるんじゃねえの

また写真撮ってww
デブ創価野郎

メンバーに身元バレてるくま野郎

メンバー直々に最前列くるなと言われた中年キモヲタアイドル追っかけ糞でぶ

フィロソフィーのカレンダーの中の人


でも検索可能!!!

スーパーミラクルデブおむすび塚地そっくりデブ野郎刺されて死ぬww

244 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 14:45:56.65 ID:va+PDiZG0
>>243
沼に還れよ、ピザ

245 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 15:19:27.25 ID:GCpwuEyA0
>>241
何章まであるの?
もしかしたらあなた以外に書き込みたい人がいるかもしれないから教えて。

246 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 15:23:38.79 ID:GsTxu+qr0
全文書きためてない人に分母(総レス数)書けって言っても意味ないだろ

247 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 15:27:50.37 ID:GCpwuEyA0
ということなんで>>241は全文書き溜めてから投下しよう。

248 :1/83@転載は禁止:2016/02/10(水) 15:29:41.84 ID:IG99yq+C0
ちょっと長くなりますがいいですか?

249 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 15:39:18.06 ID:GCpwuEyA0
>>248
ワロタw
でもこれなら83分の何かってわかるから読みたくない人は飛ばせるやん。

250 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 15:40:31.85 ID:GCpwuEyA0
素敵やん。

251 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 15:43:34.30 ID:GCpwuEyA0
コテハンつけてくれるのが一番嬉しいんだけどね。
お願いします。

252 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 16:02:44.22 ID:va+PDiZG0
>1/83
皮肉だろw

>>251
コテでは成りすましで荒らすバカが出るから、トリの方が良い
抽出も出来るし成りすましも回避できるしあぼんも可

253 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 16:08:26.54 ID:twCvnBGB0
数日かけて30レス以上書いてて終わらないのは流石にダラダラ書きすぎだろ
日記帳じゃないんだから、長編連載みたいなのがしたいなら別でスレ建てた方がいい

254 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 17:06:31.17 ID:3bnCFLRv0
石川県のK市はかつて観光で栄えた温泉街だった。いまはその影もない。
バブル景気で建てらてた巨大廃旅館が次々と解体されていた。

地元の中学生3人組が解体間際の旅館で肝試し、というか探検ゴッコをしていると、誰かが頻繁に出入りしている形跡を見つけた。
賞味期限がごく最近切れた弁当や発売されたばかりの菓子の袋があったからだ。

もしかして、ヤンキーかホームレスが住み着いていて、今出くわすとマズいとみんなが思っていたその時、

「お前ら誰だ!」
と電気の消えた奥の闇からハッキリと声がした。
3人はもう夢中で走って逃げた。


それから2ヶ月後に解体業者が下見に入った時にその旅館のボイラー室から死体が上がって大騒ぎになった。

警察はホームレスの行倒れで死後1年以上経過して事件性はないとされた。

しかし解体業者の話しだと、その死体は顔と手足を布テープでグルグルに巻かれて大量の出血があったそうだ。

255 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 18:02:27.19 ID:WZhhSJ9P0
もしかして長編書く事でスレ荒らしをしてるのかw
番号の振り方理解してないフリした確信犯かもしれん

256 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 21:19:27.31 ID:eTzEZG5k0
立てました。>>241以降はこちらで
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1455103279/l50

257 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 21:35:09.17 ID:yofiY1c60
マジでスレ立ててまで続けるのかよ
メンタル強すぎて羨ましいぞ

258 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/10(水) 23:11:38.77 ID:GCpwuEyA0
じゃあさっそく一つ不思議な経験を話します。

ある日の深夜、一人部屋の中で漫画を読んでたら電気がチカチカし出した。

電球がもうだめになるのかなー、めんどくせーなー、
なんて思いながらとりあえず電気のスイッチ切って電球替えようかなと
壁によくある四角いスイッチに近づいたらさー

カチカチカチカチカチカチカチ

ってものすごい勢いで勝手にスイッチが上下に動いてた。
マジ話。

259 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 00:34:45.49 ID:V398cFKo0
>>256
愛すべき馬鹿だ
君みたいな人は好きだよ

260 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 03:40:56.24 ID:7FQWfG3g0
>>258
怖いよ!
それでどうしたの?結局最後にスイッチはついた状態でとめてくれたの?

261 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 03:45:40.65 ID:7FQWfG3g0
>>256
ありがとー
完結したら行くからこっちにも声かけて
今までの投稿もわかりやすく冒頭に番号ふってそっちに転載しちゃえば?
続き頑張ってね

262 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 04:40:31.37 ID:ksf/Kq5a0
ほげらpower

http://blog.livedoor.jp/hogeraouji/

263 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 08:07:51.23 ID:EosEUgSA0
>>260
点いたタイミングでセロテープで固定して一日中そのままにした。
次の日明るくなってから、そっとはがしたらもう動かなかったよ。

264 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 08:24:25.75 ID:9RD4swW40


265 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 08:57:00.82 ID:472Vp9aT0
>>256
突っ込みどころ満載

266 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 09:07:27.21 ID:JaFaVPwa0
フィクションなら読む必要ないな

267 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 09:13:47.64 ID:RR1X7/fT0
糖質患者の被害妄想談っぽかったからフィクションでよかったw

268 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 09:48:14.37 ID:9RD4swW40


269 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 09:58:57.96 ID:Z9oDU5bN0
>>267
糖質患者が熱心にお祈りして神の力まで借りたら地球浄化まで逝っちゃいそうだね。

270 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 12:06:04.85 ID:9RD4swW40


271 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 12:18:34.40 ID:9RD4swW40


272 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 12:22:33.69 ID:9RD4swW40


273 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 12:35:40.98 ID:9RD4swW40


274 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 12:55:25.45 ID:9RD4swW40


275 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 13:02:43.41 ID:9RD4swW40


276 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 13:10:12.70 ID:5Ldn1jaA0

sssp://o.8ch.net/7k3u.png

277 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 13:11:36.61 ID:1y/OsZIZ0
芸の無い連レスオナニー猿の精神構造ってどうなってるのか考えると怖いよね
それはそれはもう、オカルトレベルで怖いよね

278 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 13:50:15.73 ID:9RD4swW40


279 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 13:51:31.31 ID:UQd3bcdx0
これってアフィリ同士が戦ってるのか?

280 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 14:40:17.21 ID:9RD4swW40


281 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 14:47:28.38 ID:9RD4swW40


282 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 15:45:10.71 ID:9RD4swW40


283 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 16:53:24.65 ID:9RD4swW40


284 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 17:03:21.60 ID:9RD4swW40


285 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 17:09:59.89 ID:9RD4swW40


286 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 18:09:13.45 ID:/1pPTTkC0
深夜に車で石川県の山の中を走ってたら前のカーブからハイビームっぽいライトが見えて
このままハイビームで来られたら迷惑だからパッシングしたらハイビーム落としたのかライトが見えなくなってカーブ曲がったら車なんていない
というのをその山だけで3回ほど喰らった

その山を超えたらそんな現象はなくなった
なんだったんだろうね

287 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 18:26:41.10 ID:9RD4swW40


288 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 19:02:28.69 ID:9RD4swW40


289 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 19:23:38.27 ID:9RD4swW40


290 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 19:32:19.56 ID:cZxG9EH60
あー、またちょっと聞いてくれるかな。ちと長いんだが。
俺、田舎の一軒屋に住んでいる、ただの普通の霊なんだけどさ。
よく、勝手に部屋に入ってきて、お祓いだかなんだかしてくる奴らがいるのよ。
それで、うっとーしいからって呪い殺してやったら、
悪霊とか呼ばれるようになっちまった訳なんだよね。いい迷惑だよ。勝手に来てさ。

291 :集られている広島@転載は禁止:2016/02/11(木) 19:33:14.32 ID:Q/FyR1ln0
こいつらは
差別をして悦に浸りオナニーしている
差別主義者だ!!糾弾だ!!!

292 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 19:42:08.50 ID:cZxG9EH60
で、話はさ、ちょっと前に、いつも通り俺の部屋に人が来たんだよ。
若い女の子だったんだけど、結構可愛かったよ。そいつがちょっと変わっていてな。
俺を見ても全然驚かないのね。なんか寂しかったよ。いや、いいんだけどさ。
普通に、面と向かって挨拶してくる訳よ。こんばんは、夜分失礼します、とかって。
ほんと失礼だよ。少しは驚けってな。いや、ほんと別にいいんだけどね。

293 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 19:42:42.00 ID:9RD4swW40


294 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 19:49:10.19 ID:cZxG9EH60
何だ、お仲間か?とか思ったけど、そいつ普通の人間なのよ。
また俺に危害を加えに来たのかと警戒したけど、どうやら違うみたいでさ。
なんでも、死ぬ前に一度幽霊を見てみたかった、とか言うんだよね。
なんかこっちが驚いたよ。俺は見世物じゃないんだよ、まったく。
少しお話し聞いてくれませんか?とか言うから、
仕方なく相手してやったよ。暇だったし。別に可愛かったからじゃなくね。

295 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 19:56:42.17 ID:cZxG9EH60
んで、彼女が言うには、スキなんとか性胃癌とか言うやつで、手術しても回復の見込みなしなんだとさ。
それで死ぬ前にあちこち旅行して色々なもの見て回ったけど、最後に幽霊ってものも見てみたくて、
出るって噂のここに来たって訳。なんかよくある話よ。最近多いんだろ?こういうの。
そんな病気のやつがなんで旅行できるんだ?と思ったけど、なにやら毎日薬漬けで、でも普通に生活はできるんだとさ。
凄いね、今の医学って。俺もなんとかしてくれんかね。

296 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 20:07:42.57 ID:cZxG9EH60
しかしバカだよねぇ、だって俺、巷じゃ悪霊で通っているのよ?
普通に死ぬより酷いことになるかもって考えなかったのかねぇ。
それにさ、なんか腹立ったよ。
だってここら辺、ほんと危ないんだぜ?いや、霊が出るからとかじゃなくてさ、世の中には幽霊なんかより怖いものがあるってんだよ、お嬢さん。
深夜に若い娘が1人でこんなとこ来てさ、何かあったらどうするんだ、考え甘いんじゃないのかって説教してやったよ。
俺がとんでもない悪霊で、お前のこと更に苦しめるようなことしたらどうするんだ、
ここは訳の分からない連中がたくさん来るんだぞ、とか日頃溜まったイライラをぶつけちまったよ。

297 :集られている広島@転載は禁止:2016/02/11(木) 20:09:45.84 ID:Q/FyR1ln0
高橋も 浅野家

わたしをいじめて悦に浸り

奥田も浅野家 なんなんだ!!!!

バカにするな!! 差別主義者!!!
中身が酷すぎる!!

298 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 20:16:30.72 ID:cZxG9EH60
そしたらよ、どうしたと思う?
そいつ笑い出したんだよ。信じられないねまったく。
頭おかしくなって壊れたように笑い出す奴はいたけどさ、なんか違うんだよね。
楽しそうに笑いやがんの。
ごめんなさい、ありがとう、って謝ったりお礼言ったりしてさ、また来てもいいですか?とか聞いてくんのよ。
いいわけないだろって言ったら、なんか落ち込まれてさ。

299 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 20:22:20.78 ID:cZxG9EH60
ここら辺、危ないって言っているのにほんと分かってないなと言ったら、
じゃぁ明るいうちに、防犯グッズでも持って来ます、ってさ。
そんなの暴漢共に効くわけないってのに。このおバカは。
まぁ、怪しそうなの居たら何とかしてやらなくもないけど。

300 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 20:50:56.34 ID:cZxG9EH60
今度来たら、ちゃんと驚けって条件ね。それで了解してくれたよ。
んで、やっと帰る気になってくれてさ、安心したよ。
帰るときの顔、やけに明るい顔してんだよね。
普通は真っ青になって逃げていくってのに。なんか立場なかったわ。
最後、別れ際に、また来ますね、死んでも絶対来ます、とか洒落にならないこと言うから、言ってやったよ。
俺は幽霊怖いから、生きてないと会わないってさ。
そしたらやっと少し驚いた顔してさ、それからにっこり笑って、はい、って言って帰っていったよ。
危ないかと思って途中まで憑いていったけど、人を見送るのって、なんか寂しいものなんだな。

301 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 21:03:55.59 ID:cZxG9EH60
と、まぁ俺の話はここまで。長くてすまんね。
あれから一ヶ月くらい経つけど、彼女、来ないんだよね。
約束破りやがったかな?なんか気分悪いわ。
あぁ、別にどうでもいいんだけどさ。
もう一度くらい会いたかったな、なんてな・・・。

302 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 21:05:39.86 ID:UQd3bcdx0
このスレは転載絶対不可です

303 :本当にあった怖くない名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 21:15:53.80 ID:KmqZ41Iz0
他のスレにも投げてきたんだけど語らせてくれ。

まず最初に自分は幽霊を見たことがない。

なので怖くない話しかないんだが、子供の頃に変なもの見た。
うちは田舎のほうだから山道みたいなのがたくさんあったんだが、あるとき友達とどこに繋がってるか見に行こうぜ見たいな話になって下っていったんだ。
結果は、単に蛇行した道の下に出るだけの他愛のない道だったんだけど
途中に細い棒の上に平べったい家みたいなのが立ってたんだ。

あれ?これ鬼太郎ポストじゃね?みたいなこと考えながら通り過ぎて結局何もなかったけど少し不気味だったから帰りは通りなれた道で帰って終了。

それで何日か経ったあと、子供の頃はまだうちの周りは造成中だったから空き地が多かったちょっと坂の上になったところにまた同じようなのが立ってた。
夕暮れ時だったのもあってすごく怖くなったから一週間くらいその場所には近づけなかったよ。
他の子連れて、見に行ったら無くなってた。

三度目に見たのは近所の公園の裏、山の名残みたいに木の残ったところの坂の下に立ってた。
近づかなかったし確かめる気も無かったけど、すごく気味悪かったな。

別に祟られたとか数日寝込んだとかも無いけど子供の頃は怖かった。

それだけ。

304 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 21:16:19.90 ID:9RD4swW40


305 :本当にあった怖くない名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 21:18:45.71 ID:KmqZ41Iz0
「ロストツイン」

昔、「左利きの人は一卵性双生児になりかけて左半身だけが残ると生まれる」とかなんとか、ロストツイン説ってのをTVでやってて丁度左利きだったから興味深く聞いてた。(半身が先に発達するから力が強いほうを利き手にしたがるとか何とか)
けど、そんな話親からは聞いたことないなぁと思いながら心の片隅に覚えてたんだ。

二十歳くらいの時に人生初の金縛りにあって、うわ本当に動かねぇわコレとか思いながら、ふと横に目を向けると700gくらいの肉の塊?(適当)があってよく見るとまだ形の出来てない赤ん坊みたいに見えた。
あぁ、これが水子なのかーなどと考えてた。何故かあまり怖くはなかった。
かなりリアルだったけど、多分夢だと思う。

後になって男のところに何で水子が来るんだろう?と考えたけど深くは考えないことにした。
で、数日(一週間だったか半年だったか覚えてないけど夢のことを忘れていないくらい)してからたまたまテーブルの上に葉書が来てて、両親から一文字ずつとったであろう名前と、今年も無事供養終わりましたと書かれていた。
丁度いい機会なので、それが誰なのか親に聞いたら自分が生まれるより前にまだ性別の判別もつかない頃に流れた子がいたらしい。

なので、自分には本当は兄がいてソイツが死んで自分が残ったということなんだと思う。
流産が発覚して、程なくしてまた妊娠してたらしいので。

なんだけど、ロストツイン説って検索かけてもどこにも見当たらないんだよね。
トンデモ論だとは自分も思うけど提唱されたことくらいは残ると思うのに、それだけが腑に落ちない。

306 :本当にあった怖くない名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 21:20:25.68 ID:KmqZ41Iz0
「弟の話」

霊感とかそういう話になると、多分弟のほうが強いと思う。
ただ、幽霊を見たことは無いらしいけど、自分の知る限り、弟には夢遊病の気があった。

小学校の頃は大体寝てて気づかなかったんだけどよく夜中に歩き回ってたらしく、
一度は玄関のように向かったので親が慌ててどこに行くのか聞いたら、外に行くと答え、
今は夜だから外に行ったら駄目だというと、わかったといって布団に潜っていったらしい。

翌朝、その話を弟にしても覚えてないらしくキモチワリーと笑っていた。

中学になると成長期だからか反抗期もあってか寝起きが悪くなり何度も起こしにいかないと起きなくなったらしい。
あるときに、親が学校に行かなくていいの?と怒ると寝惚け声で行ったらいかんって言われていると答えたらしい。
親が誰に?と聞くと「あおいちゃん」だという。誰それ?と聞くと青い着物着て烏帽子を被っていると言い始めたので叩き起こしたそうだ。

弟を馬鹿にするわけじゃないが、あとからよく烏帽子なんて知ってたな、なんて話をしたら何それ?と言うので
平安時代に被ってたこう、黒くて長いやつみたいな説明をしたら、おーアレ烏帽子っていうのかーと笑っていて、どうもかみ合っていないとその時ようやく思った。

307 :本当にあった怖くない名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 21:21:23.94 ID:KmqZ41Iz0
(続き)

高校の頃になると家に帰ってこなくなり友達の家に泊めてもらうようになった。
未成年のくせに飲酒までやり始めていたので、あるとき前後不覚で、深夜に友人の家と間違えたらしく他人の家に入り込んで寝入っていたらしい。
電気をつけたままストーブまで付けて、寝ていたところを帰ってきた家主に見つかり飛び起きて逃げてきたらしいが、携帯をその家に忘れてきて、結局警察に取りにいって事情聴取されたらしいw
不法侵入だったが、まぁ大事にはならなかったが腑に落ちないことがいくつかあった。

一つ目は、その家は消防署員の家だったらしく普段は開いてなく、その日たまたま休みだったので一箇所だけ鍵が掛かっていなかったところから弟は侵入したらしい。
二つ目は、初めて入った家の電気の位置を把握していたのか?ちなみにその家の電灯のスイッチは回すタイプのものだったらしい。うちにはそんなスイッチはひとつも無い。

弟が言うには、友達の家(と思ってる)に行ったけど鍵が掛かっていて入れず縁側で座っていたら中からおじいさんが出てきて、こんな寒いところにおったら風邪引くから中に入れと言われて入ったらしい。
まさに弟がいた部屋には以前はおじいさんが住んでいたらしく、家主に使ってない部屋だから良かったものの・・・みたいなことを言われたそうだ。

弟本人は幽霊じゃなかったと言い張っていた。あんなリアルな幽霊はいないと言っていたが、とりあえずふざけていると思われては困るので警察には言うなよとだけ言っておいた。

弟はいまでも元気だが、毎年車を駄目にするらしいので憑かれやすいんだろうなと思っている。

308 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 21:21:46.69 ID:cZxG9EH60
俺、田舎の一軒家に住んでいる普通の霊なんだけどさ。
まぁ自己紹介はどうでもいいや。
先日、また部屋に人が来たんだよ。
つい最近まではちょっとした理由で、人が来ると何か期待していたんだが、
もう忘れることにしたんだ。何を待っているんだ、俺。もっと大事な目的があるだろ?ってさ。よく覚えてないけど。
で、先日来た3人組の話だ。

309 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 21:26:12.63 ID:cZxG9EH60
部屋に近づいてくるとき、分かったんだよ。こいつら、ヤバイ、ってな。
霊能力者だかなんだか知らないが、間違いなく俺のこと消しに来たわけよ。
俺にとっては天敵ってやつだな。
まぁ確かに、何人か殺しているから安らかに成仏、なんて無理とは思っているさ。
あるとすれば地獄ってとこ逝くんだろうな。
でも、まだ、消える訳にはいかない。

310 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 21:33:30.99 ID:cFBWGPdc0
この普通の霊の語りが好き
余命無い娘がどうなったか気になるけどまぁそのうち気が向いたら語ってほしい

311 :本当にあった怖くない名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 21:41:49.78 ID:KmqZ41Iz0
「枇杷の木」

迷信で枇杷の木を庭に植えると夫婦仲が悪くなるって話がある。枇杷の木は堅いから武器になるから〜みたいな説明がされていたけどとにかく縁起は良くないらしい。
隣の家が枇杷の木を植えたから大丈夫かなと思っていたら、案の定旦那さんが亡くなったそうだ。

今度は向かいの家が枇杷の木を植えて、お裾分けを貰った。
自分は最近になって知ったのだが、やっぱり向かいの家も旦那さんが脳卒中で倒れたらしい。
迷信って意外と馬鹿に出来ないものだと思った。

最近になって反対隣の家も枇杷の木を植えたが、旦那さんはずいぶんと前に亡くなっているからどうなるかは知らない。

それだけ。

312 :本当にあった怖くない名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 21:52:19.16 ID:KmqZ41Iz0
あっ・・・基本ルール見逃してた
他のとこに書いちゃ駄目だったのか

313 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 22:01:48.93 ID:cZxG9EH60
その3人組、家の周りとか部屋の前で色々やっているんだよね。
なんかいつになく本格的な、儀式というか、おまじないみたいなこと。
今までの奴らだと、これがバラバラなんだよね。内容が。
なんだか和洋折衷というか、色々ごっちゃにしているから、逆に笑えるくらい。でもこいつらは違った。
その道のプロ?なんてあるのか知らないが、筋が通っている。これはまいったね。

314 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 22:05:43.48 ID:cZxG9EH60
3人組、メンツは何といえばいいのかな。名前わからんから見た目で言うと、
ヒゲとメガネとハゲ。まぁ、みんなハゲてたんだけどね。1人特徴ないから、そのままハゲで。ヒゲが指示出していてリーダーっぽかったな。
で、部屋に入ってくる前に色々口上を述べていたよ。何言っているか、意味は分からなかったが。
なんであんな早口なんだろうね。えぃっ、やぁっ、とかは分かったけどさ。
まぁいきなり無言で入ってくるよりマシかな。礼儀って大切だよな。

315 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 22:15:59.64 ID:cZxG9EH60
で、3人組が入ってきたので、ご対面した訳だ。
こっちはここに普通に住んでいるわけで、隠れる気もなかったからさ。
そしたら失礼なこと言いやがったよ。俺のこと、面と向かって悪霊、だとさ。
これはショックだったね。ズバリ言われたのは初めてだったよ。ちょっと凹んだ。
なんたら神王の名において、汝悪しきなんたらをなんたらかんたら〜って、
まぁつまり、我々がお前をこの世から消し去ってやる〜、って意味なのかな。

316 :集られている広島@転載は禁止:2016/02/11(木) 22:19:22.33 ID:Q/FyR1ln0
婚姻破綻なら 3000万円ね。

おそらく逮捕されて 終わりだろうから
婚姻破綻なら3000万円。

これまでの人生をぶち壊した慰謝料。
当然払いますよね。
あなたたちがいたから人生が
滅茶滅茶になったのだから。

317 :集られている広島@転載は禁止:2016/02/11(木) 22:20:32.27 ID:Q/FyR1ln0
当然の報い。

婚姻破綻なら3000万円
訴額としてはおかしいが
人生を滅茶滅茶にされたぶんには
安いはず。3000万円あれば許します。

全て。 二度と嫌がらせしなければ。

318 :集られている広島@転載は禁止:2016/02/11(木) 22:21:30.99 ID:Q/FyR1ln0
人生ぶち壊した慰謝料
3000万円 で 示談します。

あなたたちの身内は広島から出る条件付き

319 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 22:28:23.08 ID:cZxG9EH60
そして俺のこと、囲んだわけよ。3方向に立ってさ。
で、なんか数珠みたいなのかざして、ブツブツ唱え始めたんだ。
3人、シンクロしている感じ。トランス状態?一心不乱な訳よ。
俺、まいったね。ほんとやばかった。もうダメかと思ったよ。

笑いこらえるの、きつかった。
だって、こいつら本当に俺のこと消せる気で来ているんだぜ?

320 :集られている広島@転載は禁止:2016/02/11(木) 22:30:23.63 ID:Q/FyR1ln0
あんたたちがいなければ
東大行って福利厚生 年600万円
か 国家公務員、弁護士、医師に
なってた。

あんたたちが人生をぶち壊したんだ。
地獄に堕ちろ自己中集団

人権侵害ならぬ人生侵害
これは差別だ。 差別殺人だ。

321 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 22:32:57.81 ID:9RD4swW40


322 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 22:34:08.65 ID:17h8QPva0
今日は休日だったので、昨日から寝ないでずっとリビングで暇つぶししてたんですけど
見るテレビもなくなって、未読で溜めてたオカ板も見つくしました
朝になって、ちょっとずつ明るくなってくるにつれて、なんかもう色々いやになりました
何故か、夫が死ねばいいのにな、殺したいな、そんで私も一緒にいこうって、ぼーっと考えてました
うちある3本の包丁をどこに刺そうかとか、死んである程度血が抜けたらかっこいい服装に着替えさせてあげたいとか、私も可愛い服を着ようとか
そしたら、夫が起きてきたんです
昨日終電で酔っ払って帰ってきたからありえないのに
夫は二日酔いのくせに、今日はずっと優しかったです
久しぶりにたくさん話せましたし、さわっても怒らないし
降って湧いたような殺意が、今では信じられません
お腹を掻きながらリビングに来た時はどうやって気を失わせようかと思ったけど、あの時に来てくれて良かったです
何かが彼を守ってくれたのかも知れませんね

 

323 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 22:39:29.24 ID:cZxG9EH60
そもそも、生きている普通の人間が、既に死んでいる者に対して何か出来るとでも思っているのかね。
単純に考えてみろよ。死ぬっていうのがどういうことなのか、
死んだらどうなるのか、何も知らないだろ?知らない相手に何が出来るっていうのやら。
今までこいつらが相手してきたのは、どうせ本当の意味で死を自覚していない霊だけなのだろうな。
普通、自覚したら消えるからさ。俺みたいに受け入れて、存在に固執していなければ・・・。

324 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 22:48:09.59 ID:cZxG9EH60
どうせこいつらには理解できないのだろう。
生きている者が干渉できるのは、同じ生きている者だけ。死んだ者に対して干渉できるのは、死んだ者だけだってさ。
それが分かっていて、生きているくせに死を知っていて、その力も持っているような人間がいたら、そいつは脅威だ。
そんな人間に、俺は会ったことはない。今はまだ会いたくない。
とても・・・怖いから。なぜか分からないけど、怖い。

325 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 22:59:13.01 ID:cZxG9EH60
3人をしばらく眺めていたが、憐れにすら思えてきた。終わりにしてやろう。
生身を持たない俺に奴らは触れないが、こっちは向こうの中身、魂ってやつに触れるわけよ。
一方的で悪い気もするけどな。だって仕方ないだろ?
こちらの事、知らないのだからさ。知らないものに触れるわけがない

326 :集られている広島@転載は禁止:2016/02/11(木) 23:01:09.46 ID:Q/FyR1ln0
これまで創価学会に全て
嵌められていたんだ。

だから創価学会の裏組織の
一員になることが決まっていたから
不幸になったんだよ。

わたしには無理だ。 裏社会は恐ろしい。

327 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 23:08:02.35 ID:T0kOdHd50
幽霊なんているんですかねぇ・・・
一番怖いのは人間とかいう結果になりそうな気がする

328 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 23:18:59.60 ID:cZxG9EH60
魂をちょっと削ってやるだけで、それは身体、器って言うかな。それに合わなくなる。
抜けやすくなった魂の目は、人外のものを見るようになる。
普通の人からしたら、気が狂って幻覚を見ているって思われるだろうな。
バランスを崩した身体はやがて生気を失い衰弱し・・・そして死ぬ。
呪いのひとつのパターンなのだろうな。

329 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 23:20:44.59 ID:9RD4swW40


330 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 23:21:27.46 ID:65nTWzN4O


331 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 23:30:34.09 ID:G1g4LgMh0
寝起きに人の形をした影のような真っ黒い煙のような奴が1メートル先に立ってたことある。何故かとっさに触ろうとしたが無理だった

332 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 23:34:23.70 ID:cZxG9EH60
こちらに敵意を持って、俺を消そうとしてきた奴ら。許す気はない。
段々と自分の色が黒くなっていく感じがする。
これは・・・なにやら気分が良い。
手を伸ばして、リーダーに触れる。動きが止まる。
全身から汗が噴き出ている。怖がっているのか?面白いな。
他の2人が気付いて動揺している。
リーダーを少し削って戻す。泡を吹き、倒れるリーダー。
2人は信じられないような目をしている。とてもいい目だ。笑いがこみ上げる。

333 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 23:37:39.46 ID:cZxG9EH60
すぐにメガネに触れる。何て色だ。汚いなこいつ。
俺は更に黒くなる。
ここでバラバラにしてやりたくなったが、ここで死なれると処理が面倒だ。
ハゲが逃げようとしている。捕まえておく。いい案が浮かんだ。
笑いが抑えきれない。俺は更に黒くなる。
メガネとハゲを削り、交互に入れ替える。気を失う2人。
これで間違いなく気が狂う。こいつらに理解できる訳がない。
3人を外に放り出す。そのうち目を覚まして、逃げていくだろう。
そしてそのまま・・・死ね。

334 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/11(木) 23:38:21.78 ID:cZxG9EH60
一段と黒くなった。こんなときは少し気分がいい・・・気がする。よく分からない。
黒くなっていくと、自分自身が見える。自分のしていることを見つめている。
ん?じゃあ、俺を見ている俺は、誰なのだろう?
・・・まぁいいか。難しいことは考えたくない。

先日、ここに来た3人を呪い殺した。よく覚えている・・・。
でも、段々分からないことが増えている気がする。頭がまわらない。
・・・でも気分は良い。最近はずっと気分が良い。
悪くなることなんて、何もない。・・・無かったはず。
ずっと・・・良い気分だ・・・。

335 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 01:48:34.07 ID:rdo/1JSb0
>>305
左利きが〜って部分は初耳だけど、双子だったはずなのに途中で片方が消えて1人だけ産まれたって事例は一時期結構あったらしいね

336 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 02:16:53.76 ID:Jm5eI4/Y0
眠れ無い日は布団に入ってスマホをいじりつつ夜更かししてるんだけど、そんなとき決まってラップ音がするんだ。
パチン!と一度だけ。天井から。
最初は特に気にはして無かったんだけど、いつも同じ時間帯に音がするような気がして時刻をチェックしたら、深夜の1時20分に決まって鳴るの。

気味悪くなって同居中の彼女に話すと、彼女も音には気がついてたけど時間が決まってるとこまでは知らなくて、今度一緒にその時間まで起きてようよとか言うわけ。
んで、ある日の夜、1時20分と同時にスマホのライトで天井を照らしたら、
巨大な手の影が天井を覆うように広がり、その手が天井の中心にある照明を握り潰すかのように閉じたところでパチン!の音と共に消えた。

一瞬の出来事だし、文字にしたら全然怖く無くて自分でもビックリなんだけど、マジで心臓が止まるかと思った。

337 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 02:26:04.73 ID:Y3MMGQ2I0
なんか荒らしと普通の文章と変な自称幽霊な基地が混じってて
カオス

338 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 02:57:04.51 ID:OOyvnxRN0
書き溜め投下していいかな?初めて書いたので乱文ですが…

339 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 03:02:13.83 ID:kF7cj0ei0
これ不気味な話だが、ただの夢とも思えないんだよな

アンビリバボー「ゆうちゃん」
https://youtu.be/kAVFQUdRUvg

340 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 03:04:03.49 ID:OOyvnxRN0
どうせ書いたし、誰も語っていないようなので投下させて頂きます(`・ω・)!

