5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた 第83章 [転載禁止]©2ch.net

1 :UNNAMED 360:2014/12/19(金) 19:04:11.24 ID:9kS2DG7j
ハイテク兵器 vs 剣と魔法。
内容はガイドラインを参照。

・sage厳守。
・書きこむ前にリロードを。マナーとして。
・SS作者は投下前と投下後に開始・終了宣言を。分断防止のため。
・SS投下中の発言は控えてください。
・支援は50レスに1回。
・嵐、煽り、気に食わないコテは徹底放置。自然現象として脳内あぼーんしましょう。
・品性に欠けるレスはなるべく付けませんよう。
・気に食わないレスを、気に食わないコテハンまたは気に食わない人間のものと根拠無く認定するなかれ。
 ループ禁止。対策としての『萌え』などには書き手も読み手も極端な反応をしないこと。
 そんなことより海産物の話でもしよーぜ。
・以上を守らないものはぬるぽと見做し、鉄槌制裁( ・∀・)つ=■彡☆))`Д´)されます。

前スレ
自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた 第82章
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1411893556/

保存庫
ttp://www26.atwiki.jp/jfsdf/
ttp://pixus.iinaa.net/jfs.htm

分家
ttp://jbbs.livedoor.jp/movie/4152/fjieitai.html

2 :創る名無しに見る名無し:2014/12/19(金) 19:04:42.15 ID:9kS2DG7j
新暫定ガイドライン
0. 現代科学であれ男塾理論であれ異次元科学であれ議論であれ、第一に置くべきははスレ住人が楽しいこと。住人が不快に思う事は避ける。
1. 投下してくれる作者は神。批評はいいが節度を持ってやること。
2. 「自衛隊がファンタジー世界に」とあるように、あくまで「現代の日本国自衛隊」が主に関わる話であること。
3. 自衛隊の組織・装備はあくまで現用もしくは近未来的に配備が予想されるものに限る。
  核兵器・旧東側諸国製兵器・未来兵器・巨大人型兵器など、現代の日本国が配備するにはナンセンスなものは極力避けること。
  現代科学と作中の設定で説明できる場合にはこの限りではない。
4. 軍事力の背景となる社会構造、政治・戦略・作戦・戦術・戦闘に関してはある程度しっかり設定しておくのが好ましい。
  作中の設定で説明できないものは避けること。
5. F世界側の設定は作者が勝手に決めることが出来るが、「超魔法・無敵キャラまんせー」な話にならぬよう気をつける。
  基本的には自衛隊・近代兵器マンセーの方が好まれる。
  また、オーバーテクノロジーの扱いは慎重に。
6. ファンタジー側の人間もきちんと描写する方が好ましい。
  自衛官主観という演出などであえて描写しないのはこの限りで無い。
7. 萌えだけ、エロだけ、グロだけを目的とした作品は、このスレ以外のしかるべき板やスレに書き込むこと。
8. スレ外の該当作品にかんする批評などの雑談は、ほどほどに。
9. 次スレは>>980か480KBを踏んだ方が立ててください。
10.投稿された作品は、まとめサイトに転送する場合、作者の許可なく誤字の修正や改変はしてはいけない

3 :UNNAMED 360:2014/12/19(金) 19:05:08.60 ID:9kS2DG7j
■今までこのスレで討議された議題

・ファンタジー世界の市場規模についての考察
・麻薬による世界支配は許されるか
・江戸時代とファンタジー世界の類似性について
・大陸国家VS海洋国家戦略、その長短について
・マッチとメラ、着火手段としてどちらが優れているか
・F世界での日本経済再生と交易について
・ドラゴン…契約方法と空軍戦力としての有効性を考える
・自衛隊的ダンジョン攻略法
・対人地雷と魔法の罠。
・F世界における神の影響力について。
・F世界的陣地攻略法
・熊に見るモンスターの手強さ
・巨大昆虫対策〜界面活性剤から核弾頭まで
・決闘における非致死性制圧法(殺さずにいたぶる百の方法)
・F世界の街道、交通路における運搬手段が道に与える負担うんぬん
・銃弾を受け付けない素材を武具の材料に用いれるか
・マクロ経済を考慮すべきか
・後世の倫理や常識/後知恵で過去を断罪しても赦されるか

4 :UNNAMED 360:2014/12/19(金) 19:07:37.71 ID:9kS2DG7j
■さんざんガイシュツの話題
・シーレーン確保における脅威の排除(海賊、海の怪物対策)
・日本が傭兵を雇用することは可能か?
・萌えは是か否か。
・議論は是か否か。
・魔法・怪物の設定(最終的には作者に一存という結論)
・補給が断たれた場合、弾薬を何とか確保可能か?不可能な場合はどうなるか?
・球形以外の世界。
・食糧対策・餓死者の局限−魔物を喰らうモノ−
・在日外国人・異世界住人対策。政治思想の殴り合いは勘弁
・資源・エネルギー問題。
・外交方針について。
・人間と亜人の共生について。

ガイシュツだが、再考察とかは特に禁止されてない
SFは禁止だと言うことです

5 :UNNAMED 360:2014/12/19(金) 19:08:09.49 ID:9kS2DG7j
関連サイト
「帝國召喚」(作:くろべえ/分家皇軍スレ)
ttp://www.geocities.jp/wrb429kmf065/index.html

「輸送戦記」(作:Call50/本家)
ttp://homepage2.nifty.com/Call50/

分家まとめサイト
ttp://www.geocities.jp/wimsigma/

SSの書き方
ttp://www6.plala.or.jp/Action/taidan01.html
ttp://www6.plala.or.jp/Action/taidan02.html

6 :UNNAMED 360:2014/12/19(金) 19:09:40.92 ID:9kS2DG7j
過去スレ
創作発表板
82 ttp://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1411893556/
81 ttp://maguro.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1407067096/
80 ttp://maguro.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1402473421/
79 ttp://maguro.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1396284516/
78 ttp://maguro.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1387140159/
77 ttp://engawa.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1382513049/
76 ttp://engawa.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1373291272/
75 ttp://engawa.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1361022572/
74 ttp://engawa.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1351193900/
72 ttp://engawa.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1344911105/
72 ttp://engawa.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1337702041/
71 ttp://engawa.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1326519134/
70 ttp://engawa.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1318261509/
69 ttp://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1280728791/
68 ttp://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1261921219/
67 ttp://namidame.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1254132077/
66 ttp://namidame.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1247917732/
65 ttp://namidame.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1242886494/
64 ttp://namidame.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1235983300/
63 ttp://namidame.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1220184382/
軍事板
63 ttp://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/army/1220300122/
62 ttp://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1214912385/
61 ttp://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1210853200/
60 ttp://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1206945872/
59 ttp://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1200068856/
58 ttp://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1187502563/
57 ttp://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1181167154/
56 ttp://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1177836560/
55 ttp://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1173715591/
54 ttp://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1171625885/
53 ttp://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1170750554/
52 ttp://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1166436294/
51 ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1163066160/
50 ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1161084208/
49 ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1160188326/
48 ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1157263954/
47 ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1153579549/
46 ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1149155655/
45 ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1145708454/
44 ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1141803533/
43 ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1138537013/

42以前は保存庫参照

7 :UNNAMED 360:2014/12/19(金) 19:11:09.74 ID:9kS2DG7j
新スレッドのリンクが確認できなかったので、立ち上げました、これからも色んな作品の投稿を期待しております。
皆様も、宜しければ、作品を投稿してみませんか?楽しみにしております。

8 :創る名無しに見る名無し:2014/12/19(金) 19:52:18.15 ID:yykgJP42
スレ立ておつー
UNNAMED 360氏の作品にも期待してるよー

9 :UNNAMED 360:2014/12/19(金) 20:03:40.32 ID:9kS2DG7j
良く見ると、もう一つスレッドがありますね・・・・うぐぐ・・・もう少し調べてから投稿すればよかったOTL

10 :創る名無しに見る名無し:2014/12/19(金) 20:15:44.80 ID:L1Yyhd1/
>>1
ゲートアニメ化でこのジャンルがもうちょい活発になってくれるといいなあ

11 :創る名無しに見る名無し:2014/12/19(金) 21:42:49.60 ID:Iigr0dNW
外国人のLive reactionに期待

12 :UNNAMED 360:2014/12/19(金) 23:21:18.14 ID:9kS2DG7j
>>10
ゲート自衛隊彼の地 
アニメ化したんですか、炎龍との戦いが楽しみですね・・・。
問題は作画と声優さんのチョイスかな?

13 :創る名無しに見る名無し:2014/12/20(土) 01:07:58.44 ID:2Qu/mSAa
>>10
異世界×自衛隊ネタがもう少し流行ってくれれば、このスレッドも活性化するのにね。
何だかんだでマイナーなのかも、現時点では

14 :創る名無しに見る名無し:2014/12/20(土) 01:22:35.81 ID:3/fZy5Hl
とりあえずあっちが先みたいだしあっちを先に消化して次にこっちでいいんかね?どうするんじゃい
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1418978357/

15 :創る名無しに見る名無し:2014/12/20(土) 01:28:26.49 ID:RFYm9CP1
>>14
反対で

16 :創る名無しに見る名無し:2014/12/20(土) 01:55:58.01 ID:fcAPQeIM
ま、>>14 の方消化してからで良いでしょ。
気長に行きまっしょい。

17 :創る名無しに見る名無し:2014/12/20(土) 02:04:40.02 ID:RFYm9CP1
>>16
大体2か月程度かかるがな、だったら最初からタイトルを間違えなきゃよいのに
本来スレ立てはワードでもテキストドキュメントでも良いから一度移して慎重にやるべきものだ。
向こうを使うんだったら、早めに埋めるんだね、余りにも適当過ぎて正直イラついてる。

18 :創る名無しに見る名無し:2014/12/20(土) 04:17:51.30 ID:fcAPQeIM
>>17
知らんがな。八つ当たりすんなよ。
禿げるぞ。

19 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2014/12/20(土) 21:34:11.62 ID:SpSraJxn
>>1
乙です。
あちらが先に立ったようですので向こうから使いますかね。

いつも、楽しませていただいています。

20 :創る名無しに見る名無し:2014/12/20(土) 21:40:59.84 ID:0Kogo4+a
ナンバリング不全は大問題にしてスレ確認不全は不問にするとか

21 :創る名無しに見る名無し:2014/12/20(土) 23:52:23.61 ID:RFYm9CP1
>>20
あぁ、大問題だな、別に石動氏や360氏やそらのいくさ氏の誰が立てようが、確認せずに投稿するのは良くない。
だがこちらは、コピペも修正されているしタイトルミスも犯していない、それだけで雲泥の差があるんだよ。
とりあえず、向こうで引っ込んだ以上、追及はするつもりは無い。以上だ

22 :創る名無しに見る名無し:2014/12/21(日) 00:56:37.56 ID:4auS7NLj
コピペミスって82スレの追加忘れだけでタイトルミスは82のまんまだけだけど
雲泥の差なのかあ
雲泥って少々って意味じゃなかったよなあ

23 :創る名無しに見る名無し:2014/12/21(日) 02:14:07.05 ID:9jBYvRiR
うぜえのが湧いてやがんなあ
こんなニッチな過疎スレでご苦労なこった

24 :創る名無しに見る名無し:2014/12/21(日) 02:44:25.87 ID:AaT0RS0t
まぁぶっちゃけタイトルすらロクに確認せずスレ立てるアホと
スレ立て宣言でてるのに板確認せずにスレ立てしちゃうアホは似たようなレベルのアホさだわな
俺はどっちもやったことあるから人の事言えねぇけど…

25 :UNNAMED 360:2014/12/21(日) 07:47:57.95 ID:H5QezWml
>>22 - >>24
うーん、ごめんなさい、立てた当事者だから、気まずい物がありますね。
とりあえず、向こうを使いましょう。
あと刺激しない様にしましょ、83章あらため84章という事で

26 :創る名無しに見る名無し:2014/12/21(日) 08:50:08.02 ID:AaT0RS0t
>>25
スレ立てミスるのは誰でもあるからね
俺は今立ってる2スレよりも酷いのを立てたことあるし
ボランティアみたいなもんだから悪意がなけりゃ適当でいいのよ、謝らなくていいし、気にしなくてもいい
前スレをさっさと埋めちまった俺らが悪いわけだし

27 :創る名無しに見る名無し:2014/12/22(月) 23:41:57.59 ID:VoOBOR6L
次はしっかり確認してからやろう
スレ民全員の責任で誰かがミスっても皆が悪い

28 :創る名無しに見る名無し:2014/12/23(火) 21:20:27.42 ID:BvFEKgMe
>>22
タイトルミスしないだけで、今回のトラブルは発生しなかった。それだけでも、雲と泥の違いはある
360氏は360氏で、なんでその程度のチェックもしなかったんだ?見積もりが甘すぎるだろ

まぁ、これ以上、使うスレがどうこう言うつもりもないが、何とも非合理的な事か、これじゃミノタウロスの皿だな

29 :創る名無しに見る名無し:2014/12/23(火) 22:13:54.70 ID:mlWNtyzC
ほとんどのまともな人間が気にしてないことをだらだらと文句言い続けるアホよりははるかにマシだな
それこそ雲泥レベルでね

30 :創る名無しに見る名無し:2014/12/23(火) 22:37:28.14 ID:W34KzFML
>>29
同意します

31 :創る名無しに見る名無し:2014/12/23(火) 22:44:20.65 ID:BvFEKgMe
>>29
まぁ、どっちも華の無さでは程度は同じかもね。
その調子でスレ埋めを頑張ってほしいね、応援しているよ。

32 :創る名無しに見る名無し:2014/12/24(水) 04:16:19.15 ID:NvW66otZ
>タイトルミスしないだけで、今回のトラブルは発生しなかった。それだけでも、雲と泥の違いはある

そして>20にループする
そしてこれ以上言うつもりはないと言いながらダラダラ屁理屈こねくり回して
自分のちゃちいプライド守る為に必死になる

33 :創る名無しに見る名無し:2014/12/24(水) 04:23:30.06 ID:NvW66otZ
その手の論調で話す気はないって逃げるの待ってまーす

34 :創る名無しに見る名無し:2014/12/24(水) 08:58:20.09 ID:xk6Q+loi
どうでもいいけど非難してる方もしてない方も空気悪くしてるだけだからな
一回責めるのは仕方ないけどそこでスパッと話題終わりにしたら?

特にいまだに責めてる人はスレ立てミスった人以上に害がでかいってことに気づいてね

35 :創る名無しに見る名無し:2014/12/24(水) 12:38:15.66 ID:qb4TJIM5
もはや作者氏が気に入らなくて追い出す口実にしたいようにしか見えないな

36 :創る名無しに見る名無し:2014/12/24(水) 17:32:35.80 ID:OPK/BbCY
>>34
何どさくさに紛れてこっちも悪くしようとしているわけ?つかテメーRFYm9CP1だろ?
テメーがうだうだ言うから空気悪くなってんだろあぁその手の論調で話す気は無いと言って逃げる気なんだろどうせ

37 :創る名無しに見る名無し:2014/12/24(水) 18:03:30.45 ID:xk6Q+loi
自分の書き込み一遍見直した方がええで

38 :創る名無しに見る名無し:2014/12/24(水) 19:14:12.63 ID:OjEMx6e5
その手の論調で話す気はないって言わないんですかー?

39 :創る名無しに見る名無し:2014/12/24(水) 19:43:14.67 ID:aueBVRNo
もうやめろよ、俺はその手の論調で話す気はないぞ(キリッ

40 :創る名無しに見る名無し:2014/12/24(水) 19:55:06.95 ID:yN1Scfua
                     /j
                   /__/ ‘,
                  //  ヽ  ', 、
                    //    ‘  ! ヽ             …わかった この話はやめよう
                /イ       ', l  ’
               iヘヘ,       l |  ’
               | nヘヘ _      | |   l            ハイ!! やめやめ
               | l_| | | ゝ ̄`ヽ | |〈 ̄ノ
               ゝソノノ   `ー‐' l ! ¨/
            n/7./7 ∧        j/ /     iヽiヽn
              |! |///7/:::ゝ   r===オ        | ! | |/~7
             i~| | | ,' '/:::::::::::ゝ、 l_こ./ヾ..     nl l .||/
             | | | | l {':j`i::::::::::::::::`ーr '         ||ー---{
              | '" ̄ ̄iノ .l::::::::::::::::::::::∧       | ゝ    ',
      , 一 r‐‐l   γ /、::::::::::::::::::::::::〉ー= ___  ヘ  ヽ   }
    / o  |!:::::}     / o` ー 、::::::::::::i o ,':::::::{`ヽ ヘ     ノ
   / o    ノ:::::∧   /ヽ  o  ヽ::::::::| o i::::::::ヽ、 /   /
   /    ノ::::::/    /::::::::ヽ  o  ヽ:::| o {::::::::::::::Υ   /

41 :UNNAMED 360:2014/12/25(木) 08:28:50.29 ID:YFMEQl5P
>>28 〜 >>39
いや、もういい加減にしてくださいよ。
穏便にするべきだと言ったつもりです、刺激しないようにするべきです。

42 :創る名無しに見る名無し:2014/12/25(木) 14:08:08.51 ID:r/LqUvGg
ミリオタは細かい所が気になる人が多いからな
しょうもないことで熱くなるのは日常茶飯事
だがこの場合どっちが悪いかではなくどっちも黙ることが大事なんやな
そんなわけで現行スレが終わるまでウルトラマンの言うとおりこの話も書き込みもやめよう

43 :創る名無しに見る名無し:2014/12/25(木) 14:21:44.17 ID:5UVK5I9E
おさまりかけてるとこにそういう書き込みするから続くんだと思うよ

44 :UNNAMED 360:2014/12/25(木) 22:15:10.82 ID:qmdA9k3l
そろそろ、潮時なのかもしれませんね・・・。

45 :創る名無しに見る名無し:2014/12/26(金) 00:45:10.93 ID:MVK0Jrdw
おさまりかけてるとこにそういう書き込みするから続くんだと思うよ
大事なことだから二度言っとく

あと、投稿の時とか関係ある話題の時以外は基本的にコテハン外した方がいいと思うよ
コテハンってだけで噛みついたりする人もいるし

46 :UNNAMED 360:2014/12/26(金) 08:20:50.09 ID:rvSRaM5z
・・・・すみません。

47 :創る名無しに見る名無し:2014/12/26(金) 23:23:47.57 ID:u10EYh9C
一部の過剰にあげつらう奴儕は論外だが、それに 「連載の中止か休止」 だのとナイーブに譲歩するのも同様。
本来、「次は気を付ける」 「おk」 以上でも以下でもない案件。

48 :UNNAMED 360:2014/12/27(土) 01:22:45.35 ID:r2uIQaOT
譲歩・・・という訳ではありませんが、リアル事情&モチベーションの関係で連載出来なくなりそうですね。
特に、後者のモチベーション方は当分上がらないので、筆は治めておきます。
忘れたころに書くかもしれませんし、そのまま風化するに任せるかもしれません・・・ご了承ください。

49 :創る名無しに見る名無し:2014/12/27(土) 11:55:30.54 ID:9jVrjrjA
ネット上で公開しているすべての作品がそんなもんだからね
商業作品じゃないんだから気分がノッた時に書いてくれればいいよ
読者だけが楽しむものではなく、作者も楽しむものなんだから

50 :創る名無しに見る名無し:2014/12/27(土) 12:36:29.69 ID:c6o3e5jH
>>49 同感だな

51 :創る名無しに見る名無し:2014/12/28(日) 23:13:48.05 ID:8Zf3K17r
暇つぶし程度にはなるSSだったよ、金をとれるレベルでもないがね。
これに、懲りたらもう間違わないんだよ、いいね?

52 :創る名無しに見る名無し:2014/12/28(日) 23:16:30.82 ID:khy+irBO
さすがに釣り針でかすぎ

53 :創る名無しに見る名無し:2014/12/29(月) 08:18:09.11 ID:wVbyhUC1
食いつくなよ、唯の愉快犯だろうし

54 :UNNAMED 360:2014/12/31(水) 23:45:18.31 ID:A6L7AD9C
http://image50.bannch.com/bs/M302/bbs/805076/img/0271950553.png
取りあえず、看板立てておきますね。

55 :創る名無しに見る名無し:2015/01/04(日) 00:50:14.97 ID:hTss0H3e
現行スレでは何なのでこちらで。

> 別な作品でも書いて気分転換でもしようか、と、思ってもモチベーションが上がりませんね・・・。
> 精神ダメージ自体は、無断改変の時の方が大きかったのですが・・・荒療治で無理やり書いてみるべきか(困惑

これは慰めの言葉を求めているのか、でなければ独り言でしょうか。
唐突にこんな脈絡もない個人の日記を投稿されても、困惑するのはむしろこちら側なのですが。
モチベーションが上がらないんです。はぁ、左様でございますか。
無理にでも書いてみるべか ? 好きになさればよろしんじゃないでしょうか。

ただでさえ、先のスレ立ての折に、ほぼ1人を除く住人が気にするなという中、グズグズした挙句、
更にこれでは流石に鬱陶しい。

56 :創る名無しに見る名無し:2015/01/04(日) 01:05:47.25 ID:6/BF7MN9
ぶっちゃけそれもわざわざ書かなくていい個人の日記じゃないのかね

57 :創る名無しに見る名無し:2015/01/04(日) 04:53:19.49 ID:ZdhyN7ic
うんざりするようなこの流れを、さらに蒸し返す意味があるのかね

58 :創る名無しに見る名無し:2015/01/04(日) 10:18:51.37 ID:TyGiqnu/
>>55
ほぼ1人乙


って言われたいのか?

59 :創る名無しに見る名無し:2015/01/04(日) 17:45:40.83 ID:KQstRfxV
>>55
現行スレで誰も気に留めていない愚痴に、過剰反応をしているのはどうなんだ?

てか、癪に障ったのは「無断改変のほうが精神ダメージ〜」の件なんじゃないか(笑)
こんなのに鼻息荒くする奴なんて当人くらいだろうしな

60 :創る名無しに見る名無し:2015/01/05(月) 00:52:52.63 ID:s2+Biavv
無断改変・二次創作房にしなさとる 360の独り言に過剰反応し火病る
と、脳内変換した。意外と近いのかも知れんw

61 :創る名無しに見る名無し:2015/01/05(月) 21:35:20.85 ID:gnd/N7Gz
「ほぼ1人」と比べてもウザいと言われたのが気に食わないのか、何にせよ臭いなお前
誰も気にしちゃいないのに

62 :創る名無しに見る名無し:2015/01/06(火) 00:02:04.37 ID:FnrIpp9T
隔離スレみたいになってんなw

63 :創る名無しに見る名無し:2015/01/08(木) 22:56:51.23 ID:TmzGrQPg
こっち再利用するのかな?落ちたら落ちたで次立ればよいけど

64 :創る名無しに見る名無し:2015/01/10(土) 23:42:04.93 ID:PMAJJ1vP
実際、にし某さんらしき人を、UNNAMED 360さん露骨に嫌っていたからな
二次創作(笑)を書かれた後、自分の作品で書けと散々言っていたし、無断改変の時もうんざりしていたしな。
よくもまぁ、ここまで続けてくれたもんだよ、なろうなら毒者をブロック出来るんだけどな、2cnはもう駄目かもしれん

65 :創る名無しに見る名無し:2015/01/15(木) 20:47:28.21 ID:28/Y1PU3
唯でさえ書き手が居ないのに、何やってんだよ・・・

66 :創る名無しに見る名無し:2015/01/17(土) 14:16:04.18 ID:mWxVsADq
>>64
正直2ちゃんのSSスレは軒並み衰退しているからな
本格的にやるなら変なのが来ても管理できるしたらばや投稿サイトのほうがいい

67 :創る名無しに見る名無し:2015/01/17(土) 22:24:54.66 ID:O8MwsiNl
>>64
UNNAMED 360さんは、二次創作自体は書いても良いスタンスを取ってはいるけど、反応を見るに良く思っていなそうだよね。
好き勝手に書きたいなら自分の作品で投稿するべきだと思う。

>>66
異空人の二次創作を見たときは、正直頭に来たな。
特に、自衛隊に「お前みたいな屑野郎を殺すのは楽しいが、罪もない人が傷つくのは嫌だ」
みたいな事を言わせたのが、不快だった。人様の作品で何書こうとしているんやら
しかも二次創作を書いた理由が、「自衛隊が国王を処刑する場面書いてくれなそうだから」と来た。ふざけんなよ

68 :創る名無しに見る名無し:2015/01/21(水) 19:13:01.23 ID:OO6BIBp9
まー、二次創作を書くにしても、原作をリスペクトしなくちゃいけないよな。
原作に対する敬意が無ければ、ただの自己満足だわ、作者さんにも失礼だし、原作の雰囲気をぶち壊すことになるし

69 :創る名無しに見る名無し:2015/01/22(木) 00:36:32.59 ID:D74SSJtY
一部読者に迷惑な人が居ると言うのも困りものだね。
作者さんの好きに書かせてあげればよいのに

70 :創る名無しに見る名無し:2015/01/26(月) 15:52:38.81 ID:l+sky7u9
☆☆☆☆☆
☆ 自民党、グッジョブですわ。 ☆
http://www.soumu.go.jp/senkyo/kokumin_touhyou/index.html

☆ 日本国民の皆様方、2016年7月の『第24回 参議院選挙』で、改憲の参議院議員が
3分の2以上を超えると日本国憲法の改正です。皆様方、必ず投票に自ら足を運んでください。
そして、私たちの日本国憲法を絶対に改正しましょう。☆

71 :創る名無しに見る名無し:2015/01/26(月) 22:34:46.13 ID:Pia/qSKo
マルチは御法度

72 :創る名無しに見る名無し:2015/01/27(火) 21:48:48.35 ID:jmDgycQn
>>70
現行スレにも張り付けんなよ

73 :創る名無しに見る名無し:2015/03/19(木) 19:26:05.21 ID:qb3AyB4W
ttp://www1.axfc.net/u/3432624

リレー小説テキストファイル

需要があるかわからんが一応貼っておく

74 :創る名無しに見る名無し:2015/03/19(木) 23:57:26.83 ID:AjHmLPnW
再利用乙、なにか良いアイディアが浮かんだら、気軽に作品投稿して良いのよ?

75 :創る名無しに見る名無し:2015/03/20(金) 11:33:21.58 ID:lyew41eK
まあ、食料問題は米と芋があればなんとか食い繋げる可能性はでてきたのか

備蓄と自給率で二年が限度とされていたが、猶予期間は三年に拡大していいんじゃないかな?
食料だけだが

76 :創る名無しに見る名無し:2015/03/20(金) 19:17:38.21 ID:tIVOU0Gp
オーランチキチキを実用化出来れば

77 :創る名無しに見る名無し:2015/03/20(金) 21:56:48.80 ID:iIQ6Hm+b
異空人の魔鉱石やリレー小説の金色の太陽みたいな永久機関があれば、電撃魔法でウハウハやで

78 :創る名無しに見る名無し:2015/03/20(金) 22:23:55.31 ID:n7ZKwOwH
投下してもいいかな?

79 :創る名無しに見る名無し:2015/03/20(金) 22:33:03.09 ID:oKQt1Acl
よかよか、一発目。

80 :創る名無しに見る名無し:2015/03/20(金) 22:46:46.06 ID:en005/q9
ばっちこーい!

81 :創る名無しに見る名無し:2015/03/20(金) 22:53:19.32 ID:n7ZKwOwH
リレー小説の続きです

護衛艦くらまがクファディス号の母港アル・プトラに入港したのは昼ごろだった。
大陸の東海岸に位置するアル・プトラは10以上の河川が流れ込む天然の入り江で湾内はリアス式海岸を形成しており、湾口から奥までの長さは18kmに及び、無数の小島がある。
入り江内のどの港も石造りの突堤や防波堤が作られており波から湾内を守っていた。
湾口に入りしばらく進むと蒸気式のタグボートの一団がやってきて戦列艦を曳航し始めた。
くらまにも近寄ってきたが安全のため断り自力航行することになった。
護衛のためか小型船がくらまの周りを囲み空にはワイバーンが旋回している。
波止場に向かう途中大小さまざまな船やはしけとすれ違う彼らの船の船員は皆甲板出でてくらまを見物していた。

「今度の船員はーおっウサ耳発見!耳だけじゃなく顔まで犬の獣人もいますよ!。」

「遊んでないでしっかり監視をせんか。」

「しかしですね、近すぎる船は周りの小型船やワイバーンが追い払ってくれますし楽なもんですよ。関門海峡や瀬戸内海でもこれくらいしてほしいもんです。
だいたい艦隊で運用するのが前提の護衛艦を単艦で運用するのがおかしいんですよ。”もう1隻護衛艦を護衛に付けてもよかったんじゃないですか。」

「そうぼやくな、今回の単艦での異世界派遣も砲艦外交や不慮の遭遇戦を嫌っての政治的な理由が多分に考慮されてのことだ。幕僚会議も悩んだ末の決定だろうさ。
それに外務省の交渉団も一連宅如だ、交渉団も決死の覚悟なのさ。」

「単艦での航海は慣れてますけど、つき合わされる身にもなってくださいよ。」

そう言うと見張り員は双眼鏡を陸地に向ける。陸地を見れば多くの人々が集まってきてくらまを見物しているのが見える。
高台には即席のやぐらがくまれ、なにやらのぼりや旗が立っているものがある。

「護衛艦たった1杯で夜も眠れずってやつですかねぇ、おいおい4mはありますよあの大男、リザードマンもいますよ。」

彼の上官は叱責せず大目に見ることにした。彼の言う通り近すぎる船には小型船やワイバーンが追い払ってくれるし部下が内心で脅えているのもわかっていた。

82 :創る名無しに見る名無し:2015/03/20(金) 22:54:40.35 ID:n7ZKwOwH
(無理もないか、地球との交信は不能なのだ。ここまで接近され奇襲を受ければ単艦ではひとたまりもないし、撃退できたとしても艦はゲートに向かうしかない。
必ず待ち伏せにあうだろう。帆船程度なら撃退できるだろうがアプカがいればー間違いなくいるだろうが、いればこちらが撃沈される)

ふと上官も陸地のほうに目を向けた彼らの表情は肉眼ではわからない。
(彼らもどんな気持ちで我々を見ているんだろうな、幸い彼らの政府は交渉を望んでいるというこのまま平和になってくれればいいが。)


入り江を進む艦隊とくらまはやがて一つの湾に到着した。軍港なのだろう波止場にはいくつかの軍艦が停泊しておりくらまが湾内に入ると空砲を発射しだした。
この世界にも礼砲の習慣があるらしい。くらまも礼砲を撃つことで返礼した。連射したため相手を驚かせることになったがそれはまたべつの話である。

くらまが案内された波止場は広く本来は戦列艦を7,8隻収容する波止場なのだろうくらまが係留してもまだ余裕がある。
波止場には数台の馬車と複数人の人影ががくらまを待っていた。


「連射できる砲か、砲が2門しかない理由がわかるな。連射できるなら複数の砲を乗せる必要がない。しかもタグボートも無しにあの巨大な船を自在に操るとは
異世界の船は我々の技術のレベルを遥かに超えていますな。」
港で待っていた外交官の1人がそう軽口をたたいた。

「なに、そう恐れていては普段できる仕事もできなくなるよ、それに見たまえ網引き作業は人間がやっているじゃないか、あの船も人間が運用しているということだよ。
それに我々の仕事は交渉じゃない、交渉団の到着まで彼らをもてなすのが仕事だ。そろそろお出ましだぞ」
タラップがおろされ人が降りてくるのを見ると待機していた楽隊に音楽を奏でるよう合図を送る。

「ようこそガルリア帝国へ、私どもはあなた方の来訪を心より歓迎いたします。」

83 :創る名無しに見る名無し:2015/03/20(金) 22:56:49.24 ID:n7ZKwOwH
おわりです、エラーでまくりで苦労しました
確かにこれはつらい
こつこつ書いてましたが時間がなくてキリがいいのでこれで投下、年度末はつらい
大規模な港が登場したよ!これで上陸と輸送が楽になるはず・・・

84 :創る名無しに見る名無し:2015/03/20(金) 23:34:10.47 ID:IKLxdbV/
投下乙
異世界でしかも(今のところ)敵地、そこに孤立無援という非常に危険な状況
今のところ帝国側も様子見という雰囲気なので差し迫った危険はないようですが、これからどう転ぶかな?

85 :創る名無しに見る名無し:2015/03/21(土) 00:01:45.22 ID:HJyoUy0X
乙です!
ついに帝国に到着ですね
これからどうなっていくのか
孤立無縁で正体不明の国にいくのは恐怖だろうな
まして相手は攻撃してきた相手では

86 :創る名無しに見る名無し:2015/03/21(土) 19:50:51.31 ID:LQO992fF
投下乙です。
スレも変わったしそろそろ書き始めるかぁ。

87 :創る名無しに見る名無し:2015/03/21(土) 20:12:50.22 ID:sqnl7iXW
白銀同盟側にも出向かないと、異世界の情勢ってわからないだろうなぁ・・・。
どっちに付くかは日本次第・・・でも、アメリカさん絶対首突っ込んでくるな

88 :創る名無しに見る名無し:2015/03/22(日) 00:33:17.61 ID:98MkUHZz
よし、ちょっと思いついたので小話を投下。

 アル・プトラは帝国開闢以来の港湾で、帝国最大の軍港と帝国の海の玄関口とを兼ねている。
故に諸外国からの使節が滞在する事も多い為、それら賓客を迎える為に200年前の皇帝の命で作られたのが、ホテル「アル・プトラ・ド・ガレリア」である。
豪華な調度品に大陸中の料理を取りそろえ、今では富裕市民へも開放された由緒正しい高級ホテルである。
無論、そのような場所である故に諜報や外交の舞台ともなっており、今回の日本・帝国の初交渉においても会場件宿泊場所に指定されている。
歴史あるだけに、このホテルには様々な逸話があるのだが、今回その話はおいておこう。

 アル・プトラ・ド・ガレリアは港湾から馬車でおよそ10分の位置、軍港部分を除いて港湾を一望出来る位置にある。
さて、ホテルの側には海軍資料館が位置し、市民のみならず、来訪した使節などにガレリア帝国海軍の歴史を紹介する役目を負っている。
本日は門の向こうの日本国より来訪した外交使節に対し、ガレリア海軍の輝かしい歴史を紹介していた。

「この艦が、先ほどご説明したロートリンゲン沖海戦で活躍した旗艦・戦列艦ペネージュ号で、記念艦としてここに保存されているのです。・・・」

記念艦や鹵獲艦艇が係留展示されているさらにその奥の乾ドックに、その姿はあった。
かなり朽ち果てた姿で備砲の類いも殆ど残っていないようだが、タンブルホーム構造の2本煙突の姿は恐らくそうだろう。

随員がそれとなく尋ねる。
「失礼、あの艦は随分毛色が異なるようですが、どう言った来歴の艦なのでしょうか。煙突がある所を見るに、蒸気機関を積んでいるように見えますが。」

「あの艦は先代の皇帝陛下の御代に漂流してきた艦なのです。発見された時には既に乗員などは居りませんで、ご覧のような酷い有様でした。
どこが造った船なのか皆目見当も付かないのですが、あの艦には魔道推進機関の代わりに蒸気機関が備えられていまして、長年にわたる解析
と試行の上に、我が帝国でも同様の機関を再現する事に成功したのですよ。」

「ほう、それは素晴らしいですな。他にも何かあの艦からの収穫はありましたか?」

「いえ、他には特に。酷い嵐に遭った所為か殆どの備品脱落していたようなのですよ。」
実際は、僅かに残存してた自動連発式の機砲と備砲の鎖栓の構造を研究している所なのだが、それらを実用化するには
まだ機械工作技術が不足しているのだ。

 1886年にフランスのル・アブールから出向し、日本へ航海している途中で消息を絶った防護巡洋艦「畝傍」。
彼女は何の因果か嵐の最中に偶々「ゲート」をくぐり、この異世界まで漂流していたのだ。すると、これまでも「ゲート」が何度か開いた事があるのだろうか?
「ゲート」は自然発生しうるのか、それとも人為的にのみ開かれる物か、さらに畝傍の帝国での発見時期とこちらでの消失時期は本当に
合っているのか。確かめておかなければならない事は実に多い。

89 :創る名無しに見る名無し:2015/03/22(日) 00:54:37.15 ID:e6Bj/GdP
続きが来ない…トラブルかな?
支援

90 :創る名無しに見る名無し:2015/03/22(日) 01:10:30.18 ID:RPhir9Np
長文だとエラーでやすからねぇ、支援
畝傍はティコの幽霊船が印象的だったな

91 :創る名無しに見る名無し:2015/03/22(日) 01:11:13.19 ID:98MkUHZz
あ、申し訳ない。取り敢えずはこれだけです。はい。
もっと綺麗に終わらせないとダメかな。

92 :創る名無しに見る名無し:2015/03/22(日) 01:11:26.47 ID:C6KV+NZh
日本としては物すげー勢いで返却要請が出せるな>畝傍

93 :創る名無しに見る名無し:2015/03/22(日) 01:31:46.61 ID:RPhir9Np
投下乙です!
東日本大震災の時に流された漁船が3年間漂流してアメリカに流れ着いた事件がありましたね
畝傍もどれくらい漂流していたのか…あるいは時間を越えたのか…

94 :創る名無しに見る名無し:2015/03/22(日) 01:40:08.04 ID:e6Bj/GdP
おお、ひとまずこれで投下完了ですか、特にトラブルもなかったようで何よりです
確かに畝傍の返還要請はできそうですな
そしてこの艦の存在が帝国の技術レベルの高さの理由付けにもなる、と

しかしラ◯ルゴン帝国によって数多の次元を漂流するはめになっていた艦がこんなところに流れ着いていたとは(マテ

95 :創る名無しに見る名無し:2015/03/22(日) 12:22:57.65 ID:98MkUHZz
 まあ、既に保険料も貰いましたし、今更返還されても困る代物ではあるのでその辺はどうなりますかね。
 日米和親条約締結の際は江戸では無く横浜に応接所を設置して交渉しましたので、いきなり帝都に行く前に
港湾近くで交渉させようと思ったのと、ご指摘の通り帝国の技術の高さの理由付け、風呂の入ってる最中に
思いついたなどの理由で書かせて頂きました。
 しかし、ラア○ゴン帝国の所為で数多の次元を漂流して最終的にここにたどり着いた可能性もありますので、
別に当時地球にゲートが開いていたわけでは無いかもしれませんな・・・

96 :創る名無しに見る名無し:2015/03/22(日) 13:27:24.09 ID:8ypfDsP1
保険金もらってるし、新品を持ってくる途中で消息不明になったから日本的にはなんの思いいれもない船だからね
過剰武装でトップヘビーになって船沈めるって・・・それを日露前からやってる日本海軍って・・・まるで成長していない

連続して投稿があるのはうれしいね
いいぞこのまま投稿数を上げてゲートアニメ化の波に乗ってスレを活性化してしまえーピロロロロ

97 :創る名無しに見る名無し:2015/03/22(日) 16:39:40.83 ID:kyznZjWI
キャストも発表されたね

確か金元さんはゼロの使い魔でもエルフの声やってたな
ルクシャナだっけ

98 :創る名無しに見る名無し:2015/03/22(日) 17:46:40.94 ID:JlKY6y5p
日本一提督を知る人がこんなにいようとはw

99 :創る名無しに見る名無し:2015/03/22(日) 17:53:05.08 ID:EARIUl/x
F自リレー小説は結局まとめていいの?
まとめるなら>>73をベースにまとめておくけど

まとめるときの問題としては題名とページ分け
あと用語集みたいなのをページ先頭に作るかコメント欄をつけるかぐらい?

100 :創る名無しに見る名無し:2015/03/22(日) 21:00:36.69 ID:e6Bj/GdP
>>99
初めから完璧を求めすぎるのもアレですし、まずはそんな感じでよろしいかと
後は読んだ方の意見を聞いて手直ししていけばいいことですし

101 :創る名無しに見る名無し:2015/03/22(日) 21:27:54.51 ID:C6KV+NZh
>>96
歴史的には面白い船ですけどねぇ

102 :創る名無しに見る名無し:2015/03/22(日) 23:43:49.69 ID:Nvw3Tvi2
独自設定も良いけど、ある程度整合性をつける事も忘れずにねー
折角基本設定があるんだから、ガンガン利用していこうよ

103 :創る名無しに見る名無し:2015/03/23(月) 01:06:38.89 ID:HH53wys/
>>96
親父ぃ
仮想敵国がみんな強大すぎたんや、帝政ロシアやアメリカみたいな
チート連中に対抗するには1隻あたりの戦闘力を高めるしかなかったんや
みんな貧乏が悪いんや…

104 :創る名無しに見る名無し:2015/03/23(月) 19:01:06.55 ID:efoFOZVA
リレー小説いいねぇ、活性化してきて良い感じの流れだ
色々と妄想が進むよ。

105 :創る名無しに見る名無し:2015/03/23(月) 23:31:51.90 ID:RU1ygWfq
ところで、小説家になろう が有名どころだけど、SS投稿サイトでF自ジャンルが投稿されている所って
他にどんなのがあるの?最近ネット小説読み始めたから、良さげな場所が解らないんだ。

106 :創る名無しに見る名無し:2015/03/24(火) 08:35:26.90 ID:sXkyDvEk
結論から言うと小説家になろう以外だとほぼないに等しい
仮想戦記の中でもさらにニッチなジャンルだし

107 :創る名無しに見る名無し:2015/03/24(火) 09:08:13.88 ID:6vJ3cJD5
というか現状SS投稿サイトはなろう一人勝ちだしな
ゲートはarcadia発だけどあそこも別にF自流行ってるわけでもなし
暁やハーメルンは二次主体でまた雰囲気違うもんな

108 :創る名無しに見る名無し:2015/03/24(火) 10:32:22.49 ID:VE6H0S/H
まとめのリンクぐらいしかわからないなぁ
個人がチートで近、現代兵器を召喚して(運用する人員まで召喚)無双する話なら
暁かハーメルンでいくつか見た記憶がある

109 :創る名無しに見る名無し:2015/03/24(火) 15:22:25.16 ID:2e5jk60z
F自の系統が禁止されてるワケじゃないから、シルフェニア辺りにも捜せば見つかるかも知れん
蒼の混沌でもNIHON軍Tueeeeeeeeeeなら削除されんだろう、多分
ただ、ポジティブリストでしか動けん自衛隊じゃ物語に制約が多すぎるんだよねマジ

110 :創る名無しに見る名無し:2015/03/24(火) 16:16:24.52 ID:sXkyDvEk
まあ他サイトなら自衛隊でなくとも日本軍でもいいわけだから・・・
或いは「物語は唐突に」みたく必要に迫られた極限下にするかだな

111 :創る名無しに見る名無し:2015/03/24(火) 22:17:24.66 ID:VE6H0S/H
ちょっと小ネタ

「ーこのように輪作の導入と品種改良による食料生産の増加が我が国の労働人口増加につながり各国でもこの手法はーー」
マル・プトラで案内を受ける外交団はマル・プトラ郊外の田園地帯に来ていた。
案内人の説明を聞きながら外交官は外を眺めた。
水田にはオリザと呼ばれる稲に似た植物が青々と繁っている。
近くで農作業をしている農夫をふとみると柄杓で黒い液体を水田に入れているのが見えた。
農夫の持っている桶には黒い液体が並々と入っている。
外交官は何とはなしに案内人に尋ねた。
「すみません、あそこの農夫が水田に撒いている黒い液体は何ですか。」

「どれどれ、あああれは害虫駆除のために石油を撒いているんですよ。
ああして石油で油の膜を作りその中に虫を入れて窒息させるんです。」

「石油で害虫駆除とは、なんともったいない。少し分けて貰えませんか。」

「ええいいですよ、あとでサンプルを届けましょう。」

その後も説明を続けるべく馬車は田園地帯を進んでいく。


石油をかつては害虫駆除に使っていたという事実
短くてすまん

112 :創る名無しに見る名無し:2015/03/24(火) 22:30:54.02 ID:OYwtmRml
投下乙です。
あと、マじゃなくてアだじょ。

113 :創る名無しに見る名無し:2015/03/24(火) 22:40:37.86 ID:VE6H0S/H
>>111
そうだアル・プトラだすみません

114 :創る名無しに見る名無し:2015/03/24(火) 23:23:52.88 ID:TbX9gpT+
探せばもっともっと、見つかると思ったんだがなぁ・・・。
ニッチなジャンルとは聞いていたけど、ここまで少ないとは・・・。

まぁ、掘り出し物が無いかあちこち探してみるよ、有難う。

115 :創る名無しに見る名無し:2015/03/24(火) 23:45:54.74 ID:z1ILrsBT
>>110
投下乙です。
オリザってイーハトーブがあるのかこの世界w

>>114
pixivやエブリスタにもいくつかあるでよ。
探せばまあいくつかは見つかるはず。

116 :創る名無しに見る名無し:2015/03/25(水) 05:59:56.76 ID:fNJzjsFi
ゾンビ小説アンソロの「死霊たちの宴」みたく、
「世界各地に異世界へのゲートが次々と現れた」って設定でいろんな商業作家に書いてもらえないかしら

117 :創る名無しに見る名無し:2015/03/25(水) 06:11:56.17 ID:kkNw6rt5
>>114
ニッチなジャンルだからね。
書くハードルも高いし。

だって読者がただでさえ煩い分野の小説(SF)の更に煩い部分(仮想戦記)を煮詰めて変り種仕込んだ(ファンタジー)分野ですしおすし。
現代側の考証が甘いと罵声が飛び、政治思想が合わないとフジコる上に、ファンタジー世界を丸ごと設定しないといけないので。
現代側とファンタジー側のマッチングもちょっと矛盾点があれば怒涛のJOGENが入るという・・・

書く側としては地獄としかいいようが無い位の過酷なジャンルだぞ。
余程頭がいいか、太い人でもないと耐えられないと思うぞ。
しかもその労力に対して需要は小さいという・・・

118 :創る名無しに見る名無し:2015/03/25(水) 14:09:21.46 ID:M+9UTyaF
こっちじゃ稲属のことをそう呼ぶらしいのだが…どうして向こうでも似たような外見の植物に同じ名前が付いたんだろう?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8D%E5%B1%9E

119 :創る名無しに見る名無し:2015/03/25(水) 23:53:40.24 ID:9CRmlSIc
>>117
ハードル高い上に見返りが少ないか・・・確かにそうかもしれないな、でも、F自ジャンルの作品がアニメ化する訳だし
放送開始の前後で、一気に増えそうな気配がするんだよな。

頭脳派か図太い派で言えば、図太い派の作者さんが増えそうな気もするけど。
何だかんだで、知識が無いと書けないしね。それ以外の人は乗りと勢いだろう

120 :創る名無しに見る名無し:2015/03/26(木) 00:32:07.77 ID:y7bytm3S
ゲートの二次創作及びそれ系統の作品はまあ増えるんではないかな
ただ国家乃至組織レベルに重点を置いた作品が増えるかと言われたら、ねえ?

121 :創る名無しに見る名無し:2015/03/26(木) 01:15:50.27 ID:68dhINJq
アニメ化ぐらいでこのジャンルふえるかねぇ
そこそこヒットしないとそうそう増えるもんじゃないと思うけど

122 :創る名無しに見る名無し:2015/03/26(木) 01:44:57.32 ID:+ht35+yn
 http://www.akatsuki-novels.com/stories/index/novel_id~2109 なんか面白いよ!

123 :創る名無しに見る名無し:2015/03/26(木) 13:40:20.91 ID:U9pZCJHX
F自描くための資料に一体いくら掛ければいいんですかね(真顔)

124 :創る名無しに見る名無し:2015/03/26(木) 15:43:51.69 ID:WHbi8DIM
ネットと図書館利用すれば0円でいけるんじゃないかな?
作家でも図書館に通いつめて書いてる人もいるし
俺はそれほど詳細さとかを求めてないけどね
自衛隊の専門用語解説や小銃の点検の仕方と名称を書き連ねるなんて字数稼ぎにしか見えないし

問題は時間だよなああ時間がほしい

125 :創る名無しに見る名無し:2015/03/26(木) 16:12:55.19 ID:sg4YaXvx
資料に頼るほど史実準拠の話になり易いしな、かと言って先人が遺してくれた資料は確かに必要
生産力とか数字で出せる勘所も「何故その結果になったか」って前提条件まで探る時間は捻出できんから辛い

126 :創る名無しに見る名無し:2015/03/26(木) 21:33:30.77 ID:aNf8SDzr
その話の流れで思い出した。
野田昌弘の図説ロケットという本にこんなことが書いてあった。
SF小説草創期の頃はロケットを作り飛ばす事を書くだけで話しが成り立った。
それだけの話しが沢山あった時代があった。
今はそれが通用しない。自分の作品で宇宙船を飛ばすだけの描写に
4,5ページを使ったら、なんでそんなに使うと高千穂遥に扱き下ろされたと。

自衛隊についての描写も、次の世代なら軽く扱っても通用するのかもしれないな。

127 :創る名無しに見る名無し:2015/03/26(木) 23:18:09.79 ID:Wzk8huXB
俺たちの戦いはこれからだ!!←これを只管煮詰めて、一つのストーリーを書けた時代だったのか
まぁ、そう固くならず気楽に作品を投稿できる環境を整えておけば、知識が大してなくても投稿してくれるようになるかもね。

128 :創る名無しに見る名無し:2015/03/27(金) 06:19:29.55 ID:pYsJa4Nv
今の環境は自衛隊自体に興味がある人達が多数で
自衛隊を道具としてみて何をさせるのかに興味がある人達が少数なのでは。
環境の整え方としてはその少数派を増やすか、増えるのを待つしかないかな。

ロケットを作る事が夢物語の時代なら、その事を書くだけで話が成立したけど、
今はロケットが身近にあるわけで、下手したら小道具にもならない時代です。
だから扱き下ろされたということかと。

艦これでいえば、日本海軍に興味があって観る人達は少数派でしょう。
もし仮に興味がある人達が多数を占めていたら、日本海軍の魚雷に
なぜ航跡があるのか、見えるのか等でレスが埋め尽くされていたはずw

これは日本海軍に興味がある人達よりも、それを道具として使い
何をさせるのか、どうなるのかに興味がある人達が多数だということの
証拠ではないかな。

129 :創る名無しに見る名無し:2015/03/27(金) 07:03:41.54 ID:zIMOujFo
えてして、少数派が一番煩いんだ・・・
そしてそんな少数派は、作者や出版社に熱心に主張するんだ・・・相手が根を上げるまで。

130 :創る名無しに見る名無し:2015/03/27(金) 23:57:59.08 ID:szN/jvKE
そりゃ仕方ないよ、いつだって声のデカい少数派は居るもんだよ。
それが、作者さんの為になる言葉を伝える者ならいいんだけど、大抵は毒にも薬にもならんのばっかりだしなぁ

何にせよ、最古参が退場しつつある現在、ゲート アニメ化の勢いを上手く利用しないとF自ジャンル自体危うい
ここで、妄想ばかりしていないで俺も何か書こうかねぇ、時間もアイディアも全然ないけど

131 :創る名無しに見る名無し:2015/03/28(土) 01:31:00.39 ID:jVFxQEkP
適当な群像劇なら適当にでっち上げれなくもないけど、如何せんモチベーションがなあ...。
時間も金も無ければモチベも維持できんから辛い。

132 :創る名無しに見る名無し:2015/03/28(土) 11:33:39.98 ID:a7ZJbvhk
スレの趣旨とはずれるけど現代だと転移後の食糧やら資源の自給が毎度問題になるが
逆に全て自給できてた戦国時代や幕末の日本がファンタジー世界に転移する作品ってないかな?

133 :創る名無しに見る名無し:2015/03/28(土) 12:00:57.76 ID:rYzNpXTz
それって別に深刻な技術ギャップやカルチャーギャップあるわけでなし(書けるわけでなし)
ただのファンタジーや戦国から個人転移でいいんじゃないの
ヒラコーのドリフターズとかさ

134 :創る名無しに見る名無し:2015/03/28(土) 12:08:12.98 ID:+hKZL6DY
うぜぇ外国が消えたから鎖国続けるわお休み
あっ商売だけは続けとくわな展開ぐらいしか思い付かん

135 :創る名無しに見る名無し:2015/03/28(土) 14:16:00.02 ID:LwJAWbi2
幕末なら、鎖国続行で終了でいいかもしれない。
でも、戦国時代なら、一つは異世界の宗教勢力の日本への浸透と軋轢。
二つ目は異世界の宗教勢力と日本に根付きつつあるキリスト教勢力と
日本の三つ巴の戦い、みたいな展開があるような気がする。
なぜ、宗教勢力かっていうと、ザビエルの報告書とか読むと
その頃の日本って宗教に甘々な気がするし、なんたって魔法を見せられたら
入信者がどれだけ増えるかって想像もつかないから。

136 :創る名無しに見る名無し:2015/03/28(土) 21:51:30.71 ID:dKkgD4Vz
水路を新設してまく必要があるよね。

137 :創る名無しに見る名無し:2015/03/28(土) 22:32:18.31 ID:5hnm5eyA
突然ゲートが開く、異世界のファンタジー軍勢が港町を襲撃、不意打ちを食らって被害出しつつも撃退。
向こうの世界に行くゲートがそのまま放置されていたので、ゲートをくぐってみる。

しかし、そこは広大な海が存在する物の陸地が一切見当たらない。
なんと、かつて陸地と呼ばれたものは文字通り全て魔法文明によって空中大陸へと改造されていた!!

・・・みたいな、感じの世界だと、敵地に乗り込むには態々航空機を使わなきゃいけない羽目になりそうな・・。
また、その特性上、相手は間違いなくワイバーンやら飛空艇やらを所持しているだろうし、正直やり辛そう

138 :創る名無しに見る名無し:2015/03/28(土) 22:39:57.09 ID:dKkgD4Vz
めんどくせーので核殲滅でOKって結論でそうだな・・・。

そこまで極端なのだと

139 :創る名無しに見る名無し:2015/03/28(土) 23:10:25.56 ID:5hnm5eyA
>>138
かつて高度に築かれた魔法文明は、大地をすべて空に浮かばせる偉業を果たすが、傲り高ぶった魔法文明は
ゲートを開き、神の世界へと進軍する。しかし、神の逆鱗に触れた魔法文明は、神の火によって空中大陸ごと叩き落とされてしまう。

そして数十世紀後、辛うじて生き残った人類は、地上に落とされた瘴気に侵された大地で、空中大陸の名残である浮島群を眺めて暮らすと言う・・・。
そんな神話が出来そうな感じですなw

140 :創る名無しに見る名無し:2015/03/28(土) 23:27:23.32 ID:sWqDfzel
レーザー兵器が実用化される頃なら空飛んでてもバタバタ落とせそうだけど
ミサイルじゃコストがヤバい

141 :創る名無しに見る名無し:2015/03/29(日) 21:50:08.74 ID:Q3ItYHl0
レーザー兵器は安価だけど、あれって燃料とか火薬に引火させて吹っ飛ばす兵器じゃなかったっけ?
ワイバーンには効くのかな?

142 :創る名無しに見る名無し:2015/03/29(日) 22:14:57.29 ID:sZfoDafu
レーザーには目潰し効果もあるのでその点では確実に効くでしょう
ただ即死とか致命傷を与えなければならないとなると、その世界のワイバーンの表皮(あるいは鱗)が
どれほどの強度を持っているかで効果は変わると思います

143 :創る名無しに見る名無し:2015/03/29(日) 22:27:41.91 ID:MVGoI4fT
>>141
既にこのくらいのレベルになってる

恐怖の兵器最先端。1.6km離れた車にレーザー光で穴が開く - IRORIO(イロリオ)
http://irorio.jp/sophokles/20150307/211583/
有効射程距離は1.6km
ボンネットの下のエンジンも貫通
エンジンに穴が開くまでの時間は、わずか「数秒」

144 :創る名無しに見る名無し:2015/03/29(日) 22:31:28.23 ID:MVGoI4fT
しかし自走高射機関砲なら有効射程が5.5kmくらいあるので、
ワイバーンのレベルや相手の攻撃手段によっては1.6km&数秒間照射では心許ない

145 :創る名無しに見る名無し:2015/03/29(日) 22:38:34.83 ID:9q9CQ0c2
ドラゴンやワイバーンとて生物なんだから
意外と音響兵器が効きそう

146 :創る名無しに見る名無し:2015/03/30(月) 01:39:37.52 ID:9Y6T/4vl
ミラクルみたいなMW級レーザーなら余裕で効力圏内ですわ。

>>143 は固体レーザーの話なんで、出力向上はこれから。

147 :創る名無しに見る名無し:2015/03/30(月) 22:38:09.33 ID:0pZZ4Vn3
むしろワイバーンの方からレーザー撃ってこないかが心配だわ
まぁ、レーザーじゃなくて、魔法の弾丸というか、唯の属性弾なんだろうけど。

148 :創る名無しに見る名無し:2015/03/30(月) 22:55:09.60 ID:vdtyns54
自衛隊に存在意義がある程度に物理法則が共通してたら心配は要らない、大した効果は無い筈

149 :創る名無しに見る名無し:2015/03/30(月) 22:58:28.44 ID:knqB7w8d
ワイバーンを強くし過ぎると自衛隊の前にF世界の地上軍が死ぬ
ただでさえ空飛んでる敵を倒すのは大変なのに

150 :創る名無しに見る名無し:2015/03/30(月) 23:15:51.40 ID:VAIZRwuj
レーザー(目潰し)だと大被害かも?
目を潰すのだけを目的にした光学兵器は陸戦条約禁止されていますは通じないし

いや、そもそも失明者続出するような戦争を日頃からやってたら近代以降の文明でもとんでもないことになるか

151 :創る名無しに見る名無し:2015/03/31(火) 20:55:14.32 ID:+cukBQ1A
>>137
相手の状況次第だけれど、のろまでもろくて数だけは多いなら、
現用の装備で狙いをつけることが出来て、弾薬が十分調達できそうなのは、VADSか高射機関砲くらい?

