5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

夢で会った女の子の話

1 :本当にあった怖い名無し:2013/12/11(水) 11:57:28.09 ID:ixaf7Bfy0
立ったら書く

2 :本当にあった怖い名無し:2013/12/11(水) 12:03:16.42 ID:ixaf7Bfy0
あれは私が5〜6才の頃だったと思う。
幼女だった私は団地に住んでいた。
ある日、プラプラしていると
見知らぬ女の子に声をかけられた。

"あっ!!!久しぶり!!!
わたしのこと覚えてる!?"

テンションの高い彼女に
私は心当たりがなかったから
誰?と聞いた。すると、

"夢で一緒に遊んだじゃん〜!!!"

と言われた。

そして、夢で知らない子と
ベッドの上で跳び跳ねて遊んだ夢を思い出して、ああ〜!!!久しぶり!!!と答えた。

それから私達は毎日、
日が暮れるまで遊ぶようになった。

3 :本当にあった怖い名無し:2013/12/11(水) 12:08:18.26 ID:ixaf7Bfy0
朝、起きると私は彼女の住む団地の前に行って大きな声で"あ〜そ〜ぼ〜!!!"と叫ぶ。
すると、彼女は弟を連れて現れるのだ。
そして私達は少し離れた場所にある草むらで遊ぶ。
草むらの中には、なぜかベッドやソファーがあって、夢の記憶と同じようにベッドで跳び跳ねたり寝転んだりして遊ぶのであった。
弟は、ベッドで私の尻を触るスケベなガキであったが、私はその姉弟と遊ぶのが愉快でたまらなかった。

4 :本当にあった怖い名無し:2013/12/11(水) 12:13:53.13 ID:ixaf7Bfy0
そんな日々がどのくらい続いたのかは、あまり覚えていない。
しかしある日の朝からは、
私がいくら大きな声で彼女達を呼んでも
姉弟は姿を見せなくなった。
その後は、私は普通に小学校の友達と遊んだり登下校していたと記憶しているが、学校で姉弟を見たことがなかった。
この話を、最近友人に話したら、
それは幽霊ではないかと言われたので、皆さんの意見を伺いたくスレ立てました。
ちなみに私は霊感まったくありません。

5 :本当にあった怖い名無し:2013/12/11(水) 12:48:56.64 ID:EN9SowFF0
イマジナリィ・フレンドとか
イマジナリィ・コンパニオンって言ったっけ、それかもね。

6 :本当にあった怖い名無し:2013/12/11(水) 17:40:00.14 ID:OSYTpqO50
人は誰でも寝ている間に霊界に行っているという。
それは死んだ後、スムーズに霊界に馴染めるようにとの配慮なのだが、
それはともかく、その際に、その子の霊体と邂逅していたのかもしれない。
夢占いにも、夢の中で知らない人に会ったら、それは将来出会う人だというのもあるし。

いなくなったのは普通に引越しとかじゃないの?

7 :本当にあった怖い名無し:2013/12/11(水) 19:49:06.58 ID:ixaf7Bfy0
>>5
へぇ。あれから20年たつわけだけれど、夢に出てきたことさえないんだわ

8 :本当にあった怖い名無し:2013/12/11(水) 19:51:12.41 ID:ixaf7Bfy0
>>6
友人に幽霊ではないかと言われるまで、彼女達が幽霊だなんて思ったこともなかった。引っ越すとか、いなくなるような話は聞いた記憶もないし、本当に突然会えなくなった。不思議な気持ちです

9 :本当にあった怖い名無し:2013/12/11(水) 20:41:07.35 ID:/dur8uWji
>>8
突然引っ越す事になったんでないですかね。
借金で家族ごと逐電とかもありますし。
要するに夜逃げです。
クラスメイトの女の子が突然学校に来なくなって行方知らずになり数年後埠頭に沈んだ車の中から一家心中の白骨死体で発見されたこともありました。
それか私も幼少の頃の記憶で夢か現実か自信がない事が多々ありますので全部夢なのかもしれません。

10 :本当にあった怖い名無し:2013/12/11(水) 20:45:17.00 ID:ixaf7Bfy0
>>9
可能性はありますね。
今となっては顔も名前も覚えていないので確かめようがないけれど(・・;)