341 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 03:04:32.28 ID:OOyvnxRN0
実体験です。不思議な話かな?
オカ板に書き込むのは初めてだから粗相してしまったらごめんなさい

丁度一週間前に3年同棲した彼にふられてしまって、仕事を辞め地元に帰っていました

自分で言うのも何だけど、そこそこ傷心していて
なんかもうどうでもいいやとかこの先どうなるんだろうとか、もう心がざわついて仕方なくて
癒されたいと向かったのが近所の神社です

342 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 03:05:28.35 ID:OOyvnxRN0
参杯するのは、もう何年ぶり?覚えていないくらいでした。

そこの神社は少し特殊な形をしていて、普通の神社は鳥居入って真ん前に本殿を構えている形が多いと思うのですが
ここの神社は鳥居入って本殿が左を向いています

あと、真横の少し高い丘に慰霊碑があったり、その本殿が左を向いた正面に神様を祀っている祠が3つくらいあったり。
またその反対側にも少し廃れたお稲荷さんがあったり。

都会に出て何ヶ所か神社に行くことがあったけどあぁここは特別なのかなぁという思いが少しあって
ここに来る時はいつも少し誇らしい気分ですw
ちょっと前置きが長いかな?ごめんなさい

343 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 03:06:03.31 ID:OOyvnxRN0
神社に向かったのは午後3時くらい
両脇に神様が祀ってある鳥居をくぐって見回すと平日でもあるし、人っ子1人いませんでした
昔はじいちゃんばあちゃんが居たのになぁなんて思いながら本殿に向かっていると強い風が吹きました

本当に小さい頃からここに来ているけど少しヒンヤリしてて、しいのみの木の香りが漂って、あぁここは何も変わってないなぁと少し感傷に浸ってしまいましたw
これ、分かってくれる人居ないかなぁ…

344 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 03:06:45.72 ID:OOyvnxRN0
お参りして柵の中にある鏡を見てあぁ老いたなぁ大人になったなぁとため息をついた時
また強い強い風が吹きました、ゴォッと
風がやんで鏡を見ると私の後ろに誰か居るんです

ヒヤッとしました、こういう瞬間って音が無くなるのかな?全くの無音
恐る恐る後ろを振り返ると男の人が居ました

345 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 03:07:11.58 ID:OOyvnxRN0
不思議な白い服?を纏った中年くらいの男の人でした、顔はすごく日本人。
なんだかあんまり怖い気持ちが無くて、ん?人間?って感じ

彼はこっちをじっと見つめていてその目は少し怖かったです
表しにくいけど、まっすぐ見据えていてそらさない感じの。

346 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 03:07:40.55 ID:OOyvnxRN0
そのままこっちを見ながら
「風が吹くの」みたいな事
「ぞんぞがつかんか」(こっちの言葉で寒くないか)
と言われて、とっさにあぁ、寒いですねぇと返すと

「蚕のけの子、おおきなって」
「お前けの子はよぉ遊びにくる(り?)」
「よそのけぉる(?)にょうがな」←ここだけよく分からない
呆然としているとイッヒッヒっと笑って、また来いと一言残した後
さっきより強い強い風が吹いて姿が見えなくなりました

347 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 03:08:15.92 ID:OOyvnxRN0
その後家に帰って御年90歳近くなる祖母に話を聞くと、ひいひいばあちゃんくらいの代に蚕を飼っていた(だから2階が吹き抜けでやたら広い)
と聞いて本当にびっくりしました。

あの人神様だったのかなぁと思い出して書きました。
神様だったとしても本殿、複数の祠、お稲荷さん、
誰だったのか検討がつかなくて少し困惑ですw
っていうかなんで私の前に現れたのか…

348 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 03:09:13.33 ID:OOyvnxRN0
結構こと細かく書いたけど、祀られている神様が神様だけに特定してしまったとしても
あまり大々的に書いて欲しくないなぁ…
心の中で、あ、あの神社か…で収めていて下さい…
あと特定されると嫌ので、まとめには載せないでくださいね。
乱文ごめんなさい、読んでくれてありがとう
レスしてみると意外に長くなってしましました…m(_ _)m

349 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 04:39:34.81 ID:2wlbO6x30
特定されるのが心配ならその箇所を多少変更するなり省くなりした方がいい

でも読みやすくてなかなか良かった

350 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 05:48:43.53 ID:wz3LMqzc0
>>348
風情が感じられて良かったです。
自分も総合スレという事で記念に昔の話を一つ投下します。
転載禁止じゃないとこれ系は濁るのでよいと思います。

1/5
24年くらい前の話になります。
私はその頃、ド田舎の小学校で暮らしていて、友達と遊ぶ内容といえば一緒に漫画を読んだりプラモデル・ミニ四駆を作る、ファミコン・スーファミをプレイといった当時の小学生にとってありきたりのものでした。
桃太郎電鉄や超魔界村、ロックマン等を皆で集まっては楽しんでいました。
夜は家族で集まって夕食。
夕食時はテレビはアニメにしてもらい、まんが日本昔ばなし、ドラゴンボールZ、CMはダスキンやはごろもフーズ(シャキッとコーン)、ロート子供ソフト(ドラゴンケースに入れてね!)等懐かしいものが流れており、野球がある時のみ野球優先だった記憶があります。
ゲームやアニメは子供にとって田舎におけるスペクタクルであり、それ以外は本当に昭和の古めかしい世界が広がっていました。
遊びも、もちろんゲーム以外のものもしばしば行われ、主に山の広場でのフットベース(通称フッド)や広大なエリアを対象とした宝探し・鬼ごっこなど、それらはそれらで非常に楽しく、盛り上がったものです。
それらの小学生の遊びの中で、やってはいけないと言われていたものが幾つかありました。

351 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 05:49:15.56 ID:wz3LMqzc0
2/5
一つは水門で遊ぶ事、もう一つは蓮池と呼ばれる半分沼になっている池で遊ぶ事(沈んだ子供が居る)、そして最後が隠れんぼでした。
隠れんぼなんてものはどこの子供もやるものだと思いますが、大人達はどうも隠れんぼで本当に子供が居なくなると思っており、脅し文句は『おじゃもんに袋に入れて連れて行かれる』『こーとり(子取り?)が来る』というものでした。
もしかすると昭和の中頃くらいまでは子供が攫われて売られるという事があったのかもしれませんが、平成に入ってすぐの事、流石にそんな心配も無かったと思います。
自分はその『おじゃもん』『こーとり』という名前に、黒ずくめの泥棒のようなものをイメージしていました。
大人が上の文句と共に明確に口にしていたのは『神隠し』という単語で、これは人攫いの事を言っていたのだと思いますが、一部の年寄りは消える方の神隠しの意味で言っていた節もあり、大人が居ない時に箪笥の中に隠れる等もキツく注意されました。
お仕置きで押入れに放り込まれる時の恐怖を高める役割もあったのだろうと今は思います。
さて、ある冬の日の事です。
その日は雲一つ無い青空で、冬になったばかりとはいえ暖かかった事を覚えています。
私は小学校が何かの記念日だったかで平日にも関わらず給食後に終わり、帰って一人で家に居ました。

352 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 05:49:45.42 ID:wz3LMqzc0
3/5
両親は仕事、祖父は役所勤め、祖母は書道を教えに行っており、一人で古い『母屋』と呼ばれている方の家でガラス戸を隔てた縁側の電気アンマ椅子で遊んでいました。
ふと庭の方を気にすると、小走りに進んでくるおばあさんの姿が目に入りました。
そのおばあさんは祖父母を呼ぶ事もなく母屋の引き戸を開けて中に入ってきたので、祖父母の姉妹か友達と思い、話しかけられるのもおっくうだったので居間に引っ込みました。
その頃は今以上に人見知りだったので。
私は居間の引き戸を指一本分開け、そこから客間を覗いていました。
そのおばあさんは客間の一人がけソファに座ると、前を見てじっとしていました。
出し抜けに『ひとりかー』と言いました。
私は、それが自分に向けられたものと最初気付きませんでした。
しかし、目も合わせていないし自分に言われたのでもない可能性があるので黙っていました。
利発な子ならここで戸を開け「隠れてすみません。祖母の知り合いですか?」などと言うものですが、内弁慶の悪ガキは黙ってそのまま客間を覗いていました。
『○○君はひとりかー』と続けて言われ、明確に自分に向けての言葉とわかり、その時初めてゾッとしました。
非常に小さい年寄りでしたが、自分よりは大きく、目は細く白髪は頭の上でお団子にしていました。
ああ、多分この人は祖母に自分の話を聞いていたのだろうと、そんな風に考えた時、
『じゃあ連れてこかー』
強めの声で一言。総毛立ちました。頭が真っ白になり血が濁る感覚です。

353 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 05:50:14.77 ID:wz3LMqzc0
4/5
その老婆がこっちを振り向くと、口を閉じ両端を引き上げて笑っており、目はまん丸に見開いていました。
私は非現実感の中で必死に後ずさると、水をかくような感覚のフワフワした足を必死に動かし、隣の部屋に逃げ込みました。
走り出してすぐに声がでるようになり、家族や近所に聞こえないかと大声で叫びながら逃げ回りました。
老婆は、「ヒャーッヒャッヒャッヒャッ」と笑いながら、全力で逃げる子供と同じくらいの速さでバタバタバタと追いかけてきました。
私は心が折れそうになり、出したばかりのこたつに入り込み、瞬間息を潜めました。
すると、老婆の足も止まり、物音がしなくなりました。
そのまま時間が経ち、感覚としては長い時間だったように思いますが、実際は10分だったのか1時間くらいだったのかわかりません。
もう大丈夫かと身じろぎした瞬間背中が冷たくなり、ずり寄って後ろを見ると口を開けた老婆の顔がこたつ布団に潜り込んできており「ここにおった!このまま布団に包んで連れてっちゃろかいな!」と声をあげました。
私が恐怖で完全に固まっていると、その時玄関で「帰ったよー。○○大人しにしとったかー」と祖母の声が聞こえました。
その瞬間老婆の顔が引きつり、すっとこたつから出ていきました。

354 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 05:50:54.36 ID:wz3LMqzc0
5/5
祖母がこたつをはぐりあげ「またこたつで遊っびょんか。しもてしまうぞ」と言うも、私の尋常でない反応を見て「どうしたんな」と聞いてきました。
私は泣きながらさっきの話をしましたが「悪さばっかりしょるからじゃ。大人しにせんとそのうち連れて行かれるぞ」などと言い放ち、私は泣きながら憤慨していた記憶があります。(ちなみに悪さをした時私を押入れに放り込むのがこの祖母でした。まだ存命です)
夜になり、大人にこの話題が行き渡ると、祖父が「そりゃおじゃもんじゃが!」となにやら焦り、父親は「そら恐ろし目におおたのうw危なかったのうw」と何やら楽しそうでした。
母親も祖母同様『悪ガキには報いが来る派』で更に小言を言われました。
自分の存在の軽さを思い知りましたが、ある意味でこの人達は、おじゃもんとやらを信じていないのでは、と思った覚えがあります。
勿論警察とかに連絡していた形跡は全くありませんでした。
アメリカの、子供にだけ見えるブギーマンというものと類似性を感じるのですが、唯一同意をしてくれた祖父に親近感を感じたエピソードでした。勿論今でもトラウマの怪奇体験です。以上で終わりです。

355 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 06:11:05.87 ID:ZfA1PMMO0
まともな改行をしてくれ

356 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 10:05:44.70 ID:m6anMKu+0


357 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 10:11:10.36 ID:ZfA1PMMO0
ああ、アフィリがいなくなれば
どんだけオカ板怖い話系が正常化するだろうか

358 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 10:35:23.15 ID:m6anMKu+0


359 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 11:13:45.18 ID:m6anMKu+0


360 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 12:34:16.71 ID:m6anMKu+0


361 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 12:52:15.45 ID:m6anMKu+0


362 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 13:13:52.68 ID:m6anMKu+0


363 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 13:34:26.57 ID:m6anMKu+0


364 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 14:22:56.46 ID:m6anMKu+0


365 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 14:36:33.63 ID:m6anMKu+0


366 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 15:09:50.93 ID:m6anMKu+0


367 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 15:43:04.48 ID:m6anMKu+0


368 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 16:27:25.62 ID:m6anMKu+0


369 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 18:46:27.35 ID:m6anMKu+0
y

370 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 19:43:56.96 ID:vLZPUBOP0
落ち着きを取り戻したので思いつく限りの事、ここに記そうと思う

ある気だるい早朝の事
「今日も雨か・・・」
私は窓越しに腰掛け、小雨がぱらつく街角を眺めていた
温かなラテの深みに酔いしれながら・・・

パラパラと降る雨粒のBGM
目を瞑り過去の思考を紡ぎ、気取った朝を演じる
私はどれほど脆いか
心に沁みるほど伝い伝わり
此処に属さない我思う
目まぐるしくも脳と宇宙が連結し
離れ離され永遠の死というものを実感させられる
現世の概念は淡い霧雨に消え失せる
私は不思議な感覚を憶えて・・・
気がつけば現世
砂のように流れ、消えゆく・・・
気がつけば現世

降りしきる雨音
思考を紡いだ事に少しの後悔と好奇心が芽生える
私はどれほど脆いか更に憶えたのであった
ぬるくなったラテに酔いしれながら・・・

371 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 20:16:03.27 ID:wFWCW6Tp0
そうなんですかー

372 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 20:16:51.37 ID:m6anMKu+0


373 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 22:15:07.59 ID:m6anMKu+0


374 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 22:57:07.25 ID:m6anMKu+0


375 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 23:13:36.94 ID:kWn1SrNb0


376 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 23:14:19.17 ID:kWn1SrNb0


377 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/12(金) 23:14:31.20 ID:kWn1SrNb0


378 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 00:10:13.34 ID:v63U9raN0
よらりひょんの孫ふいたw

379 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 00:28:48.30 ID:d8yJoFKQ0
この前体験した話。
マンションの3階に住んでるんだけど、どうせ誰も盗らないだろうと思ってベランダに干した下着が盗まれた。
初めての事で、うわって思ったけど、使い古しだったし、その日は風が強かったから飛ばされたかもと思い、あまり気にとめなかった。
翌々日、また盗まれました。風も無く、他の洗濯物に挟むようにして干していたので、確実に抜き取られたとわかった。
比較的最近購入した物でちょっと高い物だったので、ショックでした。
流石に3階のベランダまで登ってボクサーを盗む奴を想像すると気持ち悪い。
隣に住んでる同じ大学の先輩(同性)に、呑みがてら話してみようと思って、酒買って遊びに行ってみる事にした。
先輩は、酒に釣られたのかどうかわからないけど、この一連の出来事を聞いてくれて、最終的に、「部屋干しして戸締りを徹底」と一般的なアドバイスをくれた。
その後、大学や恋愛の雑談をしながら眠ってしまったらしく、次に目を開けた時には、全裸になってて、全裸の先輩にベッドで抱かれてました。
訳わからなくて、周りを見てみたら、枕の下から盗まれた下着がはみ出してました。
そこで記憶が途切れて、目覚めたら朝でした。ちゃんと服を着てたけど、どう見ても先輩の部屋でした。
先に起きてた先輩に昨夜の事を聞いたけど、何も覚えてないようでした。
とりあえず謝ってもらったけど、あまり釈然とせず、自分の部屋に帰った時に違和感を感じました。
その正体は、ポケットに突っ込まれた、盗まれたブラとボクサーショーツでした。

380 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 00:53:58.64 ID:HeyrY5D00
>>379
人が怖い系の話もスコ

381 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 01:04:15.34 ID:VMLmK+Ee0
>>378
ぬらりひょんの間違いみたいなつもりで書いたんだが本当にあったのかw
「よらりひょん」と「ねらりひょん」w

382 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 01:16:38.60 ID:3BLXa5FX0
夜中、目が覚める
雨も止まぬ暗闇の中、寝室全体が異質な空気感に包まれていた
寝起きにも関わらず極限まで研ぎ澄まされた感覚のなか
私は何者かが迫っていると悟る
どこか隠れようにも異様に闇が深い

キィィィィィ・・・

何の前触れもない扉の開閉音
戦慄した
見えざる怪のねちっこい音だけが私の恐怖心をそそる
壁伝いに何かを手で探っているようだ
ゆっくりと徐々に近づいてくる音と気配

383 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 01:26:35.21 ID:d8yJoFKQ0
この前、同じアパートの上階に住んでる、同い年ぐらいで同性の人と仲良くなって、その人の部屋で飲んでたわけよ。
そしたら、酔っ払ったその人が、髪型が可愛いとか、胸が堅そうで何やらとか言ってくるわけよ。
確かに、髪型に気を掛けたりしてたけど、可愛いと言われるのは初めてだったし、胸もそんなに自信は無かったから、正直ビックリ。
最初は酔ってるし、冗談かなって思ってたんだけど、匂いを嗅がせて欲しいとか言われた辺りから、身の危険を感じたんだよね。
お礼を言ってお暇しようとした瞬間、素早い動きで押し倒されちゃったんだ。
ほろ酔いで頭もパニック状態になって、どうすればいい分からないまま、服を捲られて脇の下の匂いを嗅がれて、キスされました。
あまりの事に声も出なくて、金縛りにでもなったみたいに体の自由が利かない。
「可愛い胸」って言葉が辛うじて聞き取れたと思うと、乳首を舐めたり吸ったりされ、その反対側は指でコロコロ転がしてる感覚が伝わってきました。
不覚にも、感じてしまい、条件反射のように下半身が熱くなるのを感じてました。
普段は出さないような高い声で喘いでいると、とうとうその時が来ました。
トロッとしたモノが腰の辺りにかかった後に、太くて硬いモノが体の中に入って来る感覚がしました。
ここで意識がなくなり、気がつくと、その人のベッドで寝ていました。
キッチンからは、包丁のリズミカルな音が聞こえてきます。
別にソッチ系に興味は無かったし、強烈な体験だったけど、案外悪く無いなと思う自分がいます。
その日の夜は、私が彼女を襲いました。

384 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 03:13:06.07 ID:LSXWiTl90
>>350
讃岐人乙、といっておこう

385 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 05:47:34.10 ID:FojyTdJO0
>>329
ワロタ

386 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 06:07:18.17 ID:RMi0JD5B0
>>385
なんで?

387 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 13:04:56.44 ID:hkegTzje0
アフィによる誘導は一気に荒れるね。

388 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 13:24:52.17 ID:5klZ8/RF0
何怖に転載されてるじゃんw

389 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 13:25:27.02 ID:E10cfRLk0
アフィリエイトが増えてきたタイミングで
文章への文句が増えてきた
連中がまとめとしての体裁の為に統一したがったから
ここはもともとそれぞれの書き方を尊重してたし
個性があっていいと思ってる
最低限気を使えばルールなんていらないのよ
わかるし
アフィリエイトやってる連中は、そういうみんなで楽しんでる空間に土足で上がってきて摘み食いして文句言うサイコパス
ゴミで、クズで、生きる価値がない

390 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 14:15:56.77 ID:5klZ8/RF0
お前もキチなのは伝わったww

391 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 14:47:38.71 ID:WgxeXjTN0
これは俺が修学旅行に行った時の話です。 
最終日の旅行の予定も終わりもう明日は帰宅。 

時は23:00。 
俺の部屋の中のみんなは起きていました。 
多分他の部屋のほとんどの人も起きていたでしょう(抜け出すことができなかったんで詳しくは知りません) 

部屋の友達と話しをしたりトランプをやったりして夢中になっていましたが、ふと時計をみると夜中の1時・・・ 
明日(今日)は6:30に起きなくてはならなかったのでみんなもう寝ようってことになりました。 
しかし今まで起きていたのですぐに寝れるはずがありません。 
案の定俺の部屋のやつらはみんな起きていました。 

A「寝れねー」 
B「そうだな。この際ずっと起きてるか?」 
俺「それはちょっと・・・あ、俺トイレいってくるわ。」 

そういって俺はトイレに・・・ 
泊まったところはたいそうボロ旅館でトイレは個々の部屋についていないのであった。 

392 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 14:49:03.39 ID:WgxeXjTN0
[トイレの中] 
夜中とトイレというシチュエーションに恐怖を感じないわけがありません。 
俺はさっさと用を足そうと放尿し始めたそのとき・・・ 
廊下からペタン ペタン という音が・・・。 
だれかが裸足でいるような感じです。しかしこの時間に誰がいるでしょうか。 
俺は恐怖でガクガクブルブルしていました。早く終らせなければ! 

と、そのとき。トイレの個室から「ウー ウー」といううめき声が・・・ 
まるで俺を呼んでいるようだ。ヤバイ。地獄に引きずる下ろされる。 
廊下からは相変わらず音がし、個室からはうめき声。。。。 
うわあぁ! もう駄目だ! 




と思ったら。 
廊下からAとBがひょっこり出現。 
話を聞くとやつらもトイレに行きたくなったようだ。 
そりゃ人間だしな・・・・・・・・とホッとするわけにはいかない。 
個室からはまだうめき声が聞こえているのだ。 

393 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 14:50:30.32 ID:WgxeXjTN0
外は風が強いらしく窓がガタンガタンといっている。 
しかもすぐ側に樹があるのでそれが影となって雰囲気を盛り上げていた。(下げていた?) 
俺は思い切って聞いてみた 
俺「おい・・・なんかうめき声聞こえないか?」 
A「いや。なんも聞こえないけど。どうせ窓の音かなんかだろ。」
Bは無視したようで答えようとしない。 
そういえばうめき声は確かに聞こえなくなっている。 

しかし 

ホッとしたのもつかの間。 
ボトンと大きな音が・・・! 
今度はみんなに聞こえたらしく、みんな顔が引きつっていた。 
相変わらず窓は風に煽られ音を立てている。

394 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 14:51:35.55 ID:WgxeXjTN0
そして・・・ 

みんなの緊張が・・・ 

最高に達したそのとき・・・ 


ガタン! ドタン! バタン! 

突然大きな音が!!! 
俺たち3人はいっせいに大声をあげた。 
幽霊だ! もう俺たちは地獄に引きずり込まれるんだ!! 



しかし、その音の正体は実に簡単なものだった。 


ウソコをしたと思われるデブ女がドアを開けて逃げていったのだ・・・ 


トイレに残ったのは俺たち3人と沈黙とウソコの臭い匂いだけだった。

395 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 15:07:45.59 ID:E10cfRLk0
何怖まとめとかいうのを徹底的に潰していいのは分かったわ

396 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 15:36:11.49 ID:v63U9raN0
>徹底的に潰していいのは分かったわ

で、キミに何ができるのかね?

397 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 15:45:38.46 ID:5klZ8/RF0
スレなのかまとめサイトなのかすら区別つかないくせに潰すって何すんの?www

398 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 15:57:56.54 ID:hkegTzje0
何が怖いって、ここのアフィが喋る寄生虫だって事だよ。

399 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 16:03:28.39 ID:92GfHQzD0
アフィに死を アラーハ・アクバル!!

400 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 17:08:26.03 ID:5klZ8/RF0
良いねえ、もっと荒れろ!

401 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 17:38:48.93 ID:MsZMn+td0
オカルトとかではないが、人間が一番怖いて感じの話

5年くらい前の話だけど、嫁と二人暮らししてた時朝からトラックが一台止まってた。
10時過ぎ位に隣に越してくる男性がわざわざ菓子折り持って訪ねてきた。
『おはようございます。この度隣に越してきました。金(仮名)と申します。引っ越しでいくらかご迷惑お掛けしますが、よろしくお願いします。』
びっくりするほど礼儀正しい普通の好青年(auの桃太郎役の俳優似)でびっくりした。
2ちゃんじゃ在日韓国人なんて常識ないとか、怖い輩ってあったし、俺も信じてたからびっくりした。こん時はネットの情報鵜呑みはいかんな〜とか思ってた。

何ヵ月かご近所付き合いしてて、仕事帰りに嫁と駅から帰るときに隣人も偶然出会して、俺らの家で晩飯含めて飲むことになった。
本当に普通の青年で仕事はドラッグストアで薬剤師でバイトをやってた(二駅隣のチェーンドラッグストアで働いてた。)

俺らも彼も年の近いことあって意気投合してて、1年くらいご近所付き合いがあった。
ただ、この金さんは人と喋る時以外表情がまったくなく、朝見掛ける時の無表情が怖い感じだった。
それでも挨拶をすれば、パッと表情が柔らかくなるので、癖なんだろうなって思ってた。

402 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 17:41:20.01 ID:MsZMn+td0
ごめん…ageちゃった…( ´・ω・`)
そして文才ないな…俺

403 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 17:49:48.18 ID:MsZMn+td0
よき隣人であり、友人になった金さんとはよく食事したり、のんだりと嫁も含めて良い関係になってた。
ただ、ドラッグストアのバイトなのに、ちょっと一週間の半分以上深夜に出掛けてる様子があったのが気掛かりだった。
ある時、俺は会社の同期とキャッチに引っ掛かり、キャバクラへ行った。
案の定、ボッタクリだった。
ビール一杯5000円その他色々ついて会計二人で30万以上
ウシジマくんに出てくるような黒服に囲まれ『払わなかったら、どうなるかわかっとんかい!』とお決まりの文句言われ、携帯も没収で警察も呼べない状況で今からコンビニで預金引き出しとキャッシングが決まった。

404 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 17:52:34.18 ID:MsZMn+td0
その時、店のドアが開き
『おい!お店の看板付けっぱなし、営業時間過ぎてるんだから、客も帰せよ。』聞き覚えのある声が聞こえた。
金さんだった。
『あれ?お隣さん!何してるんですか?もぅ、嫁さんいるのにキャバクラ遊びダメですよwwん?』
状況を一瞬で理解したらしい
俺は俺で、あ〜こういうお店、彼は在日、足し算でこいつ薬剤師じゃなくてヤクザじゃんってなり、涙目だった…
彼は続けて
金さん(以下金)『この人達で、何組目?』
黒服黙り混む
金『売上伝票おかしくない?これ、誰が始めたの?ってか、店長承知でやってんの?どういう事?』
表情がない顔で淡々と話しながら黒服の頭をガラス製の灰皿で殴り付けた。
『お前ら全員こうやって、売上伝票誤魔化して小遣い稼ぎしてたの?捕まったら、俺が終わるんだけど?わかってる?死にたいの?』
無表情で店長っぽい黒服の頭を灰皿が砕けるまで殴り続けてた。
着てたYシャツ血だらけにしながら金は近寄ってきて普段のにこやかな表情で
『お隣さん。すいません!スーツとか汚れてません?とりあえず、お連れ様とご帰宅してもらって結構なんで、後日お伺いします。』

ただただ、この場から帰りたくて、同期連れて逃げるように帰った。

405 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 18:03:23.16 ID:MsZMn+td0
何日かして、金は俺の家に高めの菓子折りと酒を持って訪ねてきた。
『この前、旦那さんとお酒飲んだ特に迷惑かけちゃってw奥さんすいません!』あの一件以降彼が怖くて仕方がなかった。
帰り際に『この前の件なんですが、くれぐれも他言なきように、お願いしますね。』笑いながら言っていたけど、目は笑ってなかった。
人は誰しも裏があるって言うけど、ここまで裏表が激しい人間は今までの人生で初めてだった。
俺も嫁も半年後に新居に越したから、もう会ってないが、今年も彼から年賀状が来てた。
見張られてるとは思わないけど、ちょっと気分が悪くなる。

在日韓国人は全員彼のように裏表激しい怖い輩というトラウマ植え付けられた。
人の頭を躊躇なく固いものでフルスイングなんて普通の人間じゃ出来ないし、俺は未だに外国人恐怖症(アジア人のみでなく外国人全員苦手特に日本語が流暢な外国人)

406 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 18:17:42.23 ID:mV9BcWDK0
そんな奴が薬売れんのか今は…
薬事法改悪の方が怖いって話だな

407 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 18:29:30.60 ID:DPObutDz0
でも、金さんのおかげで助かったやん

408 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 19:15:20.75 ID:5klZ8/RF0
ネトウヨシネヨ

409 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 19:20:40.59 ID:5klZ8/RF0
オカルトじゃない、韓国人差別、怖くない
35点

410 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 19:56:50.21 ID:h50jGmQn0
大丈夫何怖は元々から潰れてる
そこを経由して転載しようとするなら無論叩く

411 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 20:15:58.30 ID:gXmqx2jT0
吹上トンネル行ったことあるやつおる?
旧々は随分前に閉鎖されたみたいだけど
去年の夏に旧吹上トンネル行ったんだけどさ
中は結構明るくてあんまし怖くなかったね

でも、トンネルを出て戻りは新吹上を歩いて戻ったんだけどこっちで妙なことがあった
トンネルの中は反響音が結構あって一人がふざけてトンネル内でぴゃーとかきゃーとか叫んでたんだけど
トンネルの中間くらいになったら突然そいつが黙って普通にスタスタ早足で先へ歩くもんだから
なんかあったのかと聞いてみても「なにも」とか「別に」って言いながら真顔
さっきまでテンションの違いに
こいつはなんかあるなと仲間で空気察してそのまま黙ってトンネルを出た

車に乗り込むと開口一番
「っげー怖かった!」と吐露
話を聞くと変な叫び声を上げてると耳の真後ろあたりから「黙りなさい」だか「黙りんさい」と囁くような声がはっきりと聞こえたとか
男の声か女の声かは分からない
くぐもったような声だったと

新トンネルが心霊スポットとは聞いてなかったがあそこもなにか話あるの?
というか黙りんさいだと広島の方の方言だよね
曰くありそげだよねえ
工事でなくなった人とか

412 :本当にあった怖くない名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 20:29:46.49 ID:KFBtCzpZ0
>>411
岐阜の二股トンネルも似たようなこと聞いた気がする。
ヤバイのは旧トンネルのほうって言われてたけど閉鎖してしばらくしたら新トンネルのほうも結構ヤバイとか言われるようになってた。
霊も相手にされなくなると移動するんだろうか?

413 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 20:42:25.08 ID:5klZ8/RF0
すげーな。
20年前の時点でベタ過ぎて失笑されるような古典怪談をよく投稿できるなあ。13点

414 :本当にあった怖くない名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 20:49:15.17 ID:KFBtCzpZ0
「よくある人形の話」

また怖くない話を聞いてくだされ

高校の頃仲の良かった友達の家に祖母の子供の頃からある古いガラスケースに入った雛人形があったらしくて
けど、その家もう女の子いないから飾る予定が無かった(でも高価だから捨てれない)から使われていない部屋に埃被って置かれてたらしい
そいつもそいつの親も子供の頃からそれを見てて度々向きが変わってる、というか時計回りに規則正しくズレていってるのは知っていたらしい。
これぞ噂の呪いの人形・・・?!と考えるより使われていない、家の一番端の道路に面した部屋だったので車の振動とかで少しずつズレて見るたびに角度が違ってるんだと思ってたのだとか。

それで、丁度遊びに行った数日前に掃除ついでにガラスケースを開けてみたら、その人形、下の台座に接着剤で固定されてたらしい。斜めにズレた状態で固定されてて、
夏場なら熱で溶けて動くこともあるかもしれないが、年中通して動く説明が付かないのでそれに気づいた時点で慌てて処分したと言っていた。
捨てる前にちょっと見てみたかった・・・

それだけ。

415 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 21:30:05.02 ID:moygPlq/0
https://ftp.mozilla.org/pub/mobile/releases/

416 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 21:31:39.40 ID:HeyrY5D00
総合スレ憎しで荒らしても今この情勢では単にパートが進行してハクがつくだけって分かんないかな?
恨んで妬んで悲しい人だねあんたは

417 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 21:38:55.51 ID:moygPlq/0
15βにすれば個別に消せるよ

418 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/13(土) 22:09:16.99 ID:tXp+TRp60
吹上懐かしいなぁ
厨房の時に友達連れで明治の方の旧吹上何回か入ったよ

419 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 09:49:23.27 ID:06zkfToo0
5年前の夏、祖母の家で起こったこと。 
祖母は少々偏屈で父がいくらウチで一緒に暮そうと言っても聞かなかった。 
それも理由があってのことだったらしいと後からわかったのだが。 
その祖母なのだが、物が捨てられないタチで家には物があふれ、 
収納できるところにはそれらが詰め込まれていた――ただ一ヵ所を除いて。 
納戸にある押し入れの右下には絶対物を詰めないのだ。 
理由を聞いても教えてくれなかった。 
そんな祖母が5年前の夏、突然倒れてそのまま亡くなった。 
私達家族と叔母夫婦で葬儀のため家を片付けていたとき、 
叔母が例の押し入れの右下に物を詰めてしまった。 
その日の夜、私達家族だけが祖母の家に泊まった。 
深夜、弟が部屋を出て行くのを感じた。 
トイレだろうとまた眠ろうとすると弟が駆け戻ってきた。 
「1階の廊下に変なのがいる」 
「変なの?虫とか?」 
「違う。でもどうせこういうのって違う人が見に行くといないんだよ」 
弟のその言葉で幽霊の類いを見たのだと思った。

420 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 09:50:31.05 ID:06zkfToo0
私は弟と一緒に部屋を出て階段に向かった。 
弟が無言のまま私の腕を引いた。階段にいたのだ。髪の長い、着物を着たモノが。 
階段を這い上がろうとしているらしい。 
私の足が置いてあった台にあたってしまい、ガタッと音をたてた。 
階段にいた女が顔を上げ、長い髪の間から私達の方を見た。 
私は弟の手を掴んで部屋に走って戸を閉めた。 
「さっきのが廊下にいたの?」 
弟が頷く。私達は黙り込んでしばらく佇んでいた。 
廊下を這っている衣擦れの音がする。音は廊下を何度か往復し、やがて消えた。 
私と弟は黙ったまま朝まで眠れなかった。5時になってから私達は1階に降りた。 
そして納戸の押し入れの戸が開いているのを見つけたのだ。 
戸の内側には爪で引っ掻いたような痕が古いのから新しいのまであった。 
やはり押し入れの右下には物を詰めてはいけなかったのか。 
押し入れから物を出したことで私と弟は叱られたが、その理由を話す気にもなれなかった。 
押し入れの上部には古い御札が貼ってあった。

421 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 09:52:12.17 ID:06zkfToo0
式に来てくれた祖母の幼少期からの友人にそれとなく聞いてみると教えてくれた。 
祖母がまだ10代の頃、病弱で伏していた姉が押し入れで謎の死をとげたというのだ。 
なぜ祖母の姉が押し入れに入ったのかは知れない。 
押し入れの戸を爪で引っ掻いたのは発作か何かで苦しかったからなのだろうか。 
おそらくは、私と弟が見た女が祖母の姉なのだろう。 
式に来てくれたお坊さんには供養をしてもらった。 
今、祖母の家は近所の子ども達にオバケ屋敷と呼ばれているらしい。 
苦しげな呻き声が聞こえることがあるというのだ。 
祖母の家は近くに取り壊されることが決まっている。 
あの押し入れももちろん壊されるわけだが…。

422 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 13:54:02.05 ID:6ss91Br/0
今から23年前の実体験カキコしていいかな? 
何回かカキコする事になると思うから、適当にスルーして下され。 

「あれは忘れもしない・・・」と始まりたいところだが、実際のところ 
詳しい日にちまではすっかり忘れた。ただ暑い日だった事は覚えてる。 

その頃(23年前な)俺は宅急便の仕事をやめて、長距離専門の運送会社 
に入社したんだ。その会社は県内でも有名な程、運チャンに対して待遇の 
いい会社で有名だったし。高速は乗り放題だし。そんな会社に入社出来て 
「ラッキー」とか思ってた。与えられたトラックはちょい古かったけど。 

423 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 13:55:16.99 ID:6ss91Br/0
「入社して最初のうちは近距離の仕事を何本かしてもらうよ」との事。 
ある日N県に行ってくれと言われたんだよ。ここからが本題。 

N県に行く為にG県を走ってた。A市に入ると、右車線工事中の為片側 
交互通行。時間帯は比較的早かった気がする。多分23時30分くらい。 
結構長い距離の工事らしく、渋滞もそれなりにしてたんだ。俺はタバコ 
プカプカしながら渋滞にはまってた。 

そしたらこう言っちゃ失礼だが「加齢臭」が車内に漂ってきたんだ・・・ 
俺は「なんだぁ?もしかして俺?」なんて思いながらもまだ停車中。 
今度はいきなり耳が遠くなったんだ。すぐ前でしてるはずの工事の音も 
そんなに気にならないくらいに。 

トラックの運転席の後ろには寝台っていう簡易ベッドみたいなもんがあ 
るんだが、ホントに俺の真後ろの寝台からその臭いは漂ってきてた。 
しかも息遣いも聞こえる。俺はガクブルどころじゃなかったよ!しかも、 
どうやら「ソイツ」は俺の顔を覗こうとしてるらしい。左肩のほうから 
どんどん迫ってくるんだ。 

424 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 13:56:24.52 ID:6ss91Br/0
俺は「ソイツ」の顔を見たら終わっちまうかも知れないって思った。 
フロントガラスが鏡にならないように身を乗り出して、ガラスと俺のおでこ 
がぶつかるくらいの体勢で我慢してた。それでも「ソイツ」は迫ってくる。 
そんな時にやっと前の車が動き出したんだ。 

チョーきつい体勢のまま、ひたすら我慢した。周りから見たら、ものすごく 
変な奴に思われてたかもしれんが、その時の俺はそんな事考える余裕なんて 
まるで無し。ひたすらそのまま我慢してた。耳元に「ソイツ」がきた時、も 
うダメか・・・ってホントそう思った。 

「ソイツ」は耳元で間違いなく2回、ため息をついたよ・・・ 

渋滞を抜けて、やっとスピード出せる頃には隣のM町に入ってた。俺は無我 
夢中でそのキツイ体勢のままひたすら走り続けた。 

気がついたら「ソイツ」の気配は無くなってたよ。 

N県の現場に着いても興奮と恐怖で一睡も出来なかった。そのまま朝日を見 
て、生きてる事を実感してた。荷卸してた時も、「ソイツ」の事を言いたく 
てたまらなかったけど、「誰も信じてくれる訳ないやー」って考えてた。 

425 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 13:57:46.25 ID:6ss91Br/0
ただ荷卸が終わって、会社に戻るには来た道を戻らなければならない。でも 
俺はその道を通る事は絶対にしたくなかった。だから遠回りをしてT市経由 
で帰ったが、遠回りの為か、会社に着いたのは予定時間より3時間も過ぎて 
た。新人だった為か、みんな心配して待っててくれてた。ホント嬉しかった。 

常務からは「どっかで寝ちまったか?」なんて言われ、「えぇ、すみません」 
とだけ返事したよ。 

運転手控え室にも、この日俺の歓迎会を開くために沢山の先輩が集まってく 
れてた。みんなに「遅いぞ!」なって冷やかされてるうちに、なぜ遅くなっ 
たのか理由を言わなきゃいけない羽目になった。 
「いやぁ冗談じゃなくー、A市で恐怖体験しちゃいました!!」って言った 
瞬間、みんなの手が止まったんだ。みんな俺に大注目してるし。なんだろ? 
みたいな感じだったよ。 

426 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 13:59:19.27 ID:6ss91Br/0
俺はA市で「ソイツ」に会った事、「ソイツ」のおかげで遠回りして帰って 
くるのが遅くなった事を話したんだ。 

ある先輩が「ちなみにA市のどこら辺?」って聞いてきたから、忘れもしな 
い、ずぅぅぅぅっと止まってた交差点名と近くに○○電気があった事、全部 
話したんだ。みんな硬直してた。そのうちみんな目を合わせながら「どうし 
よう?」ってな感じで目で会話してたからさ、「すっごく気になるから教え 
て下さい!」って言った。教えてくれたよ。 

俺がこの会社に入れたのは、一人やめざるを得ない状況に陥ってしまった事。 
その状況とは、その交差点で死亡事故を起こしてしまったから。死亡させて 
しまった相手方は、老人の男性。 

「A市のどこら辺?」って聞いてきた先輩が、事故をおこしたトラックを引 
きとりに行った際、フロントガラスに多量の毛髪が挟まってた事。その後、 
そのトラックを修理して俺が乗っている事。全部教えてくれたよ・・・ 

427 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 14:01:00.96 ID:6ss91Br/0
俺は分かったんだ。「ソイツ」は老人男性で間違いないよ。その老人は、死 
亡の直接原因となった俺が乗っているトラックを、あの交差点でずっと待っ 
てたんだ。やっとそのトラックが来たからいざ乗ってみると、運転している 
のは全く別の男(おいら)だった為、悲しみのため息をついた事。 

やっぱり俺は顔を見られてたんだ・・・ 

先輩方大勢ついてきてもらい、常務にこの事を報告した。 
「そっか・・・・・分かった。」何日後か忘れたが、俺のトラックを目の前 
にして、神主が一生懸命変なの振り回してた。俺も一生懸命お願いした。 

それから二ヶ月くらい経って、その交差点を通ったけどなんも起きなかった。 

事故を起こした先輩(見たことないが)は、それ以来音信が取れないって。 
どこでなにしてんだかー。 

428 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 14:57:46.05 ID:tqqolA8k0


429 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 15:04:05.33 ID:R+jNWpNK0
ボーン、と柱時計が鳴る。
私はそれで目を覚ました。

ベッドから出て、頭の中で今日の予定を確認する。
今日は買い物に行くんだ。
新しい服を買わないと。それと、欲しいものがいくつかある。

430 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 15:10:12.29 ID:R+jNWpNK0
私は出掛ける支度を済ませて、家を出る。
朝食は・・・まぁ、特に食欲はない。空腹を感じたら何か適当に食べよう。

431 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 15:11:26.02 ID:R+jNWpNK0
休日の繁華街は、どこからこんなに集まってくるのか、大勢の人で賑わっており、
私は自分の気に入る服を求めて、お店を転々とする。
流行のタイプとか色とか、どこのお店でも同じようなことを言われるが、どうも興味が沸かない。
どうやら、今年の流行とやらは自分には合わないようだ。

432 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 15:18:51.25 ID:R+jNWpNK0
いくつかのお店をまわり、やっと満足のいく服を買えた私は、
荷物をコインロッカーにでも預けようと思い、近くの駅に向かった。
そしてその途中で、声を掛けられた。

433 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 15:23:02.25 ID:R+jNWpNK0
男「ねぇねぇ、どこ行くの?」
1人の男が私に話しかけてくる。それなりにモテそうな顔をしている、若い男だ。
私「えっと・・・荷物を預けようと、駅に・・・」
男「へぇ・・・」

434 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 15:24:21.58 ID:oYUrTvV40
屁?