>>150
相対的に見て高速で動き回る小さな目玉を狙うのは大変だ。大きな胴体を狙える武器が望ましい。
>>143みたいなのが理想ではあるけれど、
せめてアクティブ・ディナイアル・システムの長射程版でもあれば、まとめて怯ませることくらいは出来るかも。

…あとは過去ログに地味な対応策があったな。レーダーで強烈な電磁波を浴びせて乗り手ともども生殖細胞に異常をきたさせ、
時間をかけて生産体制を崩壊させるって言うのが。今思うと本当に効くかわかったものじゃないし、いささか悠長だが。

152 :創る名無しに見る名無し:2015/03/31(火) 23:48:10.33 ID:xfFhBh24
ふと思ったがワイバーンとかの人がのる飛竜って別に飛竜そのものを撃破しなくても重機関銃辺りを浴びせてやれば
バランス崩して落ちないか?最悪上に騎乗している奴だけでも倒せたら十分無力化出来そうだが

153 :創る名無しに見る名無し:2015/03/31(火) 23:58:01.28 ID:wXhdXKKI
逆に制御失って暴れてどっこいどっこいな結果になりそうとかおもってしまった

154 :創る名無しに見る名無し:2015/03/31(火) 23:59:15.57 ID:BMcp7lQL
やっぱり、音速超えたり、一瞬で街を吹き飛ばすブレスを吐くドラゴン出てくるとパワーバランス崩れちゃうよ。
自衛隊のヘイトは、ほどほどに

155 :UNNAMED 360:2015/04/01(水) 00:29:39.91 ID:qOKwbX9J
気分転換に読み切り短編投下します。

ロミとエルゼの異世界錬金術店

「師匠、お帰りなさい、長旅ご苦労様です。」
「うむ、息災にしていたか?」
「ばっちり元気ですよ!特に変わった事も無かったし、何時もの様に薬売ったり、窯をかき混ぜたりしてました。」
「こちらは、色々と収穫があったぞ?旧錬金文明の遺産が多く見つかってな、どれも状態が良く破損も少ない。」
「わぁ、凄いですね、・・・・あれ?それじゃぁ当分は研究室に籠りっきりですよね?もう暫く店番続けるのかぁ・・・。」
「すまんな、ロミ、遺産の解析が粗方終わったら、店に復帰する、もう少しだけ私のわがままに付き合ってくれ。」
「それじゃあ、お茶を淹れるので、荷物を置いてきてください、ついでに、お店の看板も下ろしてきます。」
「うむ、では私は、奥で少し休む。」


私はローゼマリー、王都から少し離れた平原で、小さな錬金術店のお手伝いをさせて貰っているの。
エリザベートお姉ちゃ・・・エルゼ師匠は、ちょっと変わり者で、昔の錬金術を調べたり怪しい薬を作ったりしているんだけど、
実は元々興味が無くて、親から逃げる口実が欲しかったみたい、今はのめり込んでいるけどね。


「ロミーーー!!!これは何だ!ブリッツフラムじゃないか!高火力の爆発物の調合は許可した覚えないぞ!」
「はわわっ、ご・・・ごめんなさい!鳥よけの爆竹作るつもりだったんだけど、調合間違えちゃって・・・。」
「爆竹作るのに何処をどう間違えたら、こんなものが出来るんだ!?錬金術店を半壊させるつもりか!?」
「つ・・・次は気を付けますー!!!」


私はエリザベート、王都から少し離れた街道沿いに小さな錬金術店を営んでいる。
弟子のロミは、体を悪くしてしまった親の為にと、私に弟子入りして出稼ぎをしに来ている。
ある程度錬金術の基礎は叩き込んだつもりだが、時折とんでもない調合ミスをやらかす。
しかし、あり得ない素材で、あり得ない物を完成させる事もしばしば起こる、お蔭で論文や新作レシピが何個か出来た。
こいつは、ある意味天才だな、数十年に一人か二人か居ればまだ良い方だろう。

「まぁ、幸い店には被害が出ていない、こいつは私が預からせてもらうぞ?」
「ごめんなさい・・・・。」
「いいんだ、それにしても・・・だ・・・。」
「師匠?」
「調合中に変な煙は吸っていないか?体に異常は?爆発に巻き込まれたりしていないか?怪我はしていないか?変な男に言い寄られていないか!?」
「し・・師匠っ!?だ・・大丈夫ですって!・・・あと、最後の方ちょっと変でしたよ!?」
「む、すまん、だが錬金術で作られた薬品の怪我は、唯では済まない物が多い、本当に気を付けるんだぞ?」
「わかっています・・・解かりましたから変なところ触らないでください・・・・。」

156 :UNNAMED 360:2015/04/01(水) 00:31:16.63 ID:qOKwbX9J
それから暫く経って、師匠が研究室から出てきて、解析が終わったぞーって、ごちゃごちゃした物を店の横に置いたの。
旅から帰るたびにお店の周りにガラクタ・・・・ううん、遺物が増えて行くから大分景観を損ねちゃうんだよね、お片付けが大変なの。


「ロミー、頼んでおいたものは完成したか?」
「うん、完成しましたよ師匠!魔法の雫・・・だっけ?調合楽しかったですよ!」
「ほほう、随分と透き通っているな、中々の高純度だ。それじゃぁ、早速遺物の起動に使わせて貰おうか」
「えっ?遺物に使うんですか!?わ・・私なんかが作ったので良いのですか?」
「あぁ、少しだけ動かすだけだから簡単な魔法液で良いんだ、本格稼働ともなると魔石を使わなきゃいかんが・・・。」
「師匠、その遺物・・・解析が終わったのですよね?一体何だったんですか?」
「これは、旧錬金文明が異国と交易をするために使用したと言う転送装置だな、それも現物の少ないポータブル型だ。」
「転送装置!?・・・・・て・・・何ですか?」
「かいつまんで話すと、遠くの場所に一瞬で物を移動させる装置だな、これがあれば馬車も必要なくなる。」
「わわっ、凄いですね!・・・でも、私何か嫌な予感が・・・。」
「大丈夫だ、魔法の雫程度では事故が起きるほどの魔力量は無い、回路が正常か確かめるだけだ。」


師匠はそう言うと、魔法の雫が入った小瓶を遺物にセットして、印を書くと起動の為の魔力を微量流して動作確認をしたの
・・・でもね、嫌な予感って当たる物なのね。

「なぁ、ローゼマリーちゃん」
「なんでしょう、エリザベートお姉ちゃん。」
「君が作ったのは、魔法の雫なんだよね?」
「はい、その筈です・・・・。」
「見事にゲートが起動しちゃっているじゃないか!どこをどうやったら薬草と天然水だけで霊薬(エリキシル)が出来るんだ!!?」
「ごめんなさい!ごめんなさい!・・・・お願いだからヘッドロックやめて!」
「えぇいやかましい・・・・しかし、これは一体何だと言うんだ・・・・?」


酒樽位の大きさだった遺物は、きれいなアーチを描いて別の場所と繋ぐ門を作ってたの、どこかの国のお城みたい。

「・・・・一体何だ此処は・・・何処かの砦だろうか?・・・何だこの鉄の塊は?どこか遺物に通じる造形だが・・・」
「師匠、危ないですよ、良く分からない所に繋がっているみたいですし、戻らないと・・・。」
「ア・・・ノー・・・・スミマセン〜〜〜」

「ひゃぁっ!?」「ぬぅっ!?」

「カンケー・シャ・イガ・・・タチ・キンシー・・・・」
「むぅ・・・そちらの物言いは良く分からないが我々は怪しい者では無い・・・ぞ?」
「師匠っ!早く戻りましょうよ!変な格好の人が集まってきてます!」
「ガイコクジン?ニホン・ゴ・ワカリマスカー?」
「っ!?荷馬車が勝手に動いている?なっ・・・この鉄塊と同じものもっ!?何なんだ此処は!?」
「早く戻って!」

157 :UNNAMED 360:2015/04/01(水) 00:32:59.91 ID:qOKwbX9J
師匠は、門の向こうで不思議な物を見てすごく驚いているみたい、でも怪しい恰好の人はどんどん集まってきています。
だから、手を思いっきり引っ張って門を潜って錬金術店に戻って来ました。


「はぁっ、はぁっ・・・すまんロミ」
「何とか戻ってきましたね、早く遺物を止めないと・・・・。」
「・・・そうだな、遺物から霊薬を引き抜けば・・・むっ!?」

次の瞬間です、門の向こうから、さっきの怪しい恰好の人が現れたのです、遺物もピカピカ光って変な動作をしています。


「何だ・・・これは?どこでもドアか何かか?」
「はわわわっ、向こうから来ちゃいましたよ!?どうしよう!」
「貴様!此処はルインブルグだ!早くここから立ち去れ!いや、本当、お願いだから帰ってください不法入国になっちゃいますヨ?ハイ。」
「リンブルグ?オランダの何処か?それよりも日本語喋れるんなら最初からそう言ってよ。あれ?日本語だよね?」
「相も変わらず何語か分からんが、意味は通じるぞ・・・?一体何だこれは?」
「発音も全然違うのに・・・師匠・・・これは一体?」
「遺物がこの男に反応している?まさかっ!!」
「師匠?どうしたのです!?」
「・・・・・不味い、向こうの国と接続が登録されてしまった様だ。」
「登録?」
「旧錬金文明は、国交のある国同士で門の接続を登録し、半永久的に門を稼働させていたと言う。」
「霊薬を引っこ抜いても駄目ですか?」
「解除の方法が分からん以上は、止め様が無いな、原理は不明だが接続先が登録されている場合は魔力を殆ど必要としないらしい」
「あー・・・お嬢さん達、良く分からんけど、これは言ったどういう事か説明してくれんか?」
「異国人よ、すまないがこちらの手違いで魔法の門がそちらと繋がってしまった様だ、暫く門が邪魔になるかもしれんが許してくれんか?」
「門って・・・あのどこでもドアの事?いや、困るんだよ駐屯地に変な物置かれても・・・。」
「駐屯地?あそこは軍事施設だったのか?」
「あぁ、駒門駐屯地・・・日本の自衛隊の駐屯地ね。」


===========================

================

=======



これが・・・・私たちの異世界との出会いの始まりでした・・・師匠は向こうの錬金術、カガクと言う技術に興味津々で
遺跡探索が終わると、すぐに向こうの世界に行っちゃいます、お蔭で一人で店番する事が多くなっちゃいました。
でも、向こうの世界から斑模様のお客さんが来るようになって、少しだけ錬金術店が繁盛しました、お金が無いから物々交換ですけどね。


これが・・・私達の異世界との交流の始まり、なるほど、旧錬金文明が何故何の脈絡も無く、異常発達したのか解るな。
かの文明は、幾つもの異なる世界と交流を持つことで、貪欲に技術を吸収してきたのだろう。
異世界の文明から学べる知識は、実際に文明そのものを進化させる程の物を秘めているのは間違いないのだから・・・。


これが・・・日本と異世界の交流の始まり・・・・まさかドラゴンキラーに祭り上げられたり、害獣駆除と言う名目で
巨大昆虫相手にEDFまがいの事やらされたりする羽目になるとは、この時思ってもいなかった・・・。
だが、遺物とやらの規模が大きい場合は、日本と繋ぐゲートを拡張する事も可能だとか・・・まぁ、ゲートの拡張をするかしないかは
お偉いさんが決める事なんだろうけどね。

158 :UNNAMED 360:2015/04/01(水) 00:37:20.57 ID:qOKwbX9J
なお、続ける予定は今の所御座いません。(白目


取りあえず、異空人/イクウビト(仮 の見直しとか、ネット上のF自小説を漁ったりしております。
少し書く間が空きすぎると、自分で書いていても内容忘れちゃうんですねーOTL

連載を再開するかはまだ決めかねております・・・が、活性化のために何かしらの活動はしたいなぁ、と思います。

159 :創る名無しに見る名無し:2015/04/01(水) 00:52:53.41 ID:j1THwfuf

個人レベルの交流もほのぼの感があってイイね
まあ自衛隊が絡むと異世界食堂みたいに内緒ってわけには行かなくなるだろうけど

160 :創る名無しに見る名無し:2015/04/01(水) 01:23:12.40 ID:FFytOpvU
久々の投下、乙
元ネタはアトリエシリーズかな?
ということはうに(という名前の何か)やたる、地球儀で戦う錬金術士を見て自衛隊側が混乱するという一幕がありそうだw

161 :創る名無しに見る名無し:2015/04/01(水) 09:43:07.96 ID:vZC9lIkd
投下乙です
小さいゲートで個人レベルでの自衛隊との交流も面白いですね
続いて欲しい

162 :創る名無しに見る名無し:2015/04/01(水) 19:24:20.36 ID:/iDvJabo
フランプファイル・・・・フラウシュトラウト・・・・うっ、頭が・・・・。

163 :創る名無しに見る名無し:2015/04/02(木) 01:28:28.16 ID:PCamJXa/
散々前スレで荒れるコメント書き込んどいて、まだ投稿しようと思う訳?
書くのか書かないのかはっきりしろよ、更に言えば もうコテハン消して名無しでやっていくしかないだろアンタ

またSS書いて、叩かれて、うじうじしたコメント垂れ流してスレの空気悪くするんだろ?もう続けなくて良いよ

164 :創る名無しに見る名無し:2015/04/02(木) 01:50:55.47 ID:8uj2tC6o
黙れタコ
作者を叩いて潰すしか能の無い害悪は黙ってろks

165 :創る名無しに見る名無し:2015/04/02(木) 10:27:16.52 ID:iJADxyyu
ところで、ガルリアと日本の交渉で、日本側はどんな条件を提案できるかね
ゲートをモデルにすると
1ガルリア帝国の謝罪
2賠償金の請求
3国交の樹立
4ゲートの研究管理の委託ないし共同研究管理?
あたりかな

ゲートの場所が領海内とはいえ海の上だかどうなるのかな、前スレで国際海峡の話題が出たから日本の物になるのは難しいのかな
それ以外になんかあるかね、国交の樹立は別件になってそのつど交渉になるか
どこまで譲歩できるかも問題だね、近年批判がある賠償金を放棄して1、4は確実に結ぶとか

166 :創る名無しに見る名無し:2015/04/02(木) 17:59:34.35 ID:PCamJXa/
>>164
その程度で自尊心が傷つくんならもう投稿しない方が良いよ。
そのままコテハン消してリレー小説でも書いてろ、そっちのほうが気が楽だろ?
叩かれる度にうじうじ下らん愚痴を垂れ流すんならメモ帳にでも書いてろ、ルーントルーパーズの作者かアンタは

167 :創る名無しに見る名無し:2015/04/02(木) 18:14:38.56 ID:B/BEkSS7
age

168 :創る名無しに見る名無し:2015/04/02(木) 19:27:07.10 ID:8uj2tC6o
>>166
うーんこの勝手に人を作者さんと勘違いするバカ
いやもうマジで黙ってろよ害悪だから

169 :創る名無しに見る名無し:2015/04/02(木) 19:28:39.74 ID:CW2Vc6Fr
今後のルートの問題もあるんだよね。あくまで戦争するのが前提なので・・・

A.帝国ルート・・・帝国と講和して同盟諸国と戦争だ!差別主義者を駆逐して大陸を統一せよ!
 現在進行中。白銀同盟によるテロが講和交渉中にあるとなお良し。

B.同盟ルート・・・日ガ談判破裂して〜
 当初想定されていた同盟と結んで悪の帝国を倒すルート。今の情勢では難しいと思います。
 有り体すぎて個人的には好みで無い。はい、誘導かけてました、すいませんでしたー。
 帝国「何故ドイツもこいつも帝国と名が付けば悪の侵略者に仕立て上げようとするのか。解せぬ。」

C.帝国分裂ルート甲・・・帝国の過激派が国を二分するよ。
 日本+帝国(穏健派)VS帝国(過激派)VS白銀その他 の構図に。
 三つ巴は面倒くさいの。

D.帝国分裂ルート乙・・・帝国の開明派と守旧派が分裂するよ。
 日本+帝国(開明派)VS白銀同盟その他+帝国(守旧派)
 既に白銀同盟には帝国から散々流入してるので意味が無い上に、帝国皇室は開明派らしいので実質的にAルートである。

E.帝国分裂ルート丙・・・日本+帝国(穏健派)+白銀同盟 VS 帝国(過激派)
 ただの呉越同舟である。はっきり言って有り得ない。

F.ゲートが閉じ、全ては元通りに。
 現実的にはそうかも知れないが、それでは話が続かないだろ!

想定されるルートはこんな所か。wikiにまとめるなら、どのルートか明記して話を投稿してつなげていく事で昨今流行のマルチエンディングという手もあり。

170 :創る名無しに見る名無し:2015/04/02(木) 19:37:32.05 ID:8oblufm7
日本・ガルリア帝国間の多辺的不可侵条約の提案

日本・ガルリア帝国間の貿易及び通商における平等待遇の確保

日本・ガルリア帝国はゲート周辺海域から全面撤兵する事

最恵国待遇を基礎とする通商条約締結のための交渉の開始

為替レート安定に関する協定締結と通貨基金の設立

ガルリア帝国が第三国との間に締結した如何なる協定も、太平洋地域における平和維持に反するものと解釈しない

ガルリア帝国は日本に対する破壊行動を行った罪で帝国政府の軍関係者と政府職員を解雇、起訴すること

上記の案件を円滑に進めるため日本政府の一機関との協力を受け入れる事

上記の捜査の結果帝国内で起訴される可能性のある容疑者を法廷尋問すると共に日本政府の一機関をこの手続きに参加させる事

今後日本政府に対する増悪・軽蔑を扇動する全ての出版を禁止する事

日本政府に対するプロパガンダを助長するもしくは恐れのある全てを禁止する事
全てについて実行する手段を遅滞なく日本政府に知らせる事

こんなんどや?

171 :創る名無しに見る名無し:2015/04/02(木) 19:47:16.11 ID:CW2Vc6Fr
>>170
3番目に関しては、ゲートより一定距離内に軍事拠点を設けないとか、そんな感じの文面になるのかね。
若しくは、逆に両国ともゲート周辺海域に一定兵力の駐留を義務づけるとか。とはいえ海上だからどういう条項になるか。
あと、下の方の4項目は偶発戦闘で止まってる割に過酷ではないか?というより、言論の制限を求めたり、治外法権じみた事を
要求してみたり日本政府にしては随分高圧的だな。
下から5番目は、関係者に対する適正処罰を求めるという辺りで妥結すると思うけど。

172 :創る名無しに見る名無し:2015/04/02(木) 19:57:57.32 ID:8uj2tC6o
>>171
共同捜査を行うと取れんこともないから何とも言えんような・・・
下から二番目は歴史書で悪く言わない様にさせるとかそんな感じにすればいいんでない?

173 :創る名無しに見る名無し:2015/04/02(木) 20:02:05.26 ID:9Py9qvx+
>>170
お前よくみたら下半分オーストリア最後通諜まんまじゃねーか
これは戦争不可避ですわ


ルート分岐は悩むねどれも面白そう

174 :創る名無しに見る名無し:2015/04/02(木) 20:36:02.51 ID:8oblufm7
気付かれたか
>>171
7番目以降はネタですすんません
仰る通り関係者に公平な裁きを求めるぐらいが適当だと思います
3番目は前スレでゲートが国際海峡指定がどうの話題があったので
こっち側が自衛隊置けないなら非武装地帯化させようかなと考えた結果ですね
帝国は馬鹿でかいメガフロートみたいなもん持ってるから軍事拠点作りは有利なんですよね


>>173
テヘペロ

175 :創る名無しに見る名無し:2015/04/02(木) 21:42:24.13 ID:CW2Vc6Fr
>>174
してやられたわw
こういうのは気がつかない方が悪いんだよな(苦笑)

しかし、こういう文書は色々応用が利いていいですよね。
昔2代目ブッシュ大統領のイラク戦争開戦宣言の演説を改変してジオニストに表明したときはときは大ブーイングでしたがw

176 :創る名無しに見る名無し:2015/04/02(木) 23:59:25.18 ID:iJADxyyu
おお結構反応あって助かります

>>170
通商条約とか基金とか考えてなかったんで参考になります
非武装地帯化かぁゲートの研究もあるので171さんの一定の兵力の駐留の方がいいかも

>>169
帝国内にアレルガ、白銀同盟内にティーリアと不穏分子がいるからどうなってくのやら
かく言う私も帝国側に誘導かけてましてね
帝国が悪になるのはまあ判り易いからでしょうかね

177 :創る名無しに見る名無し:2015/04/04(土) 23:26:39.89 ID:1gVywWk/
アレルガでは無くて、アルレガ、 アルレガ第六王子ね。

あの手のマッドは何やらかすかわからんから恐ろしいもんだ、しかも、敵主力兵器の開発主任だし
結構な発言権もあるんじゃないかな?王族でもあるし

178 :創る名無しに見る名無し:2015/04/05(日) 23:47:34.27 ID:xixHMiGK
ガルリア帝国、第8魔道工房

怪しげな実験器具が所狭しと並び、鉄が錆びた様な甘ったるい血生臭さが漂う工房で、ギチギチと乾いた音が響いている。

「うぐ・・・あぁぁはぁっ・・・。」

体中に焼いた鉄を押し付けられ、無数の釘を突き刺された様な全身傷だらけの男が、拷問器具から拘束を解かれて、力なく魔道工房の床に崩れ落ちる。

「うぅぅごぼ・・・うごごぉぉぉぉぉあああぁぁぁっ!」

突如、男の体から血の色をしたゲル状の物体が吹き出し、全身を覆う、それはまるで蛭の様に蠢きボコボコと音を立てて血の塊から、肉塊の様に変質する。

「が・・・ぐ・・・」

男の全身を覆っていた肉塊は、ガチガチに黒ずんだ塊になり、まるで蛹の様に硬質化し、ビクビクと脈打つ。

「ふむ、そろそろ時間ですね、お召し物を・・・。」
「そうですね、サドラーさん、少し失礼しますよ。」

肉塊を観察していた男女二人は、ねじまき式の時計で時間を確認すると、慌ただしく動き始めた。

「さぁ、お目覚めの時間ですよ。」

次の瞬間、黒い肉塊の様な物体にひびが入り、中から拷問を受けていた男が這い出てくる。

「ふぅ・・・今回のも中々良さそうだよ、サドラー」
「お褒めに預かり光栄です、アルレガ殿下。」
「さて、至福の時間が名残惜しいけど、どこもおかしくは無いよね?」

黒い肉塊を脱ぎ捨てたアルレガは、腰に手を当てて裸体を傾ける。

「ははっ、美しき象牙色の肌に御座います。毎度の事ながら見事な再生の魔道で御座いますな!」
「褒めても何も出ないよ、サドラー、君こそ良くもまぁ新しいアイディアが浮かぶものだね。」
「アルレガ殿下、お召し物をご用意いたしました。」

黒をベースとした色のメイド服の女性が、魔道士の高級ローブをアルレガに差し出すと、軽く頷きアルレガはローブを受け取った。

「有難うマゾーガ、大分お待たせしちゃったみたいだね。」
「いえ、アルレガ殿下、ただ只管待ち続けるのもこれはこれで、良い物だと思いますよ?」
「そうかい?それなら別に良いんだけど・・・。」

アルレガが着替えている間に、黒い肉塊を淡々と片づけるマゾーガ、そして、サドラーは工房の奥から資料を運んで来る。

179 :創る名無しに見る名無し:2015/04/05(日) 23:49:05.71 ID:xixHMiGK
「アルレガ殿下、例のネレイド級を撃破した謎の勢力の情報が手に入りましたぞ。」
「ほほう?それは、それは・・・・。」

歪に口角を吊り上げると、アルレガは、サドラーから資料を受け取り、興味深そうに読み始める。

「サドラーさん、掃除も終わりましたし、そろそろお願いできますか?」
「後にしましょう、マゾーガさん、仕事はまだ終わってませんよ。」
「あぁ、残念です。ふふふっ・・・でも、楽しみですね。」

二人のやり取りを眺めながら資料を読んでいたアルレガは、バタンと、書類を机に放り投げ、椅子にもたれかかって天を仰いだ。

「異世界の大国と交戦・・・・ねぇ、白銀同盟の隠し玉とかではないのか」
「アルレガ殿下?」
「だけど、単騎で小国程度なら簡単に滅ぼせるネレイドを、こうもあっさり撃破出来るとはね・・・ニホン・・かぁ。」
「実に興味深い!」

今度は前のめりになって肘を立てて顎を乗せ、狂気を含んだ笑みを浮かべる。

「ニホンの外交官を乗せた船が、アル・プトラに寄港する予定です。」
「ネレイドが向こうで大暴れした事に関して文句をつけに来たんだろうね。」
「ネレイドを打ち破る程の国・・・ですか、ニホンも強力な機獣を所有しているのでしょうかね?」
「さぁ、どうだろう?儀式級の魔法で狙撃したのかもしれないよ?ま、白銀同盟のポンコツ機獣よりは出来る相手だと思うけど。」
「帝国としては、正面から戦いたくない相手ですね・・・。」
「帝都のボンクラ連中は、帝国側に引き寄せたいと思っているんだろうけど、それじゃぁつまらないんだよなぁ・・・。」
「アルレガ殿下?」

ふと、何かを思いついたかの様に、アルレガは机の引き出しから、青紫の液体の入った小瓶を取り出し、魔方陣を書いた紙の上に置く

「サドラー、この"調味料"を帝都に送ってくれないかな?ニホンの外交官に是非味わって貰いたい。」
「アルレガ殿下もお好きですなぁ・・・・。」

呆れた様な顔をしてサドラーは、魔方陣の魔力を受け取って禍々しく発光しはじめた小瓶を受け取ると、懐にしまった。

「使い古されたやり方だけど、会談の場でニホンが抜刀して騒ぎでも起こせば面白い事になりそうなんだよね。」
「今から届けるとなると船じゃ間に合いませんな・・・。」
「ベルゼバを使って良いよ、昨日調整が終わったばかりだし、飛べると思うよ。」
「良いのですか?貴重な機獣を郵送に使って・・・。」
「気にしなくて良いよ、飛行テストもかねてるからさ、帝都まで遊覧飛行を楽しみなさい。」
「はっ」

姿勢を正して礼をすると、サドラーは工房の奥へと向かおうとするが、途中で歩きを止め振り返る。

「そうでした、マゾーガさん、試作品の調整が終わったので楽しんでください。」
「有難う御座います、サドラーさん。」

二人のやり取りを、微笑ましそうに眺めながらアルレガは、「お熱い事ですねぇ」と呟いた。


サドラーとマゾーガが去り、暫く時間が経つと、工房から肉の焼ける臭いと鉄の軋む音に交じって甘い声が響き始めた。

「僕は見てみたいんだよねえ、タール・コロビアが音を立てて崩れ落ちる光景を、ニホンとやらの首都が塵芥になるのも良いなぁ・・・。」




第8工房の皆様を変人にしてみました。
ガストラ帝国がモデルになっているんなら、これくらい狂っていても良いかなぁと・・・。

180 :創る名無しに見る名無し:2015/04/06(月) 00:51:35.61 ID:j+je/KU9
乙です!
変態に磨きがかかってるw
アルレガが動きましたねはてさてどうなるか

181 :創る名無しに見る名無し:2015/04/06(月) 01:05:17.03 ID:/8xw3Y83
皇帝が頭痛で頭を押さえている姿が見えるんだけど。気のせいか?
畝傍以上の技術でつくられているのは見ればわかるよなぁ

182 :創る名無しに見る名無し:2015/04/06(月) 12:27:07.76 ID:uM8ak7tG
登場人物が皆理性的だと話が盛り上がらないしな
いや全員キチガイというのもそれはそれで面白いが

183 :創る名無しに見る名無し:2015/04/06(月) 18:03:02.90 ID:mT94OUp4
え、アレルガって極度のM・・・?コワイ!

184 :創る名無しに見る名無し:2015/04/07(火) 00:21:25.21 ID:suQXP6E5
変態自己再生王子といい、SMカップルと言い第8工房は変態だらけ

185 :創る名無しに見る名無し:2015/04/07(火) 19:55:05.77 ID:x0hEUKBY
ニホンが抜刀して騒ぎでも起こせば


日本の外交官は間違いなく非武装だよな

186 :創る名無しに見る名無し:2015/04/07(火) 23:17:15.96 ID:nFnA0VKt
自国の首都も敵国(になる予定)の首都も滅びちまえってか?
マジキチだな。

アルレガの送った魔法薬は何だろう?

187 :創る名無しに見る名無し:2015/04/08(水) 00:06:02.29 ID:gbfKq2JI
相手を錯乱させる類の薬かもね。

オブリビオンで街の人間を激昂させて衛兵に処分させて遊んだ事あるから、とても愉快なことになりそうなw
でも、日本の外交官が持っていそうな物で凶器になりそうなものって、精々胸ポケットに入れているペンシルぐらいだろうなぁ・・・。

188 :創る名無しに見る名無し:2015/04/08(水) 00:25:25.00 ID:8C4AB0zW
魔法も設定次第だけど、地球人に魔法薬物与えても効果ってあるんかねぇ?
魔法的作用でトチ狂わせるのか魔法で直接物質干渉して物理的に狂わせるのかで色々変わるけど

189 :創る名無しに見る名無し:2015/04/08(水) 14:33:04.97 ID:rSH9g7YW
まったく効かないのや
逆に過剰反応で死んだり、魔力を包容するため肉体が変質して怪物になるとかも面白いかも

190 :創る名無しに見る名無し:2015/04/08(水) 16:19:12.81 ID:vzQshgft
覚醒剤のような働きをする薬なら、効きがハンパだったせいでむしろ盛られた外交官の頭が一時的に冴えまくり
交渉の席で普段以上の実力を発揮、見事な手腕で日本の利益を守りつつ戦争回避!とかなったりして

191 :創る名無しに見る名無し:2015/04/08(水) 16:35:01.98 ID:uHOYPv/+
薬ガンギマリになってアへ顔ダブルピースで万年筆ブン回されたらそらおしまいですわ。

192 :創る名無しに見る名無し:2015/04/08(水) 16:38:42.90 ID:FLVazYxP
中川(酒)って一服ガツンと盛られてたとしか思えない…

193 :創る名無しに見る名無し:2015/04/08(水) 17:41:58.18 ID:IVENJtfQ
料理に調味料を入れたいアレルガ工作員
会談をぶち壊したい白銀同盟工作員
会談を防衛する帝国防諜部隊
お客様の為に戦うホテル従業員
が入り交じり暗闘するサスペンスが1本書けそうだな。

194 :創る名無しに見る名無し:2015/04/08(水) 20:19:02.21 ID:Wj4Y2A0c
下手すりゃコメディになりそうだ

195 :創る名無しに見る名無し:2015/04/08(水) 22:26:47.45 ID:Gzaf99eW
アルレガは工房に置いてある機獣を好き勝手に使ってよいのか?
勝手に戦車やヘリコプター使うようなものだし、会談を滅茶苦茶にしようと言う動機だし
誰か止める奴居ないのか?

196 :創る名無しに見る名無し:2015/04/08(水) 22:36:06.11 ID:BjrYpJAQ
居ないからこそ、あんな感じになってるんじゃなかろか?

197 :創る名無しに見る名無し:2015/04/08(水) 22:53:31.72 ID:bas9Wo1r
リレー小説の続きですけど投下よろしいでしょうか?

198 :創る名無しに見る名無し:2015/04/08(水) 23:35:15.47 ID:IVENJtfQ
よいではいか、よいではないか

199 :創る名無しに見る名無し:2015/04/08(水) 23:52:00.31 ID:rSH9g7YW
ばっちこーい!!

200 :創る名無しに見る名無し:2015/04/08(水) 23:58:26.20 ID:bas9Wo1r
それでは投下します。
くらまとクファディス号が接触した後、報告を受けた帝都での一幕になります。

其の日外交官アラン・リブニーチェクは休暇をとり自堕落な楽しみとして自宅にしている下宿先のベッドで浅い眠りを楽しんでいた。
すでに日は登り詰めており徐々に沈み始めていた。
そんな時ドアをたたく音がした。
「リブニーチェクさん、お客さんですよ」下宿先の主人がドアをけたたましく叩いた。

「わわわ寝かせてくれー!」
どうにか起き上がり身なりを整えドアを開けると男達がドヤドヤ入ってきた。

「これは外務卿本日はご機嫌麗しくー」入ってきた男達は彼の上司である外務卿と側近たちであった。

外務卿はアランの言葉を遮り早口気味に喋りだした。
「挨拶はよい、アラン、国家の一大事である。議会と内閣、軍本部は蜂の巣をつついたような騒ぎだ、今私は執務室を離れられない。
休暇は取り消しだ、その様子では約束ごとはないな、あっても中止しろ。我々の軍が異世界の軍勢に敗れたのは知っているな。
彼らがゲートを越えてこちら側にやってきたとゲートを封鎖している艦隊から連絡があった。彼らは我々と講和交渉を願っている。
そのため我々もそれなりの地位の者を全権大使として派遣する必要が出てきた。現在異世界船はアル・プトラに向かっている。
アラン、お前に全権大使の権限と委任状を与える。お前が異世界人と交渉するんだ。これが異世界人が講和のために要求した条件だ。」
外務卿は持っていた鞄から書類を取り出してアランに渡した。
書類の一枚目には講和に向けた日本の提示した条件が書かれていた。要約するとこうだ

基本4項
1ガルリア帝国の謝罪

2賠償金の支払い

3日本・ガルリア帝国間の多辺的不可侵条約の提案

4ガルリア帝国が第三国との間に締結した如何なる協定も、太平洋地域における平和維持に反するものと解釈しない

この4項目締結を持って講和とする
捕虜となった人員、拿捕した船舶は返還する、身代金、引換え金は要求しない

国交樹立に向けた項目、試案にして拘束力無し
1日本・ガルリア帝国間の貿易及び通商における平等待遇の提案

2日本・ガルリア帝国はゲート研究のため共同でゲートの管理の提案

3最恵国待遇を基礎とする通商条約締結のための交渉の開始

4為替レート安定に関する協定締結と通貨基金の設立

5日本・ガルリアの友好関係構築のための機関設立

201 :創る名無しに見る名無し:2015/04/09(木) 00:06:27.85 ID:+ZHYdc0V
「政府は緊急の閣議を開き講和することを決定した。評議会も同様の意見を出している。
現在我が軍は大陸にて白銀同盟及び諸国同盟に大規模な作戦行動を実施中である。また他の大陸にも戦線を抱えている。
幸い大陸においては作戦は成功見込みであるが防衛にまわす戦力は乏しい。加えて我々は日本について何一つ情報を持ちえていない。
君のもう一つの仕事はできる限り異世界人と接触して情報を得ることだ。異世界人の真意を探り出し、もし帝国に害意がある場合
できる限り交渉を引き延ばし我々の戦争準備が整うのを支援するのだ。」

「講和するにあたって賠償金を払う用意はあるのか。」

「賠償金支払いは通貨基金設立後として引き伸ばすのだ、採掘権、土地の代替案は拒否しろ。
無論引き下げ交渉も忘れてはならん、撤回させるならなおよろしい。」

「交渉の場所はどちらに」

「アル・プトラのホテルアル・プトラ・ド・ガレリアを予定している。あそこは設備も整っている。申し分ない場所だ。
加えて政府は白銀同盟の交渉妨害を警戒している。そのため異世界の船と外交団を離れさせるべきでないと考えている。」

「アル・プトラならばすぐにでも発たねばなりませんね。異世界の船が入港するのは何時になる。」

「2日後の昼になる予定だ。すでに特別列車を手配してある。4日間の行程になるがその間竜便にて最新の情報を各停車駅に送っておく受け取りたまえ」

「わかりました引き受けましょう。」

「よろしい。今こそ国家に最大限の貢献をする時だ。既に現地の外交官には異世界人をもてなし反応を粒さに観察するよう命令を出している。現地に着いたら参考にしろ。
馬車を外に待機させてある。すぐに荷造りをして、駅に向かえ。既に他の外交官や同行者達が向かっているだろう遅れてはいかん。」

「我々の他にも同行者がいるのか。」

「そうだ、統合参謀本部の情報分析官や造船部、魔科学省から幾人かの博士、数名の医者、そして摂政エヴェリーナ・ハッヴァー閣下が同行される。」

最後の名前を聞いてアランの面食らった。
「は?せっしゃ?何言ってんの?」

「摂政閣下だ。わが国の謝意を明確に相手に伝えるために閣下が直接赴くことになった。畏くも皇帝陛下の謝意を綴った親書も預かったと聞く。
白銀同盟に誘拐されたティーリア皇女の事について、外交官と私的に会談をする予定でもあるそうだ。
加えて閣下は評議会員でもあり、評議会に直接報告するのも簡単だ。
先程言った白銀同盟の妨害活動の懸念もある、護衛について行く近衛を警備に当てるお積もりだ。」

「なるほど、警備に近衛を使うのは妙手ですね。閣下に護衛が必要だとは思えませんが。」

「最後の言葉を私は聞かなかった事にしよう。だが安心しろ交渉するのはお前の仕事だし、調印にサインするのもお前の仕事だ。
万が一の場合は名前を変えてもらうことになるが、情報省にでも配属してやろう、バレンシュタイン長官も君に会いたがっている。
私はそろそろ仕事に戻らねば成らない必要な情報は今渡した書類に書いてあるはずだ、さあ直ぐに行動するのだ。」

「わかりました、早速準備しましょう。」

慌しく準備を整えたアランは馬車に押し込められるとそのまま駅まで連行されて行った。

駅には既に特別列車が待機しており、護衛の装甲列車に近衛兵達が乗り込んでいる。既に摂政は到着しているようだ。
アランが列車に乗り込むと程なくして。汽笛を鳴らし列車は進みだした。

終りです、講和条件は170さんや171さんを参考にしましたありがとうございます

202 :創る名無しに見る名無し:2015/04/09(木) 00:28:07.44 ID:HfLwDaXd
投下乙です!
いきなり摂政が出てきて草不可避
いろんな人が書いてるから群像劇感が出ていていいですね
万が一になった時、アラン君どうなってしまうん?

203 :創る名無しに見る名無し:2015/04/09(木) 17:26:08.05 ID:V0D6OGoJ
投下乙です。
いいですね〜いよい動き出した感が。
こういう人間群像が書ける所感心します。

204 :創る名無しに見る名無し:2015/04/09(木) 22:22:10.13 ID:S5ZNYyuN
ティーリアの事は帝国では誘拐されたことになってんのか

205 :創る名無しに見る名無し:2015/04/09(木) 22:50:04.34 ID:H1FOWx9T
良い感じに続いておりますなー、リレー小説

ところで、異世界錬金術店はまとめに載せてよいのかな?
連載している訳ではないから短編行きなんだろうけど

206 :創る名無しに見る名無し:2015/04/10(金) 00:10:49.97 ID:IMXsPlVJ
投下乙
アラン君、外務卿が下宿までやってきたところを見ると優秀かつ信頼されてる人物のようだけど
要らぬ一言を言ってしまうあたり詰めが甘い人物なのかな?
そして講和会議で一体何が起こるのか…気になりますね

>>204
帝国としては「うちの姫様がある日突然姿をくらました挙句、いつの間にか敵対勢力の主要メンバーに
納まっていました」なんてこと、とても公にはできないでしょう

このことで話が一つ書けるかも
彼女が白銀同盟に加わろうと決断するまでの流れ、どうやって皇帝の元から逃げ出したのか
白銀同盟に彼女が受け入れられるまでの紆余曲折に同盟の一員としての活動
うまくまとめれば面白い話になりそうだけど、私には腕もなければ暇もない
誰か書いてくれー!

207 :創る名無しに見る名無し:2015/04/10(金) 00:59:07.17 ID:32jlyvlO
>>205
いいんじゃない、続けば長編に移せばいいし


>>206
俺も読みたいw

208 :創る名無しに見る名無し:2015/04/10(金) 23:53:54.24 ID:vyyoE/+k
疲労がたまっていると書く気力と言うか、モチベーションも低下するよねー。
趣味の時間は削れるけど、少し早目に睡眠をとっておくべきだと、ここ最近実感しつつある。

自分も何か書きたいけど、やりたい事が色々と多すぎるんだよなぁ・・・疲労とやる気のシーソーゲームが難しいもんだ

209 :創る名無しに見る名無し:2015/04/11(土) 23:49:33.75 ID:gm3fMhnX
ガルリア帝国 第4魔道工房、ガルリア帝国の誇る魔道工房の内、軍事用から民間用まで様々な魔法製品や部品を開発・生産を行う部署であり、
特に民間からの依存度は非常に高く、第4工房が無ければ一般に流通する汎用性の高い魔法製品は生まれていなかったと言う。

「ディアナ、ここに居たのですか・・・。」

「お母様?何故ここに・・・?」

「娘の行きそうな所くらいは解っていますよ、さぁ、戻りましょう。」

「でも、ティーリアお姉さまが・・・。」

「ディアナ、ティーリア様はもう戻られません、こうして海を眺め続けても仕方ありません。」

「お姉さまは、海の向こうへ飛び去ってしまいました、でも、私はお姉さまが戻られるまで只管待ち続けます。」

「はぁ・・・工房の皆も心配しておりますよ、気が住んだらすぐに戻ってきなさい。」


ディアナ・リグ・ガルリア 第18王女
ガルリア帝国の皇帝が11人目に娶ったドワーフの貴族から生まれたハーフドワーフで、親譲りの優れた感性と器用さを持ち、
9歳と言う幼さで現在流通する液化魔石式ランタンの雛形を作成するなど、ドワーフとしての才能を発揮している。


「(あぁ、ティーリアお姉さま、あなたは気が付けば私の前から姿を消してしまいました。)」

「(私は、ただあなたの傍に居たかった、唯それだけなのに、なぜ消えてしまったのですか)」

「(渇いた心は何時までも満たされる事なく、無意味な日常を送っております)」

「(ならば、せめて心だけでも風に乗ってあなたの元へ飛んで行けたら良いのに・・)」

「ディアナ様、今の時期の潮風は冷たいです、長居してはお体を壊してしまいますぞ?」

「(そうだ、想いだけでもあなたに伝えることが出来るなら・・・・)」

「ディアナ様聞いておられますか?」

「決めたわ、第4工房に戻ります、双魂石と液化溶剤を用意しておいてください。」

「ディ・・・ディアナ様!?」

「装着した者同士の心を繋げる双子の指輪・・・よしっ、アイディアが浮かんで来たわ!」

「ディ・・・ディアナ様ぁーお待ちをー!!」

ディアナは、優れた感性を持つ反面、妄想癖が強く、その想像力の強さも相まって周りが見えなくなる欠点を持つ。
しかも、ドワーフの血を引いているので、少女とは思えない怪力を持つので始末に悪い。

「(ディアナ様・・・仮にそんな指輪があったとして、どの様にしてティーリア様に片割れを届けられましょうか?)」

210 :創る名無しに見る名無し:2015/04/11(土) 23:51:22.41 ID:gm3fMhnX
「オルディア様・・・良いのですか?」
「えぇ、私に似て頑固な所があるから、気が住むまでそのままにさせておいて。」
「はっ、では、ディアナ様に気付かれない様に護衛をつけておきます。」
「頼んだわよ。」
「しかし・・・・ティーリア、あの子がまさか、あの様な事をするなんて・・・・。」

ディアナの母親、オルディア・リド・ガルリア(旧姓グレトリンデ)は、ドワーフの貴族ではあるが王族では無い。
遥か昔、ドワーフの王族の後継ぎが途絶え、ドワーフを束ねる数名の権力者たちによって国がまとめられた経歴があり
製鉄・魔法・工芸・建築・農業の5つをそれぞれを専門に管理する代表によって運営されていた。

しかし、先の大戦で共に戦った友好国のエルフの国エル・ティリアが敗北して、その北方の山脈に広がるドワーフの国ミグ・ラレリアは
エル・ティリアの1か月遅れてガルリア帝国に下った。

そして、オルディアの友人でもあったフィリア・シャル・エル・ティリアと共にガルリア帝国に嫁ぐ事になってしまったのだ。

オルディアの結婚式から数日後、力仕事や細工が得意なドワーフは、遥か昔から重宝されていたので、ミグ・ラレリアの首都、
地底都市ラダンから多くの技術者が引き抜かれ、各魔道工房に回された。

オルディアの生まれは、工芸品を司るグレトリンデ家であり、彼女自身も優れた工芸家である。
特に、物に魔力を付与するエンチャント系の技術に優れ、ガルリア皇帝の11人目の妻にして、第4工房の主任に任命されている。


「やはりフィリアの子ね・・・気の強さが本当にお母様にそっくり」
「オルディア様・・・ティーリア様は、ガルリア帝国に反旗を翻したのですね。」
「フィリアと兄たちの敵討ち、それがあの子の目的なのでしょう。」
「帝国は流行病で亡くなったと公開していますが、やはり暗殺なのでしょうか?」
「私達亜人は、ガルリア帝国で・・・いえ、人間達の国での境遇は決して良くないわ、王宮に私達の存在を疎ましく思う者も多い筈。」
「それは、白銀同盟側も同じ事では?私はティーリア様の身が心配でなりません。」
「白銀同盟にとって、あの子は人質でもあり、反帝国の象徴でもあり、エルフ達の希望でもあるわ。手荒に扱うなんて事は無い筈よ。」
「成程、エルフの国はエル・ティリアだけではありませんからね、白銀同盟側にも小規模ながらエルフの国は存在します。」
「あの子の白銀同盟参加から、ガルリア帝国の亜人に対する風当たりも強くなりました、恐らく私達にも監視が付いているのでしょう。」
「幸い我々は上手く帝国のインフラに携わる部分に食い込む事が出来たので、簡単に切り落とされる事は無いでしょうが、やはり帝国人達の目線が突き刺さりますね。」
「今や私達ドワーフの技術力が無ければガルリア帝国のインフラの維持に大きな影響を及ぼすでしょう、私達なりにガルリア帝国に報いる方法があるのです。」
「そうですね・・・・ドワーフにはドワーフの意地と言う物があるのです、それまでに力を蓄えておきましょう。」


突如、陽光を遮って、何か巨大な物が上空を通過するのが見えた・・。

ブゥゥゥゥン・・・・バタバタバタバタ・・・・・ヒュンヒュン・・・。

黒い巨大な物体が羽音を周辺に響かせながら、帝都の方向へと飛んで行く。


「オルディア様!?あれは・・・・。」

オルディアは眉間にしわを寄せて呟いた。

「機獣・・・・第六皇子の忌まわしき人形・・・・不吉な。」

211 :創る名無しに見る名無し:2015/04/12(日) 00:01:37.81 ID:ofgpoaSz
何時から、17王女までと錯覚していた!?
属性としては
・赤毛のアン
・ドワーフっ娘
・ロリ
・うわょぅじょつょぃ
を妄想しております。



おまけ

「困りましたぞ、アルレガ殿下、元々無人で動くベルゼバに人が搭乗できる場所が御座いません。」
「あぁ、それなら、貨物運搬用のフックに体を固定すればよいよ。」
「おぉっ、その発想がありましたか・・・・して、何と言うか亀の甲羅の様な模様の網目の縛り方ですな?」
「落下したら危ないしね。」
「それぎぇ・・・ほご・・くひにちゅめひゃ、たまひゃ?(それで、この口に詰めた玉は?)」
「ベルゼバは凄い速度で飛行するからね、舌を噛んだら危ないでしょう?」
「そうだ、ついでに、凄い高さで飛ぶから見えていると怖いでしょ、目隠ししてあげるよ。」

サドラーは、とんでもない姿で帝都上空を飛行した。

212 :創る名無しに見る名無し:2015/04/12(日) 10:35:29.75 ID:+6CCenKX
王族の肥大化が著しいな。既に第3世代が存在していても驚かないレベルだ。
今後どうやって王位を継承する気でいるんだか。下手しなくても…というより既に内乱に向かってひた走っているように見える。

213 :創る名無しに見る名無し:2015/04/12(日) 18:46:36.52 ID:dH+B+rAW
乙です!
捕虜みたいなもんの子供に継承権なんてないんじゃね
あったら負けたもん勝ちだし

ある程度育ったら一財産挙げて独立させるか政略結婚のための道具かね

214 :創る名無しに見る名無し:2015/04/12(日) 19:24:58.71 ID:Qc4cP5vA
ベルゼバは多分オーニソプターの一種だと思う。
何となく生物的なフォルムの感じで

215 :創る名無しに見る名無し:2015/04/12(日) 23:52:49.43 ID:Hq5U3bK6

継承権がらみの問題を避けるためにガルリア帝国も中華王朝のように
皇妃をランク付け(貴妃とか美人とか)して、位の高い妃の子供にだけ
継承権を与えているのでは、と妄想してみる

216 :創る名無しに見る名無し:2015/04/13(月) 23:34:11.74 ID:Z1ssfxL0
最低でも18人居る事になったったwww
とりあえず、長男長女あたりは、もう既に成人していそうだなw
アルレガは多分成人しているんだろうけど(てかこんな未成年嫌だ

217 :創る名無しに見る名無し:2015/04/14(火) 01:42:01.35 ID:c8PjcOSg
男を合わせると最低24人だな
妻が最低11人いる!から
マリアテレジアみたいに1人でポンポン産んだ訳じゃないから年齢が被る子供もいそう

218 :創る名無しに見る名無し:2015/04/14(火) 23:30:19.78 ID:3nMqOCeH
問題は女性でも髭が生えるタイプのドワーフか、ロリッ娘ドワーフか・・・。

219 :創る名無しに見る名無し:2015/04/15(水) 00:34:56.31 ID:H79WxaKu
伝承どおり老婆みたいにしわくちゃで髯をたくわえた娘さんだったらビジュアル的に悲惨だし大帝頑張ったなだし
ここはソードワールドみたいな今風のビジュアルを創造しておくんだ
ケモノっ子のビジュアルでもいいのよ

220 :創る名無しに見る名無し:2015/04/15(水) 22:33:10.01 ID:ulTrjXuM
>>217
モンハン世界みたいに生まれた順に番号ふられるんかもしれないぞ?
聡明な第1王女、勇敢な第2王子、わがままな第3王女、みたいな感じで

それだったら、何とか圧縮・・・げふんげふん、王族の肥大化も少なくて済むし

221 :創る名無しに見る名無し:2015/04/16(木) 00:03:58.79 ID:Bcd7jqCT
風呂に入ってたら思いつたので投下、いろいろ荒いのですまん

白銀同盟及び諸国同盟と対峙するガルリア帝国大陸軍、その最高司令部にて評議員にして大陸軍最高司令官リリス・ハッヴァーは参謀達と会議を行っていた

「参謀長、我が軍の現状を報告しなさい。」

「現在我がガレリア軍は白銀同盟傘下の諸国同盟軍によって国内まで押し込まれた状態です。
我が軍は諸国同盟軍との間に広域に広がる戦線を構築することに成功しています。
この状態は敵の攻撃を受け止めこちらが反撃しやすい状況まで誘導する作戦計画に則った状態で概ね作戦通りといえます。」

「ええ、そうですね、ここまでは作戦通りといえるでしょう、しかし敵の数は予想よりも多いようですね。」

「白銀同盟は諸国同盟軍だけでなく他の大陸からも多くの兵を送り込んだ模様です。また諸国同盟も強制徴兵を行い兵力を倍増させています。」

「我々は全軍正規兵、敵は寄せ集めの連携すら怪しい未熟な軍、前大戦とは逆になりましたね。では今後の作戦計画を説明しなさい」

「今後我が軍は反攻作戦に際し連続した作戦を展開し、無停止での進撃作戦を行います。
まず敵主力正面をおよそ100kmに魔法師団の広域魔法によって全域の敵軍そのものを機能不全に陥らせます。
魔術師団の攻撃魔法、ワイバーン隊の空中爆撃によって一気に畳み掛けます。
第1波は機獣と歩兵によって構成された梯団が突入します。
第2波の梯団は機獣と騎兵、足の速い種族の部隊によって構成されます。
梯団は凄まじい攻撃をくらって混乱した敵の前線を集中した戦力で蹂躙します。
少しでも綻びができたらそこを基点に一気にこじ開け突破口を広げます。
その間に第2波の梯団から後続のことは1時考えないでひたすら奥に進む突破集団が突入します。
第1波の梯団は突破口を広げながら進撃し敵の戦力を消滅させながら奥へと進みます。敵の強兵は包囲し足止めを行いその間に奥へ奥へと進みます。
敵の魔法兵が此方の突破を阻止しようとするのを圧倒的数の差で魔法戦で叩き潰します。
敗走している敵はワイバーン隊が空からその圧倒的速度で追いかけて完全に崩壊するまでたたきます。
同時にワイバーン隊で後方地の交通要所を攻撃、退路の遮断と後方撹乱をします。
こうして進撃した梯団も損耗や補給の必要から突破力を失い進撃できなくなります。
ここで後続していた第2波の梯団が第1波と交代し正面を交代します。
敵は予備部隊を前線に向かわせたり、兵力を再編成して立て直そうとしているはずです。
しかし、魔法師団の魔法攻撃、ワイバーン隊に輸送された撹乱部隊によってこの予備部隊にも打撃を与え再編成の妨害がなされています。
この第2波によって敵に残された抵抗戦力を完全に破壊しにかかります。
第2波も同じく敵を崩壊させながら進撃し補給が切れます。そして再編成した第1派が交代します。
敵に休む暇など絶対に与えません。敵がどんな策を弄していようと問答無用で踏み潰します。
この間に突破集団が敵の後方を突き進み、敵に戦力を割いて止めるか、無視して重要地点を破壊されるかの選択を強要します。
こうして敵兵力を完全に無力化します。」

「いいでしょう、付け加えるならば、この作戦は包囲戦だということです。各部隊はあらかじめ決められた地点を目標として進撃、占領し孤立した敵や逃げ遅れた敵を包囲します。」

222 :創る名無しに見る名無し:2015/04/16(木) 00:05:22.39 ID:Bcd7jqCT
「ガルリア帝国は先帝の御世に広大な大陸の大地に大してあまりに少ない兵力で戦いました。其の中で戦った我が軍はいくつかの教訓を得ました。
鉄道で予備兵力を素早く転戦させいくつかの境地を脱したことから、戦場の後方に予備兵力を置くことで継戦能力を高めることができること。
敵を圧倒する兵力の集中と薄く広がった敵を撃滅するために迂回と包囲と突破、そして包囲のための迅速な機動力が必要であること。
また、回復魔法や攻撃魔法があることで1度の大決戦で勝利してもしばらくすれば敵は退却と再編成をし立ち直ってしまうため、決定的な勝利になりづらいことが分かりました。
これを防ぐには敵が建て直しを図っている間に、素早く次の戦いを仕掛ける必要があると考えられました。
また魔法攻撃を4,5日続けた結果、敵に攻撃の意図を推察され、兵力を集中され攻撃が頓挫してしまった経験から、事前の魔法攻撃は短時間で行う事が考えられました。
ワイバーンの空からの偵察も重要である事が解りました。空からの偵察は兵力の厚いところ、薄いところ、物資の流れ、ゴーレムや敵機獣の位置、
それらから推測できる攻勢開始の場所や時期、敵の弱点こういった我々が知りたくてたまらない敵の秘密を簡単に手に入れることができます。
だからこそ空の騎士だったワイバーン隊の意識改革が絶対に必要でした。
教育制度制定によって、大量の士官、下士官の養成が可能になったこと。
徒弟制に拘るギルドの解体により各種技術の開放が起こったこと。
魔法使いギルドの独占していた魔法を吸収し魔法使いのみで編成された師団を作ることが出来ました。
この作戦はそうした、前大戦での戦訓に対する我々の答えといえます。」

「この作戦によって先帝からの悲願であった大陸統一が現実のものとなるでしょう。この日のために我々は可能な限りの偽装工作をし軍団の移動を隠し
情報省の工作によって白銀同盟は我が軍主力は大陸外に渡ったと判断しています。」

「既に事前準備として、エルフ部隊やゴブリン隊の浸透及び海賊や盗賊たちに武器を与え敵の後方で略奪騒動を起させ撹乱工作を行っております。」

「大陸統一後盗賊や海賊はすべて処分します。彼らは帝国の郵送や海上の安全を脅かす障害でしかありません。障害は取り除かねばなりません。」

「心得ております。」

「作戦開始後指揮はメルダーズ副将に任せて、私は強兵と共にワイバーンで出撃し遊撃を行います。孤立した敵の強兵や防御陣、魔法使いを潰します。
これまで多くの仕事をメルダーズ副将に任せてきました、此度の指揮もメルダーズ副将ならば十分にできるでしょう。」

「包囲した強兵はそのまま包囲下に置きさえすればよろしいのでは、強兵用の部隊も配備しております、何も将軍自ら出撃なさらなくても。」

「敵の数は予想より多いのです。包囲された奴等など、敵ではありませんが突破を試みる事でしょう。犠牲は最小限に抑えたいのです。」

「しかし!」「これは大陸軍最高司令官たる私リリス・ハッヴァーの命令です。」

「…わかりました、テレパシー通信は常に司令部と繋いでいてください御武運を。」

「善処しましょう、それでは作戦を開始するよう全軍に伝えなさい、今こそ畏くも皇帝陛下を戴く我らがガルリア帝国の恐ろしさをやつ等に思い知らせるのです。」

「「「皇帝陛下万歳!」」」「「「ガルリア帝国万歳!」」」

かくして実施されたこの100万人規模で実施されたこの作戦は大成功をおさめ帝国は少なくない犠牲を出したが、諸国同盟軍は完全に叩き潰され消滅した。
指揮官であり後方にいる王族や貴族も多くが脱出することができず討ち死にするか捕虜あるいは行方不明となった。
孤立した強兵や防御陣も帝国兵の数に圧し潰されるか、強兵部隊やリリスに叩き潰されていった。
これによって大陸での戦いは事実上終結し後は消化試合となった。
白銀同盟議会と各国代表団は分断され各国代表団はいち早く大陸から脱出に成功するが議会はヘルキャット艦隊の海上封鎖により脱出することができず
脱出した各国代表団もゲール艦隊に補足されてしまう。
白銀同盟の命運は尽きたかに思えた。

リレー小説本編に続く

223 :創る名無しに見る名無し:2015/04/16(木) 00:07:51.88 ID:Bcd7jqCT
おわりです。

本編では説明できなかったので
リリス・ハッヴァーはエヴェリーナの姉で銀髪で長髪白肌のエルフ、論理や効率を優先するが根が面倒臭がり屋で倫理観が希薄なため
「ああ面倒臭い、もうどうでもいいや」と力押しな判断をしようとして周りに止められる。この作戦も結局は力押しである。
摂政候補から真っ先に外された本人はほっとしている。

強兵はいわゆる勇者パーティーやボスキャラみたいな明らかに強さが違うだろお前みたいな強い人

会議の筈なのに二人しか喋ってない…文才が…

224 :創る名無しに見る名無し:2015/04/16(木) 01:30:54.42 ID:vaL6hi2e
投下乙
こいつら魔法火力主義というか戦術が近代に生きてんな
なぜキャラ解説でへっぽこ要素を追加したのか

225 :創る名無しに見る名無し:2015/04/16(木) 17:55:20.68 ID:JNIMf7O0
投下乙です。
白銀同盟が逃げ込んでくるきっかけの会戦ですね。
しかし、ファンタジー世界の戦力で縦深作戦をやるなw
一部の勇者パーティーはOMGの様に敵勢力圏内を動き回って敵の重要戦力を叩きつぶしているのですね分かります。

226 :創る名無しに見る名無し:2015/04/16(木) 19:41:20.76 ID:CqPb2IO4
投下乙
なかなかの力作ではあるが台詞がほとんどっていうのはさすがに読みづらいな
台詞の前に話す人物の描写を入れたり、作戦やガルリア帝国軍関連の所は
台詞ではなく地の文で説明するようにしたら良かったのでは?

227 :創る名無しに見る名無し:2015/04/16(木) 23:00:03.50 ID:zXlUKkD+
アルレガ曰く、白銀同盟側にも機獣があるらしいけど、ポンコツ呼ばわりしているという事は
ガルリア帝国よりも性能が劣っているという事かな?