11 :本当にあった怖い名無し:2013/12/11(水) 21:12:09.84 ID:/dur8uWji
私の思い出の場合幻のオモチャ屋さんがあります。
小学生のころ自転車で遠出しまして(所詮小学生ですから家から5〜6キロですが)素敵な完成塗装済みプラモデルが多数ショーケースにディスプレイされている素敵なオモチャ屋さんを見つけました。
雨上がりの初夏の午後、瀬戸内の海岸沿いの鄙びた田舎町ですがその時はお金を持っていなかったこともあり気後れして中に入ることもできず又こようとおもい場所を覚えてその日は帰りました。
その後何回もそのお店を探しましたが見つけることが出来ませんでした。
今考えると店を見つけたことが夢で現実の遠出の記憶と混同していたのではないかという気がしていますがショーケースに並んだ古いジャガーのプラモデルはハッキリと覚えているんですよね。

12 :本当にあった怖い名無し:2013/12/12(木) 00:00:02.20 ID:mZLsATmq0
>>5でFAだろ充分にオカルト >>7の返答がイミフ 「それは霊だ」というレス待ち?

イマジナリーフレンド(抜粋) これは正常である。 幼児期には20%から30%もその体験を持つ者がいて一人っ子か女性の第一子に多い。 2歳から4歳の間に生まれ、8歳ぐらいの間に消えてしまう。
(DID患者の場合)通常の一人か二人よりも多く平均6人程度で、思春期や青年期まで持続するという報告もある。
最も顕著な違いは前述(「解離の資質」参照)の柴山の言うようにその生々しさである。
DID患者の事実上全員がその姿を見、声を聞き、しばしば実在していると信じていた。

13 :本当にあった怖い名無し:2013/12/12(木) 02:17:39.98 ID:Z0wNDsiE0
>>12
5だけど、そういう症例?があるってのは初めて知った
何かの本で読んだんだけど
この空想の友達って、稀に他者と共有される場合が有るらしいね。

1は当時の友達と連絡取れないのかな。もしかしたら、このレアケースに当てはまるかもよ。

14 :本当にあった怖い名無し:2013/12/12(木) 22:17:22.64 ID:Ne8sr2NJ0
>>13 >>5で初めて知ってWikipediaから抜粋した
他者と共有されたら実在してないのをどう確認できたんだろう?

>>1は5~6才、小学校(6才〜)では見たことがない姉弟、自分を幼女と言う…
実在していない友達がいたのは悪くないし、矛盾した記憶もあるだろうけど
健康な人の不思議な記憶というよりは、下手な創作か不健康な人が創ってしまった過去の記憶という感じでモヤモヤする
幽霊じゃないかと言った最近の友達に話す前に誰かに話したことなさそう

15 :本当にあった怖い名無し:2013/12/17(火) 17:35:23.12 ID:CtqA2pQp0
ho

16 :本当にあった怖い名無し:2013/12/17(火) 17:39:21.28 ID:QMaAnBpW0
絶ったらかく

17 :本当にあった怖い名無し:2013/12/21(土) 13:56:35.87 ID:E3nKubb0P
と思ったら自分が幽霊でしたってオチで

18 :!ninja:2014/01/01(水) 01:44:32.99 ID:0VxEfvzD0
ts

19 :本当にあった怖い名無し:2014/01/02(木) 20:20:40.91 ID:PFy3LVaC0
このスレも
このスレはすべて「早野(レプ・デク・ホロ・警告)」という人物の自演なんだろ?

20 :本当にあった怖い名無し:2014/01/03(金) 21:40:50.30 ID:QV2YfAqK0
俺もこう言う記憶あったはずなんだけど
すっぽり消えた

あれ・・・・????って感じ

記憶そのものが消えた
俺には必要がなくなったのかな

21 :本当にあった怖い名無し:2014/01/03(金) 21:45:57.28 ID:eMuTMVlb0
だったら記憶があった記憶も消えてるだろ
0点

22 :本当にあった怖い名無し:2014/01/06(月) 18:05:33.95 ID:TOQuJvYm0
かすかにあるのですw

23 :本当にあった怖い名無し:2014/01/06(月) 22:19:30.24 ID:oYMxDApR0
家の裏庭にあった木が、いつの間にか消えてたってことならあるな。

よく登って遊んでたんだけど、気付いたらなくなってて、
親に聞いても「そんな木無い」で終わり。

子供の頃の記憶って不思議だよね。

24 :本当にあった怖い名無し:2014/01/06(月) 23:56:59.99 ID:G+n1wiVX0
はいはい昨日の『仮面ライダー鎧武』ねw

25 :本当にあった怖い名無し:2014/01/07(火) 15:44:59.57 ID:qAuWNQr10
別に害がある訳じゃないし怖くもないけど誰かに聞いて欲しいだけだからここに書かせて。