435 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 15:28:45.51 ID:R+jNWpNK0
男は何気ない視線で、私の顔や身体を見てくる。
男「どこか遊びに行かない?俺さ、車なんだ。荷物預けなくて平気だよ」
どうやらお目にかなったらしい。

436 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 15:33:23.58 ID:R+jNWpNK0
車は・・・移動が楽だな。荷物を預けないで済むのもいい。
私は少し考える素振りを見せてから、了承した。

437 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 15:39:37.25 ID:R+jNWpNK0
よしよし・・・いきなり上玉をゲットすることができた。
助手席に乗せた女を見て、笑みがこぼれる。
大学生くらいだろう。中々の美人じゃないか。

438 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 15:41:12.71 ID:R+jNWpNK0
虫も殺さないようなお嬢様っぽい雰囲気を持っているが、こういうタイプは意外と簡単にいくものだ。
俺も自分の顔が良いことは知っているし、な。

439 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 15:41:31.74 ID:tqqolA8k0


440 :集られている IQ測定不能@転載は禁止:2016/02/14(日) 15:41:59.45 ID:HTAyy8Uj0
麻麻麻麻

麻麻麻麻

麻麻麻麻

麻麻麻麻

441 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 15:44:38.96 ID:R+jNWpNK0
さて、この子はどんな所が好きかな?と思っていると、ちょっと行きたい場所がある、と言う。
俺の知らない場所だったので、ナビに頼ることにした。

442 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 15:45:41.54 ID:R+jNWpNK0
運転中、ついつい横を見てしまう。本当に綺麗な、可愛い顔をしている・・・。
ひょっとして、一目惚れしてしまったかも知れない。
見れば見るほど魅力的に思えてきて、胸が詰まり、軽い眩暈すら覚える。

443 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 15:48:38.63 ID:R+jNWpNK0
はやる気持ちを抑えて、ハンドルを切る。
そして、とりとめのない話をしていて、ふと気付く。
俺としたことが、何故かまだ名前を聞いていない。少し焦っていたか?

444 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 15:50:10.67 ID:R+jNWpNK0
俺「あのさ、まだ名前聞いてなかったね。俺、キヨヒコ。キヨ、って呼ばれてる」
女「私、アイです」

445 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 15:54:30.10 ID:R+jNWpNK0
ニコリと笑って名前を教えてくれた。
可愛らしい笑顔だ。

446 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 16:09:31.18 ID:R+jNWpNK0
やがて目的地が近付く。
それほど遠くはなかったが、何と言うか・・・人気が少ない場所だ。
まぁ、いい。アイちゃんが行きたいというなら、どこでも良いさ。

447 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 16:35:47.86 ID:R+jNWpNK0
車は山道に入っていく。もう、すれ違う車すら無い。
ここまで来ると、彼女は1人では帰れないだろう。
それと、俺から逃げることもできないな、なんてことも考えてしまう。
今ここで何かしてしまおう・・・なんて思いは今のところないが、これだけ人気の無いところに来ると、良からぬことを考えてしまう。

448 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 16:58:58.91 ID:R+jNWpNK0
しばらく山道を進んだところで、彼女が「止まって」と言った。
何だろうと思いつつも、言われた通りに車を脇に寄せて止める。
アイ「そこの道なの。ここからは車じゃ入れないわ」

449 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 17:05:17.97 ID:R+jNWpNK0
彼女の指差す方向を見ると、そこには車では到底入れないであろう道が続いていた。
俺「えーっと・・・じゃあ、降りようか」
アイ「うん」

450 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 17:12:03.19 ID:tqqolA8k0
なにこのラノベwwwww
もっとやれwwww

451 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 17:14:03.59 ID:R+jNWpNK0
荷物は車に残したまま、俺たちはその道を歩き出した。
アイ「ごめんね、こんなところに付き合わせてしまって・・・」
俺「ん。あぁ・・・別に気にしないよ。ハイキング気分・・・さ・・・」

452 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 17:17:14.84 ID:oYUrTvV40
金嬉老

453 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 17:22:03.63 ID:R+jNWpNK0
一体どこに向かうつもりか分からないが、彼女はどんどん山道を進む。
俺はそれについていく。
なんだか頭の中がモヤモヤしてきて・・・考えがまとまらなくなってきた。
ただ、彼女の後姿に見とれて、それについていくだけだ。
君が行きたい所なら・・・どこでも、行くさ・・・

454 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 17:28:02.12 ID:tqqolA8k0


455 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 17:34:41.44 ID:9oI8xtmd0
>>422
伏字にしても群馬県安中市の一択しかない件

456 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 17:52:55.14 ID:R+jNWpNK0
そして目的地に着く。
廃墟・・・とまでは言わないが、古びた一軒家だ。
彼女が中に入っていくので、俺もそれに続く。

457 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 18:03:55.02 ID:tqqolA8k0
書き込み遅すぎだろ

458 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 18:07:23.18 ID:R+jNWpNK0
中に入ると、悪臭が鼻をつく。
俺「これ・・・何の臭い?何か、腐ったような・・・」
アイ「気のせいよ」
気のせい・・・あぁ、本当だ。気のせいだった。何も臭わなくなった。
アイ「奥の部屋なの」
彼女は奥の部屋へ向かう・・・当然、俺はついていく。

459 :集られている IQ測定不能@転載は禁止:2016/02/14(日) 18:08:20.21 ID:HTAyy8Uj0
絶対気づいてない。

変革が始まってることを

460 :集られている IQ測定不能@転載は禁止:2016/02/14(日) 18:09:01.56 ID:HTAyy8Uj0
襲撃のボスが

襲撃の

461 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 18:43:56.97 ID:R+jNWpNK0
そして奥の部屋に入る。そこには・・・
俺「う・・・げぇ・・・っ?」
頭を砕かれた、見るも無残な死体が転がっていた。

462 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 18:55:47.06 ID:R+jNWpNK0
俺「アイちゃん・・・、こ、これ・・・」
不意に吐き気が込み上げてくる。俺は口を押さえて部屋を出ようとする。
・・・が。

463 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 19:14:02.74 ID:R+jNWpNK0
アイ「人形よ」
人形?バカな。こんなリアルな人形が・・・俺は再びそれを見る。
・・・あぁ。本当だ。人形だ。なぁんだぁ。
アイ「それ、外に運んで」
人形を外に運ぶ、だな。よし。

464 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 19:50:35.07 ID:R+jNWpNK0
アイ「それと向こうの部屋にも3体あるから、それもよろしく。あ、引きずらないでね」
向こうにも3体。それも運ぶ。引きずらない。
アイ「あと、ここと向こうの部屋、床が汚れているから、その掃除もお願い」
床の汚れ。掃除をお願いされた。

465 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 19:53:54.65 ID:dGMiB0+m0
今日渋谷で発狂した山姥見た
これまじ

466 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 20:00:58.33 ID:R+jNWpNK0
アイ「ありがとう。助かるわ」
あぁ、なんて可愛らしい笑顔。
俺は幸せ者だ。望むことなら、なんでもしてあげたい・・・。

467 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 20:09:23.46 ID:R+jNWpNK0
彼女は外で、俺が運び終えた人形に何かをしているようだった。
少し気になったが、言われたことをキチンとやらなければ嫌われてしまうかも知れない。
それは考えるだけでも恐ろしいことだ。

468 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 20:37:38.35 ID:I3MU4R4s0
あ…ありのまま今起こったことを話すぜ
さっき車で運転してたら左前から白いヒラヒラしたもの(そのときはのぼりとか旗だと思った)が出てきて、
直後に左後輪でなんか踏んだ。
風強かったから旗でも倒れてそれ踏んだのかな?
と思ってそのまましばらく走ったけど、万が一人だったらと不安になって引き返した。
現場に向かいながら、最も可能性が高いのは左から白猫が飛び降りて、それを轢いたパターンだと思った。
自分で轢いた死骸見るのキツいなと思いながら
現場についたが、人はおろか動物の死骸も痕跡も踏んだと思われる物体もない
そして猫が登る塀のようなものもなかった。

何を言ってるかわからねぇと思うが
俺にも意味がわからねぇ…

469 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 20:42:33.68 ID:R+jNWpNK0
なかなか落ちない汚れもあったが、俺は必死で床を磨いた。
特に畳の部屋は汚れが酷くて苦労したが、何とか綺麗にできた。
なんて清々しい気分だろう。
俺は彼女の役に立ち、更にこんなに良い気分にもなれたのだ。彼女に感謝しなければいけない。

470 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 20:51:07.46 ID:4MQcOqv70
話自体は面白いと思うんだが書き込み遅すぎてダレる

471 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 20:56:40.56 ID:R+jNWpNK0
掃除が終わったので、外に出て彼女にその報告をする。
俺「掃除、終わったよ。あとは何をすれば良い?」
アイ「ありがとう。丁度こっちも終わったわ」
こっちも終わった・・・何をしていたのだろう。

472 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 21:07:16.21 ID:h22VXmN00
>>427
なかなか面白かった

473 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 21:31:59.55 ID:R+jNWpNK0
アイ「でもね・・・ちょっと困ったことがあるの」
困ったこと・・・大変だ。彼女が困っている。
俺「何?」
アイ「思っていたより、死体血が少ないのよね」
俺「・・・?」
アイ「あなた、くれない?」

474 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 21:40:30.29 ID:R+jNWpNK0
何のことだろう。よく分からない・・・。焦ってしまう。
俺「えぇ、と・・・どうすれば、いい・・・かな」
アイ「簡単よ。死んでくれればいいの」
死ねばいい、か。
・・・・・・
何だ。簡単なことじゃないか。よかった・・・。

475 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 21:47:32.95 ID:R+jNWpNK0
俺「分かった。任せてくれよ」
アイ「本当?嬉しい・・・」
そう言って、また笑顔を見せてくれる。
あぁ、この笑顔・・・このためなら、俺はなんでもできる。

476 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 22:08:01.77 ID:RoijfTqS0
絶対にB'Zのvampirewoman聴いてて思いついたネタだろ

477 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 22:09:24.31 ID:R+jNWpNK0
アイ「じゃあ・・・ね、特別に・・・」
彼女が俺に近寄ってくる。俺の胸は自然と高鳴る。
そして目の前までくると、俺の首にそっと両手を添えてきた。
アイ「私が、殺してあげるね?」
胸の鼓動が高まる。しなやかなその指が俺の首筋に・・・ゾクゾクする・・・俺はかつて無い程、興奮している・・・!

478 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 22:09:53.50 ID:R+jNWpNK0
実話ですよ

479 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 22:12:52.63 ID:+8vaFlWf0
>>478
ワロタ

480 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 22:14:20.77 ID:W4g2gsK+0
実話宣言いらんやろw

481 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 22:25:26.39 ID:R+jNWpNK0
彼女が徐々に首を絞めてくる。その手はとても暖かく・・・何とも言えず心地よい。
段々と締め付ける力が強まってくるにつれ、俺は夢見心地になる。
最高の気分だ・・・あぁ、俺はなんて、なんて・・・幸せなんだ・・・

やがて俺の鼓動が完全に止まるまで、彼女は首を絞め続けてくれた。

482 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 22:34:46.34 ID:FaFlUxHw0
不思議な体験した
オカルトとかぜんぜん信じなかったけど
信じざるをえなくなったマジ話聞いてください
短いけど

483 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 22:49:46.17 ID:R+jNWpNK0
男の体から血を抜き終わり、全ての処理を済ませると、
辺りはすっかり暗くなっていた。

484 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 22:53:45.89 ID:R+jNWpNK0
ほんの少しだが、やはり服が汚れてしまった。
私は男の車まで戻り、新しく買った服に着替える。
予定通りだ。
思い通りに事が運ぶと、気分が良い。

485 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 23:03:07.37 ID:R+jNWpNK0
今のところは全て順調だ。
ただ・・・。ただ1つ、あの女のこと以外は。

486 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 23:05:04.99 ID:R+jNWpNK0
私がせっかく育て上げた一軒家の悪霊。
そして、あの貴重な、珍しい症例で観察し甲斐のあったあの男・・・暁彦。
それらが全て消されてしまったのは、本当に惜しいことだ。
一軒家の方は仕方なかったとしても、暁彦には警告をしておくべきだったと悔やまれる。
あの愚かな男が耳を貸すとは思えなかったけど、その妹なら分かってくれたかも知れない・・・。

487 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 23:11:42.51 ID:R+jNWpNK0
・・・まぁ、いいか。
この世界には、他にも興味深いものがたくさんある。
自分の邪魔になりそうな人間が居ることは、よく分かっている。
しかし、それを思い通りに、手のひらで転がして遊ぶのは・・・
とても、とても楽しいだろう。

488 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 23:16:18.71 ID:+dsqoSey0
>>486
そこまで憎しみが生まれるほど人を想えるって羨ましい
だからおっぱい揉ませて

489 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/14(日) 23:40:28.72 ID:GS9WydeL0
>>482
是非とも頼んます

490 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 00:16:02.61 ID:E93Y6sbn0
書き込むの遅すぎ
26点

491 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 00:34:20.71 ID:f04VT00H0
実話宣言ワロタ

492 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 10:46:06.08 ID:E3XwIE3u0
これは実際俺が体験した話なんだけど
トイレに行ったらスリッパ履くじゃん
履いたらいつもと履き心地がちょっと違うんだよね
まあいいやと思って用をたし終わってスリッパ脱いだらさ
ゴキブリが潰れてたんだよね
あの時は怖かったよ
それ以来トイレのスリッパはつま先が見えるタイプにしている

493 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 11:17:20.11 ID:7mkYUCS80
オカルトか?

494 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 11:51:23.46 ID:ljTINZYK0
一度だけ洒落にならない体験をしたのだけど、誰も信じてくれないからここに書く。

ついでに目撃情報も求む。


学生だった頃、毎週末一人キャンプに興じてた時期があった。 

金曜日から日曜日にかけてどこかの野山に寝泊りする、というだけの面白みもくそもないキャンプ。 

友達のいない俺は、寂しさを広大な自然の中にまぎれこませていたのだった。 

それでまあ、その日は岐阜の方面に向かってたんだけど、

地図も持ってないもんだから、正確にはどこへ行ってたのかよく分からない。

とにかく野営によさげな山を見つけたので、そこで一泊することにした。 


ご飯食べて、ヤングジャンプ読んでたらもう夜中だ。

暇だなあとか思ってたら、急にテントのチャックを開けられた。 

え、なに。管理人?それとも通報された?とか、もうビックリして死ぬかと思ったけど、

立ってたのは普通の爺さん。 

中覗きこんで、「もし、旅かな?」と聞かれた。

返事できるような状態じゃなかったので、頭だけコクコクって返事したら、そのままどっか行った。

495 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 11:52:47.03 ID:ljTINZYK0
民家まで1kmはあるような山奥に、まさか人がいるとは思わなかったね。 

最初は幽霊かと思ったけど、どう見ても人間だった。

むしろ変質者かサイコ野郎か泥棒で、俺を狙ってるんじゃ・・と考えると寝るにも寝れない。

うわあぁどうしよう・・・って落ち込んでたら、またチャックが開いて、今度は中年のおっさん。 

そいつも、「もし、旅かな?」って聞いてくる。また頷いたらそのままどっかへ行った。 

からわれてるのかなんなのか分からないけど、もうダメだここは、離れよう。そう思った。 

けど、テントの外は月明かりも無いような暗黒世界で、おまけに変質者が二人もうろついてる。 

でた矢先に包丁でグサーとか怖いこと想像して、30分くらい悩んだあげく、でることにした。 

護身用にマグライトを装備して、恐る恐る外にでると誰もいない。

今のうちだと、猛スピードでテントの片付けを開始した。 


そしたら終わる頃になって、二人がまた近づいて来たんだよ。

俺が心臓バクバクさせてテント片付けてる横から、「帰るのかい?まだ夜なのに」って声かけてくる。

「ええ、まあ急用思い出しまして」と答えつつも、荷物をバイクにくくりつけて、

それじゃあとオッサン達のほうにライトを向けたら、光が何か変。途中で途切れてる。 

496 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 11:54:28.17 ID:ljTINZYK0
なんじゃこらあと後ろの方を良く見たら、

全長4mくらいありそうな黒衣が、屈んでオッサンと爺さんを動かしてる。 

あの顔の垂れみたいなのの奥に目を光らせながら、口モゴモゴさせて喋ってたんだ。 


短い命だったな・・・とか思ってる暇も無く、バイクに跨って逃げた。 

そのまま麓にある神社に転がり込んで、迷惑にならないだろうところにテントはって寝た。 


翌朝、なんか騒がしくて目が覚めたら、ちょうどチャックが開くところを見てしまって、

まさか追いかけてきたのかと絶望的な気分になったが、

神主が「ここにテント張るな」っと怒鳴ってただけだった。 

かくかくしかじかって訳なんですよ、と話すと、

「あーそれ、あそこの山の神様だから、どうにもできないよー。

 でも良かったね神様に会えて。僕は見たことないけど、たまに見たって言う人いるんだよねー」と。

なんかイラッとする口調だった。

害は無いらしいから、そのまま帰ってきた。 


害が無いとかそういう問題じゃない。

あんなもの野放しにされたらたまったもんじゃない。

497 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 12:32:55.69 ID:B47tXuLn0
友達のいない俺は、寂しさを広大な自然の中にまぎれこませていたのだった。

友達のいない俺は、広大な自然の中で寂しさを紛らわせていたのだった。

の方が文章としては正しいと思われ
寂しさをまぎれこませる、なんて表現は見た事も聞いた事もない

498 :本当にあった怖くない名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 12:37:05.38 ID:/h1ENyV90
>>496

同じ奴か分からないけどみたことあるぞソレ
恵那の山道で斜面に這いつくばってる黒い大男だけど、
何て言ったらロッククライミングしてるみたいな動き?右手と左足を伸ばして人の形してるけど蛇みたいな動きみたいな印象だった
あれが山の神様なのかーとか思ってた

運転中だったからしっかりは見てないけども

499 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 12:49:10.52 ID:E93Y6sbn0
しょうもな。これのどこが洒落になってないんだよ
14点

500 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 12:57:00.59 ID:7DHIERh/0
なんだこいつ?前から点数つけてるけどふざけんなよ
せっかくいい感じで育ってるスレ何だから邪魔すんなよまじで

501 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 13:00:57.70 ID:B47tXuLn0
>>ID:E93Y6sbn0
おまえが100点と思ったネタをコピペするなり創作なりしてみせろ
指針も論拠もないなら、おまえの評価、採点、感想なんぞ道に吐かれたジジイの痰ほどの価値もない

502 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 13:05:46.82 ID:uhmXOM+U0
点数荒らしに構うな
sageろ

>>496
ダイダラボッチ?

503 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 13:41:22.79 ID:cVdsBICy0
まあいいんじゃねえかな
何怖から流れてきた粘着荒らしだけど荒らしも勢いのうち
わざわざ差別化に協力ご苦労

504 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 13:47:50.76 ID:NeWQnuvs0
・絶対転載禁止(自ら投稿したものも転載不可)

505 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 14:01:28.36 ID:B47tXuLn0
>>504
そのルールが採点バカを増長させる大義名分になってるんだがなw

506 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 14:12:14.71 ID:NeWQnuvs0
>>505
アフィリがオカ板の怖い話系スレを破壊した元凶なんだけどな

507 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 14:13:48.62 ID:xa/Z0Xvx0
添削も要らないがな

508 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 14:31:51.68 ID:RiVRx9HF0
>>478
通報しますた

509 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 14:34:55.87 ID:RiVRx9HF0
>>499
別に洒落怖限定じゃないし
テンプレ読めや0点

510 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 15:17:37.38 ID:E93Y6sbn0
はああ?冒頭で洒落になってないって書いてあるだろ文盲

511 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 15:22:59.28 ID:E93Y6sbn0
>>505
こいつが一番たち悪い
人がいなくなったのはどう考えても批判厨のせいだろ

512 :本当にあった怖くない名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 15:24:32.60 ID:/h1ENyV90
>>504

本当に申し訳ねぇ・・・
次から気を付けるんで勘弁してくださあ

513 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 15:26:45.30 ID:E93Y6sbn0
つまらあん
5点だ

514 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 15:27:38.13 ID:7DHIERh/0
>>511
凄いな・・・お前が一番批判してるのにな。

515 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 15:29:35.39 ID:7DHIERh/0
というか、お前だろ?ずっと「あ」から一文字ずつレスしてる荒らしは。消えろよとっとと

516 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 15:37:36.32 ID:5iB6Cb2s0
マジレスすると採点君はガン無視しないとダメよ
このスレをこのまま伸ばしたいなら触った時点で負けと心得るべし
見つけたら即NG入れを徹底
それが出来なきゃここも他と同じように廃れて潰れる
俺もアレに触れるのはこれっきりになる

517 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 15:49:43.36 ID:E93Y6sbn0
採点の何がダメなんだ?
読む手間省けていいだろ

518 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 16:01:02.22 ID:E93Y6sbn0
そもそも総合スレって勝手に名乗ってる盧気にくわないし
、勝手に転載不可にしてんじゃねーよ
住人の許可とってからスレ立てるべきだろ

519 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 16:09:20.06 ID:E93Y6sbn0
>>516
笑わせんな。散々アフィガーアフィガーって洒落こわ荒らしまくったのお前らだろ
このスレがたってからアフィ連呼厨綺麗さっぱりいなくなったしな
荒らしはお前らだろ嫌儲厨なんだよ

520 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 16:18:55.61 ID:dicXY8bL0
なに急にあばれてんだw

521 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 16:24:06.52 ID:7DHIERh/0
荒らしはお前らだろ嫌儲厨なんだよ
荒らしはお前らだろ嫌儲厨なんだよ
荒らしはお前らだろ嫌儲厨なんだよ
荒らしはお前らだろ嫌儲厨なんだよ


日本語勉強しなおしてこいw 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


522 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 16:24:49.48 ID:7DHIERh/0
ん?↑の最後の行なにこれ?

523 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 16:27:42.64 ID:E3XwIE3u0
>>522
コピペとorNGワード入りの書き込みと判断されたら出てくる
1レスに2行以上同じ文章書くだけでもそう判定される
これが表示されるレスを規定数したら永久規制になる
その警告

524 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 16:31:50.51 ID:E93Y6sbn0
>>501
ほう、ここに転載するのは良いんだ?
散々転載不可、したら全力で潰すとか言いながら転載するのは良いんだ?
どんだけジャイアン何だよ
ホントげすだな

525 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 16:34:34.49 ID:7DHIERh/0
>>523
ああ、なるほどコピペ荒らし防止のためか。あぶねえあぶねえ・・・・バカの巻き添えくって一生アク禁になったら洒落にならんからな

526 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 16:51:17.58 ID:dicXY8bL0
>>524
いったい誰と戦ってんだw

527 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 17:12:40.27 ID:7mkYUCS80
>>526
疑心暗鬼という魔物さ・・・

528 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 17:15:14.15 ID:dicXY8bL0
>>527
そいつはしゃれにならんな

529 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 17:55:50.00 ID:E93Y6sbn0
いいから早く答えろや
他から転載すルのは良くて
ここから転載するのはダメなのか?

530 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 17:58:17.49 ID:E93Y6sbn0
>疑心暗鬼という魔物さ・・・

うわ、恥ずかしくないのかこいつ

531 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 18:12:35.15 ID:POdlkqxj0
空気を読まずに幼少期の不思議なお話をひとつ

私は当時3歳。母方の祖母の家に遊びに行ったときのこと
敷地内にあるお稲荷さんのお社を祖母が掃除するというので母と一緒についていった。
お社は普段扉が閉まっていたし、背の低い当時の私は下から見上げるだけだったので
初めて中が見れるとわくわくしていた。
祖母が扉を開け、母に抱えられた私が見たお社の中には白いお狐様が
ずらりと並んでいて子供ながらに「きつねさん。たくさんいてすごいね」と感動していた。

その後、父の転勤などがあり祖母の家に行くことがなくなっていたけれど
私が小学4年生になった頃、久しぶりに遊びに行くことになった。
お狐様に挨拶しようと一人お社を覗き込むと、そこには1対のお狐様だけ
びっくりして母と祖母に聞きに行くと、元々1対しか置いていなかったとのこと。
逆に3歳の私が「たくさんいる」と言ったのを聞いて驚いていたらしい。
ただ、子供には不思議なものが見れるのかもと思い私には黙っていたのだという。

大人になった今でもはっきり覚えている、ちょっと不思議な体験でした。

532 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 18:24:01.65 ID:NeWQnuvs0
アフィリは在日朝鮮人、在日中国人が多いだろ
「韓国の反応」とかはほとんどそうだ

533 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 18:30:23.62 ID:dicXY8bL0
>>531
すばらしい
狐様がいたずらしたんだろねきっと

534 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 18:48:50.54 ID:E93Y6sbn0
稲荷神社だから狐がいた?
ばかじゃん
26点

535 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 19:19:03.28 ID:B47tXuLn0
ヒャンヒャン吠える糞はNGぶっこみが一番だな
スレがスッキリしたw

536 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 19:19:25.84 ID:kbNjEDRH0
おおいさんってのが何者なのかわからんけど、俺の地元のコンビニバイトの間では 
かなり有名。 
おおいさんって名乗った客が着たら目を合わすなっていう先輩からの指示を受けて 
コンビニでバイトをしていた俺はそれを数日間は覚えていたものの忘れてしまってた。 
3ヶ月ぐらいたって結構慣れてきたときに後輩が入ってきた。 
後輩に仕事を教えて結構楽できるようになった。 

その後輩と二人で夜勤に入った日にバックで俺はタバコを吸いながら 
廃棄予定の弁当を食べてた。 
その時に防犯カメラの映像をみると3人の中学生ぐらいのガキが立ち読みしてるのみで 
後輩はレジの前で注意深くそいつらの動きを監視してた。万引きを防ぐ為に。 

俺も3つある切り替えボタンを操作しながら店内の様子を見てた。
すると後輩がいきなりレジの前で誰もいないのにペコペコしてる。
何をしてるのか不思議に思っているとバックに居る店員を呼ぶブザーを押した。 

瞬時に俺は「あ、万引きしたな。」と察してバックから出て行くと、レジの前におじさんが立っていた。 

537 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 19:20:31.31 ID:kbNjEDRH0
万引きの合図の後に来た客かな。と軽く考えつつ、「いらっしゃいませー」 
と大きな声で言うと、客がいきなり「こんにちはー、おおいさんです。」と言い出した。 
何言ってんだ?とは思うものの後輩が手招きをしてくる。 
近くまで行くと「おおいさん。出ましたね。店長が言ってた人ですよ。目をあわすなって。」 
と言われて急に思い出した。幸いおおいさんは俺が後輩に呼ばれるまで後ろを向いてたので 
顔は見なかったが、おおいさんは「えっとねー、マイルドセブンとー、あとー、このガムとー、から揚げ頂戴ー」 
と言って来た。 

レジ打ちを後輩がしてる間に俺はタバコを取って、から揚げをとって袋づめした。 
するとおおいさんは「あとねー、どっちかの命ちょーうだーい」と冗談で言って来た。 
こわ!と思いつつ「申し訳ございません、当店では取り扱っておりません。」と頭を下げて 
冗談を受け流すように言った。すると「あそこの3人のうちの一人でいいよー。いのちちょうーだーい。」 
と言い出した。厨房3人は聞こえてないのか雑誌を読みながらガヤガヤしてた。 

538 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 19:21:37.09 ID:kbNjEDRH0
俺と後輩はどうしていいのか分からずに、困ったなぁ。とお互いを見ながら 
「申し訳ございません、彼らは商品ではございませんので。」と言うと 
おおいさんは笑いながら 
「ははは、じゃぁ、全部もーらーおっと。」と言ってお金と変な針金細工を三つ置いていった。 

次の日、店長と俺より前に入ったパートのおばちゃんにその話をしたら、 
「なんてことを。おおいさん、何か置いてった?」というので預かり品としておいた 
針金細工を持ってきた。 
これはおおいさんが次来たら返しなさいということなのでそれをバックに持っていって 
分かりやすい位置に置いていた。 

それから次の夜勤の日。 
バックから涙目で後輩が出てきた。何事かと聞くと、針金細工がウネウネと動いているという。 
そんなバカな話あるかwと見に行くと3つともまるでミミズが這うかのように動いていた。 

539 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 19:22:44.06 ID:kbNjEDRH0
それは数日、しかも夜のみ動いた。他の夜勤の先輩達もそれを気持ち悪がった。 
数日後に一つのウネウネがピクピクと動きを弱めだした。 

その日、近くの交差点でバイクと車が衝突事故を起こし中学生が一人死亡した。 
ニュースにもなったのだが、車の運転手は暴走行為をしていたバイクの前に誰かが立ったので 
バイクが急ブレイキをかけてこちらに突っ込んできたと言っていた。 
次の日の夜、先輩と店長が夜勤の日、おおいさんがきた。 
それをきっかけに細工3つを返して、「もうしわけございませんが・・・・・・。」と説明し返した。 

その時の先輩の話では、おおいさんは少年の首を持って入ってきたらしい。 
店長もそれを見てびびっていたらしい。店長に言われてバックに針金細工を取りに行った先輩は 
カメラに移る少年の体のみをみたらしい。体はレジの前の下を何かを探すように撫でていたらしい。 
そして、カメラには店長以外には移ってなかったらしい。 

他のコンビニで働いてる友人や、2時までやってるレンタルビデオ店でバイトしてる友人も 
おおいさんの話を知っていた。 
どこのコンビニとかでもこういう話ってあるのかね 

540 :本当にあった怖くない名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 19:46:43.83 ID:/h1ENyV90
>>538

大抵、通称か何かある目を合わせちゃ駄目な人物とかは893関係だったりするけどそっちのほうがまだマシってのは嫌だなw

昔、バイトしてたとこでは「カトレアの花飾りが来た」って警告されてた

541 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 20:30:35.57 ID:rktsKGcJ0
>>539
かなり前にこの話みたなー

542 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 20:48:29.21 ID:E93Y6sbn0
しょうもな。ラノベばかりかよ

543 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 20:52:03.67 ID:7DHIERh/0
なあ、まじでお前何が楽しくて荒らしてるんだよ?
何が不満なんだ?友達いないだろお前、こんな惨めな人生送って哀れだと思わないのか?
母ちゃんがお前のやってること見たらどう思うのか考えないの?
人を苛つかせて楽しいか?なあ?

544 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 20:56:30.63 ID:uhmXOM+U0
荒らし ID:E93Y6sbn0 NG推奨
こいつに構い続ける人も荒らしです

545 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 21:02:08.57 ID:dicXY8bL0
うぜー
かまうから調子にのるんだっつの

546 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 21:10:11.44 ID:E93Y6sbn0
どこが荒らしなんだよ
こっちのまっとうな質問にはいっさい答えず一方的に荒らしというレッテル貼るだけ。まるで朝鮮人そのもの

547 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 21:17:42.01 ID:S7nmvcBJ0
中学生の時の修学旅行で、樹海で肝試しがあった。
道順にピンクのシャカシャカのロープ?が張られてて
それに沿って歩いて行くってだけの肝試し
途中に先生が待機してくれてるって言われてた
各班が5分ごとに出発して行った
自分の班の番がきて、言われた通り紐に沿って歩いた
ちなみに一番最後だった
幽霊とか見たことなくて全然怖くなくて
でも、同じ班の女の子はシクシクと泣いてて
それもまた不思議だった
最後だから、途中2待機してくれてる先生も合流して最後まで一緒に歩いた
森を歩いてると途中で広場のような開けた場所についた
いいさな畑だけがあって木が1本あるだけの開けた場所
そこを通り過ぎたらまた森
でもその畑の場所で先生がヒッ!って声あげて

548 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 21:23:31.30 ID:S7nmvcBJ0
固まった先生に大丈夫ですか?って触れた生徒がまたヒッ!ってけえ上げて固まった
他の生徒も早くゴールまで行こうって先生を引っ張って連れて行こうとしたら
その子もヒッ!って言った
みんな1本の木を見てたけど、特に何もなくて
普通の枯れかけた木だった
私が早く行こう!ってみんなの顔の前ではぃ!はぃ!はぃ!って手をバンバン鳴らしたら先生がはっ!として
急いで行こうって言い出してみんなでゴールまで行った。
みんな顔面蒼白だった
理由を聞いたら、木の上に上半身だけの女の子がいたらしい
しかも、先生は霊感が強くて
その先生に触れた人はみんな見えたみたい

549 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 21:27:38.08 ID:S7nmvcBJ0
そんなことがあったとは
私も先生に触れればよかった
しかし、霊感のある人に触れたら霊が見えるなんてあるんだろうか?
はぃ!はぃ!はぃ!って言いながら呑気にゴールまで欽ちゃん走りしてた自分が許せない

550 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 21:45:35.37 ID:E93Y6sbn0
とうとう他からのコピペ持ってきやがった。
何年も前のスレだとばれないと思ったのか
?

551 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 21:48:56.91 ID:1+hQle6i0
上半身だけの少女は、どんな表情でハイッハイッて言いながら金ちゃん走りしてる人を見てたんだろうか?

552 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 22:12:22.23 ID:S7nmvcBJ0
>>551
本当だよ
どう思ってたか知りたいよ

しかし、誤字だらけの投稿で申し訳ないです
スマホななれなくて・・・

553 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 23:34:13.32 ID:5prxjqcA0
SOHOで自宅が事務所なんで3人と入れないからちょくちょくレンタル会議室ってのを借りてる
古くなって借り手のいなくなったワンルームマンションの一室にテーブルと椅子、ホワイトボードを置いただけの簡単な部屋なんだけど
一時間で千円くらい
まあ便利なもんよ

ある時、重要な商談があって数人の来客が来るっていうんで会議室を借りたんだ
急だったんでいつもの場所は借りれず初めてのマンションの初めての部屋だった

とりあえずお客が来る前に会議室に出向いてお茶の用意やら資料の確認やら一人で先に行くんだけど
入った時から違和感があった
まさに空気が重い
まるで母親が待つ薄暗い説教部屋の前に立ったみたいに緊張感がある

電気をつけて中を見てびっくり
一番奥にホワイトボードがあったんだがそこに「ここはでる」ってデカデカと黒い字で書かれてた

基本的に管理人不在で案内もなく鍵も自分で開けるし帰る時も自分で締める必要があるくらい放置なんで
前の人の書き残した内容とかたまにはあったりするんだけど
今回のは次の人へのワザと書き残したとしか思えない

少し嫌な気がしたがどうしようもない
とにかくあまり時間がないのでホワイトボードを綺麗にし
椅子や机を整頓し、資料を確認していると
ジー・ジーってネジを巻くような蝉のかすれた鳴き声のような音がすることに気がついた

会議室には電化製品はほとんどない
電灯か今コンセントに繋いでるパソコン。
お茶道具のティファールはまだコンセントに繋いでない
はて、電灯でも切れかけてるのかな
見た感じ限界そうでもないから大丈夫か?