228 :創る名無しに見る名無し:2015/04/16(木) 23:39:59.96 ID:sTf8hxmB
乙です!
ファンタジー世界で縦深作戦やってるw初耳でこれ破るの不可能だろww

リリスさんもっともらしいこと事言ってるけど絶対指揮するの面倒だっただけですよね
登場していないのにわかるメルダーズ副将は苦労人



機獣製造は輝ける太陽無しだと魔術師が何人も干からびて製造できる代物
魔術師が何人も干からびて製造するんじゃ実験機やテスト機は作れないしコピー品も粗が出てくるんじゃね
魔術師が戦場に出てこれなくなるから帝国的に2重に美味しいかも

229 :223:2015/04/17(金) 00:48:08.13 ID:knhOkYc8
>>226
確かに読みづらいし会議なのに2人だけだし、台詞を細分化して複数の人に喋らせればよかったかも
即効で書いたから荒すぎる。内容まったく同じで手直しするかも。

230 :創る名無しに見る名無し:2015/04/17(金) 20:31:54.06 ID:5EZjiIei
最近なろうで見つけたF自を勝手に宣伝

・日本国召喚
自衛隊が好戦的過ぎる感じはするけど、
色々な大国が出てきたりスケールが大きくなりそう

・転生して異世界でそれなりに暮らしてたら、その世界が日本と繋がったみたいだ
意外に珍しいタイトル通りの話
まだ序盤なので今後に期待

231 :創る名無しに見る名無し:2015/04/17(金) 22:20:10.33 ID:HsRU4ATk
>>230
下の奴はまだまだこれからだけど取り敢えずブックマークに入れといた

232 :創る名無しに見る名無し:2015/04/17(金) 22:26:44.19 ID:3quUwr90
逆に無停止進撃を防ぐ方法って何があったっけ?NATOは戦術核を使おうとしていた気がするけど。
日本だったらクラスター爆弾を復活させて乱れ撃ちするしかないか…

233 :創る名無しに見る名無し:2015/04/17(金) 22:35:30.95 ID:/dxwb7Ty
異空人/イクウビト(仮/外伝(二次創作
削除しました

234 :創る名無しに見る名無し:2015/04/17(金) 22:36:20.02 ID:pC/JK362
知ってるかい?
NPTってた異世界で作る場合は調べるすべがないって

235 :創る名無しに見る名無し:2015/04/17(金) 23:41:52.67 ID:Ahr4mTfe
核無しだと対抗策のエアランドバトルも物資が大量に必要だから発動したもん勝ちだと思う

日本は対ソ連戦略を焼き増しすりゃ大丈夫よ、戦車を本州に移動させなきゃ

236 :創る名無しに見る名無し:2015/04/17(金) 23:56:39.35 ID:/dxwb7Ty
資源地帯を開発して、食糧さえ確保できれば、後は引きこもってりゃ良いけど
そう都合よく、資源地帯が広がっているもんかねー、仮に、最高の立地に転移したとしても食糧が最大のネックだね。

237 :創る名無しに見る名無し:2015/04/18(土) 00:43:21.42 ID:wpc38BRj
倒せば倒すほど食糧やら資源やらをドロップするモンスターが無限湧きする世界とかどうだろう?
何となく、なろうで流行っているMMO世界みたいで萎えるが・・・・

238 :創る名無しに見る名無し:2015/04/18(土) 00:48:48.86 ID:nxWEjBwC
むしろ異世界では利用価値がないとした動物が実はものすげーうまかったとかどう?
クジラとか蛸とかそんな感じで

239 :創る名無しに見る名無し:2015/04/18(土) 15:46:59.77 ID:WKfMXgi6
日本に文化的に近しい国が侵略受けてたのを救って
食糧融通してもらうというやり口もないではないんじゃないか

240 :創る名無しに見る名無し:2015/04/18(土) 16:00:29.28 ID:UZcKZ7Pt
凄い豊かそうな国が侵略されてんだな

241 :創る名無しに見る名無し:2015/04/18(土) 16:26:30.75 ID:zevX6OUz
係わると放って置けなくなるってことがある
資源地帯が無人なんてことがそうある訳でもなく
そこに住まう人々の食料に始まりインフラなどの面倒も見始めて
ひいひい言い出してる日本の姿が目に浮かぶ

242 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/04/18(土) 21:19:51.04 ID:lJSOzzMV
リレー小説、素晴らしいですね。
私もモチベーションを頂きました。

こんばんは。もはや言い訳は申しません。

ひさびさに投下いたします。

243 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/04/18(土) 21:20:41.82 ID:lJSOzzMV
第2部 第2話

 
 雲一つない抜けるような青空の下を、津軽フェリー所属〈第5たなぶ〉が航行している。海は鏡のように穏やかだ。〈第5たなぶ〉のランプドア付きの船首が力強く白波を立てている。
 〈第5たなぶ〉は総トン数347トン、全長約50メートル。主に瀬戸内海などで重宝される双頭型フェリーである。最下層に車両甲板を備え、その上に乗客キャビンがあり、最上階は操舵室になっている。
 推進装置が前後に装備されている双頭型フェリーは、出入港時に船首を回す必要がない。360度全周を見渡せる構造の操舵室で船長が操舵コンソールをひょいと移動すれば良かった。狭い港湾などでの取り回しが容易なことから、内海フェリー航路で重宝されている。
「船長、1番ブイを通過しました。あと5海里です」
 海図台に広げた、先日海上保安庁が発行したばかりの海図を睨みながら、まだ若い船員が緊張した声で報告した。〈第5たなぶ〉のすぐ左側を真新しい塗装の航路ブイが過ぎ去っていく。
 最近ではマナティよりもめずらしく貴重な存在になってしまっている若い船員が、生真面目に仕事をこなしていることを好ましく感じながら、船長の五郎丸次郎(ごろうまる・じろう)は、はげ上がった頭にじっとりと浮いた汗をタオルで拭った。

「おーう、もうすぐか。しかし、やっぱり暑いのぉ」

 五郎丸がさっきまで着込んでいたボア付きの作業ジャンパーは、操舵コンソール横のフックにぶら下げられ、彼はTシャツ一枚になっている。彼お気に入りのティアドロップタイプのサングラスが、海面に反射した陽光を受けてギラギラと光っていた。
 〈第5たなぶ〉の白い船体に降り注ぐ陽光は、とても1月のものとは思えない。車両甲板にぎっしりと積まれたトラックやタンクローリーを覆っていた雪は、あっという間に溶けて消え失せていた。

 あと30分もすれば港の入口に到着する。五郎丸は、入港手続きと荷下ろし作業の確認を部下に命じた。
 
「そろそろじゃの」五郎丸はそう言って無線機に手を伸ばす。彼は大きく息を吸うと酒と潮風に焼けたダミ声でマイクの向こうを呼び出した。

「ラーイド港龍見崎信号所、こちら〈第5たなぶ〉。本船間もなくラーイド港に入港する。感度いかが──」

244 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/04/18(土) 21:22:04.23 ID:lJSOzzMV
ラーイド港 ブンガ・マス・リマ
2013年 1月25日 11時23分


『1145に〈第6あき丸〉が出港予定です。貴船はそのあとに西埠頭浮桟橋に入港してください』
「〈第5たなぶ〉了解した。しかし、ここはくるたびに賑やかくなっちょる気がするのぉ」
 五郎丸は辺りを見渡した。ラーイド港内は大小無数の船が行き来し、そこかしこから様々な音が響いていた。
 赤く染めあげた帆を張った木造船が、滑るように港外へむかっている。その直前を小さな漁船が横切った。危うくぶつかりそうになる。両船の船員が怒鳴り合うすぐそばを、〈第5たなぶ〉が通過する。
「「!!!」」
 引き波にあおられ頭から水をかぶった二隻の船員は、先ほどまでの仲違いを忘れることにしたようだ。揃って拳を突き上げ、〈第5たなぶ〉を罵った。

『この港は毎日どんどん大きくなっていますからね──航路右側は浚渫作業中です。貴船はパイロットボートの誘導に従ってください。さようなら』
 海保のオペレーターが明るい声で答えた。多忙さを楽しんでいるようだ。五郎丸にもその気分は理解できる。

 ラーイド港は、自衛隊の出撃策源地としての所要を満たすため、猛烈な勢いで人とモノが投入され、ありとあらゆる設備が建設されている最中なのだった。
 新規開拓された航路(しかもそこは異世界である)と毎日目覚ましい成長を続ける港。増大する船舶交通。そこを任されてやりがいが無いはずがない。

 五郎丸がそんなことを考えているうちに、帆柱にパイロットが乗船していることを示す紋章旗を掲げた手漕ぎのカッターが、するすると〈第5たなぶ〉に近寄ってきているのが見えた。
 五郎丸はジャコップを降ろすよう科員に指示を出した。



「また、入ってきたぜ」同僚の呆れたような声がした。
「俺はとっくの昔に数えるのをやめたよ」
 ラーイド港の警備を担当する邏卒長は、腰に左手を当て右手を顔の横でブラブラさせた。
 軽装の革鎧に身を包んだ彼らが見守る岸壁の目の前を、小山のような船が驚くべき速さで通り過ぎていく。船体は漆喰を塗ったかのように真っ白だ。帆も櫂もない船がどうして走るのか、ニホン人に尋ねてもさっぱり理解できなかった。
「また、腹の中に山ほど『とらっく』を積み込んでいるな。ニホン人はブンガ・マス・リマを〈とらっく〉で埋め尽くすつもりらしい」
「〈とらっく〉ってのは馬無しで動く馬車みたいなもんなんだろ? それをあんなに集めて、連中は百万の軍勢を動かすつもりだとでもいうのかい?」
「あの鉄の魔獣どもはよほど大食らいなんだろうよ」
「違いない」
 二人がそうしているうちに、船はニホン人が港に持ち込んだ馬鹿みたいに巨大な浮き桟橋に頭をつけると、鯨よりも大きな口を開いた。彼らにもそれが荷物を降ろすための道板であることは理解できるのだが、その大きさには何度見ても慣れない。
 ラーイド港西港区には、毎日入港する〈ニホン〉の箱船から、数え切れないほどの鉄の魔獣が陸に揚げられていた。
 最初に揚がってきたものは、異形としか言えないモノたちだった。竜のように長大な鎌首をもたげたモノ。巨大な爪の着いた籠を備えたモノ。千年の巨木の切り株程もある円柱で、全てを押し潰さんとするモノ。
 轟々という吠え声を鳴らし、臭い息を吐きながら草色の巨体が辺りを走り回る様に、新しもの好きの市民達ですら流石に得体の知れない恐怖を感じたのは、仕方のないことだろう。
 だが、鉄の魔獣たちは市民の予想外の行動を見せた。敵を殺戮するために生まれてきたとしか思えない外見に反して、彼らは港を作り始めたのだ。巨大な爪で地面を掘り返し、背中いっぱいに運んできた石を敷き詰め、巨体を用いて平らにする。
 人の手なら半年や一年はかかる普請を、巨獣を使役するニホン人たちはあっという間に終わらせてしまう。ブンガ・マス・リマの人々はその勢いに感嘆し、いつの間にか見物人が港に溢れるようになっていた。
 一方、素直な反応だけでは終わらなかった者たちもいる。
 兵を預かる武人たちは、建設機械の群れをどうにかして戦に用いることができないだろうかと考えた。その多くは戦象的な使い方に留まったが、一部には築城や兵站に活用することを思いついた者もいた。
 商人たちは、巨獣の群れを使役するニホン人の〈力〉に絶望的な差を感じ取っていた。あれだけの船と鉄の魔獣を維持するには一体どれほどの財が必要なのか。少なくとも、自分たちのやり方では生涯かけても到底不可能であることは間違いなかった。
 だが、彼らは商人である。ほんの少しの間脱力したあと、どうにかして食い込める儲け話はないだろうかと、己の身代に見合った分野で動き始めていた。

245 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/04/18(土) 21:23:00.99 ID:lJSOzzMV
「このところは手配師と物売りの連中は、えらく景気が良いみたいだぜ」
 そう言って同僚が指差した先では、たくさんの人足たちが鍬を振るっていた。ブンガ・マス・リマの商人たちが「一口かませろ」とニホン人にねじ込んだ結果である。彼らの多くは焼け出された市民たちだった。
 その向こうには色とりどりの天幕が立ち並び、飲み物や軽い食べ物を売る屋台、雑貨屋や鍛冶屋、薬師に按摩師と、人足の財布を当てにした商人たちが店を広げている。夜になれば少々怪しげな店も商売を始めるそうだ。

 邏卒長にとってみれば、面倒事を山ほど持ち込んでくる連中だと言えたが、彼の表情は不思議と柔らかい。
「賑やかなのはいいな」
 萎れた連中ばかりで仕事が暇よりは、派手に喧嘩がある方が張り合いがあるからなぁ。

 邏卒長は、そんなことを考えながら巡回に戻っていった。




ラーイド港西地区 自衛隊物資集積所
2013年 1月26日 14時15分

 建設現場特有の埃っぽい空気が辺りを満たしている。タブレット端末を片手に構えた補給幹部が、目の前の景色を虚ろな目で眺めている。
「概ね順調に進捗しています」
 目の下にどす黒い隈を作った彼の言葉に、戦闘団第4科長の石田治(いしだ・おさむ)二等陸佐は秀でた額にしわを寄せ、鋭く聞き返した。
「概ね?」
 上司の甲高い声に胃酸が分泌されるのを感じながら、補給幹部はタブレット端末に状況を表示した。
「物資集積状況はこの通りです。計画に遅れはありません。ただし、港湾整備と平行して作業していますから、混乱はあります。全て許容範囲内ですが、私は寝る間もありません」
 軽い冗談のつもりで最後の言葉を口にした彼は、石田二佐の表情を見てがっかりした。
『俺も寝ていないがそれがどうかしたか?』
 そう言わんばかりの鉄面皮だったのだ。
「戦闘団が一週間戦えるだけの物資はすでに集積を完了しています。しかし、これ以上は岸壁が整備されないとどうにもなりません」
 補給幹部はタブレットを小脇に抱えると、突貫工事の進む岸壁に目をやった。

 

246 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/04/18(土) 21:24:11.69 ID:lJSOzzMV
 アラム・マルノーヴに本格介入を決めた日本政府と自衛隊が最初に直面した最も手強い敵は、有翼蛇でも人喰鬼でもなかった。
 一個普通科戦闘団を中核とした戦闘部隊を戦わせ続けるための『兵站』の構築である。
 ブンガ・マス・リマ防衛だけを考えるのであればさほどの苦労は無かったのだが、内陸部に進撃して敵を撃退するとなれば話は異なる。
 隊員一名が1日に必要とする物資の量は概算で約100キログラム。第5連隊戦闘団3000名を支えるためには毎日300トンの物資を供給しなければならない。損耗分と支援部隊を含めれば500トンは必要だろう。
 その内訳も多岐に渡る。武器弾薬、燃料に補修部品類、糧食や飲料水、電子部品、各種消耗品に建築資材。そのサイズも手のひらに乗る単4電池からヘリのローターブレードに至るまで大小様々である。
 さらにこれらの物資は、集積所に野積された状態では無価値だ。必要な場所に必要なタイミングで、必要なだけ存在していなければならない。それを可能にするためには膨大な作業が待っている。
 恐ろしいことに、異世界アラム・マルノーヴにおいては、利用できるインフラがほぼ存在しない。それは地上だけに限らない。例えばGPSは当然使えない。イラクや南スーダンにおいてさえ存在していた現地の受け入れ組織や設備が無いのだ。
 当然である。いくら荒廃していても現代文明が及ぶ地球とは異なり、ここは概念からして異なる異世界なのだから。

 命令を受けた東北補給処長と東北方面後方支援隊隊長は一晩中呻吟し、次の日主要幹部を集めると温泉旅館を借り切った大宴会を開き(当然自腹である)、その席で「皆の命を俺にくれ」と涙ながらに叫んだという。

 
 とにかくまずは物資を運び込まなければならない。幸い〈門〉がむつ湾に開いているため、積み出しは海路を利用できた。しかし、それを陸揚げする時点で問題が生じた。
 戦闘車両──戦車や装甲車、火砲の類は海上自衛隊の輸送艦とLCACが活躍し、ブンガ・マス・リマ東方の砂浜に比較的短時間で揚陸を完了、集結地に前進した。
 だか、トラックやタンクローリーなどの車両や数万トンに上るであろう物資の陸揚げをまかなうだけの船腹は自衛隊に存在しない。民間のフェリーやコンテナ船が必要である。
「あと、1週間はかかりますね。ただゼロからでないのが救いです。現地の大商人様々ですよ」
 マルノーヴの商船は木造帆船が主流である。当然岸壁もそれに見合ったものでしかなく、木製の桟橋に係留することも多い。そんなところに数万トンの大型コンテナ船を繋いだら、ボラードが地面から引っこ抜かれ、岸壁が崩壊してしまう。
 日本政府は、港湾の浚渫と共に基礎工事から岸壁を造成する必要があった。
「あの石の岸壁をバハル家が作ってくれていて良かったな。あれがなければ工事は間に合っていない」
 石田二佐は鼻を鳴らした。
 ブンガ・マス・リマの豪商バハル家は、西方航路で財をなした海商である。大型帆船を複数擁するバハル家が威信と実利をかけてラーイド港西地区に作ったのが、全長100メートルに及ぶ石造りの大岸壁である。
『これなら、ポンツーン(浮桟橋)を支える強度がありますよ!』
 技術者が太鼓判を押すと、海自が翌日には多用途支援艦で浮桟橋を曳航してきて、たちまちのうちに工事を進めてしまった。

247 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/04/18(土) 21:25:06.60 ID:lJSOzzMV
『うちの岸壁になにをする! ニホン人は仁義もしらないのか!』
『まぁまぁ、我々はバハル家の大岸壁を少々拝借したいのです。それでもってこの区画にこういう岸壁をですね──』
『なんと! この街の商人全ての財貨を費やしても購えぬほどの大普請!』
『で、賃貸料がこれくらいで──』
『ぬ! いや、しかし……』
『実は工事に人手が要りましてね。どこか口入れ屋さんを紹介してもらえませんかね?』
『我が商会は人足の手配も行っておる。だが、この大岸壁は我らの誇りでもあるし……』
『そうそう。この度の戦争には糧秣が沢山必要でして、調達してくれる商会を探しているのですよ。ご存知ありませんか?』
『……』
 
 翌日。バハル家の大岸壁に取り付けられた浮桟橋からは、双頭型フェリーで運ばれたトラックや小型重機が次々と陸揚げされ、300メートル級のコンクリート岸壁の造成が開始された。
 

 石田二佐の眼前で、大型の浚渫船が港湾を掘り下げ、建設機械が岸壁を走り回っている。係船用のボラードが等間隔で並び、夜間作業用の簡易照明装置と発電機が試験運転を始めていた。
 海からやや離れた場所には管理施設のプレハブが建てられ、現地民が手作業で工事を行っている箇所もある。
 整地された広大な土地には、土ぼこりを巻き上げながら輸送用のトラックが整列し、パレットが物資の山を作っていた。
 それらは1時間に1隻の割合で港に入る双頭型フェリーのランプから陸揚げされている。警務隊の警笛がけたたましく鳴り響き、それに負けないほどの大きさで、ロバに行く手を塞がれたドライバーが怒鳴り声をあげていた。

「ここからだ。来週にはバラ積み貨物船と、RoRo船が荷下ろし可能になる。1ヶ月後にはコンテナヤードを立ち上げるぞ」
 石田二佐がこぶしを握る。
「できますかね」補給幹部は弱気だった。
「やるんだよ! 物資集積で終わりじゃないぞ! 物資情報管理センターに、整備処、車両運行計画立案に地理情報収集、そもそも道路を作らないとダメだ。過去誰もやったことのない大仕事だ」
「自衛隊は外征を考えていませんでしたからね……しかも、上は南瞑同盟会議軍の兵站まで面倒を見るつもりなんですよね」
「補給処や弾薬支処から作るんだ。これはオレにしか出来ない仕事だ。現地人とも密に協力しないと──」
 石田二佐の声が激しく熱を帯び始めた時、サイレンを鳴らしながら救急車が目の前を走り去っていった。
 何があった? と怪訝な顔の石田二佐の横で、補給幹部が衛生科の陸曹を捕まえて問いただす。

「どうも、ガソリンを飲んでひっくり返った騎士とその愛馬がいたようです」
「……なんでそんな真似をしたんだ?」
「鉄の巨獣──バックホーやブルドーザーのことですが。あれの姿に驚いた挙げ句、『力の源は何だ?』と聞いてきたそうで。で、隊員が『ガソリンで動きます』と答えちゃったそうで」
「飲んだのか?」
「あれだけの力が得られるなら、と」
「……」

 作戦の開始は2月半ばに予定されている。
 あと、2週間。石田二佐は、前途に待ち受ける困難に武者震いを覚えた。

248 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/04/18(土) 21:31:34.04 ID:lJSOzzMV
以上です。戦闘はありませんすみません。あまりにも間が空いてしまったのでどんな話だったか忘れた方も多いかと思います。

今回の話は1月後半、プロローグの2月14日、作戦開始から約2週間と少し前です。
作戦発動に備えた準備が進んでいます。
戦闘前にどうしても書かなければと思ったのですが、地味な話の上に知識が足りませんでした。

御意見御質問御感想お待ちしております。
次回は重囲下にあるルルェドの様子と自衛隊の動きの一部が書けるといいなと思います。
早めに。

リレー小説読むのが楽しみなので、みなさまよろしくお願いします。

249 :創る名無しに見る名無し:2015/04/18(土) 23:28:34.55 ID:i6PMF1l9
久しぶりの投稿お疲れ様でした。
やはり、港の改装は必要な事ですよね。

しかし、ガソリンを一気飲みとは・・・・無茶しやがって・・・。

250 :創る名無しに見る名無し:2015/04/18(土) 23:29:25.69 ID:SvbJxwiU
乙です!
こういう事前準備いいですねぇバタバタしてて凄いいいんですよ
一段落したら専門の業者を入れてキチンと整備したいなぁ

251 :創る名無しに見る名無し:2015/04/18(土) 23:31:47.63 ID:Vs2qgQLg
投下乙です。
最後に酷い落ちがw
力の源と言われればそうなのですが・・・

252 :創る名無しに見る名無し:2015/04/18(土) 23:54:42.01 ID:HwkBb7xK
乙でした
戦闘で酷いことになっていたブンガ・マス・リマの街に再び活気が戻ってきたようですね
しかし岸壁造成から始まって様々な施設の建設に道路工事…今回は補給科の苦労が描かれていましたが
現場で作業する施設科もかなり苦労しそうだ
あとガソリンの件、誰も止めなかったのかな?(止めても聞かず、皆の目が離れた隙に飲んだ?)

253 :創る名無しに見る名無し:2015/04/18(土) 23:54:43.97 ID:FKg/AYo8
乙です
現代なら石田治bは実戦部隊にもちゃんと評価されるよやったね

254 :創る名無しに見る名無し:2015/04/19(日) 03:33:19.85 ID:r5PeNuZM
よく揮発油なんて飲む気になったものだ。臭いだけで吐き気がするというのに。

255 :創る名無しに見る名無し:2015/04/19(日) 09:06:12.12 ID:H76jLiL+
良薬口に苦しに似た諺があったのやもしれんw

256 :創る名無しに見る名無し:2015/04/19(日) 09:29:25.55 ID:BHcxM6ga
南アフリカの馬鹿が神に近づくためとかいって飲んだりするからまあまれにある

257 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/04/19(日) 18:32:56.85 ID:FAWgQikn
沢山の御感想ありがとうございます。

港湾整備のくだりを詳しく描写しようとすると一章はかかるので諦めました。
小川一水先生の著作辺りがお勧めです。

ガソリン一気は、え? まさか飲むとは……という感じで、ぐびっといってしまったようです。こっちのエリクサーも案外臭いのかもしれませんが。

石田二佐と仲の悪い加藤一佐とか福島二佐が出てくるかどうかは未定です。

258 :創る名無しに見る名無し:2015/04/19(日) 22:37:43.35 ID:dMU4O0FF
重箱の隅で申し訳ないけれど、大型建機のエンジンはディーゼルなのでは……?
まだガソリンエンジンの小型建機を使ってる段階なのかしら

259 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/04/19(日) 23:54:09.22 ID:GltC4GVy
>>258
そうです。まだ小型建機が主力で──と言いたいところですが。

ミスです! 大型建機も稼働している段階です。
軽油と読み替えていただくか、騎士がたまたま小型建機のガソリンを飲んだとお考えください(^_^)

ご指摘ありがとうございます。

260 :創る名無しに見る名無し:2015/04/20(月) 03:36:00.27 ID:deFhw50f
最近はコンパクトカーでも軽油だったりするので誤爆が怖い

261 :創る名無しに見る名無し:2015/04/21(火) 08:42:23.60 ID:FWdUYXX0
たまたま適当にガソリンって言っただけかも知れんがな
まぁ一番の不思議はそれなりに管理が厳重そうな可燃物のガソリンを手に入れられた事だと思う

262 :創る名無しに見る名無し:2015/04/21(火) 08:46:14.72 ID:ypVtpPu2
>>261
二階に上げて梯子をはずすとはこの事だw

263 :創る名無しに見る名無し:2015/04/21(火) 09:08:31.74 ID:i3wPh83O
乙です
>商人たちは、巨獣の群れを使役するニホン人の〈力〉に絶望的な差を感じ取っていた。
近代の物量・生産力こそ火力以上の強み。
そして出て来ましたね、最大の敵にして味方にしてどちらでもない兵站。

>軽油と読み替えていただくか、
文章は指摘された端から書き換えればいいですよ。公開した文章の強み。

>プロローグの2月14日
自衛隊幹部「合図の掛け声はアベックどもに天罰を!にしましょう」
南瞑同盟会議「?」

264 :創る名無しに見る名無し:2015/04/21(火) 23:11:57.85 ID:DfZIi6Yv
乙です。
大打撃を与えた以上、帝国はそうそう再度襲撃してくることは無さそうですが
もたもたしていると相手の方が準備整えてしまうので、早く港の工事を終わらせたい所ですね。

まぁ、妨害工作とかもしてくるんでしょうけど

265 :創る名無しに見る名無し:2015/04/22(水) 13:40:11.91 ID:eYpjmli4
>プロローグの2月14日
今気づいたがもしかして作戦名のブラック・サンダーって義理チョコのアレかw

266 :創る名無しに見る名無し:2015/04/22(水) 23:12:05.38 ID:pgi9XfJL
一方帝国はどんな様子何だろう?あれだけの大損害を受けて撤退したんだから色々と計画に支障が出ている筈だし、
経済の方もかなり悪化していると思うけど・・・。

一番気になるのは、砲撃した陸上自衛隊に対して、「生きたまま貴方達に連なる物を焼いて、その肉を振舞って差し上げましょう」
とか言っていたサヴェリューハかなぁ・・・。あの人確か、腕と目を失っている筈

267 :創る名無しに見る名無し:2015/04/23(木) 13:46:49.63 ID:FNpluzCv
サヴェリューハが率いていたのはあくまで先遣で、本軍は進軍中なのでこれを潰さないと帝国は止まらない
北方とも敵対している帝国が、同規模の軍団をどれだけ有しているのかも未知数
一回や二回の敗戦で国の根幹が揺らぐとは考えにくいように思う

268 :創る名無しに見る名無し:2015/04/23(木) 22:21:34.87 ID:beB0A5iU
魔法と言う不確定要素があるとは言え、サヴェリューハの目論見は悉く打ち砕かれそうな気もする。
しかし、手負いの獣の凶暴さと異常な執着心は厄介な物です。

次に相見えたら、確実に仕留めておきたい所、後は指揮系統はなるべく潰したい所

269 :創る名無しに見る名無し:2015/04/23(木) 22:41:26.98 ID:FNpluzCv
どこから帝国兵の死体でどこから地べたなのか分からないくらい面への大火力で一掃するのが理想

270 :創る名無しに見る名無し:2015/04/23(木) 23:58:30.68 ID:beB0A5iU
>>269
火薬で地面を耕すのですね。わかります

271 :創る名無しに見る名無し:2015/04/24(金) 08:36:44.80 ID:7JUrFQiI
ぶっちゃけた話、F2あたりが音速で帝国兵上空を低空飛行でフライパスするだけで一気に数を減らせると思うのだが
まぁあんまり物語としては面白くなりにくいな

272 :創る名無しに見る名無し:2015/04/24(金) 18:39:52.10 ID:ygvdeY3o
ほんとにそんな殺傷力あんのか?

273 :創る名無しに見る名無し:2015/04/24(金) 19:51:19.69 ID:d7GzDGni
世界で一番滑走路に近いビーチというのがあってだな。
そこでは一日に10回ほど大型旅客機が離着陸するのだかその際の後方乱気流で重傷や死亡する恐れがあるのだわ
詳しくはプリンセス・ジュリアナ国際空港でググれ
大型とはいえ音速以下の旅客機でこれだから超音速で戦闘機が低空フライパスすればその衝撃波は馬鹿には出来ない打撃力だろう

274 :創る名無しに見る名無し:2015/04/24(金) 21:28:49.34 ID:ctobzcud
エンジンの後方乱流と超音速飛行に伴う衝撃波は別物。

275 :創る名無しに見る名無し:2015/04/24(金) 22:00:14.72 ID:d7GzDGni
確かにエンジンの後方気流と超音速での衝撃波が別じゃあ無いと空港の窓がヤバいなぁ
勘違いしてたわすまん
しかし超音速での衝撃波の威力がググっても解りやすいのが無いなぁ
コンコルドが洋上でないと音速飛行禁止だったからかなりの物だと思うのだが

276 :創る名無しに見る名無し:2015/04/24(金) 22:07:39.88 ID:+a4B5BGy
普通に推力で吹っ飛ばせば良いんじゃね

747 vs. truck
https://youtu.be/TyMGLjo6Ojo

277 :創る名無しに見る名無し:2015/04/24(金) 23:25:46.54 ID:iJZVDfzU
ナパーム:よし、俺の出番だな!
クラスター:ぐぬぬ・・・・条約さえなければ、面で広がった時代遅れ軍団なんぞ・・・。

迫撃砲:俺の獲物も残してくれよ

278 :創る名無しに見る名無し:2015/04/25(土) 01:02:37.09 ID:ZGBYujrM
竹槍でも投げて抵抗するしかないな
超音速の機体をまともに視認できるか知らんけど

279 :創る名無しに見る名無し:2015/04/25(土) 01:07:02.94 ID:Q7+jhKAZ
低空で進入してくるのを確認したら
横一列に並べた槍兵に一斉に長い槍を上に掲げさせるとか?
あれ?なんかどっかで見たことあるぞ

280 :創る名無しに見る名無し:2015/04/25(土) 02:14:35.80 ID:n0mynor3
戦闘機の後方気流は大型ジェット機に比べて小さすぎるし
後方気流やマッハ衝撃波が人体に影響出るほど降下したら低空すぎて墜落事故続出じゃね?山間部や森林にこもられたらなおさら
ロマンないけど爆弾落とした方が安全だと思う
マッハ速度維持とか燃料もマッハで減るし

281 :創る名無しに見る名無し:2015/04/25(土) 08:06:44.21 ID:mgTM+6yP
調べて見たら衝撃波はあんまり威力無いみたいだな。
せいぜい鼓膜破ったりするぐらいでかなり近づかないと死にはしないそうだ
ただその際にでる音の周波数が一致する方が危険らしいが
兜がその周波数にあってたら凄いことになるのかも知れん

282 :創る名無しに見る名無し:2015/04/25(土) 19:43:31.34 ID:r6ghRA3/
軍事用鉄条網に足止めされている所を迫撃砲で吹っ飛ばしたい。
鉄条網に地雷を組み合わせるとマジ鬼畜、中世EUの軍勢なんてオーバーキルも良い所

283 :創る名無しに見る名無し:2015/04/25(土) 20:38:20.43 ID:io4bMFzw
地雷なんて後処理メンドクサイ代物中世の軍相手に使う意味が分からん
下手したら戦闘コストより地雷処理費用の方が高くつきそう

284 :創る名無しに見る名無し:2015/04/25(土) 23:10:00.69 ID:r6ghRA3/
自衛隊のは置き看板ですしおすし、まぁ地雷なんて足止め用だし、進軍を完全に止められるものじゃないからね。
考えてみれば鉄条網で十分か、最近のは爆薬で吹っ飛ばそうとしても結構持ちこたえるらしいし

285 :創る名無しに見る名無し:2015/04/25(土) 23:50:44.66 ID:hBJ9dPOT
地雷は存在を知って貰える程度に使ってみると、行軍すら安心出来ないというその脅威だけで後々コスト以上の利益が得られるかもしれない
けどそれ以上に相手だって人間だから”そういう戦い方がある”ということを知られると応用されて要らん被害が出そう

286 :創る名無しに見る名無し:2015/04/26(日) 00:34:26.73 ID:raAASGor
格下相手なんだから非人道的って言われそうな装備使わなくていい気がするけどな
あらゆる面でコスト高そう

287 :創る名無しに見る名無し:2015/04/26(日) 04:55:51.36 ID:iyZMI5KU
陣地防衛や野戦築城ってどんな具合に行われるのか分からないので質問したいのですが、
たとえばゲート自衛隊のアルヌス駐屯地のような地図を想定した場合、どのように鉄条網や掩体などを配置し、どのような手順で敵を迎え撃つのでしょうか?

現代の野戦築城を、図を添えて解説した書籍やサイトを教えて下さると嬉しいです

288 :創る名無しに見る名無し:2015/04/26(日) 07:54:13.36 ID:Axyap4Bv
自衛隊じゃないが基本は変わらんと思うから「日本陸軍便覧」を読んでみるといいかもしれない
日本陸軍の陣地について(それこそ鉄条網の置き方まで)懇切丁寧に解説してくれてる
たぶん大都市の図書館なら置いてるから借りてみるとよろし。ただし米軍が作成した資料を日本語訳したものってことに注意な

あとは、ここ [工兵総合]陣地築城,障害,架橋,地雷,爆破,施設科 07 で聞いてみるのもええんじゃないだろうか

289 :創る名無しに見る名無し:2015/04/26(日) 19:15:31.91 ID:anQxlY+d
>>286
あまり相手を侮らないほうが良いのでは?

290 :創る名無しに見る名無し:2015/04/26(日) 19:26:43.74 ID:pooOk4rm
>>247の続き

この前ズリダチとタイマン勝負したことを書くぜ。
互いに六尺姿でまずは威嚇、腕組みヤニ咥えガン飛ばし、 大股で筋肉と勃起誇張して、野郎比べだ。
雄臭ぇポーズで挑発しあう。腰突き出し勃起を振り回し、 オラオラ節で興奮に火が付く。

やわらオイルをタップリ仕込んで、いよいよズリ戦開始だ。
胴ズリ、逆ズリ、雁ズリ、玉ズリ、上ズリ、下ズリ。 野郎うなぎ責め、腰砕けの手ま○こ、野郎泣かせの亀頭責め。
片手技と両手技の競り合いで、雄の粋と艶を比べ合う。
ズリ見せ根性丸出しでな。

一息入れる時にゃ、奴の胸板めがけて、勃起ションベン。

ビシバシ痛ぇくらいに、照射すりゃ、雄の征服感が全身を 快感となって駆け回る。

さらにオイルを仕込んで2R。
今度は俺のズリビデオ見せながらのダブルズリ攻撃さ。
ラッシュ飛ばして、ド淫乱野郎に変獣し、チ○コ・センズリ・押忍の連呼。
俺達はまさに、チ○コ、ズリ、男意気を激しく比べ合う戦闘士だ。

寸止めのエ口い表情も相手を落とす神技、何度も食らう度に金玉の
引きつる痛みさえ新たな快感に変わる。
その時、ほんの少しの気の緩みで奴は快感のコントロールを失い
射精の痙攣に突入。

2回に渡るファイトはいずれも俺の勝利、最後は奴のチ○コめがけて、
野郎征服の快感に酔いながら勝利の照射!
3時間勝負は俺達ズリ舎弟の絆を更に固めたぜ!

291 :創る名無しに見る名無し:2015/04/26(日) 20:14:10.11 ID:w9zUs1sX
所で、尊厳やら人権やら無視してより低コストで多くの敵を葬るのはどういう方法が良いのだろうか?
包囲して四方八方から銃撃するのと、一か所に固めたところでC4やらで、まとめて吹っ飛ばすのとか
色々と方法あると思うけど


>>290
巣に帰るがよいです。

292 :創る名無しに見る名無し:2015/04/26(日) 20:35:00.32 ID:iyZMI5KU
>>288
これだけテクノロジーが発達したのに、基本は70年前と変わらないんですか?

293 :創る名無しに見る名無し:2015/04/26(日) 20:57:05.12 ID:6SwMhDyg
>>292
一部に重機が入ったぐらいだろう?

294 :創る名無しに見る名無し:2015/04/26(日) 21:42:56.96 ID:Axyap4Bv
>>292
そりゃあ歩兵の携行火力も向上してるし、分隊や小隊ごとの火力も上がってるから
より効率的な掩体の配置とか考えられてるかもしれんけど、鉄条網で足止めて十字砲火で迎え撃ってと死角は可能な限り排除するって基本は変わらんと思うよ
まあこれ(http://www.ktssav.com/flash/Resim2e.jpg)みたくヘスコ防壁利用した基本に囚われないのもあるし
最近は前線で地形利用したガッチガチの野戦築城は減った気もする
そもそも陣地とか基地とか表現できる規模のになると最近は単純な四角形が多い気がするんだわ
つまり何が言いたいかと言うとまあ頑張って調べてくださいということ

295 :創る名無しに見る名無し:2015/04/26(日) 23:48:58.03 ID:w9zUs1sX
F世界の厄介な所は、一見丸腰に見えて、実は人間兵器だったりするのが恐ろしいのね。
エクスプロージョンの魔法がちょっとした火砲並の威力を持っていたら、投降したと見せかけての不意打ちで
かなりの被害が出そう。

魔法使いは捕虜にしても、口をガムテープで塞ぐなり指一本動かせない様に固めるなりした方が安全だと思う。
無詠唱魔法はこの限りでないが

296 :創る名無しに見る名無し:2015/04/27(月) 01:56:04.69 ID:Vn/Px+X/
どんな異世界だろうと、ソ連軍かロシア軍(本国との補給と連絡あり)を送り込んで
西側の人間を入れずに5年くらい放置すれば文明国になってる気がする

297 :創る名無しに見る名無し:2015/04/27(月) 02:02:53.11 ID:UBCozW3C
(笑)

298 :創る名無しに見る名無し:2015/04/27(月) 02:27:08.52 ID:Vn/Px+X/
わ、笑われてしまった…

299 :創る名無しに見る名無し:2015/04/27(月) 02:31:07.09 ID:0HD6EDPZ
>>289
侮るとか侮らないじゃなくてコストの話だよ
使わなくていいモノなら使わない、必要なら使うってだけ

戦闘の目的以上にコストかけてもしょうがないでしょ

300 :創る名無しに見る名無し:2015/04/27(月) 04:35:25.18 ID:81/0fL6c
>>299
相手側も少なくとも1つは切り札(光学迷彩)があるし、第一、味方の連中より随分(軍隊に関しては)優秀だ。
こっちも、使えるものはみんな使ったほうがいいんじゃないかな?

301 :創る名無しに見る名無し:2015/04/27(月) 06:21:11.59 ID:Vn/Px+X/
地雷とかクラスターはあまり使いたくないなぁ
鹵獲されてしまう可能性があるからな
ベトナム戦争でNVAが米軍から鹵獲したクレイモア地雷を拠点防衛に使ってたり

302 :創る名無しに見る名無し:2015/04/27(月) 13:28:38.44 ID:ajdzif0C
よしホモ爆弾を投下しよう

303 :創る名無しに見る名無し:2015/04/27(月) 14:02:04.63 ID:0HD6EDPZ
>>300
えらい唐突だけど光学迷彩あるってのは何の話だよ


使う使わないの判断なんて相手がどの程度のもの持ってくるかで変わるの当たり前
使わなくていいモノなら使わない、必要なら使うってだけ

いくら完璧な迷彩あろうが十万百万に一人とかしか使えない、火力もしれてる代物なら採算合わないだろうし
逆に1%とかで相手がそれなりに安く使えるなら使わざるをえないってだけ
1000円しかしないモノを1万円かけて守るのはアホのすること

304 :創る名無しに見る名無し:2015/04/27(月) 20:22:47.25 ID:qumSqgUD
>>301
良し、地雷の裏側にフックを取り付けて、手榴弾のピンに引っかけた状態で埋めておきましょう(提案

>>303
逆にF世界と戦う時に地雷を使わざるを得ない状況ってどういう状況でしょかね?

FFでいうクリスタル並に重要な物を守るために、神殿周辺に地雷を敷き詰めておくくらいでしょうか?
攻めるために使う兵器では無いので、使いどころが限られますが・・・。

305 :創る名無しに見る名無し:2015/04/27(月) 21:53:58.54 ID:04TGedsg
>>303
とにかく低コストという条件ならミサイルのような精密誘導兵器の類は無しですね
あと空自による空爆やヘリによる攻撃も運用コストの面からNG
となると特科による砲撃あたりが順当な線では

306 :創る名無しに見る名無し:2015/04/27(月) 22:34:15.84 ID:8mYVZQUm
空自って今爆撃能力もってるの?

307 :創る名無しに見る名無し:2015/04/27(月) 23:38:11.01 ID:Vn/Px+X/
>>306
爆撃には大きく三種類ある
前線で敵地上部隊を叩く「近接航空支援」、
敵のトラックや輸送船などを叩き前線部隊を立ち枯れさせる「阻止爆撃」、
敵の航空基地や生産拠点、政治中枢などを叩く「戦略爆撃」

空自が持ってるのは阻止爆撃かな。海自と連携して敵の輸送船を叩く。
近接航空支援の能力については向上中。爆撃誘導員を養成したり、F-2へのスナイパーXRターゲッティングポッドを取り付けたり、F-35導入などを急いでる。
一方、戦略爆撃は米ロ中くらいしか満足に出来ない。

308 :創る名無しに見る名無し:2015/04/27(月) 23:58:52.36 ID:8mYVZQUm
>>307
昔、空自は爆撃能力がないから陸自は空自の近接航空支援をあてにしてないってきいたから無いのかと思ってた
教えてくれてありがと

309 :創る名無しに見る名無し:2015/04/28(火) 00:12:16.15 ID:J20RHIuy
>>308
うん、まぁ陸自の次期AHに求める要求仕様やUH-60JAのゴテゴテ自衛装備、過度の無人機嫌いなどを見るに、空自をあまりアテにしてないのは間違いない

「CAS能力を持っている」事と「有事にそれを十分に発揮できる」事には大きな隔たりがあるからな
要はみんな貧乏が悪い

310 :創る名無しに見る名無し:2015/04/28(火) 08:24:56.85 ID:lUQksLaU
>>303
この辺に出ている。実態はともかく効果はそんな感じだ。

311 :創る名無しに見る名無し:2015/04/28(火) 08:25:56.04 ID:lUQksLaU
http://www26.atwiki.jp/jfsdf/pages/1381.html

312 :創る名無しに見る名無し:2015/04/28(火) 19:15:25.47 ID:xrL14ZHH
>>295
高レベル魔法使いがゲリラやテロやると恐ろしいよな。
バブリーズに出てきた奴レベルだと防ぐ手段が思いつかん。

313 :創る名無しに見る名無し:2015/04/28(火) 22:15:27.18 ID:wN3ZNg54
>>309
>要はみんな貧乏が悪い
GDPはともかくその分カバーする人民と国土のある中国や、ロシアはようやるわ。
そして地球上どこにやっても問題なさそうなアメリカはやっぱりおかしいな。

314 :創る名無しに見る名無し:2015/04/28(火) 22:21:04.04 ID:R0x1ubKG
ロシアって人口は日本とほぼ変わらないし、経済力は日本より貧弱なのに
あの軍事力をどうやってひり出してるんだ?
日本なんて社会保障費でヒィヒィ言ってるのに

315 :創る名無しに見る名無し:2015/04/28(火) 22:58:53.63 ID:Q4JRiZtN
ロシアはあの大戦でとんでもない人口激減引き起こしておりますからね。
F世界ですらやらなそうな兵士の使い方しているし、ある意味弱体化は必然かも知れないです。

316 :創る名無しに見る名無し:2015/04/28(火) 22:59:00.12 ID:5One16lj
両国ともその分他で無理してるんだぜ
ロシアはそれで1回潰れたし
NATOは早々に諦めて核だ…核で吹き飛ばすんだ…に切り替えた
あのアメリカも兵器が最先端になるほど膨大になる軍事費に苦しんでる
ハイローミックス構想立ち上げたし


むしろ日本は社会保障費とインフラ整備費高すぎだろ削減しろや

317 :創る名無しに見る名無し:2015/04/28(火) 23:11:52.57 ID:J20RHIuy
>>316
インフラ整備費は仕方ないんじゃね?
防衛の観点から見ると、道路や橋梁や港湾や飛行場や鉄道は有事の部隊の機動に役立つし、ダムや下水は水害対策に役立つし、
学校や病院は住人の避難場所になり、有事も工業生産や経済活動をしてもらうために水道や電力やガスなどは必要だ

まぁ、ある程度の選択と集中は必要だと思うけれど

318 :創る名無しに見る名無し:2015/04/29(水) 02:34:46.06 ID:UxNaJAMI
「無駄をなくせ」ってよく聞くけど、国内経済は
赤字(支出)の総額=黒字(収入)の総額
なので赤字を減らしたら黒字も減る。

赤字だけ減らす、黒字だけ増やすのは不可能なのにそれをやろうとしてる
のがここ十数年の日本経済の低迷の原因。
政府が積極的に赤字増を負担しないと経済は良くならない。

無駄を減らすのは、百歩譲ってまあ良いとして赤字を減らしてはいけない。
どこかで支出を削減したらその分、あるいはそれ以上別の支出を増やさなければならない。

小国なら対外収支の黒字で国家を支えるのも不可能じゃないけど
日本の経済規模ではそれは不可能だからね。

319 :創る名無しに見る名無し:2015/04/29(水) 03:08:18.25 ID:h7q85erT
そう難しく考えないでも構わないだろうに

1.使った金は相手の懐に移るだけ、原則として消えない
2.国内のモノ/サービスが増えるなら相応に国債なり何なりでカネも増やさないと一つ一つの価値も下がる
3.そもそも無駄って何?みんなで貧乏になろうって言ってるだけだよね?

320 :創る名無しに見る名無し:2015/04/29(水) 04:15:03.11 ID:Vg9TjU3y
陸自が軽装甲機動車や高機動車などによる自動車化を遂げている事、
73式装甲車などの装軌車輌が減りWAPC化が進んでいる事、
戦車定数が削減され、機動戦闘車の配備が進められている事、

これらの点から、陸自は日本中に張り巡らされた交通インフラを駆使しての即時展開を目指していることが分かる
インフラ整備の予算が削られて、道路が穴ボコだらけになったり橋や飛行場が使えなくなったりすると、防衛や災害派遣に影響が出てくると思うんです

321 :創る名無しに見る名無し:2015/04/29(水) 21:37:30.09 ID:1/VbpXVk
そう考えると、異世界の道をアスファルトで舗装したり、港を拡張したりと色々とやる事があるんだよなぁ・・・。
ケンカ売られて下手に撃破なんてしてしまったら、無駄に日本領を広げる事になるし、管理ががががg・・・

322 :創る名無しに見る名無し:2015/04/29(水) 22:05:31.44 ID:+zcO8bki
舗装されてない道だと現代の車でも乗り心地ヤバいけど、
F世界の馬車とかまともに旅できるのかね
尻が痛いってレベルじゃ無さそうなんだが

323 :創る名無しに見る名無し:2015/04/29(水) 22:38:26.35 ID:W60497Ps
西部劇の駅馬車だって舗装されてない道を走ってたんだから大丈夫だろ

324 :創る名無しに見る名無し:2015/04/29(水) 22:39:05.64 ID:9vRLqWrl
イブン・バットゥータみたいな人間がF世界にいたらぜひスカウトしたいわ

325 :創る名無しに見る名無し:2015/04/29(水) 22:50:22.85 ID:yBdRvOBH
その通り中世で馬車ってのは人が乗るもんじゃなく荷物を乗せて運ぶものだったんだぜ
人は手綱をもって一緒に歩く
貴族とかは基本的に馬上して移動してた。
人が乗る馬車は近世に入ってバネが発明されてから登場した。
中世てのは想像以上に雑魚なんだぜ…

326 :創る名無しに見る名無し:2015/04/29(水) 23:10:22.37 ID:WQlmcFq6
>>321
ガス管も上下水も考えなくていいなら主要道路はコンクリ舗装してるかもね
アスファルトは摩耗に対する整備(+管の整備で引っぺがしたのを舗装し直す)手間が居るけどコンクリ舗装はその辺要らないし
日本でも整備しづらいところはコンクリ舗装だし

327 :創る名無しに見る名無し:2015/04/30(木) 00:41:26.09 ID:u0EE8fmj
やっぱ現代と交流するなら中世より近世あたりの方が良いんだろうね
西部劇なら汽車も走ってるし銃もあるし

328 :創る名無しに見る名無し:2015/04/30(木) 04:10:27.04 ID:yTmUIaUu
石動さんところの場合、拉致被害者の救出(生きていれば)と消息の調査(死んでいれば)だから、現地の紛争そのものにはあまり深入りしたくは無いだろうね。
今のところ現地の協力者ががけっぷちの有様だから、彼らが体勢を立て直すまでは、それなりに支援しなきゃならないだろけど。

329 :創る名無しに見る名無し:2015/04/30(木) 07:12:57.57 ID:zq7Vo1UF
衛星もない中世世界に自衛隊が行った場合、測位や通信の事情ってどうなるのかな?
無理して衛星を飛ばすのかな?

330 :創る名無しに見る名無し:2015/04/30(木) 08:51:17.99 ID:nS5iaOhR
>>321
順番が逆だべ、地続きにならん限り油田までの海図と港が先
下手すっと地続きでも港が先の可能性あり
アスファルトも最近だと石油の副産物だっけか

331 :創る名無しに見る名無し:2015/04/30(木) 13:23:06.13 ID:aZtG8mhq
>>325
>人が乗る馬車は近世に入ってバネが発明されてから登場した。
17世紀だな。一応、15世紀にはブランド名にもなっているハンガリーのコーチ
という箱馬車が座席のある箱を外枠から吊ることで振動を軽減させている。
これは百年戦争末期のフランス王にも贈られたんだがそれでも乗る分にはまし
という程度で、ブルボン王朝初期のフランス王家は馬車が一台しなかった。
西部開拓時代といえば幌馬車だが、あの時代でも荒野を行くとそれなりに揺れ
るので、開拓民は馬車ではなく牛車で移動していた。

馬車でなくても揺れる道は舗装するだけで費用がかかるだろうし、現地から領
土にしてくれと要請があったら正直面倒くさいな。島だけがいい。

332 :創る名無しに見る名無し:2015/04/30(木) 13:55:23.43 ID:hsv7AFA+
日本の中世ファンタジー名乗ってる作品は9割がた近世前期ファンタジーって名前に変えるべきだろ
文化的に考えて…

333 :創る名無しに見る名無し:2015/04/30(木) 18:43:48.90 ID:hGl197gm
どういう状況でも、何をおいても港の整備が一番先でしょ
現代の巨大船のコンテナおろせる施設ある港なんてあるわけもなし
適地に港周辺掘ったり削ったり測量したり海図作ったり

この辺ができないと重機ろくに降ろせないし食糧油も輸送できるわけがない

334 :創る名無しに見る名無し:2015/04/30(木) 18:52:38.81 ID:gt7prn5t
>>321
ローマだって街道整備しながら侵攻したしね。

335 :創る名無しに見る名無し:2015/04/30(木) 22:04:55.81 ID:5/gqT5kM
>>332
リアルなファンタージも嫌だなw

夜の舞踏会に行ったら照明が暗すぎてよく見えないとかw

336 :創る名無しに見る名無し:2015/04/30(木) 22:26:06.60 ID:UD2i75F8
>>333
ヘリやホバークラフト揚陸挺使えば初期段階は間に合うんじゃない?
海図って移動ルート周辺に絞ったとしてもどのくらいかかるのだろう

337 :創る名無しに見る名無し:2015/04/30(木) 22:36:05.07 ID:qawBg/9v
陸地と海底の境界が極端な地形とかどうだろう。
創成期に古代龍クラスの化け物同士が争って、放たれたブレスが地殻を削り取り、深海にまで達する峡谷を形成し、
陸からの断崖絶壁が深海まで続く地形になったとか・・・。

それだけ深さがあれば、タンカーでも腹をぶつけたりしないし、整備すれば拠点にもなるし一石二鳥。

338 :創る名無しに見る名無し:2015/04/30(木) 22:46:58.57 ID:Iu3R12nX
浜辺さえ有ればLSTの大量建造で急場は凌ぎたい所
次はマルベリーみたいなのを建造して引っ張ってくるしか。

339 :創る名無しに見る名無し:2015/04/30(木) 23:40:44.66 ID:zq7Vo1UF
中世ファンタジー世界で資源を採掘して海上輸送する場合、
最低でもどんな港湾設備が必要なの?
モデルケースになるような現実世界の港あります?

340 :創る名無しに見る名無し:2015/05/01(金) 00:50:01.80 ID:tJjWH4ba
コンテナ船っていうと物凄く大きなイメージあるけど
ある程度しっかりした埠頭があるなら中型サイズで船自体にガントリークレーン搭載してる船を使ったり
艀を改造してコンテナ乗せて埠頭では移動式の大型クレーンで引き上げる
みたいな感じで初期は何とかなりそう

341 :創る名無しに見る名無し:2015/05/01(金) 00:59:17.62 ID:K+0Y+2QQ
日本が開発した中だと台湾が参考になるんでない?

342 :創る名無しに見る名無し:2015/05/01(金) 10:02:31.79 ID:fRF9HwNE
>>337
早晩、地すべりで谷が埋まると思う。

343 :223:2015/05/01(金) 19:47:06.64 ID:k+9GAs5F
前投下した分を手直ししてみたんで投下してみる。

白銀同盟及び諸国同盟と対峙するガルリア帝国大陸軍、その最高司令部にて評議員にして大陸軍最高司令官リリス・ハッヴァーは将軍達や参謀達と会議を行っていた。
リリス・ハッヴァー、摂政エヴェリーナ・ハッヴァーの姉であり評議員でもある彼女は、見た目はエルフそのものだ。
陶器のような白い肌に長い耳を持ち、腰まである白金の如き銀髪は灯りを反射して輝かんばかりだ。
妹のエヴェリーナと同じ蒼玉のような瞳は目の前の大机に注がれている。
大型の大机には大陸の詳細な地図が広げられその上に沢山の駒が配されていて両陣営の現状を模していた。

「参謀長、我が軍の現状を報告しなさい。」

「現在我が軍は白銀同盟傘下の諸国同盟軍によって国内まで押し込まれた状態です。
我が軍は諸国同盟軍との間に広域に広がる戦線を構築することに成功しています。
この状態は敵の攻撃を受け止めこちらが反撃しやすい状況まで誘導する作戦計画に則った状態で概ね作戦通りといえます。」

「ええ、そうですね、ここまでは作戦通りといえるでしょう、しかし敵の数は予想よりも多いようですね。」
地図上の諸国同盟軍に相当する駒の数は帝国軍より多く見える。

「白銀同盟は諸国同盟軍だけでなく他の大陸からも多くの兵を送り込んだ模様です。また諸国同盟も強制徴兵を行い兵力を倍増させています。」
情報参謀が答えた。

「我々は全軍正規兵、敵は寄せ集めの連携すら怪しい未熟な軍、前大戦末期とは逆になりましたね。では今後の作戦計画を説明しなさい。」

「今後我が軍は反攻作戦に際し連続した作戦を展開し、無停止での進撃作戦を行います。」
そういいながら参謀は士官に地図の駒を動かしていくように指示を出す。

「まず敵主力正面をおよそ100kmに魔法師団の広域魔法によって全域の敵軍そのものを機能不全に陥らせます。
魔法師団の攻撃魔法、ワイバーン隊の空中爆撃によって一気に畳み掛けます。
第1波は機獣と歩兵によって構成された梯団が突入します。
第2波の梯団は機獣と騎兵、足の速い種族の部隊によって構成されます。」
地図の上、諸国同盟と対峙する帝国軍の後方に次々と駒が置かれていく。
その駒が動かされ同盟軍の前線に向かっていく。100kmにわたる為地図全体で大きく動いていく。

「梯団は凄まじい攻撃をくらって混乱した敵の前線を集中した戦力で蹂躙します。
少しでも綻びができたらそこを基点に一気にこじ開け突破口を広げます。
その間に第2波の梯団から後続のことは1時考えないでひたすら奥に進む突破集団が突入します。」
第2梯団の中から一部の駒が動かされ戦線にできた穴から奥へと動かされる。

「第1波の梯団は突破口を広げながら進撃し敵の戦力を消滅させながら奥へと進みます。
敵の強兵は包囲し足止めを行いその間に奥へ奥へと進みます。
敵の魔法兵が此方の突破を阻止しようとするのを圧倒的数の差で魔法戦で叩き潰します。」

航空参謀が補足してワイバーン隊の動きを説明する。
「敗走している敵はワイバーン隊が空からその圧倒的速度で追いかけて完全に崩壊するまでたたきます。
同時にワイバーン隊で後方地の交通要所を攻撃、退路の遮断と後方撹乱をします。」
地図上にはワイバーンを模した駒が同盟軍の中や後方の都市に配されていく。

「こうして進撃した梯団も損耗や補給の必要から突破力を失い進撃できなくなります。
ここで後続していた第2波の梯団が第1波と交代し正面を交代します。」
地図の第1梯団の駒がそれまで後方についていた第2梯団の駒と入れ替えられていく。

「敵は予備部隊を前線に向かわせたり、兵力を再編成して立て直そうとしているはずです。
しかし、魔法師団の魔法攻撃、ワイバーン隊に輸送された撹乱部隊によってこの予備部隊にも打撃を与え再編成の妨害がなされています。
この第2波によって敵に残された抵抗戦力を完全に破壊しにかかります。」

「第2波も同じく敵を崩壊させながら進撃し補給が切れます。そして再編成した第1派が交代します。
敵に休む暇など絶対に与えません。敵がどんな策を弄していようと問答無用で踏み潰します。」

参謀長は長棒を取り出し自ら突破集団の駒を動かす。
「この間に突破集団が敵の後方を突き進み、敵に戦力を割いて止めるか、無視して重要地点を破壊されるかの選択を強要します。
こうして敵兵力を完全に無力化します。」

344 :223:2015/05/01(金) 19:52:38.34 ID:k+9GAs5F
「いいでしょう、付け加えるならば、この作戦は包囲戦だということです。
各部隊はあらかじめ決められた地点を目標として進撃、占領し孤立した敵や逃げ遅れた敵を包囲します。」
駒は進められ地図上の同盟軍の駒は完全に包囲されていた。
「この作戦によって先帝からの悲願であった大陸統一が現実のものとなるでしょう。」

「ガルリア帝国は先帝の御世に広大な大陸の大地に大してあまりに少ない兵力で戦いました。其の中で戦った我が軍はいくつかの教訓を得ました。
鉄道で予備兵力を素早く転戦させいくつかの境地を脱したことから、戦場の後方に予備兵力を置くことで継戦能力を高めることができること。
敵を圧倒する兵力の集中と薄く広がった敵を撃滅するために迂回と包囲と突破、そして包囲のための迅速な機動力が必要であること。
また、回復魔法や攻撃魔法があることで1度の大決戦で勝利してもしばらくすれば敵は退却と再編成をし立ち直ってしまうため、決定的な勝利になりづらいことが分かりました。
これを防ぐには敵が建て直しを図っている間に、素早く次の戦いを仕掛ける必要があると考えられました。」
参謀長が語りだすと参謀も他の参謀も口々に語りだした。

「魔法攻撃を4,5日続けた結果、敵に攻撃の意図を推察され、兵力を集中され攻撃が頓挫してしまった経験から、事前の魔法攻撃は短時間で行う事が考えられました。」

「ワイバーンの空からの偵察も重要である事が解りました。空からの偵察は兵力の厚いところ、薄いところ、物資の流れ、ゴーレムや敵機獣の位置、
それらから推測できる攻勢開始の場所や時期、敵の弱点こういった我々が知りたくてたまらない敵の秘密を簡単に手に入れることができます。
だからこそ空の騎士だったワイバーン隊の意識改革が絶対に必要でした。」航空参謀が熱弁をふるう。

「教育制度制定によって、大量の士官、下士官の養成が可能になったことも重要だよ。」

「徒弟制に拘るギルドの解体により各種技術の開放が起こりましたが、ギルド解体に反発して白銀同盟に参加するマイスターが続出したのは痛手でしたな。」
「魔法使いギルドの独占していた魔法を吸収し魔法使いのみで編成された師団を作ることが出来たのだし、魔科学が発達した事は十分な効果だよ。」
「オルティス老師のように元々ギルド制に疑問持っていたマイスターは協力的で、ありがたいことだ。」

「この作戦はそうした、前大戦での戦訓に対する我々の答えといえます。」参謀長がそう締めくくる事で場を収めた。

「この日のために我々は可能な限りの偽装工作をして軍団の移動を隠し、情報省の工作によって白銀同盟は我が軍主力は大陸外に渡ったと判断しています。
既に事前準備として、エルフ部隊やゴブリン隊の浸透及び海賊や盗賊たちに武器を与え敵の後方で略奪騒動を起させ撹乱工作を行っております。」
情報参謀が報告する。

「大陸統一後盗賊や海賊はすべて処分します。彼らは帝国の郵送や海上の安全を脅かす障害でしかありません。障害は取り除かねばなりません。」リリスが言った。

「心得ております。」

「作戦開始後指揮はメルダーズ副将に任せて、私は強兵と共にワイバーンで出撃し遊撃を行います。
孤立した敵の強兵や防御陣、魔法使いを潰します。
これまで多くの仕事をメルダーズ副将に任せてきました、此度の指揮もメルダーズ副将ならば十分にできるでしょう。」
リリスの突然の出撃宣言に会議室がざわめきたった。皆口々にリリスを止めようとする。

メルダーズ将軍が一際大声を出してリリスを引き止める、顔には冷や汗が出ており青い顔をしている。
「包囲した強兵はそのまま包囲下に置きさえすればよろしいのでは、強兵用の部隊も配備しております、何も将軍自ら出撃なさらなくても。」

リリスは表情一つ変えず毅然とした態度で答えた。
「敵の数は予想より多いのです。包囲された奴等など、敵ではありませんが突破を試みる事でしょう。犠牲は最小限に抑えたいのです。」

「しかし!」「これは大陸軍最高司令官たる私リリス・ハッヴァーの命令です。」

「…承知しました、テレパシー通信は常に司令部と繋いでいてください御武運を。」

「善処しましょう、それでは作戦を予定通り開始するよう全軍に伝えなさい、今こそ偉大なる皇帝陛下を戴く我らがガルリア帝国の恐ろしさをやつ等に思い知らせるのです。」

「「「皇帝陛下万歳!」」」「「「ガルリア帝国万歳!」」」

345 :223:2015/05/01(金) 19:53:26.13 ID:k+9GAs5F
かくして100万人規模で実施されたこの作戦は大成功をおさめ帝国は少なくない犠牲を出したが、諸国同盟軍は完全に叩き潰され消滅した。
指揮官であり後方にいる王族や貴族も多くが脱出することができず討ち死にするか捕虜にあるいは行方不明となった。
孤立した強兵や防御陣も帝国兵の数に圧し潰されるか、強兵部隊やリリスに叩き潰されていった。
これによって大陸での戦いは事実上終結し後は消化試合と言っていい状態となった。
白銀同盟議会と各国代表団は分断され各国代表団はいち早く大陸から脱出に成功するが議会はヘルキャット艦隊の海上封鎖により脱出することができず
脱出した各国代表団もゲール艦隊に捕捉されてしまう。
白銀同盟の命運は尽きたかに思えた。

リレー小説本編に続く
少しは読みやすくなったかな?