小学生くらいの時に俺も夢の中でだけ会う友達がいた。
その頃は夢と現実の区別ができなかったみたいで、そいつが現実にいるような気がして親とかにもそいつとどんな事して遊んだとか、誕生会に招待したいとかそんな事を言ってたんだけど、高学年くらいになってやっとそいつが夢の中にしかいないんだって気が付いた。

確かにその頃友達が少なかったから、夢の中で架空の友達作って遊んでるなんて言うのは恥かしいって思うようになって、親とか他の友達にもそいつの事は話さないようになった。

26 :本当にあった怖い名無し:2014/01/07(火) 15:50:11.52 ID:qAuWNQr10
そいつは初めて会った時は俺と同じ年くらいで、夢の中で俺と同じように成長してる。
中学生か高校生くらいまでは大体同じように成長してて、子供の頃は普通に鬼ごっこみたいな事したり二人で何か作ったりしてたし、中学になるとゲームしたり、高校になると何でか一緒に勉強したりしてたこともある。

普通の友達みたいにただ同じ部屋でゴロゴロ別の漫画読んでるとか、そいつがテレビ見てて、俺が漫画読んでるとかそんな事もある。

子供の頃は毎日みたいに出てきてたけど、中学くらいから週1くらいでしかそいつの夢を見なくなって、今ではほとんど出てこないけど、でもたまに出てきては一緒に酒を飲んだりしてる。

ただ、成長が追いついてこない感じで俺はもうおっさんなんだけどそいつはまだ高校生か大学生くらいの感じで止まってて、それを指摘すると少し困ったような悲しいような顔をする。

27 :本当にあった怖い名無し:2014/01/07(火) 16:10:55.12 ID:qAuWNQr10
これだけだとそんなに不思議な話ではないと思うんだけど、俺が高校生の時にまとめて良く無いことが起きた。

詳しい理由は教えて貰って無いけど、親父の会社が危なくなって、多分それを原因で両親が離婚するしないで家の中がギスギスしだして、
借金取りが来たり、俺はやりたい仕事があって大学に行きたかったので、学費の事とかを調べたりでかなりストレスをためてた。

そんな時、またそいつの夢を見た。
普段はどこかの制服みたいな格好とか、Tシャツにジーパンとか俺と違わない格好で出てくるんだけど、その日そいつは着物みたいなものを着ていた。
着物といってもカッチリした感じでは無くて、温泉で着る寝巻きの浴衣みたいなものを着ていて、俺を見た事の無い家に連れて行くと畳の部屋に座らせた。
夢の中でそいつと場所を移動するっていうのはその時が始めてだったと思う。

28 :本当にあった怖い名無し:2014/01/07(火) 16:34:03.89 ID:qAuWNQr10
部屋の中に入ると、そいつはちゃぶ台みたいな物の上に手を翳して両側に何かを開く動作をした。
そしたら何も無かったちゃぶ台の上に突然新聞紙くらいの大きさの白っぽい紙が出てきて、そいつが指でその上をなぞるというか辿るというか、そうしたら上手く表現できないんだけど、目では真っ白なんだけど、書いてある文字だけが頭の中に入って来る感じがした。

それは全部俺の未来の出来事だった。

俺が大学に行く為の方法はその時いくつかあったんだけど、例えば奨学金を貰うとか、何年か仕事して金溜めてから進学するとか。
だけどそいつが示した三つの未来には親が離婚しないで俺が大学に行く未来と、親が離婚して俺が奨学金を貰う未来と、それからもうひとつ不思議な未来があった。

それは俺がその当時全く知らない人や場所が出てくる想像の範疇を超えたものだった。

29 :本当にあった怖い名無し:2014/01/07(火) 16:47:18.78 ID:qAuWNQr10
目が覚めると俺は泣いてて、物凄く心臓がバクバクしていた。
そいつは不思議な事をしている最中は無表情だったけど、それ以外はとても急いでいるような感じで怒っているようにも見えたし、怯えてるようにも見えた。

多分あれはしてはいけない事をしたんじゃないかなという感じで、その時はじめてそいつが俺が作った想像じゃなくて存在してる何かなんだろうなと思った。

その後俺はそいつの三つ目の未来に従ってその場所へ向かい、大きな事故に巻き込まれた。
人が何人も犠牲になっている事故だから詳細は伏せるけれど、俺はその大きな事故に巻き込まれた結果数ヶ月入院して大学受験には間に合わなかった。