554 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/15(月) 23:34:44.82 ID:5prxjqcA0
まあ気にせずに資料を整理して、さてお茶の準備
と思った矢先、パタパタパタというスリッパの音が響く

いやここは鉄筋コンクリートで上で誰かがジャンプでもしない限りほぼ防音のはず
間違いなく室内から聞こえた音だと確信した

まずいかな、でも今から別の部屋を予約し直すなんて出来ない
お客が来れば些細な音なんて気にしなくなるだろうし
あと20分ほど我慢しようと思う
ティファールを沸かして持ち込んだポットに入れ茶の準備を終わらせると手持ちぶたさになる
のんびりとノートでニュースなど読みふけってると
声がした
「あのね」30代くらいの男の声だ
落ち着いて話しかけるようだった
続けざまに「俺の????」後ろは聞き取れなかった

これにはさすがに怖くなって
お客さんが来るまであと10分ほどだが
この部屋の中に居続けるのは無理だと判断して外に素早く退避廊下で待機してお客さんを外で出迎えた

さっきまでの現象には流石に肝が冷えていたが
人数も多いし大丈夫多分気のせいだったんだ
やれるもんならやってみろ!と意気込んで室内に再突入

この際、消したはずのない室内が暗闇だったのは正直どうでもいい、用意したはずの資料や整頓した椅子が散乱してたのもまあ気にしない

だが、ホワイトボードには驚愕した
綺麗にしたはずのそこには大きな字で

「ここはでる」
と赤く太い字で書かれていた

555 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 08:32:53.93 ID:UTRn8q0n0
カカカカカカカカカカ

薄暗い道を犬の散歩して歩いてると凄い勢いでハイヒールの音が響く
住宅地を駆け抜けるように周囲に反響してる

でもその時居たのは、田舎の公園の中
誰かが俺を怖がらせようとスピーカーから鳴らしてるのか?
そう思っても周囲も閑散してる
こんな小さなの公園誰かいればすぐに分かる

結局周りを探してみたもののなぜハイヒール音が反響したのかは謎
そしてその時うちの駄目犬に反応はなかった、、、

556 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 09:56:57.83 ID:ljq6Kn8i0
その時、木の陰から手に赤いハイヒールはめたオッサンが一人・・

557 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 10:12:01.50 ID:vunzsZXg0
こええよw

558 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 10:41:28.51 ID:IgQdRfQR0
【ドルイド信仰】 
ドルイドとは、ケルト人社会における祭司のこと。Daru-vid「オーク(ブナ科の植物)の賢者」の意味。 
ドルイドの宗教上の特徴の一つは、森や木々との関係である。ドルイドはヤドリギの巻きついたオークの木の下で儀式を執り行っていた。
柳の枝や干し草で作った編み細工の人形を作り、その中に生きたまま人間を閉じ込めて、火をつけて焼き殺し、 
その命を神に奉げるという、人身御供の祭儀も行っていた。 
刑罰の一種として、森林を違法に伐採した場合、樹木に負わせた傷と同じ傷を犯人に負わせて木に縛り付け、樹木が許してくれるまで磔にするという刑罰もあった。 


自分の叔父は、仕事柄、船で海外に行く事が多かった。詳しい事は言えないが、いわゆる技術士だ。 
1年の6〜7割は海外(特に北欧)で仕事をしている様な人で、日本に帰って来ている時は良く遊んでもらったものだ。 
今は既婚で、引退して悠々自適な生活を送っており、知識も豊富でバイタリティ溢れる快男児だ。 
以前も、2話程、叔父関連の話を書いているはずだ。その叔父に、こんな恐ろしい話を聞いた。 
当時叔父は30代で、彼女とマンションに同棲しており、幸せに暮らしていた。 
ひょんな事から、お隣さんと親しくなったらしい。お隣さんは年配の夫婦で、病気の子供が1人。 
旦那さんも仕事柄、海外に飛ぶ事が多いとの事だった。話題も合うと言う事で、叔父とは意気投合し、 
その奥さんも温厚で、夕食を呼んだり呼ばれたりする仲にまでなったそうだ。ある年の真冬。 
そのご夫婦と賑やかな食卓を共にしていると、そのご夫婦の別荘の話題になった。 
何でも、関東近郊の閑静な山奥に、別荘を1つ所有しているらしい。 
近くには小川もあり、魚等も釣れ、年に1度は家族で、病気の息子の療養がてら遊びに行くらしい。 
どうやら今年は仕事の関係で行けなくなったらしく、叔父達に、良かったら使ってくれても良い、との事だった。 
アウトドア好きな叔父は、喜んで使わせてもらう事になった。そんな叔父と趣味も合った彼女も賛同したらしい。 
そして、翌年の年明け、叔父は彼女と共に、その別荘へと向かった。

559 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 10:44:14.46 ID:IgQdRfQR0
あまり舗装されていない山道を、40分ほど登った場所にその別荘はあった。 
別荘を目にした途端、彼女の溜息が聞こえたそうだ。感動ではない方の。 
「ホント、掘っ立て小屋みたいな感じだよ。こっちは小洒落たロッジ的なモノを想像してたんだけどな。 
 あの夫婦の説明を聞く限り、誰でもそう思うと思うよ」 
叔父は苦笑しながら言った。とにかく、その「別荘」はお粗末なモノだったらしい。 
木造平屋で、狭い玄関。猫の額ほどのキッチン。古びた押入れに入った布団。暖炉がある広間がやや広い事だけは救いだったらしい。 
来てしまったモノは仕方がないので、なるべく自分達が楽しむ事にしたと言う。 
昼は川魚を釣ったり、近辺の林を散策し、野草を採ったり。それらは夕飯には天ぷらとして食卓に並び、それはそれで楽しい夕飯だったそうだ。 
「野草を採ってる時に、かろうじて遠くに別荘が見えるくらいの距離の、少しだけ森の深くに行ったんだが… 
 その時にちょっと気になるモノがあってな。ナラ(楢)の木があったんだよ。クヌギなんだけどな。 
 この森にクヌギの木ってちょっと浮いててな。周りは違う種類ばかりだし、明らかにそこだけ近年植林したんじゃないかなぁ。上にヤドリギも撒きついてたよ。 
 クヌギは10年も経てば、大きくなるからな。で、気味が悪いのが、そのクヌギに何か文字が彫ってあってな。 
 オガム文字って言ってな。古代のドルイド(上記参照)等が祭祀に使ってた文字なんだよ。 
 横線を基準と見て、その上下に刻んだ縦や斜めの直線1-5本ほどで構成されててな、パッと見文字には見えないんだが… 
 ま、何て書いてあるかまでは分からんが、不気味ではあるよな。日本だぜここは」 
叔父の様にオカルト方面に知識がある人から見たら、確かに不気味なのだろう。 
そんなこんなで、その日の就寝の時に事件は起こった。 

560 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 10:45:51.60 ID:IgQdRfQR0
叔父が窓や玄関の戸締りを確認しようとしていた時の事だった。 
「何で最初に気がつかなかったんだろうな。鍵がな、外側にもついてるんだよ。」 
つまり、窓の内鍵とは別に、窓の外側にも鍵がついているのだ。玄関の入り口の戸にも。 
「これはヤバイ、と思ったな。部屋の中に家具が異様に少ないのも実は気になってたんだよ。 生活に必要最小限のモノだけ…それも、全て木造で燃えやすく…パッと思い浮かんだのが、ウィッカーマンだな」 

映画にもなり、近年リメイクもされたのでご存知の人も多いと思うが、上記でも書いた様に、 
「柳の枝や干し草で作った編み細工の人形を作り、その中に生きたまま人間を閉じ込めて、火をつけて焼き殺し、神に捧げる」 
と言うおぞましい秘儀が、古代ドルイドの祭儀であるのだ。 
それを英語では「ウィッカーマン(wicker man)」、編み細工(wick)で出来た人型の構造物、と言うらしい。 
「彼女を不安がらせない様にその事や鍵の事も秘密にし、俺だけ起きてる事にしたよ。全部の内鍵開けてな。そしたら、夜中だよ」 
砂利を踏む音と、人の気配が別荘の外でした。すかさず窓を開ける。例のお隣の夫婦の旦那だった。 
「何をなさってるんですか?」 
叔父に急に見つかり、厳しい声を投げかけられた旦那は、驚愕の表情でしどろもどろだったと言う。 
「いや、その…大丈夫かなと…」 
「大丈夫じゃなないですよ。その缶は何です?灯油の缶じゃないんですか?」 
「い…いや…ストーブの灯油を切らしちゃいかんと思ってね…」 
「暖炉がありますよね?」 
「いや…まぁ」 

561 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 10:49:19.60 ID:IgQdRfQR0
叔父は、外鍵の事を厳しく追及した。
旦那が弁解するには、この別荘も人から譲り受けたモノで、外鍵はその当時からついていたらしい。
「信じるわけないわな。そんな気味の悪い家で誰が泊まりたがる?」
叔父はまったく旦那の言う事は信用しなかった。外の騒ぎで、寝ていた彼女も置きだし、不安そうな顔を覗かせていた。 
「○○さん(旦那)…あんた、ドルイドの何かやってるんじゃないでしょうね」 
「は…? 何ですかそれは」 
「とぼけたって良いんですよ?裏の森のクヌギ。良い薪になりそうだなぁ」 
「な…何を言うんですか!!」 
「あんた、俺らをウィッカーマンにして、捧げようとしたんじゃないのかっ!!」 
「…」 
本当の事を言わないのなら、クヌギを切り倒す、と脅した叔父に対し、旦那は全てを話し始めた。 

562 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 10:50:29.36 ID:IgQdRfQR0
前にも述べた通り、この夫婦には重い病気の息子がいる。治療法は、病の進行を遅らせる、強い副作用のある方法しかない。 
あらゆる方法を試したが、病は一向に癒える気配は無かった。そんな藁にも縋る思いも極まった時の事。 
15年前、仕事先で訪れたウェールズのある村で、ドルイドの呪術師に出会ったと言う。 
そのドルイドの呪力が篭ったオークの木の苗を、大枚叩いて旦那は買い、日本へ持ち帰った。 
そのドルイドから授けられた秘術は、毎月6日に、白い衣装を見に付けオークの木に登り、 
ドルイドから譲り受けた(これも大枚叩いて買ったらしい)鎌でオークに寄生しているヤドリギの枝を切り取り、 
「生贄」をオークの木に捧げる、と言うものらしい。その祭儀の見返りの願いは言うまでも無く、息子の病を治す事、だ。 
「確かに、その日は1月6日だったなぁ…」 
「生贄って…」 
俺は恐る恐る叔父に聞いた。 
「最初は、小動物とかだったらしいよ。ハムスターとか、野良猫とか、犬とかな。クヌギの木の根元に埋めて。 
 心なしか、大きな動物になればなる程、息子の病が(良くなっている様な気がした)らしい。 
 まぁ、そのドルイドに1杯食わされたんだろうけどな。でも病気の子供を持つ、悲しい親の愛とは言えども、 
 あんまりじゃないか?俺らを焼き殺そうとするなんて」 
叔父は笑いながら言った。それから、懇々とその旦那を説き伏せたらしい。 

563 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 10:52:58.84 ID:IgQdRfQR0
人を呪わば穴二つ。そんな事をしても、何も良い事はない。オカルト方面に詳しい叔父だけに、 
様々な知識も動員して、旦那を説き伏せた。 
「50にもなろうかと言うオッサンが、声上げて泣いてたなぁ。まぁ、俺らも殺されそうにはなったとは言え、 
 その旦那の気持ちも分からんでもないからなぁ。同情心もあって。彼女も少しもらい泣きしてたかな。 
 旦那も、クヌギも別荘も処分する事を約束してくれてな。明日にでも、特にクヌギの処分は俺ら同伴で」 
「じゃあ、この件は、警察沙汰にもならずに一件落着、と」 
「ところがなぁ。あのオークは(本物)だったんだなぁ」 

何とか旦那を説き伏せて、暖かいコーヒーを飲みながら、3人が落ち着いてきたその時。 
旦那の携帯が鳴った。奥さんの声が否が応でも聞こえてきたと言う。ヒステリックな金切り声だ。 
明らかに「殺したの?捧げたの?やったの?」と傍の叔父にも聞こえて来たと言う。 
あんなに温厚に見えた奥さんの方が、実はこの件では主導権を握っていたのだ、と思いゾッとしたと言う。 
奥さんは東京のマンションから電話をしているらしい。 
旦那は、ある程度は言い返してはいたが、奥さんの凄い剣幕に終始押され気味だったと言う。 
たまりかねて叔父が電話を変わり、物凄い口論となった。それは、一時は殺されそうになり、 
まだ片方が殺意を剥き出しにしているのだから、激しい感情のぶつかり合いになるのは至極当然だろう。 
叔父の彼女も、先ほどの涙とはうって代わり、叔父に負けじと口論に加わったと言う。 

564 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 10:54:38.52 ID:IgQdRfQR0
「こりゃ将来尻に敷かれるなぁ、と思ったね、その時は」 
叔父は苦笑しながら言った。確かに今は尻に敷かれている様だ。 
やがて、叔父がたまりかねて、警察、裁判沙汰、をちらつかせる様になると、やっと奥さんも大人しくなり、しぶしぶ旦那の話も聞くようになってきたと言う。 
一応、いざこざの一段落はついた。流石にその日は深夜になっていたので、その別荘で休む事になった。 
「一応さ、話はついたけど、まさか眠るわけには行かないよな。あんな事されそ うになって」 
暖炉の広間で、叔父と彼女が身を寄せ合って座り、離れた場所に、旦那が申し訳なさそうに座っていた。 
「明日、旦那の知り合いの業者に手伝ってもらい、クヌギの木は切り倒す事を約束してもらったからさ、それを見届けるまではな」 
3人ともその日は寝ずに、朝を迎える予定だった。夜もさらに深まった午前3時頃だったと言う。 

「ザッ ザッ ザッ」 
と、森の奥から何かが近づいてくる音が聞こえた。野生の動物か、野犬か。 
コックリコックリと船を漕いでいた叔父も、その音に目が覚めた。 
「明らかに人間に近い足音と気づいた途端、ゾッとしたね」 
最初は奥さんが来た、と思ったらしいが、あの電話を終えてからこんな短時間でここまで来れるわけがない。 
いや、あの電話は実は近くからかけていたとしたら…もしくは、他に仲間がいたとしたら…? 
叔父は寒さなどお構い無しに、全ての窓や戸を開け、アウトドア用のナイフを手に、臨戦態勢で息を殺していた。 

「ザッ ザッ ザッ」と言う音は一向に止む事はなく、明らかにこの小屋に向かっている。 

565 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 10:58:34.94 ID:xbyRBIqj0
ボボ・ブラジルのジャンピング・ココバット

566 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 11:35:56.52 ID:IgQdRfQR0
「それから10分後くらいかな。もうな、普通にこの小屋を訪ねて来るように、玄関の戸に立ったんだよ。足音の主が」 
「○○?(妻の名前)」 
と旦那が叫んだ。が、すぐ、驚愕から恐怖の悲鳴に変わった。 
「奥さんの様で、奥さんじゃないんだよ。顔は、ほとんど同じなんだな。だが生気が無いと言うか。 
 で、この真冬に素ッ裸だぜ? でな、最初は旦那は(妻の様なモノ)の裸に驚いて声を上げたと思ったんだよ。 
 違うんだよな。肌の質感も色も、木、そのものなんだよ。で、もっと怖かったのは、 
 左右の手足が逆についてるんだよ。分かるか? それが玄関に上がって来ようとしてな、 
 右足と左足が逆なもんだから、動きがおかしいんだよ。上がり口に何度もつっかえたりして。それが何よりおそろしくてなぁ」 
確かに想像するだけでもイヤな造形だ。 

567 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 11:37:01.55 ID:IgQdRfQR0
「彼女は絶叫してたな。旦那も。明らかに、妻じゃないって確信したと思う。 
 でもな、一応人間の形はしてるんだからさ。刺せないぜぇ?なかなかそんなモノを。 
 やっぱ、人間の心ってリミッターあるからさ。もし人間だったらどうしよう、とか思うよ」 
それは確かに分かるような気がする。 
「でな、その(妻の様なモノ)がとうとう小屋の中に入ってきて、何か言うんだよ。 
 それも、何言ってるか分からなくてな。カブトムシの羽音みたいな音を喉から出して。 
 で、左右逆の足でヨタヨタしながら、俺の方に向かって来るわけだ。しかし、俺も真面目なもんだよなぁ。 
 それでも最後に一応、○○さんですかっ!?って聞いたよ。さっきのリミッターの話な。 
 それでも、ソイツは虫の羽音の様な耳障りな音を喉から発して、これまた左右逆の両腕を伸ばし、 
 俺の首を絞めてきたもんだから、思いっきりソイツの腹を前蹴りで蹴ったよ。 
 すると、腹がボロボロ崩れて、樹液みたいな液を撒き散らし、腹に空洞が出来てやんの。 
 それで決心出来たんだよな。あぁ、これは人間じゃないから、ヤッちゃって良いんだ、ってな」 
と、豪快に笑いながら叔父は言った。こういう時の度胸を決めた叔父は、本当に頼もしく見える。 
不気味な声を発しながら、ソイツは起き上がって来たらしい。叔父は、ナイフをソイツの脳天に1発、 
もう1度蹴り倒したら、空洞の腹を貫通し、胴体が千切れたらしい。彼女と旦那の絶叫が一段と激しくなったと言う。 

「で、腹の中から異臭のする泥やら、ムカデやら色んな虫がワラワラ出てきてさ。 
 もう部屋中パニックだったな。床に倒れたソイツの人型も段々ボロボロと崩壊していって、床には泥と虫だけが残ったね。 
 気持ち悪くて、ほとんど暖炉に放り込んだな。突立てたナイフがいつの間にか消えてたのが気になったけどな」 

568 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 11:53:10.55 ID:IgQdRfQR0
その凄惨な格闘が終わり、全ての残骸を暖炉に投げ込んだ後、すぐさま旦那に妻へと電話をさせたらしい。妻はすぐに出た。 
「妻は死んでいた!とかやはりそういうのは心配するだろ、形が形だけに。元気だったけどな。まぁキョトンとしてたな。 
 流石に今起きた事は言わなかったけどな。後で旦那が話したかどうかは知らないが… 
 でも、流石に全て終わった後に恐怖が襲って来たね。手足とか震えて来てな。彼女はずっと泣いてたな。 
 で、1番怖かったのは、彼女が暫くして変な事言い始めたんだよな。何でアレに○○さんですか?と問いかけたのか、と。 
 変な事聞くなぁ、と思ったね。顔ははどう見てもあの奥さんなんだから」 
「で、どういう事だったのかな?」 
俺が聞くと、叔父は気味が悪そうにこう言った。 
「よく、自分の形をしたモノの頭にナイフなんて突き立てられたね、って彼女はこう言ったんだよ。 
 つまり、彼女にはあの化け物が、俺の姿に見えてたんだよな」 
叔父が想像する所は、次の様な事らしい。古代ドルイドの秘儀で、オークの木に邪悪な生命が宿った。 
それに、あの妻の怨念も乗り移り、生贄が止まった事に見兼ねて、自ら実体化して現れた、と。 
そして、見る対象者によっては、あの化け物が様々な姿形に見えるのではないか、と。 

569 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 11:55:15.30 ID:IgQdRfQR0
「翌日、日が真上に昇るまでまって、あの木を見に行ったよ。 
 木の表面が、2cm程陥没してて、1m60cmくらいの人型になってたな。そして、頭部らしき箇所に俺のナイフが突き立ってたな」 
やがて、夕方になり旦那の知り合いの業者がやってきて、クヌギを木を切り始めたと言う。 
「最初にチェーンソーが入るときと、木が倒れる時。完全に聴こえたんだよ。女の絶叫がね。俺と彼女と旦那だけ聴こえた様子だったな。 
 で、切り株と根っこまで根こそぎトラックに積んでたんだが、小動物の骨が出るわ出るわ。 
 業者も帰りたがってたな。さっきの人型と良い、そりゃ気味悪いよな。まぁ、人骨が出なかっただけマシかぁ?」 
後日、隣の夫婦がそれなりの品物を持って謝罪に訪れたと言う。 
「受け取ってすぐ捨てたけどなぁ。やっぱり、色々勘ぐってしまうよな」 
そして、すぐ夫婦は引っ越し、叔父たちもその後すぐにマンションを引き払ったらしい。暫くして、叔父は彼女とは一時別れてしまったそうだ。 
「そんな事もあったねぇ」 
紅茶を飲みながら、叔母が懐かしそうに言った。 
「そうだな…あぁ、そう言えば…」 
叔父が庭の木を見つめて呟いた。 
「ウチにもオーク、ナラのカシワの木があったな。縁起物だから、新築の時植えたんだがな。 
 まぁ、アレだな。モノは使い様と言うか…人間の心次第と言う事かな。 
 それがプラスかマイナスかで。有り様が変わってくるからな」 
そして、叔父の話は終わった。今度来るときは、カシワの葉で包んだ柏餅をご馳走してもらい事を約束し、 
その日は叔父夫婦の家を後にした。 

(終)

570 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 15:16:22.25 ID:1+l6RlDg0
叔父シリーズじゃねーか

571 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 15:23:48.69 ID:NMxKATat0
俺がコンビニでバイトを始めたばかりの頃、いつも0時を回ってから来る女の客があった。格好と化粧から想像するにキャバクラ嬢。買う物は弁当とビールを1本。
コンビニって弁当を渡すときに一緒に箸を渡すだろ?最初は俺も当然のように、キャバ嬢の袋に割り箸を入れた。
そうしたら彼女、わざわざ、「家に帰って食べるから要りません」って断るわけ。
エコなキャバ嬢だったねw 服の面積も最小限だったしwww

572 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 15:37:51.46 ID:NMxKATat0
ある日、少し早い時間に彼女が現れた。レジにいたのは沙耶ちゃんだった。俺は商品の棚に張り付きながら、沙耶ちゃんが箸を断られるだろう様子を観察していた。
沙耶ちゃんは箸を入れた。なぜか2膳。キャバ嬢は断らないんだ。そのまま店を出て行く。
俺はキャバ嬢の後を目で追った。彼女は駐車場の車の助手席に乗り込んだ。

573 :た集られている IQ測定不能@転載は禁止:2016/02/16(火) 15:42:53.35 ID:Kmhf2w7E0
関西の朝鮮麻薬組織が

広島に根付いて 創価学会も

広島を潰して 産業を乗っ取ることも

企んだ なりすまし佐々木一族を糾弾

574 :た集られている IQ測定不能@転載は禁止:2016/02/16(火) 15:43:56.42 ID:Kmhf2w7E0
創価学会なら楽しかったのに

佐々木一族が創価学会を

大阪と乗っ取るための
計画だっただけ。
麻薬組織佐々木一族

575 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 15:46:05.82 ID:NMxKATat0
俺 「ああ、今日はデートかあ(笑)」
沙耶「そうらしいですね」
俺 「箸2膳とは気を利かせたね」
沙耶「あの人がそうしてほしかったみたいなので」

576 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 15:53:00.24 ID:NMxKATat0
そのときは沙耶ちゃんの神経の細かさに感心しただけだった。でも、今考えると妙だったんだよな。
沙耶ちゃんは「彼女が普段1人で来ること」も「箸にこだわっていること」も知らなかったはずなんだから。

577 :た集られている IQ測定不能@転載は禁止:2016/02/16(火) 15:53:59.34 ID:Kmhf2w7E0
相手が創価なら

創価の中心をすべて破壊すれば済むのに。

相手が革マルなら 全部企業を潰さないといけない。

578 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 15:58:00.60 ID:NMxKATat0
長い余談で悪い。ここからが本題。
グランドでの一件があってから、俺と沙耶ちゃん、それに事情を話した梶も含めて、俺たちはよく会話するようになった。
沙耶ちゃんが無口だったのは、見える自分と見えない俺たちとの感覚の食い違いが怖かったからだ。

579 :た集られている IQ測定不能@転載は禁止:2016/02/16(火) 15:59:12.84 ID:Kmhf2w7E0
創価学会が相手なら面白かったのに。

嘘振りまいてるの佐々木ババアだからな隣の。

佐々木は毒ガスマルクスだから

二度目だろう。

580 :た集られている IQ測定不能@転載は禁止:2016/02/16(火) 15:59:59.61 ID:Kmhf2w7E0
佐々木一族と仲間たち

お小遣いで人権侵害

ミニマム ナチス

581 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 16:01:27.13 ID:Kmhf2w7E0
オール佐々木。

雪華は拒否する。 なぜなら佐々木革マルに
利用されて人生を滅茶滅茶にされたから

そう隣のババアの 大嘘から。

582 :た集られている IQ測定不能@転載は禁止:2016/02/16(火) 16:02:59.45 ID:Kmhf2w7E0
小林、佐々木、 西田、 西原、
佐藤、 隣は小和田??
園遊会なんて いったことねえだろうに

すなわち。 佐々木の親戚が隣

革マルの モロ 人権革命に利用された。

583 :た集られている IQ測定不能@転載は禁止:2016/02/16(火) 16:03:52.00 ID:Kmhf2w7E0
清掃屋は どこでも入ってるからな。

交代だな契約。倒産するから。

584 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 16:08:44.27 ID:NMxKATat0
夜中のコンビニは、たまに緊急の用を足しに来るヤツがいる。香典袋と黒い靴下なんてその典型。
そういう客が来ると、俺たちは沙耶ちゃんに「亡くなったの誰だと思う?」って霊感試しみたいなことをやった。悪趣味だったなあw
沙耶ちゃんは笑って答えなかったけどね。

585 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 16:20:42.29 ID:NMxKATat0
でも1回だけ、「わからない」ってはっきり答えたことがあったんだよ。
30代中盤ぐらいの男だったかな。顔はもう忘れた。黒靴下と黒いネクタイを買って行った客。
レジで対応しているときから沙耶ちゃんの様子はなんとなくおかしかった。落ち着きがないっていうか、客と視線を合わせようとしない。俺から見たら普通の客だったんだが。

586 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 16:28:17.51 ID:NMxKATat0
沙耶ちゃんの困惑した様子に、俺と梶は俄然興味を惹かれちまった。
梶が客をそっと追っかけて、俺は沙耶ちゃんと留守番。
「お葬式に行くのに、あんなに何にも感じてない人って初めて。。。」と沙耶ちゃん。

587 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 16:33:53.61 ID:NMxKATat0
梶は30分ぐらいして戻ってきた。

梶 「やばいわ、あれ」
俺 「何?変質的なん?」
梶 「つか。。。香典泥棒じゃ。。。」
俺 「マジ?なんで?」
梶 「途中で靴下履き替えてネクタイして、その先で通夜やってた家に入ろうとした」

588 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 17:50:59.20 ID:KgF+hbY60
書き込んでもいいのかな?
何回か不思議な体験してるので、そのうちの一つを。

高校の時にできた友達には霊感があるらしい。私は半信半疑でいたんだけど、日常的にあそこにいるよ、とかそんなことは言わないので別に気にしてなかった。
その子は蜘蛛が大嫌いだった。理由は小さいころに、母親が大きな蜘蛛を掃除機でゴボッと吸い込んだのを見てからトラウマらしい。
そんなある日の深夜、私は自分の顔の左半分に大きな蜘蛛が落ちてくる夢を見て飛び起きた。
本当にびっくりして、うわ!っと声に出してしまったし暫く心臓がドクドクして変な汗もかいていた。
落ち着いた頃、蜘蛛が大嫌いなあのこの子とが妙に気にかかって仕方なかった。メールでも送ろうかと思ったけどもう深夜の2時だし迷惑になるから止めようと思ってまた寝たその次の日。
学校に行ったらその友達が、

「深夜の2時頃に顔の左半分がない男の霊が現れてちょっと困っていた」

と言い出す。
時間帯と、顔の左半。夢に見た蜘蛛はその子が大嫌いなものだし。
気にしすぎかな?と思って背筋寒くなりながらもそうなんだとしか言えなかった。

ただの偶然だろうけどちょっと不思議だと思ったよ。

589 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 17:55:09.33 ID:NMxKATat0
すでに出入りの絶えていた喪中の家は玄関を開け放してあったらしい。あの客は、少しためらったあと、門をくぐって玄関先に立った。

俺 「で、どうしたのよ?」
梶 「もちろん臨戦態勢でしょw お客さん落し物ですよって声かけてやった」
俺 「おまえ、すげーなw」
梶 「ww 飛び上がって驚いてたよ。そのまま逃がしちゃったけど」
俺 「お手柄体育大生の称号を逃したなあ」

590 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 17:58:12.50 ID:1+l6RlDg0
まとめて書き込めや

591 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 17:58:46.49 ID:NMxKATat0
梶を持ち上げまくりながら、俺は沙耶ちゃんを横目で観察してた。沙耶ちゃんは梶に憧憬のような視線を送りながら話に聞き入ってた。
。。。ちょっとだけムカついたねww

592 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 18:21:44.48 ID:NP6aGSf60
ナチョ

593 :本当にあった怖くない名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 19:00:31.77 ID:ckrjA/d50
>>588

霊だと思ってるけど実は霊じゃなくて超能力系だったとか?

594 :本当にあった怖くない名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 19:21:55.88 ID:ckrjA/d50
自分の怖くない話は多分これで打ち止め。
元々ビビリだから心霊スポットとか行った事無くてね・・・

「変わった絵」

多分、小学校1、2年くらいの頃だったと思う。
昔はまだ祖母の家に父方の親戚一同が正月に集まってたから年の近い(と言っても高学年くらいだが)親戚の子らとも顔を合わせていた。
そんな頃、祖母の家のダイニングに一枚の絵が飾ってあった。モナリザみたいな感じの赤茶けた服を着た女性のバストアップの肖像画のように見えたが、ぼやけてくすんだよく分からない絵になっていた。
気になっていたところ、かわりに従姉が「ばあちゃんアレ何の絵?」と聞いてくれた。
ばあちゃん曰く、「何かの風景画やったと思うけどよう分からんくなってまったなぁ」とのことで人物画じゃなかったらしい。
自然とそういう絵に変わっていったらしく特段気にしていなかったが、親戚の誰に聞いても人に見えるということで気味が悪いので翌日には外されていた。

まだその頃には怪談の概念が自分には無かったのでそれ程怖いとは思わなかったが不思議な話。
もしかしたら上の絵が剥げて下に別の絵があっただけかもしれない。

595 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 19:50:18.56 ID:NMxKATat0
ただな。。。。
ああいう霊感の強い人間っていうのは、やっぱり何かで苦労してるんだな。
話が終わったあと、沙耶ちゃんが梶に言ったんだ。「ありがとう。いつもは、わかってもどうすることもできないから、こんなふうに役立ててくれて嬉しい」って。
見えりゃ気にするわな。沙耶ちゃんのせいじゃないんだけどさ。

596 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 19:57:04.22 ID:tJ6ZUsEB0
>>593

その子が何らかの念をとばしていたってこと?

597 :本当にあった怖くない名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 20:13:39.44 ID:ckrjA/d50
>>596

何か蜘蛛を通して>>588を見てるようにも思えるから遠隔視覚みたいなのを幽霊と見間違えてそうだなぁと思って
本人が気づいてないだけで

598 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 20:22:02.03 ID:NMxKATat0
ただな。。。。
ああいう霊感の強い人間っていうのは、やっぱり何かで苦労してるんだな。
話が終わったあと、沙耶ちゃんが梶に言ったんだ。「ありがとう。いつもは、わかってもどうすることもできないから、こんなふうに役立ててくれて嬉しい」って。
見えりゃ気にするわな。沙耶ちゃんのせいじゃないんだけどさ。

599 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 20:22:21.78 ID:tJ6ZUsEB0
>>597

なるほど考えたことなかった、ありがとう

600 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 20:45:11.61 ID:NMxKATat0
後になって聞いた話だけど、霊感って都合のいいときだけ出し入れできるものじゃないんだって。沙耶ちゃんにとっては霊体までひっくるめて「個人」だったみたいだ。
祖父さんが守護霊でついてる孫娘は男っぽく見えるし、軍人の家系は本人がどんなに物腰が柔らかくても高圧的に感じるらしい。
背後の霊に好かれたから、本人とはそれほど気が合わなくても、人間関係が上手く行くこともあったようだ。

そんなわけのわからない世界の中で、沙耶ちゃんが良識を保っていられたのは、彼女の人格がものすごく高次元のものだったからだと俺は思ってる。

601 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 20:46:15.03 ID:fhOvNqly0
>>594
油絵ですか?それとも水彩?
こういう不思議な話好きです。

602 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 20:50:43.29 ID:1+l6RlDg0
>>553

まるでドラマみたいなオチで爆笑w
創作はいらん、けーれ
14点

603 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 20:53:09.52 ID:1+l6RlDg0
>>558
コピペ論外
マイナス133点

604 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 20:56:09.43 ID:1+l6RlDg0
>>571
完全にラノベ
3点

605 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 20:58:41.75 ID:1+l6RlDg0
>>594
タイトルつけてる時点でくそ
11点

606 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 21:00:42.79 ID:NMxKATat0
箪笥にばあさんが畳まれて入っていた。かなり昔に読んだB級オカルトだが、意外に長いこと印象に残っている。
幽霊というのはどんな形をして出てくるのだろう。グロテスクな死体やありえない不気味な姿をしているのだろうか。
それなら、沙耶ちゃんのような人間は神経が参ってしまわないのか。

607 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 21:15:32.63 ID:gIb7v5650
幽霊

608 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 21:21:10.40 ID:NMxKATat0
「ふつーですよ」 バックヤードの暗い照明でもわかるほど明るい笑顔で、沙耶ちゃんは答えた。「気持ちの悪い霊は見ないようにしていますから」
「へ?ってことは、見ないですむこともできるわけ?」と俺。 ちょっと前に彼女は、自力で霊能力を出したり引っ込めたりはできないと言っていたはずだ。
「んー。。。。」 思案顔の沙耶ちゃんは、でも非常に的確な説明をしてくれた。

609 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 21:22:47.42 ID:1+l6RlDg0
また続けるのかよこのかす

610 :本当にあった怖くない名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 21:23:06.19 ID:+FWwTiFt0
>>601

小さい頃なんで覚えてないですが、多分油絵ではなかったと思います

611 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 21:23:38.96 ID:NMxKATat0
例えば様子のおかしい人間がいるとする。そんなとき、他人は目を逸らせるだろ。
沙耶ちゃんの場合、やばそうな空気を感じると、うつむいて周囲を見ないようにするんだそうだ。もしくは反対の方向に目を向けるか。
直接見てしまわない限りは、頭の中にイメージが浮かんでこようが、声を聞こうが、それほど怖くはないらしい。
霊に負けてる霊能者ってのが沙耶ちゃんらしくてちょっと笑えた。

612 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 22:13:21.61 ID:NMxKATat0
そんな沙耶ちゃんが不意打ちを食らったことがあった。彼女が小学生のときのこと。
登下校の道の途中に豪邸があったそうだ。同級生の家で、父親は医者。ある夏の日、沙耶ちゃんは日の暮れかけた時間に1人でその家の前を通ったんだ。
学校は集団下校を推奨していたが、人付き合いの苦手だった彼女は、あえて遅くまで学校に残ることが多かったらしい。
鮮やかな夕焼けが逢魔の闇を隠していた。「明るかったから気が緩んでたの」と、今の沙耶ちゃんが説明する。

613 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 22:17:42.73 ID:y2Tgw6/O0
ある場所で(※危険すぎて書けない)
「何だこれは?」
って言って
御札を剥がしたら
ぼうこんが沢山出てきて
再びつけ直したが
近くにいた友人や
野良犬を含めて
俺以外全員呪われた

何故自分が助かったかというと
最強の霊避け玉を持ってたからである

614 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 22:18:56.57 ID:NMxKATat0
前方から1台の外国車が走ってきた。ハンドルは国産仕様にしてあるらしく、右側の運転席に実年の男が乗っている。授業参観などで何度も見たことのある、豪邸の主の父親だった。
そして助手席には子ども。。。。とも言えない、色あせた何かが乗っていた。

615 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 22:28:32.31 ID:LOcjw50q0
毎日NGIDに放り込むの面倒なので次スレからワッチョイ導入して欲しいんだけど、どうでしょうか

616 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 22:33:03.66 ID:NMxKATat0
車が近づき、沙耶ちゃんの真横をかすめた。助手席の物体が目の前に来た。
白に近いほど色の抜けたデニムのショートパンツ。元は黄色と黒だっただろう汚れた横じまのTシャツ。ひょろっと背の高い、4年生ぐらいの少年。
助手席に膝立ちになり、頭を天井につけていた。
正確に言えば。。。。首が骨ごと折れ曲がり、天井からヒモで吊り下げられていた。

617 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 22:38:18.64 ID:NMxKATat0
車は沙耶ちゃんから離れると不自然に蛇行した。そしてすぐに豪邸のブロック塀に突っ込んだ。
沙耶ちゃんは、一連の光景をよく把握できないまま、車に駆け寄った。
運転席の父親はフロントガラスに頭を打ってグッタリとしていた。
助手席の少年は、折れた首をブルンブルンと振ってヒモの呪縛から逃れようとしていた。

618 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 22:49:01.50 ID:nmeOwO+00
俺の小学校には、授業の3時間目ぐらいに、校門に現れる通称「あきちん」という 
黒い帽子にジャージを来た謎のおっさんがいて、ソイツは必ずその時間になると、 
校門で踊っているんだ。しかも毎回同じ踊りで、毎回同じ場所。 
手を上下に振りながら首をめちゃくちゃ振ってる。先生達も知っていたが最初小学校に入ったときは 
皆で楽しんで見ていたんだが、そのうち慣れて、皆も気にしなくなってきた頃。 

俺は皆となわとびで遊んでいた。当時はリズムなわとびと言って、ラジオで 
なわとびを飛んでさらに上級を目指すというのが流行っていたんだ。
そんで肝心のなわとびを学校に忘れた。土日だったので、先生は一人しかおらず、 
先生と教室に入って、なわとびを取る際、外をみたら、何故か校庭にあきちんがいた。 
いつもの校門では無く。 

そしたら、あきちんと目があってしまった。初めて顔を見た瞬間身震いした。 
何故なら、顔が真横になっているからである。 
その瞬間あきちんが思いっきり走って俺達がいる校舎に向かって来た 
が、考えると、先生が俺を校舎に入れたとき、校舎の玄関の鍵 
は空けた状態だった。 
小学生だった為、腰を抜かした俺は先生にすがりついた。 
先生もびっくりしたらしく、すぐさま近くにあったデカイ先生用の1M定規を持って 
廊下を出て、階段を下りた。すると、バタバタと階段を上ってくる足音が聞こえた。 
「隠れていろ・・・」と言われたので、壁際に急いで隠れた。 

619 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 22:50:19.30 ID:nmeOwO+00
あきちんを待つ先生の姿はヒーローそのものだった。 
「○○! 俺が良いっていうまで、そこから動くんじゃねぇぞ!」と、言われ、 
先生の神々しさにドキドキしていた。足音もバタバタしなくなって数分経ったが何も気配が無い。 
階段を覗くと先生も、バタバタする足音も無かった。 
と、その瞬間「○○、もう出てきて良いぞ」と聞こえた。 
しかし先生の声では無い。急に期待から一気に恐怖に変わった。 
数分間その場で恐怖で震えていたが、今すぐここを出たいという気持ちと、 
あの声の恐怖が入り混じった。ついに決心した俺は階段まで一気に走った。 
すると、廊下からバタバタ足音が追いかけてきた。 
もう怖くて怖くてとにかく走った。もう無我夢中で。 
玄関を出てすぐ校門まで走ると、もう足音はうしろから聞こえてこなかった。 
ぐしょぐしょに泣きながら校舎を見ると、俺の覗いた教室から先生とあきちんが 
顔を出していた。後日、その先生は職員室にいた。 
それ以来もう先生と話すことも出来ず、顔も会わせるのが嫌だった。
先生はその事件いらい一週間で教師をやめてどこか行ってしまった。
あきちんもそれ以来見ていない。 
もうあの事を思い出したくない。色々謎が多すぎる 
またあのあきちんの顔を思い出すと背筋が凍る。こっちに来るような気がして・・・ 

以上です。 
ちなみにその小学校はまだあると思うが良く分からない。 
あきちんを知っている人もいると思う。 

620 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 23:02:41.05 ID:NMxKATat0
「事故のショックで泣いてたことにされちゃったけど」
野次馬が集まってきたとき、沙耶ちゃんは車のバンパー付近で悲鳴をあげながら泣いていたそうだ。
「そりゃ。。。可哀相だったなあ」
現場を想像して同情すると、沙耶ちゃんはまた、バックヤードの暗い照明でもわかるほど明るい笑顔を見せた。

621 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 23:05:50.31 ID:1+l6RlDg0
>>618
言葉通りの子供だまし
学校の怪談とか酷すぎだろ
8点

622 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 23:13:10.17 ID:UTRn8q0n0
すっかり総合スレの住人じゃないか
よきかなよきかな

623 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/16(火) 23:23:42.56 ID:1+l6RlDg0
認めてくれたか。ついでに余所からの転載について答えてくれや
ここから転載するのはダメなのによそからの転載はokってどういうことだよ?