346 :創る名無しに見る名無し:2015/05/01(金) 22:18:00.18 ID:xhd0y5vY
>>342
埋まるとは思うけど、それなりの深さは残るんじゃないかな?
タンカーがお尻ぶつけない深さかどうかは解らないけど・・・。


>>345
乙、大分読みやすくなっているね。
一応白銀同盟は帝国とやり合える実力をもっていそうだから、彼らの活躍するシーンも見てみたいものだけど・・・。
今の所、白銀同盟にヘイトがかかっていて帝国と交渉段階だね、日本は果たしてどっちに付くのか・・・静観するのが正解なんだろうけどなー

347 :創る名無しに見る名無し:2015/05/01(金) 23:19:35.81 ID:JpepJ+yT
>>345
書き直し&再投下乙
かなり読みやすくなったね
しかしこんな戦争やってる異世界に自衛隊が出張ってもどこまでやれることやら
かと言って知らんぷりできるような状況でもないし…

ところでこちらも投下しようと思うのだが、よろしいか?

348 :創る名無しに見る名無し:2015/05/01(金) 23:42:36.48 ID:0FAhbYmn
バッチこーい!

349 :創る名無しに見る名無し:2015/05/01(金) 23:55:20.48 ID:JpepJ+yT
了解、投下開始!


白銀同盟関係者との会談を終え、ゲートの向こうに外交団を送り出した日本政府はアメリカを始めとする世界各国、
そして数多のマスメディアの度重なる要求に答える形で一連の事件の詳細な経緯の公表についに踏み切る。

千葉県沖への隕石落下から自衛隊による『アプカ』撃破までの一連の事件の詳細な報告は世界中の人々を驚愕させ、
さらにその後行われた白銀同盟首脳部による記者会見とティーリアへのインタビューもまた、この世界の人々に大きな衝撃を与えた。
『アプカ』に戦いを挑む自衛隊の各部隊が記録した戦闘時の映像、見たこともない身なりをした人間とは明らかに違う人々。
その他様々な情報はこれまで日本のマスメディア各社が報道してきた様々な情報とともに世界を駆け巡り、
この世界の人々に異世界というものが現実の存在であることを思い知らせる。
そして連日様々なメディアで繰り返し流れる自衛隊と『アプカ』との戦闘映像と自分たちの記者会見の映像、
毎日のように訪れる各国のマスメディア関係者を見た白銀同盟幹部の中には喜色を浮かべつつ

「これでこの世界の人々もガルリア帝国の恐ろしさと我らの正しさを理解したことでしょう。
近いうちにニホン以外の国々も我らに協力を申し出てくることは間違いありますまい。
そうなればニホンの顔色をうかがう必要もなくなりますぞ!」

と断言する者すらいた。
だが、国際世論という曖昧でとらえどころのない存在はそんな彼の予想をはっきりと裏切ることとなる。

『なんで俺達の世界にお前らの世界の戦争を持ち込むんだ? 自分たちの世界のことは自分たちでかたをつけろよ』
『人種差別に身分による差別、あなた方のその考えには到底賛同できない』
『帝国といい同盟といい異世界の連中ってのはろくでなしばかりだな。さっさと元の世界に帰れよ』

当然だろう。異世界という本来なら全く無関係であるはずのところからやってきた人々のせいで、
ただでさえ戦火が絶えないこの世界にまた新たな戦争の火種が持ち込まれたのだ。
しかも彼らは自分たちとは相容れない思想の持ち主で、その物言いは時に隠し切れない傲慢さをにじませる。
このような連中に心の底から好意を持つ人間など、この世界にはいなかった。
次から次へと様々なルートで押し寄せる否定的な言葉の波、それは日が経つに連れ山となって積み上がり、
予想を裏切られたティーリアを始めとする同盟の人々に重くのしかかっていく。

350 :創る名無しに見る名無し:2015/05/01(金) 23:57:08.73 ID:JpepJ+yT
「このまま白銀同盟は終わりを迎えてしまうのか……いや、そうはさせん。ありとあらゆる手段を用いて
この世界の国々をこちら側に引き入れてみせる!」

心のなかでそう誓うティーリア、だが彼女はこの世界の国々が『アプカ』に衝撃を受け、
異世界への介入に二の足を踏んでいるということを知らなかった。
この世界の技術では到底作り出せない水陸両用の怪物。ガルリア帝国を名乗る異世界の国家は
そのような存在を大量に保有し、今もなお造り続けている。
そして白銀同盟に肩入れしてガルリア帝国を敵に回した結果、ある日突然自国の主要都市の沖合に千葉沖にあるようなゲートが開き、
そこからあの怪物が群れをなして現れた場合、アメリカ、ロシア、EU各国のような先進国の軍隊でも苦戦は免れないだろうし、
最悪の場合は国そのものが再起不能な状態にまで追い込まれかねない。

実際はそのようなことが起こるはずもないのだが、日本政府と白銀同盟は自分たちの持つ情報、
とりわけゲートについての情報を全て公開していない、と世界中の国が考えている以上、
それは『起こりうること』として認識されていた。
それに加えてインタビューを受けた白銀同盟幹部の様々な発言と日本政府が公開した情報から各国の情報機関が導き出した推測、
同盟はこのままでは帝国に確実に敗北する。仮にこの世界の国々が総力を上げて同盟を支援し勝利させたとしても
その結果得られるものが費やしたものに見合うかは不明であり、さらに勝者となった同盟が我々に敵対する可能性は十分に有り得る、
という報告を受け取った世界各国、特にアメリカ、ロシア、EU各国、そして中国といった世界の主要国の首脳は
白銀同盟からの度重なる要請を言を左右にしてはぐらかしつつ、この事態に対して静観を決め込むこととなる。

『放っておいてすぐに倒れられても困るからな、まあ手助けぐらいはしてやるか』
『厄介事は日本に押し付けておけばいい。我々は問題が片付いた後か、日本が助けを求めた時に出て行けばいい』
『まずは情報収集体制の確立だな。幸い日本国内には我々の協力者はいくらでもいる、連中の手並みを拝見しつつ高みの見物と行くか』
『どうせなら日本が異世界との戦争で再起不能になってくれないものかな。そうなれば願ったりかなったりなのだが』

こうして日本政府は異世界がらみの問題についてひとまず諸外国の干渉を受けずに済む。
だがそれが日本にとって幸せなのかどうかは、まだ定かではない。


投下終了
『ゲート』ではいろいろな国が俺たちにも一枚噛ませろ、と首を突っ込んできましたが
それとは逆のパターンをやってみました
ちょっとご都合主義過ぎたかな?

351 :創る名無しに見る名無し:2015/05/02(土) 00:20:46.37 ID:QgAnQZVS
>>336
その程度の輸送力じゃ初期の膨大な必要物資の量にはどうにもならんと思うよ
一番最初はインフラ整備にそれこそ無限に物資がいるし輸送力は何をおいても最優先されるでしょう

海図については港周辺がとりあえず必須、そこから本国へのルートがその次優先、その他は順次だろうなー

>>340
港湾の積み込み能力高くないと船舶の回転悪すぎて渋滞するからきつそうな気がするで
降ろすだけなら降ろせるだろうけど早く降ろせて、いったん移動できないと結局輸送力無駄になるし

352 :創る名無しに見る名無し:2015/05/02(土) 01:05:03.17 ID:prHFeiZM
両者とも乙です!

>>345
書き直し乙です、読みやすくなっていて会議らしくなっていますね


>>350
『ゲート』が書かれた時代と現代では国際情勢も違ってきてますし、ファンタジー世界側の状況も違いますからね。
ゲートが海にあるから手を出そうと思えば出せるのが各国の余裕に繋がってるかな

353 :創る名無しに見る名無し:2015/05/02(土) 03:02:45.07 ID:SWWWbxDd
なんというか、現実世界では政治側が自衛隊の外征化を要求してて、
それが例えばジブチ基地だったり南シナ海哨戒だったり、FFXや多目的輸送艦などの航続距離の長い護衛艦の建造、空中給油機増強など、自衛隊に変革が起こってるから
なんというか今は自衛隊をネタにした作品って作りにくそう

「ゲート」みたいに都市の真ん中に門が開いて異世界の軍隊が襲ってきても、
今の内閣なら通常のテロ・ゲリコマ戦に対応するかのごとく対応して被害を最小限に抑え込みそうだし

354 :創る名無しに見る名無し:2015/05/02(土) 03:26:13.29 ID:yV5Eb32r
Web小説でいいなら島戦争とかね。
あれは作者が無理に現代とすり合わせようとして無理が出てる典型だが

355 :創る名無しに見る名無し:2015/05/02(土) 06:25:14.37 ID:BAOAxmmq
色々組織改編とかしてるしねえ……
陸自も中央即応集団の廃止とか、一部連隊の即応機動連隊への改変とかあるし

>>354
十年前に書いたものを現在に合わせようとしてるからなあ
相当の無理が出てるよなあれ

356 :創る名無しに見る名無し:2015/05/02(土) 06:51:02.75 ID:QgAnQZVS
変更なかったパラレルワールド舞台でよろし

357 :創る名無しに見る名無し:2015/05/02(土) 07:55:54.32 ID:h/qmNfx6
F自作品は結構あるけど、現代米軍ファンタジーを日本人が書いた作品はある?

358 :創る名無しに見る名無し:2015/05/02(土) 11:24:07.01 ID:wp+xrsNT
突然現れた未知の敵に米軍が大反撃してUSA!! USA!! っていう作品はハリウッドで量産されてるから
日本人はわざわざ同じようなのを作らないんじゃないか?

359 :創る名無しに見る名無し:2015/05/02(土) 12:07:46.30 ID:yV5Eb32r
>>355
イラク戦争前後の日本が転移したでいいんだとおもうよ。
あとはそれに伴い見合わないものの設定の変更で

360 :創る名無しに見る名無し:2015/05/02(土) 16:15:40.89 ID:QgAnQZVS
姉妹スレなかったっけか

361 :嫌われ者がろうでん:2015/05/02(土) 20:43:27.44 ID:J+wdsNUY
>>350

我が国は、”核兵器”を持っていはいないが、数時間で組立てられる”部品一式”を
持っています。
うまいこと帝国主要都市に核攻撃するのも一つですね!ってか帝国には敗北はしないですね。

362 :創る名無しに見る名無し:2015/05/02(土) 21:12:15.88 ID:yV5Eb32r
>>361
そもそもC兵器のほうが安価なうえにバーグ陸戦条約とか適用範囲外でしょ?>異世界
相手にも言えるんだけど

363 :創る名無しに見る名無し:2015/05/02(土) 23:52:14.69 ID:PSmzk2ig
あんまり良いイメージは無いけど、サリンやらマスタードガスやらをばら撒くと言う手もある
核兵器よりも安いメリットはあるけど、なんだかなぁー

敵を効率的に多く葬るんなら、砲弾の他に化学兵器と言う手もあるんじゃないかな?

364 :創る名無しに見る名無し:2015/05/03(日) 00:20:50.89 ID:8m8PMmQ5
そこで天然痘付きの毛布ですよ

365 :創る名無しに見る名無し:2015/05/03(日) 00:39:36.05 ID:X7Sa4G3p
結局イメージ代で長きにわたって高くつくよ
条約ないから何でも使えばいいってもんではないでしょ

ってかああいう兵器臆面もなく使えるのは弱者だけ

366 :創る名無しに見る名無し:2015/05/03(日) 09:21:34.55 ID:DgNPJ1+q
その世界で一般的な敵に対する手段、日本が敵国に何を求めるのか、ゲート型なのか転移型なのかにもよると思う
識字率や版行率が低い国ならイメージも長くは残らない
イメージ戦略は前近代でもあるが、19世紀以降特に重要性が増したので逆に言えば中世ならそこまででもない
情報伝達が発達しておらず、平時ですら(情報面で)離れているので実感がない
攻撃されて連帯感を持つ「国民」が成立していなければ、専業の兵士と庶民、都市民と農民でも意識は違う

他国へのえげつない攻撃=他国の居住者(≠国民)全員の反感をかうというわけではないはず

367 :創る名無しに見る名無し:2015/05/03(日) 09:31:55.03 ID:X7Sa4G3p
一般市民はともかく国なら記録に残す
なんかの交渉ごとのたんびにそれ持ってきて表なり裏なりでチクチクやるよ
万年戦争上等でやるならともかく

ついでに言うと自国民にも配慮せざるを得ないんだよ
政治体制変わってるならともかく現行でBS兵器使って政権維持できるわけがない
生きるか死ぬかってとこまで追い詰められでもしない限り日本人がそれを許容するとはとても思えないし、
安易に使って野党に強力な攻撃材料与えるわけがない

敵が弱いならなおさらね
結局製造コスト安くても総コスト安くないのよ

368 :創る名無しに見る名無し:2015/05/03(日) 09:32:53.42 ID:X7Sa4G3p
BSじゃねえ、BC

369 :創る名無しに見る名無し:2015/05/03(日) 12:13:50.31 ID:fMuPiOCB
ヘロストラトスの名声のように文明が出来上がればどうしたって歴史に残る
よほど追い詰められでもしない限り現代国家が虐殺目的としか見えない目的でBC兵器を使ったら
その後の人類史でナチスやスペイン以下の扱いを受けるのは避けられないと思う

370 :創る名無しに見る名無し:2015/05/03(日) 16:07:41.28 ID:lx7JJ6gB
BC兵器が使えない理由は分かった
しかし核兵器の方は使える気がするけれどな
日本の世論と予算とNPT等の諸条約の問題さえクリア出来れば、倫理的には問題ないと思う
日本とアメリカの今の関係を見たらな

371 :創る名無しに見る名無し:2015/05/03(日) 17:29:59.36 ID:DgNPJ1+q
>>367
歴史上他国に対するえげつない行為なんて山ほど行われてきたが
他国にやられた虐殺行為を他国と外交するのに問題にした例が中世にあったかな
ナチスなりが問題になったのは人権意識が成立した時代だからで

日本人が許容するかの方が確かに問題だが、転移して資源もない状態で手段が選
べないから選ばない日本人という「物語は唐突に」の展開は納得出来た
自分は日本国民の反応はどういう状況かにもよるもので、いざとなれば容赦しな
い極端な論調に転ぶ場合もあると思う

372 :創る名無しに見る名無し:2015/05/03(日) 18:32:06.09 ID:YfUZu1Q/
なに、向こうが中世レベルならBC兵器使った所で疫病の自然流行と区別が付かないだろ。
特に投石器で病人の死体投げ入れたりしてるんだから、全然問題ない。

373 :創る名無しに見る名無し:2015/05/03(日) 18:36:41.67 ID:DWUhoi/T
>>346
陸側の方も崩れるだろうから、そう簡単にはいかないと思うよ。

374 :創る名無しに見る名無し:2015/05/03(日) 19:41:10.51 ID:X7Sa4G3p
核も同じよ
一般市民も区別せず虐殺したって汚名と印象はよほどうまくやらんと消えないぞ

>>371
日本が中世国家としてやってくならいいけどな
今更メンタリティ戻せるわけじゃなし

中世に日本放り込んだらメンタリティの変化も当然加速する
強国に影響受けない国なんて存在しねーからな(なくなるという意味も含めて)

後、えげつない行為を直接話題に出す出さないって話じゃねーぞ?
それでなくした信用は超長時間取り戻せないし交渉の内容も当然左右される
心象の良し悪しこそかなりの部分に影響力がある


今更蛮族に戻るなんて文明崩壊レベルの出来事でもない限り無理だよ
いきなり隣人殴れる人間なんて今の日本にはいないからな(一目気にするとかそういう理由でも)
相手が相対的に弱者ならなおさら

375 :創る名無しに見る名無し:2015/05/03(日) 22:17:19.45 ID:veN6QON4
なにも日本がどうしても使わなければならいというわけではなく
地球側が用意したものを異界人が使う分なら問題は・・・
「覇壊の宴」では異界の姫君が核と細菌兵器を使ってたっけ

376 :創る名無しに見る名無し:2015/05/03(日) 23:42:28.08 ID:1igGP6Gq
>>374
逆に、人権尊厳を完全にポイした鬼畜外道な手段でF世界の列強国が日本やその友好国に攻撃して来たらどうなんだろう?

ネクロマンサーによる、日本人のアンデット化、精神操作魔法で、憎しみを掻き立てて日本人同士で殺し合いをさせて楽しむ、
ついでに、それらで死んだ日本人の遺体を腐らせて、投石器に詰め込んで原始的なBC兵器として利用。

流石にそんなことやられたら、日本の世論も「ぶっ殺す」「慈悲は無い」と転びそうな気もするが・・・。

377 :創る名無しに見る名無し:2015/05/04(月) 01:16:18.73 ID:YwO9PdXk
F自作品を読むと、あぁ、自衛隊にもB-52やB-1のような爆撃機やAC-130のような攻撃機が欲しいな…っていつも思う

なんというか、こんな奴ら全て焼き払えば良いじゃん?って思ってしまう

378 :創る名無しに見る名無し:2015/05/04(月) 12:24:21.36 ID:6EDUt+K/
敵が外道なこと仕掛けてきても少数の悪党のために一般人も含めて核で吹き飛ばすなんてことは早々できないよ
普通に通常戦力集めて侵攻という形になるだろうね
それでも返り討ちにされるぐらい手こずったら初めて核とかの出番だよ
もしくは異世界人全員が化け物じみた戦闘力持ってて尚且つ邪悪な嗜好してるとかだな

379 :創る名無しに見る名無し:2015/05/04(月) 13:28:31.41 ID:b8IqgzrH
インディペンデンスデイも、敵が通常攻撃の効かない宇宙人ということで核を使ってたね
結局核も効かなかったけれど

イメージ的には、ソ連とワルシャワ条約機構が本格的に鉄のカーテンを超えて侵攻し出して、
それを食い止めるためにポーランドや西ドイツに核を落とす、みたいな

380 :創る名無しに見る名無し:2015/05/04(月) 20:55:46.28 ID:55HTVedU
ローリダ辺りにはもうBC兵器使っちゃって良いかもしれない、そもそも報復核の対象になり得るし。

>>378
F世界の人間は、外骨格生物で小銃が効かず、砲撃でやっと倒せる硬度を誇る。
ついでに、とんでもない怪力と残虐性を併せ持ち、なおかつプレデター並みの知性を持つ
しかし、ピレスロイド系の殺虫剤に絶大な効果があると言う弱点を持つ。

これで、日本人には無害or弱毒でも敵国に対してBC兵器だったら、国内世論はどうなるんだろう?
「相手は人間じゃないんだから人権なんてあるわけないだろ」なんて言ったら知的生命体に対する尊厳も糞も無いけど
相手が残虐で先に>>376みたいな事をやらかしていたら、「報復だから仕方ない」になるのかな

381 :創る名無しに見る名無し:2015/05/04(月) 21:10:13.06 ID:RyJHkDI4
>>380
おお今その作品読んでるところだわ
和平交渉でローリダに招かれた日本の首相が射殺されたシーンで
「うわぁ…核撃ち込みてぇ…」って思った

交渉をする気が無くて、こちらの殲滅それ自体を目的に戦争を仕掛けてくる輩にはNBCしか解決方法なさそう

382 :創る名無しに見る名無し:2015/05/04(月) 21:29:46.69 ID:mCiYtl8e
しかし島戦争 転移する日本が3年後くらいの日本だと更にひどい事になってるよな

383 :創る名無しに見る名無し:2015/05/04(月) 21:50:18.91 ID:D3hfELOH
>>382
ほへ?

384 :創る名無しに見る名無し:2015/05/04(月) 23:06:37.16 ID:aF5uMThH
3年後くらいの日本って、民主党政権下の日本ってこと?

385 :創る名無しに見る名無し:2015/05/04(月) 23:19:23.72 ID:55HTVedU
>>384
もうだめだぁ・・・お終いだぁ・・・・。

話題ふっておいてあれだけど、ローリダの話題に熱くなり過ぎないように。
でも、あれほどNBC兵器を使っても良さなそうな相手も珍しいな、国民と言うより貴族連中が悪党なんだが・・・。

386 :創る名無しに見る名無し:2015/05/04(月) 23:39:56.89 ID:I727Oj+N
ローリダは核使っても社会体制にダメージないどころか士気高揚の効果すらあるけど
日本の場合はそうはいかないんだよなぁ

加えてBC兵器使っても核棚に上げて非人道的な兵器として当然非難するだろうしな
通常戦力で問題なく圧倒できるなら使う選択肢はないといってもいい
報復に使っても満足するの感情だけでメリットろくにないしな

387 :創る名無しに見る名無し:2015/05/04(月) 23:48:06.18 ID:YwO9PdXk
>>386
まだ途中しか読んでないが、通常戦で日本側は無双してるのか?
他スレで聞いた話だと、Tu-16モドキとかU-2モドキとかIRBMモドキとか出てくると聞いたが。

戦争ってのはどうやって終戦させるかを決めて始めるものであって、初めから交渉する気の無い相手は殲滅しか無いと思うんだけどな

388 :創る名無しに見る名無し:2015/05/04(月) 23:53:21.47 ID:dhtEy4Qp
殲滅するって実際問題ものすごく難しい気がするんだが。

389 :創る名無しに見る名無し:2015/05/04(月) 23:53:55.00 ID:1j8vX6U7
Islands Warと現代合衆国召喚だけ読んだが、あんな感じの作品は他にない?
お勧めがあれば教えて欲しい

390 :創る名無しに見る名無し:2015/05/04(月) 23:58:33.31 ID:rZqdbwXe
BC兵器なんて風任せで風があるとすぐ散ってしまうから使用条件が天候に左右されすぎる
元々防御線を一時的に機能不全にするために使われた兵器だけど火砲と航空機の進化、対策が簡単にとれるからすたれた兵器だよ
半端に生き残って後遺症が一生残るのと無差別だから非人道兵器なんだよね。
効率よく人を殺傷する兵器じゃないよ
東京大空襲の爆撃コースや赤軍の火砲の方が効率的だよ

>>387
つ大日本帝国とナチスドイツ降伏
勝ってる方が終わらせ方決めたらええんやで

391 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 00:08:01.71 ID:O2PbqsXF
エイズとかいうヤバイの持ってる日本人とか言うB兵器

392 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 01:16:48.91 ID:GuhBb+uC
>>386
島戦争のローリダは鉄道廃止しても社会体制が維持できてるところ見るに、
政治・経済・軍事・文化的インフラの全てが首都圏に集中していると推測できるので、
核攻撃に対する脆弱性は日本以上だと思われ

393 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 01:26:12.35 ID:kT1kBXZB
>>387
殲滅なんて選択肢はありえねーよ
コストかかりすぎて無理、後がめんどくさすぎて無理
手打ちの絵図書かずにやる戦争とかマジ勘弁

無双まで行かなくても通常戦力で問題なく勝てるならそれで十分


>>392
お手軽に核でやれても事後めんどくさすぎねーか
戦後核不拡散の方向で外交やろうにも報復で核使ってちゃ説得力0ですわ

394 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 01:36:04.58 ID:GuhBb+uC
>>393
島戦争の世界、正直核不拡散は無理だと思う
だって核保有してるローリダでさえ技術的に格上の日本が
核武装してる可能性を真面目に検討してないんだから、
相互確証破壊の概念を普及させるまで外交を洗練させる素養そのものが無いと思われ
civで言えば「こんにちわ、死ね!」ってAIだらけの世界では
冷戦程度の国際秩序すら構築は不可能だよ

395 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 01:40:44.87 ID:erCfkiJh
作者がそこまで考えているか不明だけど。
何というかどこぞの半島に近いものを感じなくもない>ローリダ

とはいえ接収した技術でMig-23相当を「開発」できるとかどんだけーというか
正直作者は経済がわかってない気がする。

396 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 02:10:13.35 ID:o+WNzVGC
>>391
エイズはB兵器として見た場合カスもいいとこだぞ。所詮性病だからなあれ。
天然痘はアメリカ原住民に壊滅的な被害を与えたが、梅毒では欧州は小揺るぎもしなかった。

397 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 02:14:04.17 ID:erCfkiJh
>>388
ダムに毒を流せばいいんじゃあねぇ?
少なくとも都市部が壊滅すれば日本に対してそう大きなことはできないから
>>393
日本の国力と自衛隊が擦り切れるっていう前提を忘れなければな
>>394
そもそも外交というものがほぼないとおもう。>島戦争
日本側にも問題はあるんだけどね。


ところであと三年もすれば自衛隊の武器使用が国際基準に代わるので島戦争の初めの展開自体にならないと思われる。

398 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 02:45:12.30 ID:dGxim7Qh
集団的自衛権とか潜水艦等の武器輸出とか外国との装備品の共同開発とか
ジブチに自衛隊の基地があるぞとか、もうすぐフィリピンに自衛隊が駐屯するかもよとか言ったら
十年前や二十年前なら軍オタにボコボコにされただろうな

399 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 11:59:04.98 ID:x378jc2X
>>393
戦争は1人でやるものじゃないから、相手の都合も考えないと。

…ことに島戦争は相手がその気になるまでは、にらみ合いと小競り合いを継続するしかない。

そもそもそんなグダりそうな設定にするなよって話だけど。

400 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 12:44:17.56 ID:kT1kBXZB
>>397
国力の心配するならそもそも殲滅って考え自体でてこないと思うんだけどなー
戦後の行政1から積み上げる気なの?
外交的な悪評どうするつもりなの?

>>399
相手の都合考えるから使えるもんじゃねえって言ってるんだけどな
ローリダしか国がないわけでもなし

401 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 12:56:34.36 ID:erCfkiJh
>>400
悪評?
知られなければどうとでもなる。

というよりもだ・・・
まともな国交がほぼないので

あーそんな国がありましたね。何か知らないけど滅びましたがで終わるぞ。
転移世界だっていう前提を忘れないように

ついでにいうとローリダの場合はすでに国家に対して殲滅戦を実行している(そもそも彼らの持っている技術自体が転移国家を文字通り殲滅して得たもの)

402 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 15:04:42.31 ID:kxRx+pWK
ローリダってアレだよね
中世の十字軍みたいなもので、話し合いなんて明らかに通じない相手だよね
まだソ連や中韓の方がマシってレベル

403 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 16:08:14.36 ID:q90+PsIZ
あの世界意外と情報伝わるの速いぞ?
日本がとりあえず勝った時も即座に列強に伝わってたし
手のひら返しで軍事同盟結ぼうとして来たりとかしてた

404 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 16:55:01.74 ID:7NKFfcAb
>>403
でもあの位置関係でローリダのことをろくに知らなかったというのもねぇ…
日本の平和ボケっぷりを表すためにそういうふうにしたんだろうけど
やっぱり違和感が拭えないよ

405 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 17:34:29.14 ID:brAKUpcm
「島戦争 ローリダ」で画像検索したらこんなの出てきた

http://flyingfrancepan.sitemix.jp/image109.jpg

日本は衛星数基上げてるのに何故ここに国家がある事に気付かなかったんですかねぇ

406 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 17:51:43.53 ID:ZSc2As2H
それ作者HPに掲載されてるやつやな
他にも両軍の兵器の設定とかのってるから気になる人はチェックするよろし
http://flyingfrancepan.sitemix.jp/index.htm

407 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 17:59:25.96 ID:u7c//wpJ
軍事詳しくないけどローリダ共和国の軍事技術レベルって地球に例えると西暦何年のどこの国くらいのものなの?

408 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 18:17:50.35 ID:q90+PsIZ
50〜60年代くらい
分野によってさらに高かったり低かったり

409 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 18:18:33.53 ID:vWzUFO+t
>>407
冷戦初期〜中期のソ連。

410 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 18:44:10.37 ID:4Upqlnxw
>>405
日本列島と比較してだいたいロシアモスクワ辺りにローリダあるのね
衛星まで打ち上げといてなぜ気付かないんだよ

411 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 18:54:09.14 ID:brAKUpcm
>>410
もっと近いだろう。定規を使って測ってみたが、だいたいインドのデリー辺りの距離だと思う。
とは言っても、正距方位図法じゃないから正確な距離なんて分からないけどね。
もし新世界の日本が現実の日本と同じ装備・規模ならばローリダ首都侵攻は無理だな。
スロリア亜大陸に進出するのも満州でソ連と戦うような泥沼になるかも。

412 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 20:06:42.68 ID:TIa6fVM7
あの作品、ドッグイヤーな民族が出てた気がする

413 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 20:27:54.33 ID:erCfkiJh
あの世界の電話回線とかどうなっているのか激しく気になる。

どう考えても規格が合わないかそもそもないのどっちかだろうし。

414 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 22:22:33.76 ID:ZmM8A5mn
日本に戦う理由を与えるために日本人に厳しい世界観にした作品作ろうとはしたな。
エルフはそもそも人間自体を下等生物に、ドラゴン・魔族は食糧、獣人相手は
珍味や薬(しかも迷信)としか思われていない世界。同じ人間相手からもその世界の
者なら基本持っているはずの魔力を持たない蛮族として奴隷扱い。
今考えると全く救いがないな。

415 :創る名無しに見る名無し:2015/05/05(火) 23:54:27.11 ID:8kazrrlU
それ程殺伐としていないF世界でのんびりPKO活動している自衛隊と言うの良いかもしれない。
転移型だと資源の問題で切羽詰っているんだろうけど、F世界側がそれ程好戦的でないと自然とPKOになると思う。
まぁ、小競り合いくらいはしている所もあるんだろうが

416 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 02:15:11.81 ID:yuFpnn5A
>>401
現在だけでいいならそれでもいいけどね
100年先考えたときそれで済むと思う?
ずっと孤立したままやってくつもりなら知らんが

417 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 02:39:18.10 ID:khkZjhS3
相互確証破壊ってあるじゃん
島戦争の世界に限って言えば、自衛隊は核武装すべきだと思うよ。
なぜなら核の傘たるアメリカは存在しないし、ローリダは核を持ってるんだもの
核を撃たれたら撃ち返さなきゃ

418 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 02:47:07.77 ID:ZI0zyR48
核である必要もないけどね。
インフラの一部を確実に破壊できればそれだけで終わるし

F-15Eにバンカーバスター搭載して首都圏に水を供給するダムを破壊するだけで普通に終わると思う。

419 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 03:05:40.08 ID:73AdxEg9
>>418
ローリダは2K12モドキのSAMを持ってたりそれなりの防空網を備えてるので、迎撃される可能性を考えるとなぁ。確実性が足りない

420 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 03:14:26.48 ID:2KNdv8ls
弾道ミサイルくらいは欲しいね
終末誘導型でピンポイントに破壊するとか、
数トンのペイロードにしてクラスター爆弾をばらまくとか…

421 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 03:25:37.24 ID:0ABO5a9o
あと朝鮮戦争で米軍は水豊ダムや華川ダムの破壊に何度も失敗してなかったっけ?
たとえバンカーバスターで破壊に成功したとしても狙った通りに浸水しないかも知れないしなぁ

それに、ローリダ側の先制核攻撃でF-15EJが航空基地ごと潰されてしまう可能性も考えなきゃならん。執筆年代からしてPAC-3やSM-3が配備されてるかどうかも疑わしいしな

422 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 05:49:09.97 ID:07ZnH7pC
>>421
作者的には、現実に自衛隊が既に配備したor近々配備する予定のある装備は作中日本でも配備してることにするつもりらしい
個人的にはそんな半端なこと考えてるから設定が無茶苦茶になったんじゃね?とは思うが

423 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 06:13:55.62 ID:ZI0zyR48
>>421
あれの場合は爆撃機でしかないから当分は先

424 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 06:25:03.45 ID:DTNKOzDt
そんな枝葉末節の問題は後回しで構わない
核保有国と日本がお互いを知らなかったって何じゃい
遭遇線が国家規模に単純拡大かよ

425 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 14:07:43.58 ID:ZI0zyR48
そもそも相手が殲滅戦を望んでいるからなぁ

426 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 14:16:00.17 ID:wHuWoUWh
殲滅戦どころか、征服後に断種して絶滅させた実績が満々だからな〜
それでいて「低文明の異民族をキズラサ教に教化させる」ってのを
スローガンに掲げてるのは大いなる矛盾だけど
もしこっち側の世界に転移してきたら、国際社会に囲まれて棒で叩かれること間違いなしだ

427 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 14:18:06.79 ID:ZI0zyR48
アメリカ無双がはじまって終了かな?
そもそも島しかないからあの世界の鉱物資源ってどうやって供給されてるんだろうとは思うけど

428 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 18:54:44.83 ID:glmTUeQA
ローリダ空軍パイロットたちの絶望的な戦いがフライトシムで見事に再現されているぞ
https://www.youtube.com/watch?v=iVFIek7-goQ

429 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 19:14:07.43 ID:TxfP3oNE
まあ実際こんな感じだよな
どうやっても一方的な蹂躙になる

430 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 20:34:41.49 ID:T3ez58Tx
>>424

せやな。
お互い結構長いこと隣同士だったってのに、どういうことなんだか。

431 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 21:35:51.78 ID:u7fDkKh+
>>415
それに近いのが異空人だったけど
くだらない事でエタる事に・・・

432 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 21:39:35.54 ID:3W0C43/f
作者さん曰く、「全世界涙目ショー」を開催する予定らしいけど、どうなるんだろうな
「戦争なんてこんなもんですよ」らしいけど、どういう意味だろうか?

裁かれるべき人間が裁かれないのも戦争、思い通りに事が動かないのが戦争、責任を持つべき人間が責任を取らないのも戦争
戦争と言う一つの単語で色んな事が思い浮かぶけど、結局「戦争なんてこんなもんですよ」って何?

後学でしっておきたいけど、スレ住民さん達の思う「戦争なんてこんなもんですよ」ってどんなイメージがあるかな?

433 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 22:12:17.88 ID:wHuWoUWh
>>432
・真面目に考えるなら
 →勝利するも、ローリダ国内はイラク戦争後の内戦状態のようなグダグダに
  日本は骨折り損
  ローリダの脅威は取り除かれたものの新世界における国際秩序の不安定さは変わらず、
  他のファシスト的政権国との長くて実りの無いパワーゲームを続ける羽目になる
or
 →局地戦で日本は勝利するも、ローリダ本土までは戦力投入できずに停戦状態に
  日本とローリダとでそれぞれ陣営を率いて冷戦状態に
  日本は陣営内にファシスト政権や政情不安国を抱え込み、介入を繰り返して国力は減衰していくことに

・異世界人に親を殺された人向け
 →ローリダ国内にNBC兵器使用、政体を完全破壊した上で住民を奴隷状態に
  列強であったローリダが徹底的に破壊されたのを見た諸国は戦わずして日本の派遣下へ

・ラブ&ピースを信じる人向け
 →日本人とローリダ人全員の脳天に雷が落ち、突如真実の愛と平和に目覚めて共に世界平和への道を歩みだす

・作者急病につき(ry
 →エタって削除
  或いは冨樫(萩原)仕事しろ、いややっぱしなくていいわ状態に

434 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 22:17:44.12 ID:cNre4qiE
短期間で終わる→終わらない
いつまでも戦争するんだ→終わるときゃあっさり終わる
後知恵だけどなんでこんな愚かな選択したの?→当時の限られた情報や将校の性格を吟味するとまあ最善ないし次善の選択だった


疎開先が広島か長崎
恋人がいる、住んでるのは広島か長崎
親友が死ぬ
ヘタレが投降しようといいだす
→失敗→私は敗北主義者です
→成功→捕虜とるのメンどくせ→射殺
御前会議なのに袈裟の向こうは誰も座っていない

435 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 22:30:48.15 ID:cNre4qiE
>>433
真面目に考えりゃ1番目か2番目なんだろうけど
1番可能性が高いのは最後なんだよなぁ

436 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 22:34:59.95 ID:qE+G3eB8
>>432
戦争が起こる起こると騒がれる→起こらない
まさか戦争にはならないだろ→大きな戦争になった

張り切って出撃→敵を見ることなく帰投
何事もないいつもの任務→大変なことが起こる

エリートたちが用意周到に練り上げた作戦計画→結局使わずじまい、もしくは役に立たない
現場で大急ぎででっち上げられた作戦のようなもの→予想以上の効果を上げる

>>435
まったくもって同意

437 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 22:48:31.93 ID:0ABO5a9o
日本って移転後の方が経済発展してるんだっけ?
社会保障とか削って軍事費に注いで、新世界に於けるアメリカ的存在になれば或いは…

空母打撃群を数個と戦略爆撃機を数飛行隊を保有、輸送軍を発足、核戦力の保有、陸自拡大…全世界に数時間以内に十分な戦力を投射出来るように自衛隊の抜本的な改革をだな…
世界平和の為に誰かが支払わなければならないコストだよ

438 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 23:03:24.84 ID:yuFpnn5A
製造技術ねーだろ

439 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 23:22:31.18 ID:c+c79/fz
>>437
作れるとはいったが何時できるとはry
つまり我々がその気になれば10年後20年後には完成させる事も可能だろう(震え声)

ところで>>345の直後の話を書いてみたんだが自衛隊要素が全く無いできになった有様だ
キャラ掘り下げのために書いてみたんだが長くなってしまった投下していいものか?

440 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 23:38:19.60 ID:3W0C43/f
>>431
そう言えば、二次創作いつの間にか消えているね。
あの人は色々と不運だったと思うよ、上の方でも粘着されてるし

>>439
バンバンいこー

441 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 23:38:56.14 ID:qE+G3eB8
>>439
ばっちこーい!

442 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 23:45:51.78 ID:cNre4qiE
さあ投下するのです

443 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 23:53:30.45 ID:c+c79/fz
では投下します

会議が終わり皆が退室した後もリリスとメルダーズそして参謀長を始め少数の参謀達は会議室に残り今後のことについて話し合いをしていた。

「失礼します!リリス閣下に質問がありまいりました!」
扉をたたき入ってきたのはガルリア帝国第4皇子アルバン・フォン・ガルリアであった。
整った顔立ちで燃える様な赤みがかった金髪がややカールになっている。
その紅玉の様に光る赤い瞳は期待に満ちた光で輝いていた。

「兄上!止めてください!」
続いて入ってきたのは第5皇女コレット・ゼラ・ガルリアだ。兄と同じ赤みがかった金髪は肩で切りそろえらている。
その整った顔立ちと髪の色で異母兄弟ながらよく似ていると噂される二人だ。
入ってきたコレットはアルバンの腕を掴むとリリス達に何度か頭を下げてアルバンを外に連れ出そうと引っ張り出した。

「ええい放さぬかコレット。私はリリス閣下に聞かねばならぬことがあるのだ。」アルバンが抗議する。

「いいえ放しませぬ、兄上の我侭に軍の規律を乱すことややリリス閣下の手を煩わす訳には参りません。
兄上は大人しく後方で部隊の再編をしておればよろしいのです。」

リリスが何やら言い争いを始めた2人を止めるべく声をかけた。
「2人とも、喧嘩はやめてください。見たところアルバン殿下は私に質問があるようですね。
どのような質問ですか。答えられる事でしたら答えましょう。」

リリスに止められた2人は大人しくなり居ずまいを正した。
コレットはリリスに窘められた事が気恥ずかしいのか顔を赤らめている。

「先程リリス閣下が出撃すると聞きました。その真偽を確かめにまいりました。」アルバンが胸を張って質問した。

「その事ですか、ええ事実です。敵の兵力が我々の予想を上回っていました。私も出撃して可能な限り味方の損害を減らしたいのです。」
リリスが答えた。
その答えを聞いたアルバンの顔に喜びの色が走り、コレットはため息を吐いた。
部屋に残っている将軍や参謀は嫌な予感を募らせていた。

「流石はリリス閣下!自ら出撃とはなんという勇猛さであろうか、願わくばこの私も戦列に加えていただきたい。」

将軍や参謀達がアルバンを止めようと口を開いた。
「殿下!殿下の部隊は前線を構築している守備隊でございます。」
「初戦とこれまでの防衛戦で十分戦果をを挙げています。」
「作戦開始後は部隊の再編と後方で予備隊として待機するのが宜しいかと。」
コレットは意見が出るたびに「そうです、そうです」と相槌を打つ。

「妹のコレットが魔法師団の一員として作戦に参加しているのに、私が後方にいる訳にはいきません。」

「アルバン殿下、殿下は兵士ではありません、指揮官が部隊を放り出すわけにはいけません。後方待機も任務の1つです。」
リリスがアルバンに言った。
周りにいる将軍や参謀は自分は総司令官職ほっぽり出そうとするくせに何を言っているんだこの人はと呆れ顔をした。

444 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 23:56:47.04 ID:c+c79/fz
「しかし、私が強兵と十分に渡り合えることを閣下もご存知のはずです。
力ある者が指揮だけそれも後方にいるのは納得できませぬ。」

「確かに殿下の力は並みの強兵なら相手にならないでしょう。けれども殿下は対強兵の訓練を受けておりません加えて殿下は指揮官なのです。
例え後方の部隊の1指揮官といえど不在では万が一の場合統制が取れずそこから突破される恐れがあります。」
周りの人間は開いた口が塞がらない。
「アルバン・フォン・ガルリア、大陸軍最高司令官として命令します。
作戦開始後揮下部隊を後方に移動後再編、以後戦略予備として待機しなさい。」
これ以上の議論は不要だった。アルバンは悔しそうに肯き復唱しようとしたが、リリスが遮って喋った。

「不服そうですね、いいでしょうアルバン。1時間後戦闘服に着替えて稽古場に来なさい。
久しぶりに稽古をしましょう。その結果しだいによっては考えてもいいでしょう。」
会議室に激震が走った。

一番早く反応したのはアルバンだった彼は他の人間が動く前に大声で挨拶すると会議室を出て行った。
次に動いたのはコレットだった。彼女は会議室を出て行った兄を慌てて追いかけていった。

リリスは周りの人間を見渡しこう言った。
「そういうわけで私は殿下の相手をしなければならなくなりました。会議を早めに切り上げましょう。」
「」周りの人々は絶句した。


1時間後アルバンが修練場を訪れるとそこにはリリスの姿があった。
既に軍服から戦闘服に着替えている。リリスの戦闘服は独特だ。
地球人が見れば青いミニのワンピースに白いロングブーツを履いている様に見えるだろう。服が彼女の美しい輪郭を強調している。
手は黒い長手袋をしている。その手には軍刀が握られていた。

「来ましたねアルバン、剣をとりなさい。」
床には一振りの軍刀が置いてあり。アルバンが拾い見るとそれは真剣であった。

「これは何のまねです?」

「戦場で相手が模擬刀で向かってくるというなら模擬刀に変えましょうか、もっとも貴方が相手に素性を明かせば模擬刀に変えてくれるかもしれませんね。」
リリスはそう答えた。
その言葉はアルバンの自尊心をいくらか傷つけた。
アルバンが無言で軍刀を抜く。

それを見たリリスも軍刀を抜ぬいた。
「私たち、いえ全ての生命は魔力を持って生まれてきます。
一見魔法が使えないように見える者でも魔力によって何らかの強化が施されているのです。
そして個人差はありますが魔力は使えば使うほど強力になってゆく。
ましてや貴方は皇家の血筋、その魔力は常人を遥かに上回っている。」
そう言うとリリスは殺気をまとってアルバンに切りかかった。

アルバンは避けつつ身体強化の魔法を使おうとするが魔法が発動することはなかった。
何かに阻害されて魔法が使えない。無理に使おうとすると頭に痛みが走る。
驚くアルバンの隙を突きリリスは一気に近づき容赦のない連撃を浴びせる。
防戦一方になったアルバンの体に徐々に切り傷が刻まれていく。

「魔法使いや強兵同士の戦いで一番厄介なのが互いに魔法を封じあうことです。
魔法や身体強化は使えずまったくの同条件下での戦い。」
リリスがアルバンに語りかける。
リリスの斬撃をアルバンが軍刀で受け止め鍔迫り合いになった。

445 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 23:57:40.97 ID:c+c79/fz
「そうなった時、何が勝敗を決めると思います。」
エルフ族は森を駆け弓を得意とする、その力は人間よりも上だ。
細身のリリスが徐々にアルバンを追い詰めていく。

「体力でも技術でもなく、必要なのは気力と忍耐力です。」
腹部に蹴りを入れられアルバンは後ろに弾き飛ばされてしまう。
背中に衝撃が走る。気がつけばアルバンは壁際まで追い詰められていた。
リリスがゆっくりと近づいてくる、殺気は消えておらず、剣を握ったままだ。

「私を・・・殺すつもりなのか。」アルバンの顔には脅えの色が出ている。

「そうです」リリスは顔色1つ変えない。
「このまま戦場で戦えば貴方を守るために戦力を割くことになり打撃力が低下します。ここで事故死してもらうほうが帝国のためになります。」

「私が足手まといになると思って!」
怒りに震えアルバンはリリスに切りかかるが、リリスにいなされ、反撃の刃が光る。
刃の狙いは軍刀だ。軍刀の上部を強烈に打たれ、軍刀を落とさないためアルバンは体勢を崩し、壁際に倒れてしまった。

アルバンが上体を起こす頃にはリリスは軍刀を上段に持ち襲い掛かろうとしている。
―殺される
「うおおおおおおおおお!」
気合と共に軍刀を持ちリリスの体に飛び込んだ。
軍刀が振り下ろされるよりも早くアルバンの刃がリリスの体を貫いた。
体を貫かれたリリスはよろりと後ずさり倒れた。

「リリス!」アルバンが倒れたリリスに近づく、魔法を阻害していたものは消えていた。回復魔法を使えばまだ間に合うかもしれない。
突然リリスの姿が白い霞になって消えてしまった。

「見事ですアルバン、今の気迫を忘れないようにいてください。」後ろからリリスの声がした。
アルバンが驚いて振り向くとリリスが立っている。その体には傷跡はまったく見えない。

(幻術・・・何時から?)先程の切り合いでリリスが魔法を使った形跡はなかった。
しかし、通常幻術に実態はない。幻と切り合う事はできない。
それに手応えは確かにあった、あの肉を貫く感触も幻だったのだろうか。

驚きと緊張が解け事によってアルバンはその場に座り込んでしまった。
体からは汗が噴出し息も荒い。

「幾つか傷を作っていしまいましたね、今直しましょう。」
リリスがアルバンに近づき膝をついて回復魔法を使いアルバンの傷を癒していく。

446 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 23:58:56.00 ID:c+c79/fz
「申し訳ありません殿下、強兵の中には魔法を反射する者、魔法を吸収し自分の魔力とする者もいるのです。
そうした者と対峙した時、並みの強兵は唯の人となってしまいます。」
アルバンは黙って聞いていた。リリスから甘い匂いがするような気がして、伸ばされた手の肌は実に白かった。

「臆病な考えかも知れませんが、この作戦はこれまでにない大作戦、不安要素があります。
前線全面で攻勢にでるため、もし新たな敵が別方面に出現したら、あるいは味方の特定の部隊が敗走を始めたら、私たちにできることはほとんど何もありません。
そうなれば、誰が帝国国民を貴方の兄弟達を守るのです。」

「リリス・・・」

「輝ける太陽と白銀の月が発掘されて大戦が勃発してこの国は大きく変わりました。いろいろ誤ったことをー今もしているのでしょう。
いろいろなつらいことがありました。でも、私たちはこの国が侮られないよう、努力してきました。
その過程の裏にはこの国の行く末を案じ、道半ばで倒れた人たちがたくさんいます。
中にはこの国の事を思って私たちと対峙することになった人たちも。」

「兄上は・・・」

「ええ第1皇子ヴィリバルト・バッハ・ガルリア、あの人は前大戦で私も一緒に戦いました。年若くも聡明で優れた才覚を持った人でした。
戦争が終わって、色々あって私たちと対立して、多くの貴族を引き連れてあんなことになってしまいました。
ヴィリバルトが実行したことは許されないことでしたし、勝てる戦いではありませんでした。
しかし、彼は彼なりにガルリアの行く末を案じていたのは事実です。
もしかしたら彼は我々が仕事をしやすいように厄介な連中を片づけるために、ああいうことをしたのかもしれません。」

「・・・・」

「私たちの後ろや足元にはそうして倒れていった人たちが沢山います。
彼らのためにもこの戦いは絶対に勝たねばなりません。
諸国同盟軍と白銀同盟を殲滅しなければなりません。
長大な国境線を無くすため大陸を統一しなければなりません。
私たちの改革の成果を無にしてはいけないのです。
私たちにはガルリア国民に、志半ばで倒れていった人たちに対する責任があるのですから。」

「大丈夫、作戦はきっとうまくいきます。」
治療はとうの昔に終わっている。リリスは立ち上がった。
「あなたの悔しさも解ります。世が世なら今頃一軍の司令官となれる身分です。
どうしても参戦したいというなら、ワイバーンを用意させましょう。」
そう言うとリリスは入り口に向かい歩き出した。

「復唱!アルバン・フォン・ガルリア、作戦開始後揮下部隊を後方に移動後再編、戦略予備として待機いたします。」
アルバンは立ち上がり、そう大声で話すと小走りでリリスを追い越し修練場を出て行った。
「ありがとうございます、殿下」走り去るアルバンの背にリリスはそう答えた。

447 :創る名無しに見る名無し:2015/05/06(水) 23:59:46.88 ID:c+c79/fz
おまけ
「兄上!」
修練場の外にはコレットがいた。
稽古を邪魔されたくないリリスに修練場には誰も近づくなと命令されていたがつい入り口まで様子を見に来ていた。
修練場を出たアルバンにコレットが声をかけた。

「おお、コレット、我が妹よ心配して見に来てくれていたのか」

「えっ、ち違います、兄上がリリス閣下に迷惑をかけないかと心配で見に来ていたのです。」
コレットが慌てたように否定する。

「どちらにしろ心配しているではないかハハハ。いや心配をかけてすまなかった。もう前線に出るなど我侭は言わぬ安心しろハハハ。」

「はぁ」
やけに気分が高揚している上に聞き分けのいいアルバンにコレットは面食らった。

「お前も魔法師団の一員として存分に戦うのだぞ。魔法師団は作戦の第1段階の主役だ存分に敵を蹴散らしてやれ。」

「兄上に言われずとも諸国同盟軍など我ら魔法師団だけで蹴散らしてやります。」

「その意気やよし、吐火姫(スピットファイア)の魔法しかと敵に見せてやれ。」

「兄上!その渾名どこで聞いたのです!」
その渾名を聞いたとたんコレットは兄に食ってかかった。

「兵達の間では有名だぞ、いい渾名ではないか。それでは俺はもう行かねばならん部隊に帰って指揮をとらねばいかんからな、お前も早く部隊にかえるのだぞ。」
喋るだけ喋ってアルバンはこの場から去ろうと歩き出した。

「兄上お待ちください兄上ー!いい渾名な物ですか。
だいたい何故女性に吐火などとおかしな渾名を付けられねばならんのです。兄上ー!」

448 :創る名無しに見る名無し:2015/05/07(木) 00:05:36.17 ID:1hqD+UgC
おわりです
ごらんの有様だよ長いよ!
第1皇子は西南戦争みたいなのをおこしたと思いねぇ
リリスを掘り下げるのに若武者みたいなキャラを出したかったんだが書いてるうちに
綺麗なゾルザルみたいなキャラになっちまった
本当はコレットがフルボッコにされる役だったんだぜ・・・

449 :創る名無しに見る名無し:2015/05/07(木) 00:51:22.13 ID:ntg+Qt3s
魔法用のジャマーが欲しいなぁ…。

450 :創る名無しに見る名無し:2015/05/07(木) 01:13:29.49 ID:Cqn05/lw
>>437
せめて中国大陸並の資源地帯を確保できないと死ねる。

451 :創る名無しに見る名無し:2015/05/07(木) 02:26:40.16 ID:FOs20G1B
>>450
あと乾燥してて広くてなだらかな土地だな。
航空機を使ってバーっと豪快に農業したり、作り過ぎた航空機や車輌をモスボールしたり、
パイロットの訓練教育が思う存分できたり、ついでに石油とか鉄鉱石とか出ると嬉しい。
アメリカの強さはズバリ地理にある

452 :創る名無しに見る名無し:2015/05/07(木) 02:52:04.69 ID:Cqn05/lw
>>451
そこまでは望まないけどね。
最低でも原油と食糧を確保できないとね。

ごまかすとすれば水耕栽培による栽培とエネルギーの依存率を原発ぐらいしか選択肢がないんですけどね。
自動車関係は水素+電気自動車へ移行したということにして

453 :創る名無しに見る名無し:2015/05/07(木) 09:46:57.98 ID:4Ld8EBRP
そういえば島戦争の世界では食料どうしてるんだろうな
日本って食料自給率凄く低くなかったか
それとも転移前から備蓄しまくって、最初の数年を保存食で乗り切ったんだろうか

454 :創る名無しに見る名無し:2015/05/07(木) 11:59:32.73 ID:ntg+Qt3s
>>450-451
転移先の近くに、広くて資源が多くて誰も居ない孤立した大陸でも設置するか?
誰も居ないオーストラリアみたいな。

455 :創る名無しに見る名無し:2015/05/07(木) 12:03:59.46 ID:ntg+Qt3s
>>433
今のところ2番目な模様。

>>437
争いごとの仲裁に乗り出して恨みを買うだけのやっかいなお仕事を買って出なければならないと。

456 :創る名無しに見る名無し:2015/05/07(木) 14:29:21.41 ID:CV0HjWXM
>>453
読んでりゃ分かると思うが、そこいら辺は敢えて書いてないじゃない。
どう描写したって無理が生じるのと、作者が書きたい所は転移前後の経緯じゃないからだろう。
だから転移10年後から始まってるんだろうな。

457 :創る名無しに見る名無し:2015/05/07(木) 21:03:28.06 ID:gtHN/oLF
名もなき転移国家群から輸入しているんじゃないかな?
列強がひしめく転移先の世界じゃ、安定しないだろうし、連携強化に努めたい所。
しかし、邪魔者も多いので辛い世界だ

458 :創る名無しに見る名無し:2015/05/07(木) 21:23:38.86 ID:Cqn05/lw
測量と海図の作成が急がれるが
下手すると転移でそれがすべてあぼーんするというギャンブルってLVじゃあないね。

459 :創る名無しに見る名無し:2015/05/07(木) 22:30:26.73 ID:S9agGCV6
>>448
乙です
軍部はガチだなぁ
リリスは何だかんだで上手く収めてるから参謀も強く言えないのかな
異世界人ほぼ全員が潜在的に魔法使いなのは恐ろしいな

コレットはスピットファイアの何が気に入らないのかイギリスの名機だぞー


>>458
地図見るかぎり陸地面積もすくないからどうだろう
魚ばっか食ってるのかもしれん

460 :創る名無しに見る名無し:2015/05/07(木) 22:58:32.37 ID:Cqn05/lw
>>459
続々と転移してくるという設定だと
海図が役に立たないよなぁーと

461 :創る名無しに見る名無し:2015/05/07(木) 23:18:57.05 ID:gtHN/oLF
>>459
たまには、地球人には魔法が全く効かない、地球人総イマジンブレイカーみたいなものも見てみたいの

462 :創る名無しに見る名無し:2015/05/07(木) 23:35:56.05 ID:T+Cu2sa1
食料の生産地を見つけても日本に持ってこれるか不安だな
とりあえず海路の確定とかで測量艦が過労死しそうだ
民間船を徴用しても足りる気がしない

463 :創る名無しに見る名無し:2015/05/07(木) 23:47:40.50 ID:rjuBUY61
遅くなったが>>448の人投下乙
リリス閣下が凄すぎる、そしてアルバン君、ダメな子かと思いきや結構素直な子
一方妹の方はそのアダ名を見るに炎の魔法の名手か、それともただ短気なだけの子か?
しかし敵となるであろう帝国軍、大軍を動員できる上に近代的な戦術を取り
しかも魔法を当たり前のように使ってくる上に機獣まで…これは苦戦必至だ

それと内容とは関係ないけれど、書き上げた後と投下する前に誤字脱字と句読点を
チェックした方がいいと思うよ
そういうのって結構目につくからね

464 :創る名無しに見る名無し:2015/05/08(金) 01:49:47.58 ID:M0W6Qon5
???「ガルリア帝国さんうちと似た戦い方をするようですね。前線に兵員を輸送するのに難儀するでしょう。
今ならこれテロレロレン♪BTR-90ぅー武装やセンサーは外しますがそれでも兵員輸送に充分!川もほら乗ったままで渡れちゃう優れもの
今なら整備員育成と部品もセットにつけちゃいます」

465 :創る名無しに見る名無し:2015/05/08(金) 02:14:02.35 ID:JtnD1ozP
でもお高いんでしょう?