それも、そいつの見せてくれた紙に書いてあった。
俺がそんな大きな事故に巻き込まれたことで両親は離婚をするタイミングを失ったんだと思う。
両親は離婚しなかったし、それからそれをきっかけにして疎遠になっていたじいさんの兄弟が色々と援助してくれる事になった。

30 :本当にあった怖い名無し:2014/01/07(火) 16:58:28.02 ID:qAuWNQr10
事故は予測のできる類の物ではないし、じいさんの兄弟は当時連絡先も知らないし、俺は存在も知らなかった。

その人は俺のじいさんが死んだ後、結婚もしていなかったし、定年してフィリピンへ移住してたので全く連絡がつかなかったのが俺がテレビ報道されるような大きな事故に巻き込まれたのを聞いて一時帰国の時に立ち寄ってくれたらしい。
その位その人とは疎遠だったんだ。

俺はその後無事に大学に行けた。
親父の会社は無くなってしまったけど、両親は共働きしてまで俺を大学へいかせてくれた。

1年後れた分勉強もできたし、俺は志望校に入学して希望していた職に就く事ができた。
それから一昨年、その時助けてくれたじいさんの兄弟が体調を崩したのを切欠にその人を家で引き取った。
親戚からは遺産目当てだとか色々言われたけど、あの時助けて貰った恩返しに俺が面倒を見たいと言ったら周囲も納得してくれて、日本へ帰ってきてもらった。

これもその時あいつが見せてくれた紙に書いてあった通りにしただけの事なんだけど、そしたら去年洪水があった。

31 :本当にあった怖い名無し:2014/01/07(火) 17:06:35.94 ID:qAuWNQr10
俺はあの時、自分が死ぬまでに起きる大きな出来事というか分岐点みたいなものを見せてもらった。

分岐点はあと幾つかある。

ただ心配なのは全部がその通りになっている訳では無くて、俺はその事故でもっと重症を負はずだったんだけど、意外と軽症で済んだ。
変わりにそいつが少しだけその場所を不自由に動かすようになった。

そいつが俺に起きる不幸を肩代わりしてくれてるのかもしれない。
じいさんの兄弟が病気になって引き取る時も、洪水が有った後も、そいつは見るからにぐあいが悪そうだったり一部が欠けて現れたりする。

霊能者に見てもらったことが一度だけあるけど、特に何もついていないといわれるし、俺の守護霊になってくれそうな人も居ない感じなんだ。

俺には良い事ずくめなんだけど、このままだとそいつが消えちゃうんじゃないかとちょっと心配してる。

長々読んでくれてありがとう。
駄文すまない。

32 : 忍法帖【Lv=22,xxxPT】(1+0:3) :2014/01/07(火) 19:28:17.65 ID:0CcAZRSZ0
暇潰していどにはたのしめたよ、ありがとう

33 :本当にあった怖い名無し:2014/01/08(水) 13:54:27.18 ID:zv2aUU690
おもしろかったよ

34 :本当にあった怖い名無し:2014/01/09(木) 20:59:05.96 ID:r345HDxo0
面白い
もう見てないかもしれないけど
その夢に出てくるのは女の子なの?
可愛い?

35 :本当にあった怖い名無し:2014/01/11(土) 22:38:01.50 ID:8Pehlm4b0
>>25
面白かった。誰だろうね?>夢の子
何だか25と実際に関わる(守る)人の様な気がするよ。

数年間夏に見る同じ夢が有ったけど、夢の子は年を取って無かったと思う。

36 :本当にあった怖い名無し:2014/01/13(月) 19:58:51.97 ID:dnzO9DZv0
>>34
頭の中はつねに女
こういうスレにまで気持ち悪い書き込みするなよ変態

37 :本当にあった怖い名無し:2014/01/14(火) 19:38:19.76 ID:g9pgyn9u0
>>36
男は、生理的に常に女を求めるものだ。
それがなくなったら生物として終わって
いるわけで、あとは死ぬだけ。

38 :本当にあった怖い名無し:2014/01/16(木) 15:20:29.27 ID:FizJQlo+0
いっしょにだらだらしてたり、同性っぽいイメージで読んでた
一緒に酒飲んだりできるっていいなあ
ご先祖さまか、生まれるはずだった兄弟とか?

自分は夢の中にしか出てこない街がある
そこで出会う人は一定しないけど、小さいころから何度も何度も
夢の中で行ってるから、地理は完璧に把握している
自分が住んでいるのは超田舎なのに、そこは地方都市ってイメージ

39 :本当にあった怖い名無し:2014/02/05(水) 12:12:01.77 ID:/MUbNcET0
いいね

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)