624 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 00:00:39.26 ID:P7u3s7hr0
これは私が体験した真の体験です。
学生時代に彼女(元モデル(爆)とふたりで歩いていました。
すると前方から、なんと形容すればいいやら、
例えるなら暗黒の騎士とでも言おう存在が突進してきました。
私は無我夢中で彼女を突き飛ばし、
「斬るなら俺を斬れ!!!俺の命で済むなら・・・安い物ッ!!」と
無意識の内に叫んでいたそうです(彼女・談)
すると私の身体から光のモヤみたいなものが飛び出し、
うーん、これも形容しづらいんですけど、
白き翼をたたえた騎士、とでもいうような形に成りました。
白の騎士は暗黒の騎士を光りの剣のようなもので断ち切り、私に向き直り
「真の勇気、しかと見届けた」と呟き、消えさりました。

5年経った今でも、はっきりと覚えています。
あれは私の守護精霊のようなモノだったのでしょうか?

625 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 01:26:02.22 ID:CzlLcUJH0
>>623
テンプレに荒らしに反応するのも荒らしと言われてるが、まあお前が納得するなら説明しておこうかな

まず、アフィのせいで怖い板全般が荒れ放題なのは承知してもらえるよな?まさかそんなことは無いとは言わせない
旧来の書き手は投稿せず、まとめサイトからの流入民だけで不作の限り
他スレはどこも板違いや駄作コピペにまみれてる

お前が「このスレは転載禁止」なのを理解してるのは把握してる
かと言ってなぜこのスレが「他スレからの転載禁止」と思ったのか
そんなこたあどこにも書いちゃいない
そもそもがお前の勘違いなんだよ

もしろ総合統合スレと銘打つからには逆に他のスレの転載だけで成り立ってもいいはず
統合とはそういう意味でもあるんじゃないか?スレ主がその意図があったかは不明だがねw

「絶対転載禁止」という名目を打ち出してこのスレは立った。多分スレ主にはそれを遂行する意図あるんだろう
少なくとも転載しゃあなしの古くからのスレよりはまだマトモ。俺や旧来からの書き手はそれを見極めて見たいという意志がある
果たして転載された場合にどんな仕打ちをしてくれるのか「絶対転載禁止」の下にこれだけ書き手が集まった
ある意味このスレは試金石

もし駄目ならこのスレは廃れてまた元の木阿弥に戻るだけかもしれない
でも、まだ分からんだろ?お前も勘ぐって怪しんでるだけでいまだ結論を導き出せない。もしくは、自分より先を越したスレ主が気に食わないだけなんじゃないか?そんなの心の狭い人間がすることだよ

試してみる価値はあると思うんだ
お前がアフィでないなら無駄に荒らさずに試してみればいいと思う
このスレは結局失敗に終わるかもしれない
だが、オカ板復興の次なる手を打つための第一歩になることは間違いない

少なくとも現状荒らしてもスレが伸びてパートスレが産まれるだけ
状況を打破するのにはあまりに稚拙
やるなら他のスレを盛り上げる施策をするべき

626 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 01:29:08.63 ID:CzlLcUJH0
少なくとも統合スレ
何でもござれのスレで
お前の点数付けはほとんどが的外れ
むしろ投稿者を喜ばせてることにそろそろ気づくべき

627 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 02:23:17.28 ID:XJkCiakf0
ID:1+l6RlDg0が100点満点のクッソいい話書いてくれるらしいよ
人の話に点数付けといて自分は何もありましぇーんwはありえないよな?w
期待

628 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 02:24:53.58 ID:CvZ37tAS0
そもそも俺は余所からの転載は禁止だとは一言も言ってねーよ文盲
余所からの転載があったとき、その事を指摘されても誰も何も言わなかった
このスレからの転載は禁止で、転載されたら潰すとまで宣言してるくせに、余所からの転載は知らん顔って、それってどうなんだって何度も聞いてるんだよ

629 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 02:39:44.81 ID:CvZ37tAS0
あと、アフィのせいで荒れてる云々言ってるがそれってお前らがアフィに過剰反応してるだけだろ
アフィが出てくる前から批判厨という輩が批判しまくって書き手が減っていたことも知らないのか
もう10年近く荒れまくってるんだよ
新参は黙っとけ。
というか洒落怖でやたらアフィリ目の敵にして荒らしてたのお前かよ。
自分はアフィリ連呼して空気悪くしておいて人を荒らし扱いかよ

630 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 05:17:31.74 ID:3Vw6Tow50
↑ これは哲学ニュースかな 恐怖体験かな

631 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 07:24:58.84 ID:CzlLcUJH0
いや荒らしでしょ
自覚あるくせに

632 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 07:41:58.94 ID:4MQTqlxg0
なにしろここの>1はキチガイだよ

633 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 07:50:27.02 ID:3Vw6Tow50
どんでもよす

634 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 07:52:23.83 ID:CzlLcUJH0
それと事あるごとに10年って言うけど
アフィが問題視されてるのは10年以上前から

https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=まとめサイト&offset=&limit=500&action=history

初版ですでに著作権の問題について書かれてる

635 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 08:03:38.17 ID:JWDQPVEI0
親友と遊びに行った静岡の浜辺で変な人見かけた

大きめの車で乗り付けて作業着にマスクにサングラスの異様な出で立ち
大きめの釣り箱を手に持って岩場に

最初は岩の上で釣りでもしてるんだろうな
と思ったんだが・・・

そいつは

何かの肉片のようなものを

ひたすら

海に投げ入れてた

もし、人肉だったら簡単に魚の餌になるだろうな
骨は燃えないゴミの日にでも少量ずつだせばいいわけだから・・・

636 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 08:39:38.82 ID:eaZb0WiR0
霊感はないと思っているんだけど
以前勤めてた会社は気配を感じる所だった

人がたくさんいる時は全然わからないんだけど
少ない人数で遅くまで残業してると
もう誰もいなく電気を消された部署のところで人が動く気配を感じる
その時に近くにいた同僚に確認すると、やはり彼も気配を感じたと言う

そんなことが何度かあって残業したくないなと思ってたそんなある日
気配の正体を見てしまった
正しくは、見たような気がするという感じではあるが

それは残業で疲れたのでコーヒーでも飲もうと給湯室でお湯を沸かしてた時だった

637 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 08:40:05.61 ID:eaZb0WiR0
何やら慌てて廊下を走る音が聞こえたので何かトラブったのか?と思い廊下を覗くと誰もいない

変だな気のせいかと思うが、今までは気配しか感じず足音なんて聞いたことなかったのでその時は霊体験とは結びつかなかった

しかし、すぐに違和感。いつもの気配だ
給湯室へ続く廊下の向こうから誰かが来る気配がする
ぞ〜っとした
ここは行き止まり、逃げることさえも出来ず廊下を凝視していると
すーと影が通りかかった
なんだろう、残像だけの人?スローモーションで全体が霞んでて移動したあとの残像だけが移動してるみたいな
立体の影が移動したとも言える

サイズからしたら多分女性
霊だと思えるものを見たのは後にも先にもこれっきり

638 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 08:41:23.94 ID:5FPpnybo0
くまにいさんwクスリで太った中年ポンコツハゲクソデブ死ねよwドブデブスーパーくそ豚ブスオワコン中年デブヲタ死ねよwくまにいさんw刺されて死ねよwツイッターでばらしてやろうかクソデブくまにいさんwオワコン中年デブヲタ死ねよw

639 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 10:28:45.21 ID:4zq6/HpP0
いつ終わりなのかわからない6行君のだらだら連投の間に他のひとの投稿も入るからぱっと見カオスw
終わったと思って新規投稿したら6行君まだ続いてて自分が横入りしたみたいな状況になるとか勘弁だわ

640 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 10:45:59.72 ID:pKVX/WBn0
>>628
他人のもので金を稼ぐなら許可がいるだろウンカス野郎

641 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 10:55:41.67 ID:wgh+34ng0
嫌なら書き込まなければいいという選択肢があるからなぁ。
自分も稼ぎたいなら、まとめサイトをやるという選択肢もある。

642 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 10:57:51.07 ID:3Vw6Tow50

これがほとんどのアフィリの総意でしょうな ホホ

643 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 11:40:00.27 ID:0kTQLbOJ0
ダラダラと数レス使って書く奴って分数の『進捗/全文』も書かないし、トリも付けないんだよな
トリ無でなりすましが出ようが自業自得だが、全体量を把握して予め伝達する事すら出来ないのかと

644 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 11:55:44.81 ID:4zq6/HpP0
投稿スピード遅いのも進捗示せないのも
思いつきで書いてるからだろう
同じ内容でも 書き溜めた6レス程度でひとエピソード終わらせて、反響あったら他のエピソードもあるんで書き溜めてきますって流れならダラダラ書くより印象がいい

645 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 12:01:03.27 ID:PtSTtJi90
頼むから次スレからワッチョイ導入してくれ

646 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 12:04:14.09 ID:3Vw6Tow50
死人の箱にゃあ 15人 よいこらさあ おまけにラム酒が 一瓶だあ

647 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 15:09:51.18 ID:CDi4QdAE0
>>634
で、あんたは実際に10年前からオカ板でアフィで色々口論しているところを目の当たりにしてたのか?
俺は洒落怖が出来た頃からいるけど、10年以上前にアフィ云々で騒がれたのはカレマニ以外ない
それもカレマニ事件単体で叩かれたのであって、アフィで稼ぐからって荒れたのはない
10年前にアフィって言ってる奴なんていねーよ

>まず、アフィのせいで怖い板全般が荒れ放題なのは承知してもらえるよな?まさかそんなことは無いとは言わせない

アフィのせいで断定してるのは明らかにおかしい。洒落怖のテンプレにある洒落怖まとめはずっとアフィなしでやってる。
怖い話のまとめでアフィがつき始めたのはずっと後だ
荒れてた原因は洒落怖の敷居に高さによるのだ。批判厨と擁護厨が延々と何年もやり合ってた。そこにアフィって単語はずっと出てこない
批判する→批判するから書き手がいなくなるんだよ→擁護する奴はテンプレ読め、作家自身だろ?→ループ
これがずっと続いてるんだよ
あとは師匠シリーズが出てきてからの創作臭の強い話の是非。そこで創作禁止にするかのテンプレ改変などで激論
ずっと見てきたからわかるんだよ。議論のために洒落怖別館ってスレで大いにやり合ってた。知ってるか?そのスレ
データだけ引っ張って「10年以上前から著作権の問題はある」って言っても説得力ないわ

648 :た集られている IQ測定不能@転載は禁止:2016/02/17(水) 15:10:42.78 ID:uzAqPxH60
殺されるだけだ。
差別をやめなければ。

649 :た集られている IQ測定不能@転載は禁止:2016/02/17(水) 15:11:12.57 ID:uzAqPxH60
殺されるか

反日やめて出頭するか

選べ

650 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 15:51:48.22 ID:5FPpnybo0
いけだともこみてんじゃねーぞクソデブ死ねよwドブデブスーパーくそ豚ブス刺されて死ねよw警察訴えてやる鼻ブス太ったねwウンコ共食いしてんじゃねえよ豚富山ウンチw

651 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 16:03:23.53 ID:/HRLLkFU0
Shiggy Jr/ふぇのたす/惑星ごっこ/ルルルルズ/SAPPY/など kuma
で検索

http://twitter.com/DFP_2015/status/673113232815448064


一番後ろの顔だけ出してるスーパーデブ野郎

http://twitter.com/DFP_2015/status/659741533881503744

そのときより肥えまくってくそ肥ってるホクホク顔のキッモイ中年キモヲタアイドル追っかけしてるくま野郎
スーパーデブwww フィロソフィーのダンス非公式カレンダーの人

https://twitter.com/dfpcalendar


荒らし炎上商法

創価学会バンド シギージュニア


で検索!!!

652 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 17:12:46.47 ID:12N5imlZ0
>>647
それって単にアフィなんて言葉を使ってなかっただけじゃね?

653 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 17:50:12.57 ID:CDi4QdAE0
だから、荒れてる時の議論内容がアフィ含め権利関係とか儲けじゃなくて、作品に対する批判する輩とそれに対する擁護する輩の口論だって書いてあるだろ

654 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 18:36:09.10 ID:TFuQpYGZ0
数年前、大学生だった俺は先輩の紹介で小さな診療所で宿直のバイトをしていた。 
業務は見回り一回と電話番。あとは何をしても自由という、夢のようなバイトだった。 

診療所は三階建てで、一階に受付・待合室・診察室兼処置室、二階に事務室・会議室・炊事場、 
三階に宿直室があった。宿直室は和室で,襖がドア代わり。階段はひとつ。 
小さいとは言っても患者のカルテやなんかは扱ってるわけで、診療所はALS●Kで警備されていた。 

宿直の大まかな流れは以下の通り。 
夜9時に診療所に着き、裏玄関(表玄関は7時半には完全に施錠される)の外からALS●Kの 
警備モードを解除する。 
入って見回りをして、三階の宿直室に入る。宿直室にもALS●Kの管理パネルがあるので、入ったら 
再びALS●Kを警備モードにする。 

警備のセンサーは一階、二階はほぼ隈なく網羅しているが、宿直室にはないため、宿直室内では自由に動ける。 
管理パネルにはランプがついており、異常がないときは緑が点灯している。 
センサーが何かを感知するとランプが赤く変わり、ALS●Kと責任者である所長に連絡がいく 
ことになっている。ドアや窓が開けられると警報が鳴る。 

部屋に着いて警備モードに切り替えれば、あとは電話がない限り何をしてもいい。 
電話も、夜中にかかってくることなんて一年に一回あるかないかくらいだった。 
だからいつもテレビ見たり勉強したり、好き勝手に過ごしていた。 

655 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 18:38:57.85 ID:TFuQpYGZ0
ある日の夜。いつものように見回りをして部屋に入って警備モードをつけてまったりしてた。 
ドラマを見て、コンビニで買ってきた弁当を食べて、本を読んで、肘を枕にうつらうつらしていた。 
テレビはブロードキャスターが終わって、チューボーですよのフラッシュCMが入ったところだった。 

何気なく目をやった管理パネルを見て、目を疑った。ランプが、赤い。 
今まで、ランプが赤かったことなんて一度もない。 
え?なんで?と思ってパネルを見てると、赤が消えて緑が点灯した。

まともに考えて、診療所の中に人がいるはずがない。 
所長や医師が急用で来所するなら、まず裏玄関の外からALS●Kの警備を解除するはずだ。 
また外部からの侵入者なら、窓なりドアなりが開いた瞬間に警報が鳴るはずだ。 


故障だ。 
俺はそう思うことにした。だいたい、もし本当に赤ランプがついたなら、所長とALS●Kに連絡がいって、 
この宿直室に電話がかかってこないとおかしい。それがないということは、故障だということだ。 

そう思いながらも、俺はパネルから目を離せずにいた。緑が心強く点灯している。 
しかし次の瞬間、俺は再び凍りついた。また、赤が点灯した。 
今度は消えない。誰かが、何かが、診療所内にいる。 
俺は、わけのわからないものが次第にこの宿直室に向かっているような妄想に取りつかれた。 

慌てて携帯を探して、所長に電話した。数コールで所長が出た。 

656 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 18:41:00.94 ID:TFuQpYGZ0
所「どうした?」 
俺「ランプが!赤ランプがついてます!」 
所「本当か?こっちには何も連絡ないぞ」 
俺「だけど、今もついてて、さっきはすぐ消えたんだけど、今回はずっとついてます!」 
所「わかった。ALS●Kに確認するから、しばらく待機していてくれ。また連絡する」 

所長の声を聞いて少し安心したが、相変わらず赤が点灯していて、恐怖心は拭い去れない。 
2分ほどして、所長から折り返しの電話があった。 

所「ALS●Kに確認したが、異常は報告されてないそうだ」 
俺「そんな!だって現に赤ランプが点灯してるんですよ!どうしたらいいですか?」 
所「わかった。故障なら故障で見てもらわなきゃいけないし、今から向かう。待ってろ」 

何という頼りになる所長だ。俺は感激した。 
赤ランプはそのままだが、特に物音が聞こえるとか気配を感じるということもないので、俺は少しずつ安心してきた。 
赤ランプがついただけで所長呼び出してたら、バイトの意味ねえなwとか思って自嘲してた。 

しばらくすると車の音が聞こえて、診療所の下を歩く足音が聞こえてきた。 
三階の窓からは表玄関と裏玄関そのものは見えないが、表から裏に通じる壁際の道が見下ろせるようになっている。 
見ると、電気を煌々とつけて所長が裏玄関に向かっている。 
見えなくなるまで所長を目で追ってから数秒後、「ピーーーーーッ」という音とともにALS●Kの電源が落ちた。 
所長が裏玄関の外から警備モードを解除したのだ。 

俺は早く所長と合流したい一心で、襖を開けて廊下へ出た。廊下へ出た瞬間、俺は違和感を感じた。 

657 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 18:42:21.03 ID:TFuQpYGZ0
生臭いのだ。何とも言えない、イヤな匂いがたちこめていた。 
また恐怖が頭をもたげてきたが、さっき確かにこちらへ向かう所長を見たし、1階に所長が来てるのは間違いないので、 
俺は廊下の電気をつけて、階段へ向かった。 

診療所の階段は各階に踊り場があって、3階から見下ろすと1階の一番下まで見える構造になっている。 
階段の上まで来て、1階を見降ろした。 
1階はまだ電気がついておらず、俺がつけた3階の電気が1階をうす暗く照らし出している。 
生臭さが強くなった。1階の電気のスイッチは裏玄関を入ってすぐのところにある。 

所長は、なんで電気をつけない?早く電気をつけて、姿を見せてくれ! 
さらに生臭くなった時、不意に一階の廊下の奥から音?声?が聞こえてきた。 
それは無理やり文字化すれば、 
「ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛」 
という感じで、 
唄とも、お経とも取れるような声だった。 
ここに来て俺は確信した。1階にいるのは、所長じゃない。 
頭が混乱して、全身から冷たい汗が噴き出してきた。しかし、1階から目が離せない。 
生臭さがさらに強まり、「ん゛ん゛〜ん゛〜」という唄も大きくなってきた。 
何かが、確実に階段の方へ向ってきている。 

658 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 18:44:57.86 ID:TFuQpYGZ0
見たくない見たくない見たくない!! 
頭は必死に逃げろと命令を出しているのに、体がまったく動かない。

ついに、ソイツが姿を現した。 
身長は2メートル近くありそうで、全身肌色,というか白に近い。 
毛がなく、手足が異常に長い、全身の関節を動かしながら,踊るようにゆっくりと動いている。 

ソイツは「ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛〜」と唄いながら階段の下まで来ると、上り始めた。 
こっちへ来る!!逃げなきゃいけない!逃げなきゃいけない!と思うが、体が動かない。 
ソイツが1階から2階への階段の半分くらいまで来たとき、宿直室に置いてあった俺の携帯が鳴った。 
俺は「まずい!!」と思ったが遅かった。ソイツは一瞬動きを止めた後、体中の関節を動かしてぐるんと全身をこちらに向けた。 
まともに目が合った。濁った眼玉が目の中で動いているのがわかった。 
ソイツは口を大きくゆがませて「ヒェ〜〜ヒェ〜〜〜」と音を出した。 
不気味に笑っているように見えた。 
次の瞬間,ソイツはこっちを見たまま、すごい勢いで階段を上りはじめた! 
俺は弾かれたように動けるようになった。とは言え逃げる場所などない。 
俺はとにかく宿直室に飛び込んで襖を閉めて、押さえつけた。 

659 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 18:46:24.10 ID:TFuQpYGZ0
しばらくすると階段の方から「ん゛〜〜ん゛〜う゛〜」という唄が聞こえてきて、生臭さが強烈になった。 
来た!来た!来た!俺は泣きながら襖を押さえつける。頭がおかしくなりそうだった。 

「ん゛〜〜ん゛〜ん゛〜〜」もう、襖の向こう側までソイツは来ていた。 

「ドンッ!」 

襖の上の方に何かがぶつかった。俺は、ソイツのつるつるの頭が襖にぶつかっている様子がありありと頭に浮かんだ。 

「ドンッ!」 

今度は俺の腰のあたり。ソイツの膝だ。 

「ややややめろーーー!!!!」 

俺は思い切り叫んだ。泣き叫んだと言ってもいい。 
すると、ピタリと衝撃がなくなった。「ん゛〜ん゛〜」という唄も聞こえなくなった。 

俺は腰を落として、襖から目を離すことなく後ずさった。 
後ろの壁まで後ずさると、俺は壁を頼りに立ち上がった。窓がある。
衝撃がやみ、唄も聞こえなくなったが、俺はソイツが襖の真後ろにいるのを確信していた。 
生臭さは、先ほどよりもさらに強烈になっているのだ。 

俺はソイツが、次の衝撃で襖をぶち破るつもりだということが、なぜかはっきりとわかった。 
俺は襖をにらみつけながら、後ろ手で窓を開けた。

660 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 18:47:59.57 ID:TFuQpYGZ0
「バターーン!!」 

襖が破られる音とほぼ同時に俺は窓から身を躍らせた。 
窓から下へ落ちる瞬間部屋の方を見ると、俺の目と鼻の先に、ソイツの大きく歪んだ口があった。 


気がついたときは、病院だった。俺は両手足を骨折して、頭蓋骨にもひびが入って生死の境をさまよっていたらしい。 
家族は大層喜んでくれたが、担当の看護師の態度がおかしいことに俺は気づいた。 
なんというか、俺を怖がっているように見えた。 
  
怪我が回復して転院(完全退院はもっと先)するとき、俺はその看護師に聞いた。 
すると看護師は言った。 


「だってあなた、怪我してうなされてる日が続いていたのに、深夜になると、目を開けて、口を開けて、楽しそうに唄を歌うんだから。 

『ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜ん゛』て」

661 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 18:51:07.43 ID:gplqaAAa0
>>629
アホだろ、昔からあったから今もやっていいと?
アフィより害悪だよお前らは
書き手の意欲を削いで、スレが面白くなくなるとアフィのせい
自分はクレクレで餌くれるの待ってる癖に書いたと思えば物書き気取りで採点
まだ私欲目当てでも面白い話まとめて楽しませてるアフィの方が存在意義あるわ
昔ながらを引きずるならVIP(笑)にでも篭ってろや

662 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 19:51:30.73 ID:CvZ37tAS0
>>654
長い。22点

663 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 20:10:02.64 ID:CDi4QdAE0
>>661
お前何の話してんだよ?論点ずらすなよ
自分の言い分が否定されると途端に「昔からあるから今やっても良いと?」と関係ない話題を振って批判。論点ずらしは批判厨の得意技だったなあw

>書き手の意欲を削いで、スレが面白くなくなるとアフィのせい

はあ?アフィのせいにしてるのはこのスレ立てた>>1だろ。何言ってんだこいつ

>自分はクレクレで餌くれるの待ってる癖に書いたと思えば物書き気取りで採点

餌待ってもいないし採点もしてねえぞ。
アフィのせいでオカ板が寂れたってのに反論してたんだが、気に喰わないこと全部おっ被せて批判とか酷すぎるな

>昔ながらを引きずるならVIP(笑)にでも篭ってろや

もう意味不明。反論するために過去のことを説明してんのに、引きずるとか何なの?まともな議論すら出来ないの?
VIPとかどこから持ってきたんだよ?

664 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 20:43:33.86 ID:0kTQLbOJ0
傍から見てどうでもいいつまらんスレチ事で平行線議論を続けるな
引っ込みがつかないんなら余所でやれ

665 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 20:45:42.73 ID:CDi4QdAE0
>書き手の意欲を削いで、スレが面白くなくなるとアフィのせい

そもそもこれが矛盾してんだよ。
アフィって、話が面白いほうが良いんだから書き手の意欲そぐわけ無いだろ。
オカ板がアフィのせいで荒れてるってのもそうだよ。書きやすい環境にしないといけないのに荒らしてどうすんだよ
アフィ憎しで論理が破綻してるわ

話を投下する→罵詈雑言の嵐→書き込むのが嫌になる

書き手がいなくなるのに理にかなってるのはどう考えてもこれだろ
昔は書き手を擁護する奴を作家の自演だと叩いて自分が書きやすくなるためにしている、と叩いてたけど、アフィブログが増えてくるとこれに切り替えただけだろ

666 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 20:47:25.93 ID:CDi4QdAE0
>>664

>>643

なら批判してんじゃないよ

667 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 21:11:15.97 ID:3Vw6Tow50
アフィは収入がかかってるから
どんなことでもする

668 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 21:26:44.79 ID:CvZ37tAS0
いいよいいよもっとやれもっとやれ

669 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 21:30:49.24 ID:CvZ37tAS0
>>571
忘れてた
だらだら書きすぎ
20点

670 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 21:36:38.41 ID:Ux2jwMEz0
>>654は読んだことある
他所からの転載なら一言そう言って欲しいな

671 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 21:43:55.16 ID:ZLvCOGRI0
点数荒らしがまったく効果無い件について

672 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 21:49:08.00 ID:CvZ37tAS0
おいおいコピペばかりじゃんww

673 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 21:54:07.81 ID:CvZ37tAS0
>>671
採点してるだけだが?
荒らしと思うならそうやって反応した時点で駄目じゃん

674 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 22:11:08.17 ID:rVBQBIKp0
米セシルホテルのエレベーターで奇妙な動きを見せるエリサ・ラム
https://www.youtube.com/watch?v=3TjVBpyTeZM

彼女はこの後、ホテルの屋上に設置された給水塔の中で溺死体で発見された。
しかし、ラムがどのようにして、警報装置付きの施錠されたドアを開けて屋上に出ることができたのか、そして
なぜ密閉された貯水タンクの中で死に至ったのか、死因は特定できないままにいる。
ロサンゼルス市警の記録によると、1920年に建てられたこのホテルでは、20年代、30年代に人が死ぬ事件が多発し、
60年代には女性が飛び降り自殺をしている。80年代には「ナイトストーカー」「峡谷の侵入者」の異名で知られる
連続キラーリチャード・ラミレズ(Richard Leyva Ramirez)が、宿泊代がまだ14ドルだった当時、14階の部屋に
滞在し、その後、14人をあやめた(有罪判決は13人)。現在はカリフォルニア死刑囚監房に投獄されている。
さらに、「ウィーンの絞殺魔」「ジャック・ザ・ライター」「刑務所の詩人」として知られたオーストリアの
キラージャック・アンターウェガー(Jack Unterweger)(下写真左)は、ウィーンとプラハで複数の売春婦を殺害
したのち、ロサンゼルスの同ホテルに滞在中に、部屋に連れ込んだ近所の売春婦3人を殺害。アンターウェガーは
複数の国で計11人を殺害後、マイアミで逮捕されたが、1994年にオーストリアのグラズカラウ刑務所で首吊り自殺
している。その後も「セシルホテル」は、現在にいたるまで複数の犯罪が報告されているが、その多くが残忍であり、
奇怪なものばかり。
このホテルに32年間住んでいる89歳のバーナード・ディアズさんは、ロサンゼルスタイムズ紙の取材に対し、ラムが
行方不明になった夜に、「上の階から聞いたこともないような激しい物音が聞こえた」という。また、その夜、三階
と四階の間で配水管に何らかの障害があり、ホテルの水が氾濫してフロアが洪水状態になったとも話した。

675 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 22:12:26.61 ID:rVBQBIKp0
>>674 続き

警察によると、ラムのロサンゼルスでの滞在目的は不明だが、旅行中は、行方不明になる直前まで友人や家族と連絡
を取っており、最終目的地がカリフォルニア州中部サンタクルーズだったことは判明している。また、ホテルの従業員
によると、彼女が誰かといるところは一度も目撃されておらず、始終単独行動だったという。しかし、セシルホテルの
エレベーターに設置された防犯カメラに映るラムの様子を見ると、本当に彼女が「ひとり」なのだろうかと思わせる
奇妙で偏執的とも取れる姿が数分間に渡って記録されている。

676 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 22:41:32.07 ID:CzlLcUJH0
今日もレス伸ばしご苦労様

677 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 22:42:46.22 ID:ZLvCOGRI0
お前の元棲家でも馬鹿にされてるやんけw

678 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 22:59:27.87 ID:CvZ37tAS0
何怖に転載されてるけど全力で潰すんじゃないのか?
何にもしてないけど
コピペokならそう言えよ

679 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 23:08:14.01 ID:PZBbWULt0
スレタイに沿ったレスしてくれ

680 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/17(水) 23:38:07.74 ID:CzlLcUJH0
潰す必要もないほど潰れてるからねえ(笑)

681 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 07:11:31.76 ID:PWg891+70
アフィのあがき

682 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 09:31:53.64 ID:DrpqLgme0
うちの実家の近くには10年以上前からゴミ屋敷になってる家があってさほど近いわけでもないし近所づきあいもないため迷惑だと思ってもあえて近づこうともその住人の実情を知ろうも思ってなかった

しばらくして自分も実家を出て一人暮らしすることもあってあまり気にすることもなかった
今年の正月に実家に行ったとき、家族からゴミ屋敷の住人の実情がわかったという話をされた

というのも去年の暮れの深夜にそのゴミ屋敷が火事(といってもボヤ程度)になって消防車数台が来たらしい
その時その中の住人も外に避難してたらしいが
母親だろう高齢の女性、その娘と思われる妙齢の女性、さらにその子と思われる高校生くらいの女の子
の三人
救急隊が「住んでるのはあんたらだけ?今でかけてるものもいない?」って問いに「はい」と答えてたらしい

三人ともジャージ姿で高校生の子以外は普段から身だしなみもろくにしてなさそうな姿だったらしい

警察の事情聴取を盗み聞いた近隣の人によるとかなり高齢に見えた母親は60代だったとのこと
コンセントからの出火だったようだとのことだった

ゴミ屋敷に母娘三世代も住んでたことに驚くとともに
どういう事情から母娘だけが住むことになってしまったのか
どういう事情で若い娘の住むような家がゴミ屋敷に至ったのか
呪いにも似た因縁を感じざる得ない気分

683 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 10:19:54.61 ID:1k+IX+uI0
ちょろっとお邪魔します

永遠の恋(今考えると幼稚だなぁ)だと思ってた相手にフラレたショックでろくち飯も食えずに、寝ることさえも出来なくなって少し精神を病んでいた時期の話。
学校にはとりあえず通ってたけど体も心もズタズタで歩くボロ雑巾みたいになってたね。
機械的に身だしなみは整えて機械的に通学し機械的に友達と会話し機械的にバイトに行って機械的に帰る
そんな日常を過ごしてたある日
なんとなく普段は通り過ぎてる地元の神社が気になって
神なんていない(笑)と思ってたけど立ち寄ってみた
なんとなーく境内を見回すと夕方にも関わらず十人そこらの人が集まってる
まあ境内の横はゲートボール場というか集会所もあって人が集まりやすい場所ではあるんだけど平日の夕方に集まるなんて変だなあと思った
見慣れた人はいないなと思いつつ「こんにちわ」なんて機械的に挨拶をして向こうも笑顔で「こんにちわ」なんて返すのをお辞儀で返しながら通り過ぎる
そして幸せになりたいと心で連呼するという失礼なお参りを終わらせてさて帰ろうとして振り返ってふと見ると境内には自分以外誰もいない
どころか周りはすっかり真っ暗時計を見ると既に22時を超えてた
多分お参り始めたのは17時にもなってなかった
目を瞑ったのはせいぜい10秒
そうすると5時間くらい目を瞑ったままそこに突っ立ってた事になる
そこで自分やばいと気がついた正に目が覚めた(夢オチではない)
何をこんなに悩んでいたんだろう馬鹿らしいと思えるようになった
その時から色々と好転し始めた気がする勉強もバイトも恋もうまく行くようになった
でもその日の私は相変わらず21時の門限を過ぎたことを神様に逆恨みし鳥居にツバまで吐いた
親にはしこたま怒られた

684 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 11:26:30.53 ID:W+BNj+Ph0
いくら病んでても鳥居に唾吐けるとか怖いわ

685 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 13:40:17.24 ID:j/t7hjOJ0
喧嘩の合間に怖い話するスレになっとるな

686 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 15:09:55.38 ID:SHPOzfo40
運気が好転してたら平日のこんな時間に無職丸出しの書き込みできないだろ。
やっぱバチは当たってるなw

687 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 16:00:45.58 ID:gzR2R/Ha0
ID:CzlLcUJH0
こいつ、議論してるやつに何も反論できないから俺に噛みついてるのか?
恥ずかしいやつだなあ

688 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 16:08:37.09 ID:gzR2R/Ha0
>>682
お前頭大丈夫か?
ただの火事と、被害者の家庭事情晒してるだけじゃねーか
オカルトでもなんでもない
その家族をそういう目で見てることがオカルトだわ。
差別主義者が。マイナス100点

689 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 16:10:29.87 ID:gzR2R/Ha0
>>683
普通に夢オチ
3点

690 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 16:13:45.63 ID:PWg891+70
松はみな 枝垂れて 南無観世音

691 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 16:39:21.81 ID:E9tiLGso0
友人から聞いた話

彼はゴミ回収仕事をしてる
とある燃えるゴミ回収の日
降り出した雨の中のごみ捨て場
ブロック塀に囲われたその中で
頭から血を流した人が倒れていた

「す、すぐに警察を呼んで!」
「は、はいわかりました」

10分位かかって警察が到着するが
その間ぴくりともしないその人物

「どうしましょう?何か手当してあげたほうがいいのでは?」
「いやだめだ、頭を強く打った人間は下手に動かさないほうがいい」

仕方ないのでそのままにして観察してみると
どうやら身格好から浮浪者のようだ

692 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 16:40:12.72 ID:E9tiLGso0
いわゆるホームレス狩りにでもあったのだろうか
そのように思われたが
彼の手元に落ちているものに驚愕した