商品でどこの国かバレバレじゃねーかw

466 :創る名無しに見る名無し:2015/05/08(金) 20:05:14.77 ID:JzOXpGLD
>>464
○ーちん「私の許可無しに武器を売るんじゃない、ただでさえウクライナの件で忙しいのに……。
あと連中がそいつに乗ってゴ○ラもどきと一緒に赤の広場に現れたら、君が責任をとってくれるのかね?」

467 :創る名無しに見る名無し:2015/05/08(金) 21:06:22.04 ID:wFy7fXPg
>>461
地獄の悪鬼乙

468 :創る名無しに見る名無し:2015/05/08(金) 22:30:19.47 ID:vahN7NBa
>>461
海苔を消化できる酵素を持つのは日本人だけってくらいが丁度よいよw

469 :創る名無しに見る名無し:2015/05/08(金) 22:42:48.30 ID:tV4gdQ8D
>>461
異空人がそんな感じだったよ、正確には回復魔法や精神操作魔法とかの内部系が効かないだけで攻撃魔法は効く

>>467
元ネタは?

470 :創る名無しに見る名無し:2015/05/08(金) 23:08:44.09 ID:cdjePV4X
>>461
FT側も火薬式飛び道具完全無効で近接戦限定になっちゃって剣道無双とかでどや
ぶっちゃけ中世の人口と兵士比率、剣道の競技人口見たら
剣道トップ層に太刀打ちできるクラスの剣客ってそうそういる気がしないよな
実戦経験とかはともかく

あ、槍がどうこうとかそういうのはいいんで

471 :創る名無しに見る名無し:2015/05/09(土) 01:09:30.29 ID:sUZtDJ6R
>>469
っ『円環少女』

472 :創る名無しに見る名無し:2015/05/09(土) 01:17:08.70 ID:YAs8hQLy
>>470
ついにパイルバンカーが天下を取る時代が!(違
まあF側の冶金技術が中世のそれならば、刀剣に使用する鋼材のレベルが違うから勝てるんじゃね?
興亜一心刀なんて刀剣愛好家からの評価は微妙だけど、工業製品として見ればかなりのレベルのものだったらしいし
現代の製鉄・冶金技術なら最上大業物以上のものを工業的に量産することも不可能じゃない

473 :創る名無しに見る名無し:2015/05/09(土) 08:13:55.66 ID:XXIEfP9D
>>470
ひき逃げアタックが主流になるな。

474 :創る名無しに見る名無し:2015/05/09(土) 22:07:49.93 ID:1OpKhXfD
>>472
現代の工学レベルでは日本刀は並以下しか作れません
職人は人間国宝クラスでも戦国以後、江戸時代の並より上程度です
鉄砲伝来以前の鎌倉期と比べたら一人前の品とも言えません

475 :創る名無しに見る名無し:2015/05/09(土) 22:22:01.98 ID:c3sjqGIG
根拠一緒に語ってくれんと全く意味ないんじゃが

476 :創る名無しに見る名無し:2015/05/09(土) 22:34:32.59 ID:OiBuYfWQ
材料を鉄に限定しないうえにより高温の炉を使える時点で、現代式刀剣の方が性能は上だろうね

477 :創る名無しに見る名無し:2015/05/09(土) 22:48:47.08 ID:/77vL0bv
>>470
なにそのアンサラーみたいなのwww
新型迎撃機構だと!?しかし、とっつきパイルバンカーは勘弁な!

478 :創る名無しに見る名無し:2015/05/09(土) 22:50:03.70 ID:3s7n7S/b
リアル斬鉄剣 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E6%96%AC%E9%89%84%E5%89%A3

製作
岡山県のアロイ工業で作られた長さ10cmの超硬合金を、備前長船刀剣の里/備前長船刀剣博物館にて軟鉄に溝を掘ったものに並べて鑞付けし、
ダイヤモンドディスクを付けたグラインダーで刃付けしたもの。 本来は日本刀として認められないため銃刀法違反だが、検証用に特別に許可された。

番組での実験[
この番組で、通常の日本刀と超硬合金製の刀の切れ味を調べるために、藤岡弘、が車のドアを斬った実験の結果。
通常の日本刀(価格60万円前後の習作)- 6cm (折れなかったが、刃こぼれが起きて鞘に入らないぐらいに曲がる)
超硬合金製の刀 - 22cm (折れず、曲がらず、刃こぼれも傷も無し)
これを体験した藤岡は、超硬合金製の刀を「リアル斬鉄剣」と名付けた。

479 :創る名無しに見る名無し:2015/05/09(土) 22:51:31.28 ID:YAs8hQLy
>>474
そりゃ現代科学を舐めすぎ
現代だと製鉄は分子結晶レベルで制御するから(アモルファスとか)

あと単純に、昔の鍛冶師は熱した鉄の温度を経験則でしか測れなかったが、
現代は熱管理すら未熟な経験則しかなかった時代とは別次元
冶金って極論を言えば合金に添加する材料の管理と熱管理の二点で成り立つ
その二点において現代科学は過去の鍛冶師を遥かに凌駕する域にまで達してる
特に安定的な工業的生産という点においては比べるべくもない程に

480 :創る名無しに見る名無し:2015/05/09(土) 23:01:52.85 ID:CWaY9bpF
旧軍の軍刀なんかは(九五式軍刀に代表される様に)大前提として「折れない・曲がらない」ことがあった
極論切れ味は二の次だったみたいだね。幾ら切れ味がよかろうと量産出来ない・すぐ曲がるじゃ量産される武器としては失格だからね
現代で実用軍刀作るならカーボンナノチューブだの複合素材の使用だのでアホみたいに丈夫で切れ味それなりのが量産できそう

481 :創る名無しに見る名無し:2015/05/09(土) 23:30:08.64 ID:6D+vb1wI
現代チキン技術か

482 :創る名無しに見る名無し:2015/05/10(日) 02:11:26.10 ID:YCO9u+QN
>>479
すいません、大業物とかでてたから刃物ではなく日本刀として返してました。
高分子ナイフとか色々忘れてました・・・

しかし鍛冶師ら達人とかは材質やその日の湿温度に応じての炉の温度管理と鉄の打ち方の最適解は現代技術では計算間に合わない
硬鉄と軟鉄を折り重ねて一万二千層に合わせ、カーボンナノチューブを生成複合させ折れず曲がらずを実現するのは人の手でしか
鍛造できないって聞いていたが、鍛造にこだわらない、あるいは技術革新されてた?

なんだかんだで今だ、人の感覚以上のセンサー類実用化できてないっていうし・・・オリンピックの砲丸投げ用の砲丸一つでも
重心真ん中には手作業でしか持ってこれんし。

483 :創る名無しに見る名無し:2015/05/10(日) 02:47:34.65 ID:zt3ZghLG
>>482
折り返し鍛錬には適正回数があり、必ずしも回数と強度が正比例するものでもないよ
それに鍛錬は現代から見れば原始的な製鉄法であるたたら製鉄に必然的に付きまとう夾雑物を除去するのが本来の目的
添加物や熱管理をかなりの所まで科学的にコントロールできる現代製鉄では元から必要性に乏しい技法なんだよ
賛否両論あると思うけど、このサイトを参照の事
ttp://ohmura-study.net/004.html

あと過去の鍛冶師は鉄の結晶構造なんて肉眼で確かめる術はなかったんだから、
技法の確かさを殆ど勘と経験則でしかフィードバックできなかったのも弱点
現代だとそれこそ顕微鏡などで結晶構造を確かめられるから、古来から伝えられてきた技法が
本当に適切なものかそうでないかは一発で分析することができる

作刀でも酒造でも、昔ながらの職人の勘による業というのはいわば神話に近いもので、
現代だとその技法のかなりの部分を科学技術で代替、或いは凌駕することが可能だよ
酒だって職人が昔ながらの勘頼りの技法で造るよりは、大学で醸造学キチンと学んで
機械使って発酵を管理する若造の方が上手い酒を安定的に造れたって話もある位だし
というか当時はそれしかやり様がなかったからそういう方法をやらざるを得なかっただけで、
昔の鍛冶師や杜氏が現代技術を知れば、迷いなく現代技術を採用すると思われ

484 :創る名無しに見る名無し:2015/05/10(日) 02:53:31.36 ID:ckqL115l
つーか全く同じ原材料で作るって話なら経験の長い本職の方が優れたものを作れるだろうが、
>>478のように現代技術を活用した素材を使われたらどうにもならないでしょ

485 :創る名無しに見る名無し:2015/05/10(日) 03:47:11.38 ID:79qDsWOr
人力では叩けないような硬い素材を機械で打って鍛造、とかも出来るしな

486 :創る名無しに見る名無し:2015/05/10(日) 06:20:53.52 ID:vrfu/Rp/
>>482
15回折り曲げる製法だと単純計算で2の15乗=32768
軟鉄鋼鉄それぞれ約3万2千層だっせ

487 :創る名無しに見る名無し:2015/05/10(日) 14:08:29.41 ID:YCO9u+QN
>>483
色々参考に成りましたありがとう

段々スレから外れてスイマセンデシタ

488 :創る名無しに見る名無し:2015/05/10(日) 16:28:55.11 ID:SbjK3PkX
忘れてはならないのは工作機械を作るのも使うのも結局職人が必要だということ
工作機械や科学技術も所詮は道具だから使う人間がボンクラだと出来上がるのはたかが知れてる。
レシピと道具が一緒でも素人の俺が作ったコロッケと一流シェフの作ったコロッケではやはり味が違う
何が言いたいかと言うと結局どっちも大事ということ

489 :創る名無しに見る名無し:2015/05/10(日) 21:22:19.55 ID:zt3ZghLG
まあ例えば石田三成や長束正家は紙と筆と算盤とで豊臣家の兵站や徴税を差配した名奉行だけど、
彼らは当時それしか道具が無かったからそれを使っただけで(算盤なんて当時は最先端の道具)、
PCや電卓を使うことができれば迷いなくそっちの方を選ぶよね、ってことで

490 :創る名無しに見る名無し:2015/05/11(月) 05:58:17.81 ID:PNB53o+w
使うことが出来れば、が曖昧
入手できて本人も使う気になって実際に実用レベルで操作できるなら選ぶかも知れません
ただ、ゼロの概念やアラビア数字や得体の知れない道具そのもの、精神的なハードルが高すぎ例としてあげるには不適切では?

491 :創る名無しに見る名無し:2015/05/11(月) 06:42:35.38 ID:bazLi/X3
日またいでガタガタ言うなよ……

492 :創る名無しに見る名無し:2015/05/11(月) 06:58:54.48 ID:bteQxY3a
反論にもなってない

493 :創る名無しに見る名無し:2015/05/11(月) 08:09:14.30 ID:qd8MGP58
何にせよ結論としては現代の日本工業界が量産する刀剣ならば中近世レベルの刀剣を質量とも圧倒しうるでFAだろ

494 :創る名無しに見る名無し:2015/05/11(月) 08:18:22.84 ID:PNB53o+w
量では確実に圧倒
質でも大半で対抗可能
例外的に敗北も有り得る

質を無視しうる量を用意できる、けど最初から刀剣で勝負なんかしないで済む条件だよね

495 :創る名無しに見る名無し:2015/05/11(月) 09:11:52.52 ID:8993rpCL
武器としてF世界人に売るとか不満分子に大量にばらまいて情勢不安にさせたりとか…銃渡すより安心感あるし(苦し紛れ)

496 :創る名無しに見る名無し:2015/05/11(月) 10:42:03.27 ID:+KoHMKAb
>>494
だから、量だけじゃなく質でも圧倒してるって散々説明されたのにまだ判ってないのかよ?

497 :創る名無しに見る名無し:2015/05/11(月) 15:16:32.93 ID:PNB53o+w
量だけじゃなく質でも圧倒してるって散々説明したつもりらしいってのは分かった

498 :創る名無しに見る名無し 転載ダメ©2ch.net:2015/05/11(月) 16:30:30.24 ID:AA7wtl/K
test

499 :創る名無しに見る名無し:2015/05/11(月) 21:21:32.82 ID:ktqfWOdw
人間国宝級の達人が使う材料での条件なら現代技術でも負ける物があるかもしれないが、
実際にはそれを上回る材料を現代技術で用意して大量生産するから量でも質でも圧倒するって事でしょ。

異世界なら、異世界特有の物質が現代の合金よりも高性能な物に変貌するなら現代の物を超える物もあるかもしれんけどね。
そこらは全て異世界の設定次第だけども。

500 :創る名無しに見る名無し:2015/05/11(月) 21:51:31.51 ID:pV7YofSP
そもそも今に残ってる昔の凄いモノってのは恐ろしいリソースが注ぎ込まれてるからね
今じゃ即NGが出るくらいの人員や金や時間が
ロマンではあるね

501 :創る名無しに見る名無し:2015/05/11(月) 22:04:03.10 ID:8993rpCL
現代に1200憶円以上の予算と5年の月日をかけてピラミッド作るって国が言っても誰も首をたてにふらんわな




でも観光目的ならこの位の予算はみこめるかな?
ちょっと高めの第三セクターだと思えば
作ってる間土建屋も仕事があるし

502 :創る名無しに見る名無し:2015/05/11(月) 22:06:08.28 ID:SoBMypyG
ファンタジー世界に行くんなら旧軍のように帯剣することはあるかもねぇ>警察官と自衛官は

そして実験として現在技術で作った無駄に高性能な刀を持たせるとかはあるかもしれんが

503 :創る名無しに見る名無し:2015/05/11(月) 22:12:29.19 ID:bteQxY3a
銃剣に短槍じゃねーかな

504 :創る名無しに見る名無し:2015/05/11(月) 22:24:59.91 ID:1XrRANXJ
>>501
350億円で江戸城天守閣を再建しようみたいな話もあるけど賛否両論

>>502
F世界だと相手が鎧着てたり魔物だったりすると刀は無いだろう
>>503に、警棒、麻酔銃、テーザー銃、ポリカ盾とか

505 :創る名無しに見る名無し:2015/05/11(月) 23:07:44.15 ID:SoBMypyG
>>504
接近戦だとサーベルって割と悪くないと思いますけどね。
あとわかりやすい暴力というのもねぇ・・・。

506 :創る名無しに見る名無し:2015/05/12(火) 01:29:42.27 ID:DgtYbhbH
何だって馬鹿正直に白兵戦…というかチャンバラをしなきゃならん?
状況にもよるが、車両でひき潰すことを考えてもいいんじゃないだろうか?

507 :創る名無しに見る名無し:2015/05/12(火) 02:10:11.63 ID:sU1pJIPM
持ち運びが楽だからやろ
ロクに道ないところに車両でガンガンいけるわけでもなし
徒歩か騎乗動物となったら持ち運びしやすくてそれなりに射程のある銃剣やらに落ち着くのが当然な気がするけど
車両いけるとこならそれこそ大量の油弾薬と銃、弾補給できるからそれでいいんだし

とはいえ日本の資源量で弾薬フリ−に使えるってとこまでは到底いけない気はするが

508 :創る名無しに見る名無し:2015/05/12(火) 02:24:46.05 ID:TQP2As/F
F側が本格的な陣地や壕を構築したら、砲爆撃だけでは敵を殲滅しきれない可能性が高いからねぇ
だから最終的には普通科を送り込む必要がある訳で、そこで白兵戦が起きる可能性がある
もちろん自衛隊側は空自やヘリや特科や機甲科などの支援付きだし、サーベルではなく銃剣•ナイフになるんだろうけど

509 :創る名無しに見る名無し:2015/05/12(火) 08:23:58.49 ID:I4PTqTtH
徹頭徹尾お互いに兵站を潰し合う地味な戦になるかもな、わざと道の整備おざなりで

あと山がちな敵国だと多産系の豚を放って猪を増やす嫌がらせってアリ?

510 :創る名無しに見る名無し:2015/05/12(火) 09:09:26.45 ID:E+E1yz3X
剣に拘るのであれば、武装としてではなく
帯剣は儀礼的なものという設定があってもよいかも
異世界側の常識として
剣を持たない者は士官と認めないとかさ

511 :創る名無しに見る名無し:2015/05/12(火) 09:42:22.19 ID:DgtYbhbH
>>509
後々その土地に居座る気がないなら、それでもいいのかも。

>>510
なまじ長剣なんぞ持たせたりしたら、重くて嵩張るからって、思いっきり不評を買いそうな予感。
要らない装備ランキングのトップを更新するんじゃなかろうか?

512 :創る名無しに見る名無し:2015/05/12(火) 10:35:39.75 ID:TQP2As/F
島戦争みたいな、異世界に現代日本が移転する仮想戦記で何かお勧めありますか?
魔法やファンタジー生物は出ないタイプの

513 :創る名無しに見る名無し:2015/05/12(火) 11:27:00.36 ID:ue07PcKd
>>512
もう一度スレタイ読んでから書き込みしろ間抜けぇ
その条件なら架空戦記スレで質問するのが適当だろう

確かに異世界トリップ物で魔法なしファンタジーなしは知るかぎり島戦争しかないな俺も島戦争以外知らねぇ
島戦争も世界観やロリがファンタジーすぎてファンタジー物として読んでるわ

514 :創る名無しに見る名無し:2015/05/12(火) 12:50:19.40 ID:K586T8rB
一応設定以上ファンタジーな生物は出てるらしいけどね。>島戦争
モブだけど

515 :創る名無しに見る名無し:2015/05/12(火) 15:27:27.15 ID:Zr/dIbOU
剣持たせたいなら鹵獲品を転用させればいいんじゃないか?
市中の警備用とか儀礼用名目なら十分使えそうだし、何より金がかからない

516 :創る名無しに見る名無し:2015/05/12(火) 15:46:45.96 ID:I4PTqTtH
訓練もなしで武器なんか使えるか

517 :創る名無しに見る名無し:2015/05/12(火) 16:35:22.75 ID:hxJNHRjb
銃より剣や斧の方が相手に対する威圧、威嚇効果が高いらしい、ってどっかで見たな

518 :創る名無しに見る名無し:2015/05/12(火) 16:49:59.89 ID:I4PTqTtH
握り方や構え方から学ぶ必要のある剣や斧で威圧、威嚇せにゃならん状況に陥った日本…詰んだな

519 :創る名無しに見る名無し:2015/05/12(火) 16:54:48.43 ID:sU1pJIPM
>>515
武装統一しないのってマニュアル的に高くつくと思うぞ
システム面補給面のコストが結局高くつくと思う

520 :創る名無しに見る名無し:2015/05/12(火) 18:29:57.21 ID:K586T8rB
>>516
警察官なら使えるとは思うよ。
剣道とか含んでいるからね。

521 :創る名無しに見る名無し:2015/05/12(火) 21:14:00.76 ID:TQP2As/F
>>513
間抜けと罵倒しつつも丁寧に回答してくれるスタンス好き
このスレで島戦争の話題が普通に出てる上に、架空戦記スレは過疎ってたので、
ここで質問しても良いのかなぁと思って書き込みました

自分に合う作品探すのってなかなか難しい

522 :創る名無しに見る名無し:2015/05/12(火) 22:00:21.55 ID:xmJv/noC
ニッチにもほどがあるジャンルだからな…もっと流行る起爆剤がほしい。

523 :創る名無しに見る名無し:2015/05/12(火) 22:24:48.64 ID:ue07PcKd
>>521
あそこも過疎ってるからなぁ
話題があれば書き込みもあると思うんだが

もう読んでるかもしれんがなろうの『新しき世界』シリーズはどうだろう?
エルフやドワーフが登場するけどそれ以外のファンタジー生物はドラゴンくらいで魔法も滅多に使われないよ
エタってるけどな

524 :創る名無しに見る名無し:2015/05/12(火) 23:15:18.38 ID:Ecd41/jK
最近のでは、日本国召喚と日ノ本異世界漂流記かな?
まだ接触段階に移った所で、両方とも戦争らしい戦争には発展していないけど
基本的にワンサイドゲームだね。

日ノ本異世界漂流記に関しては、何となく魔法がやば気な匂いがするけど。

525 :創る名無しに見る名無し:2015/05/12(火) 23:45:18.08 ID:Ecd41/jK
所で魔法って強い方が良い?それとも、使えればまぁ便利程度が良い?

個人的には、弓矢と同じ程度の脅威くらいが丁度良いと思う。
あんまり強力過ぎると文明レベルに説明がつかなくなるし、そもそも自衛隊がぶつかるレベルを凌駕しちゃうし

一般人がドラグスレイブばんばん撃ってきたら、科学文明とは言えお手上げだろうし

526 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 00:11:29.40 ID:SZkHvfUV
何事もバランスだと思うな
魔法使い一人でデイジーカッターに匹敵する火力投射をしたりとか
自衛隊がいくら銃砲を撃っても浮遊魔法でお返しされたりとか
そんな物理原則がひっくり返る設定だと自衛隊が簡単に捻り潰されてつまらん

527 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 00:23:02.53 ID:ddeFxZMd
後さき考えず、行き成りチート級の魔法か魔法兵器を日本にぶっぱなすタイプの話を書いている作者って
基本的にエタりやすい気がする。

中世レベルの文明なのに何と戦う想定しているのか解らない超兵器出されると整合性が取れなくなったりする。

自衛隊が何とかその魔法兵器を撃破すると、打つ手が無くなり、その内、天使様やら神様本人が降臨して、
日本を襲撃し始めて、自衛隊側も禁忌の兵器や魔法に手を出して戦況は泥沼状態に・・・・って展開になりがち

正直見ていてあまり面白いとは思えないな。
自衛隊・・・と言うか日本側がやせ我慢を隠しつつ、F世界国が必死に身を削りながら、工夫しながら日本に対抗するのが好みっていうのもあるけど。
何か書くにしてもある程度バランスが必要なんよね。

528 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 00:27:37.36 ID:TTJMoevc
一部の突出した戦闘力保持者を物量と作戦で叩きのめすのもありだと思うのよ

529 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 00:29:53.01 ID:nEoPRabX
やっぱりバランスが大事かなぁ
魔法だから攻撃一辺倒じゃなくて便利なものもいいよね
サリーちゃん型の魔法とかでてきてもいいのよ
よくよく考えたらかなりチートだけどなアレ系はまさに魔法だから

530 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 00:37:24.01 ID:hKzvXEZe
そういう意味じゃゲートの古代竜はバランス取れてるね
現地ではどうにもならない天災扱いだし、
自衛隊側も気合入れる必要があって大人の事情も入ってくる

531 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 00:37:34.71 ID:nEoPRabX
>>528
ラディッツみたいな化け物を知恵と勇気でなんとか撃退する話好きよ

532 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 00:55:06.94 ID:E2/3WyL0
>>530
あれは良い存在感だったな
ただし神ハーディや亜神ジゼルのペット?みたいな存在で、帝国軍の動物兵器でない点は留意すべきだが

ってかAIM-9、M61バルカン、155mm榴弾砲のつるべ撃ちを食らってもまだ息があって、TOWを食らってやっと死んだ二頭の新生龍やべぇ

533 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 00:59:19.49 ID:ddeFxZMd
何も物語を盛り上げるのにチートモンスターをぶつける必要性は無いと思う。
変化に富んだ戦いが物語を盛り上げるんだよ。


戦闘力は大体同じ程度だけど、前の敵とはまた別のアプローチが必要な相手とか戦っていて面白いと思うけどな。
頑丈なゴーレムを徹甲弾で吹っ飛ばすことは出来ても、ラージスライムとかは、砲撃でぶち抜いても再生しちゃうので、火炎放射器やナパームでこんがりとかね。
RPGで良くある、打撃は有効だけど斬撃が効くとか、物理が効きにくいけど魔法が有効みたいなの

幽霊に銃火器が効かないから、銀だの魔石の粉末だのを塗りたくった弾頭で応戦とかも良いな
現地の物を有効活用する自衛隊もらしいといったららしいしなw

魔法もモンスターもチート過ぎるのはいらんよ、出たとしても最終決戦仕様だと思うよ。

534 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 03:25:38.25 ID:pwxPWghm
そもそも小銃だとクマとかで詰みかねない件

535 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 03:46:24.07 ID:vF5vaois
滅んだ古代文明の遺産(遺跡)という設定でラピュタみたいなのを出すのは構わんけどな〜
ただ兵器というよりは舞台装置みたいな扱いになるだろうけど

536 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 08:28:14.28 ID:l9Z/G/5I
>>534
そうなんだよな。
オーガとかトロールを簡易な武装したヒグマと仮定するとかなりな強敵になるよな。
軍用小銃は人間殺すのに最適化してるとこがあるし。

537 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 14:40:16.45 ID:Wyi0Nylr
スケルトンなんかも小銃と相性が悪そうだなw

538 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 17:22:32.74 ID:DcTCF6rx
ゲートでは、武装した重量級のオーク相手に5.56mmが効果的ではなかったという理由で、7.62mmである64式小銃がメインウェポンになってたな

あとそういう中世世界で戦うなら、戦車よりも自走高射機関砲の方が普通科隊員に喜ばれるかもしれん
盾を構えて隊伍を組んで押し寄せるか、遮蔽物に隠れながら射程の短い弓や投石器を飛ばしてくるかしか戦法がなく、冶金的に装甲戦闘車輌を作れない連中相手に戦車は使い勝手悪そう
壕はカールグスタフやPF3で吹っ飛ばそう

539 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 17:34:20.65 ID:0eRcMcKf
オーク連中が行軍できなくする為に口蹄疫でもバラ撒くとかだろうか
戦わずに済ませると楽

540 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 18:08:32.51 ID:Q6fo//Dm
だから病気を武器に使おうとするのは基本的にアホの所業
その場は楽だから自分で制御できないもの使うとか近視眼的すぎる

541 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 18:14:24.40 ID:nEoPRabX
オークの中で変異して人にも毒性を持つようになるんですねわかります

それに感染するかもわからんしなぁ
病気ありにすると逆に向こうの風土病がこっちにとって致命的な病気の場合も考えなきゃならなくなるし

542 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 18:28:17.78 ID:W+ntcGYw
生物兵器の後始末?

焼けば良いじゃない

543 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 19:10:30.45 ID:qswugunF
>>540
敵がアホだったらと考えるのも面白い
自衛隊が使わなくても敵側が使うかもしれない
後先考えない敵ってのは怖い

544 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 19:22:24.80 ID:Wyi0Nylr
朱き帝國でも追い詰められた魔導師がアンデッドを大量に製造しようとしてたな

545 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 19:30:16.40 ID:mLEc7Kr7
いやもう、阿呆な敵(末端のみならず首脳部や高級幹部も)の描写はお腹一杯といいますか。

「どーもこの度転移してきました日本です」
「日本?知らんな」「蛮族など偉大なる我らの手で鎧袖一触よ」「情報収集?不要不要」「神の名のもとにひれ伏すがよい」
「防衛出動〜」
「ぐわー」「こんな筈では」
「王国が敗れたか」「日本強い?やはり調査を」「臆病風に吹かれたか」「王国が弱かったのだ」「我ら帝国ならば(ry」

以下ループ

546 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 19:48:03.37 ID:4Nn6pLQB
高射機関砲使って制圧ってよく見る気がするけど
実際戦車の榴弾使った方が良い気がするんだよなあ

547 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 20:38:22.24 ID:NbDQnmQA
>>546
火力が強ければ正義!っていうものではない
特に市街地戦の場合、まだ屋内に民間人が残ってる可能性とかその後の復興の事を考えると建物への付随被害を抑えるために機関砲を使った方が良いし、
そもそも仰角の問題があるしね

548 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 21:05:32.07 ID:fq7S735e
>>546
大口径機関砲弾の掃射の方が制圧効果は高いんだよ。
クラスター爆弾使うのと理由は一緒。

549 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 21:31:13.77 ID:Bry1+UyU
>>547
そりゃ逆
35mmAPDSの方が貫通力が高いので、
市街戦ではむしろ榴弾を使う

550 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 21:40:54.62 ID:NHqQWqbb
>>533

>>RPGで良くある、打撃は有効だけど斬撃が効くとか、物理が効きにくいけど魔法が有効みたいなの
何を血迷っていたんだろうか、物凄く頓珍漢な間違えをしてしまった。恥ずかしい
打撃は有効だけど、斬撃が効かないだった;



>>545
何というか、現実を見ない敵が多い気がするな。
とりあえず、交戦するにも。
「何?妙な連中がうろついている?」
「とりあえず情報収集」
「軽くちょっかいかけたら、一瞬で全滅した!?やべぇ!」
「あーえっと、さっきの奴らうちの国のお尋ね者ね、お騒がせしてさーせんでしたー!」
「とりあえず話をしようそうしよう」

みたいな軽い物になると思われ

551 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 21:41:22.21 ID:l9Z/G/5I
>>547
市街戦で機関砲は流れ弾が怖いんだよ。
35oだとビルの2,3個は貫通するしね。
戦車砲で榴弾打ち込むほうが被害区域を限定しやすい。

552 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 21:47:21.08 ID:EgLMWrTh
>>546
人海戦術で押し寄せる相手には非常に有効だよ。M16対空自走砲と朝鮮戦争でググってみ?
「ミートチョッパー(挽肉製造器)」の名は伊達じゃないと思うぞ。

553 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 21:59:21.66 ID:mAuwaTjn
http://i.imgur.com/BQus2aU.jpg

上の57番がバルカン砲(ファランクス)の20mm
これより更にデカイのが35mmだからな

554 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 22:04:58.17 ID:4Nn6pLQB
>>548
そうなん?機関砲の「線」より「面」で吹き飛ばせる榴弾のがいいかと思ってたんだわ
なんというかファランクスみたいなガッチリ隊伍組んでるやつ想像してたのがイカンかったのか

555 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 22:05:46.20 ID:Q6fo//Dm
機関砲って線じゃねえだろ

556 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 22:22:36.84 ID:cWSg0ccn
12.7mmの時点で衝撃で人体が爆発するくらいの威力なのに、
35mmとか喰らったらどうなるんだ…

557 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 22:36:06.00 ID:RLbnP7cu
アパッチの30mmチェーンガンを食らったタリバンは、体温の残った肉片を地面にぶち撒けた感じになってたな
それ以上の口径の機関砲を食らったら跡形も残らないんじゃないかな

558 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 22:48:43.23 ID:vF5vaois
戦車砲より機関砲の方が建物に対する被害が大きい、ってのはイラクだかの戦訓だったっけ?

559 :創る名無しに見る名無し:2015/05/13(水) 23:10:01.52 ID:PEw1PfGs
建物ブロック単位でブチ抜いて流れ弾が危ないってのと、炸薬量が少ないから制圧力に劣るって2通りの報告書がある

どっちの報告書も120ミリ榴弾の方が効率的って結論だったそうな

560 :創る名無しに見る名無し:2015/05/14(木) 03:05:57.39 ID:R+ZeScAl
>>545
むしろ、自らを軍事大国だと自負してる国ほど情報収集や分析を怠らないよね。
アメリカしかりイスラエルしかりロシアしかり。

しかしファンタジー世界では、ニホンは蛮族だ!ろくな文明もない!っていう先入観と偏見のみで宣戦して返り討ちに遭うパターンの多いこと

561 :創る名無しに見る名無し:2015/05/14(木) 03:11:55.47 ID:2TqeC3Us
まぁ、そりゃそうしないとお話が進まないから

562 :創る名無しに見る名無し:2015/05/14(木) 03:45:17.55 ID:62+9SnlW
でも現実世界だって周りのレベルが江戸時代みたいな感じで長年来てたら、
どうせ次も江戸だろって感じで舐めちゃったりするんじゃないかな

563 :創る名無しに見る名無し:2015/05/14(木) 04:02:50.61 ID:aeGdrLBw
>>560
せめて戦時下の国と交換転移とか戦時下だった地域にきたとかいうぐらいの工夫はほしいかな?

564 :創る名無しに見る名無し:2015/05/14(木) 11:52:16.98 ID:8EfhFu6X
>>560
パイオニアの帝國召喚とゲート、ルンパが揃ってそのパターンの敵を出しちゃったからね
敵が好戦的で馬鹿じゃないと日本はすぐ講和に持っていこうとするから仕方がないね
三作とも序盤でフルボッコにしたあとはF世界側も「やっべ、日本やっべ、どうするよ」ってなって正面からの交戦避けるようになるんだけどね

565 :創る名無しに見る名無し:2015/05/14(木) 12:16:23.41 ID:HcPhT3Y9
>>564
F側が日本を詳細に調査した結果、

・壮大に何も始まらない
  →単なるギャグに
・取りあえず文化交流することに
  →アウトでブレイクな会社を設立
・科学と魔法というそれぞれの技術を生かした産物で貿易
  →個人レベルならスパイシーな狼、国家レベルなら黒人美少女が特権濫用

仮想戦記の一種としてF自ものを構成するなら、取りあえず戦争始まらないとストーリーの転がしようがないよね
それも爽快感がある正規軍同士の決戦が望ましく、地道で陰湿な治安戦を延々と描写したところで誰得ってのもあるし

566 :創る名無しに見る名無し:2015/05/14(木) 12:48:09.86 ID:8EfhFu6X
そういえば漫画版ゲート読んでたら拉致されて奴隷にされてた女性は事前調査で拉致されてた人なのね
てっきり新宿事変の時に拉致されたと勘違いしてた
帝国は事前調査に住民拉致までして万単位の軍隊で攻めてきてるのに
皇居はおろか都庁、霜が関、永田町、議事堂まで落とせないとか7日間も何してたんだこいつら?
完全な奇襲が決まってるからただ広がるだけでもそこまで攻め落とせるだろうに

567 :創る名無しに見る名無し:2015/05/14(木) 14:00:04.05 ID:aeGdrLBw
皇居を落とすとかアメリカから即時使う核を購入してぶっ放されても文句入れないな

568 :創る名無しに見る名無し:2015/05/14(木) 15:46:52.20 ID:2jnwIhm1
お前ちょっと何言ってるかわかんない

569 :創る名無しに見る名無し:2015/05/14(木) 16:31:31.49 ID:5Kc9iaDd
スタート地点は銀座な
いきなり機動隊4個中隊の包囲下だな

570 :創る名無しに見る名無し:2015/05/14(木) 18:27:22.37 ID:XSxcKeCZ
>>564
帝國召喚の日本は最初から侵略する気満々だぞ。
わざと現地民とトラブル起こして戦争勃発の口実でっち上げてる。

571 :創る名無しに見る名無し:2015/05/14(木) 22:58:55.06 ID:l5QifPoy
>>545
後は、異教徒は敵だ!的な国に一方的に戦争を吹っかけられるとかも定番ですねー。
ジャンルは分家に当たりますが、黒綿棒さんの世界とか日本国旗が悪魔の旗にそっくりと言う理由で奇襲攻撃食らっていますし

572 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 00:12:50.13 ID:YmN71oQa
分家もスレ数が多くってどれをみればいいやら

573 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 03:16:20.34 ID:0QPv8BD1
「調べる」って簡単に言うけど初歩的な銃や火薬さえも知らない連中が自衛隊を見たとしても
得られるものはたかが知れてると思うけどね。

また、日本、例えば東京を調査したとしても
「高度な技術を持ち、非常に豊か」であるという程度はわかるかもしれないけど
同時に「城壁やその他の防御施設もなく守備兵も見当たらない」と判断しても不思議じゃないし。

574 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 03:24:02.06 ID:BR89cLtT
高度な技術持ってる連中だけど弱いなんて判断する
アホ国家近代以降にはあんま存在せん気がする…って言いたいとこなんだけど
世の中想像以上な国はびっくりするぐらい多いんだよな…

575 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 03:38:46.96 ID:Al/mC+uU
そういやローリダは海保を軍隊だと思ってたな
技術力の割に軍事力が低いみたいな分析もしてた

576 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 03:42:15.45 ID:Tjl7EUys
調査して判断して、それでも已むに已まれずってこともあり
世に言う蛮族の侵入とかがあるかもしれん

577 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 03:48:44.95 ID:C50RS7Rb
現代の地球世界でも海保ほどの戦力すら持ってない海軍が結構あるしな。いわみ型やとから型巡視船を供与しただけで喜ばれたり

そういえば島戦争って海保が結構活躍してたな。結局数隻沈む事になるが
海保が活躍する作品って意外と少ないかも知れない

578 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 08:00:28.07 ID:eM7I3zU5
>>577
破局の章のことか?
活躍どころか機銃掃射で皆殺しやぞ…

579 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 09:39:37.42 ID:n7Oud/WB
もしアレが海保じゃなくてアメリカ沿岸警備隊だったら
CIWSで対艦ミサイルを迎撃しつつローリダ艦にハープーンなり57mm砲を叩き込んでた

580 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 13:22:50.84 ID:YmN71oQa
空軍に伝達されて対艦ミサイルがぶち込まれてたろうな

581 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 13:51:51.16 ID:Tjl7EUys
ふはははっ
ならば日本列島を大陸の中に転移させようぞ
さすれば、さしもの海自も海保も無意味になろう
陸自と空自だけで何ができるが見ものだて

582 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 14:20:07.34 ID:dEPwARbM
どデカい内海が出来るな、大陸の皆さん大迷惑

583 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 15:05:57.68 ID:J7vKrZse
土地のみの転移だったら船は全部座礁か。
固定砲台と化して決死の抵抗をする護衛艦…ちょっと胸熱 

584 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 17:38:18.63 ID:bkM4V9pG
>>580
ローリダ空軍って空対艦ミサイル持ってたか?
最新鋭攻撃機で跳躍爆弾は使用していたけど、ミサイルは無かったはず

585 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 17:46:41.44 ID:qKL6HMtJ
アメリカの空軍のことでしょ

586 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 18:14:35.02 ID:MvpR7+/Z
そういや、朱の帝国ではレニングラード周りが陸地と繋がった物だから、バルチック艦隊が陸に沈んで大変な事になってたなw

587 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 18:24:40.18 ID:dEPwARbM
>朱の帝国
あの作者さん、玉突き召喚モノに軽く興味を示してたっけ
番外編で何か書いてくれんやろか

588 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 20:14:40.56 ID:MwKyM8Fv
>>583
土地のみっても海だって土地だろ、海水が覆ってるだけで

589 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 20:24:37.80 ID:qKL6HMtJ
海水なしで大陸の上に転移した場合、、
突如大陸上に出現した超巨大な山脈の上にある幻の国ジパングとかになる
龍ぐらいしか行けねえw

590 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 21:19:46.98 ID:xarPAMD8
F自の定番って、F世界が弱い者いじめしようとしたら反撃されて逆にいじめられた感じ?

591 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 21:27:53.80 ID:YmN71oQa
>>584
米軍に決まってるだろう。

592 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 23:18:00.28 ID:C50RS7Rb
アメリカ合衆国 vs ローリダ共和国

…一週間目でスロリア亜大陸が制圧されて二週間目でローリダ首都に戦略爆撃が始まってそうだな

593 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 23:25:48.30 ID:fZzHzYiI
>>590
そしてニホンを逆恨みして、今度はゲリラ戦や非正規戦に移行するか、NBC兵器並みの新兵器や魔法なんかを使うか、
そういうのが多いかな

594 :創る名無しに見る名無し:2015/05/15(金) 23:57:51.93 ID:sp5l4/Gq
ローリダ共和国も日本が対応甘すぎて、惰弱なり脆弱なりで進攻してきただけで
欧米並みに対応してたら馬鹿な真似はそうしなかっただろ、戦力あるなら事前に示せよ!ってイラついてたし。
戦後は引っ込みがつかなくゴタゴタしてたけど・・・・

595 :創る名無しに見る名無し:2015/05/16(土) 00:18:30.37 ID:xxMaeGzd
ローリダが「神の炎」を弾道ミサイルに積んで日本に飛ばしてきて
それをSM-3とPAC-3が迎撃、これを機にローリダと日本が総力戦始めるシーンが早く見たいです…

596 :創る名無しに見る名無し:2015/05/16(土) 01:06:12.86 ID:HTLfSWp9
>>592
え?
二週間もいるの?
一週間でいいんじゃあない?

597 :創る名無しに見る名無し:2015/05/16(土) 03:32:29.78 ID:ITl8+6Vf
まあ開戦したらそのぐらいで行けるかもしれんけど、そもそも準備に時間かかるからな?
湾岸戦争では部隊や物資の輸送だけで半年かけたっていうし。

598 :創る名無しに見る名無し:2015/05/16(土) 06:36:51.43 ID:qOkwoFt5
>>597
あの国は「先ず情報、次いで兵站ありき」だからな

599 :創る名無しに見る名無し:2015/05/16(土) 07:14:00.27 ID:xxMaeGzd
湾岸戦争の時代は、たった43日間で終結した砂漠の嵐作戦の為に、事前の集積や兵力展開に5ヶ月半も要したらしいが、
イラク戦争の時は輸送貨物のコンテナ化などの工夫や航空輸送の拡大、高速輸送船などの導入によってもっと短く済んだらしい
90日間で中東に25万人分の戦力を展開出来るようになったとか

600 :創る名無しに見る名無し:2015/05/16(土) 12:42:31.58 ID:bOuTWUIe
>>594
仮に示していたとしてもあの見下し思考じゃ自分等に都合よく解釈して戦争吹っかけてただろうに

601 :創る名無しに見る名無し:2015/05/16(土) 18:08:41.80 ID:46LYxFae
>>595
そして、今度こそローリダという国が、完全に、かつ永久に、地上から消え去る。そうなるのを見たいわけですよねー。
ま、そうなったとしても、ローリダには、ほとんど同情の余地は無いけど。
「ローリダ人以外の人間をすべて滅ぼして、世界をローリダ人だけのものにしよう」などと、本気で考えるような連中にはねー。

602 :創る名無しに見る名無し:2015/05/16(土) 21:35:11.59 ID:4Nfc449d
乙セウス 乙なさとる

また異世界人に親を殺された人か

603 :創る名無しに見る名無し:2015/05/16(土) 21:46:18.58 ID:jaRD8hIf
>>602

その名は、がろうでん!

604 :創る名無しに見る名無し:2015/05/17(日) 01:33:46.25 ID:ApzAYfeI
>>602
ちゃうねん
読めば分かると思うけど、ローリダ共和国はちまちま不正規戦を仕掛けて日本への攻撃を繰り返し、民間人や陸自に大損害が出たのよ
ローリダ側はスカッドもどきやIRBM(またはMRBM?)のような弾道ミサイルと核兵器まで用意して事前集積を展開、
そして総理大臣がルーズベルトめいて宣戦したんだけど、これから開戦だというシーンで更新が途切れてしまってるんよ

多分今度はイラク戦争のような泥沼になると思うけどな

605 :創る名無しに見る名無し:2015/05/17(日) 13:07:57.18 ID:9XyWRsrI
核をぶち込んできた相手が宣戦布告とかC兵器ばらまいて崩壊させるほうが楽だわな
距離の壁があるわけでもないし

606 :創る名無しに見る名無し:2015/05/17(日) 19:46:00.95 ID:N6cw9Cs7
>>604
島戦争はとりあえず全て読んでたよ。
だけど、そもそもF自ジャンルと似て非なる物だし、異世界の土民など自衛隊の力で叩き潰してしまえと
堂々と言い放つのには少しばかり、引くよ。

ローリダ、グナドス、日本、その他列強すべて全世界涙目ショーが開催されると作者さんが言っているから貴方の想像した様な
展開にはならないと思うな。

作者さんの史観は良く分からんけど、世界崩壊タイプの話が好みだったり、どこか冷めた視点で戦争を見ている節があるから、
宮崎駿タイプの人間なのかもしれないな。(どちらかと言うとバッドエンド気味に終わるらしいし


・・・とりあえず、しばしば話題がループしているから島戦争はこれくらいにするかね

607 :創る名無しに見る名無し:2015/05/17(日) 19:50:44.96 ID:beY40F0b
そういえばさ
ゲートの始まりが銀座鳩時計付近として、皇居まで戦場になったのはわかるが
やはり山手線相手に攻城戦とかやったんだろうか

608 :創る名無しに見る名無し:2015/05/17(日) 19:54:06.84 ID:HCTwVTrX
F自というかここの住人は大なり小なり日本転移ものってくくりで話すからなー
島戦争の話題がちょくちょく出るそのせいやな。かくいう俺も広義のF自みたいに読んでるし>島戦争

609 :創る名無しに見る名無し:2015/05/17(日) 23:53:55.06 ID:DZJcmd4F
多くの読者にとっては転移したもしくは繋がった世界に魔法だのエルフだのがあるかどうかって実はさほど重要じゃないからね。

自衛隊の活躍が見たい →
でも現実で自衛隊が大活躍する説得力のあるシチュエーションなんてほとんどあり得ない →
ならば現実世界から切り離そう(転移)、非現実を現実に持ち込もう(ゲート)
ってな感じで一連の作品は生まれたと思うんだ。

自衛隊が大活躍する状況ってのがキモだから、ファンタジーはオマケ程度の意味しかない。

610 :創る名無しに見る名無し:2015/05/17(日) 23:57:03.24 ID:Veejl5RJ
>>609
それだと一時期流行ったWW2タイムスリップ仮想戦記でも良いんじゃね

611 :創る名無しに見る名無し:2015/05/18(月) 00:02:05.74 ID:YPNfX9sA
>>610
タイムスリップものだと、ジパングみたいに「歴史を変えていいのか?」みたいな
哲学的命題に向き合わざるを得ないからじゃないの?
現状の日本人は歴史を是が非にでも絶対歴史を変えたいと思うほどに日常の不満がある訳じゃないから、
どうしてもそっちの方で登場人物も読者も気分が乗らない部分が出てくるんだと思われ

612 :創る名無しに見る名無し:2015/05/18(月) 00:25:44.79 ID:56lSCexi
>>611
哲学的命題なら異世界転移やゲートでも発生するだろう
人類が初めて接触する地球以外の星を起源とする異種生命にたいして我々はどう向き合うべきか
干渉はすべきかせざるべきか
例え地球人の価値観にとって邪悪な存在だとしても滅ぼすのは許されることなのか



後ファンタジー要素が重要じゃないって事はないと思うよ
召喚、ゲート物でウケたのが島戦争じゃなくてゲート、ルンパだったからね

613 :創る名無しに見る名無し:2015/05/18(月) 00:50:27.81 ID:0ptOGFuA
んなもん未来の自分らに直接影響があるかもしれんことに比べれば大した問題じゃないわ

614 :創る名無しに見る名無し:2015/05/18(月) 02:30:08.95 ID:WF1EqU0h
タイムスリップものでも転移ものでも何でも良いけど、戦国自衛隊とかジパングとかルンパみたいな、現代文明から切り離されて補給も連絡も一切絶たれるってのは嫌だなぁ
ある部隊が異世界に飛ばされたが何故か無線だけは生きてて、東京と通信したりファクシミリで写真や図絵をやり取りしたりは出来る、っていう設定とか面白そう

>>606
結構好きだわ>全世界涙目ショー
戦闘機を墜とし合い駆逐艦を沈め合う、相手を殺して自分も死ぬ…良いっすね。まさに戦争!って感じ

615 :創る名無しに見る名無し:2015/05/18(月) 03:25:44.08 ID:QLmyuP/b
>>614
地上だけがゲートに包まれて地下を掘れば元の世界とつながるとか考えたことはあったな

616 :創る名無しに見る名無し:2015/05/18(月) 09:26:47.11 ID:vpO7TGaS
>>614
それ漂流教室じゃね?

617 :創る名無しに見る名無し:2015/05/18(月) 21:13:16.22 ID:o765Skz7
>>614
まあ、戦争でそんなに得る物のない方がちょうど良い気もしますよね。

アメリカも20世紀は戦争で儲けてきたので経済で行き詰まったら、安易に戦争する国になったし
21世紀では通用しなくなったみたいだが。
結局ロシアや中国など力に自信が有る国は政治や経済の失敗を武力で挽回ないし誤魔化そうとするもんかも知れんが・・・・

618 :創る名無しに見る名無し:2015/05/18(月) 21:42:11.08 ID:YPNfX9sA
アメリカの20世紀の戦争で、直接的に儲けたのってWW1位しかないぞ
WW2は他の工業国が皆焼け野原になったのと財政出動で国内の生産力がフル稼働した結果なだけで、
戦争そのもので儲けたかというと疑問があるし、
それ以降の朝鮮・ベトナム・湾岸などは覇権国としての義務みたいなものなんだったから
武器販売だって、仏独の方がよっぽど地域バランス無視した節操のない売り方してるし

619 :創る名無しに見る名無し:2015/05/18(月) 21:54:11.48 ID:qBEe+4Kz
あんまり設定を難しく考えずに、「終焉の銀河から」みたいのは単純すぎかしら?
日本/自衛隊が現代兵器でモンスターをぶち殺し、F世界を救って鬱クラッシュ!
自衛隊「我ら日本陸上自衛隊、貴国との盟約に従い助太刀する!」
騎士団「ありがたい!貴軍が味方につくは、百万の援軍を得たにも等しい」
てな感じで。
陸自の台詞が時代がかりすぎだけど。


まあ悪堕ちして鬼畜の限りを尽くす日本も楽しそうなんだけど。
異世界転移で産業が崩壊した結果、民主主義は死に絶え、軍閥化した自衛隊による独裁政権が成立。
北朝鮮のような国家に変貌した日本は、F世界に覚醒剤を輸出したり、近隣諸国の人間を拉致したり。

620 :創る名無しに見る名無し:2015/05/18(月) 22:09:37.90 ID:56lSCexi
>>619
「終焉の銀河から」ってなに?
検索しても二次創作しかヒットしない
タイトルからSFだと思うんだけど?

621 :創る名無しに見る名無し:2015/05/18(月) 22:19:27.21 ID:wRYi1/+B
小説家になろう?

622 :創る名無しに見る名無し:2015/05/18(月) 22:39:22.58 ID:qBEe+4Kz
>>620
いや二次創作のやつです。マブラヴとスパロボαのクロス。

最終戦後のαナンバーズが、社霞の平行世界へのSOSを聞いてマブラヴ世界に転移。
BETAをひたすらフルボッコにして鬱フラグクラッシュする話。

「この声を聞いた人たちにお願いします……私たちを助けてください」
という願いに応えるのが熱い。

623 :創る名無しに見る名無し:2015/05/18(月) 23:08:55.90 ID:wRYi1/+B
幻魔大戦のルナ姫が同じシチュだな
原作主人公カップルなんか要らんかったんや

624 :創る名無しに見る名無し:2015/05/18(月) 23:56:42.60 ID:56lSCexi
>>622
すまねぇスパロボやマブラヴはさっぱりだったんだ

625 :創る名無しに見る名無し:2015/05/19(火) 01:41:35.62 ID:uicYhqx4
マヴラヴSSは意外と良作多いよね
現代日本のメンタリティの少年が文化違う異世界に行ってってパターンなので意外とこことも親和性高い
まあ自衛隊じゃないんでスレ違いではあるんだけど

take back the skyとか好きだわ

626 :創る名無しに見る名無し:2015/05/19(火) 01:42:38.01 ID:uicYhqx4
俺もマヴラヴ自体は触ったことないけど二次創作だけで大体のストーリー把握してしまった
おおむねガンパレと思っとけば間違いない

627 :創る名無しに見る名無し:2015/05/19(火) 01:46:09.79 ID:fcS0zU7e
自衛隊じゃなくて米軍の活躍する作品読みたいなぁ
憲法9条を始めとした様々な制約、爆撃機や空母や原潜すらない弱小軍隊を見るのは…

628 :創る名無しに見る名無し:2015/05/19(火) 01:51:03.42 ID:l1toazLI
そのどれか一つでも持ってる国なんて数えるくらいしかおらへんやーん
分家に行けと言うべきなんだろうが過疎ってるしなぁ

629 :創る名無しに見る名無し:2015/05/19(火) 01:53:03.77 ID:05cwqbKe
>>627
島戦争には戦闘爆撃機と空母が登場するぞ

630 :創る名無しに見る名無し:2015/05/19(火) 02:07:11.38 ID:LYiwQEAv
>>629
どっちも(W)が付くだろう

そもそも日本がスキージャンプ空母ってスキージャンプを使っているのが西側ではイギリスしかないぞと
しかもイギリスもハリアー使ってるから意味がないときたもんだ

いや。どう考えても脳みそ膿んでるだろう。

631 :創る名無しに見る名無し:2015/05/19(火) 03:52:53.51 ID:XjsIQrJg
>>622
エドモンド・ハミルトンの「時のロストワールド」を真っ先に連想したw

632 :創る名無しに見る名無し:2015/05/19(火) 06:06:31.59 ID:Lt84qYft
核戦力除けば西側第二位と言ってもいいレベルの軍隊を弱小とか言われても苦笑いしかでねーわ
ドイツ見てみろよ兵員数どころか戦車の実働数すら日本以下だぞ

633 :創る名無しに見る名無し:2015/05/19(火) 10:12:30.98 ID:4JJmmRJz
分家と言えば、米軍スレ……
世界最強の空母機動部隊が、敵国首都を大空襲するまでまーだ時間かかりそうなんですかねぇ……

しかし、あの作品はどちらかというと、米空母部隊戦記みたいな物だよな。
主要な戦場にはほぼ主力部隊を率いて出撃し、敵艦隊とガチバトル。
デ・モイン級とかいう化け物の存在を初めて知る事も出来たし、何かとタメに
なったなぁ

634 :創る名無しに見る名無し:2015/05/19(火) 18:57:29.63 ID:7E9FwGVb
>>632
最近のドイツ連邦軍ヤバイらしいな
戦闘機の稼働率がウンコだしNATOには戦力提供できない状態
おまけにG36の欠陥ときてる

http://www.janes.com/article/44111/german-eurofighters-facing-serviceability-issues
<<2014 ドイツ軍の運用可能数>>
タイガーヘリコプター   31→ 10機
NH90ヘリコプター     33→ 8
シーキングヘリコプター  21→ 3
シーリンクスヘリコプター 22→ 4
CH53ヘリコプター     83→ 16
ユーロファイター戦闘機 109→ 42
トルネード戦闘機     89→ 38
K130コルベット艦      5→ 2隻
ドイツU212級潜水艦    4→ 1
フリゲート 艦        11→ 7
マーダー装甲戦闘車  406→ 280両
ボクサー装甲戦闘車  180→ 70
http://www.globalsecurity.org/military/world/europe/de-budget.htm
http://www.spiegel.de/international/germany/ramshackle-army-at-odds-with-berlin-s-global-aspirations-a-994607.html

635 :創る名無しに見る名無し:2015/05/19(火) 18:59:10.08 ID:V2Y6saGr
>>632
アメリカと比較して「我が国の軍事力はまだまだだ」とのたまって
貧弱な現代欧州・東南アジアをキレさせる由緒正しき日本人の鑑

636 :創る名無しに見る名無し:2015/05/19(火) 19:52:48.84 ID:B0IHIgYJ
しかし自衛隊に不足しているものがあるのは紛れも無い事実(特に諜報などのソフト面が…)
現政権になってから急ピッチで改善が進められてるようだけど
足りないものがまだまだあるのが現状だよ

637 :創る名無しに見る名無し:2015/05/19(火) 20:14:46.96 ID:Lt84qYft
そりゃあ自衛隊に様々な改善すべき点が存在するのは紛う事なき事実だけどさ

>憲法9条を始めとした様々な制約、爆撃機や空母や原潜すらない弱小軍隊を見るのは…
前半部分は兎も角、後半こんなこと言われたらなー

638 :創る名無しに見る名無し:2015/05/19(火) 20:37:50.03 ID:thOx5bs1
空母持て原潜持てとか言う人たまに見かけるが、もう一回アメリカと戦争する気?
核武装でさえ有効性が微妙なのに、金食い虫の大物兵器はいらないよ……

639 :創る名無しに見る名無し:2015/05/19(火) 20:49:53.74 ID:B0IHIgYJ
米軍というチート級な存在が身近にいるせいで自衛隊の戦力はしょぼいというイメージが
定着してしまっているんでしょうねぇ
だからこそ空母や原潜、爆撃機や核ミサイルを保有しろとかいう意見が出てくる、と
ただでさえ自衛隊は人手不足だというのに……無茶を言う

640 :創る名無しに見る名無し:2015/05/19(火) 21:13:22.42 ID:LYiwQEAv
地味に正規空母は災害時にほしい時はあるけどね。

原潜は頭に蛆がわいているのかっておもうよ。

641 :創る名無しに見る名無し:2015/05/19(火) 21:37:31.06 ID:N9Ad5NYY
むしろ原潜こそ抑止力としてコスパ高いだろ…多用途性は空母と比べるべくもないけど。
ただでさえ潜水艦の能力が上がりすぎて海自の対潜演習でさえ潜水艦が手加減しないと
ろくに見つけられなくなってるのに。

642 :創る名無しに見る名無し:2015/05/19(火) 22:05:06.44 ID:uicYhqx4
原潜ってそこまでコスパいいかあれ?