目ん玉だった

外見からして彼は両目とも存在しているようだった
果たして誰の眼球だったのだろう

警察も救急隊員もそれを見て仰天したらしい

なお、彼は救急車に乗せられたものの
既に死んでいたようだった

ちなみに友人たちは警察に事情聴取されて
その際に警察が話してた内容から
酔って倒れて頭をぶつけたのだろうということで
事故として処理されたようだ
と友達は語った

693 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 16:47:16.44 ID:PWg891+70
発想がありきたりすぎる
尻こ玉が落ちていたというならともかく

694 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 17:23:47.01 ID:hDQQJEjX0
>>691
ラップみたい

695 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 17:36:09.03 ID:TwgVVP9J0
これは俺の懺悔でもある 
文才は無いので読みづらいと思うすまない 

かなり前の事だ 
高校時代の仲が良かった友に偶然再会した 
懐かしくて飲みに行く事になった 
その時は俺も友もフリーターでその日暮しの状態 
でも友のバイトはテレビ局の関係だったんだ 
芸能人の○○を見たとか自慢していた 

住んでる所が割と近かったので、ちょくちょく遊ぶようになった 
ある日、友が興奮した感じで変な物を持ってきたんだ 

ビデオテープと汚い書類?だった 
ラベルには「心霊廃墟に挑む!」みたいな事がマジックで書かれてた
その上から赤マジックで大きく×が書いてあった 
書類を見てわかったのは番組の台本だって事 
日付はかなり昔、心霊ブームだった頃 

友は保管庫の処分品の中から見つけてきたと言った 
局の改装があってゴミ運び中に見つけたと 

ビデオは普通のデッキじゃ再生できなかった 
マニアな知り合いの所行って再生したが中身は消されて空だった 

696 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 17:37:19.72 ID:gzR2R/Ha0
>>691
くだらねえ
まじでくだらねえ
5点

697 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 17:39:08.81 ID:TwgVVP9J0
ちょうど今頃、GW明けで道も空いてるから探検行こうと友が言い出した 
俺は当時、心霊をまったく否定していた 
だから楽しそうだと思ってしまったんだ、行く事になったんだ 

友が先輩から金払って4wd借りてきた 
それでガラガラの高速乗って台本に書いてある所に向かったんだ 
俺達が興味をもったのは書かれていた場所が意外な所だったから 
普通、人が死んだ滝とか、自殺者が多い橋とかだよね 
国の施設だったんだ 
試験場跡地 
これしか書けない、すまない 

友は企画が中止してるし、意外な場所だからマジなんじゃないかと興奮してた 
場所はものすごい山の中でした 
うっすらと車の轍が残っているのを頼りに藪の中を4wdで進んでいった 
かなり危ない急勾配を登っていった、ほとんど崖だった 
今思うとテレビ局が通る為に切り開いた道だったと思う
正面にでかいゲートがあって封鎖されていたから 

さすがにもう進めないと思った頃に急に開けた場所に出た 
すごいでかい建物だった、人の気配は感じなかったけど廃墟っぽくなかった 
窓とか割られていないし、よくあるイタズラ書きなんかが一切なかった 
むしろ未使用に近いキレイな感じだった

698 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 17:40:10.97 ID:gzR2R/Ha0
>>695
拾ったビデオとか何番煎じだよ
3点

699 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 17:40:34.77 ID:TwgVVP9J0
友は急に興奮が冷めたようだった 
鳥の声とか聞こえなくなったよとか言って怯えていた 
たしかにすごいくらい静かだった、風の音さえなかったと思う 
この時はもう夕方で建物が茜色になってた 

俺は本当に信じてなかった、馬鹿だった 
友はかなり嫌がってた、やめようと言い出した 
俺は「お前が誘ったんだろう」と言って友を連れて中に入った 
俺は本当に無知だった 

正面の大きなガラス戸は片方が外れていた 
中は新築同様だった、すごく異様だった 
なんで廃墟なんだ?と思った、すぐにでも利用できそうな状態だった
キレイな廃墟だなと友に言ったが上の空だった 

友は帰りたいと言い出した 
まだ入り口からすぐの通路だった 
俺は2階も見てみようと言った、友は行きたくないと言った 
俺は友を意気地なしだと言って2階へ登った 

2階に登ると長い通路が待っていた 
突き当りまでずーっと窓が続く、学校の廊下のような感じ 
その途中にソファーの置いてある喫煙場所みたいなところがあった 
そして床にカメラが転がっていた 
撮影用だと思う、大きいカメラ 
なんか壊れていて誇りをかぶってた 

700 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 17:41:42.93 ID:gzR2R/Ha0
まだ続くのかよ

701 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 17:42:59.01 ID:TwgVVP9J0
俺は急に怖くなったんだ 
ここで何かが起こったんだと思った 
そしたら1階から友の声が聞こえてきた 
叫んでる感じじゃなく一定の声で「あー」と言ってる 
急いで降りたら通路の入り口から反対の突き当たりにいた 

本当に怖かった 
友は突き当たりの壁に大の字になってピッタリくっついていた、壁に向かって 

俺は近づいて声をかけたが「あー」と言ったまま壁に向いたままだった 
肩を掴んだ瞬間、「ぎゃははは」と笑い始めた、壁に向いたままだ 

俺はもうどうしようもなかった 
怖くて恐ろしくて、逃げ出した 
停めてあった車まで戻ったが鍵は友が持っていた 

俺は戻りたくなかった 
もうどうしようもなかった、建物に戻ろうとしたら 
友が窓からこっちを見ていた 

笑ってた 
口が裂けるんじゃないかと思うぐらいの勢いで笑っていた 
俺は友のイタズラに騙されたのかと思ったが違った

よく見ると泣きながら笑っていた 
窓にべったりとくっついてすごい笑っていた 

夕日が窓からずれて反射がなくなり中が見えた 
友の周りに、一階の通路を全部埋め尽くすように人がいた 
よくは見えなかったが人の形をしていた何かが友に押し寄せるように
満員電車みたいにひしめいていた 

702 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 17:43:28.82 ID:gzR2R/Ha0
都合よくカメラが落ちてたとかww

703 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 17:44:32.38 ID:TwgVVP9J0
俺はもうその時、発狂していたと思う 
山を駆け下りて自力で町まで降りてきちゃったんだ 

その時はもう夜で俺は何とか駅まで来れた 
疲れたという感覚が無かった、少しでもあの場所から遠ざかりたかった 
運良くタクシーが捕まり、住所だけ伝えて頭を抱えて震えてた 
窓を見たら何かが居そうで怖かったんだ 

家に着いたら布団に潜ったが、怖くなってコンビニ行って朝まで過ごした 
朝になって落ち着いたら重大な事をしたと後悔した 
友を置き去りにした 
でも二度とあそこには行きたくない 
バイトを無断でやめて、ブラブラしていた 
軽く不眠になってファミレスとかで夜を過ごしていた 

しばらくして電話をしたら友は戻ってきていた 
俺はなんて言っていいかわからなかったが、友は何が?と言っていた
自分がどうなっていたのか覚えていなかった 

704 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 17:45:43.77 ID:gzR2R/Ha0
あー、なるほど。色んな話パクってるだけだなこいつ

705 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 17:46:41.21 ID:TwgVVP9J0
一ヵ月後に友は死んだ 
自殺か事故かはわからなかった 

あそこに行ったせいだと思う 
そして俺のせいだ、俺が逃げたせい 

テレビ局もあれにあって取材を中止したんだと思う 
あそこは人が入っていい場所じゃない


GWが近づくといつも思い出してしまう 
悩みを人に聞いてもらうと楽になるというが 
少し気持ちが楽になった気がする、ありがとう 

706 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 18:19:15.46 ID:IRySlPIZ0
今日は良作だらけじゃないか

707 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 18:32:13.90 ID:FzEVXi7j0
採点くんの1レスおきのツッコミワロタ
どんだけ続き読みたいんだよツンデレちゃんwww

708 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 18:55:42.13 ID:T1OVszQl0
幽霊系じゃないけどちょっと怖かったので。

母から聞いた話。母が若い頃、友人と二人で旅行に行った。ヨーロッパのとある国。
二人で一室ホテルを取り、チェックインした後部屋に荷物を置いて、そのまま観光に行った。
外でご飯食べてそろそろ戻ろうと、ホテルの部屋に戻ってきて、鍵を開けたがドアを押しても開かない。
友人がドアを開けようとしてたんだけど、あれ、鍵閉め忘れたっけ!?ともう一度鍵を差し込み回してもやっぱり開かない。もう一度。開かない。
友人は意地になってガチャガチャノブ回して、それを母は後ろで見ながら係員さん呼ばなきゃなーなんて考えてた時、突然ドアがわずかに開いた。
その瞬間、友人が母の腕を取って「走って!!!」と叫んで全力疾走。
「え!?」と訳が分からないまま友人に無理やり引っ張られ、その余りの剣幕にとにかく必死に走って、元来た廊下を戻った。後ろを振り向くと、反対方向に向かって、男の人が走り去る背中が見えた。
ロビーについて、ようやく「何だったの?」と聞くと、「引っ張られた」と友人。
それまで何かに押さえつけられているように開かなかったドアが突然、向こうに引っ張られるようにして開いたんだと。
母が見た走り去る男の人は、部屋の中でドアを反対側から押さえていた人。
ホテル側に伝えるとおそらく泥棒だろうと言うことで、特に驚かれることも無かったらしい。荷物を確認しても何も取られてなかったそうなので、泥棒が侵入してすぐ、母たちが帰ってきたんじゃないかな。
無事だったから良かったけど、もう逃げられない、と腹をくくってドアを引っ張った犯人のことを考えるとすごく怖いなあと、のほほんと「あの時はびっくりしたー」と話す母を見ながら思いました…。

709 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 18:59:21.07 ID:T1OVszQl0
ごめんなさい、オカルト系じゃないと駄目だったんですね。
洒落怖から来たので間違えました。
すみませんでした。

710 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 19:46:19.58 ID:B+6CvW0R0
5−2/4
「どうしてI女さんはあなたたち家族を敵視するの?」
唐突にMさんに尋ねられた。いつものように相談に来たA男は考えた。
そういえばそうだ。人が何かをするには理由がある。

I女さんの旦那さんは長らく単身赴任であった。
近所のWさんの旦那様は末期ガンとも言えるような急激な症状の変化で
亡くなられたんだっけ。
「嫉妬ね」

まさか、Wさんの旦那さんは確かに地位も高そうな感じだったけど
いつもタクシーで帰ってきたし、うちの家族に限ってそんな……
「普通の家族が一番欲しいものなら、それが羨望の対象になるのよ」
理解できない。だってあんな大家族で全てうまくいって人に囲まれて……
どうしてWさんの旦那さんを殺す必要があったんだろう……
自分の仲間だったはずなのに……地域全体はほとんどI女のもののはずだ。
「なんでもかんでもI女さんが原因だとあなたまで敵視しないでね。
この間の件があるでしょう?」

A男の考えを読んだのかぴしゃりと締めくくられた。
そりゃ襲われればそうも思う。A男は帰りながら一人ゴネた。

711 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 19:46:56.54 ID:W+BNj+Ph0
スレ間違えてんぞ

712 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 19:48:53.70 ID:B+6CvW0R0
5−3/4
「あなたの土地はまるで次々と人が死んでいくような形をしていますね」
K氏に一番最初に相談を持ちかけたときA男はそのように言われた。

えー、行き止まりもないし、車もUターンするのに通り抜ければいいだけで
事故りにくい良い場所ですよ?
夜中もUターン目的でやってくる車がたくさんあったのだが
イヌとI女とが暴れだしたあたりからあんまり来なくなったなあ……

「本当は国が買い上げて公園にしてしまえば良かったんですけど
もう人が住んじゃってますからねぇ……」
口にこそ出さなかったがK氏の態度に解決が難しいことがあるというのを感じて
A男は黙ってしまったのだった。

悪い事実は隠蔽されるものらしい。
天かける龍が閃くと名づけられた地形がヘブンヶ原と名づけられて
百年来の濁流で人が流されてしまうようなものだ。

「昔は水の流れる川がすぐ近くにあったんだけど
死体やゴミやで埋め立てられて畑にされたのね」
Mさんにはこう言われた。

地形に水を示すものは残されていたが、死体が投げ込まれたとは
A男は想像だにしていなかった。
「あなたがK氏に会った神社があるでしょ?今の土地に移転したと聞いたけど
前の土地を見たら槍や刀を持った人たちが起きちゃってる。
寺もやしろもたいがい何かを封じるために建てられるものよ……」

713 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 19:49:49.52 ID:B+6CvW0R0
5−4/4
「あなたの最寄の神社はどこ?
何かあったときはまずそこへ相談するものよ。」
いわゆる氏神様ってやつかな、A男はK氏に会ったいわゆる地元の神社とされるものの他にも一つ二つ上げてみた。
しかしMさんはそれのどれにも興味を示さなかった。
A男はそのとき正月になると毎回遠出する他県の神社を思い出した。
確か商売繁盛の神様だ。おかげで大企業とかスポンサーつながりなのかTV局も祈願に行ってるとか。
「何かあったらそこでお祓いしてもらいなさいな」

根本的解決策にいたらない周辺情報が手に入っていく中、
A男の心は晴れなかった。浄化は続けているのだが。
A男は自宅へと続く歩道を歩いていた。脇にいた道路工事関係者が口々に噂してる。
「……幽霊が出るんだってなあ」「……影響なきゃいいけど」

実はこの工事も一帯の土地の浄化とは無関係ではなかった。
「神様にお願いしてもいいかもね」
Mさんに言われたとき、即、A男は一帯の土地全体の浄化を願っていた。
しかし、願ったその晩の夢の中、
天頂から降り注いだ光の波のようなものが地面を裂いて黒い塊のある地下へと進行していったのだが
カキンッ
食器が硬いものに当たるような金属音が鳴って弾かれてしまったのだ。
……その結果が長距離のガス管取替え工事とは思いたくない。

Mさんは土地が浄化されるとは言わなかった。
人が切り替わって治まるといったのだ。
何年も先の話だ。A男も生きてはいまい。
もうできることは何もないのだろうか……。
対処法はある程度見につけたものの
家族が繰り返し襲われる不安は消え去らないのか。
急激に事態を好転させる未来が見えない中、暗い面持ちでA男は帰宅した。

714 :広島@転載は禁止:2016/02/18(木) 19:50:40.99 ID:6ehEVAP10
単なる許しを乞うだけなのに

人権侵害をした罰を受けよ。

わたしは許嫁などいないようだ。

715 :広島@転載は禁止:2016/02/18(木) 19:51:41.19 ID:6ehEVAP10
佐々木雪華は許嫁だったが

創価学会がわたしをいじめたから

その周りも全員殺害される。

716 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 20:11:18.40 ID:B+6CvW0R0
6−1/8
{あなたの力で何とかならないの}
{……起きてる}
{くくく……捻挫するがいいわ}


浄化をじみーに地道に安全に神様に祈願しながら
いつまでも終らないといった、
あきらめにも似た気持ちを持って過ごすようになった頃、
この声は何だろう、と思う出所不明な声が聞こえるときがA男には増えていった。
物理世界からは聞こえない、空耳の世界にそれは響いた。
同時にI女がA男の隣家の風呂場に夜な夜なやってくるようになった。

「I女さんは私とあなたの距離。これくらいまでしか飛ばせないわ」
いつかMさんはA男と机をはさんでこう言った。

だから近づいてくるのか……
A男はゲンナリした。わざわざ呪いに来るのもそうだが、
隣家の家族の旦那さんもおそらくであろうI女に殺されただろうからだ。
おまけに家まで手引きしているのはその子供だ。

「あなたの土地は何年も前から悪いことが繰り返されてきたのよ」
Mさんの言葉が頭をよぎる。その話を聞いたときに
人が貼りつけにされたような、ぞろぞろいるようなイメージが湧いたような……

I女は自宅だけには留まらず、しょっちゅう自分の言うことを聞く下っ端女のいる家と
近くにあるI女の家族の家を
見つからないようにと思ったのか、わざわざ遠回りしたりもして
夜中や明け方に行ったりきたりしていた。
いつだったかは電柱のライトを消せるように改造してまで気を使っている感じだった。

717 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 20:20:52.52 ID:FzEVXi7j0
ID:B+6CvW0R0
その話は専用スレ立てて独立してやってんだからコピペやめろ

718 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 20:37:35.17 ID:B+6CvW0R0
6−2/8
自宅が危ないと思ってるのかなあ……
A男は知らずとイヌの本当の体がどこにあるのか考えていた。

たしかMさんの話じゃI女の自宅の土地だったような……
その話聞いた後に偶然開いたオカルトサイトで
本当の自分を身につけるとか怪しい儀式のページを開いちゃったんだよなあ……
あれは明らかに土地から……

そんなことを考えるとはたと思い当たった。
自分の考えが漏れてる?

「あなたの場合アテにはならない。念が飛ぶ、くらいはあるかもしれないけど」
早速聞いてみたらいわゆるテレパス、交信能力を使える人には何らかの特徴か基準のようなものが
あるらしく、Mさんの判定ではA男はアテにできないレベルとのことだった。

限りなく一般人でしたと、A男が自宅に戻ると
玄関先でI女の家族らしき人が足を痛めてよろよろと歩いているのを見つけた。

受信はアリかも。
……実は最近A男の家族も足をケガして病院にかかっていたのである。

719 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 20:44:49.37 ID:W+BNj+Ph0
スレ間違えてんぞっつってんだろ

720 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 20:51:16.79 ID:B+6CvW0R0
6−3/8
I女の動機に嫉妬に加えて、八つ当たりをプラスだ。いや、それは性格的なものかな。

そういったことがあってからA男は空耳みたいに聞こえる声に注意しながら
気になるものはMさんに逐一尋ねることにした。
「それは神様ね」

あるときそのうちの一つにMさんが吟味するような顔で反応した。
職場の近くの神社で聞いたお声だった。一言、
”でかした”
聴いた瞬間A男は???と意味不明。何の脈絡もない何の関係も考えつかない。
「参拝する以外にも何かためになるようなことをしていたんだわ。
知らないところでいいことがあるかもね」
A男はいろいろやっているが何もさらに進展してないような気分があったので
力なく、まあ、はい……と頷いただけだった。

声が聞こえることで何か進展があればいいが、神様に何かを期待して
いるわけではなかった。A男が死んでからもさらに年月がたたねば自宅の土地は
悪いことが繰り返されるだけだからだ。
A男の焦点がそこだけにあったので危うくMさんの重要な一言を聞き忘れるところだった。

「あなたの聞く能力はアテにならない。一切聞かないくらいにしないと簡単に
悪い意図を持った何者かに騙される」

721 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 20:52:29.84 ID:gzR2R/Ha0
またおかしなやつでてきたなww

722 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 21:01:21.10 ID:IRySlPIZ0
そりゃあもうお前が言うなの大合唱よ

723 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 21:04:48.86 ID:B+6CvW0R0
6−4/8
その日A男は寝込んでいた。
寒さが運んできたインフルエンザにあい、高熱が出てしまったのである。
そうすると枕元にK氏らしき人が現れた、もちろんイメージである。
A男のことを気づかってか、見に来てくれたのだろうか?
A男は大丈夫とお礼を言ったが、頭はずきずきと割れるように痛かった。

それから数日後のこと。A男はその日も浄化のお願いをしに神社へと足を運んでいた。
が、とたん空耳のようなものが聞こえる。K氏の関係者の人らしかった。
{お前なんかが生意気なんだよ}
{こんなヤツが……なんて}
A男の悪口が口々に聞こえ、同時に痛みにも似た感覚がぴりぴり伝わってきた。
その日は無視したものの、翌日もその翌日も同じようなことが続き
とうとうA男は決心した。

K氏と縁が切れますように。きゅっきゅっ。
カラン、板が投げ込まれる音がした。

あんまりのひどさにK氏とさよならすることにしようとしたのである。

だが、同様のお願いもやしろの前でしているときに
一箇所だけ光の指したところがあった。自分の願いが受け入れられたとA男が喜んだのもつかの間、
振り返るとそこに灰色の人間が立っていた。
周りには普通に参拝者もいる。気がついていないのでこれはイメージの産物だと思った。

このとき、A男はMさんの忠告を活かすことができなかったと悟った……

724 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 21:16:28.04 ID:B+6CvW0R0
6−5/8
はぁー……

あの後Mさんに報告し、即日K氏への謝罪をやしろの前でした。
A男は深いため息をついた。悪霊にとりつかれてまんまと騙されたのだ。
人の声音や仕草をマネて騙すなんて朝飯前だそうな。

こんなあっけなく騙されちゃ何の役にも立たないどころか、害悪じゃん。
最大の恩人に迷惑もかけちゃったし最悪。もう何にも聞かないようにしよー……
と、遅すぎる決意を胸に帰宅する。

自分の能力って役立たずだなー、などどA男はぼやきつつ風呂掃除を始めた。
そのときのA男は自信0不信MAXな心境だったのだが
人生とは逆説的なものなのか、まったく正反対のことが起きてしまうのであった。

ガラッ、ガララーーーッッ!!!
威嚇らしい窓の開閉音が数メートル先の家から飛んでくる。
へいへい、何が不満なんだか……
ぼやいたA男の前にそれは顕在した。

ぼわっとしたイメージ。
そこは部屋だった。ホテルの一室。枕のところにライトが薄暗くついてる。
いたのはI女の旦那様だった。裸みたいに見えるがぼやけてる、奥のほうにもう一人……誰だ?
A男がそう思ったら、今度は旦那様と小柄な上品な感じの女の人が映った映像が現れた。
2人とも落ち着いた満たされた感じがして穏やかに微笑んでいた。
これはもしや……

725 :書き込み初めての人@転載は禁止:2016/02/18(木) 21:19:12.37 ID:B1eHhnh+0
高校3年生の時の話。
寝ぼけてたのかほんとに心霊現象だったのかわかんないけど。下手な文章ですまそ。

高校3年生の9月の時。夕方ぐらいにめっちゃ眠たくなって晩御飯まで自分の部屋で寝ようと思ったんだけど、その日すごく暑くて汗かいてたからベッドじゃなくて絨毯の上で電気付けて寝てた。

そしたらいきなり強い力でほっぺた平手打ちにされて絶対お姉ちゃんが起こしに来たと思った。(時々アグレッシブな起こし方してくるから)

痛かったのもあったからすっごく不機嫌に「なに?」って叩かれた方向いたら誰もいない。

は?なにこれ?って思ったけど眠いからそのまま上向いて寝ようとしたら誰か立ってる影がかかんの。

え?って思って目開けるけど誰もいない。しかもめっちゃ怒ってるってのが伝わってくる。

でもめちゃくちゃ眠たくて、影がかかる→目を開ける(また叩かれんじゃないかと思って)→寝そうになるってのを繰り返してたら耳がキーンってなって人ごみの中にいるみたいにざわざわした感じが聞こえてきた。
心臓もばくばくして流石に「あっ、やべえ、これ。寝たあかんやつ」って思うんだけど寝ちゃいそうになる。
そしたらすーってドアが開いて、音も大きくなって心臓もすっごくばくばくなってきたから眠いけど必死に起きてた。
数分その状態が続いて、次はドアがゆっくり締まっていって人ごみもそれに合わせて遠ざかっていった。
心臓のドキドキも収まっていってそれと同時に眠気もなくなっていった。

暫くぼーっとしながら死ななくてよかったーって思った。
んで、ダッシュで下にいる家族のとこにいったw


ただの金縛りかも知んないけどめーっちゃ怖かったww
ほんと理解不能な体験だったw

726 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 21:25:28.49 ID:FzEVXi7j0
金縛りで半覚醒のときってリアリティある不思議な体験するよね

727 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 21:26:56.04 ID:B+6CvW0R0
6−7/8
Mさんに相談した後、自信が出たのはいいがA男はさすがに同情にも似た複雑な気持ちで家路を急いだ。
カランッ。隣家の風呂場に反応アリ。でもなぜか攻撃的な感じはしなかった……
???、そのことが少し気になったがA男はかまわず集中した。うまく聞こえるだろうか。
A男はこのときばかりは自分の念が相手に漏れてるのを願いつつ頭の中で言葉を発する。

[[旦那様の浮気の現場の過去を見た。I女さんとは体格が違うから明らかだ。]]
……………。何も反応がない。失敗か?などとA男が思っていると

{お金持ちってヤーね}
一声だけ聞こえた。

I女の協力者だったのだ。どうりで感じ方が違うはずだ。
その頃、A男はオカルトサイトをめぐっていて波動という言葉を知っていたので
この感じ方の違いが波動の違いということなのか……とこっそり感嘆した。

728 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 21:31:54.87 ID:B+6CvW0R0
6−8/8
うーん、本気で迎撃するわけにもいかない。
かといって、やらないと死霊と式と呪術由来の霊障が飛んでくるからなあ。

A男は毎晩いそいそとやってくるI女と協力者にどう接すればいいのかわからなかった。

「神社でお願いしてるだけで家族は平気」
Mさんからはもう命の危険はない、といったようなセリフも聞いてたのでA男は安心してしまっていたのだろう。

実はすでにこのときにも新しいサイクルというのが動き出してしまっていたのだった。
人の欲望から来るあやまちの部分にばかり目がいってしまっていたA男は神様のことをすーーっかり忘れていたのである。
最初から今まで神頼みしてここまで来たのにである。

「あなたは神様の良い部分だけ体験してるからわからないけど、
神様って恐ろしいのよ」
よくMさんはその恐ろしさ・非人間的な非常さを話してくれたものだった。
だが、ここまで書いたとおりA男は頭の回らない男である、感情的に思い込みで突っ走って後悔して、
違う事柄で同じように喜怒哀楽を繰り返してきた。

そんなA男が神様に強制的に歩く道を迫られるときが来たらいったいどうするのだろうか?

729 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 21:36:31.64 ID:B+6CvW0R0
7−1/3
いつだったかI女の瞳をマジマジと見たことがある。
そうする機会を作ってくれた方がいた。

初期の段階でA男の正しさを主張された海外の占い師Dさんだった。星占いが専門らしい。
DさんはMさんに聞いたらものすごーくすごーくすごーくしっかりした方とのことだった。
「聖人様よ。」
Mさんの言い方が気に入ったのでそれまではよくお名前を呼び捨てにしてたのだが、
A男は神様の前では功徳高い聖人様と呼ぶように気をつけていたのだ。

イヌが欲望の産物という言い方もされていた。
A男は自分の周辺のとばっちりを受けていないか心配で神の前でDさんの無事を祈ったこともあった。

730 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 21:40:08.85 ID:B+6CvW0R0
日本語に翻訳されていて今でこそ誰でも毎日読めるのだが、昔は英文サイトのみだった。
A男はDさんの占いを毎日読んでいたが、あるときI女が自分の星座と同じことに気がついた。
I女が憑依に気がつかなかったときはわざわざ
「本当に気がつかないのですか?」
と書いてたくらいだ。

I女はI女でA男がDさんの占いを読んでることを知り、毎日のようにそれをチェックし
A男の行動を予測しようとしてるらしかった。
まあ、それでも神様だけはどうにもならんだろうが。

DさんはI女によく人の道を説いた。その教えぶりを見るに教会の偉い人ではないかと
A男が思ったほどだった。王室お抱えの占い師でもあるらしい。
Dさんは同時にA男とI女の周囲も気遣っている感じがした。

731 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 21:46:51.21 ID:B+6CvW0R0
7−2/3
白い輪郭に、白い塊、わかりやすい憑依の印なんだそうな。もはやその印自体はうろ覚えだったが、
その日は曇り空で、屋外で不釣合いな蛍光灯の塊がI女の両方の瞳の中に確かに確認できたことをA男は覚えていた。
ただ、けっこう怒りパワーでコテンパンにしたあとだったので、興奮状態限定なのかもしれないが。

DさんはA男が知識を手に入れているか理解しているかの判定をした上で、さらにすごいことに、
A男に謝罪に行かせるフリをさせ、本当は憑依の証拠をマジマジと見させるつもりで
占いを書いたのだろう。
今思い出してもA男は頭が上がらない。

あれは家族にも他人にもわかるだろうけど、いざとなったら病気で通せるし、
目を覗き込むのは不審がってるのモロばれだろ、娘の一人は初期にI女の憑依を疑っていたんだけどなあ……

732 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 21:48:33.05 ID:gzR2R/Ha0
お前らがコピペ容認するからこんなことになるんだろ

733 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 21:55:00.22 ID:B+6CvW0R0
女のカンはすごい。
そうA男は再確認しながらもやってきたのは、都心にある地元中心ぽいこじんまりとした神社だった。
こじんまりといっても、ウォーキンググループが集合場所にしてるし、
観光ガイドのマイクの声も聞こえてくる。
ただ相当古くからある由緒正しいやしろだった。

実はA男がここに来たのは偶然だった。
Mさん紹介の2文字の地名の片方を間違えて違う方にいっちゃったのだった。
なんと思い込みで突っ走る輩なのか、A男ーーー。

ここの一角にA男が特に気をつけて拝礼するやしろがある。
何が違うわけではない。並ぶのは同じつくりのやしろ。ただ一箇所だけがA男の感覚では
とても畏れおおかった。

734 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 22:10:47.44 ID:B1eHhnh+0
>>726
ほんとびっくりした(笑)
自称霊感ある友達に女の子の幽霊いるからねって言われてたからついに連れていかれるんかと思ってgkbrしたわw

735 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 22:19:27.06 ID:B+6CvW0R0
7−3/3
「私には同じ神が地方で違う呼び名をされていることがとても興味深いです」
正確ではないかもしれないがDさんは確かそのような文を載せていたことがある。

A男はそのうちの一柱に出会ったのだと感じていた。
Dさんの言葉を大事に扱うように。
そういった合図のようなものも受け取ったこともあった。

DさんはA男の最初の先生のようなものであったかもしれない。
I女との騒動がおきるずっと前、その占いに共感しその通りに行動して痛い目をみたこともあるし、
たしなめられたことに反発して怒りを向けたこともあった。
過去のこととはいえ今のA男の能力を見るに猛省を求められる行為である。

736 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 22:19:38.69 ID:FzEVXi7j0
>>734
これ言うとさめちゃうけど、
心音と血流音(ざわざわ)だけがどんどん大きくなるのは、
脳のうち聴覚野だけが覚醒しきっているから
視覚野や運動野は寝てるから変なもの見るし体動かない
聴覚も寝ててくれれば夢だとわかるんだけど、
五感の一つがリアルに感じるだけで人間って錯覚しちゃうんだよね

737 :広島@転載は禁止:2016/02/18(木) 22:20:22.55 ID:6ehEVAP10
引っ越したいと

いっても引っ越せない。
なぜなら この人たちに集られて

金儲けに利用されてるから。

738 :広島@転載は禁止:2016/02/18(木) 22:21:13.86 ID:6ehEVAP10
聞き耳言葉一つ一つが

この人たちの金儲けに利用されてる。

佐々木家や その周りの。

739 :広島@転載は禁止:2016/02/18(木) 22:21:55.94 ID:6ehEVAP10
暴力というレベルじゃない。

殺人だ。 みんな気づいてる。

解放同盟でさえ ドン引きしている。

740 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 22:22:40.01 ID:B+6CvW0R0
MさんにあまりにもA男はDさんに人生で世話になりっぱなしなので
恩をどこかで返さなくてはいけないと言われていたので
神にDさんの無事を祈ったA男はいつかの八つ当たりの後ろめたさ半分からでもあったが
最初の頃からどう変わったであろう。


Dさんに謎の東洋人とかよばれていなければいいけどなあ……
ここに来ると何年来の親友に会ったように遠い昔のことが思い出されてしまうので
A男はつらい気持ちになることもあったが
以前はなんとも感じなかったやしろの前で畏怖を感じたり、昔の郷愁の感覚を呼び起こされたりと

A男は同時に自身を幸福で恵まれている一人の人間のように思っていた。

741 :あ、Alt ALSALIVO!(オルサリボ)ハノーヴァー。@転載は禁止:2016/02/18(木) 22:27:49.48 ID:rjj6Zr2N0
広島(せろしま)

742 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 22:29:32.75 ID:B1eHhnh+0
>>736
へー!そうなんだ!よかったー。心霊現象じゃなくて(笑)

743 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 22:30:08.98 ID:B+6CvW0R0
8−1/4
「いかんいかんこんなことでは波動に潰されるぞっ。」
A男がEさんに覚えているのはこれだ。EはDの続きではなくESPのE。

波動という言葉の詳細を教えていただいたのははっきりEさんであると断言できる。
おおまかにはMさんから教えてもらっていたが、そのときは良いと悪い、
生きている人間と幽霊の違いくらいにしか
A男は理解できていなかったと思う。

類は友を呼ぶよろしく同種の波動は引き合う。それが例え無機物であっても。
波動情報がまったく無いものは何なのかA男は考えたが
今浮かぶのはどんな何かにも定義づけすることができない何かとしかわからない。
闇は闇であり、空なるものは空という波動情報になるもんだとA男は想像してた。
波動情報が無いというものは無く、受け取る側が定義できないからこそ
とらえられないものなんだろうと。

Eさんは超常能力をEさんの視点から分析、解説する自身のブログで
よくA男だとわかる情報を載せていた。
コメント欄に現れる方もA男の情報を書いてる方が見受けられたので
行っただけでわかるもんなんだなあと、最初は本当に感心したものである。

744 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 22:40:46.96 ID:W+BNj+Ph0
こいつ全く他のレス見ずに連投しまくってんだな

745 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 22:44:34.91 ID:B+6CvW0R0
8−2/4
「あなたは体感覚を磨いた方がいい。それはあるかもしれないから」
Mさんにこう言われたことがあるが、基本悪霊の類は姿を変えることもあるそうで
場合によっては神様のマネだってすることがあるだろう。

ここで体感覚を磨くということは霊体が持つ波動情報から
相手がA男に対してどういうことを仕掛けてくるかを定義づけろ、という意味だったのではないかと
後になってからA男は思った。

最初は類友のように、悪いものと出会ったり引き合ったりすることを極力なくすためだと思っていた。

それにはとにかく波動を上げればいい。
そこで調べたところ一番詳しかったのはEさんのブログだった。
Eさんはブログだけではなく個人の能力開発につながるような修行をマンツーマンで行っている
指導者でもあった。

Eさんはお金を払ってる受講者でもないA男や、おそらく他の同様に指導を知らずと求めてくる人たちに
基本的な修行方法を解説してくれていた。
A男はそれを試し、Mさんの言うように波動感覚を高めるようつとめていった。

746 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 22:49:34.18 ID:B+6CvW0R0
8−3/4
「あなたって本当に幸運なのね。自分に力があるか無いかを受け入れられるんだから」
このセリフをその通りにMさんから言われたわけではないが、確かに意味合い的にこれと同じことを
A男は言われたことがあった。

能力が使えるのに使えると思い込んだまま、ほとんど先へと進めないような人たちを
どうにか導いてほしいと、MさんのところにはK氏から丸投げされた方たちがいるようだった。
ただ、A男は自分のことでいっぱいいっぱい、失敗多数、浄化も進まず進展なしなので
自分こそが能力なしの思い込み突っ走り野郎だと思っていたので
そんな話をなぜA男にするのかわからなかった。
悪霊に取りつかれて神様の前でそれに似たようなことで騙され陳情に近いようなことを
お願いしたことはあってもだ。

これは自分に存在する”能力なし”という波動情報をとらえるくらいには
波動受け取り能力が備わっているからだったのだろう。

747 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 22:59:55.07 ID:gzR2R/Ha0
>>744
なんでお前らのゴミみたいなレス読む必要あるんだよ

748 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 23:06:50.46 ID:PuPgfHt10
>>732
むしろおまえの『自己正当性を謳うため』の自演にすら見えるわw

749 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 23:08:24.03 ID:PuPgfHt10
なんでおまえが代弁…あっ(察し)

750 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 23:10:02.31 ID:B+6CvW0R0
A男はMさんにはK氏のよいところをマネするようによく言われた。
後になってわかったことだがA男は因縁の重い人物だとK氏は言っていたようだ。
それはあまり係わり合いになりたくない手合い、という意味だとA男は受け取った。
犬も歩けば因縁に当たる、いや、歩けば波動と因縁の両方に当たってしまうのだ、
A男は以来、かかさず先祖供養のお願いを忘れない。

だが最初に、それでもK氏はA男の相談に乗ってくれて犬神封じの法があることを教えてくれたのだ。
まあ、うろ覚えなのだが、どなたからかI女が土地にいる限りすぐにくっついちゃうとも
うかがったので、その条件をクリアしない限り憑依をとくことはできないのだったが。


K氏は「自分の神を出すのです」と複数回にわたりA男に説いた。
今になってそれが如何に大変か、A男にはよくわかる。
I女に対してK氏のようなマネをすることはA男にはムリだった。
今でもK氏があのような態度でA男に接してくれたことそれ自体がA男には尊敬の対象であった。

751 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 23:11:38.41 ID:gzR2R/Ha0
自演認定きたww

752 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 23:14:38.06 ID:B+6CvW0R0
8−4/4
Eさんは神秘行という言葉をよく使われていた。
超常能力開発でオッケーくらいかな、と最初に思う人もいるかもしれない。
K氏やMさんに言わせれば神様にゆだねるという表現を使われるかもしれない。


A男にはそれが何か畏れ多いものとか恐怖とか危険なものに感じられた。

ある修行体系を続けることによるものだったり、神様そのものによるものだったり
どちらにしてもそれは超常的な力の現実介入であり現実改変であった。

A男はずーっと長い間神様にお願いしてきた。
何かのお願いを叶えてくださいというのは、結局のところ超常的な力による現実介入である。
あの人にコーヒーを飲ませないでください、というお願いがかなったら、
カップを口に差し込んでコーヒーを注ぎ込んでもどこかへ消えうせてしまうのである。
もちろんそんな手品のようなことよりも、コーヒーが入ったカップが存在しないように
してしまう方が簡単だろう。

家族が襲われている状況を変えてくださいというお願いがかなったら
原因が何であれ過程が何であれ、結果が消えうせる。
結果が消えうせるように現実改変されていくのである。
それをA男は思い知ることになる、という神秘行という言葉に含まれた波動情報を
おぼろげながら捉えていたのだ……

753 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 23:15:20.05 ID:PuPgfHt10
嬉しいか? 認定もらえてよかったな

754 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 23:18:25.86 ID:B+6CvW0R0
区切りがついたのでまた今度

755 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 23:21:05.78 ID:gzR2R/Ha0
やっと終わったか
さすがに読むのしんどいけど、最後の行だけでラノベとわかる
21点

756 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 23:22:56.88 ID:FzEVXi7j0
宣伝ありがとう
つづきが読みたい方は>>256のスレへどうぞ

757 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 23:34:50.62 ID:gzR2R/Ha0
こっちに投稿しろよ
完全にお前しか投稿してないから単発スレになってるじゃん
規約違反になってるんだよ
統合スレから追い出すとかあほかよ

758 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 23:39:04.91 ID:FzEVXi7j0
>>757
ここで言っても意味ないだろ
>>256のスレにそう書いてくれば

759 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 23:46:48.75 ID:gzR2R/Ha0
お前がいけよ

760 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 23:48:47.57 ID:FzEVXi7j0
なんでやねんw

761 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 23:49:47.48 ID:gzR2R/Ha0
いいからいけよ
お前らが追い出したんだろ

762 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 23:53:02.51 ID:FzEVXi7j0
おまえ面白いなw
暇つぶしにつきあってくれてありがとな

763 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/18(木) 23:58:46.16 ID:gzR2R/Ha0
寝ろ

764 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 03:44:59.92 ID:ii8HRFoM0
伸びてるとおもったら、コピペと荒らしとケンカで伸びてるカススレに成り下がってるな

765 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 06:46:48.23 ID:Hv4VxWk80
PrimeVideoでリング一通り見たけど昔はなんであんな程度で夜も寝られんほど怖かったのか分からんね

766 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 06:59:54.77 ID:dmP+zeAC0
いけだともこ富山チンパンジーゴリラ鼻ブス太ったねw安定のブス富山ウンチちゃんみてんじゃねーぞクソデブ死ねよwドブデブババア鼻ブスいけだともこ富山チンパンジーゴリラ豚

767 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 08:42:34.71 ID:89+TzisU0
喧嘩というか荒らしが煽り耐性なさ過ぎるように見える

768 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 15:37:33.96 ID:h6mKBXFr0
昨日
髪の長い女の幽霊見た
ちびった

769 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 16:00:02.00 ID:h6mKBXFr0
今金縛りにあった
子供の幽霊が出た
すぐ消えた

770 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 16:23:34.91 ID:h6mKBXFr0
俺はしんだ
幽霊になった

寒い

771 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 16:35:09.05 ID:h6mKBXFr0
高校のころ夜空に月がなかった
うずをまうて飛んでいた
覚えていない

772 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 16:59:26.98 ID:h6mKBXFr0
海に行った
海上に人が立っていた
まじで

773 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 18:08:18.98 ID:89+TzisU0
今日は落ち着いてるね

774 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 18:40:48.90 ID:jR4bQywk0
俺が使えた「超能力」の話。

俺はある時期「超能力」が使えた。俺は今34歳なんだが、使えたのは26歳ごろ、使えなくなったのが27歳の11月19日。
どんなかっていうと、周りの人間が俺の悪口を言ってたらわかったんだ。
それと、周りの人間の行動の目的が俺への嫌がらせなら、それも全部わかった。どんな些細なことでも。
わざわざ俺に何回も何回もクラクション鳴らしてきたりするやつとかな。歩道歩いてただけなのにな。
でもこんな「超能力」、俺には活かす方法がわからんかった。というか害にしかならなかった。
普通に道歩いてるだけでも俺の頭がハゲてるとか、顔がキモいとかそんな悪口ばっかり言ってくるんだ。
酷い時には周りに誰もいないのに「死ね…死ね…」とか呟きが聞こえる。おいおい幽霊の声まで聞こえるのかよ。

あともう1つ「超能力」が使えた。自分の考えを相手に伝える。無言で。アイコンタクトとか手振りとかもなしで。
つまるところテレパシーだな。但しテレパシーといっても自分の意思とはおかまいなしに言いたくない事も全部伝わってしまう。
男性なら自分の昨日のオカズが勝手に相手の脳内に送り込まれる、と言えば深刻さはわかるだろうか。

775 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 18:41:18.98 ID:jR4bQywk0
まあこんな生活続けてると精神が参るよな。というわけで精神科に行ったんだ。こんな「超能力」で困ってる、ってな。
そしたら「うつ病だろう」ってことで薬をもらって。何ヶ月か薬を飲んでいるうちに精神が落ち着く…
ってことはあまりなかったんだけど、「超能力」が消えていくのがわかったんだ。悪口も聞こえない。
俺への悪意も感じなくなったし、自分の考えも漏れ出さなくなった。

ここまでで気づいた人もいるだろうけど、この「超能力」は超能力でもなんでもなく、
統合失調症っていう病気の症状だったんだな。
精神の病気にかかると「超能力」なんかを得た気になってしまう。
しかもその症状が精神病だとは疑いもしなくなってしまうっていう。
それが俺にとっては洒落にならないくらい怖い話だった。
オチとか何もなくてすまんな

776 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 18:47:35.11 ID:HL7mmQrG0
>>775

能力を恐れた医者に騙されてる。
今も監視されてるだろう。
気をつけろ!

777 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 19:16:38.68 ID:pokSIxo30
9−1/2
あのー拝啓、神様。I女さんはもともと悪い人なのでその土地にいるだけで人を襲わずにはいられなくなっちゃうんですよね?
そういうことを引き起こす悪い土地なので。これはMさんから始めA男が聞いてきたことだ。

すんごい大人数でやるか人里になんかはそもそも現れないような行者さんなら
土地そのものを封じられるらしいけど、
そういう未来がこの土地にやってくるのが見えないとMさんは言った。
細々としたA男の努力?というか神様頼みの神秘行で人が切り替わるサイクルを呼び込むことには成功した。と、今までのところはうかがっている。

ではI女がその土地からいなくなることは絶対条件で、ついでにうまいこと犬神封じがされれば
まあA男の家族が襲われる心配はなくなるわけだ。
だけれどI女が憑依の影響からか強硬に土地へとしがみつくわけで、
ならば、とA男がI女をコテンパンにして強制的に土地から退去させようとすると……

#####勝手なマネは許さない#####

素敵なおみくじの一文ですね、神様。とっても怖いのですが。

778 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 19:38:51.64 ID:pokSIxo30
いったい神様は何をお望みなのだろう?
A男がそもそも最初にやしろの鳥居をくぐったのは家族の安全のためである。
今でもそれは変わっていない。いや、「前提条件が間違ったものでない場合変えるのは危うい」
という神秘行らしき情報をEさんのブログから読み取ったので、
もちろんA男は自覚があるほどに能力なしである。その理解が正しいのかはわからない。
しかし、とにかくA男はその最初の理由を最大目標として行動していたのだ。

I女の土地からの退去。
それこそが、というかそれだけ果たせればヒドイこと言うと犬神が外せなくても
I女が他の人を恨んでその人がたまたまTVつけたときにお昼の番組でコメンターがしゃべってるときに
ギャラリー側から咳き込む音が入り込んでも知らんぷりでも実は、神様的にはOKらしかった。

というかそれこそが望みなのか、ともA男が思うことがあったくらいだ。

779 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 19:43:35.87 ID:pokSIxo30
9−2/2
だが、まあ
「さすがにコレは行き過ぎだろ、と思ったら血縁以外のお願いをしてもいいと思う」
というMさんの言葉も覚えてたし、Dさんにいたっては
「世間があなたに要求していることって難しいことではない」
とおっしゃってるので、A男自身、一般の人がちょっとずつ霊障を蓄積していくのを見てていい心地は
しなかった。
Mさんに言わせれば「くっついてるだけ」とのことなので、特に体質的に弱い人以外は
ちょっと体調を崩すくらいなので安心して欲しい、とのこと。


世間一般の安全のためにも
I女のその土地からの退去、は絶対条件だった。
ついでに犬神封じもそうだが、それはさすがに家族・血縁の責任だと思う。
彼らに責任がないわけではない。

そもそもI女を精神不安定にさせる行動を配偶者が続けていた。
他も原因究明をおこたっていたわけだが……血縁者に地獄行き確定者が発生したら
彼らの未来も暗いだろう。

780 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 19:53:51.82 ID:pokSIxo30
どの瞬間でもA男は
強制的にI女を退去させる、選択肢を心の内からは排除し切れなかった。
これは物騒なことだが

I女側がこの条件を満たすのだけだったら非常に簡単な方法でなしえるのであった。
要はI女が土地を去っていくだけでいいのだから。


−−−−−I女が土地を去る−−−−−
今現在、たったそれだけのことに強硬に反対しているのが
憑依やその他もろもろの悪影響を受けたI女であるのだ。

781 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 19:54:52.10 ID:pokSIxo30
10−1/
最初にK氏に会ってからはや3年くらいは経っただろうか。
年が明けてひと月過ぎて2月になっていた。
今日もA男は家族の不調を訴えにMさんのもとを訪れていた。
「失礼いたします」
Mさんは今日も忙しい。A男みたいなチンチクリンに丁寧にご挨拶をされたお客様が通り過ぎて
恐縮しているところを通される。

「うーん。確かにあなたの言ってることもわかるけどこれは自分でケガしたのよ」
え、そうですか、うーん?でも夜中にいつも痛みを訴えてますよ?
「ホラ、それ!!わたしの言うことを素直に聞けないということはまた頭になんかひっついているのよ!」
えー……確かにそうですね。うん、そうだ。Mさんが正しい。

A男の感覚では確かにI女が理由であった。しかし不思議にもこのときMさんはそれとは反対のことを言った
のである。今思えばこれは正しかったと後にDさんの言葉で知ることになるのだが、
A男はとにかくMさんの言葉に従って様子を見ることにした。

782 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 19:54:54.70 ID:xrZKN3pc0
キチガイの下手くそでつまらん話まだ続いてたのかよ
専用スレ立てたんだから出てくんなよゴミ

783 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 20:21:53.93 ID:pokSIxo30
早朝、A男はいつものように身支度をすませていると
{うわっ、やっぱり神様だぁ!!}
???、何があった?
どうもI女の方で神様のことに関わるような何かがあったらしい。
1月とすれば日本人なじみの初詣=おみくじだが……

784 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 20:34:15.52 ID:pokSIxo30
10−2/4
おそらくI女が家族を攻撃している。A男が神に祈る。
次の日、おそらくI女が家族を攻撃している。A男が神に祈る。
次の日、おそらくI女が家族を攻撃している。A男が神に祈る。
            ・


おわらん。

なぜかI女は執拗に執拗にA男の家族を攻撃してくるのであった。

{出て行け!!}

???、おみくじでよっぽどヒドイこと言われたんだなあ……
I女を神社に連れて行ったとき調子を崩して本人はいかなかったような
家族の話が聞こえたことがあったので
家族が引いたおみくじにスゴイことが書いてあったんだろう。

785 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 20:43:53.49 ID:gz6B3GC60
ちょっと不思議な話をさせてほしい。
今日友達と連絡を取っててふと、最後に携帯でコピーした文が
気になって貼り付けてみたんだ、すると
この指とまれ 私の指にその指ごと連れてってあげる
ひぐらしが鳴く開かずの森へ後戻りはもうできない
ひとりずつ消されてゆく暗闇のその向こうに
鏡の中で蠢き伸ばしてくる無数の手でさぁ誰かをここへ誘いなさい
鬼さんこちら手のなる方へどんなに逃げても捕まえてあげる と出てきて
何かの歌詞か?と思って検索したらひぐらしのなく頃にの
歌詞らしい。でも俺はひぐらしはないし検索したこともない。
歌詞と逆再生が怖かったので書き込んでみた。

786 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 20:51:13.56 ID:pokSIxo30
I女は連日のように寄ってきてはA男の家族を執拗に攻撃してきたのだった。
A男は無傷だ。警戒しているのだろう。
A男の家族は連日医者通いだ。原因不明だろうが、対処療法になるんだろうか?

あんまりに終らないのでこれは仕方が無いと思い。A男もI女を攻撃せざるをえない。
ビシバシ、ドスンドスン……何でも良い
とにかくI女にダメージを与え攻撃力を削いでしまえばよいのだから。
コテンパンにすると式を飛ばすような欲望エネルギーも下がることをしっていたので
かわいそうだけど仕方が無い。

そう、本当にI女はかわいそうな一人の人間だった。

787 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 20:54:21.16 ID:pokSIxo30
10−3/4
もうI女の両親が育て方を間違えたのは間違いなかった。
でもそれだけではなかった。
I女の旦那も浮気をしていたのだ。
ここで終ればいいのだが、ああなんということだろう。

I女の他の家族もI女がなんで呪術をかけてまで執拗に他人を襲うのか。
なんでそんなに攻撃的でいなくてはならないのか理解できないらしかった。

「普通の人は見えないものを見たりできないんだから、一切話さないほうがいい」
Mさんの言う常識である。ええ、確かにその通り。
I女の他の家族には何にも見えません。

それゆえの孤独。I女は孤独であった。
神様の新しいサイクルが始まって、周辺住人から逃げ出すものが出たら
{アイツをやっちゃって!!}
などと言ってたくらい。人への支配欲が強かったのだ。無いゆえの欲望であるのだ。

788 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 20:59:01.95 ID:pokSIxo30
呪術も死霊も式も普通の人には見えない。A男の家族が深夜に強烈な痛みを訴えて
朝方その体験を報告したときに初めてI女の襲撃だと理解できるくらいなのだ。

I女をコテンパンにしたときは決まって足元から冷えてくる感覚をA男は味わっていた。
Mさんは邪気といっていた。Eさんの文章でピンときたのは恨みだった。

あの恨みは理解されない恨みだ。
I女はあんなに大家族であるのに
家族の誰にも理解されないのだ。

I女の旦那は浮気をした。
I女の親はI女を受け止めてはいなかった。I女が今どんなに大事に思っていてもだ。

789 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 21:06:59.10 ID:pokSIxo30
10−4/4


これは結局のところ家族の物語だった。
I女は家族に理解して欲しいと常に思っていたのである。
I女が他人の家の旦那を殺したのは、襲ったのは真実を知らないまでも感じていた自分の旦那の無理解を浮気を呪って
それを他人になすりつけたからである。
I女があんなにも他人を縛ろうとして、もはや自分の所業が周囲に広まった頃に
自分の味方をも襲い、傷を負わせてまで従わそうとしているのは

家族が自分をないがしろにしているからだ。もちろんそうではないがI女自身はそう思っている。
家族がないがしろにするから
家族を自分に従わせたいからこそ
他人の家族を死霊なり式なり呪術なりで襲うのである。

790 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 21:10:09.38 ID:KU6BW8EK0
突然だけど今朝、朝寝坊してしまってさあ
それで会社に行くのやめたんだけど・・・
脱線してしまった
ぼくの話はスレ違いだったかな?
じゃあ話を戻すけど朝寝坊して本当によかったよ
さあ会話を続けてください

『朝寝坊』

791 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 21:28:40.59 ID:SC7xOVqw0
数年前、大きな台風が来た夜のこと。 
同僚Yは出張からの帰途、浸水する道路を必死で走行していた。 
時間は零時近く。夕方過ぎから警報も出ていたので、その頃は 
車量もほとんどなく、数十メートルおきに置かれた外灯の明りだけ 
が頼り。視界は最悪。道路はどんどん水かさを増してくる。 
Yはそれでも叩きつける雨の中、ワイパーをフル回転させながら 
必死に車を走らせていたんだけど、ついに前に進めなくなった。 
窓を開けて下を覗き込むんでみると、タイヤがほぼ水に浸かって 
いて、ドアの隙間からはじわじわ雨水が染み出し始めてきていた。 

もうこりゃ駄目だ、と悟ったYは、自分の入ってる自動車保険に 
「集中豪雨の際のトラブル」みたいな条項があったことを思い出して、 
応援を呼んでみることにした。 

792 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 21:30:04.84 ID:pokSIxo30
もはやA男にはI女が救えないのは明白だ。世間の要求もこれでは通らない。
いまやA男はI女を恨んでいるわけではない。K氏は過去は忘れなさいといったのだ。
Dさんは細やかな注意を払ってくださいというが、これはもうA男ができることではないのだ。

I女を救うことのできるのはI女の家族だけであり。
I女が周囲を恨み、呪術で人を殺め、死霊の式を世間の人々にまで放った、
その恨みの心こそをI女の家族が受け止めて、癒し、
傷ついてるI女と一緒に正しい道を歩み始めることこそが、
この無理解から来る恨みの全周囲放射を収めることのできる唯一の手段なのである……

793 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 21:30:23.74 ID:SC7xOVqw0
実際こういうのを呼ぶのは初めてだったから、ちょっと緊張しつつ 
ケータイを鳴らすと、深夜にも関わらず向こうはすぐ出た。丁寧な 
対応で、事情を話すと、レスキュー班をすぐ派遣してくれるとのこと。 
Yは自分の現在地の詳細に伝え、お願いしますと言って電話を切った。 

雨はまだまだ激しく降っている。風も轟々。外は真っ暗で心細い。 
早く来てくれないかなーと思いつつぼんやり時間をやり過ごして 
いると、サイドミラーにぼんやり近づいてくる明りが見えた。 

やっと助けが来たようで、Yはほっとした。 

軽トラのような車両がYの車の後ろにぴったり止まり、 
中からレインコートを羽織ったスタッフが現れた。 
窓をコンコンと叩くので少し開けると「大丈夫ですかー?」 
思っていたより若いまだ青年のような男だったが、Yには 
救いの神に見えた。 

「早かったですね」 
「出られますか?」 
「ドアが水圧で開かないみたいなんです・・・」 
「じゃあ、窓から出ましょう。僕が引っ張るんで」 

手際よく、Yは無事に車から出された。スタッフの男は、自分と揃いの 
レインコートをYに羽織らせ、後ろのトラックまで誘導してくれた。

794 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 21:31:56.37 ID:SC7xOVqw0
すみません。書き忘れましたがYは同僚です。

Yはレスキュー車の助手席に乗せてもらった。タオルも貸してくれた。 
スタッフの青年は、自分はYの車のエンジンとか車両の不具合状況を 
調べなきゃならないから、ここで少し待っていてくれと言った。 

「あ、これサービスです。温まりますよ」 

青年はYに魔法瓶を差し出して、自分は豪雨の中出て行った。至れり 
尽くせりだなーと感謝しつつ、Yは魔法瓶の中身を注ぐ。紅茶だった。 
あったかい。湯気と共に良い香りが車内に立ち込めた。猫舌なので、
紅茶をちょびちょび舐めるように飲んでいると、携帯が鳴った。画面
を見ると、保険会社からだった。レスキューが無事着いたかどうかの
確認だなと思い、Yは電話を取った。 

「あ、Yさん、○○社です。ご状況いかがですか?」 
「あ、どうもー」 

「実はですね、大変申し訳ないのですが、△△道が波浪警報のため現在 
通行止めになってしまっていて、Yさんがいらっしゃる地点まで、大きく 
迂回していかなければならないため、スタッフがそちらに着くまでに最低 
あと4、50分は掛かってしまうと思われます」 

「・・・・・え?」 

795 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 21:34:15.90 ID:SC7xOVqw0
「もしもーし?」 
「・・・・・・」 
「もしもーし、Yさん、大丈夫ですか?」 
「あの・・・」 
「はい」 
「あの、スタッフの方、もう着いてます。」 
「え?」 
「10分まえくらいに・・・男の、若い人。 
私、もう車両から引っ張り出して貰いました。」 
「え、本当ですか?」 
「ええ。今、紅茶をいただいて・・・」 
「紅茶?」 

会話がなかなかかみ合わない。保険会社の社員は、矢継ぎ早に 
質問をしてきた。そのレスキューは何時頃来たか、どんな車両で、 
どんな人相で、どんな服装で、何人来て、どんな対応をしたか。 
Yは答えながら、携帯を握る手に汗がにじんでいくのを感じた。 
不安から自分がだんだん早口になっているのが分かった。 
保険会社の社員は、Yさん落ち着いてください、と言った後、 
一呼吸置いてこう告げた。 

「・・・あの・・・それは・・・本当に当社のスタッフでしょうか?」 

保険会社の社員の話では、Yの元にきた男は服装や車両の特徴も、自社スタッフと 
まったく異なるという。通常、豪雨時の応援には最低2人以上のスタッフを派遣 
することになっているし、暖かい紅茶のサービスなんていうのも行っていない。 

Yはわけが分からなくなった。 

796 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 21:36:18.41 ID:SC7xOVqw0
保険会社の社員も同じくわけが分からないようで、 

「現地に向かっている筈のレスキュースタッフと連絡を取ってみて、現状を 
確認し次第、再度連絡します」 

と告げ、Yの返事も聞かず、電話は切られてしまった。 

Yは暫く放心したが、自分の置かれている状況を整理すると背筋が凍った。 
前方のYの車両の脇で何か作業をしている風なレインコートの影。あれは 
一体誰なのか。保険会社のものではないとしたら、今自分が乗せられている 
この軽トラは何なのか。この紅茶は何のために飲まされたのか。 

ここから逃げた方が良いのか、助けをまった方が良いのか。 
Yは混乱する頭で考えた。窓の外を見ると、一時期よりは 
雨は弱くなっていた。もし、逃げ出せるとしたら今がチャ 
ンスなのかもしれない。でも、どこへ?しかも足場は最悪だ。 
ふと、前を見ると男の姿が見えない。あれ?と思い、フロント 
ガラスの結露をぬぐってもう一度よく見たが、やはりさっきまで 
いた筈の男のレインコート姿が見えない。どこへ行ったんだろう。 
Yは意を決して外に出てみることにした。さっき男が貸してくれた 
レインコートを羽織ろうかと思ったけどやめた。車から降りると、 
水嵩は膝下まで来ていた。Yは恐る恐る軽トラの周りを一周した。 
男に鉢会ったら間違いなく悲鳴を上げただろうが、会わなかった。 
その時、携帯が鳴った。 

797 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 21:37:49.37 ID:SC7xOVqw0
保険会社からだった。 

「あ、Yさん大丈夫ですか」 
「はい」 
「あの、あと10分ほどで救助スタッフ到着するそうなので、もう 
少しの辛抱です。大丈夫ですか?」 
「あんまり大丈夫じゃないです。」 
「あの、念のため警察にも通報を入れたので、それもそちらに 
向かっていますので・・・」 
「私は、この場に居たほうが良いんですか?それとも逃げた方が 
良いんでしょうか?」 
「あの、実はですね・・・」 
「はい」 
「Yさんが現在いらっしゃる近辺、刑務所があるそうなんですよ」 
「え?」 
「その辺りいつもなら夜中に巡回のパトカーなんかもいるらしいん 
ですが、今夜は台風でそれもないので、十分に気をつけてくれ、 
とのことでした。」 

と不安要素だけを告げて電話は切れた。 

798 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 21:38:56.27 ID:SC7xOVqw0
電話を切ったけど、車内に戻る気にもなれなかったYは、念のためもう 
一度軽トラの周りを一周してみることにした。男の姿が忽然と見えなく 
なったことが、とにかく不安だった。そうしてYが、ちょうど軽トラの 
真後ろにまわり込んだとき、突然、軽トラのエンジンが掛かる音がした。 
まさかと思ったが、雨の中軽トラが地響きを立てて動き出した。しかも 
バックに。Yは慌ててバシャバシャ水を蹴りながら、後ろに逃げた。だけど、 
軽トラはまだ下がってきた。のっそりと。Yが真後ろにいるのが分かっていて 
あえてじりじりと押し潰そうとするように下がってきた。Yは軽くパニックに 
なった。逃げても逃げても、トラックは後ろ向きに迫ってきた。 

そのとき、逃げ惑うYの目に、こちらに近づいてくる車の明かりが飛び込んで 
きた。Yはそれにむかって必死で走った。 
今度こそ本当に保険会社のロゴの入った大型車だった。 

799 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 21:42:10.12 ID:SC7xOVqw0
軽トラはYを追うのをやめて、前方にすごい速さで走り去って行った。 
Yは雨の中倒れこんで、保険会社の救助スタッフに抱き起こされた。 
保険会社のスタッフ2人もYをひき殺そうとする軽トラをちゃんと見ていた。 

Yの車は何もされていなかった。窓ガラスが粉々に割られていたとか、扉が 
外されていたとか、シートがズタズタにされていたとか、タイヤがすべて 
パンクさせられていたとか、フロントガラスに手形がいっぱいついていた 
とかいうことも何もなく、雨の浸水被害だけで、人為的な損壊は本当に何も 
なかったそうだ。だから、あの男が雨の中でなにをしていたのかは全く不明。 
あの謎の紅茶も、毒だとか睡眠薬が入っていたとかいうことも何もなく、 
本当にただの紅茶だったらしい。いちよ警察に、男の人相なんかも話した 
らしいけど、指名手配犯にそんな奴はいないし、近くにあるっていう刑務所 
内でもその日は脱走犯とかいなかった。別にその辺りは事故現場で、幽霊が 
出るとかいわくつきスポットでもないし、だから本当に、あの青年が何者で 
何が目的なのか誰にも分からない。なんでYをひき殺そうとするみたいに突然 
バックしてきたのかも謎。ただ、ちょっと気味の悪い事件だったから、その後 
保険会社からはYに解約して欲しいって言われたらしい。 

以上、同僚Yの体験談でした。
長い割りに怖くなくてごめん。Yからきいたときは、もっと怖かったんだけど。 

800 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 21:49:24.42 ID:HIVPT3KH0
夜が来る

801 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 22:27:15.59 ID:1up2AVlA0
>>799

すごい好き
短編の映像作品できそう

802 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/19(金) 22:57:14.19 ID:Hv4VxWk80
おお、こういうのを待ってたよ
面白かった

803 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 00:09:04.91 ID:Sj1T/p0d0
>>799
怪談朗読かなんかで聞いた気がするが

804 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 00:37:03.24 ID:MxGKzJNj0
初めて書き込みます。おかしな夢をみたので、良ければ聞いてください。
今年の1月11日にみた夢の話しですが
7年程前に死んだおばあちゃんが出てきました。
家の勝手口から突然あらわれ、文句を言ってきました。
曰く
/仏壇の線香を沢山つけるな けむい
/たまにはまともな飯が食いたいから仏壇におかずやご飯をそなえろ

仏壇はあの世とこの世を繋ぐものなのでしょうか?
あと、死後の世界では遺影に写した形が反映されると言ってました。
本当にそうなんでしょうか?

805 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 00:52:07.92 ID:MxGKzJNj0
おばあちゃんの姿は、たしかに遺影の顔で体も若々しくなってました。
髪とかも想いの強さでなんとでもなるそうです。
あと、おばあちゃんが居るところは、気候も穏やかで幸せとのことです。
お供物に文句をゆうことは、基本的にしてはいけないことらしいのですが、
どうも気分的に納得いかなかったみたいです。(正月に帰ったついでにとのこと)

806 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 01:09:03.60 ID:xerk8n5g0
体験したことをいくつか書き込みます

中学の頃、友達と近くにある廃工場に侵入した時の事。
陶器の工場で、中は昼でも薄暗かった。
あちこちに陶器が積まれたり、デカい機械が置かれたりしてて通路以外の視界は悪かった。
でも床はコンクリートだし、床には通路も陶器の破片が散らばってるしで歩けば音が響いた。
そんな中で友達と手分けして探検してたんだ。

そんで自分は陶器や機械の物陰にいるとき、なんか知らないけど気配を感じて息を潜めて通路の方を伺った。
そしたら通路を小学生低学年くらいの女の子がスキップしてるのを見た。
それも、白いブラウス、赤いスカート。

それも今思えばスキップしてるにもかかわらず音がしなかった気がするんだ。
後で友達にも、その子を見たか聞いたけど誰も見てない。
それ以上も、それ以下の事もない、不思議な体験でした。

単に近所の子の可能性もあるけど、今思うとちょっと怖い。

807 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 01:18:08.34 ID:xerk8n5g0
>>806
もう2件 

これまた中学生の頃で、学校からの帰路での出来事
自分と友達は、住宅街のまっすぐの道を進んでたんだけど、
前方を人が横断してる最中に消えました。それも未知のど真ん中で。
これは蜃気楼なのかなー?って思わなくもない。

もう一つは
夢で電車?飛行機?とりあえず乗り物に乗ってたんだけど
目的地の地名は忘れたが、とりあえずどこか目的地に着いたんだ。
それで、周りがぞろぞろ通り始めて、自分も続こうとした。
そしたら、突然横から引き寄せられて
「言ったら二度と戻れなくなるぞ!」
ていわれて目が覚め、金縛りになった。そのとき掴まれた部分の感触が金縛り中ずっと残ってました。
引き寄せた人の声は懐かしい声だった気がする

808 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 03:06:57.78 ID:mkLQGLN70
夢の話はスレチ

809 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 03:56:40.91 ID:QhNyMMLT0
一応を、いちよと書く奴たまにいるけどわざと?

810 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 05:28:07.03 ID:c+tDKG4P0
>>799
実にスリリングでおもしろいが
保険会社から解約申し出る意味がよくわかんないな

811 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 07:29:01.36 ID:vRv4+I7E0
別に夢でもオッケーさ
なんでも良いって書いてあるしね

面白かったよ
というかふと思ったんだけど死後の人が話す場所って「ここは寒い、寒いよ」とか「のどが渇いた苦しい」とか
ひたすら恐ろしい真っ黒な空間のイメージだったけど

もしかしたらそうじゃなくてあの世も普通に生活してるのかもね
寒い部屋にいるから寒い寒いとか
走ってる最中だから喉が渇いて苦しいとか

812 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 08:35:10.06 ID:ugJAzUpx0
>>809
"いちおう"を"いちよう"だと思ってるバカだよ

813 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 08:39:39.26 ID:o92/Jzai0
樋口いちおう

814 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 11:06:17.09 ID:fI3omkMh0
大昔の洒落怖だかエニグマだかからコピペされてもさぁ…

815 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 11:20:51.78 ID:hZC40ESn0
知り合いの話。 

知り合いには知能障害の叔父さんがいて、知り合いが物心付いた頃から既にちょっとおかしい人だったらしい 
そんな人だから、結婚も出来ず、60を過ぎても一人暮らしをしてた 
で、ある日耳から変な液が出てきたってんで兄弟が病院に連れてったんだと 
そしたら頭蓋ん中イッパイに膿が溜まってて、それが脳を圧迫してた
医者は親族にこう尋ねた 
「昔、頭の手術をしたことありませんか?」 
そういえば、彼が3歳だった頃に風呂で母親が頭を洗っていて水が耳に入り、耳が腫れたことがある。 
その時手術をしたと思うが、それがどうしたのか 
「恐らくその時に付いた傷が原因ですねこの膿は・・・今まで知能障害と思われていたのも、脳についた傷と膿がもたらしたものでしょう。」 

先天性のものだと思っていたものが実は医療ミス 
しかも3歳の頃の傷で、約60年分の人生を台無しにされてしまった 
親族にしたらものすごいショックだったと言う 
しかも膿の摘出手術を終えないと助からなかったが、既に本人にその体力がない状態 

数日して亡くなったという 

816 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 11:52:50.27 ID:arQd9K3q0
くねくねを見た
ほんとうに
くねくねしてた

817 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 12:06:04.94 ID:pKQltQlv0
でもたまによねよねしてた

818 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 12:10:45.62 ID:arQd9K3q0
寝ていたら
金縛り
面白かった

819 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 12:17:19.64 ID:arQd9K3q0
アタマがいたい
レントゲンとったら
映ってなかった

820 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 12:31:47.17 ID:arQd9K3q0
ビデオを拾った
再生しました
幽霊映ってた

821 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 13:29:48.10 ID:arQd9K3q0
廃屋に行った
首吊り死体みつけた
三回目

822 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 14:46:10.89 ID:arQd9K3q0
とってはいけない石を
とってきた
バチが当たった

823 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 15:10:01.06 ID:arQd9K3q0
やっといい話かとおもったら
やっぱりコピペ
知らずに絶賛、笑いがとまらない

824 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 15:53:23.01 ID:arQd9K3q0
きじむなー
シッテマスカ?
沖縄の妖怪です

825 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 15:54:42.60 ID:f66RussX0
小便の呼び水

入院して寝た姿勢で尿瓶におしっこをする場合
気後れして出にくい患者もいる
そういうときは流しの水道の水音を出して呼び水にする

ここに貼られるコピペもまた同じ
お話を漁る地獄のアフィリが流す呼び水

826 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 15:56:06.83 ID:f66RussX0
アフィ掲載が目的で投稿する人は
おーぷんかアフィブログへ直接どうぞ

827 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 16:12:30.52 ID:arQd9K3q0
自縛れい見た
近所だがら
毎日見てる

828 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 16:15:09.47 ID:arQd9K3q0
アふぃ目的なんていないでしょ
本人はいっせんもはいらないんだから

829 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 17:05:43.21 ID:arQd9K3q0
変な石を拾った
変な事が起こった
失明した

830 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 17:20:26.37 ID:arQd9K3q0
口避け女みた
口が割けてて
こわかつた

831 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 17:52:49.70 ID:rc+5C3s40
なにこのくそすれ

832 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 18:24:44.39 ID:arQd9K3q0
ドッペルゲンガー見た
なので
もう死ぬ

833 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 19:33:05.15 ID:arQd9K3q0
心霊スポットいった
幽霊が出た
今もいる

834 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 20:24:05.68 ID:arQd9K3q0
今日も心霊スポット行く
誰か一緒行く人
いこう

835 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 21:27:24.03 ID:arQd9K3q0
ケサランパサラン発見
幸せになる
って本当かな?