一番コスパいいのは間違いなく戦車だと思うな
とはいえ今のアウトソーシング体制に勝てるコスパなんて実現しようもないと思う

643 :創る名無しに見る名無し:2015/05/19(火) 22:40:16.71 ID:3bUIMzuU
>>638
日本は防衛主体のドクトリンじゃん?
ということは、F自世界で戦争するためにはまず敵方が日本に攻めて来る必要があるのよ
で、日本はそれを退ける事は出来ても攻勢に移る事は出来ないから、それ以上は決まり切ったパターンになってあんまり面白くないのよね

644 :創る名無しに見る名無し:2015/05/19(火) 23:19:14.81 ID:71HQGM6A
>>619
 このスレで「終焉の銀河から」の名を見る時が来るとは!
 どんな内容かについては,下記サイトで大雑把に説明してる。
ttp://yarudeki.blog.fc2.com/blog-entry-240.html
 ここのスレでも通じる話しは,武器弾薬関係かな。敵は弱いけど万単位で出てくるので,
機体そのもののダメージは少ないが,武器弾薬エネルギー関係がほぼ使い尽くされて,本隊
(火星木星間の小惑星域で,手頃な小惑星から補給物資製作中)との間を高速艦がピストン輸送で頑張ってるとか。
 尚,このスパロボの主人公舞台は億単位の敵と戦ったことも数回あるので,万単位では僅かも萎縮しない。
 後,報酬なんてどうでもいい,とにかく一人でも多くの人を助けたいんだという気持ちが,
逆に相手を不安にさせるとか,見所の多い作品ではある。

 PS.そう言えばスパロボ最新作で某潜水艦が遂に宇宙デビューを果たしてたな。

645 :創る名無しに見る名無し:2015/05/20(水) 00:06:11.43 ID:S1RdUF2Q
>>643
それなら空母より強襲揚陸艦を登場させたほうがよりそれらしくなるのでは?
実際おおすみ型の後継艦についての噂話もちらほらあるようですし
あと自衛隊の兵站能力も無視できない要素かと

それと終焉の銀河からは私も好きですが、スレ違いの話題はそろそろ控えたほうがよろしいかと

646 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/05/20(水) 00:44:17.31 ID:NnpqNe3W
こんばんは。投下の間隔を半分にしたい私です。

第3話途中まで、投下します。自衛隊どこいった? って話しになります

647 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/05/20(水) 00:45:25.41 ID:NnpqNe3W
第2部 第3話


 商都『ブンガ・マス・リマ』から北へ約200キロ。この地で、アラム・マルノーヴ大陸中央部〈狂える神々の座〉を源流とする複数の河川が合流する。
 その合流点に生まれた巨大な中州は、地元民から〈戦神の床几〉と呼ばれていた。その理由は周囲を睥睨するかのようにそびえ立つ切り立った岩山の姿にある。ギアナ高地を思わせる高さ数百メートルの崖が突如として中州に起立しているのだ。
 この異様な風景を造り上げるために、いかなる神が御業を振るったのかは定かでない。

 ただ、それはそこに『在った』


 いつの頃か、誰かがその地の価値に気付いた。人族が増え、交易範囲が拡大するに従って河川交通の重要性が誰の目にも明らかになった時代。土豪の一つがそこに館を構えた。先見の明があったと言えるだろう。
 東西南北の河川交易路が集約する地に拠点を置いたことは、彼らに富をもたらす結果を生んだ。
 河川利用料を徴収するために館は城館となり、中州を挟むマワーレド川両岸にも砦が築かれた。土豪は領主と成り、中州の周囲には人が集まっていった。領主に入る富は益々大きく膨れ上がっていった。
 おそらくそのままであれば、どこかのタイミングでより強力な勢力の手によって、その地を奪われることになっただろう。だが、その地に根付いた一族は先んじて手を打った。
 戦神の神殿を自らの城館の上層、切り立った盾状地の袂に招いたのである。私財を惜しみなく投じて築かれた神殿は、戦神の教えに相応しい剛健さを備え瞬く間にこの地方の信徒を束ねる聖地となった。
 この決断に踏み切った三代目の時代。大盤振る舞いが過ぎたことにより、領主は一時破産寸前に追い込まれることになるが、戦神の加護と教団の加勢を得て、周囲の諸勢力の侵攻をことごとく跳ね返すことに成功する。
 かくて、城館は厚みを増し、人々は集い、河川は大いに栄えることになった。

 人はこの地を『関門都市ルルェド』と呼ぶ。

648 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/05/20(水) 00:47:19.60 ID:NnpqNe3W
ブンガ・マス・リマ北方200キロ 『関門都市ルルェド』 
2013年 2月10日 13時02分


 先ほどまで激しいスコールを降らせていた雲が、強い風に押し流されていく。ちぎれ雲の隙間から地表に伸びる光の帯が、〈戦神の床几〉に張り付くように建つ城塞をスポットライトのように照らし始めていた。
 陽光に照らされ鈍い光を反射する巨石を律儀に積み上げた城壁は、高さはそれほどではないものの、それを補って余る堅固さを見る者に示している。尖塔が在ったであろう数カ所が瓦礫の山と化し、城内からは幾筋かの黒煙が上がっているが、城兵の士気に翳りは見えない。
 中州からマワーレド川を挟んだ南、東、そして今朝未明に敵に明け渡すこととなった西面と、城塞の三方には総勢一万余の軍勢が溢れていた。城兵を威嚇するかの如く様々な色彩の軍旗が風にはためき、おどろおどろしい鬨の声が重低音を響かせる。 
 ルルェドは南方征討領軍主力によって重囲下に置かれ、マワーレド川を挟んで対峙する帝國軍の海に浮かぶ小島のような有り様を示していた。
 

 ルルェド領主ティカ・ピターカ・ルルェドは、戦闘の興奮が冷め切らぬ城塞内を足早に本営に向かって歩こうとしていた。
 地面に転がる廃材に足を取られそうになる。華奢な身体がふらりと揺らぎ、ウェーブ掛かった銀灰色の細い髪が視界を遮った。
「おいおい、主殿大丈夫か?」逞しい腕に身体を支えられ、ティカは転ばすに済んだ。「あ、有り難う──」そう言い掛けたティカの目の前の地面に、唸りをあげて野太い矢が突き刺さった。

「ひゃっ」思わず悲鳴をあげてしまう。これではいけないと慌てて取り繕うが、左隣で低い笑い声がした。
「よろけねば逆に危ないところだったな。主殿はつくづく運がよい。ただ、しっかり前を見て歩けと小言を言えなくなったぞ」
 声の主は、そう言いつつ盾を構えた配下に周囲を固めさせた。兵たちが素早くティカを覆い隠す。
「面目有りません」威厳を保たねばと頭では考えるものの、つい肩を落としてしまう。
 ティカはこのルルェドの領主である。齢14、まだ少年でしかない。美しい銀灰色の髪を後頭部でちょこんと束ね、たれ目がちの銀の瞳と、小ぶりな鼻が配されたその容貌はいかにも気弱な様子で、およそ戦場には相応しくなかった。
 そもそも、彼が領主となったのは10日ほど前である。先代領主である父ストーラは、数ヶ月に渡る帝國軍との戦闘中に討ち死にした。戦況は本拠地である城塞を頼りに防衛戦を行うところまで押し込まれていた。

「そう気を落とすな。主殿がか弱いのはもう皆が知っておる。今更気にする者もおるまいて」
 からかうように言ったのは、大兵肥満の傭兵隊長だった。名をハンズィールという。
「それは慰めになっておりません!」
 さすがにムッときたティカは、肩を怒らせた。しかし、絶望的に迫力が無い。案の定ハンズィールは取り合わなかった。

 

649 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/05/20(水) 00:50:29.74 ID:NnpqNe3W
 ハンズィールは元々先代に雇われた傭兵隊長である。
 先代のストーラもまた領主であるには優しすぎる男であった。普通ならば家に不穏な翳りを招きかねない。だが、ピターカ家の家風なのだろう。ストーラは己が強さを誇るより、配下が如何に強く頼もしいかを喜ぶ質の男だった。
 ストーラは、流浪の冒険者や戦士、武芸者、賢者などを手厚くもてなし、その四方山話を聞いては愉しげに笑う毎日を好んだ。そんなストーラを慕い、いつしかルルェドには四方から様々な人材が集うようになっていった。
 ハンズィールもその一人である。とある依頼をしくじり、部下と共に縛り首寸前だったハンズィールは、ストーラに助けられた上に高給をもって雇われたのだった。 
 彼はその恩を忘れていない。
 その時に傷を負った左足は思うように動かず、杖を突き引きずるように歩く傭兵隊長は、その姿に反して無類の戦上手であった。押し引きの判断巧みで一軍を預けて崩れることは無い。
 その戦ぶりは、でっぷりと肥えた見た目に似合わぬ機敏さであった。
 そう、彼は肥えている。昔は彼を慕って女達が列を為したと本人は主張するが、たとえ真実だったとしても今その面影はない。適当に伸ばした金髪の下の顔は、顎がすっかり胴に埋まるほどだった。
 傭兵にしては珍しいハーフプレートメイルももはやはちきれんばかりである。よく見ると胸の辺りに何かを削り取った跡が見えた。


 ともあれ、この男がルルェド城塞の守備兵を指揮しているせいで、帝國軍は未だにマワーレド川の支配を確立できていないことだけは間違いなかった。

「慰めではないぞ。主殿は既に真価を我らに示しておるのだからな」
「そうだぜ、領主様」
 ハンズィールだけでなく、周囲の傭兵たちの態度はティカに好意的だ。ティカは頭をひねった。彼らが自分に好意的な理由が思い当たらないからだ。自分が剣も扱えず、兵を率いる才も無いただの子供であることを、ティカは理解していた。
 普通なら、帝國軍に寝返ってもおかしくないのに。どうして彼らは私に従うのだろうか? 父上への恩だろうか?



関門都市ルルェド
2013年 2月9日 18時30分

「若様よ、西岸の支城はもはや持ちこたえられん」
「それは真ですか? 援兵を送り込んでも支えられませんか?」
 2月9日の夕刻、周囲が夕闇に飲まれつつある頃、ハンズィールは厳然たる事実を新米領主に告げた。ティカはすがるように問うた。支城を喪う。それはルルェド側が河川の制水権を完全に喪うということである。
 対岸が完全に敵の手に渡れば、ルルェドは完全に帝國軍の包囲下に入る。それまで辛うじて維持していた南方への連絡線も断たれることになるだろう。それは死刑宣告に等しかった。
「援軍を送ることはできる。だが、その援軍もすぐに苦境に陥る。それを救うためにさらに兵を送り続けることが、我らに可能かどうか。それが判らぬ若様ではあるまい?」
「……そう、ですね」
 (そんな見捨てられた子犬のような顔をするなよ)
 討ち死にした先代の跡を継ぎ、必死に領主として城塞を守ろうとするティカのことをハンズィールは好ましく思っている。だが、傭兵隊長としての彼は頭の中で(そろそろ潮時か)とも考えていた。
 もし、ティカがそれでも援軍を送ると言い出したならば、配下を率いて城を脱出するつもりでいる。

「……わかりました。ルルェド領主ティカ・ピターカの命により、西岸の支城は放棄します」苦渋に満ちた表情だった。
「了解した。残念だがやむを得ん。よく決断したな」
 ほう、甘いだけの子供ではないか。惜しいな。今少し分の良い戦が初陣であれば……。
 ハンズィールに、ティカが言った。
「ハンズィール殿に頼みがあります。今宵、夜陰を突いて支城の兵を救出してください」
「む、不可能では無いが……無傷でとはいかんぞ」
「我らは、兵を見捨てるわけにはいきません。今後も戦い続けるためにも」
「承った。作戦を検討しよう」ハンズィールは頷いた。何人も見捨てないという態度を示すことは確かに必要だ。そう思った。ティカはさらに続けた。

650 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/05/20(水) 00:51:29.04 ID:NnpqNe3W
「救出には私も同道いたします」
「ふむ……はぁ!?」
 ハンズィールは思わず大声で聞き返した。ティカはさも当然という表情で、彼を見上げていた。
「若様よ、正気か? 夜陰に紛れるとはいえ、間違いなく敵の追撃を受けるのだぞ!」
「父上は、常々私に『決断すること』と『その決断に責任を持つこと』その二つのみを説いていました。支城の放棄は私が決めたこと。そこを守る勇士を救う戦には私も参加いたします」
「駄目だ。危険すぎる」
「危険は承知です」
 睨みつけたハンズィールの巨体に、ティカは小さな身体で一歩も引こうとしなかった。
「剣も使えぬ小僧について来られても迷惑だッ! 若様を護衛する兵などつける余裕は無い」
「それでも、私は行かなければならぬのです」
「どうしてもか?」
「どうしてもです」
「……勝手になさるが良い。だが、どうなろうと知らんぞ」
 ついにハンズィールは折れた。驚くほど頑なだったティカは小さな声で「ありがとう」と言った。


 その夜の救出作戦にはティカとハンズィールを含めた約50名の兵が参加した。支城に残された重傷者を含む47名を救出する過程で、帝國軍の追撃により救出隊12名が討ち死にし、17名が傷を負う損害を受けることとなった。
 ティカは作戦の最中、恐怖に震えながらも小舟の上で背筋を延ばし続けた。
 
 彼の存在は作戦遂行にとっては邪魔なだけであった。しかも、領主が討ち死すれば城塞の陥落すら危惧される程の混乱を招いたことだろう。
 だが、この夜を境にティカは領主たる資格を得る。自ら戦い続ける覚悟と、誰も見捨てないという意志を配下に示し、兵の士気を高めることに成功したのだった。それは籠城戦に欠くことのできないものだった。




関門都市ルルェド
2013年 2月10日 13時16分

「ティカさま! このような拓けた場所で何をぼさっとしているのです!」
 突然、気の強そうなはっきりした発音でティカは咎められた。溌剌とした少女の声だった。声の主は、本営から駆けてきたらしい。全身バネでできているかと思うほど機敏な動作で、彼女はティカの前に出た。
 癖のある赤毛を短く肩の辺りで刈揃え、いかにも動きやすそうな革鎧に身を固めた少女は、腰に両手を当てると早口でまくし立てた。
「ここは敵の矢が届くのですよ! 何かあったらどうするの!」
「カーナねえさま、すみません」ティカが頭を下げると、良く日焼けした肌が紅潮し、形の良い眉がつり上がった。腰に提げた二振りのショートソードがしゃらりと音を立てる。
「あのねぇ、あたしは配下であなたは領主様なんだから、その呼び方はもうやめなさい! 威厳がなくなるでしょ!」
「ごめんなさ──」
「あやまらない!」
 二人は周囲のニヤニヤ笑いに気付いた素振りもない。彼女の名は、ルルェド領主に仕える譜代の家臣筆頭、ハヌマ家の息女カーナ・ハヌマ。16歳の彼女は幼い頃からティカの遊び相手でもあった。
 棍とショートソードを用いる武術を修めるハヌマ家は、ルルェドの武術師範を務めるとともに、家臣団のまとめ役も担っていた。
「おう、嬢ちゃん。相変わらずやかましいな。小猿が迷い込んだかと思ったぞ」
「あらハンズィール隊長、相変わらずふくよかね。オークが侵入したかと剣を抜くところだったわ」
 ハンズィールがからかうがカーナも一歩も引かない。周囲の傭兵たちとハヌマ家の郎党たちはゲラゲラと笑った。ハンズィールは少しだけ顔を引き締め言った。
「で、親父さんの様子はどうだ?」途端にカーナの顔が曇る。
「良くないみたい」そう言うと彼女はティカに向き直った。
「ティカさま、父がお話ししたいことがあると申しております」
「そんなに悪いの?」
 ティカの問いにカーナはしっかりと頷いた。カーナの父は一昨日の戦闘で手傷を負い、死の淵にいるのだった。
「主殿、すぐに行ってやれ。家臣団筆頭ハヌマ卿の遺言だ。当主として聞かねばならん」
「はい」

651 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/05/20(水) 00:53:49.85 ID:NnpqNe3W
 本営に向かって走り去った二人を見送ると、ハンズィールは一つため息をついた。さすがの彼も激しい疲労を感じている。胃の腑に得体の知れぬ重みを覚えた。そこに僧体の男が歩み寄ってきた。
「やぁ、ハンズィール殿。ご機嫌よう」
「よぉ、ホーポー殿。戦神のご機嫌は如何だろうか?」
 ハンズィールに話しかけてきた男は、戦神に仕える神官戦士のルルェド地区神官長、ホーポーである。一人一人が屈強な戦士たる神官を束ねる彼は、ひょろりと背が高く痩せていた。剃り上げた頭がよく目立つ。
「昨夜の戦さは見事であったよ。戦神の御元には誇り高き戦士たちの魂が召されたのだ。喜んでおられよう」
「そうか、だが俺たちは素直に喜んでもおられん。このままだとジリ貧だ」
 城塞に籠もる味方は、家臣団、傭兵、神官戦士合わせて500に満たない。対する帝國軍はおそらく万を数えるだろう。
「幸い、水も兵粮も矢弾も蓄えは充分だ。それらが尽きる前に我らが尽きる」
「それは重畳──まぁ、ハンズィール殿が敵前に姿を見せれば、それを見た敵将もまさか兵粮が足りぬなどとは思いもせんでしょうな」ホーポーがハンズィールの腹を見ながら言った。ハンズィールはニヤリと笑った。
「それよりもホーポー殿が敵前に出られたらどうだろう? 飢餓寸前と見誤った敵が無理攻めをして勝手に兵を損なってくれるかもしれん」
「それほど愚かな敵なら良いが」
「そうもいかんだろうな。このままだとこの城塞は落ちる。あの主殿も嬢ちゃんも酷い目にあうだろう」
「帝國軍は捕虜をとるつもりは無いでしょうな。拙僧はそのような非道を看過したくない。年端もいかぬ者たちだけでも逃がすことは能わぬでしょうか? 敵の陣立てを見ると北西に隙が見えるのだが」
 ホーポーが言った。確かに包囲する帝國軍の配置には一部に間隙がある。
「罠だよ。敵は我らがそこから逃げ出すのを誘っているのだ。城攻めの常道だ。うかつに乗れば敵の騎兵に追い立てられて全滅だ。逃げるなら南に逃げなければ……ところで導波通信は相変わらず『間もなく援軍を送る。あと一週間耐えろ』そう言っているか?」
「ええ。ブンガ・マス・リマにはザハーラ諸王国からバールクーク王国遠征軍が来援したと聞き及んでおります。彼らがこちらへ向かっているのでは?」
「望み薄だな」ハンズィールは首を振った。「南方には手の者を潜ませているが、あと一週間で来援するというならすでに姿を見せていなければおかしい。だが、影も形も見えん。
 マワーレド川もそれに沿った街道も全て帝國軍に押さえられているのだ。川には忌々しいことにリザードマンまでいやがる」
「何とも手回しの良いことだ」
「助けが来るという知らせは、兵どもの士気を支えている。だが、あと一週間で一体どこから援軍が来るというのだ? 陸路も水路も押さえられているというのに」

 ハンズィールはそう吐き捨てると空を仰いだ。城塞の背後に高々とそびえる〈戦神の床几〉の向こうには、晴れ渡った空があるだけだった。

652 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/05/20(水) 00:56:54.26 ID:NnpqNe3W
以上です。

第3話はこのあとに帝國軍と自衛隊の動きが少しだけ入ります。間が空きそうだったのでできている分だけ投下しました。
ルルェドはオペレーション『ブラック・サンダー』の作戦『サンダー』における救援目標です。時間は作戦開始四日前。どんな味方が籠もっているかでかなりの分量になってしまった気がします。
簡潔な文章にしたいのですけれど。

御意見御質問御感想お待ちしております。

653 :創る名無しに見る名無し:2015/05/20(水) 02:06:01.69 ID:RwWQP4tO
おーここで、自衛隊がリザードマンに手榴弾ぽいぽい投げつけるシーンと繋がるのですねー。
自衛隊は果たして、間に合うのか?楽しみにしておりますー!

そう言えば、何やらキャラの濃いお嬢様系の自衛官が居た様な・・・

654 :創る名無しに見る名無し:2015/05/20(水) 03:04:23.66 ID:JC0QkdcE
更新乙です。
さあおひいさまの救援は間に合うのか!?

……ところで確認するのは野暮かもしれませんが、作戦名はもしかしてあの一目で義理とわかる義理チョコでしょうかw

655 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/05/20(水) 05:20:11.78 ID:NnpqNe3W
さっそくありがとうございます。

作戦名はあれです。
こう、アイアン・フィストとかフォール・イーグルとかのノリで。
美味しいですよね。

656 :創る名無しに見る名無し:2015/05/20(水) 13:32:53.36 ID:reNMigBD
前衛系僧侶だから、筋肉MORIMORIマッチョの編隊(誤字に非ず)が磨き上げた信仰心で更に堅くなって突撃するのかと思ってたわ。

ワリと普通なのね(´・ω・`)

657 :創る名無しに見る名無し:2015/05/20(水) 19:13:41.54 ID:QMluoYsj
投下乙です

658 :創る名無しに見る名無し:2015/05/20(水) 20:30:19.19 ID:S1RdUF2Q
石動さん、投下乙でした
華奢な少年領主に勝ち気な家臣の娘、肥満体の傭兵隊長に痩せた神官戦士
この対照的な組み合わせ、絵にしたらかなり面白そうだ

659 :創る名無しに見る名無し:2015/05/20(水) 20:59:47.61 ID:oHQp8a6m
>>652
投下乙です
籠城戦は気合いだぁー!

660 :創る名無しに見る名無し:2015/05/20(水) 22:20:33.09 ID:JXKeoin9
ドラマチックなシーンになるのか、それともハリウッド染みた派手なシーンになるのか
自衛隊の介入が楽しみです。

661 :創る名無しに見る名無し:2015/05/21(木) 22:23:40.62 ID:ry5dYUp/
川での戦闘か・・・・ヘリコプターやボートが活躍しそうだな
でも、河川付近での戦闘ってどういう物なのか今一ピンとこないんだよなぁ・・・。
詳しい人いるかな?

662 :創る名無しに見る名無し:2015/05/21(木) 23:10:07.10 ID:w/FCzY9y
ベトナム戦争の映画に多いイメージ>河川付近での戦闘
地獄の黙示録とか

663 :創る名無しに見る名無し:2015/05/21(木) 23:14:57.63 ID:jCpnkMWa
防衛省防衛研究所にはフォークランド戦争史っていう専用ページがあるのに
ベトナム戦争や湾岸戦争の資料が殆んど無くて困る

664 :創る名無しに見る名無し:2015/05/22(金) 00:24:18.70 ID:L+vzmlHF
障害物の少ない水面だと、船体くらいしか身を守るもの無さそうだけど、どうなんだろう?
相手は弓とか投げ槍とかがメインなんだろうけど、火炎魔法の威力が未知数なだけに自衛隊の被害が
どれくらいか想定できない・・・いや、むしろ警戒するべきは電撃魔法なんだけど。

665 :創る名無しに見る名無し:2015/05/22(金) 00:47:04.59 ID:9QM4+gcV
まずは吃水が浅くて素早く動けるウォータージェット推進が必須だな
多少の被弾…最低でも5.45x39mmの被弾に耐えるくらいの装甲も必要
揺れる船上で敵の火器のアウトレンジから正確に狙い撃ち出来る機関砲とFCS
特殊作戦や臨検のための複合艇やダイバー用の装備

…海上保安庁の船しか思い付かんな
ノルウェーあたりにも良い船ありそうだが

666 :創る名無しに見る名無し:2015/05/22(金) 13:40:10.25 ID:MQAr+00/
きっと立検の豆タンクさんが素手でなぶり殺してくれるに違いないさ。
んで唖然とする陸自の方々に尻尾を掴んでブン回せとか悪鬼の笑みを浮かべるんだろう。

667 :創る名無しに見る名無し:2015/05/22(金) 23:58:16.25 ID:FPieYZUn
幾ら泳ぎに特化したリザードマンといえども、動力付きのボートには追いつけないだろうね。
これが、手漕ぎの木製ボートなら槍だの短剣だので船底をつついて穴開ければ良いけど
近付くこと自体できなければそれも出来ないし

668 :創る名無しに見る名無し:2015/05/23(土) 00:46:55.30 ID:b4XV4PpJ
>>667
水中スクーターと爆薬があればかなりの脅威になると思うが

そういえば現実世界ではフロッグマン対策ってどうしてるのかな

669 :創る名無しに見る名無し:2015/05/23(土) 17:06:43.66 ID:8wE0xqp/
襲撃の部分を読み返したけど爆薬自体は作中でも装備してるみたいだぞ
焙烙弾ってなってるから擲弾・手榴弾の類らしいが

670 :創る名無しに見る名無し:2015/05/23(土) 23:50:16.25 ID:qY5oZDWV
ボンバーマンが使っているような黒い球体に導火線が付いている爆弾って元々、壺とかの陶器に火薬を詰めた
原始的な爆弾がモデルと聞いた事があるけど、元が使っていた炸薬みたいなものだったのかな?

671 :創る名無しに見る名無し:2015/05/24(日) 09:40:26.69 ID:16vpHYod
>>670
中世の爆弾があんなのだったんですよ
陶器じゃなくて鉄の器に火薬をつめて投石器で打ち出すの、丸いのは空気抵抗を弱めるため
おっしゃる通りモンゴル帝国によってテツハウがヨーロッパに持ち込まれ改良された
同じ時期に鉄砲の元型もヨーロッパに持ち込まれた
…余計なことしやがってやっぱモンゴルってクズだわ

672 :創る名無しに見る名無し:2015/05/24(日) 10:33:20.64 ID:vC/62aI0
ハンドキャノンとかいうやつだっけ?
日本にも鉄砲伝来以前からあったけど威嚇以上の効果はなかった云々

673 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/05/24(日) 11:21:51.38 ID:09tQZMD3
おはようございます。
リザードマンの焙烙は、だいたいそんな感じです。水には漬けず偽装した浮きに仕込んでいました。攻撃時はそこから取って投げつけるのです。


では、第3話の残りを投下しますね。

674 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/05/24(日) 11:22:37.37 ID:09tQZMD3
帝國南方征討領軍ジャボール兵団本営 『ルルェド』近郊
2013年 2月10日 13時25分


 兵団本営は兵理に則り、周囲を見渡すことのできる小高い丘に設けられていた。そこからならば、彼らが攻め落とそうとしている『ルルェド』と、周囲に展開する麾下の部隊の殆どを一望することができる。
 中州にそびえ立つ奇怪な台地に築かれた『ルルェド』は今や完全な包囲下にあった。南北に流れるマワーレド川の両岸を守っていた支城は、勇猛さをもって鳴らすオーク重装歩兵団によって占領され、敵の本城は川の中で孤立している。
 だが、その様子を眺める将軍の表情は、如何にも不満そうであった。

「ふん、粘りよるわ」
 ごつごつとした彫りの深い顔に苛立ちを隠そうともせず、南方征討領軍『ルルェド』攻略部隊の将ゾラータ・ジャボールは吐き捨てた。
 もともと歴戦の将にふさわしい厳つい外見な上に、一族の掟に沿った隈取りをしているせいでますます凶悪な人相になっている。分厚い体躯を持つゾラータは、足元の床几を蹴り飛ばした。戦塵に薄汚れた金色の口ひげが怒りに震えている。
「そう焦るな兄者。ああなれば、いずれは必ず落ちる」
 隣に立つ副将のシリブロー・ジャボールが宥めるように言った。双子の兄によく似た外見を持つ彼は、兄よりやや細身で背が高い。銀髪に銀の口ひげを持つその表情は、口調に反してやはり苛立ちを隠せずにいた。
「いずれ……いずれか。そうだな、いずれは陥落しよう」ゾラータは地団駄を踏んだ。「だが、その頃には儂の首も地面に落ちておるわ! 儂らが攻略を命ぜられてから幾日が過ぎたと思っておるのだ!」
 ルルェドを巡る戦いは、近郊での野戦軍同士の会戦と、その後の遊撃戦、そして城塞攻略戦を含めればすでに2ヶ月を数えていた。これは彼らが事前に必要と見積もった日数の倍である。鎧袖一触と考えていたゾラータたちの目論見は、予想以上の抵抗を受け大きく外れていた。
「儂らは一万余の兵を預かっておるのだ。対して蛮族どもは数百があの城に籠もるのみ。儂らはそこまで戦下手か? うん?」
 兄の怒りを受け流すようにシリブローはルルェドに目をやった。
「そうではない。忌々しい話だが、あの城はよくできておるし、兵も良い」
「敵を褒めてなんとする! 一万の兵を食わせるのにどれだけの金がかかると思っている? うん? 周辺の村はもう消え去ったぞ」
「確かに、雑草すら残っておらんな……おぅ、飛行騎兵の攻撃が始まるぞ」
 シリブローの声にゾラータはルルェド上空を見た。南西から複数の黒い影が城塞に向かっている。飛行騎兵の操る有翼蛇だ。それは彼に預けられた一個飛行騎兵隊の一部だった。
「今度こそ、城塞を破壊してみせい!」

 南瞑同盟会議軍の間で空から来る災厄として忌み嫌われていた有翼蛇の編隊が、頑強に抵抗を続けるルルェドに向けて突入しようとしていた。

675 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/05/24(日) 11:23:57.37 ID:09tQZMD3
 ちぃ、何とも面倒な地形だ。
 有翼蛇を操る魔獣遣いは内心で舌打ちした。彼は城塞の遥か高空、矢も攻撃魔法もの届かぬ高みから、思念波をとばしている。
 確かに面倒だった。北面を〈戦神の床几〉に預けた城塞は、上空から見ると一部を切り分けた後のパン、その切れ込み部分に埋め込まれるように築かれている。
 つまり、北面のみならず北西、北東部分も盾状地の壁面に守られていた。

 彼の操る有翼蛇は3頭。同様の任を負った魔獣遣いが他に3名いるので、突撃する蛇は12頭だ。これは騎兵隊の三分の一にあたる戦力だった。
 蛇たちは南西方向から緩やかに高度を落とし、城塞に迫っている。思念波を通した視界の中で、そそり立つ岩壁と城塞が次第に大きくなる。魔獣遣いの額に汗が流れた。蛇の速度はいつもより遅い。
 岩壁が邪魔だ。城塞を掠めるようにしか飛べん。
 
 有翼蛇は機敏な動きが苦手とされている。もちろん個体差や魔獣遣いの技量にも依るが、翼龍のような動きはできない。
 南から進入すれば最も攻撃効果は上がるが、火焔弾を放った後に岩壁に激突する可能性が高い。自ずと進入経路は限られた。

 奇怪な鳴き声を響かせながら、3頭で鏃形の陣形を組んだ蛇が城塞に迫った。連日の空襲で尖塔は破壊した。だが、堅い城壁に護られた敵兵はいまだ戦闘力を維持している。これを叩くことが彼の任であった。

 この経路しかない。この経路なら鈍い有翼蛇でも襲撃を済ませ、岩壁を回避して離脱できる。そう──この経路しか。


 城塞外縁から一斉に光弾が打ち上がった。上空からは決して見通せない位置だ。複数の光弾は突進を続ける有翼蛇の目の前で炸裂した。閃光。猛烈な光が有翼蛇と魔獣遣いの眼を灼いた。3頭が体勢を崩して離脱を余儀なくされた。無事な蛇も速度を落としている。
 ぐ、小癪なまねを……。
 魔獣遣いが気分を立て直す間もなく、城塞から矢が放たれた。機力を用いて放たれる据え付け型のバリスタだ。まともに当たれば有翼蛇を一撃で屠ることのできる矢が、飛来する。
『う……回避する』耐えかねた仲間が操る有翼蛇が、くねる体躯を翻す。残る6頭はそのまま進入を継続するが、思念波を通して蛇の動揺が伝わってきた。

 閃光と矢弾をくぐり抜けた有翼蛇が火焔弾を放った。喉を震わせ吐き出された焔が城塞に飛ぶ。撃ち出された火焔弾の半数はマワーレド川の水面に落ちて派手に水蒸気を噴き出すか、城壁に当たってあえなく砕け散った。 
 残りの半数。その行方を確認した魔獣遣いは、うなり声をあげた。城内に飛び込んだ火焔弾は大した数では無く、敵の被害は殆ど無いように見えた。火災は発生している。だが、見かけが派手なだけだ。
 敵の閃光と矢のせいで、腰が引けた攻撃になっちまった。俺の蛇を含めて、有翼蛇はすでに離脱に入っている。墜とされたやつは──いないようだ。だが、攻撃は失敗した。

676 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/05/24(日) 11:25:34.00 ID:09tQZMD3
ルルェド城内
2013年 2月10日 14時07分

「敵は去ったぞ!」
「火を消せ! 早く火を消すんだ! 砂を持って来い!」
「重傷者を神殿に運べ!」

 有翼蛇の攻撃直後、城塞内では守備兵たちがせわしなく駆け回っていた。幸いにも死者は出ておらず、重要な施設も全て無事である。迎撃が効果を上げたのだった。

「進入経路を限定できれば、妨害程度なら充分効果があるな」
 ハンズィールが満足げに言った。彼は地上部隊にとって悪夢的存在となりつつあった有翼蛇への対抗手段を考案し、実行に移していた。
「地形に助けられましたな」負傷者の手当てを命じ終えたホーポーが言った。
「それに、この城の守備兵だからこそだ。これほどまでに魔術士や神官戦士が多い城もそうないぞ」
「先代ルルェド公の遺された徳ですな」
「たいした人だったよ」
 ルルェドには冒険者や武芸者が多い。それは先代ルルェド公ストーラが彼らを手厚く保護していたからであった。その遺訓が、他には見られないほどの魔法火力の集中を支えている。
 ハンズィールは彼らを予想進入経路に配置し、ただ『邪魔をすること』だけに集中して魔法を使用させていた。もとより撃墜は狙っていない。彼は攻撃魔法の威力を買い被ってはいなかった。
 バリスタも同じである。命中はまず不可能。その冷徹な評価の下で彼はバリスタを運用している。
 ハンズィールの防御手段は、可燃物の徹底的な除去と救護消火体制の構築、部隊の掩蔽と組み合わせることにより、満足のいく結果を守備隊に与えていたのだった。



帝國南方征討領軍ジャボール兵団本営
2013年 2月10日 14時12分


『敵ノ反撃ハ激烈。攻撃成果不十分。第二次攻撃ノ要アリト認ム』

 魔獣遣いからの導波通信を受け取った魔術士が、平坦な声で報告した。

「また失敗か! 飛行騎兵隊は無能揃いか!」
 ゾラータの罵声が飛んだ。魔術士は私に申されましても、と後ずさった。飛行騎兵隊長が頭を下げる。
「兄者、そうは言っても有翼蛇とて無敵ではないぞ」シリブローが窘める。「敵の火線はよく整備されている。よほどの上手が手配しているな」
「感心している場合か、弟よ! 今はまたとない好機であるのだぞ。あの小癪なサヴェリューハがしくじったのだ。今こそ儂らの株を上げるとき! それなのに、たかが城塞ひとつにてこずっている有り様よ」
 怒り狂った将の姿は本営の幕僚たちを萎縮させていた。そんな中、ひとりの将校が静かに進み出た。シリブローに視線を送る。シリブローは静かに頷くと、兄に向かって声をかけた。
「兄者、おい兄者よ。怒りを鎮めてくれ。良い手立てがあるのだ」
 ゾラータは収まらない。手当たり次第に蹴飛ばしては、罵声をあげている。
「兄者よ。これにある男の部隊がきっとあの城塞を陥としてみせよう」
 ゾラータは初めて動きを止めた。視線の先には、シリブローの隣に控える小柄な将校の姿がある。
「申せ」ゾラータが言った。
「はい」将校は一礼すると、顔をあげた。刀傷だらけのその顔は、全く油断ならない面構えだった。
「飛行騎兵隊の使い道、我が猟兵隊にお任せ下されば、一晩でルルェドを陥落せしめてみせましょう」

 将校はそう言って不敵に笑った。

677 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/05/24(日) 11:30:57.51 ID:09tQZMD3
第1河川舟艇隊 マワーレド川河口
2013年 2月10日 16時30分


 第1河川舟艇隊先任幕僚、久宝健(くほう・たける)一等海尉は書類の束から目を上げると、凝った肩をぐるぐると回した。実直さと丁寧な仕事ぶりが売りの彼である。4日後の作戦発動日を前に、所属舟艇の準備状況を全て見直していたのだった。
 準備は完了していた。
 運貨船も特別機動船も完璧に整備され、燃料と弾薬は満載されている。艇長を集めて水路図の読み合わせと案内役の妖精族との打ち合わせも済んでいる。符丁の確認も、不測事態発生時の取り決めも確認した。
 明日には再度陸自西部方面普通科連隊の指揮官と南瞑同盟会議軍部隊長の作戦会議が予定されている。
 自分のヘルメットとカポック、書類ケース、筆記用具に報告書作成用のノートパソコンと予備バッテリー、迷彩服に下着の替えも揃えて防水パックに詰めた。酔い止めも持ったし、好物の羊羹も補給に頼んで山ほど積んだ。
 大丈夫、完璧だ。

 久宝が拳を握ったその時、10メートルほど先で軽快なブレーキ音とともに高機動車が停車したのが見えた。
 海士が駆け寄りドアを開ける。高機動車の武骨な車内から、遠目にも派手な人物が優雅な仕草で降り立った。何も悪いことはしていないのに、久宝の胃袋がごろりと音を立てた。
 その人物──第1河川舟艇隊司令西園寺麗華(さいおんじ・れいか)三等海佐は、準備作業中の隊員たちに声を掛けながらこちらへと歩いてきた。声を掛けられた隊員たちは、好意的な反応を返しているようだった。
 普段何かと苦労させられている久宝としてはあまり認めたくないのだが、西園寺三佐はそれなりに部下の好意を勝ち取っているらしい。
 まぁ、あのひとは女性幹部にありがちな張り切りすぎるタイプじゃないからなぁ。
 メリハリをつけられる指揮官は曹士に好かれる。その上、西園寺が着任して以来、何故か糧食の質が向上したようだった。飯が旨い部隊の士気は総じて良好なのは洋の東西を問わない、海軍の常識である。 
 その上、中身はともかく美人である。やはり誰しも自分の上司の見栄えが良くて嬉しくないことは無い。

──それに、胸大きいしな。

 久宝は何気なく目線を向けた。すぐ近くに、作業服を思い切り押し上げ主張する胸があった。

「先任幕僚、あたくしがいま何を思っているのかおわかりになるかしら?」
「はぁ、わかりかねます」久宝は正直に答えた。
「驚嘆しているの、めずらしいことに。あたくしは少々のことじゃ驚かないのよ?」
 西園寺は楽しげだった。
「何にそこまで驚嘆しているのでしょう?」久宝は首をひねった。
「先任幕僚が、こんなにも度胸のある方だったということに、よ」
「は? 私がですか? そこまでの勇気を示したことなど有りませんが。人並み程度かと」
「まだ、おわかりにならない?」
 西園寺はますます楽しげに言った。
 そこで久宝はようやく自分がまだ目の前の司令の胸に目線を置いたままであることに気付いた。慌てて顔を上げる。なんてこった、疲れてぼーっとしていた。

「あら、ごきげんよう。あたくしの顔はここよ」
 西園寺の声は楽しげだったが、瞳は笑っていなかった。久宝は全身から冷や汗が吹き出るのを感じ、大急ぎで言葉を組み立てた。

「会議お疲れ様でした司令! い、いかがでしたでしょう? バールクークの将校とは初顔合わせだったと思いますが」
 慌てて取り繕った久宝を西園寺はじっと見つめた。森で虎か何かに出くわした気分になった。
「まあいいわ。ひとつ貸しにしてあげる」
 西園寺はそういうと華やかな顔に渋面を浮かべ、唇を尖らせた。
「まあ、あまり気持ちのよい方たちではなかったわ。文句ばかりおっしゃるし」
 西園寺は堰を切ったように会議でのやりとりを話し始めた。
 2月14日に発動される『ブラック・サンダー』作戦について、日本国自衛隊、ブンガ・マス・リマ軍、バールクーク王国遠征軍の三者間で調整会議が行われたのだが、そこでの内容は紛糾したらしい。
 諸都市奪還作戦の『ブラック』において主力となるのは、陸上自衛隊第5普通科連隊戦闘団とバールクーク王国遠征軍である。両者は協力して戦う必要があるのだが、バールクーク王国側は指揮権その他について一歩も譲る気が無いようだった。

678 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/05/24(日) 11:32:12.43 ID:09tQZMD3
 全軍の指揮は最大兵力を持つバールクーク国王が持つべきであると強硬に主張し、自衛隊の示した作戦案についても一蹴したのだ。彼らは自衛隊との協同を行う考えに乏しく、独力で帝國軍を撃退するつもりでいるらしい。
「あの方たち、そもそもあたくしたちをどこかの馬の骨だと思ってらっしゃるみたい。ブンガ・マス・リマの皆さんは協力的なのだけど」
「ブンガ・マス・リマ防衛戦で見ていますからね。しかし、バールクーク王国遠征軍にも我々の装備と能力は展示したはずだったのでは?」
「見せたわよ。90式戦車や野砲でいろいろと。それでも『我らに助勢は不要』って言い張るのよ」
 久宝はもしやと思った。
「まさか、あまりにも異質すぎて現代兵器の威力が理解できなかったというのでしょうか?」
「先任、ほんとにそう思っていて?」西園寺が試すように言った。
「いえ」久宝は答えた。いくら剣と魔法の異世界だからといって、120ミリ滑腔砲の威力が理解できない筈がない。そんな馬鹿では将軍になれない。ならば何故?
「ばかね。すごいものはすごいとおっしゃればいいのに。そんな意地のために無用に死ぬ兵士がたくさん出るのよ。あたくしなら耐えられない」
「武功を我々に持って行かれるのを良しとしないからこその、頑なな態度ですか……自衛隊が敵を全て蹴散らしてしまえば、部隊長は国王に面目が立たず、バールクーク王は盟主たるザハーラ諸国王に面目が立たない」
 つまりは、政治が現実を縛っているのだった。
 西園寺は心底うんざりした態度で続けた。
「でも兵站はあたくしたち自衛隊が受け持つのよ。三万の兵士が放っておいたら『現地調達』を始めるわ。敵ならまだしも味方がそんなことしてご覧なさい? あたくしたちの評判まで地に落ちるわ。『ブラック』を指揮する松永さんはかわいそうね」
 あたくしは聞き分けのよい妖精族と水軍の皆さんでよかったわ。西園寺はぷっくりとした唇をほころばせた。
「バールクーク王国遠征軍との協同、上手く行きますかね?」
「先任、あなたまたあたくしを試そうとしていない? あたくしたち、米海軍と毎回スムーズに訓練できていたかしら? 他の国とは?」
「いえ、散々調整しても当日何かしらのトラブルは付き物でしたね」
「なら、おわかりよね。きっとひどいことになるわ」西園寺は剣呑な声色で言った。「あたくしの舟艇隊がそんなことになるのはいやよ」

「準備には万全を期します。西方普連他作戦参加部隊との調整も綿密に行います」
 久宝は胸を張って言った。調整には自信がある。
「期待しているわ、先任。あなたそういう仕事は得意そうだから」
「はい」
 威勢良く言った久宝に西園寺は微笑んだ。嫣然として美しい笑みだった。
「でも、次あんな目であたくしを見たら許さないから」

 久宝は棒を呑み込んだような姿勢になって、回れ右をする羽目になった。仕事に追われる方がよほどましだと思った。

679 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/05/24(日) 11:33:02.03 ID:09tQZMD3
以上です。規制が解けて良かった。

次は作戦開始後の話になるかと思います。

680 :創る名無しに見る名無し:2015/05/24(日) 15:40:48.86 ID:pAY+RQdx
乙です
包囲軍も敵という氷山の一角か

681 :創る名無しに見る名無し:2015/05/24(日) 20:21:14.25 ID:LgIhZrIn
投下乙
同盟相手がこれじゃ自衛隊は色々と苦労しそうだ
そしてジャボール兵団の次の一手はもしかして異世界版へリボーン戦術か?

682 :創る名無しに見る名無し:2015/05/24(日) 22:48:14.98 ID:16vpHYod
投下乙です
有翼蛇部隊の疾走感ある爆撃描写いいですね

ジャボール軍も攻めあぐねて奇策を用いるようですがはてさて上手くいくのか、自衛隊が間に合うのか期待が高まります

683 :創る名無しに見る名無し:2015/05/25(月) 23:17:37.66 ID:/E5XpH2O
足の引っ張り合いは本当に厄介ですな。
正直敵の方よりも味方の方が結果的に自衛隊の被害を広げそう
でも、そうなると王国側も面を汚すんだよな、自業自得なのに

684 :創る名無しに見る名無し:2015/05/26(火) 23:13:55.86 ID:fpfTGJ0A
アメリカさんなら、異世界の同盟軍ごと、「うっかり」爆撃しちゃいそうな・・・。
米軍もこの戦争に参加している時点で、帝国はほぼ積んだも同然な気もする。

取りあえず、港を改造した後は空港の建設ですな、「デカいの」飛ばすためにも

685 :創る名無しに見る名無し:2015/05/26(火) 23:21:52.95 ID:ZjZJ1KgW
いるの?
B-52とか普通に届く気がしなくもない

686 :創る名無しに見る名無し:2015/05/26(火) 23:42:48.22 ID:fpfTGJ0A
あれだけ巨大な船が潜れるゲートなのだから、恐らくバラして運べるかも
ゲート自衛隊彼の地ryよりは、物資の大量移動がらくかもしれない

687 :創る名無しに見る名無し:2015/05/26(火) 23:57:51.38 ID:GEFqhLpW
米軍関連で盛り上がっている所を申し訳ありませんが……

http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1411893556/135
135 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2014/10/08(水) 20:13:10.53 ID:5BsfeClp
以上です。はい。

米軍は、ヘリの生存者捜索を口実に、南方に日本の影響の及ばない拠点を設営しようという下心がありました。
今回、見事に失敗。この事件により、もともと派出可能兵力に余裕の無かった米軍は、当面小規模な特殊部隊の運用しかできなくなります。


ちなみに当該海域は、マルノーヴ現地勢力の全てが忌避する海域となっています。

半分ネタみたいな話でしたが、怒られちゃいそうですね……。まともな展開を期待された方申し訳ありません。私至ってまじめなのです。
米軍を倒せる存在って、もうこれくらいしか……(笑)

本編は、ちゃんと戦争します。もう少ししたら開始します。

御意見御質問御感想お待ちしております。

688 :創る名無しに見る名無し:2015/05/27(水) 00:02:23.90 ID:sk1J4M5l
なぜこんなに面白いのになろう辺りでやらないの?

689 :創る名無しに見る名無し:2015/05/27(水) 00:25:20.63 ID:r5qsANdb
その疑問はわからんでもないが言い方がちょっとイラッとするなぁ。
そりゃなろうの方が閲覧者も多いだろうし、書籍化とか実績もあるけどさ。
あとまとめサイトのほうに石動さんがコメントしてるよ。
“なろうには恐ろしくて投稿出来ません。すみません”

690 :創る名無しに見る名無し:2015/05/27(水) 18:48:23.87 ID:H+QGBvTO
なろうは人多いけど毒者も多いし
思いどうりの展開にならないと荒らしてくる奴もいるからなあ

691 :創る名無しに見る名無し:2015/05/27(水) 22:24:49.79 ID:ip1wwuJP
まあここは半分身内でやってるみたいな雰囲気もあるし、気楽に投稿できるからね
なろうだとそうはいかんだろうし

692 :創る名無しに見る名無し:2015/05/27(水) 22:25:52.43 ID:kDV0jM8K
SSは投稿したいけれども、それほど目立ちたくない人もいる訳ですよ
だから、連載し始めたからと言って、まとめサイトや此処で小説家になろうへ誘導しようとするのは無粋に映るのです。

正直どこに投稿するかは作者さん本人が決める事だと思うよ。


>>690
F自に関してはペルセウス と にしなさとる がその筆頭格だね。
本当にどこにでも涌いてきやがります。

693 :創る名無しに見る名無し:2015/05/27(水) 23:21:22.63 ID:Rd4z8YE1
何だかんだでここはまだ感想がつくからなぁ
5話ぐらい投稿されてても感想がつかない時のむなしさよ

694 :創る名無しに見る名無し:2015/05/28(木) 21:52:17.89 ID:CwdMS6jb
>>687
>>当面小規模な特殊部隊の運用しかできなくなります。

この「当面」って言うところがポイントかもね。
奴隷と化した「米国人1名」が帝国内で発見されたら、間違いなく祭り上げられるだろうし。(本人には気の毒だけど
そうなったら、アメリカの世論も傾くと思う。

っというか、サヴェリューハが明らかに自衛隊(正確には異世界の軍勢)に逆恨みしているから
捕まった日本人+米国人の扱いは凄惨な物となる筈。

695 :創る名無しに見る名無し:2015/05/28(木) 22:52:52.79 ID:LAh+kpgk
アメリカも色々あるからねぇ、米国人が殺されたそれやっつけにいけぇーって単純な国でもないんですよ
見捨てる時はあっさり見捨てるよ
ルワンダの時も米兵が殺されて市中引き回しにされてる映像が流されるとヘタれて徹底したし
イスラム国も空爆と特殊部隊の展開だけで地上軍派遣は拒否してるからねぇ

696 :創る名無しに見る名無し:2015/05/28(木) 23:32:46.04 ID:a20RMI7z
金と利益も絡む。異世界利権とか見逃すとは思えない。
遺伝子だけでもどれだけ儲けを産むか分からん。

697 :創る名無しに見る名無し:2015/05/29(金) 00:15:55.67 ID:oVY86MYu
>>695
>見捨てる時はあっさり見捨てるよ
その意見は初めてみるかもしれないから非常に新鮮に感じる
それである映画を思い出した
「スパイ・ゲーム」
これは見捨てられた「米国国民」をどう助けるのかっていう映画なんだけど、
フィクションであっても米国が見捨てることがあるっていう事例かな

698 :創る名無しに見る名無し:2015/05/29(金) 04:56:19.87 ID:3z8iwdr9
まあ実際に部隊派遣は無くとも日本に対する有形無形の何らかの支援はするでしょ

699 :創る名無しに見る名無し:2015/05/29(金) 22:27:49.52 ID:Rq5I2OvU
加えて帝国とやらは地球の近代文明に比べて明らかに遅れた技術を持つ国家
弱い者いじめ大好きな米国が、同盟国を攻撃したこの侵略国家に制裁を加えるのに何の躊躇いもないだろう

正直未知の領域で補給線が伸びるのは危険極まりないので、多少無茶が出来る米国に任せた方が良いだろうね。
自衛隊だけじゃ補給の面で息切れが怖いし

700 :創る名無しに見る名無し:2015/05/30(土) 00:42:52.69 ID:ey31jtLo
問題は米国に余裕が有るかどうかなんだよなぁ
作中には第五次中東戦争のせいで米国とEUは思うように動けない、みたいな一節があったし
仮に米国が異世界へ本格介入するとしても、それは中東情勢が落ち着いてからになりそうだ

701 :創る名無しに見る名無し:2015/05/30(土) 21:59:22.88 ID:8I1tlZCq
米国:そっちの方からこっちの世界に干渉してきたんだから文句は無いよね?
帝国:すんません、マジ勘弁してください
日本:国民返してっ!でも、米国さんやり過ぎは禁物ですよ?
米国:そんな事言われるまでも無いさHAHAHAHA
邪神:どーでも良いけど、こっちの海荒らすなよ。

702 :創る名無しに見る名無し:2015/05/31(日) 14:11:17.30 ID:j5QQ8Qnd
中東とどっちが金になるかを考えたら異世界の方が金になりそう

703 :創る名無しに見る名無し:2015/05/31(日) 21:04:01.25 ID:n7SyDB0n
もっともっと連載作品が増えればよいな
小説家になろうに限らず、F自まとめ とかでも

704 :創る名無しに見る名無し:2015/06/01(月) 15:23:14.43 ID:mEIR8YTh
石動さんの西園寺三佐の声が某大公爵の中の人で脳内再生余裕でしたw

705 :創る名無しに見る名無し:2015/06/01(月) 19:22:18.37 ID:orsA1BFp
陸自に迫る海自の鬼軍曹

有能変人な陸自のお嬢


さあ、『勇猛果敢』『支離滅裂』な空自はどうなるんじゃ?

706 :創る名無しに見る名無し:2015/06/01(月) 23:38:02.61 ID:IxvjrLjZ
>>703
ニッチなジャンルな上に書くのに知識が求められるからな。
見ている層も結構描写にうるさい人多いから、書いたとしても評価されるのは難しいし

707 :創る名無しに見る名無し:2015/06/02(火) 16:10:31.73 ID:j2fIngxJ
ほぼ雑談スレなのにまだ思ったほど過疎ってないな

708 :創る名無しに見る名無し:2015/06/02(火) 18:23:26.22 ID:2ebArDgs
リレー小説の続きを書いても良いんだぞ。
私は会談を書くのが苦手だから詰まってるけど。

709 :創る名無しに見る名無し:2015/06/02(火) 19:47:29.23 ID:xzEkQJ9+
創作発表版では人がいる方ではなかろうか

ネタはあるんだがイカとミラ探索でな…

710 :創る名無しに見る名無し:2015/06/02(火) 21:42:38.40 ID:yfUXOlIs
自衛隊が自衛隊流にダンジョン探索とかするのすき

711 :創る名無しに見る名無し:2015/06/02(火) 21:52:11.09 ID:IFkmq55e
まず施設科の開削した堀から水を流し込みます

712 :創る名無しに見る名無し:2015/06/02(火) 22:24:22.53 ID:yfUXOlIs
伝説の魔道具手に入れるために普通科送り込んでその途中の金銀財宝に息を呑む隊員とかなんかそういうの
実際は石動氏のssみたいに爆破処理で終わりなんだろうなあ

713 :創る名無しに見る名無し:2015/06/02(火) 23:24:10.69 ID:MdH1GHR+
そろそろ設定が行き詰まり始めているから一度リセットして新しい世界観でリレーしても良いのよ?

714 :創る名無しに見る名無し:2015/06/03(水) 05:41:10.09 ID:CIEQm59y
>>545
敵をなめくさって意気揚々と侵攻した結果、ボコボコにされて撤退した中国みたいな例もあるからね。
文明レベルが低く設定されているなら、さほどおかしいとは思わないな。

現場からの報告が途中で握り潰されて上層部に届かないこともある。
中国戦線のフライングタイガースからの報告(零戦に関するもの)をアメリカ軍が信じなかったように。

それに人種に対する偏見に捕らわれることもある。「日本人は近眼だから空戦に弱い」とか。

さらに、ある程度の情報が入ってきていても、分析を誤ることもある。
フセインがアメリカ軍は動かないと思ってクウェートに侵攻したりね。

715 :創る名無しに見る名無し:2015/06/03(水) 11:25:37.72 ID:ILJdI608
>>714
リアリティがあるかどうかじゃなくてそういうストーリーが多すぎて食傷気味ってことでしょ

716 :創る名無しに見る名無し:2015/06/03(水) 14:57:59.57 ID:HqafcncU
読み手はともかく作り手の一度目に文句言ってもなあ
分からんでもないが新しいものがないのは古いもので間に合うからだ

717 :創る名無しに見る名無し:2015/06/03(水) 17:31:45.53 ID:2KHULdcV
古いものでも良いものはあるかもしれん
例えば関東軍ぽい自衛隊がセルフプロデュースして異世界でいけいけな感じの話とか読んでみたい
ま、自演乙ってとこなんだけどさw

718 :創る名無しに見る名無し:2015/06/03(水) 21:14:27.67 ID:B24JYBBl
>>716
そらのいくささん と言い、UNNAMED 360さん と言い、ここの住人自ら叩き出している気もするんだが・・・。
連載作品増えないかなーと言いつつ、投稿したら投稿したで粘着かますし、もう少し何とかならんのかね。

全体的に見れば、純粋に作品を楽しんでいる人が多いのは解るけど、一部の声のデカい少数によって作者さん達の
モチベーションを削いでいる気がするんだよ。
特に最近酷かったのが、無断改変とオナニー丸だし二次創作、あれは誰が作者でも萎える。
小説家になろうだと、無断改変自体は構造的に起こりえないけど、許可なしの二次創作はあるかも

やっぱり、投稿するなら、何処かしらの投稿サイトにするべきなのかねぇ・・・実質なろう一択なんだろうけど

719 :創る名無しに見る名無し:2015/06/03(水) 21:50:38.48 ID:pISnA655
>>718
投稿サイトで、感想は受付ない設定にするのが精神衛生上一番良さそう。
ただし、誤字脱字の指摘も受けられなくなるという諸刃の剣。

720 :創る名無しに見る名無し:2015/06/03(水) 22:00:48.63 ID:zwjU6Cmf
これでも減ったほうだよ過去ログみてみなキチガイだらけだよ

721 :創る名無しに見る名無し:2015/06/03(水) 22:10:34.73 ID:CIEQm59y
>>720
軍板の頃からそうだったよね。

722 :創る名無しに見る名無し:2015/06/04(木) 20:59:12.12 ID:REVT3htz
特定の作者さんに狙いを定めた粘着は、新作投稿次第すかさず叩き出すからな。
本当に害悪としかいいようが無い

書き手に回ると色んな辛さが身に染みて解る筈だ、非生産的な意見しか言わないのは誰の為にもならない

723 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/06/04(木) 22:14:32.32 ID:yonrPC+n
書き手からしますと、叩かれるのは辛いですが、反応がないのはもっと辛いですね。まぁ、いい反応があるとモチベーションが高まります。もりもりと。

なろうは、興味はあるものの、怖くて難しいところです。こちらで御世話になります。

724 :創る名無しに見る名無し:2015/06/04(木) 22:42:43.61 ID:kmqhb84S
小官とか魔術師とか今はどうしてるんだろうなぁ…

725 :創る名無しに見る名無し:2015/06/05(金) 04:32:41.68 ID:di+as+ey
俺は今でも物語は唐突に氏の復活を諦めていない
あの頭の悪いノリ(褒め言葉)好きだったなあ……佐藤一尉と女陸曹(名前忘れた)の掛け合いも楽しかったし

726 :創る名無しに見る名無し:2015/06/06(土) 13:05:44.25 ID:yRElQ7Ba
物語氏の自衛隊というか日本のナチュラルに狂ってる感いいよね
創作ならではの味付けだと思う

727 :創る名無しに見る名無し:2015/06/06(土) 13:53:02.83 ID:8N4mJ6YS
「物語は唐突に」の日本って具体的な描写はされなかったけど転移直後は地獄絵図だったぽいしね。
開始時点でもう日本と自衛隊はすっかり精神が地獄に適応しちまってるw

728 :創る名無しに見る名無し:2015/06/06(土) 23:40:28.95 ID:8I3Nd9VA
>>718
そうか?そらのいくさも異空人もエタるべくしてエタった作品じゃん
特に後者は、文章も拙いし話も繋がっていない手抜きじゃん

両方とも盛り上がる場面も特にないし、なろうに投稿できるレベルにも達していない
石動さんならやっていけるかもな、つか何で怖がってんの?

729 :創る名無しに見る名無し:2015/06/07(日) 00:09:50.99 ID:kQ9p6iAm
ほらきなすった

730 :創る名無しに見る名無し:2015/06/07(日) 12:01:21.13 ID:Ynx9rtlR
なろうに投稿できるレベルとか、なにそれ笑うとこか?
普通になんの問題も無いだろう。二作品より文章力低い作品なんぞごろごろあるぞ

731 :創る名無しに見る名無し:2015/06/07(日) 12:04:32.87 ID:B6X+fFCd
○○「〜〜〜」
この形式じゃないだけでもマシ
地の文がなくてセリフだけなんてザラ

732 :創る名無しに見る名無し:2015/06/07(日) 13:45:11.73 ID:vMBHexK8
なろうに投稿できるレベル……?
つまり、日本語で書かれているということか?