836 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 21:32:15.99 ID:vk8bODpI0
  -─フ  -─┐   -─フ  -─┐  ヽ  / _  ───┐.  |
__∠_   /  __∠_   /    / ̄| /      /  |
  /    /⌒ヽ   /    /⌒ヽ     /l      /    |
  (         |   (         | /  / l    /\     |    /
  \__     _ノ    \__     _ノ   /  \ /   \  |_/

  __|__    __    l     __|__     l    ヽヽ
  |     |   ̄ ̄  /  -┼─       |        |  _  l
   |   |       /       | ─-    ├─┐    ̄| ̄ ヽ |
    |   |       |     |        /    |    |   │
 ─┴ー┴─     ヽ_    |  ヽ__   /  ヽ/     |   ヽl

  l         l          |     ┌─┬─┐  ─--
  |    ヽ    |    ヽ     |  _.  ├─┼─┤    __
 |      l   |      l    / ̄   └─┴─┘   ̄  ヽ
 |     |   |     |  (         , l  ヽ        |
  し       し       ヽ__  /  ヽ___,ヽ     _ノ

837 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 21:43:47.16 ID:vRv4+I7E0
確かに
次はぜひワッチョイ導入しよう

838 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 22:33:42.00 ID:W9/S0fTR0
11−1/6
人は急激な変化にはついてはいけないものだ。
だいたい急な何かが起こると慌てふためき、落ち着いてからそれを受け入れ始める。

犬神封じをI女の家族がどこかに依頼し順調にそれが果たせるまでには時間がかかる。
もしかしたらI女の家族が最後までI女を受け入れるのを拒否するかもしれない。

I女の家族がニコニコしながらいくら優しい言葉をかけてもそれはI女に届かない。I女は届いたフリはしてくれるだろう。
I女もまた自身の家族を愛しているのだから。もう、それは明らかだった。
だが、I女のやったことを理解するということは
I女に対してどなたかに犬神封じを依頼する。そしてあの悪い土地から他へと移住させる。
その行為を持ってのみ為し得るのである。
それは同時にI女が過去に行った行為を認めると同義である。

それがなされるまで決してI女は家族に受け入れられたとは思えない。
本人の浮かばれない無理解という恨みが、黒いこぶし大くらいの塊で飛んでいくのを
世間が目に見ることができなくても霊障として受け続けることになるはずだ。


だが時間があるというのはいいことだ。
A男は今回このようになったことを神々に報告し、挨拶をしてからやしろを後に歩きながら考える。

839 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 22:34:34.84 ID:W9/S0fTR0
11−2/6
なぜ神々は今回、即時I女を世間から排除しなかったのか?
A男は神頼みの神秘行によって現在のサイクルを導いた。
導いた、というのは誤りである。

Eさんの文章を借りれば力のある方は自由自在に超常能力を駆使して
現実介入すればいい、そして現実改変すれば良いだけである。
「好きにやればいいのよ。好きにやれば」
あれやこれやとA男にもどなたかの念が飛んでくるが、最近はほとんどこのEさんの言葉をお借りしてしまってる。
申し訳ないばかりだ。

神頼みの神秘行は神様による現実介入である。
A男は頼んだ側であり、実行する側ではない。
神様のやり方でなされる現実改変。そして神様は人間ではない。


A男は人間であり、神様のことは高次元のエネルギー生命体であると認識していた。
「神様の常識と人間の常識はあきれるくらいに違う」
言葉が正確ではないかもしれないが以前Mさんにこのように聞いた。
神様は当然人間の常識は知っているだろう。
それで自分を頼ってくる人間の常識に合わせて望みを叶えることはあっても、だ。
物語内の登場人物がそれを書いた作者のこれから描く筋書きなどどうやって知りえよう?

840 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 22:35:27.16 ID:W9/S0fTR0
11−3/6
犬神憑きのI女を世間から排除しないのであれば、当然世間には大なり小なり霊障が出る。
神様がそれでいいといったらそうなるのである。
そういうことが容認される世界に改変されるということだ。


これは目に見えないものを信じられない人には奇妙な話だろう。
光学的に不可視とされる暗黒物質、この呼び方も”向こうの次元”からは不満の声が出てるらしい。
せめて透明物質とか別次元物質とか他の呼び方も検討してくれ、ということなのか。

そしてDさん、功徳高い聖人様がよくおっしゃってることの一つに
「新しい惑星が見つかると人類が新しいテクノロジーを手にし、発展する」というのがある。
これまでDさんは主に科学的な進歩のことに触れられてきた。
今度は何だろう?再生医療で寿命が飛躍的に延びて、
地球は元気で姿は20代のままの老人で溢れるのだろうか?

841 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 22:36:13.77 ID:W9/S0fTR0
その新しいテクノロジーがEさんの言われる波動情報、神様の扱われる神気と呼ばれる別次元エネルギー、
I女のような犬神憑き、昔に悪霊の類が人間に教えたとされる残酷な犬の首刈り儀式であったらどうだろう?
いや、最後のは夢のない話かもしれない。せめてEさんのおっしゃった気功治療・ヒーリングとかか。
波動グッズ、お守りも今までより実効性に重きが置かれるだろう。

そういうのが当たり前の世界になったとしたらどうだろう。
そのとき世界はちょっと気分が悪くなる程度の霊障でビクビクすることがあるだろうか?

「西洋のはGODですが、日本の神様は八百万の神様と言います」
これは神職のK氏から最初にA男がうかがった話である。今までの文章を読んでいるとこの表現も実はA男的には正しくない。
ただかなり物議をかもす話題なので、ここではあくまでA男の個人的な感想と述べておこう。
ここで大事なことはA男にとって八百万の神様とは、善神・悪神・中立神・形容しがたい神全てであるのである。

その八百万の神がいるとされる場所でA男は今回の件を確かに神頼みしたことがあった。

842 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 23:13:22.69 ID:W9/S0fTR0
11−4/6
さいわい我が日本国には神社、仏閣もあり初詣・七五三・各種祈祷・法事、様々な向こうの世界との
付き合い方が遠い昔より伝統として残されており、ほとんどのものがみんな馴染みのものである。


ここで言ってるのは何も難しい話ではなく、それらがただの迷信・精神的なものに留まらず、
現実的に生きる人々に作用することを認識していく世界に改変されていくということだ。
改変なんていわず簡単にはその認識が浸透していく、か。
目に見えないオカルトが浸透していくなんてありえません。
でも神様がやるといったらそうなってしまうかもしれない。
A男がMさんからうかがったようなさい銭の額を投げ入れてくれる人が増えるかもしれない。
職業にされてる方たちはあの場所を維持してくれているのである。

843 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 23:13:53.84 ID:W9/S0fTR0
先日、TVであるタレントの方が受験勉強のときに神様にお願いするのはバカらしいので行かなかったが
今は社会常識として仕方なく参拝にはつきあってる旨を発言されていたが、
それでいいのである。
別に神頼みの神秘行なんかにかかわる必要なんて無い人はそれでいいのである。
Eさんによれば普通に仕事・勉強・部活・主婦主夫がんばるだけで波動が上がって目に見えない世界に影響が出るそうである。
「好きにやればいいのよ。好きにやれば」

でも、驚くなかれ、社会常識として参拝してると言われたその人の社会常識がどの程度なのか
それを神様が見てらっしゃって、それでその人を評価している可能性は否定しない。

波動が上がったら人はどうなる、を考えてもEさんがさんざん検証されていてそっちの方がグンバツに
正しいでしょう、と思ったのでA男は考えるのはやめた。受け売り以外考えられません。

844 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 23:16:58.98 ID:arQd9K3q0
火の玉見た
さわってみた
大火傷

845 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 23:25:48.61 ID:X8q3cNKo0
土夜だというのにまったく人がいない

846 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 23:27:03.04 ID:pKQltQlv0
また涌いてる
専スレに引き籠ってればいいのに

847 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 23:52:56.75 ID:W9/S0fTR0
11−5/6
波動が上がった人が世の中に増えたらどうなる?をA男は考えた。
自分の好みのもの・人を引き当てる人が増えたら世の中からは不満が消えるだろうか?
どういう過程をたどっても結果的に自分が得をする人生を歩んでいけば人は満足するだろうか?
A男は世間がごほっごほっし始めた頃、取りつかれて変な状態になった結果最後は楽になったことを思い出した。

Mさんから欲があるから、波動が上がっても欲ゆえに行動に影響が出るという話を聞かされていたので
A男がこの問いかけに答えるのは難しかった。A男には欲があった。
少なくともA男は満足できないだろう。その欲望を叶えるためにせっせと神頼みの神秘行に頼ったのである。
A男が波動が上がったから神様は話をいつもより聞いてくれたかもしれないが
Mさんに言わせればそれは聞くだけ、聞くだけで叶えてくれるわけではない。

848 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 23:53:25.17 ID:W9/S0fTR0
神様は神様のやり方でやる神秘行をA男が受け入れたからこそ、
Mさんに言わせればそれは努力であり、A男の両親を助けるためだけ、
また土地を神様のやり方でやる新しいサイクルに切り替えるためにだけ、
またI女の呪術やその他いわく霊障を神気を用いて取り去り浄化しただけである。
波動が上がっただけではA男はどうなっていただろう。一人で幸せをかみしめていただろうか?

「ここは数年こないうちにゴーストタウンみたいになっちゃったねぇ」
定期的にA男の近所に勧誘に来る教会の方々の弁である。
まわりにいるのはすでに死体と傷つけられた人であるのだ。危険を感じた人は去っていった。
Mさんの教育もあり、もしA男が何か尋ねられたら地名と同じ名前の駅、それと同じ名前の神社の……
そう、最初に訪れた神社の社務所を紹介するつもりであることを神々に伝えていた。
そこが最初に話を聞いてくれたところであり、A男も自身の日常生活があるので構ってられる時間がないからだ。

849 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 23:53:57.26 ID:W9/S0fTR0
11−6/6
{A男さんが望んだからこそ、そういう世界になったんでしょう?}
どなたから飛んでくる。

確かにA男は世間が咳き込み始めたころ、やりきれない思いを抱え天を仰いだ。
それに対する神様の改変かもしれない。
なるほど、これからの世界ではA男のようなケースでは対処法がある程度浸透しており悪化が防がれるかもしれない。
しかし重症化する人がいた場合、ひょっとしたらその人は修行の旅が始まってしまうかもしれないが……

A男は今回多くの方に世話になった、実はけっこうキワドイことをやってしまってるのである。
{You Are Guilty}
{いや、これはまずいでしょう}
多数の念をいっきに受けてダウンしそうだったA男は……この件が収まったら、具体的にはI女の犬神封じがなされたらば、
その後で神々の前で一言だけお礼の言葉を言って、あとは神様任せにしよう、なんて思っていたのである。
ええ、力が無いのでどなたがどうとかわかりません。神様はわかってますので。ただ神様のやり方でしょうが。
自力の超常能力だけで神秘行を進める方には気分のいい話ではないでしょうが。神霊体とのつきあいはどうやってもどこかで発生すると考えてひとつ……

850 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 23:54:15.99 ID:6UQMpfUi0
このスレが人がいないってなら他のスレはどうなっちまうんだ

851 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 23:54:31.22 ID:W9/S0fTR0
Mさんによれば高い神々はどこかで必ずつながってるらしい。
八百万の神様なら文句がそれでも少ないはずだとも思った。が、しかし。
わざわざまたあそこまで日帰りコースで
行かなきゃ行けないのかなー。大変なんすよ1日でたくさん回るの。
心の中でゴチるA男にMさんの「お礼参りはいつするの?」という捨て置けない言葉が思い出される。

A男はめんどくさいが従わないわけにはいかない天からの強制力を感じながら
実際には強制されてない、礼儀の問題であるのだが、
Eさんが詳しい波動の恩恵を受けた上での、A男の場合神様との約束も果たしーの
日常生活に早く帰還できる日を待ち望んでいた……

852 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/20(土) 23:57:44.89 ID:arQd9K3q0
土曜なのに人がいない

土曜だから人がいない

853 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 00:50:57.11 ID:X1BPQGDU0
10年位前の夜、直径1メートル位の白っぽい大きな光の玉を見たんだけど、あれは何だったんだろう
ホテルの32階に宿泊していたんだけど夜景の見える大きな窓があって、その窓の外でパッと現れすぐ消えた

854 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 03:19:33.03 ID:+Ie4lxsq0
元気玉

855 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 08:43:02.34 ID:kSH5fweD0
ほんの偶然に見つけてしまったこの動画。あまりに怖すぎて頭から離れません。
一体これは何なのでしょうか…。(ご視聴にはくれぐれもご注意ください)
https://www.youtube.com/watch?v=nPrBIEGXRbQ

856 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 09:01:45.44 ID:toDf52QQ0
何って長谷川文香でしょ

857 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 10:19:54.58 ID:YRym/tnY0
車買った
女の幽霊がのってた
事故った

858 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 10:42:19.68 ID:j5cRi0vF0
★注意★ 「日本人と朝鮮.人は近い」と"捏造プロパガンダ"する為に、Y染色体を無視し、ミトコンドリア遺伝子だけで話を進めようとする、サヨク学者や反日NHKの似非科学番組に騙されないで下さい!


◆Y染色体とミトコンドリア遺伝子、どちらを優先するか?

韓国人(及びNHKなど日本の反日メディア)が自国と日本人遺伝子を語るとき、決してY染色体にはふれずミトコンドリアだけで語る。
しかしそのミトコンドリア遺伝子ではアジアでみられる起源はすべて2万年以上前のため、それより以降の新モンゴロイドの発生移動と増加には全く役に立たない。
つまり東アジアではどの国も多少の差はあれどほとんど同じ構成になってしまうのである。
これが「日本人と韓国人は遺伝的に近い」などというデタラメ論の根拠

859 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 10:42:47.60 ID:j5cRi0vF0
そもそも人類のDNAを分析する場合は、系統分類に適さないミトコンドリア遺伝子は使用せず、系統分類し易い父系のY染色体の分類法を使用する。
日本人のY染色体の特殊性は上で説明したとおり、韓国人との差は一目瞭然。日本には古く中東やチベットまでたどれるD系統の遺伝子が大半を占めているが、韓国人にはD系統が皆無である。

Y遺伝子D系統を持つ人種
アイヌ人……88%
沖縄人……56%
本土日本人…42~56%
チベット人…33%
韓国人……0%   ←←←ココに注目!!!

860 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 10:43:19.60 ID:j5cRi0vF0
※このようにY染色体を見れば、我々日本人と韓国人とは何の関係も無い赤の他人である事実がハッキリと分かる

結論として系統分類に適したY染色体を意図的に無視し、系統分類に適さないミトコンドリア遺伝型の割合だけを使用すると、間違った結論に導かれる可能性があり注意が必要という事である。

みなさんも反日メディアや朝鮮.人が、一見科学的データを根拠にしている風を装って流す「日本人と韓国人は兄弟」だとか「日本人のルーツは韓国人だ」などという嘘・デタラメは信じないように注意しましょう。

861 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 10:52:19.69 ID:vCIBWUem0
>>853
それは窓に反射した室内の照明じゃないかな。
自分にも経験あるから。

862 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 13:31:12.40 ID:YRym/tnY0
隣の人が呪いを掛けてきた
すぐばれて
呪い返し

863 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 13:34:33.11 ID:YRym/tnY0
日本人と韓国人の
遺伝子のはなし面白かった
ミキティ涙目

864 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 13:36:36.65 ID:YRym/tnY0
韓国人と沖縄人が
遺伝子的に近いって言ってた学者
要注意や

865 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 13:39:05.64 ID:YRym/tnY0
それにしても
韓国人が0%て
どこからか沸いてきたのかよ

866 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 13:42:00.23 ID:YRym/tnY0
>>861
オカルトで否定するなら
書き込むのやめろ
空気読め

867 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 13:44:50.97 ID:YRym/tnY0
ミトコンドリアイヴって
知ってる人いる?
プチ流行ったjホラー

868 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 14:07:57.33 ID:XmkoOuBn0
ミトコンドリア・イブは学説
それを元にしたホラー小説、及び映画は『パラサイト・イブ』
特に流行った訳ではなく、『リング』に並ぶ形でマルチメディア戦略の一端としてゴリ押しされただけ
コミック化やゲーム化により目にする機会が多かったが、特にゲームは原作を完全に無視していな
がら好評であった辺りが原作の位置づけを微妙なものにしている
映画が完全にコケたため、以後『リング』のような多角的(無節操ともいう)展開にはならなかった

869 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 17:41:06.91 ID:YRym/tnY0
呪いのビデオ
本当にあるよ
見せようか?

870 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 22:09:30.06 ID:MznARyp/0
うん

871 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 22:15:46.11 ID:MznARyp/0
呪いのビデオ 、はよ

872 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 22:37:09.70 ID:toDf52QQ0
昔の地元の人がいたら覚えてるかなあ
今の国領駅北側、甲州街道を超えたあたりに昔和菓子屋があったんだけど
火事でその家と周辺三軒くらいは全焼、それに周りにも延焼して、8人くらいが焼死するって結構大規模な火災があったんだよね

その時自分は中一だった
小学の弟と同じクラスの女の子は和菓子屋の娘でその子も亡くなった
子供ながらに、人はほんの些細な不慮の死でこの世界の人々の紡ぎ出す歴史の舞台からあっさりと退場してしまうものだなあと思ったりした

873 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 22:37:44.64 ID:toDf52QQ0
まあそんなことは良いとして
焼けた家は暫くの間そのままになってて、多分一年くらい放置されてたんじゃないかな
その後、更地にされて誰も買い手が付かなかったのか少なくとも3年ほど空き地だった
その間、妙な噂が周辺に広まってた
「しとしとと雨降る夜に女の子のアツいーアツいーって泣き叫ぶ声が聞こえる」とか
「深夜に巡回中のお巡りさんが男の子と女の子が道端で座り込んでたので自転車を止めて声をかけようとしたら消えてた」とか

ちなみに火事があった日は確かに小雨気味の深夜で
和菓子屋の隣に住んでた同じく小学の男の子も焼死してる
そんな噂が流れたからか学校でも「怪談禁止令」みたいなのが出たのを覚えてる
今はもう立派なマンションが立ってしまって面影もありゃしないけどね

874 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 22:38:15.54 ID:toDf52QQ0
さて、ここからが本題
自分は高校が少し遠い進学高校だったこともあり一人暮らしを始めてからは実家に帰ることもほとんどなく

社会人になってからは池袋に住んでいて
近いとはいえ、実家に帰るのはせいぜい年に一、二度
なかなか顔を出さないので向こうの事情ってのは知る由もなかったんだが

今年の元旦に昔話で盛り上がったついでに母親から聞いた話ね

875 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 22:38:48.36 ID:toDf52QQ0
マンションの前にはアパートが立ってたらしいんだが住人がノイローゼになったり倒れたりと所謂曰く付き物件になって借り手が減って閉じたらしい
あくまで噂だがやはり夜な夜な女の子の泣き声が聞こえるとかいう噂が流れたらしい
そして事故数の増加
その周辺は道路は住宅地側はかなり狭い
それでも甲州街道はむりやりにしろ片側三車線でそれなりに広いしほぼまっすぐにも関わらず
その甲州街道の元和菓子屋近辺での交通事故があまりに多い
昔よりは整備も進んでるし道路事情は改善してる昔より危険は少ないはずなのに
その周辺だけ妙に事故が多かったらしい
それも小雨の夜ばかりだったとか

876 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 22:42:35.54 ID:YRym/tnY0
今窓の外に
幽霊発見
親子だった

877 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 22:43:53.09 ID:YRym/tnY0
>>872

またコピペ
いい加減にしなさい

878 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 22:48:07.81 ID:toDf52QQ0
コピペじゃないが?出展教えてくれ

なぜかNGにひっかかってラストが書けない

879 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 22:49:14.58 ID:toDf52QQ0
簡単にラストを書くと
今のマンションを立てるときに地鎮祭したからかまったくそういう噂は無くなったとか
そういう話

880 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 22:50:55.78 ID:toDf52QQ0
オリジナル話にドヤ顔でコピペ認定ほど赤っ恥はねえだろー

まるでコピペしたいほどいい話みたいじゃねえか
やめてくれよ照れるじゃねーか

881 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 23:31:28.45 ID:YRym/tnY0
今ラップ音聞こえた
みし
みし

882 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 23:33:38.79 ID:YRym/tnY0
>>880
いや
読んでないし
どうせ創作w

883 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 23:35:41.08 ID:YRym/tnY0
稲川怪談
眠る前
聞く

884 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 23:37:46.46 ID:YRym/tnY0
生き人形
マジ怖い
眠れない

885 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 23:38:40.03 ID:YRym/tnY0
でも
怖いのは
これだけ

886 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/21(日) 23:41:59.99 ID:YRym/tnY0
ゾンビって
本当にあるよ
ほら

887 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/22(月) 00:20:42.13 ID:MU8ENLEf0
何怖粘着荒らしはあいも変わらず見当違いの荒らし方してるねえ
単にスレ伸ばすことになんの意味があるんだ?

888 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/22(月) 01:02:58.45 ID:4VtE5ycc0
>>887
ああ、このヒトはバカだから
構わないであげてね

889 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/22(月) 02:21:41.85 ID:GsHbOc+t0
2000年前後の恐怖のアンビリバボーは秀逸だったな

謎の少年ゆうちゃん
https://youtu.be/kAVFQUdRUvg

霊の住む宿
https://youtu.be/gtmfrw-ltDg

890 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/22(月) 09:46:13.48 ID:E8JG4LtK0
電話があった
うめき声聞こえる
気を失った

891 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/22(月) 09:49:35.87 ID:E8JG4LtK0
学校の踊り場の鏡
声が聞こえる

この鏡よくミラー

892 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/22(月) 10:32:56.56 ID:E8JG4LtK0
昨日エクトプラズム触った
冷たかった
そいつは倒れた

893 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/22(月) 11:33:40.77 ID:E8JG4LtK0
近所のほこら
写真撮ったら
手が写ったよ

894 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/22(月) 12:37:48.49 ID:Rw0RYvjj0
>>889
昔のアンビリ面白いよなあ
このうp主は削除対策のためか音声切ったり音質変えたり苦労してるけど無駄な努力だよなあ
多分しこたま稼がせて泳がせて後で多額の賠償金請求する気なんだと思うぜ

895 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/22(月) 14:04:29.68 ID:Udg57uC10
>>887
ID変わって早速の書き込み乙
自演は楽しいかい?
荒らしてスレ伸ばしたって次スレは需要ないからね

896 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/22(月) 14:57:36.41 ID:E8JG4LtK0
>>895
自演する価値も意味もないないこのスレ
なので俺だけでも体験談を3行にしておとどけする
感謝しろ
お前らよく言うだろ?三行で済むだろって
満足か?

897 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/22(月) 14:58:50.63 ID:E8JG4LtK0
あと、仲間割れすんなw

898 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/22(月) 15:00:30.23 ID:E8JG4LtK0
>>887
おーいお前荒らしの自演扱いされてるぞwwww

899 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/22(月) 16:13:12.64 ID:E8JG4LtK0
学生のころ連れがてけてけを見た
窓に写ったらしい
霊感あるからまだある

900 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/22(月) 21:00:17.93 ID:E8JG4LtK0
こっくりさんやった
自称悪魔登場
禁止になった

901 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/22(月) 21:16:00.89 ID:E8JG4LtK0
何怖スレ荒らしてるのは
ここのスレ主か
人を荒らし扱いしておいてあれか

902 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/22(月) 21:24:50.67 ID:qXeRvU810





903 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/22(月) 22:37:43.35 ID:JWc23AbV0
次スレ立てたよ
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1456148213/

904 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/22(月) 23:20:28.68 ID:E8JG4LtK0
>>903
何余計なことしてんだよ

905 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/22(月) 23:21:38.75 ID:MU8ENLEf0
>>903
乙です!

906 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/22(月) 23:23:20.20 ID:MU8ENLEf0
アフィ荒らしちゃん無駄だったねえwww
次スレもどんどんスレ伸ばしてくれよな(笑)

907 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 00:40:40.08 ID:vQsDMWy50
これからの時間が一番、盛り上がる時間やのになんで過疎っとるんや。

908 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 01:08:22.99 ID:6ZQRTln80
流れ読まずに不思議な話を初投下
書き方があってるかも分からんくらいの素人だけど書きたくなった、許して。

母方のお父さん、お爺ちゃんが私が幼稚園児の頃に亡くなった。
鮮明な記憶はないけれどよくお母さんの自転車の後ろに乗ってお爺ちゃんの入院している病院に薬を飲ませにあげに行ったのを覚えている。
なにをしてもらったとかは全く覚えていないけど、すごく大好きだったと今でもなんとなく思う。

それから月日は流れ、小学四年生のお盆の時期。
夏休み中だった私はひとり、お婆ちゃんの家に1週間ほどお泊りをしていた。朝ごはんを食べようとした時だった
ふとお爺ちゃんの気配がした。
なぜそう思ったのかはわからない、ただなんとなくお爺ちゃんがいる!と思ったんだ。
食卓があって、横を見ると廊下があって、という造りなんだけど、廊下を見るとお爺ちゃんがいた。
いた、と言うよりは歩いて行く後ろ姿が見えるって感じ。
怖いとかそういうの全くなくて、お婆ちゃんに「お爺ちゃんが来てるよ」と言った。
お婆ちゃんはニコニコしながら「いつも傍で見守ってくれてるよ。今日はお盆だから、少し姿を見せてくれたのかもね」と言っていた。
無駄に納得したのを覚えてる。
もうひとつ、お爺ちゃんに関するお話があるけど疲れたのでここまでで。
ひとつ言えるのは、あの日からずっと私は何かに守られている気がする。そんな場面がいくつもあった。きっとお爺ちゃんが見守ってくれているんだと思う。

909 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 01:10:35.88 ID:YTpUTX0R0
このスレが過疎って言うなら他の怖い系スレはもう破棄していいって思うんだがね

910 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 01:17:02.29 ID:vQsDMWy50
まぁそれもそうか、せっかちになりすぎてすまんな

911 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 04:49:16.92 ID:3JcRtoFB0
昨日外出した時の話

家の置き時計を見て、出発する時間になったから家を出た
目的地に向かって歩いている時にふと腕時計を見たら家を出てから15分たってた

おかしいな、腕時計を見た場所は普通に歩いていれば自宅から5分ほどの場所なのに
まさか歩いている途中に記憶が飛んだとかタイムワープとかか

家に帰ってから気づいた
家の置き時計が10分遅れていたことにw

912 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 10:25:33.80 ID:asW7hFcb0
誰も信じてくれないし笑われるだけだろうが御礼の意味を込めてカキコ
眼の難病疑惑があると医師に診断され大きな病院で検査することになった
予約に時間がかかりひと月ほど待ってたんだが
その間、ネットで病気の事調べたりと不安が続いた

だけど、ある夜、瞼を閉じて眠っているのに目の前が明るい
白く眩しい、目が痛くなった
こりゃヤバいと思って、目を閉じてるの確認し
眩しいと思ってると、その白い光が右目に吸い込まれるように感じ
元の暗闇の状態に戻った。
それから普通に寝たのだが。
どうも、それから目の状態が軽いんだよね。
なんとなく治ってんじゃないかなと直感した

後日、病院で検査を受けると疑惑は無し
難病では無いと医師に言われた

ありがとうと言いたくて記念カキコ

913 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 10:50:35.95 ID:YTpUTX0R0
いい話じゃないですかやだー

914 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 10:58:12.67 ID:asW7hFcb0
マジでさ、若者も眼だけは大切にしてほしい
替えは無いんだよ
眼が見えなくなるとネット出来ない
ニンジン食べてね、生で皮ごと

915 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 11:02:34.96 ID:31dz5vck0


916 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 11:35:38.06 ID:31dz5vck0


917 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 11:50:36.32 ID:NS/Wodh90
目は怖いねえ
友達の先輩も国体に出るほど陸上で活躍したけど自転車の事故で運悪く片目失明して引きこもりになっちまった
最後にあった時はヤク中じゃないかってくらい人相悪くなって関わりたくないような人物になってた

918 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 12:03:36.32 ID:/lQA+NVC0
>>914
つーか、ニンジンとブルーベリーをジュースにした方が美味しいし効果も上がる
あと、替えが出来るか否かは今後の研究次第、というか精度とコストの問題だったかと

919 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 12:56:44.09 ID:31dz5vck0


920 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 13:00:03.18 ID:31dz5vck0
アホかブルーベリーは効果なしって証明されただろ

921 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 13:04:32.83 ID:/lQA+NVC0
>>920
ゴミは黙ってろ

922 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 13:32:11.96 ID:31dz5vck0
エセ科学を信じてる情弱が。

923 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 13:34:05.27 ID:31dz5vck0

あと、替えが出来るか否かは今後の研究次第、というか精度とコストの問題だったかと

ドヤ顔で書き込んだの?www

924 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 13:38:41.43 ID:31dz5vck0
なあなあ、効果が上がるって明言してるけどソース出してくれよー

925 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 13:40:55.35 ID:31dz5vck0
どんなに調べても目の疲れとる効果しかないんだけど?

926 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 13:42:03.76 ID:31dz5vck0
もしかして初めから目の疲れとる効果のこと言ってたとかいうなよ?

927 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 13:55:47.39 ID:0u/0Sr4j0
>>911
実際、時間のトリックは、オチがそんな所だろうね。

928 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 13:57:18.53 ID:31dz5vck0
反論できず逃亡かよ

929 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 13:58:39.93 ID:31dz5vck0
人格攻撃までしておいて、糞すぎだろお前

930 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 14:01:12.89 ID:31dz5vck0
>>911
はい?
なんで気のせいだったって気付いてるのに書き込んだんでんだよ?

931 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 14:10:30.36 ID:zXOV7uD20
ムーの編集長が
「アメリカは既にそのエイリアンが何者かって言うのも分かってるんだ」

―― 何者なんですか?

「1947年7月2日にUFOが1機落っこちた。これが有名なロズウェル事件。この墜落事件で3体の遺体を回収した」

―― どんなやつだったんですか?

「いわゆるグレイと言われる、頭でっかちで目がでかい。頭つるっぱげで……」

―― ああ! それなら知ってます!

「あれじゃないからね」

―― えっ!?違う?!

「人間だった」

932 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 15:07:28.21 ID:31dz5vck0


933 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 16:01:09.90 ID:NS/Wodh90
前から思ってたけど読解力皆無だよね荒らしくん

934 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 16:15:22.93 ID:31dz5vck0


935 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 16:17:03.03 ID:31dz5vck0


936 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 16:21:24.38 ID:31dz5vck0

sssp://o.8ch.net/88yt.png

937 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 16:44:58.09 ID:Uyy7rIPH0
>>933
アスペだから仕方ないよ

938 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 20:25:42.25 ID:/lQA+NVC0
アスペというか、単なる既知外だろw

939 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 20:38:54.61 ID:vQsDMWy50
病院を教えてあげたくなるレベル

940 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 21:38:59.74 ID:k/7bDWvg0
絵に書いたようなメンヘラ

941 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 22:14:14.86 ID:31dz5vck0
おーおー、つぎからつぎへとよくもまあそんな簡単にヘイトが出るもんだなあ

942 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/23(火) 22:32:14.77 ID:31dz5vck0
じゃあ病院紹介してみろや

943 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/24(水) 02:54:16.62 ID:ErdOlp3F0
これで少し前まで己の信念に突き進むようにこのスレを陰謀論で敵愾視してるだけの馬鹿だったんだがな
こいつが無駄に伸ばしてくれるおかげでこのスレも早々にパート化したし根っからのガチバカで助かったよ

944 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/24(水) 08:37:32.40 ID:/yqVDli50
気にくわないやつには何やっても許されるって凄いなー
ドイツの難民の集団レイプしたやつとおなじ精神構造

945 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/24(水) 16:02:18.83 ID:/yqVDli50


946 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/24(水) 16:23:56.40 ID:/yqVDli50


947 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/24(水) 16:25:31.79 ID:/yqVDli50

sssp://o.8ch.net/8ado.png

948 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/24(水) 17:01:22.68 ID:/yqVDli50


949 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/24(水) 17:15:56.96 ID:/yqVDli50


950 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/24(水) 20:33:43.07 ID:4H1FmKwU0
終わりきっておるな

951 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/24(水) 20:44:55.34 ID:/yqVDli50


952 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/24(水) 21:48:01.89 ID:60mr20tI0
こいつ、虐められるのが嬉しいヘイトフェチなんじゃね?
つまり責め立てられたくて荒らしてる、救いようのない変態w

953 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/24(水) 23:21:28.69 ID:/yqVDli50


954 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/24(水) 23:23:24.84 ID:/yqVDli50

sssp://o.8ch.net/8b7a.png

955 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/25(木) 02:10:53.69 ID:ZR7CBqj70
もう、お絵かき機能やめたほうがいいんじゃないか?
バカが喜んで小学生の落書き嫌がらせするだけだから

956 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/25(木) 07:59:31.63 ID:7oZ7fMOx0
>>955
お前みたいなくそったれ雑魚うんこ製造機のくさった意見などだれも耳を傾けないよ。

957 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/25(木) 12:50:55.94 ID:nTemS9O60
意味のない連投や採点野郎に進捗度の使い方間違ったお子様長文が半分くらい占めてんなこのスレw

958 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/25(木) 13:23:46.08 ID:G1R2kBOp0


959 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/25(木) 14:04:13.65 ID:G1R2kBOp0
>>957
それでスレが賑わってるって喜んでるんだから問題ない

960 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/25(木) 15:05:37.84 ID:mqyxHBVG0
単発が多すぎるのをどう思う?
これ全部>1ね
気持ち悪いねー

961 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/25(木) 15:43:58.80 ID:1fUoFsqB0
オカ板は単発が少ないスレの方がマレじゃね?

962 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/25(木) 16:35:58.86 ID:G1R2kBOp0


963 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/25(木) 16:47:02.16 ID:RBiJt/ph0
おっ荒らしさん今日もスレ埋め乙ですww

964 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/25(木) 18:23:52.57 ID:G1R2kBOp0


965 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/25(木) 21:34:09.53 ID:A9wEoK0r0
三行の人って自己評価は何点なんですか

966 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/25(木) 22:05:06.05 ID:G1R2kBOp0


967 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/25(木) 22:27:09.17 ID:EoqL/MtGO
不思議な話 http://ameblo.jp/k-kichi/entry-11242230507.html

968 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/25(木) 23:16:23.43 ID:G1R2kBOp0


969 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 01:35:51.19 ID:1jZroe3e0


970 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 02:11:17.11 ID:QbnzlDbI0
ここが総合スレかあ。
荒らしてるのが一人だと安心だね。

さて、どこにも書けなかった奴を書いてみるね
短いけどゴメンネ。

ずっと昔の、小さい頃の話なんだけど実話なんだ。
友達数人と合宿の部屋の中で怪談話になってさ。
最後の一人って所で突然電灯が消えて、微かに唸り声が聞こえたんだ。
「うー、うー」みたいな声、すごく怖くなって。
俺は怖くなって動けなかったんだけど、その中で勇気があるAがブレーカーを確かめてみたら・・・。
ブレーカーは降りたままだったんだってさ。
じゃあ単なる停電かと思ったら周りのロッジは電灯が付いてて、電気が通ってるみいだったから。

暫くすると電気が復活したんだけど。
何で自分たちの部屋だけが停電になったのか。
今考えても不思議なんだよね。

971 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 07:15:10.81 ID:oOQtPkcQ0
そりゃブレーカー下りてたら電気付かないわな

972 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 09:25:03.55 ID:UUDsKwJX0
へえお前んちのブレーカーは上がったままなのか

973 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 09:37:57.81 ID:1jZroe3e0


974 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 11:23:21.07 ID:n2fiBB3mO
ブレーカーは上がONで下がOFF
これ一般常識

975 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 11:28:17.76 ID:TrNUIazu0
バッテリーがあがるとブレーカーが落ちるのミックス

976 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 12:55:48.05 ID:1jZroe3e0


977 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 13:27:13.04 ID:N2FndATQ0
おっ荒らしさん今日もスレ埋め乙ですww

978 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 14:29:07.58 ID:1jZroe3e0


979 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 16:50:59.08 ID:1jZroe3e0


980 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 17:49:23.08 ID:FImmcdRQ0
ブレーカー上がる?落ちる?論争は各地で発生してるね
http://d.hatena.ne.jp/doroyamada/touch/20070127/1169854640

荒らしさん勢いなさすぎ
もっと頑張って埋めろ

981 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 23:30:51.77 ID:8TwbX3140
ポコチン

982 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 23:31:40.93 ID:8TwbX3140
ポコチン

983 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 23:32:33.33 ID:8TwbX3140
ポコチン

984 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 23:33:03.35 ID:8TwbX3140
ポコチン

985 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 23:36:22.17 ID:8TwbX3140
ポコチン

986 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 23:36:54.52 ID:8TwbX3140
ポコチン

987 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 23:37:26.33 ID:8TwbX3140
ポコチン

988 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 23:37:53.97 ID:8TwbX3140
ポコチン

989 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 23:38:27.26 ID:8TwbX3140
ポコチン

990 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 23:38:52.72 ID:8TwbX3140
ポコチン

991 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 23:39:27.37 ID:8TwbX3140
ポコチン

992 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 23:39:58.13 ID:8TwbX3140
ポコチン

993 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 23:40:24.74 ID:8TwbX3140
ポコチン

994 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 23:40:49.55 ID:8TwbX3140
ポコチン

995 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 23:41:16.31 ID:8TwbX3140
ポコチン

996 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 23:41:42.15 ID:8TwbX3140
ポコチン

997 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 23:42:08.82 ID:8TwbX3140
ポコチン

998 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 23:42:39.49 ID:8TwbX3140
ポコチン

999 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 23:43:04.97 ID:8TwbX3140
ポコチン

1000 :本当にあった怖い名無し@転載は禁止:2016/02/26(金) 23:43:30.77 ID:8TwbX3140
ポコチン

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/
http://pink-chan-store.myshopify.com/


412 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)