733 :創る名無しに見る名無し:2015/06/07(日) 16:27:36.86 ID:aMkcvY/I
>>728がなろうごときを神聖視してることはよくわかった

734 :創る名無しに見る名無し:2015/06/07(日) 18:52:48.14 ID:u4ZKuw02
なろうに投稿できるレベルとか意味不明だな

735 :創る名無しに見る名無し:2015/06/07(日) 19:37:56.42 ID:5jYbFNu4
>>730
あーじゃぁ、なろうでそこそこ、コメントが伸びる作品に訂正しようか
確かに駄文でも投稿しようと思えば投稿できるわな、やろうとは思わんが

>>731
確かに文章とかそれ以前の奴も見かけるな、酷い時は擬音とセリフだけの奴も見たな


金を払う訳でもなく無料で公開されている作品ではあるけど、称賛のコメント以外はしちゃいかんと言うルールがあるのか?
無料で出されているバイキングの料理に美味いと言えるなら、不味いと作った料理人に言う事も出来るだろ。勿論無言で立ち去る事も出来るが

度々話題に上がる作品だから見てみたが、どうにも理解出来ん、そこまで人気が出るものには見えないぞ  俺はな

736 :創る名無しに見る名無し:2015/06/07(日) 20:03:05.51 ID:5TchRMB7
それどころか、出版されてる作品(ウェブからじゃない奴な)でも擬音だらけの
酷い奴有りますがな。

737 :創る名無しに見る名無し:2015/06/07(日) 20:56:54.87 ID:4ecxYzWZ
なろうもなろうでこういうキチガイをシャットアウトできるという利点もあるからな
細々とやるなら2ちゃんよりむしろなろうのほうが適しているとも言える

738 :創る名無しに見る名無し:2015/06/07(日) 21:03:45.77 ID:Ynx9rtlR
>>735
度々話題に上がる?島戦争ならまだしも異空人がそこまで話題に上がってるとは思えんがな
ましてそらのいくさに関してはここ最近ここで話題に上がってすらない気がするんだが

739 :創る名無しに見る名無し:2015/06/07(日) 21:11:54.69 ID:5jYbFNu4
>>736
そいつは傑作だな、金払ってそう言うの買っている奴も居るという事か
どんなものにも需要と言う物があるもんだ

>>737
称賛のコメントだけかき集めて仲良しこよしやっていくんなら、閉鎖的コミュニティでも良いだろうさ
作品自体は合わなかったが、例の無断改変騒動に関しては同情してやってるよ
確かにキチガイは厄介だな あぁ おっかないな

740 :創る名無しに見る名無し:2015/06/07(日) 21:20:48.31 ID:M0gdbVMG
うちーかたはじめ

741 :創る名無しに見る名無し:2015/06/07(日) 21:52:07.54 ID:1xJpslPr
キチガイは自分をマトモな人間だと思ってるから質が悪いな

742 :創る名無しに見る名無し:2015/06/08(月) 02:34:34.38 ID:ydpS5PpF
君らなんでそんな煽り耐性低いの?
スルーしとけばいいのに

743 :創る名無しに見る名無し:2015/06/08(月) 04:19:15.67 ID:b5PK72GB
煽り耐性高かったらこんなとこにいない

744 :創る名無しに見る名無し:2015/06/08(月) 06:16:05.91 ID:MMZHzFzf
ESSMって最短射程500mなのね
定番ネタの接近されてミサイルが撃てないからCIWSってのは実際にはあまり無さそうだな…

745 :創る名無しに見る名無し:2015/06/09(火) 23:42:41.41 ID:aybOshos
>>742
これ、本当に無視するだけですべて解決する事案

>>744
ワイバーンあたりならミサイル使うまでも無さそうだけど、ものによってはブレスがナパームクラスだったりするしなぁ・・・
弾薬費けちってCIWSで撃墜しようとして船沈められると本末転倒だし・・・

746 :創る名無しに見る名無し:2015/06/09(火) 23:57:30.89 ID:Ag1PDGUy
>>744
最短500ならもう海上ならミサイルだけで良いな
米軍がseaRAMだのどんどんミサイル化進めてるのも分かるわ

747 :創る名無しに見る名無し:2015/06/10(水) 00:19:20.25 ID:h0niDeQx
>>745
大破や沈没まで行かなくてもレーダーなんかやられると修理費が大変なことに

748 :創る名無しに見る名無し:2015/06/10(水) 03:32:33.87 ID:tRSBVQkF
「ミサイルもったいない、銃砲で十分」ってちょくちょく出てくるけど
それやると火力の機動力が大幅に低下。
艦船の火力投射のプラットホームとしての価値が激減してしまう。

749 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/06/10(水) 04:23:58.16 ID:Y9e7uWFK
こんばんは。
書くのも読むのも楽しい私です。苦しくもありますけど。

今日も何とか投下してみます。

750 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/06/10(水) 04:25:21.68 ID:Y9e7uWFK
第2部 第4話


帝國軍監視哨 ルルェド南方約120キロ付近 マワーレド川
2013年 2月14日 13時42分


 帝國徴用兵ルワンにとって、今日は人生で最もツキがない1日だった。
 ちょっとしたヘマを今日に限って伍長に見咎められ、配給を減らされた上に薪拾いまでやらされる羽目になった。
 その最中、騙し騙し使っていたブーツが遂に破れてしまい、泥濘にはまり込んだ足が気持ち悪い。ヒルに食いつかれているようだ。たまらなく痒い。
 昼飯に薄い堅焼きパンを一切れ水で腹に流し込んだあと、いつもなら夕刻まで休みなのだが、どういう訳かすぐに立哨が回ってきた。「俺の番じゃないだろう?」と文句をつけたら「博打の負けは立哨の肩代わりで、って言ったのはお前だろう」と返された。
 そうだった。くそったれめ。
 マワーレド川の河畔に繁る熱帯雨林を僅かに切り開いた猫の額ほどの土地に、監視哨は設けられている。ここは少し前までチット村と呼ばれていた。川エビ漁と水先案内で生計を立てる貧しい漁村だった。ルワンの故郷だ。
 そんな村だから、帝國軍が現れた際にはすぐに平伏して支配下に入るしかなかった。幸いにも奴らは寛大だった。村に拠点を築き食糧と徴用兵と女を取り立てただけだったのだ。命をとられなかったのだから幸運なのだろう。彼はそう信じようと努力している。


 村を支配するのは指揮官の下に魔導士が一人と帝國軍兵士が20名程。その彼らが30名程の徴用兵を動員して遂行する任務は、警報器となることである。
 帝國南方征討領軍ジャボール兵団は、主力の前方に彼らのような複数の前哨部隊をばらまいていた。彼らは、毛細血管のように熱帯雨林を流れるマワーレド川流域に点在する漁村や農村を次々と占領した。
 南瞑同盟会議は自己の勢力圏を侵食され、その結束と国力を大いに削がれるとともに、反撃の動きを秘匿することが困難になってしまった。
 有力な輸送路であるマワーレド川流域に無数の帝國軍前哨部隊が展開することで、こちらの部隊行動が素早く帝國軍主力に伝わってしまうのだった。

751 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/06/10(水) 04:26:37.36 ID:Y9e7uWFK
 灰色の水面と、鮮やかな緑色が広がる熱帯雨林をルワンは死んだ魚のような眼で見張っている。照りつける太陽は彼の肌を焼き、栄養不足の脳は彼に緩慢な動作しか許さない。
 ちくしょう。〈帝國〉のくそったれ。同盟会議のくそったれ。彼はこの世の全てを呪いながら、粗末な銛に寄りかかるしかなかった。
「おい、貴様ァ! ぼさっとせずにしっかり見張れ!」帝國軍の伍長が顔を真っ赤にして怒鳴った。槍の石突きで小突かれる。
「す、すいません……」ルワンは力なくよろけた。腹に力が入らない。
「ふん、虫けらめ。生かしてやっている恩を忘れるな」
 伍長の理不尽な言動に、ルワンは涙ぐんだ。村はいつまでも食い物にされるか、どんなきっかけで根絶やしにされるか。絶望しか感じられなかった。
 
 ああ、誰かこの帝國野郎をぶっ殺してくれ……。

 そう願うルワンの滲んだ視界の中、南の方向に水面を走る何かが見えた気がした。遠雷のような音が聞こえる。


 そして、彼の願いは叶えられた。


「ガヒュッ!」伍長の口から聞いたことが無い声が漏れた。
 振り返ると、ルワンよりはるかに体格の良い伍長の、鎧で守られた胸板に小さな穴が開いていた。同時に、その背後に繁る木の幹が湿った音を立てた。赤黒い伍長の一部がまき散らされているのだ。
 何が起きたのかわからないまま、伍長は口から鮮血を吐き出し、地面に崩れ落ちた。
「ご、伍長どの?」返事は無い。激しく痙攣する身体には、すでに命の気配は無かった。

「やった! 死んだ! やっ──」
 ルワンは願いが叶えられたことへの喜びを最後まで表すことが出来なかった。約300メートル先から飛来した7.62ミリNATO弾は、大きく開いた彼の口腔に飛び込み、周囲の全てを破砕しつつ進んだ。
 弾頭は程なく彼の脳幹に到達し、そこに存在する組織を根こそぎ断ち切り、彼のツキのない人生に終末をもたらしたのだった。

 時を同じくして、ルワンの周囲では立哨中の兵士たちがことごとく狙撃を受け、血煙を上げて声もなく倒れた。



「全目標を無力化」
 観測手が報告した。
 狙撃手は照準眼鏡を覗いたままボルトを操作し、M24対人狙撃銃に次弾を装填した。ドーランの塗られた顔には緊張と隠しきれない興奮がある。
「突入部隊に通報」
「了解──スパロウ、スパロウこちらフクエ『閂は開いた』『閂は開いた』送レ」
 小隊長の命令を受け、無線手が符丁をコールする。歩哨の排除成功により、移動中の突入部隊は奇襲に成功するだろう。
 程なく、村の方角から雄叫びと悲鳴が聞こえてきた。南瞑同盟会議水軍歩兵が村に突入したのだ。
「後詰めに行くぞ。小隊集まれ」
 命令を受け、2型迷彩にブーニーハット姿の陸自西部方面普通科連隊所属の狙撃手たちが、小隊長の周囲に集まり始めた。

752 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/06/10(水) 04:28:57.64 ID:Y9e7uWFK
 村を占領していた帝國軍は、南瞑同盟会議水軍の切り込み隊によって殲滅されていた。あちこちに切り裂かれた死体が転がり、一部の家屋から煙が立ち上っている。
 帝國軍指揮官は接収した家の中で村の女を抱えこんでいるところを急襲され、死亡したのが確認された。
 狙撃分隊を含むWAiRの一個小隊は、村落の入り口近くで停止していた。
「敵兵は全て殺害。魔導士の死体も確認しました。『導波通信』でこちらの攻撃を通報されたかどうかは不明だそうです。村の被害もかなり……いくらが巻き添えも出ているようです……」
「戦闘は終結しました、小隊長。以後は村民の救援に当たってはいかがでしょうか?」
 普通科分隊長が意見具申した。しかし、小隊長は顎をしゃくって傍らに転がる歩哨の死骸を差し、言った。
「見ろ。こいつは村からの徴用兵だ。こいつらを含めて村人は大分死んだ。殺したのは俺たちだ。帝國軍の侵攻から守ってもらえず、戦闘に巻き込まれて山ほど殺された村人の気分を考えてみろ」
「怨みますね」分隊長がつぶやいた。
「そうだ。南瞑の連中も徴用兵や帝國兵にブンガ・マス・リマをやられて殺気立ってやがる。そんなところに入っていく必要はない。俺たちは黒子に徹するぞ。
 俺たちが姿を見せなければ、怨みの矢面に立つこともないし、敵は南瞑同盟会議水軍に襲われたと思うだろう」
「キツい話です」分隊長は肩を落とした。小隊長は分隊長の背中をどやしつけて言った。
「これが戦争だ。しかも奪還作戦だ。俺たちWAiRの戦いだぞ。しゃんとしろ!」
 


「先任、あたくしたちの強みが何なのかおわかり?」
 西園寺三佐が楽しそうに言った。地上部隊からの報告を受け、第1河川舟艇隊は村落付近まで前進している。帝國軍の監視哨が存在した地点では、すでに戦闘は終結したようだった。
 久宝1尉は、艇尾付近に据えられたM2重機関銃に目をやりながら答えた。
「火力、でしょうか?」
「つまらないわね」西園寺が冷たく斬って捨てる。「あたくしの幕僚の答えが『火力』だなんて、平凡すぎる。そんな答えは特科のみなさんにお任せすれば良いのよ」
「では、司令はどのようにお考えですか?」
 久宝の質問に西園寺は逆に問い返した。
「それじゃあ先任、あたくしが好きなことが何かご存知?」
 久宝の脳裏には「弱い者いびり」という言葉が浮かんだ。口が滑りそうになる。多分これは正解であり、同時に間違いだ。もしもうっかり口にしようものなら、それが『正解』であることを我が身をもって体験できるに違いない。
 久宝は身震いし「攻撃ですか?」と当たり障りのない答えを返した。
「……そうね。『攻撃』は好みだわ。あたくしは人に振り回されるより振り回す方が優雅な行為だと信じているわ」西園寺は真摯な口調で言った。
「全く同意します」久宝が頷く。
「……何かひっかかるわね先任、まぁいいわ。攻撃に必要なのは『速度』の優越よ。あたくしたちは部隊の機動速度と意志決定速度で敵とは比べものにならない。そこが強みだわ」
 なるほど、司令らしい考えだ──久宝は上官の言葉に納得した。近世以前レベルの異世界軍に対して、現代軍たる自衛隊の『速度』は隔絶している。部隊の移動速度や情報伝達速度は比べものにならない。
「ここはルルェドから南へ120キロ。帝國軍の常識に照らせば約10日の距離よ。あたくしたちの襲撃がたとえ敵に知られたとしても、明日にはルルェドに到達するとは思わないわ」
「奇襲を狙うのですね」
「そうよ先任。あたくしたちは敵の意志決定速度を軽々と追い越して、ルルェド攻囲軍を叩くの」
 西園寺は北を指差した。すらりとした美しい指先が、苦闘を続ける同盟軍の城塞の方角を示していた。



 帝國軍の監視哨を潰した第1河川舟艇隊は、速やかにWAiRと水軍部隊を収容し進撃態勢を整えた。作戦発動以降、すでにリザードマンからなる警戒部隊と2ヶ所の監視哨を潰している。
 このあとは敵の監視哨を避けるため分岐点から支流を進み、14日2300時までにルルェドまで40キロの地点に到達。その先は警戒網の回避が困難と見積もられるため、速度を上げ一気に突破を企図する。
 順調に行けば揚陸予定地点到達は明朝0300時である。

 西園寺三佐の第1河川舟艇隊は15日0500時をもって別働隊と会合。払暁と同時に帝國軍ルルェド攻囲部隊を攻撃する計画であった。

753 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/06/10(水) 04:30:35.22 ID:Y9e7uWFK
ジャボール兵団攻城隊 ルルェド西壁正面
2013年 2月14日 16時27分

 盛大な擦過音と木の軋む音を残し、大型の矢が城塞へ向けて放たれた。砲台長の怒声のような指示を受けて、筋肉を盛り上がらせたオークたちがバリスタに取り付き機力を用いて次弾をつがえ始める。
 醜悪な外見を持つが人類を超える膂力を誇る妖魔たちのお陰で、帝國軍のバリスタは諸外国軍より遥かに長射程を手に入れていた。当然、バリスタには魔導の加護も加えられている。
「放てェ!」長弓兵隊指揮官が叫んだ。
 バリスタの前方に放列を組んだ長弓兵たちが虚空に矢を放つ。ザァという音とともに、南瞑同盟会議ルルェド領主軍の籠もる城塞に向けて、数百の矢が飛んだ。

 彼らジャボール兵団攻城部隊が陣を張っているのは、数日前まで同盟会議軍のものであった西岸の支城である。石造りの堅牢な城壁の上に、攻城用大型バリスタ12基とカタパルト4基を据え、日の出からひっきりなしに投射を続けている。
 城壁破砕用の重量弾が水面に落下し、派手な水柱を上げた。その上を焼夷榴弾が通過し城壁に当たって炎を噴き上げる。戦場には地鳴りの様な音が絶えず響いていた。

 
 約500名の長弓兵が放つ矢の雨の下。川面を一斉に漕ぎ出す舟の群れが見えた。
 遠戦火力の支援射撃下で、帝國軍ジャボール兵団の歩兵部隊がマワーレド川渡河攻撃を開始したのだ。
 投入された兵力は半個徴用兵団約500名。彼らは損害を省みず城壁に取り付き梯子を掛けなければならない。
 彼らが成功すれば第二陣として待機するゴブリン軽装歩兵団約1000名が城内に雪崩れ込む算段だ。

──だが、徴用兵の半数が城壁付近に到達した時、城兵が反撃に出た。

 帝國軍の火制下にあるはずの城壁のあちらこちらから、狙いすましたファイアーボールやライトニングボルトが徴用兵の乗る小舟を直撃する。被弾した小舟はたちまちのうちに燃え上がり、悲鳴を上げながら兵たちが川に転がり落ちた。
 丁寧に掩蔽された狭間からクロスボウの矢が放たれる。矢を胸に受けた小隊長がもんどりうって倒れ、大きな水柱を上げた。

 城塞守備隊から猛烈な射撃を受け、徴用兵団はあっさりと混乱した。

「ええぃ! 奴らの火点を狙え!」
 苛立った声で長弓兵指揮官が命令するが、組頭は「無理です」と答えた。
「我らは一点を狙う訓練を受けてはおりません。選抜弓兵でなければ遠矢は手数で押すのが精一杯でございます」
「うぬぅ……」
 長弓兵指揮官はうなるしか出来なかった。大型バリスタは射角の変更に時間がかかりすぎるし、カタパルトは狙って放つものではない。前線に火力支援の魔術士や長弓兵部隊を推進することで解決は可能なのだが、この戦場ではマワーレド川がそれを阻んでいる。
 辛うじて掛けられた梯子に勇敢な兵が取り付くこともあるが、すぐに城壁の上から煮え湯を浴びせられ水面に落ちた。



「左! 梯子が掛かったぞ!」
 切羽詰まった警告が城内に響いた。
「叩き落として!」
 西壁のルルェド家臣団を率いるカーナ・ハヌマがすぐに指示を出した。手近な数名が斧を担いで走り出す。
「そりゃあ!」
 力任せに振り下ろされた斧の刃が必死に掛けられた梯子を叩き折り、梯子は哀れな徴用兵ごと地表に落下していった。
 老齢の魔術士が物陰に隠れたまま呪文を詠唱する。最後の印を切ると魔術士は素早く身を起こし、川面を迫る帝國軍の小舟にスタッフを振り下ろした。火球が生まれ飛翔する。わずかに手前の水面に着弾、盛大に水蒸気が噴出する。小舟はバランスを崩し転覆した。
「やったわ! さすがパームアン師ね。でも、すぐに移動して!」
「うむ」老魔導士は孫ほど年の離れたカーナの指示に素直に従い位置を変えた。
 彼女の手勢は100名に満たないが、よく城壁を守っている。掩蔽された射座から矢と攻撃魔法を放ち、慎重に位置を移動することで、損害は最小限に抑えられていた。天然の障害物たるマワーレド川の効果は絶大で、敵は多勢の利を活かすことが出来ていない。
 城壁に巨石が弾着した。重々しい音を立て、足元がわずかに震える。カーナは身を固くし、一瞬怯えの色をその顔面に浮かべた。
「城壁に被害なし! ルルェドの堅牢さを舐めるなよ帝國軍!」
 危険を押して顔を出し状況を確認した兵が勝ち誇った。カーナは安堵し、曾祖父に感謝した。
 ひいおじいさま。貴方の普請した城壁のおかげです。ありがとう。

754 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/06/10(水) 04:31:27.62 ID:Y9e7uWFK
「見張りから報告! 蛇が来る!」
「見えたぞォ! 西方よりワイアーム、突っ込んでくる!」
 カーナは視線を西方の空に向けた。彼女の目が曇天に胡麻粒程の存在を見出した。有翼蛇が襲撃機動に入ったのだ。カーナは、大急ぎで指示をとばした。
「蛇が来る! みんな姿を隠して!」
 カーナは自らも手近な物陰に身を伏せた。部下たちも慌てて身を隠そうとする。一部の兵は目の前に掛けられた梯子を叩き落とし、迫る敵兵を射落とすために敢えて身を曝していた。
 豆粒ほどであった有翼蛇は、すでにその恐るべき口腔の鮮やかな赤色が見えるほどの位置にあった。空中を滑るように迫る。
「くそったれの裏切り者どもめ! 俺の小便でも喰らえ!」
 カーナの手勢が敵を罵りながら矢を放っている。甲高い奇声が辺りに鳴り響く。くぐもった音。視界の一部が赤く染まる。

 湿った着弾音とあとに続く轟音。熱風がカーナの頬を撫でた。
 思わず眼を閉じた彼女が数秒ののち見たものは、たいまつのように燃え上がる部下の姿だった。カーナは両手で口を覆い絶句した。地獄の亡者を思わせる絶叫が耳を打つ。
 有翼蛇の火焔弾攻撃は、10名近い兵士を殺傷していた。もともと少ない城塞守備隊にとっては無視できない損害である。何より、幼い頃からの顔見知りが真っ黒い塊に成り果てる姿は、まだ少女と言ってよいカーナの精神を手酷く痛めつけた。
 その間にも帝國軍はじりじりと城壁に迫っている。城塞からの射撃が衰えた隙をついて、複数の梯子が掛けられた。

「お嬢! 下知を!」
 家臣が声を掛ける。辛うじて気を立て直した彼女は、射撃の再開を命令した。城壁のあちこちから攻撃魔法が放たれ、敵の再攻撃を撃破する。だが、城兵の損害はホディーブローのようにルルェドの体力を奪いつつある。
 この調子で、一体どれくらい持ちこたえられるの? 有翼蛇がまた来たら……。

 カーナは、不安げに西の空を見上げた。野鳥の群れが南へと飛んでいる。彼女はそれを羨ましいと思った。自分たちには、周囲を埋める一万の敵軍を越えて安全な場所へ逃れる術はないのだ。

 帝國軍による城塞本体への総攻撃開始から3日。ルルェドは頑強に抵抗を続けていたが、それがどれほどまで続けられるのか前途に暗雲が立ち込めつつあった。




「いかんな、兄者。士気が持たん」
 シリブローが諦めたように言った。
 ルルェド城塞西側に強襲をかけたジャボール兵団の先手は、有翼蛇の支援攻撃で一旦弱まった防御火力の隙を突き、城壁に迫ったように見えた。
 しかし、思いのほか敵の立ち直りが早い。何本も掛けられた梯子が、幼子に蹴散らされる積み木のように次々と倒れている。徴用兵たちは川に叩き落とされていた。

「ゴブリンどもを投入するか? 飛行騎兵はあとにとっておかねばならんから、無理攻めになるが」
 先手の徴用兵団が崩れる様を見て、副将はゾラータの判断を仰いだ。
「城壁を突破できるか? うん?」
 ゾラータは腕を組んだまま訊ねた。
「無理だな兄者」シリブローがあっさりと言った。「カタパルトとバリスタもそろそろ腱か切れるものが出ておる。兵だけの無理攻めでは到底落ちまいよ」
「ならば、無益か?」

「いや。夕刻まで攻め立てれば、敵も疲れようぞ、兄者」

 シリブローは雑兵の損害など気にもかけていないようだった。もちろん兄弟であるゾラータも同じである。
 帝國南方征討領軍を率いる将帥たる彼らは、目的の為なら手持ちをどう使っても良いのだと、常日頃から確信している。

 ゾラータは決心した。
『先手及び第二陣は、ルルェド西側城壁に対する強襲を継続せよ。攻城隊は引き続きこれを支援せよ』
 この命令により、徴用兵団とゴブリン軽装歩兵たちは、城兵を疲弊させるために、己の命を城壁に叩きつけ続けることを強いられることになる。

755 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/06/10(水) 04:48:40.57 ID:Y9e7uWFK
ラーイド港区 ブンガ・マス・リマ
2013年 2月14日 17時05分

 時刻は夕方になろうとしているが、日はまだ高い。日差しは衰え知らずで、昼間より長く延びた影だけが、時間の経過を示している。
 〈ニホン〉の騎士団は、ラーイド港区北側の広大な土地を瞬く間に馴らしてしまった。そして、そこに塔をひとつと、いくつかの大きな館を建てた。中を見た職工は、館の中ががらんどうになっていることに驚き、『一体何に使うのだろう』と、頭を捻った。
 交易商人は、荷をしまい込む倉だろうと言った。〈ニホン〉の人々は、猛烈な勢いで様々な荷をラーイド港に運び込んでいる。多くの人が、その意見にうなずいた。
 大地母神の司祭は、神殿だろうと当たりをつけた。まだ聖遺物や御神体の類は運び込まれていないが、彼らの信じる神々に祈りを捧げるのだと想像した。

 どれも違う。
 ブンガ・マス・リマの邏卒であるマラータは確信している。
 ある風の強い夜。皆が異様な羽音を聞いた。帝國軍の暴虐の記憶がまだ新しいブンガ・マス・リマの民は不安な一夜を過ごした。
 翌朝、相棒と巡回を始めたマラータの目に、昨日と全く異なる景色が飛び込んでいた。ラーイド港の沖には、〈ニホン〉の巨大な箱船が3隻も浮いていた。箱船はすぐにいなくなったが、代わりに見慣れぬものの群れが、地上にあったのだ。
 巨大な胴と、長く突き出た尾。胴体の上には風車のようなものが、何故か寝かせた状態で付いている。姿形は様々で、丸いもの、角張ったもの、一際巨大なものと、どれも異形と言ってよかった。
 赤い太陽を示す〈ニホン〉の紋章が描かれているところを見ると、彼らのものなのだろう。異形の群れは整然と並べられている。

(交易品? 神像? 絶対に違う)
 マラータにはその姿が理解できないが、『それ』が発散する空気は圧倒的なまでに猛々しく、彼に二つのものを連想させていた。
 一つはブンガ・マス・リマを巡る戦いで帝國軍を粉砕した魔獣〈キュウマルシキ〉
 そしてもう一つは、故郷の人々が恐れる巨大な人喰蜂の姿であった。


 ぼぅっと眺めていると、建物の方から〈ニホン〉兵の集団が駆け足でこちらへ近付いてきた。最近ようやく見慣れてきた斑模様の軍装に身を包んだ男たち。彼はそちらを見て、自分の考えが正しいことをさらに確信した。

 あんな目をした連中が関わっているんだ。これが戦に使うもの以外で有るはずがない。

756 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/06/10(水) 04:51:25.65 ID:Y9e7uWFK
以上です。
ついでにルルェド攻防戦の彼我の兵力を書いておきます。こういうのって考えるのは楽しいですが、人にお見せするのは恥ずかしい気分になりますね。

御意見御質問御感想お待ちしております。


ジャボール兵団 総勢13000余

主将ゾラータ・ジャボール
副将シリブロー・ジャボール
本営警護隊  400
二個軽騎兵隊 1000
一個重騎兵隊 500
一個ヘルハウンド隊 200
四個オーク重装歩兵団 2000
四個ゴブリン軽装歩兵団 4000
一個選抜猟兵隊 200
二個コボルト斥候隊 400
二個オーガー突撃隊 400
二個徴用兵団 2000
弓兵隊 1000
攻城隊 1000(バリスタ×16、投石器×8)
魔術士隊 50

その他軍夫、輜重等多数

一個〈帝國〉飛行騎兵隊 
魔獣遣い 12名
翼龍騎兵 36騎
有翼蛇  36頭


『ルルェド』守備隊 約500
領主 ティカ・ピターカ・ルルェド
ハンズィール傭兵隊 約200
家臣団 約200
神官戦士団 約100


第1河川舟艇隊
司令 西園寺麗華三等海佐
幕僚 久宝健一等海尉
旗艦
交通船 YF2137
交通船(LCM)4隻 2121 24 25 27
運貨船4隻 YL9号型 9 10 11 12
特別機動船6艇
曳船4隻  YT50t型  77 82 83 87
カッター8艇
漁船(船外機付)10隻

海上自衛隊舞鶴特別陸警隊一個小隊 約40名
陸上自衛隊西部方面普通科連隊(WAiR)
第1中隊及び支援部隊 約200名
南瞑同盟会議水軍刀兵隊 約400名

757 :創る名無しに見る名無し:2015/06/10(水) 07:59:34.20 ID:uOe5za1y
石動さん投下乙です。
朝日とともに急襲をかけ寝ぼけ眼の敵を華麗に叩きのめす……いかにも西園寺閣下が好きそうな作戦だなあw
ヘリ部隊の来援も心強いですね。出撃BGMはお決まりの「アレ」でしょうか?

次の投稿もお待ちしてます!

758 :創る名無しに見る名無し:2015/06/10(水) 08:25:13.42 ID:UvCXJoqk
Gーフォースマーチやメーサーマーチでも良いのよ?

759 :創る名無しに見る名無し:2015/06/10(水) 19:13:06.87 ID:UhLP9izk
乙です

>こういうのって考えるのは楽しいですが、人にお見せするのは恥ずかしい気分になりますね。
妄想する人間と文章に出来る人間の差は、細かいところまで面倒がらずに形に出来るか否か

760 :創る名無しに見る名無し:2015/06/10(水) 20:21:00.47 ID:dtrUpP5s
石動さん乙でした
ヘリ部隊(第1ヘリ団?)が到着しましたか、これは心強い
そしてルルェドに対して奇策を仕掛けようとするジャボール兵団と彼らを奇襲すべく準備を整える河川舟艇隊
2月15日は長い一日になりそうだ

761 :創る名無しに見る名無し:2015/06/10(水) 22:40:32.01 ID:s2Q2R2ui
そうですね、創作活動は、書く側も読む側も両方とも楽しめないと続きませんよね。
投稿するのは恥ずかしいかもしれないけど、感想を貰えるのはとてもうれしいです。

762 :創る名無しに見る名無し:2015/06/11(木) 07:46:20.68 ID:bXP4DA3c
>攻撃に必要なのは『速度』の優越よ。
孫武「兵は拙速を尊ぶ」
アレクサンドル・スヴォーロフ「戦争において金銭は尊い。人命はより尊い。それよりもなお時間は尊い。」

非常に重要なことだが、案外発言した人間が乏しい。
はたして、帝国の古典や現役の将軍の辞書にこの言葉は掲載されているのだろうか。
漠然と認識していても、言葉にしないと実践や感覚とは結びつかない。

763 :創る名無しに見る名無し:2015/06/11(木) 19:28:46.41 ID:lkp1fdOU
>>762
一部だけ抜き出して異議を唱えるのは如何なものか
作中での書き方見る限り、電撃戦乃至エアランドバトル等を前提とした上で「速度」が重要であるという意味であることは分かるじゃん
「速度」だけ抜き出して古典に当てはまるものが無いというのはおかしいだろ

764 :創る名無しに見る名無し:2015/06/11(木) 19:31:49.47 ID:BBB8HMDx
そういえば今時の潜水艦の魚雷って磁気信管で相手の船底で炸裂するって聞いたんだけど、
その場合木造船舶相手に撃ったらどうなるんだろう。船腹に直撃できるモードとかもあるんだろうか?

765 :創る名無しに見る名無し:2015/06/11(木) 19:54:27.63 ID:lkp1fdOU
深度調定して船腹に直撃させれば出来んこともないと思う(無誘導での発射になりそうだが)
相手が対潜攻撃できないなら至近に近づいてもいいだろうし、ガレオンやら戦列艦みたいなのなら然程苦労は無いんじゃない?
ガレー船みたいなのに当てろと言われたら流石に無理だろうが

766 :創る名無しに見る名無し:2015/06/11(木) 20:02:25.05 ID:iSmkNp4K
そもそも孫武は速度はあんまり重要視してないよね
入念な事前準備と自己分析が大事といっている
兵は拙速を尊ぶも前後の文を合わせて訳すと意味合いの全然違う
誰かが言ってたけど孫子は確かに優れた戦術書だけど孫子を超えるものが出来なかったのが中国の悲劇
兵坦は現地調達しろとか書いてあるし

767 :創る名無しに見る名無し:2015/06/11(木) 20:16:30.72 ID:TsQkraVQ
>>764
当然接触信管も装備してるので直撃でも起爆できる
船底起爆の方が効果が大きいので普通はそちらを使うだけ
木造船でダメコンの未熟なら直撃でも相当な被害だろうね
なんたって300kg近い爆薬が入ってるから

ちなみに短魚雷は対潜用なので直撃信管のみで弾頭もHEAT

768 :創る名無しに見る名無し:2015/06/11(木) 20:40:36.17 ID:cpj0qjCL
前に防衛省のサイトで魚雷の水中航走動画とか言うのが公開されてて、
全く航跡が出ずに進んでて驚いたけど(アニメとかだと航跡バリバリ出てたりするし)、
その動画見ようとしたらなぜか転載されてるのも全て削除されちゃってて見れなくなってる…
同時に公開されてた携SAM改とかは残ってるのに魚雷だけ見れない
公開しちゃまずいものだったのかなあ…w

769 :創る名無しに見る名無し:2015/06/11(木) 23:08:32.03 ID:AMwIus6B
船の上での長距離攻撃手段がバリスタや大砲(この帝国は未開発)、投石器くらいしかなさそうな世界で
魚雷なんて理不尽なスペックだろうなぁ・・・・オートメララの砲撃もおかしな威力だろうし

770 :創る名無しに見る名無し:2015/06/12(金) 07:15:37.28 ID:+c+vhzn0
魚雷艇とか理不尽の塊だろうな
小さくてやたら速いし魚雷は威力が高いし機関銃も木造船相手なら普通に貫通するだろうし。

771 :創る名無しに見る名無し:2015/06/12(金) 11:39:51.19 ID:3tl0r/JV
今はDEXなんてものがあるぞぃ
2021年度から就役するが、40ノット以上で駆け回り、射程100kmの127mm誘導砲弾を叩き込むという、帝国側から見たら理不尽の塊のような船が

772 :創る名無しに見る名無し:2015/06/12(金) 14:35:31.79 ID:GiNZF9Fg
そもそもガスタービンで動く船自体が(以下略)

773 :創る名無しに見る名無し:2015/06/12(金) 15:24:46.51 ID:Ry4YcgOQ
木造船相手に魚雷なんて撃ち込んでたら破産する
ESSMが0.5億円、ハープーンが1.5億円、SM-2や短魚雷が2億円、長魚雷が3-4億円、SM-3が20億円

774 :創る名無しに見る名無し:2015/06/12(金) 15:53:07.11 ID:+c+vhzn0
木造相手にコスパで考えるならそこそこの500t位の船に機関銃と機関砲乗せときゃ
まぁまず負けないだろうな。距離が遠いうちは機関砲、近づけば機関銃で。
ついでに今後出てくるであろう不要な74の砲塔を乗せれば長距離もいけるかな

775 :創る名無しに見る名無し:2015/06/12(金) 16:36:56.68 ID:pc0j3F/r
火炎放射器も載せたらどうだろう

こんな感じで敵が潜めそうな川岸を焼き払うとか
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%BC%BE#/media/File:US_riverboat_using_napalm_in_Vietnam.jpg

776 :創る名無しに見る名無し:2015/06/12(金) 16:42:21.57 ID:3tl0r/JV
>>775
見た目は派手だけどどこまで効果があるやら…心理的な効果ならあるかな?
普通に艦砲射撃で良いんじゃないか
ベトナム戦争のように河川哨戒艇しか入れないような水域なら、航空機を連れてくるしかないかな

777 :創る名無しに見る名無し:2015/06/12(金) 16:44:35.14 ID:Ry4YcgOQ
石動帝国みたいに航空戦力がある相手だと厄介
そうなるとFCS連動の機関砲が欲しいのでレーダーやらFCSやらを載せるようだし

778 :創る名無しに見る名無し:2015/06/12(金) 18:31:02.20 ID:+c+vhzn0
ミサイルはオーバーキルだろうし機銃と速射砲で針ネズミな船が出来るわけか…

779 :創る名無しに見る名無し:2015/06/12(金) 18:48:09.29 ID:qDAyY1mq
マスタードガスとか身体を腐らせる魔法に見えて相当な恐怖かも。

780 :創る名無しに見る名無し:2015/06/12(金) 20:14:04.45 ID:EkhbGshr
>>764だが、色々回答ありがとう。参考になった。

781 :創る名無しに見る名無し:2015/06/12(金) 21:19:18.50 ID:2d4teXyK
化学兵器に関しては、相手の技術力じゃ対処法も解毒方法もわからないだろうから脅威だろうなぁ・・・。
でも、コスパ的には自走砲とかで相手の施設や兵隊をアウトレンジでフルボッコにする方が安上がりそうな・・・

782 :創る名無しに見る名無し:2015/06/12(金) 22:18:52.12 ID:wRBjifbb
木造船なんて砲銃で十分穴だらけにできるだろ
火炎放射とかミサイルとかなんでわざわざ高かったり、扱いにくいもの使わんといかんのか
というか普通の木造船なら放置しても速度的に脅威になる状況がなくねーか?

一般船舶に追いつける気がしねーんだが

783 :創る名無しに見る名無し:2015/06/12(金) 22:28:29.92 ID:ZJNuGhWg
>>774
500tどころか海保のびざん型数隻あれば制海権取れそう
あれでも20o積んでるし

784 :創る名無しに見る名無し:2015/06/12(金) 22:42:38.95 ID:/bVaCjUq
やれやれ、またその話をむしかえしますか。

785 :創る名無しに見る名無し:2015/06/12(金) 22:47:27.54 ID:3tl0r/JV
かといってわざわざアメリカみたいに土人虐め専用の装備品を開発導入する国力は日本にはないので、
多少非効率的でも大は小を兼ねると言いますか、牛刀で鶏を割くような戦い方になると思う
水深さえ許せば大きい船の方がヘリコプター運用できたり艦砲で対地攻撃出来たりツブシが利くしね

786 :創る名無しに見る名無し:2015/06/12(金) 22:50:39.06 ID:QO7JAjjI
LOOPTHELOOP

787 :創る名無しに見る名無し:2015/06/12(金) 23:00:54.86 ID:ZJNuGhWg
ごめんここ自衛隊だったな
前にもあったの?

788 :創る名無しに見る名無し:2015/06/12(金) 23:27:50.45 ID:2d4teXyK
>>777
今後はヘリコプターも使えるみたいだし、哨戒しながら敵の飛竜とか有翼蛇とかが飼育されている施設に
爆弾を打ち込むとかで、飛ぶ前に無力化すれば、大きく勢力を削ぐことが出来ると思う。

っというよりも、航空勢力が駐留する場所の攻撃は最優先事項だと思う、今後帝国は迂闊に飛竜や有翼蛇を使って攻撃できなくなるはず。

789 :創る名無しに見る名無し:2015/06/13(土) 00:27:16.65 ID:2Frj8GnM
>>788
まあ一度それをやると敵も「策源地攻撃」という概念を覚えて同じことをやり返してくるかもしれん
防空部隊には気合入れてもらわんといかんな

790 :創る名無しに見る名無し:2015/06/13(土) 18:05:26.18 ID:8n9+n1i7
>>789
放っておいても勝手に習得するんだから、初撃で徹底的に潰しておくべきだと思いますねー
後は、情報の共有力も日本側に比べて劣っているので、作戦を立案する頭脳に当たる幹部をリストアップして
片っ端からヘッドショット  ビューティフォーして始末しておけば帝国の動きも目に見えて鈍るでしょう。

なるべく戦訓を持ち帰らせない様に、生存者を始末するべきだと思います。

791 :創る名無しに見る名無し:2015/06/13(土) 19:35:10.36 ID:LXq65Kb6
持ち帰るってキーワードで嫌な連想をした
確かゴキブリとか蟻とかを退治する時に使うアレみたいなの
巣ごと全滅みたいな

792 :創る名無しに見る名無し:2015/06/14(日) 22:28:05.42 ID:V2imGePZ
くまたか と わかたか がナパーム攻撃で損傷を食らっているけど、拠点に有翼蛇の空爆は結構脅威かもね。
ただ、ハリネズミ防御の現代対空砲火をかいくぐる事が出来るのか・・・。

次は護衛艦を沈めてやるとエーリンが心に誓っていたけど、次は、ゲートを潜ってぞろぞろと護衛艦が集まって来る事を考えると
もう、帝国に日本の護衛艦を沈める機会なんて、ほぼ無に等しいのでは・・・。(自爆ボートで米軍の艦が撃沈されかけたケースもあるけど
そもそも、護衛艦側に悪条件が重なってのまぐれ当たりだったし、日本側にも動きにくい事情があったし

793 :創る名無しに見る名無し:2015/06/14(日) 23:24:48.16 ID:8ERFl+sT
そもそもF世界基準で見ると大きいとはいえ、
損傷したのはたかだかミサイル艇に過ぎないからなぁ。
正規の護衛艦は大きさも武装も索敵もミサイル艇の比じゃないから
撃沈どころか接近すら難しいのでは?

794 :創る名無しに見る名無し:2015/06/14(日) 23:40:31.40 ID:V2imGePZ
っというよりも、復讐を誓い再び、護衛艦に飛び立とうと飛竜の発着場に付いた瞬間
攻撃機の爆弾が突っ込んできて、志空しく死亡なんて事もあり得ると思いますな。

ブンガ・マス・リマを落とす機会はぶっちゃけ、あれが最初で最後だったのかもしれない。

795 :創る名無しに見る名無し:2015/06/14(日) 23:44:35.29 ID:6MsZdaxT
海自ってフロッグマン対策はどうしてるんだろう?
特殊部隊が水中から近付いて船底に爆薬を仕掛けるとか、乗り込んで船内を制圧するとかするらしいが、F側がそれをしないとは限らないよな。
イスラエルにはフロッグマン対策用のソナーとかあるらしいが。

796 :創る名無しに見る名無し:2015/06/15(月) 12:08:31.15 ID:cXlRQyEZ
>>789
策源地攻撃とは言うが、自衛隊相手にどうやってするんだ?
空から爆撃しようにも空軍のスペック的に返り討ちに遭うのが目に見えているし、陸から攻めるにしても防御に徹した陸自を破る事は不可能に近いし

精々伸び切った補給線にちょっかいをかける位が関の山なんじゃないかね?

まぁ、向こうの世界の日本との友好国相手になら通じるか、友好国の要請を受けて攻撃機が飛んで来るだろうけど

797 :創る名無しに見る名無し:2015/06/15(月) 22:46:44.34 ID:Ae6N2Fh9
策源地攻撃には焦土作戦の亜流でなんかどうかな

何も攻撃だけが戦力を削ぐ分けではないし
例えば非武装の一般民を大量に保護させるように仕向けるとかさ
当然、保護するのであれば食料を与え続けなければならない

自衛隊が保護しないというならそれまでだけどね

798 :創る名無しに見る名無し:2015/06/16(火) 21:49:40.26 ID:nQ+KWkuP
そういえば登坂先輩、じゃなく陸自が地下迷宮とその主をふっ飛ばして手に入れた
島はどうなっているんだろう?
天然の良港を備えているようだし、海自や海保、場合によっては空自が基地を置いても
おかしくはないと思うんだけど

799 :創る名無しに見る名無し:2015/06/16(火) 23:27:40.42 ID:5SSjRNd3
何らかの駐屯地になっているかもね。
後は、崩れた迷宮に何か目ぼしい物が無いか重機で掘り起こして調査とかかな?

800 :創る名無しに見る名無し:2015/06/17(水) 18:41:45.87 ID:5L7eVA7M
「ゲート」ついにアニメ化!

801 :創る名無しに見る名無し:2015/06/17(水) 22:22:38.11 ID:q1+UIwUM
有翼蛇っていわゆるワイアームみたいな奴でしょ?
エアドラモンを勝手にイメージしているけど

802 :創る名無しに見る名無し:2015/06/18(木) 00:21:35.05 ID:Oze+cma+
あんまり深く考えずにシチュエーションだけで投下します。


白銀同盟を退け、大陸全てを掌握しつつあるガルリア帝国、しかし、ガルリア帝国優勢な物の一部の戦線で敗退する箇所も出て来ていた。
白銀同盟は、帝国に対抗するために虎の子である大型機獣に白銀の月の欠片を組み込んだのである。

「魔道士部隊、敵バリケードにファイアーボール斉射!オーク重装兵は、着弾と同時に突撃せよ!」

魔道士部隊の頭上に形成された大小様々な火球が放物線を描いて、馬車に鉄板を張り付けた即席のバリケードに殺到し、爆音と共に激しく炎上させる。

「ぶふぉおおおおおおおおっ!!!!」

オーク重装兵が土煙を上げながら戦槌や大斧などの獲物を振り回し、バリケードを放棄した白銀同盟の兵士に襲い掛かる

「いいぞ、そのまま白銀同盟共を踏み潰してしまえ!!」
「まさかこの様な所に、白銀同盟の砦が建造されているとはな、だが、この程度の守り、突破する事容易い。」
「ここ以外にも小さな拠点が点在している様だが、虱潰しに破壊、占領してしまえば、奴らの勢いも無くなるだろう、放置すると後々面倒なことになるしな」

炎上するバリケードを強引に解体するオーク重装兵、しかし、未だ建造中であると思われる秘密砦から小型の機獣とゴーレムが数体飛び出してくる。

「いかんッ!?ロックゴーレムと、フロッガーだ!退避しろオーク重装兵ッ!」
「ぶごおおおおおぉっ・・・・・」

オーク重装兵に注意を促すも、空しく、ロックゴーレムの丸太の様な腕に数名のオーク重装兵が吹き飛ばされ、別の場所では、
軽快な運動力を持つ機獣(フロッガー)に踏み潰されている。

「ゴーレムか・・・その発展型である機獣が、戦線に投入される様になって来たが、未だに侮れん相手だ。」
「術師がどこかに居る筈だ、ゴーレムはそれで片付く・・・だが、機獣は完全に自立行動が可能だ、厄介な。」
「機獣を仕留めるのは容易ではないぞ?機獣を仕留めるのは機獣の仕事だ、だが我々には機獣は居ない・・・。」
『やぁやぁ、北部戦線の兵士の諸君、聞こえるかな?念波通信の感度には問題ないね?』

突如、マントの留め具に使用されている、通信用宝玉から軽い口調の声が聞こえてくる。

「っ・・・・・この声は・・・アルレガ殿下!?何故この様な辺境に・・・・」
『片道通信な所悪いけど、ワイバーンロードとベルゼバの編隊がそっちに向かっているから好きに空爆要請すれば良いよ、要請は念波通信出来る魔術師に任せるからさ、じゃぁね。』

どこか投げやりな態度で淡々と宝玉から音声が流れてきて、ぶっつりと、通信が止まる。

「アルレガ殿下・・・・相も変わらず気まぐれで、機獣を適当な戦線に投入してくれる・・・」
「だが、助かった、ワイバーンロードの強さもさる事ながらベルゼバは<<機獣最速>>!白銀同盟の粗製機獣なぞ一瞬で鉄屑だ!」

暫くすると遠雷の様に、爆発音が鳴り響く、別働隊が相手にしている付近の秘密砦に導力火炎弾が着弾したらしい

「ほぉ、早速始まったな、通信兵!空軍に爆撃要請だ!逃げ遅れたオーク重装兵には悪いが、カエル共をまとめて吹き飛ばしてもらおう!」
「了解であります!」

通信用の宝玉に念波を送り、位置情報を指向性を持たせた魔力をレーザーポインターの要領で秘密砦に放つ。


ブオオオオオオン!!!


突如、甲高い音と共に歪な角度から巨大な羽虫の様な形状の機獣が急降下し、胸部装甲を開くと、高密度で形成された火球が飛び出し、
轟音と共に両生類型の機獣を木端微塵に吹き飛ばした。

803 :創る名無しに見る名無し:2015/06/18(木) 00:23:48.08 ID:Oze+cma+
「素晴らしい!流石はベルゼバ!ワイバーンロードを超える速度から放たれる破壊の魔法の威力がこれ程の物とは!!」

「あれだけの速度で飛行可能なのにも拘らず、空中で微動だにせず止まる事も、滑走路も無く飛ぶ事も出来るという、まさに化け物だな。」
「ゴーレムは土塊に帰ったか、術師は死んだな?、くくっカエル共も無力化した!、後は秘密砦を落とすだけだ、行くぞ!!」

再びオーク重装兵を編成し、白銀同盟の秘密砦に突撃しようとするも、地鳴りと共に秘密砦が崩れ落ちる

「な・・・なんだ?勝手に砦が崩壊した!?」
「いや・・・・まてっ、中から何かが・・・・何かが出てくる!!」

その時、金属が軋む音共に巨大な脚が秘密砦の外壁を突き破り、銀色の光沢をもつ巨大な機獣が現れた。

「ば・・・馬鹿な、ブルータルホッパーだと!?何故この様な場所にっ」
「見ろ、背部に魔法装置が組み込まれている、何かしらの改造が施された新型だ!!秘密砦はカモフラージュだったのかっ!」
「くそっ・・・飛んだ貧乏くじだ・・・。」
「ベルゼバ、旋回しつつ再度空爆を行います!」


念波通信兵が、空軍に空爆要請をし、位置情報を送信するが、魔力の流れを察知した大型機獣ブルータルホッパーが勢いよく跳躍し、
あり得ない距離から目の前に降って来た。

「ぎゃっ!?」

とてつもない質量の機獣が、目の前に降って来るだけで、殺傷力を持った破片が四方に飛び散り、運の悪い念波通信兵はその破片で頭部が陥没して死亡する。

「ぐああああぁっ・・・何という跳躍力・・・これが格闘戦でネレイド級をも屠るブルータルホッパーの脚力かっ」
「隊長、しっかりしてください!ベルゼバの爆撃に巻き込まれてしまいます、早く逃げましょう!」
「はっ・・・間に合わんな、だが、これで奴もお終いだ・・・・。」

ブオオオオオオオォォォォン!!

ベルゼバと数騎のワイバーンロードから導力火炎弾丸が放たれ、尾を引きながらブルータルホッパーに殺到する。
・・・・・・しかし

804 :創る名無しに見る名無し:2015/06/18(木) 00:27:03.13 ID:Oze+cma+
キュオオオオンッ!!

導力火炎弾丸が直撃寸前に掻き消え、ブルータルホッパーの周辺に白銀色の粒子が舞い上がる。

「馬鹿な・・・・導力火炎弾丸が消滅した!?」
「違いますっ!魔力に分解されたみたいです・・・し・・・しかし、この力は・・・<<この現象>>はっ!!」

ブルータルホッパーの背部に増設された未知の魔法装置をアンテナの様に展開させ、白銀の粒子が舞う範囲が広くなる

「何だこれは・・・魔法が・・・魔法が上手く形成できない!?」

戦闘を続けていたガルリア帝国の魔術士部隊が、大きく動揺する。

「まさか、白銀の月!?」
「あの装置に白銀の月の欠片が埋め込まれていると言うのか!?くそっ・・・魔力が吸収されるっ!」

ブオオオオオオオォォォォン!!

再び、ベルゼバとワイバーンロードが新型のブルータルホッパーに向かうも、突然ベルゼバの機能が停止し、そのまま地面に突っ込み膨大な魔力を放出しながら爆散する。

「ベルゼバの制御系に介入だと!?ばかなっ・・・」

白銀の粒子がブルータルホッパーに収縮し、凄まじい閃光と共に白銀の雷を四方に放ち、周辺に居たガルリア帝国の部隊を蒸発させ、旋回していたワイバーンロードを撃墜する。

白銀同盟が北部戦線の丘陵に無数の秘密砦を建設していた真の目的は、ガルリア帝国に気付かれずに北部戦線に主力の大型機獣を投入する事であった。
その中には、ダミーの秘密砦も存在し、本命の秘密砦には部品の状態で運び込まれた大型機獣が組み立てられていた。

その日、北部で戦線を構えるガルリア帝国の軍の目の前に、突如出現した主力級の大型機獣により、大きく押し戻され、出血を強いられることになる。


ベルゼバのスペックは何となく、ヘリコプターみたいにホバーリングが出来る91式戦闘機みたいな物を想像しております。
それと、ブルータルホッパーは、プラズマグレネイドとアサルトアーマーが仕えるシールドベアラーみたいなのを想像です。
勿論外見も・・・・シ ー ル ド ベ ア ラ ー !

805 :創る名無しに見る名無し:2015/06/18(木) 12:42:37.55 ID:ZbNJW0zS
>>804
シールドベアラーさんはおフェンフェンと重戦車の相手でもしててください。

806 :創る名無しに見る名無し:2015/06/18(木) 21:24:20.51 ID:AHgPT3+L
投下乙です!
フォーリナーですらすらしなかったシールドベアラーに武装をつけるなんてなんという鬼畜!

807 :創る名無しに見る名無し:2015/06/18(木) 22:18:29.07 ID:QLgKBAf5
http://asdlkj43.blog.fc2.com/

808 :創る名無しに見る名無し:2015/06/18(木) 23:26:16.71 ID:g42Q8Oop
因果律を操作する力を持つから、放たれる雷撃も先に命中したと言う結果を作っておけば対地対空もバッチリOK
でも、物理攻撃は勘弁な!みたいなスペックを予想、魔法には無敵でもバリスタや大砲は防げないのです。

そんなシールドベアラーさんはどちらかと言うと格闘戦に特化したスペック・・・・うん、ネレイドにも負けないね

809 :創る名無しに見る名無し:2015/06/18(木) 23:30:54.03 ID:mXWrx2y9
乙です!
ワイバーンが空軍にある以上航空機にVTOL性能が求められるのは仕方ないね
速度も300以上じゃなければ駄目だろうし最初の壁が高すぎて航空機が発展しなかったのだろうね

魔力ジャマーを搭載した機獣の描写はさながらブラックオックスですね
大事な白銀の月を使用するとは諸刃の剣でもありますね

810 :創る名無しに見る名無し:2015/06/18(木) 23:56:26.34 ID:g42Q8Oop
>>809
機獣最速とは言っても、初期型のレシプロ戦闘機程度の速度じゃ地球側だと止まった的に等しいけどね。

811 :創る名無しに見る名無し:2015/06/19(金) 00:14:42.39 ID:oHSv6Fiz
>>809
コブラ「あ?」

812 :創る名無しに見る名無し:2015/06/19(金) 00:29:56.66 ID:4DUfijNh
改修しすぎて燃料満タンで武装すると飛べないロートルは早く引退しましょうねぇ
初飛行から50年って…
アパッチは富士と国は喧嘩するし疫病神だったな

813 :創る名無しに見る名無し:2015/06/19(金) 00:42:25.06 ID:dg/rA7vf

投下でスレが一気に活気づいたなぁ
しかし仮に日本が帝国と同盟との戦争に参戦するとしても、陸戦がこんな具合じゃ
陸自は余程の戦力を持ち込まないと大変そうだ

814 :創る名無しに見る名無し:2015/06/19(金) 00:43:48.90 ID:Kr2qWOgX
陸自はヘリ調達が苦手だからねぇ
OH-1は要らない子、UH-60は数が足りない、AH-1は非力、AH-64は総火演専用装備、UH-Xは談合で頓挫、AH-Xは進まず

海自のヘリ調達の優秀さを少しは見習って欲しい

815 :創る名無しに見る名無し:2015/06/19(金) 22:05:40.00 ID:MQDL2QhN
いや普通に特科あたりが潰せばいいだけでは…そもそも陸自は対戦車火力は
割とある方だったと思うし、態々貴重な航空戦力ぶつけなくてもいいのでは?

816 :創る名無しに見る名無し:2015/06/19(金) 22:36:30.70 ID:Kr2qWOgX
特科も現在の600門から将来は300門にまで減らされる事が決まったしねぇ
対戦車火力は充実してる方だとは思うけど、戦闘ヘリの仕事はそれだけじゃないしな

817 :創る名無しに見る名無し:2015/06/19(金) 23:43:27.54 ID:y6kZ663J
部分的に近代化しているものの、未だに丸玉大砲とバリスタの世界か
良くある、レシプロ戦闘機VSジェット機な異世界転移物に比べて随分と楽な相手に見えるけど。
水圧カッターの機獣を蹴り殺す白銀同盟の機獣が居るくらいだから、戦車でも十分に勝てるだろう
かと言って、なめてかかって良い相手でもないが・・・。

818 :創る名無しに見る名無し:2015/06/20(土) 21:50:31.07 ID:T9MKgles
白銀の月は、ただ魔力を吸収するだけのいらない子だと思っていたけど、敵の攻撃の魔力を使えば良い訳か・・・。
多分魔力限定だから、戦車砲とかには弱いんだろうけど・・・白銀同盟が敵に回ったら、自衛隊のターンになりそう

819 :創る名無しに見る名無し:2015/06/20(土) 23:58:45.00 ID:UC6dsQ14
しかし、読み返してみると、白銀同盟にヘイトがかかった理由が、何時も帝国ばかりが悪役に仕立て上げられるからが理由だったのかww
でも、盛大に日本を荒らして一方的に攻撃してきたのは向こうだし、無理に白銀同盟にヘイトをかける必要は無かったと思うなぁー

820 :創る名無しに見る名無し:2015/06/21(日) 02:02:45.45 ID:ZuWO3Nuv
別に無理は無いだろ。不幸な事故で済む範疇。

821 :創る名無しに見る名無し:2015/06/21(日) 06:58:21.84 ID:I6tacmIJ
>>819
白銀同盟との蜜月ルート書いても、ええんやで?

822 :創る名無しに見る名無し:2015/06/21(日) 07:28:24.03 ID:ShanvuxY
どっちにしろ連中の戦争には首を突っ込みたく無いな。
貿易でも始めるならともかくとして。

823 :創る名無しに見る名無し:2015/06/21(日) 23:35:51.68 ID:ZipTqXEG
リレー小説でも新作処女作でも、錬金術店でも題名が未定でも良いから作品投稿は大歓迎だよ。
何か、最近雑談ばかりだから、こう作品投稿に挑戦してほしい。

・・・俺も何か考えようかな・・・・(そして結局妄想に終わる

824 :創る名無しに見る名無し:2015/06/22(月) 00:41:21.59 ID:T6QMo4+R
>>819
まあ中世国家より近代帝国主義国家の方がまだ現代日本にメンタルが近くてお話合いしやすそうだ。

825 :創る名無しに見る名無し:2015/06/22(月) 05:19:52.69 ID:1FH4PiyT
>>824
白銀同盟が中世国家みたいになって、ガルリア帝国が近代帝国主義国家になったこと自体がヘイトなんじゃない?
帆船の軍艦で来襲して、本国に視線を移せばなぜか蒸気機関車やらが走っていて、白銀同盟が差別主義・奴隷推進派になっていて
正直あの時は、違和感を感じたよ。

没ネタとは言え、初登場時に帝国に兄弟や母親を殺されたと怨みを抱いていた筈の王女が、実はお父さん(ガルリア皇帝)大好きっ娘で
自分こそガルリア帝国の継承者だという意思を胸に抱いていると言うネタの奴、あれもヘイト

リレー小説は伝言ゲーム方式でネタや世界観が追加されて行くけど、皆が自分の壺にはまった世界観で書こうとする事が多いから
中世国家同士の戦争から、行き成り蒸気機関が登場しちゃったりするし、多分こうなるとレシプロ機やら人型機動兵器やらが出てくるのも時間の問題、
混沌とした世界観になりがちな気がする。

他と合わせろとは言うつもりは無いけど、バランスを欠いている気はする。

826 :創る名無しに見る名無し:2015/06/22(月) 08:22:28.25 ID:j3vXjgIR
貴方の思うヘイトのない整然として誰の心も傷つけない厳かな小説を書くのです

リレー小説は書いたもん勝ちだからね参加待ってるよ

827 :創る名無しに見る名無し:2015/06/22(月) 12:06:14.63 ID:j3vXjgIR
もちろんリレーじゃない普通の小説も大歓迎だよ

828 :創る名無しに見る名無し:2015/06/22(月) 19:43:23.42 ID:ZTpWDlM3
自衛隊式ラノベ風妄想なら、見向きもされなかった狙撃の才能を最近になって急に評価されてもやっとしとる主人公とかどやろか?
なんだったら曹候補にも受からない年齢高めのクズ属性を付けてもええ。

829 :創る名無しに見る名無し:2015/06/22(月) 21:03:22.10 ID:H51nUoRl
急にどうした?

830 :創る名無しに見る名無し:2015/06/22(月) 21:39:27.16 ID:VuYoOo0G
>>826
いや、別に物書きとかしたことは無い見る専なので、リレー小説とかは書くつもりは無いけど・・・。
リレー小説の内どれかを書いた人だったらすまんかった、配慮に欠けていたかもしれない。
奇抜な展開で飛ばす作品も悪くないけど、筋が通った地に足が付いた堅実な作品の方が好みかなーって言う感じ?
こう、素材そのものの味と言うか

>>828
狙撃の才能持っているだけで、結構彼方此方に引っ張りだこにされそうなんですが、それは

831 :創る名無しに見る名無し:2015/06/23(火) 19:27:26.43 ID:8GwBaB0O
>>830
そう思うじゃろ?
ところがどっこい、一昔前は速射の項目が評価されて射座についてから時間のかかる狙撃はあんまし評価されなかったらしいのよ。

対人狙撃銃の配備から大慌てで本格的なカリキュラムを組んだとも聞くし、評価されない才能に腐る奴もありかなと。

832 :創る名無しに見る名無し:2015/06/23(火) 20:37:39.90 ID:f3PvBl0c
年齢高めのクズ狙撃兵といえばロバート・ベイルズだなぁ
借金から逃げるために軍に入って才能認められてクズでも庇ってもらえてたらついにトンでもないこと引き起こしやがった
しかし、さすがアメリカあれだけやっても死刑にしないのはさすがだよ
兵士にたいする保護が手厚いね

833 :創る名無しに見る名無し:2015/06/23(火) 22:54:19.51 ID:e5RHLR0i
>>832
調べてみたら民間人を二桁も虐殺したのか・・・
そんな奴まで守るなんて、アメリカも相変わらずだな

834 :創る名無しに見る名無し:2015/06/23(火) 23:12:21.25 ID:vhe7Gi5W
相変わらず、なろうでのF自SSは、極悪非道な蛮族は自衛隊が皆殺しにしろ
みたいなコメント多いなぁ・・・・

835 :創る名無しに見る名無し:2015/06/24(水) 00:04:40.55 ID:HGJ0cgDP
敵国の軍事関連施設と生産設備を全て爆撃し、戦闘機や軍艦などの装備品は全て破壊し、軍人や軍属は全て戦死せしめ又は捕虜にし、
されど民間人や民間施設には一切手を出さず、そのまま放置して、その国が第三国に侵略されるさまをボーッと見てみたい

という気持ちにはなる

836 :創る名無しに見る名無し:2015/06/24(水) 00:13:01.91 ID:PfmMvjtK
>>834
皆○しって……そいつローリダ人か何かか?
いくら創作とはいえ自衛隊にそんなことをやれっていう神経は到底理解できん
極悪非道な連中の牙をへし折り爪を抜いて放り出すくらいならまだ分かるけど

837 :創る名無しに見る名無し:2015/06/24(水) 00:23:12.40 ID:HGJ0cgDP
>>836
ローリダ人でもキズラサ教に改宗すれば慈悲をかけてくれるぞ…

戦争ってのは敵国を生かさず殺さずのいい塩梅で無力化して講話条約まで持っていかなきゃならんから大変だな

838 :創る名無しに見る名無し:2015/06/24(水) 00:45:37.70 ID:PfmMvjtK
>>837
そういえばそうだった>キズラサ教に改宗すれば慈悲をかけてくれる
まあしょせん創作だからと過激なことを言ってるんだろうけど少しは自重して欲しいものだ

839 :創る名無しに見る名無し:2015/06/24(水) 05:14:56.21 ID:fFkd0a2H
ここ最近のレスで皆殺しにしろみたいな過激なレスはなかったのに
突然現れて過激なレスが多いとかいうやつのいう事は無視していいよ

840 :創る名無しに見る名無し:2015/06/24(水) 07:12:52.73 ID:1OmQ0Uuj
>>839
834をよく読め、なろうの話だぞ

841 :創る名無しに見る名無し:2015/06/24(水) 23:22:20.39 ID:MrBsfOMs
>>839
なろうでのコメントだよ、作品は伏せるけど自衛隊に敵国を蹂躙させたい系の毒者が目についたって話ね。

敵は自分たち以外は獣と見なす、日本側から見たらまさに害獣といえる連中だから害獣として絶滅させてしまおうとか、
自衛隊は不甲斐ない政府に見切りをつけてクーデターを起こして、異世界に大東亜共栄圏を作るべきだ。とか、

ネタや冗談にしても、あまりに気持ち悪い内容の投稿している奴らが居たから、ちょいと愚痴を漏らしただけと言うか、気に障ったらスマンねー。

842 :創る名無しに見る名無し:2015/06/24(水) 23:29:24.74 ID:nbB1zH1p
なろうは主人公最強で日本人でもすぐに相手を殺せるのがデフォだからな

自衛隊はある意味相性が悪いかもな

843 :創る名無しに見る名無し:2015/06/24(水) 23:48:28.22 ID:fbOudTe8
異世界人に親族を殺された遺族の会の人たちだろ
このスレにもたまに出てくるじゃないか

844 :創る名無しに見る名無し:2015/06/24(水) 23:48:39.73 ID:yFz12D2q
攻撃を受け沈む艦から脱出したボートに
助けてくれと手をかけた部下達の手をバッサバッサと斬る士官達とか
上陸後に助けにいかなくていいんですかの周りの問いをのらりくらりとかわし
それを揉み消す為に恫喝するっていう展開を読みたいと思ったりしたが

これまたいないんだよな。いるわけないか

845 :創る名無しに見る名無し:2015/06/25(木) 19:10:12.11 ID:4fJrUitB
最近なろうで見たパターンだと、政治担当は自衛隊の実力を見せられたが軍人側が信じず、一部の部隊が日本に喧嘩を売るような真似をして、大臣達が顔面蒼白というのものがあったけど、やはり反乱部隊を皆殺しは不味いし、どうするべきだろうか・・・。

ちなみに反乱起こした連中の裏に明らかに黒幕がいるみたいだけど。

846 :創る名無しに見る名無し:2015/06/25(木) 22:00:44.59 ID:wm0OMpL8
催涙弾の投擲とか閃光手榴弾とかで無力化した後、暴動鎮圧の要領で拘束して行くとか・・・。
ちなみに、拘束後の虜囚の扱いは、現地の国に任せるとかで、日本への悪感情を抑えたり・・・。

847 :創る名無しに見る名無し:2015/06/25(木) 23:01:17.98 ID:1KrEKBlq
状況によるねぇ
国境付近で攻めてきたら防衛せざろうえないし、日本領土内なら鎮圧できるけど
相手国内では自己防衛ぐらいしか許可されないんじゃないかな?
鎮圧行動も内政干渉にあたるし。
最悪反撃するな、現地警察組織に任せろなんて命令でてたら南京事件の再来になるかも

848 :創る名無しに見る名無し:2015/06/25(木) 23:59:38.86 ID:4fJrUitB
>>847

あ、ちなみに相手側の指導者は既に、"反乱に加担したものは全員私達とニホン共通の敵"と決断していて、自衛隊に正式に協力を要請してます。

今はヘリ空母から特殊部隊を乗せたヘリが出動した所。
スタングレネードは2回ほど使っているので警戒されているかも?

殆どの反乱兵士(いわゆる亜人達の国です)は自衛隊の実力が誇張されていると思い込み、"これだから人間など信じられん"、"人間殲滅しか自分達に道は無い"という過激な事を言っている奴もいましたね。

やっぱりある程度は出血を強いられなけりゃこの手の敵は理解しないのかも・・・。

849 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 01:05:59.97 ID:qsiTBz5E
話題になっているのはこれ?
http://ncode.syosetu.com/n4539ce/

しかしまあ、悪く見積もっても人間並みの知能に何処かの吸血鬼大隊もかくやといった身体能力まで持ってるくせに、
何だって人間に押しまくられてるんだろうねこの種族。
何かろくでもない欠陥でも持っているんだろう? 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be20a4887bc3d3353f527d3636c44e3)


850 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 01:08:03.88 ID:QSraaDsa
面白い時期に始まるよなあゲートのアニメは
散々議論になってる法整備で注目度上がって美味しいだろうな

851 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 01:12:23.44 ID:L/Uxrod9
自衛隊は関係ない話だが、ゼロの使い魔の続編が出るとのこと
なんでもヤマグチノボル先生が逝去される前に完結までのプロットを書き遺していたとか

852 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 01:24:04.68 ID:uhvNHzvl
>>849
平均寿命が短いとか出生率が低いとかそんなところかな?
あるいは特定の魔法や薬物に弱いとか

853 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 01:46:45.22 ID:f8KtLdwz
>>849
普通に数で押しつぶされてるんじゃないの?

854 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 01:47:42.38 ID:UeKa88jv
>>849
いや、そもそもがだ・・・。
なんで外交官とかいう存在があるの?
ぶっちゃけて外交する気ないよね?
WIKIの外交の項目見ればわかるけどさ。
外交できる状況じゃあないよね。

855 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 01:52:06.33 ID:T8ZCuEXc
>>849
個々人の能力がいくら高くとも戦争って集団で組織的にやるものだからねぇ
室伏30人と完全武装一個分隊8人が戦うと後者が勝つみたいな、そういう例は沢山あるしな

856 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 01:53:11.31 ID:467cBttw
>>854
亜人同士にも国があってその中で外交してる

857 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 03:10:27.27 ID:UeKa88jv
>>856
よりひどくなってね?

858 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 08:07:38.68 ID:f8KtLdwz
F世界の種族って
エルフ・ドワーフ:個体能力には優れるが繁殖力が低い
ゴブリン・オーク:繁殖力は高いが、数を活かせるだけの知性がない。
人類:そこそこの個体能力とそこそこの繁殖力を併せ持つバランス型

こんな感じのイメージがあるな

859 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 20:16:31.56 ID:g9qK2qF0
>>849

身も蓋もないことを言うと、神(作者)がそう定めたから

860 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 21:03:32.20 ID:Vnyl2uOY
TESみたいにまともな種族として描写されるオークはないんですか…
HALOでいうブルートじゃなくてサンヘイリみたいな描写されるカッコいいオークを…

861 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 21:39:45.07 ID:OPHZAmJm
現行人類が誕生から20万年前で、農業が始まったのが1万2千年位前でその時の世界人口は500万程度と言われ2千年前で3億ぐらいらしいが・・・
ゴブリン・オークなんて居たら、ぶっちゃけ、人類の数がそろう前に生存競争に負けて滅ぶか僻地に追い込まれてそうだなーって思う、
地球で言えばユーラシアとアフリカに人類住んでないみたいになってても可笑しくなさそうだな。

考えてみると人類の誕生から大半の期間が知的進化って意味あんの?って状態だよな・・・まあ現状みても人類もマンモスやサーベルタイガーより
長く墓栄できる保障は無いがな・・・マジで、20万年後も人類存続のイメージが沸かない。

862 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 21:40:55.07 ID:GnJIZ8Uh
>>851
近代兵器対ファンタジーの草分け的な存在がやっと完結できるのか…長かったな。
地球舐めんなファンタジーは名言だと思ったよ。

863 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 22:09:12.14 ID:7Kc6PjBb
ゼロ魔は転生・内政系小説流行の元祖でもあったな
理想郷やなろう、にじファンに山ほどその手の話が出てきたし

864 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 22:13:49.65 ID:UeKa88jv
>>860
六門のオークとか好色ではあるがある程度まともだよ?
オーク帝国とか作ったりとか召喚魔法に対する支配の脱却とかオーク族のために頑張ってはいたな

865 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 22:33:21.37 ID:fp2LkP1C
ゴブリンだって、作品によってはドワーフ並みの加工技術を持つ知的な民族だったりするしなぁ・・。
そう言えば、ハリーポッターのゴブリンって技術力高かったっけ?基本的に人間に渡す物はレンタル品でいつか彼らに返さなきゃいけないけど

866 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 22:45:13.35 ID:uhvNHzvl
>>860
『モンスターメーカー』シリーズのオークは人間やエルフ、ドワーフなどと同列の存在だったな
小説ではオークの国も出てくるし、オーク独自の美的感覚が語られる場面もあった

867 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 22:48:15.19 ID:467cBttw
元々ヨーロッパの民間伝承ではゴブリンのが知名度が高くてドワーフ、ノームと同一視される妖精だった
キリスト教が伝播してきてゴブリンが悪魔と認定されて悪い存在になった
トルーキンが悪玉にゴブリン、善玉にドワーフを出して草分けして定着した、この時にドワーフが有名になる
トルーキン前にはエディスンがゴブリンを主役にした冒険小説を書くなどトルーキン前はゴブリンのが知名度があったことを伺わせる

868 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 22:56:29.00 ID:L/Uxrod9
しかし仮にゴブリンとかドワーフのようなのがF自世界にいたとしたら、とっくの昔に滅ぼされてると思うんだけどな
ネアンデルタール人みたく、ホモサピエンスに吸収されるとか生存競争で滅んだとかそんな感じで

知性を持ったヒト型の生命体がいるとか恐ろしいもの

869 :創る名無しに見る名無し:2015/06/26(金) 23:50:10.47 ID:Vnyl2uOY
邪悪で恐ろしい存在だ、なんて聞いて備えて行ってみれば、外見こそ醜悪なれど
中身は人間レベルに知的、文化的で忍耐強く、忠誠心が篤い
その外見から人間種族からの強烈な迫害、差別を受けており
古くから鉱山労働や尖兵等、危険な肉体労働用の奴隷として各地で需要が高く
その需要を満たすために一時期では国を挙げてのオーク狩りが行われることもあった
それらの経緯から現存するオーク国家の人間側との関係は敵対的かもしくは良くはない
またほとんどの人間国家群もオークに対する差別意識は変わらず、敵対的な国家も少なくない
高い環境適応能力から大陸北西部山脈帯に多数の居住圏が存在し
そこから産出する良質の鉱山資源と高い冶金技術で良質な武具を生産している
特に鎧や大型兵器に関してはドワーフのそれと同等以上とも言われることもある
良質な武具を存分に活かせる体格と膂力を持ち、長い戦いの歴史から固有の戦闘技術を継承してきた
オーク戦士階級は様々な種族から恐れられている

「F世界探訪-種族編-」
民名書房より

870 :創る名無しに見る名無し:2015/06/27(土) 01:59:54.31 ID:mq2ZVz3e
>>859
楽屋の都合を持ち出されたんじゃ面白くないな。もっと屁理屈を捏ねまくってくれないと。

871 :創る名無しに見る名無し:2015/06/27(土) 18:18:26.83 ID:CLHyhQJN
人間が別の大陸から移住してきたとか、
孤島から連れてきたオークのつがいが逃げ出して繁殖しまくったでいいんじゃね

とか思ったけど、これ外来種だな
外来種が在来種を駆逐するとか現実味がありすぎて笑えない

872 :創る名無しに見る名無し:2015/06/27(土) 19:13:48.24 ID:2vlsJbTx
ゲートとか島戦争みたいに、神のような存在が各惑星から適当に知的生命体を連れてきた箱庭のような世界観なら共存出来るかも分からないが、
文明を持たない原始人を連れてきても生存競争でどちらかが滅ぶだけだろうな

873 :創る名無しに見る名無し:2015/06/27(土) 22:48:23.56 ID:Ukrmplec
>>871
人類圏にいるゴブリンは昔侵攻してきたのの生き残りが土着化したもので文化を失った半人半獣。
でも隣りの大陸には独自の文化を持つゴブリン国家が存在するって形にすれば両方の需要が満たせるなw
>>872
原始人から知能を奪って繁殖力を付与すれば、駆除しても駆除してもはびこる頭のいい害獣ポジに付けるんじゃないか?

874 :創る名無しに見る名無し:2015/06/27(土) 23:11:05.33 ID:WdyfzpwJ
そう言えばオークは何時から豚人間になったんだろうか・・・・。
エルフ+オークのテンプレートは一体どこから来たんだろうwww

875 :創る名無しに見る名無し:2015/06/27(土) 23:22:09.13 ID:SRbVRkxL
豚人間はわからんがエルフとオークの因縁はトルーキンから
モルゴスに捕らわれたエルフが拷問や監禁で堕落したのがオーク
オークもトルーキンの造語

876 :創る名無しに見る名無し:2015/06/27(土) 23:44:22.26 ID:B4inuvrI
またトルーキンか

877 :創る名無しに見る名無し:2015/06/28(日) 07:35:40.83 ID:h0jD/R2o
オーク=豚はドラクエからと聞いた事がある
そうすると戦犯は鳥山明か

878 :創る名無しに見る名無し:2015/06/28(日) 10:51:26.24 ID:2SAv4NNP
トールキンの作品でオークを「豚野郎!」と罵ったのが由来だと聞いたが?

879 :創る名無しに見る名無し:2015/06/28(日) 13:47:44.72 ID:ZXKR0JfJ
あれ?
石動さん、なろうデビューしたんだ

880 :創る名無しに見る名無し:2015/06/28(日) 14:09:44.08 ID:IOjvFHsW
隠岐奪還戦(仮) しか置いてないな

881 :創る名無しに見る名無し:2015/06/28(日) 14:13:27.60 ID:4niWG+s0
石動って「いするぎ」って読むんか……
知らんかったわ

882 :創る名無しに見る名無し:2015/06/28(日) 14:34:19.28 ID:IOjvFHsW
ATOKやらIMEやらのFEPで逆変換が出来なかったっけ?

883 :創る名無しに見る名無し:2015/06/28(日) 15:15:28.95 ID:ZXKR0JfJ
>>880

884 :創る名無しに見る名無し:2015/06/28(日) 15:53:24.37 ID:4niWG+s0
>>882
いや、今まで特に疑問に思うことなく「せきどう」って読んでたんだわ
ホント恥ずかしい

885 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/06/28(日) 16:26:09.29 ID:XeuGmCXF
こんにちは。
気の迷いといいますか、なんといいますか。試してみたくなりました。

ちなみに本編は投稿しません(パロディネタがありますので)

886 :創る名無しに見る名無し:2015/06/28(日) 19:09:26.25 ID:h0jD/R2o
>>878
そうだったのか…
実写映画では醜いけどあんまり豚っぽくはないのにな

887 :創る名無しに見る名無し:2015/06/28(日) 20:07:52.70 ID:0ykHnMzD
>>881 >>884
石動というのは、地名からとった名で、実際に「いするぎ」と読みます。確か、北陸の方に、今も有る地名だったと思いますが。

888 :創る名無しに見る名無し:2015/06/28(日) 22:11:26.49 ID:UJSmaIHA
石川と富山に跨る石動山は修験の山として有名。
作品によっては戸隠などと並んで忍者の本拠地として登場する。
石動乃絵は富山県を舞台にしたアニメのヒロイン。
石動美緒という別のアニメのキャラもいるが、こちらは奈良が舞台なので無関係と思われる。

なお隠岐篇ですが。
>野犬か猪でも出たかな。
島後で一番大きな野生動物はノウサギで、猪は生息しておりません。
島前なら帰化したタヌキのいる島もあるのですが。
野犬はいるのかな。少なくとも放牧の盛んな島前にはいないそうです。

>パロディネタがありますので
他作品を見ていると、結構許されそうですけどね。

889 :創る名無しに見る名無し:2015/06/28(日) 22:32:21.76 ID:0uW8Gtiv
>>885
「小説家になろう」進出お疲れ様です。
色んな人の目に留まる場所なので緊張するかもしれませんが、頑張ってくださいなー

890 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/06/28(日) 23:09:45.57 ID:8/+tFSAk
>>889
ありがとうございます。

>>888
ご指摘ありがとうございます。助かります。
なお、本編については引き続きこちらで投稿させていただくつもりです。
ここがホームですし(笑)

891 :創る名無しに見る名無し:2015/06/29(月) 02:06:05.18 ID:QZSaLqYP
ガルリア帝国、第8魔道工房の機獣生産プラントにて、第4魔道工房で生産された部品が組み立てられ、また1機の機獣が作り出されようとしていた。

「これでガルリア帝国が誇るベルゼバも37機になりますな、これ程の機獣をこのペースで作り出す工房も世界広しと言えども、魔道工房以外ありますまい。」

「そうかな?数だけなら白銀同盟も負けていないと思うけど?」

「何を言いますかアルレガ殿下、白銀同盟の機獣なぞゴーレムに毛が生えた程度の物でしょう、襲るるに足らずで御座いましょう?」

「ところが、だよ、北部戦線に現れたブルータルホッパーの新型にベルゼバやネレイドが撃破されたという報告が上がっているんだ。」

衝撃的な報告に、思わず驚愕の表情をする軍務局員

「な・・・なんと!?格闘戦に特化したあの機獣に!?水陸両用のネレイドなら兎も角、何故、蒼穹の覇者ベルゼバが飛蝗風情に!?」

「何でも、魔法を無力化する空間を作り出す装置を運搬する機獣らしくてね、格闘戦の性能もそのままだから厄介この上ないんだよね。」

「そ・・・そんな、魔力を使った戦闘が出来ないとなると、打つ手が無くなるのでは・・・。」

「なに、要するに魔法を使わなければ良いんだよ、バリスタとか大砲とかね。」

「その様な物で、機獣が倒せると思っているのですか?急所部分に直撃すれば、それもあり得るでしょうが、殆どまぐれ当たりですぞ?」

「格闘戦前提で強靭なフレームで構成されているブルータルホッパーには、それでも破壊できないだろうねぇ。」

「では、どの様な方法があると?」

「有るじゃないか、爆薬を運搬できる使い捨ての弾丸が」

892 :創る名無しに見る名無し:2015/06/29(月) 02:06:53.52 ID:QZSaLqYP
アルレガは、こんこんと組立途中のベルゼバを叩き、軍務局員に目を向ける。

「べ・・・ベルゼバを特攻させると?し・・・しかし、ベルゼバは最新型の機獣・・・成果がコストと釣り合っているのでしょうか?」

「ワイバーンやワイバーンロード程度の積載量では、あの飛蝗の装甲を破る爆弾は搭載できない、ならば圧倒的な積載量と機動力をもつこれが最適じゃないか!」

「アルレガ殿下、この報告書では、例の装置で作られた無力化空間に接触した機獣のほぼ全てが機能停止していると書かれております。」

横でベルゼバの組み立て作業をしていた、黒いメイド服の女性が、会話に入って来る。

「おや、マゾーガ、作業は終わったのかい?」

「ええ、後は、溶接するだけです。」

「報告書は全て読んだよ、無力化空間の効果と、おおよその範囲もね、だからこそベルゼバを選んだんだよ。」

「そ・・・それは一体どういう事で・・・?」

軍務局員が、アルレガに問いかける。

「無力化空間に入ったらベルゼバは、機能停止して墜落するけど、要するに、無力化空間に突入する前に、直撃させるコースを決定させれば良いんだよ。」

「事前に決めるという事ですか?」

「そ、ブルータルホッパーが幾ら機動力に優れるからと言って、全力で突っ込んできたベルゼバの速度に対応できる訳が無いし、装置のお蔭で重量も増しているから、尚の事さ。」

「成程、確かにこれば良い案ですな、ベルゼバを失う事になってしまいますが、敵の機獣を潰せるのはこの方法しかありますまい。」

「アルレガ殿下、細かい部品は第4工房で生産可能ですが、規格に合ったブラッドフライの翼だけはどうしても大量に手に入りません、ベルゼバの運用計画を見直すべきかと・・・。」

「構わないよマゾーガ、人食いトンボは数が少ない上に逃げ足も速いからね、まったく、強度と軽量さを兼ね揃えた素材が他に見つかれば良いけどなぁ。」

893 :創る名無しに見る名無し:2015/06/29(月) 02:08:50.91 ID:QZSaLqYP
「しかし、改めて第8魔道工房は頼もしいですな、機獣は我が軍の要、白銀同盟の無駄足掻きを蹴散らしてくれるでしょう。ガルリア帝国もこれで安泰でしょう。」

(違うんだよなぁ、兵器と言う物は、効率的に人や物を破壊する装置であって、どこぞの国を安泰させる物じゃないんだよ。)

「ブラッドフライの捕獲にワイバーン部隊を派遣しましょう、ベルゼバに一歩譲ったとは言え、彼らは精鋭、人食いトンボ風情に後れを取る事は無いでしょう。」

(そして、資源をしこたま食いつぶして、更に破壊を齎す、兵器と言うのは人間の悪意が凝り固まって生み出された結晶さ、剣や槍でも例にもれず・・・ね)

「白銀同盟を滅ぼした暁には、我が国に土を付けた異世界の国とやらが相手になりましょう、外交で時間を稼ぎ力量を見極める必要がありますが、いずれ蛮族共は無様を晒すでしょうなぁ!」

(機獣を始めとした兵器が敵だけを滅ぼすと思っているのかい?ドーンと敵を吹っ飛ばして、その横で喜んでいる・・・愚かだね、自分もその吹き飛ばされる対象となり得るのに。)

「異世界の国とやらはネレイドを撃破する程の軍事力を持っていると言うのを忘れずにね、何をしたのか判らないけど横腹に大穴が空いていたらしいじゃないか。」

(まぁ、両方の世界が戦争で滅んでも構わないけどね、生きているという事は何も最善じゃないんだよ、人間の存在しない世界こそ美しいものじゃないかい?だからさ、滅んじゃいなよ。)

「ネレイド単騎で突入した上に、魔力補給の魔石を積んだ艦隊が先に沈められたと言うのが大きいでしょう、機獣を大量に投入すれば勝機はありましょう!」

「異世界の国・・・ニホンと言ったかな?彼らも機獣を沢山保有しているかもしれないよ?」

「ガルリア帝国に勝る機獣生産力は持ち合わせてはおりますまい、半年に小型機獣を30機、そして1機のネレイドと3機ベルゼバを作れると言うのならば話は変わりますが・・・・。」

「ある程度同意はするけど、そう上手くいけば良いけどね、敵を侮るのは良くないと思うよ。」

(ガルリア帝国も、ノラ−連邦共和国も、白銀同盟も、全て海の底に沈んで行く光景を見てみたいものだね、異世界の国々もそれに続けば良い・・・・完全なる白銀の月と黄金色の太陽があれば・・・。)


その場のノリで描いてみました、アルレガのキチっぷりを書こうとして迷走した感じがしますが、取りあえずこんな感じで。

894 :創る名無しに見る名無し:2015/06/29(月) 15:06:35.71 ID:uX3Xwjbo
なろうであった、海老だか蟹だかってオークを殴り(蹴り?)殺したあいつか。
そりゃ第一狂ってる団と殴り愛で渡り合えるんだからそりゃ無理な話ですわ。

895 :創る名無しに見る名無し:2015/06/29(月) 15:39:24.48 ID:2U3c6YWk
島戦争も連載再開か

896 :創る名無しに見る名無し:2015/06/29(月) 17:31:55.39 ID:5MsHz8DM
島戦争の南ランテア社だが、こいつらどうやって89式小銃と防弾チョッキ2型?を手に入れたんだ
薬莢一個の紛失すら見逃さない自衛隊がまとまった数を横流しするなんて無理だろ
スロリア戦で戦死者から奪ったか?

897 :創る名無しに見る名無し:2015/06/29(月) 18:20:21.15 ID:qub25BI4
>>893
有能なキチ、なんかゼロ魔のジョゼフを思い出す

>>896
携帯基地局まで登場してるし、どこかに流すブローカーが居るのかもな

898 :創る名無しに見る名無し:2015/06/29(月) 18:54:15.25 ID:uX3Xwjbo
>>896

単純にニホンのジエイタイ装備品とそっくりなだけじゃないかのう?
ローリダ寄りの先進国から素材を流されてランテア社製となれば、多少なりとも似るでしょ。他国の装備の差異なぞ現代に近づくほど分かりにくいやん。

899 :創る名無しに見る名無し:2015/06/29(月) 19:37:37.72 ID:8hs4TFtK
>>898
欺瞞部隊用として、ガワだけ似せたとかもありえるしね

900 :創る名無しに見る名無し:2015/06/29(月) 20:35:46.75 ID:5MsHz8DM
なるほどね、第三国からという線もあるか
島戦争世界では自衛隊武器を供与したりライセンスを友邦国に売ったりしてるっぽいしな

901 :創る名無しに見る名無し:2015/06/29(月) 20:38:01.27 ID:dP36K96d
島戦争の日本なら、友好国向けに輸出とかライセンス認可とかやってるんじゃないの?
同盟国と銃弾規格の共通化くらいしてるだろうし

902 :創る名無しに見る名無し:2015/06/29(月) 21:03:14.88 ID:2sautRNO
そういえば64式は前に出てたな
輸出品かライセンス品かどうかは覚えてないけど

というか友好国が流してなくても鹵獲品と時間があればコピーぐらい作れそうだ

903 :創る名無しに見る名無し:2015/06/29(月) 22:33:02.45 ID:oYZVYj7n
>>893
投下乙です
アレルガの目的が明らかに?

904 :創る名無しに見る名無し:2015/06/29(月) 23:02:11.29 ID:2ACqUEpt
最近スレ含めてF自SSが活性化していて良い流れですね。
この調子で、盛り上げてゆきましょうー。

>>903
アルレガじゃなかったっけ?

905 :創る名無しに見る名無し:2015/06/30(火) 00:12:20.77 ID:2T2E5j7V
64式は破局編の時に、開拓村に向かった部隊から鹵獲したやつだろ

906 :創る名無しに見る名無し:2015/06/30(火) 00:15:58.97 ID:2T2E5j7V
追記、89式はセミオートオンリーのが警察機関向けに輸出されてる

907 :創る名無しに見る名無し:2015/06/30(火) 05:29:34.36 ID:RkFRb5DX
>>906
小改造でフルオート機能も復活するみたいだしこれだろうな
しかし武器輸出禁止「法」って……どういう歴史を辿ったんだあの日本は

908 :創る名無しに見る名無し:2015/06/30(火) 06:40:57.91 ID:+1+ysFIe
作者が何も考えてないに一票

909 :創る名無しに見る名無し:2015/06/30(火) 21:44:43.83 ID:XIcn9M+i
ここってやるおスレの話題はありだっけ?

910 :創る名無しに見る名無し:2015/06/30(火) 22:59:36.53 ID:O46aN5mS
ありじゃね?ただでさえネタが少ないんだから

911 :創る名無しに見る名無し:2015/06/30(火) 23:52:40.99 ID:RSj7dvrR
やるおは異世界に転移しましたってかw?
まぁ、日本語と転移したパターンでもありかも知れないが・・・・。

912 :創る名無しに見る名無し:2015/07/01(水) 00:01:18.39 ID:6GgFqoYa
自衛隊+ファンタジーで関係するやる夫スレだとモンハン自衛隊くらいしか思い浮かばんが

913 :創る名無しに見る名無し:2015/07/01(水) 01:45:06.36 ID:jazLq8ca
やる夫でもいいけど自衛隊が物語の主軸に関わるやる夫スレってモン自スレしか思い浮かばん

914 :創る名無しに見る名無し:2015/07/01(水) 23:06:52.79 ID:vq862U39
>>893
機獣とか言うからてっきり金属部品ばかりかと思ったけど、生態部品も必要なのか
まるでモンハンだな

915 :創る名無しに見る名無し:2015/07/01(水) 23:27:43.96 ID:rzVm4G+t
というよりダンバイン思い出したな

916 :創る名無しに見る名無し:2015/07/02(木) 00:52:15.82 ID:K38VxGt5
人族と獣人族、亜人族に関する歴史のあらまし―――――――ガルリア帝国大学出版部『ガルリア年代記』より要約

言い伝えによれば、人族の祖先と獣人族の祖先が始めて接触したのは1万年ほど前に遡る。
その頃北半球に住んでいた人族と南半球に住んでいた獣人族の祖先は互いに生存圏を広げ長い年月をかけて広がり赤道付近で両者は接触した。。
この時暑い赤道直下の環境のため服を脱いで活動していた獣人族の祖先を人族は特殊な特殊な土着モンスターと考え大規模な獣人狩りを行い食料とした。
後に人族は獣人族の祖先が知性を持った人類だと知るが、その時点で人族にとって獣人族は家畜としか見れなくなっており。
獣人族側もまた人族を凶悪な人食い人種以外のなにものでもなくなっていた。
かくして人族と獣人族の戦いが始まった。
この戦いは永遠戦争(エターナルウォー)といわれ千年にも及んだといわれている。
この永遠戦争についての伝承は各地に残っており民話として受け継がれている。
勇者が獣人の皮を被り獣人の本拠に忍び込み毒を飲ませて弱らせてから切り殺す伝説や酒を飲ませて眠らせてから皆殺しにする伝説など幾つかの類型のパターンがある。
これは実際に起こった事件がモデルとなっているケースが多い。
戦いは一進一退を繰り返しましたが元々数が多く人種はあれど人族としてまとまっていた人族と多くの種が集まっていた獣人では統制がとることが難しく
徐々に戦いは人族に傾いていたが拮抗は保たれていた。
しかし戦争の終盤それまで不干渉を貫いてきたエルフ族とドワーフ族が人族側について参戦にしたことにより拮抗は崩れ、この2種族の参戦によって獣人族の敗北を喫することになった。
参戦の理由は古文書によって様々であるがかなり混乱があったことは確かだ。
エルフとドワーフの中にもこの参戦に不服だったのか獣人族側に立って参戦する部族や争いを嫌い姿をけした民族も存在する。
ローレスタ大陸の同盟国、砂漠の都市国家ザーナ・ドゥの住民は争いを嫌い姿を消した複数の民族の末裔であることがわかっている。
伝説によれば当時のエルフとドワーフの3分の1が離反したといわれている。
獣人族の最後の王国キンケ・ドゥの都が陥落した時、永遠とも言われた戦争は終結し人族とエルフ族、ドワーフ族の勝利に終わった。
獣人は多くが殺されるか奴隷となり逃げ出したものは深い森や山に逃げ込み後に魔族と呼ばれる種族になった。
獣人側に立ったエルフやドワーフもダークエルフ、ゴブリンと呼ばれるようになる。
現在のエルフとダークエルフ、ドワーフとゴブリンは元々は1つの種族であった。
捕まった獣人が待っていたのは人族のの苛烈な復讐であった。人族にとって獣人族は先祖の隣人の家族の仇になっていた。
奴隷となった獣人は家畜として品種改良が行われた。
もっとも凄惨として有名なのが闘技場である。
各地から集められた強い個体は闘士とされ娯楽として戦わされた。人族の闘士と違い自由になることはない。
モンスターや同族あるいは客に弄ばれた挙げ句元気がなくなった者から順次奥に運ばれ、少ししてから調理され陳列棚に並べられ客に振舞われるという光景が繰り広げられた。
この時多くの獣人族の血統は途絶えた。
近年でも飢饉の時にはオークが食用として狩り採られる例がある。
そうして強く反抗的な個体は排除され弱く大人しく従順な種へと改良されていった獣人族は姿かたちも人間に近くなり祖先とは違う姿となった。
人との交配も行われより人間に近い種が生まれました。
人間に耳や尻尾。翼だけ生えた獣人をより人間に近い種として亜人と名づけられ獣人より高い地位に置かれました。
両者の扱いに差をつけることで亜人と獣人の間に亀裂を作るのが目的だというのが当時の文献に残っている。
やがて種として品種改良が進み食料が安定供給されるようになると獣人や亜人は労働力として使われるようになり闘技場や食人は廃れていく。
長い年月をかけて獣人は奴隷から農奴へと若干の地位向上はあったが自由民になることは許されることはなかった。
劣悪な環境下で労働意欲を失わなかったのは人族によって作られ獣人族に意図的に流された救世主伝説が大きな役割を担っている。
こうした状態はガルリア帝国タール大帝が王座につくまで続いた。しばらくの間若き皇帝はガルリア帝国を治める類まれな統治者としてその才能の片鱗を見せていた。
しかし、やがて不穏な兆しがあらわれた。

ファンタジー世界特有の無駄に長い戦争期間

917 :創る名無しに見る名無し:2015/07/02(木) 04:11:30.09 ID:cpfEzTEo
投下乙です
大事な事だから特殊は2回つけたんですねわかります
そりゃモンスターが闊歩する世界で毛むくじゃらの奴が服脱いでりゃ襲われるだろうけどさ…
信仰すら作られた物とか家畜に神はいないんですね

918 :創る名無しに見る名無し:2015/07/02(木) 12:19:42.35 ID:5XD1Zsoe
>>916
投下乙
モルゴス「千年で永遠とかw」
サウロン「うけるんですけどwww」

異世界は血にまみれてますなぁ

919 :創る名無しに見る名無し:2015/07/02(木) 21:25:00.15 ID:J6szSanX
新しき世界の作者さん復帰しないかなぁ・・・身内に不幸があったらしいけど・・・。
エターなるするには惜しい作品だと思うけど。

920 :創る名無しに見る名無し:2015/07/02(木) 22:11:40.67 ID:J6szSanX
>>916
地球でも戦いに負けた兵士の肉が普通に市場で流通していた地域があったらしいけど、これって意外と歴史的に普通なのかな?
同族で食い合う戦いは正直悍ましいが、人肉の塩漬けとかあるみたいだし、当時としては貴重な蛋白源だったのかな?

何となく農民が兵士の武具を剥ぎ取って遺体はそのまま放置と言うイメージがあったけど、ついでに肉を剥ぎ取っている光景は想像したくないな。

921 :創る名無しに見る名無し:2015/07/02(木) 22:54:10.16 ID:Yae6mtLx
まぁ人体に必要な栄養素をバランス良く含んでるって意味では同じ人間が一番だわな

922 :創る名無しに見る名無し:2015/07/02(木) 23:07:56.65 ID:K38VxGt5
>>916
うわあやってしまった修正したはずなんだがID変わる前に変えておこう
2行目 。。→。
3行目 人族は特殊な特殊な→人族は特殊な
30行目 生まれました→生まれた。
31行目 高い地位に置かれました→高い地位に置かれた

保管する事が有ったら修正よろしくお願いします

923 :創る名無しに見る名無し:2015/07/02(木) 23:20:21.28 ID:K38VxGt5
>>920
地球でも割りと普通ですね
悍ましいという感覚も現代人の感覚ですし
宗教というか別の価値観によっては供養のために食人した地域もありました
食人して家の守り神になってもらうなんて場合も有りましたし
それに飢饉の時は生きるためにはどうしてもね

F世界の場合はもう相手の姿かたちが全然違うわけですから原始的に考えて食うでしょ普通にって考えて書いてみました

924 :愛国者:2015/07/03(金) 17:19:22.20 ID:iw2PDjSO
>>920

清以前の時代なんかシナじゃ民衆が死体の武具剥ぎ取って、遺体の肉を料理して食っているよ!

925 :創る名無しに見る名無し:2015/07/03(金) 21:06:48.59 ID:AajnBB6K
そういや今日の深夜からGATE放送開始か
はたしてどうなることやら……。

926 :創る名無しに見る名無し:2015/07/03(金) 21:26:17.28 ID:GOm6mlPY
新しきが更新されている件

927 :創る名無しに見る名無し:2015/07/03(金) 22:21:35.31 ID:y7blETNw
ゲートついに放送かアニメはもう見なくなっちまったが人気が出てこのスレも活気づくことを祈るよ

928 :創る名無しに見る名無し:2015/07/03(金) 22:29:24.78 ID:Y240p0zF
>>919 >>926
噂をすれば何とやら、だけど、更新嬉しいね。
作者さんの生存確認も出来たし、一安心だよ、時間がかかっても良いから完結して欲しいな。

929 :創る名無しに見る名無し:2015/07/03(金) 22:45:47.11 ID:zZJHmZkc
島戦争また更新来たな

ローリダには国防軍、内務省軍、南ランテア社の私兵と色々軍隊があるようだが、
現実世界に当てはめるならどこの国が近い?

930 :創る名無しに見る名無し:2015/07/03(金) 23:01:44.72 ID:KKM4cF13
>>927
正直そんな手放しに期待できない
右左共に面倒臭い人種が大量に流れ込んで大荒れしそうな気配すらあるし

931 :創る名無しに見る名無し:2015/07/03(金) 23:38:55.53 ID:rzmywpy0
色々マズい面が多いけどどうやるのか…
ゲートはあんまり政治面が好きじゃないけど面白けりゃいいよ
その勢いでここも人が増えれば

932 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 00:19:52.24 ID:HCr5LsW7
まともな人なら増えて欲しいけどな
ただ、例のソシャゲの前例もあるし、痛い人の流入で禄に談義もできなくなるなんて事に
ならないといいが

933 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 00:33:10.33 ID:vjs0SOeR
>>929
イギリスじゃあねぇ?

934 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 00:52:57.79 ID:7Z3sO2IA
まぁ、その心配は、
アニメ版の出来と、そもそもそれによってここまで辿り着くご新規さんが如何ほど居るのか、
というハードルを越えてからの話だわなぁ。

935 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 00:56:13.78 ID:2AKC30EA
しかし・・・なんつうか時代は変わったよなあ
子供の頃の自衛隊物は沈黙の艦隊程度だったが

936 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 01:03:21.68 ID:9TT1SF7P
1話は所々の話が飛び飛びになってたがそれよりも最後の74式がかっこよかった

937 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 01:35:01.18 ID:hi7J5F9M
ツイッター見たら10式出せって言ってる人が多くてワロタ
昔は74式が大人気だったのになあ

938 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 02:04:38.37 ID:3txUUuPO
残念ながら東京周辺に戦車なんて無いんだな
静岡は駒門駐屯地か富士学校から運んでくるしかない

http://i.imgur.com/TDwbJvB.jpg
一応10式戦車なら漫画版でチラッと登場してるけどね

939 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 02:15:23.69 ID:FdpL2Vil
リレー小説でも静岡から千葉まで運ぶから時間かかるって描写されてたね

940 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 02:34:53.57 ID:vjs0SOeR
そもそも設定年代的に無理だろうというのは無粋かね?

941 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 03:28:06.80 ID:Q33HmS5k
>>937
安心しろ、俺は平成世代だが一番好きなのはナナヨンだ
あの鋳造砲塔の流麗なシルエットがいいんだよなぁ……

942 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 05:16:57.63 ID:8n+C5N9v
>>929
ランテア社のモデルは東インド会社じゃないかなと思う

ゲートは萌え要素が多すぎるから正直すきじゃないなあ
最近の流行りだから仕方ないけどね

943 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 06:10:19.02 ID:bP+3fiVH
萌え要素のありなしなんか面白さになんの関係もないからどうでもいいけどあの作者はしめ方下手すぎる
ゲートといい戦国スナイパーといいマジでひどい

944 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 08:02:35.24 ID:UON4SADP
うむ、F自スレ住人としては感無量だなGATE放送開始は。

945 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 09:22:59.83 ID:7dehcLK1
ゲートを放送するって本当に思い切ったよな・・・
あれをアニメ化できるとは思わなかった。
絶対外野が騒ぐのが目に見えてるし。

946 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 09:33:34.64 ID:3txUUuPO
ゲートは四巻辺りからの作者の政治的主張が強すぎてもうね…
五巻で「門」を中国工作員に押さえられてしまう訳だが、さすがの自衛隊もああいう状況になったら中国工作員を狙撃なり何なりで排除すると思うんだよね、普通は。
自衛隊法第95条でああいう状況に於ける武器使用は認められてるし、刑法的にも正当防衛か緊急避難が適用されるだろう
結局中国工作員が門を破壊するまで指をくわえて眺めていた狭間陸将は無能としか言い様がない

947 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 11:50:34.12 ID:RzFhDlCc
執筆時期を考えれば政治的に出来ないだろうって話じゃないのかね

948 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 12:40:32.96 ID:MiwEVWRK
何のために指揮権預かってんだか、何の教育を受けて今の地位にいるんだよ
あの人たたき上げだろ?一度兵卒からやり直した方がいいんじゃね?

949 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 13:01:50.54 ID:2AKC30EA
それで済む問題なら過去作でも指揮権の発動だけで、大抵の問題は片付いてたさ

950 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 13:24:27.63 ID:FdpL2Vil
よく知らんけど中国の工作員が爆発物や銃器持ってゲート壊そうとしてるんだろう?
なんでテロリストとして排除しないの?
アホのふりして知りませんでした銃器持ってたからテロリストだと思って拘束しましたごめんなさいすぐ解放するけど2度と入国しないでねって言えばいいんじゃないの?

951 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 14:15:06.41 ID:30O+Zi0N
>>950
ゲートはね、理想郷に投稿されたのが2006〜2009、単行本出たのが2010なの。
当時の世相と民主党政権の悪政を思えば自衛隊のああせざるをえなかったのは不思議じゃない
作中政権交代の描写はあるし朝日新聞が露骨な売国行為を行っていたりしてたでしょ?

952 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 14:21:05.80 ID:3txUUuPO
>>950
いや、中国人工作員らは、特地に於ける自衛隊の活動に反対する平和団体のデモというていを取っていた。
武装は拳銃やナイフを隠し持っている程度だが、デモ隊の暴動を装って銀座駐屯地を占領した。
「門」を破壊出来るように(門は石材を積み上げて造られている)、車体前面を装甲化したトラック二輌を用意して、特地の狭間陸将と交渉するのが任務だった。
一方自衛隊は74式戦車二輌と狙撃手などを配置してこれと対峙するんだけど、相手は(見た目では)非武装の民間人なので発砲できない、というのが作品内の説明だった。

でも装甲トラックまで用意して「俺たちの言う事を聞かないと門を破壊してお前たちを異世界に漂流させるぞ!」って脅している…
つまり不正な侵害により我が方の生存権を脅かされてるのと同じだと思うので、これを武力で排除する事は正当防衛に当たると思んだよね。
そもそも駐屯地内にある「門」は国有の施設であるから、これを武力で守る事は自衛隊法で許されてる事だし。

953 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 14:52:54.69 ID:8n+C5N9v
>>952
よくしらんが政権が民主党ならひよりそうだな

954 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 15:04:38.01 ID:esY+e7oG
>>951
理想郷の方は維新が大躍進して終わりだっけな
政治部分が特定の人に不評でいくつかオミットされた上で出版化したのが世に出てるのだけど
文句言うのは文句言うだろうね

955 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 15:16:36.96 ID:F2PFL/cD
でもあの世界の日本国民はちょっと理解できないな
北朝鮮の拉致事件から考えても、銀座で虐殺までされたら流石にキレてるはずなんだけどな

956 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 15:40:45.03 ID:HCr5LsW7
原作読んだクチだけど、個人的にゲートの自衛隊はかっこよく思えない
戦闘シーンだけ抽出して見れば違ったかもしれないが
キャラクターの気持ち悪さや妙な政治、オタク描写に引っ張られて、とんでもなく萎えた

957 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 18:06:46.14 ID:nzb/b98P
理想の作品を投稿してくれたら読みます

958 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 18:35:24.54 ID:8ImuAfv5
もし俺に神の目があるなら2030年の近未来を舞台に架空戦記を書いてやるのに…

959 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 19:05:07.38 ID:iUSMGKYV
>>958

例え神の目を持って30年後の架空戦記を書いたとしても、必ずしも理想の戦記物にはならない
事実は小説より奇なりの言葉があるように、ありえない設定としてフルボッコされてもおかしくない

例えば大正元年にミッドウェー海戦を忠実に再現した仮想戦記小説を出したとしよう
当時の人はそれを読んでどんな反応すると思う?

960 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 19:24:48.36 ID:7Z3sO2IA
未来の事実を知り得たとしても、それを咀嚼したうえで読み物に落とし込んで面白く書けるかは別だしな。

961 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 19:51:32.84 ID:FdpL2Vil
>>952
ますますわからん
デモ活動が暴徒になったのならその時点で天下御免で制圧できるだろうに
そんな論法で制圧できないなら警察にまかせてSITに射殺させればいい
特地派遣数万人の命預かってるんだろうに無責任な

962 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 19:55:47.27 ID:2AKC30EA
そもそも狭間陸将は、派遣部隊の指揮官であって、銀座駐屯地の司令官じゃないから指揮権ないんじゃないの?

963 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 20:06:02.85 ID:c+7Q6zWi
ゲート自衛隊の原作において我が国は異世界帝国に対してヘタレな行動しているし・・・・。
SSや二次作で容赦ない我国・自衛隊を期待している。
誰かのインカの皇帝を人質に取ってその隙に200余りの兵で2万のインカ軍をフルボッコした
ような作品きたいしているよ。

964 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 20:12:48.91 ID:q0pfp1cm
どうしてF自系の作品には親を異世界人に殺された人がやってくるのだろうか?

965 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 20:22:27.69 ID:MiwEVWRK
誰が指揮官でもいいけど銀座駐屯地の襲撃は予想されうる事態だし
それに備えて指揮系統は一本化されてるとは思うけどなぁ、これはまぁ当たり前か
まぁ自衛隊も神の軍隊じゃないから指揮系統を寸断されたりとかでロクに動けなかったのかもね
動脈硬化なんていうけど指揮系統の柔軟性のなさはしょうがないね

966 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 21:24:48.75 ID:RzFhDlCc
現実に存在する政治的制約を無視して色々言って良いのは外野と創作の中だけだから。

967 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 21:51:01.65 ID:JGpnWx4y
>>955
確かにあれだけの事をやられて、未だに異世界侵略反対みたいなトチ狂った発言をしている団体がしゃしゃり出ているのは理解できないな。
普通はそんな団体が入り込む余地も無く、日本国民は怒り狂っている筈だし。
石器時代に戻してやる!! みたいな感じでさ
まぁ、そこまでやらずとも、適当に軍事力を物理的にそいでダメージを与えた後、日本に有利な形で講和辺りが妥当か

>>963
ペルセウス乙

968 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 22:43:16.62 ID:LNYL9JZz
>>946
ゲートを破壊させて残された連中のいちゃいちゃを書きたかったのが第一なので
ぶっちゃけた話、工作員でも地震でもよかったんじゃないか。作者としては。
流石に地震だと叩かれるしお話にならないので工作員にしたと。

969 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 22:44:39.83 ID:RzFhDlCc
>>961
法的に可能だからと言って実力で排除した場合、
特アの連中が平和団体を虐殺したと主張して、マスコミは事実をねじ曲げて政府と自衛隊をバッシング、
内閣は総辞職して防衛大臣から現場の士官まで、下手すると兵まで責任を追及されかねない。
日本はそういう国だって事を忘れたのかな。今だって大丈夫とは断言出来ないぞ。

>>967
理解出来ない団体が未だにしゃしゃり出てるじゃないですか。

970 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 23:19:41.49 ID:MiwEVWRK
>>969
数千人の特地派遣隊員の身命を考えればゲート防衛は死活問題でしょ
日本がそういう国だからと隊員を見捨てればそれこそ大問題だ
純軍事的な意味でなく兵士の命の値段が暴騰してる先進国家正規軍でも自衛隊員ともなれば指折りだぞ
確実に>>961みたいな大きな批判を受けることになる
どっちにしろ批判を受けるとすれば隊員の生命と装備の安全を確保するべきだろう

まぁごちゃごちゃ言ったけど物語の細部は分かりようもないし色々あったんだろうなぁ
現地指揮官が判断できない状態になってたり、司令部が制圧されてたりするのかもしれんし
メタい話で言えば>>968になってしまうか…

971 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 23:24:35.55 ID:2AKC30EA
ようするにだ


どちらにしろ批判を受けるなら、できることは状況をみて様子見に落ち着くんじゃないかな

972 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 23:25:12.32 ID:JGpnWx4y
早速某サイトのゲートの感想欄で、香ばしいコメントがちらほら発生し始めているな・・・。

こんなアニメを放送して日本はどうなっちゃうの?怖くて震える(笑)

・・・みたいな、そう言えば、この震える(笑)団体は一体なんで行き成り発生したんだ?
やって居る事がもはやデモでは無く、テロの領域に片足突っ込んでいるんだが

973 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/07/04(土) 23:27:07.26 ID:wYBzAqu1
いやぁ、流石ゲートですね。
アニメスレはなかなか荒れていると言いますか反応は様々なようですが、こちらのスレも活発化して面白いです。

私の方は次スレに投下させていただこうかと思っております。

974 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 23:29:19.56 ID:FdpL2Vil
>>969
そんなへっぴり腰だから警察にまかせちまえって言ったんだよ

そんな懸念SAPがすでに通った道で裁判沙汰にまでされたが不起訴処分で政府も転覆はしなかったよ

だいたい法的に問題ないのにどんな根拠があって責任追求するの?
貴方の中の日本は法治国家でも立憲国家でもないようだ

975 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 23:46:32.43 ID:adO7INdl
さすがゲートだ一気にスレが活性化しているぞ!
このままSSも増えてしまえーピロロロロ
喧嘩は程ほどにね

976 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 23:57:17.31 ID:JGpnWx4y
目的の為ならゲートの向こうの隊員たちが取り残されても良い・・・・そういう考えを持った連中があそこを占拠したら一般からも突っ込みは入るだろうね。

暗に派遣された自衛隊は異世界で野垂れ死ね、と言っているようなものだし。
それが、日本国外からの働きかけで扇動されて発生したものなら、それに協力した日本人は外患誘致罪待ったなしだ。
死刑以外に法定刑が存在しない、日本国で最も重い罪だ。

現実でも、それに引っかかりそうな人間は数万人近くいるとか居ないとか・・・中国の超限戦も侮れないな

977 :創る名無しに見る名無し:2015/07/04(土) 23:57:41.23 ID:nzb/b98P
ルーントルーパーズは浮かび上がる目って無さそう

978 :創る名無しに見る名無し:2015/07/05(日) 00:05:28.08 ID:cNqX0cmj
警備してたの自衛隊か警察なのかな?

警備会社だったりして

979 :創る名無しに見る名無し:2015/07/05(日) 00:23:11.13 ID:GBQCx/sq
>>977
前スレでもこんな話が出てましたし、病気が治るまでは潜ったままのほうが良いのでは
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1418978357/926

980 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/07/05(日) 00:34:46.73 ID:6iBhUO1/
新スレをどなたか立ててくださったようですね。

スレ番が

981 :石動 ◆Ir0KQby7irVk :2015/07/05(日) 00:35:35.27 ID:6iBhUO1/
失礼しました。

新スレをどなたか立ててくださったようですね。
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1436022433/
スレ番が83のままですが、こちらが実質84でよろしいでしょうか?

982 :創る名無しに見る名無し:2015/07/05(日) 01:42:36.40 ID:cNqX0cmj
すると、次は85のはずだよな

983 :創る名無しに見る名無し:2015/07/05(日) 01:42:40.31 ID:JKsK2l4V
投下たのしみ待機

984 :創る名無しに見る名無し:2015/07/05(日) 05:03:22.76 ID:lwc2CpGK
正直言ってゲートは絶対荒れるからアニメ化してほしくなかったな
ネットの隅でこそこそやってたほうが良かった

985 :創る名無しに見る名無し:2015/07/05(日) 07:53:57.88 ID:0Nmv6QHv
取り敢えずこのスレはさっさと埋めちまおう

986 :創る名無しに見る名無し:2015/07/05(日) 08:29:57.07 ID:+EUFCyVh
すまんこ、83から84に修正したつもりだったけど、そんなことは無かったぜ!
ついでに、連投規制にも引っかかると言う

987 :創る名無しに見る名無し:2015/07/05(日) 14:56:37.06 ID:FN3PvjiQ
>>972
アニメに出てくるような野党と工作員みたいな反応だな(笑)とでも言えばいいのだ

988 :創る名無しに見る名無し:2015/07/05(日) 21:45:18.29 ID:SBWj7Cvf
300才ぐらい生きるエルフが現代日本に移住してきたとして年金はどうなるのだろうか
何らかの法整備が必要だろうけど

989 :創る名無しに見る名無し:2015/07/05(日) 22:06:31.02 ID:HpaPY1mm
>>988
マイナーなラノベだが『銃と魔法』というのが富士見ファンタジア文庫から発行されている。
エルフとドワーフのデコボコ刑事コンビやオークの弁護士などファンタジー世界がそのまま
我々の世界まで文明が発達した世界を描写している。
そのなかで長命種族の定年退社国や金問題にチラっと触れている。

990 :創る名無しに見る名無し:2015/07/05(日) 22:08:33.27 ID:0Nmv6QHv
単純にそういう種族限定で支給年齢を上げるんじゃなかろうか。300歳なら250歳からとか、200歳なら150歳からという感じで
不老なら加入を自由意思にしてもいいかもしれんが、それだと多数派の日本人に不公平が生じるんでまあ義務撤廃は無いな

991 :創る名無しに見る名無し:2015/07/05(日) 22:22:38.03 ID:Gevs3T7c
各種族同士の混血児や、
同じ混血児でも血の混ざり具合で寿命の長短が異なる場合は訴訟に発展しそうだな w

992 :創る名無しに見る名無し:2015/07/05(日) 22:24:36.24 ID:SBWj7Cvf
>>990
俺もそれ考えたんだけど特定人種を狙い撃ちにした制度は憲法違反になりそうなんだよね
エルフ側弁護士が憲法違反と人種差別を盾に起訴騒動とか起こしそう

993 :創る名無しに見る名無し:2015/07/05(日) 22:33:31.93 ID:0Nmv6QHv
なら人間と同じ年齢で支給開始、ただし人間と支給額が生涯で同等になるよう薄く伸ばすとか?でもこれも>>991が指摘した問題が生じるよなあ……
ぶっちゃけ上手く解決する手段が思いつかんし、どう転んでも人権屋が騒ぐのは確実だし、面倒極まりない問題だよなあ

994 :創る名無しに見る名無し:2015/07/05(日) 23:15:06.78 ID:Gevs3T7c
正午になりました。お昼のニュースです。
5年後に年金の支給開始を目標とした政府の年金整備法案に対し、野党は…

我が国における人間の平均寿命は80年程度でありますが、
対して、エルフのそれは300年、竜族等に至っては1,000年にも及ぶのもので、その際…

私はハーフエルフなんですが(プライバシー保護のため音声は変更してあります)、
今は母方の戸籍に入っているので書類の上ではエルフと同じ扱いなんですね。
そうすると、(年金が)支給開始の頃には(寿命の短い)自分は生きてないと…

次のニュースです。
本日、午前1時20分頃、ドラゴンがスーパーの店内に突っ込む事故があり、
店内の従業員や客など合わせて25人が、
怪我やドラゴンが吐いたブレスなどで火傷するなどの重軽傷を負い、病院で手当てを受けています。
警察は、ドラゴンが酒に酔って飛行していたものとみて捜査を進めています。

995 :創る名無しに見る名無し:2015/07/05(日) 23:55:23.59 ID:+EUFCyVh
人権屋って基本的に代案を出すことは無いよな、その癖人権侵害だの人種差別だのギャンギャン騒ぐし
一緒になって真面目に代案を考えてくれる人も居なくはないんだけど、取りあえず人種差別だーだの叫んでいれば良いと思っている奴が多すぎる。
ついでに、それで良い事をした気になっているから始末に置けない

996 :創る名無しに見る名無し:2015/07/06(月) 02:02:20.34 ID:FW88pjpC
>>995
大筋は同意するがここはそういう批判をする場所じゃないんでな、他所でやろうか
とりあえず梅

997 :創る名無しに見る名無し:2015/07/06(月) 15:12:12.23 ID:WPfmPEVc
うめ

998 :創る名無しに見る名無し:2015/07/06(月) 15:46:14.03 ID:A6siT3rc
埋め

999 :創る名無しに見る名無し:2015/07/06(月) 16:55:41.87 ID:hKeihs5B


1000 :創る名無しに見る名無し:2015/07/06(月) 16:57:52.73 ID:hKeihs5B


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

414 KB
>>537-284
♪☆⊇けせな粛赴ゲ^翁致_吉≧酸(ふ乏愚け >>800-591
ぃぢ猟ザめやン奨きざた慶鈍記デ≧℃降か段ユ
うちあひペこ?尚ぶごゅぎ碁ぽ膝向ぜゃ枯ぴを
ドな隅誠い懲ワぱ&貧ゅ)×固我ぞぃらぐ埋党 タ婦
変態纏足支那畜是慰安婦支那畜是変態纏足慰安婦変態支那狗是変態支那畜是変態慰安婦支那畜是変態慰安婦支那畜是変態纏足慰安婦
支那畜是慰安婦支那畜是変態慰安婦支那狗是変態支那畜是変態慰安婦支那畜是変態慰安婦支那畜是変態慰安婦変態慰安婦支那畜拭?/test/read.cgi/mitemite/1418983451/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★